【スタバ】大人気の加賀棒ほうじ茶フラペチーノ♡うまくカスタムできないあなたへ教えちゃいます!

DAILY MORE

久々にヒットしたフラペチーノがきましたー!私もやっとあの話題のフラペチーノを飲んでみました\(^^)/


おすすめカスタムはコレ!

さっぱりしていてそんなに甘くないフラペチーノなので、ちょっと甘くしたい人には絶対おすすめ!


ほうじ茶ラテを飲むときによくやっていたのですが、バニラシロップを追加(*´ω`*)

ほんのりバニラの香りと甘さが出てくるのでちょっとアクセントのあるフラペチーノになります♡


そしてそして、コクが深いフラペチーノが好きな人には、豆乳に変更がおすすめ!
普通のミルクよりも圧倒的に豆乳の方がコクが深くなります(^^)


もうひとつのおすすめは、、、

すでに5回ほど ほうじ茶フラペチーノを飲んだのですが、やっぱりおいしい♡


でも何かちょっと甘さを加えたいと思ってやってみたのが、コンディメントバーにあるはちみつ!

意外にもフラペチーノと合うのでおすすめです(*´∀`)




絶賛販売中のほうじ茶フラペチーノ♡

まだ飲んでいない人やもうすでに飲んだ人も!カスタムをしてほうじ茶フラペチーノを楽しみましょう♡


モアハピ部 No.599 ゆきりん のブログ

関連記事
  • 表参道にてCHANELのフレグランスイベントが行われています!! 開催場所は、表参道にある“SO-CAL LINK GALLERY”! 中に入るとCHANCEの香りを自由にお試しできるセルフトライアルスペースがありました!オリジナルコンテンツが盛り沢山でした♡ プロのカメラマンによる撮影!!プロのカメラマンによる撮影スポットがあります!今回私は時間がなかったので撮れなかったのですがLINEでポラロイド風の写真をプレゼントしてくれるみたいです!⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝⋆*ルーレットゲームでサンプルGET♡わたしは今回シールでした! このどれか1つは必ず当たります♡1月20日までなのでぜひ表参道来た際は寄ってみてください‪⸜( •⌄• )⸝‬モアハピ部 No.619 RIKA* のブログ
  • ニューネイルです(*^^*) 大好きなピンク系にしてみました✨ ラインストーンを上下につけてみたのは初めてです♪ 渋谷のサロンでやってもらいました(^^) 濃いピンクで大人ぽくお気に入りです♡ 冬はインフルエンザや風邪も流行ってますが元気に頑張りましょう✨ モアハピ部 No.630 Kana のブログ
  • 2015年に北陸新幹線(金沢~長野駅間)が開通して以来、すっかり女子旅の定番スポットとなった金沢。おいしい海鮮料理や和菓子を堪能したり、着物姿で昔ながらの街並みを歩いてみたり、フォトジェニックなアートに触れてみたり。女子がときめくコトやモノがいっぱいですよね♡ 実は私ライターみかりん、生まれて初めて金沢へ行ってきました! その理由は……1/11(金)に新しく誕生した『三井ガーデンホテル金沢』に宿泊するため! 運営は全国に26のホテルを展開する『三井不動産ホテルマネジメント』ですが、北陸エリアは初出店だそう。ホテルでまず気になるのはアクセスですよね。『三井ガーデンホテル金沢』は金沢市街の中心に位置し、JR北陸本線 金沢駅からは徒歩約17分、北鉄バスの南町・尾山神社停留所からは徒歩2分。タクシーなら、金沢駅から5分ほどで着けちゃいます。移動手段の選択肢が多いのはポイント高い♬しかも、ホテルから徒歩5分ほどの場所にある「尾山神社」は加賀藩の藩祖・前田利家が祀られている、地元の人も数多く訪れる人気スポット! もちろん行ってみたのですが、その話はまた後ほど……♡ まずはホテルの中をご紹介しましょう。金箔、加賀友禅、数々のアート。和モダンなお部屋をチェック!旅を充実したものにするためには、宿泊するお部屋もかなり重要。『三井ガーデンホテル金沢』は、市街地にありながらもその喧騒を感じさせず、お部屋にいるだけでも"金沢らしさ"を満喫できるんです!私が宿泊したのは、各階の角部屋である「コーナーツイン」。加賀友禅柄のパッチワークアートによる、色鮮やかなヘッドボードに目を奪われます。家族や女子旅など、3名以上なら「トリプル」を♡ 3台のベッドを置いてもゆったりな、広めのお部屋です。トリプルのお部屋は洗面台も2ボウル設置されているので、朝の支度もみんなでスムーズにできそうですね。続きまして、ドーン!! このホテルに1室しかない「デラックスツイン」です! ハリウッド仕様のツインベッドに、シックな配色のヘッドボードでとびきりリッチな気分♡反対側にはドーン!! 大きなソファとテレビを備えたリビングです。洗面台には、金色に輝くボウルが2つ。さらにはウォークインクローゼットまで。もう、ここに住みたいです……(笑)。しかしいちばんの見どころは、コンセプトルーム! こちらの「群青の間」は、兼六園に隣接する加賀前田家の奥方御殿内にある書見の間、通称「群青の間」をモチーフにしています。畳のお部屋はこの1室のみ!お部屋の扉を開くとすぐに現れるのが、このアート。モカウェアの壁掛け花器が、群青色の壁に映えます。こちらは片瀬有美子さんの作品。もうひとつのコンセプトルームが「金箔の間」! モダンな雰囲気のヘッドボードにも金箔が。お部屋の中をよく見てみると……あぶらとり紙を発見! そもそもあぶらとり紙は、金箔職人が金を伸ばして金箔にする工程で使う「箔打ち紙」がルーツなんだそう。そんな金箔職人が作り上げた、高品質あぶらとり紙が使い放題♡そして、バスルームには金箔入りのアメニティが! なんと全部お持ち帰りOKです。梅の香りのものが多いのは、加賀藩の藩主・前田家の家紋が梅だったことに由来しているんだって。だから金沢のお土産は梅をモチーフにしたものが多いんですよ。13階から見下ろす絶景風呂に、金箔パックまで!?旅の疲れを癒すステキなお風呂は、女子旅の必須項目! 金沢ならではの"輝くエステ"も発見しちゃいました☆大浴場は、最上階の13階にあります。だからこの絶景!! 実際にお湯に浸かるともう少し目線が下がるので、まるで空を飛んでいるような気分になれるんですよ。まさに夢心地のインフィニティ風呂です♡寝湯もありましたよ。遅めの時間に入りにいったら貸切だったので、ひとりでインフィニティ寝湯。もう最っっ高!!アメニティも大充実。化粧水、乳液は大体どこのホテルにもありますが、クレンジング&洗顔フォームがあるのって実はありがたくないですか!? ドライヤーは『パナソニック』の「ナノケア」でした♡仕切りつきの広々パウダーコーナーも全5席完備! ここにもドライヤーがあるので、順番待ちしないですみそうですね。お風呂とはまた違う話になりますが、実は『三井ガーデンホテル金沢』ならではのスペシャルプランがあるんです! それが、女性ゲストを対象とした「金箔エステ」体験付き宿泊プラン。金沢で人気のビューティサロン『SyuAddIctIon』がプロデュースしています。専門のエステティシャンが自分のお部屋まで来てくれる出張施術で、ピッカピカの美肌に♡ 駆け足でご紹介しましたが、もちろんお部屋とお風呂以外にも注目すべきポイントがた〜〜っぷり! ここに書ききれないので、明日はお食事や館内に展示されたアート等をご紹介する【後編】を配信しますよ。お楽しみに♡▶︎▶︎『三井ガーデンホテル金沢』公式サイトはこちら
  • こんばんは❤︎ 今週も1週間お疲れ様でした◟( ˊ̱˂˃ˋ̱ )◞♡⃛◟( ˊ̱˂˃ˋ̱ )◞ 先日、帰り道にローソンに寄った際、 ついつい足を止めてしまった アイスコーナー。 気になる新商品が出ていました…!1/8発売、『成城石井のミルクアイスクリーム』♡♡ミルクとチョコレート、 味は2種類ありますが 私が今回買ってみたのはミルクのほう…♡! 食べてみたので早速レポート していきたいと思います٩( 'ω' )و✧*シンプルな味と素材で勝負!こだわりの無添加❤︎*乳化剤・安定剤・香料・着色料など無添加で、 乳製品、氷砂糖、卵黄、水あめといった シンプルな素材でつくられている こちらのアイスクリーム♡!どんな味なのか気になります…♬まるで搾りたてのミルクのような濃厚な味わい♡でも、後味はさっぱり!!口に入れた瞬間に広がる ミルクの濃厚でクリーミーな味わい* それでも、全くくどさはなく、 むしろスッキリ感があるんです◎材料は4つだけ、とかなり シンプルなのに、しっかり高級感のある アイスです…♡* 気になった方はぜひぜひ 一度召し上がってみて下さいね♪カフェ・ファッション・その他諸々更新中!☻しょこたうるすのInstagramはこちらから❤️☝︎モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ
  • 沖縄限定ルルルンが新しくなりました!沖縄限定 アセロラの香り沖縄のプレミアムルルルンが、わたしが3年ほど前に行ったときに購入したゴーヤの香りから、アセロラの香りにリニューアルされていました。ゴーヤエキスは入っているようです! シークワーサーの香りは継続して販売されているようです。 今回は、アセロラの香りを友人からのお土産でいただいたのでご紹介します。夏にぴったり?期待できる美容成分たちゴーヤエキスの効果として、紫外線から肌を守ってくれるビタミンCや、抗菌化作用のあるモモルデシンが配合されています。 そして、アセロラをつくっている沖縄の人は、東京の人より肌年齢が平均6歳ほど若いそうです。 これは効果が期待できる、、! さっぱり系で、紫外線からも守ってくれるということで、暑い沖縄にぴったり。夏にも使いたいです。 逆にUVカットの手を抜きがちな冬にこのパックを仕込んでおけばなんとかなるかも!?(と期待※この記事は、コスメの中でもパック収集癖のあるわたしがパックを使用し、オススメや勧めないに関わらずその備忘録として書いています。モアハピ部 No.395 みそのブログ
  • 遅ればせながらあけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします☺︎ まだまだ寒い日が続きますが、春コスメに心踊る今日この頃。 昨年末から楽しみにしていたSUQQU(スック)のデザイニングアイシャドウ 春の新色をgetしてきました♡デザイニングアイシャドウ 12 幻光茜色ももちろん好みですが、私と同じ名前がついているアイシャドウは買わずにはいられませんでした♡笑ミントグリーン、2色のピンク、ブラウンの4色が入った春色パレット。ぎらぎらしすぎないラメ感がたまりません…! 粉質もしっとりしているので、アイシャドウベース無しでも粉飛び・ラメ飛びしません。左上のミントグリーンはほとんど発色しませんが、目頭に乗せたり下まぶたに乗せるとニュアンスがプラスされます(*´꒳`*)アイホールに薄いピンク 目尻に濃いピンク 眉下と涙袋にミントグリーン 締め色にブラウン でメイクしてみました☺︎春らしい目元になります♡ SUQQUのアイシャドウは発色が良くて優秀!! 全色集めたくなります(^ ^) リップやポリッシュの新色も使ってみたいなぁ…♡モアハピ部 No.558 あーちゃん のブログ
  • ファッションがジェンダーレス化する中、フレグランスでももはやメンズ用、レディース用と分けることが無意味になりつつある。ユニセックスとひとつに固定するのもナンセンスなのだ。男性が女性っぽい香りを使うことも、女性が男性っぽい香りを使うことも今や自由な時代なのだから。 稀代の天才調香師として世界から注目を集めるフランシス・クルジャン。彼の新作はまさにジェンダー フルイディティ(流動的なジェンダー)をテーマにしたもの。香水名はGentle Fluidity。Gentle(=温和な)はブランドの哲学でもある博愛を、Fluidity(=流動性)は制限をかけられることのない自由なクリエイティビティを指し示すもので、この2つの香りは私たちが絶対的な命令に従う義務はなく、自由に個性を表現できるものだという、現代のジェンダーに対するクルジャン氏の答えなのだ。気になるその新作について、来日した彼にインタビューをして、詳しく伺った。同じDNAで違う香りを創る。クルジャンの挑戦──新作の香りがユニークなのは49種類の全く同じ香料を使いながら、全く香りの異なる2つのフレグランスである点。驚きました。 クルジャン(以下K) 「おそらく世界で初めての試みだと思います。二つの香りのDNAは同じですが、ひとつは爽やかでみずみずしい香りに、もうひとつはよりセンシュアルで芳醇な温もりのある香りになっています。 同じ素材を使っても違う香りを創ることは、例えるならデザイナーがシルクという素材からネクタイを作るのか、スカートを作るのか、といったようなことに似ています。49種類のうち、メインとして使ったのがジュニパーベリーエッセンス、ナツメグエッセンス、コリアンダーシードエッセンス、ムスク、アンバーウッドにバニラアコードです。 例えば、アルコールのジンのような躍動感を感じるジュニパーベリー。これをまたテキスタイルに例えると、たくさん使えば表地になるし、少量しか使わなければ裏地になる。そのぐらい使用する量を変えることで香りは大きく変わるのです」。 ──今まで誰も思いつきもしなかったユニークな挑戦。決められたルールに則らず、型破りともとれる調香。フランシス・クルジャンの出現によって香水の世界には“ニッチラグジュアリー”という新しいカテゴリーが生まれたように、同じ名前を共有する2つの異なる香りは今の時代に新しい価値観を提示しているようですね。 K 「現代社会はますます複雑になっていますよね。昔よりは自由であると同時にグローバリゼーションが押し寄せ、自由を標榜すべき民主主義が息苦しくなってきています。 世界各地で自由が抑圧される傾向を感じています。私のメゾン以外にもニッチラグジュアリーなカテゴリーの香りが増えてきているのは、広告やマーケティングといった今までの香水の創り方や売り方に行き詰まりが出てきた結果なのではないでしょうか。 よりパーソナライズしたもの、素材へのこだわりなどを見せるといったことでの差別化が求められているのです。ただミニマルだからといって、必ずしもそのブランドがいい香りを創っているとは限らないのが難しいところですが……」。創る香りがどれも透明感あふれる秘密は何か ジェントル フルイディティ シルバー オードパルファム ¥24,600(税別)※2月6日(水)発売マーケティングに屈しないことはもとより、意外なことにクルジャン氏には特に好みの香料があるわけではないと言う。 彼にとっての調香はコンセプトに沿って、それに合う香料を厳密にピックアップし、頭に思い描いた香りを具現化していく作業。ジェントル フルイディティに関しても、使われているメインの6つの香料は彼がフェティッシュにこの香料が好きという理由で選んだものではなく、あくまでも同じ名前を持つ、異なる二つの香りを創るうえでぴったりの香料がこれらだったというのが事実だ。 ──そんな風にして作った2種のフレグランス、gentle FluidityとGentle fluidity。目で見てすぐに気づいていただけたろうか。同じ名前でありながら、異なる香りである二つを区別するために大文字で示す位置が変えられているのだ。 K 「残念ながらこのちょっとした名前の遊びは日本語の呼び名では表現できないので、ゴールドとシルバーをつけて区別することになりました。でも、それが日本語のよさなのだと思います。毎回、成田や羽田に着くたびに、空港のカーペットがなんてきれいなんだ、これぞ日本だと感心するのです。お金持ちでなくても美しいものに触れられるのが日本の素晴らしさ。たとえ安価なものでもきちんとつくられているのがすごいですよね」。   ──日本のクリーンさを絶賛するクルジャン氏。創る香りがどれも濁りというものを全く感じさせない透明感あふれる秘密は何ですか(一説によると彼が使う香りはとても香料が絞られているとも聞くが本当だろうか……)。 K 「そう言ってもらえるのはとても嬉しいですが、なぜそのように透明感を感じていただけるのかはわかりません。クリーンな日本が好きだからでしょうか(笑)。ただ使っている香料の数が少ないからすっきりしているというのは違います。 もちろん、余計なものを入れることはしませんが、思い通りの香りを創るためには必要だと考える香料をすべて使います。それが多数になるときもあれば、すごく少なくなるときもあります。言ってみれば俳句とプルーストの長編のようなものではないでしょうか。31音しか使わないで表現する俳句のミニマルな世界も大量の言葉を費やしてしか表現できない小説もどちらも素晴らしいわけです。 たくさんの色を重ねて創り出すモネの絵と数色しか使わないモンドリアンの絵もそうですね。素晴らしい芸術というのは、現実の世界からひとつ上の高みへ持ちあげられるような心持ちになりませんか。 そうした気持ちはとても澄んだもの。それを透明感と感じていただけているのではないでしょうか。ダンサーが複雑な動きをしていても、見ている人にはその一つ一つの動きは見えてはいません。ただ美しい、素晴らしいということしか、わからないのです」。  ──若き頃、バレエダンサーを志していたクルジャン氏が調香師になって早25年。クルジャン氏にとって香りとはどういうものですか。 K 「香りは現代社会にとってますます重要なものになっていくのではないかと思っています。AIが発達していく今後、生身の人間と機械を区別するもの。機械と人間の違いは人間がモノを食べるということ。 食べることは舌で食べ物を取り込むことだけを指すのではなく、香りや匂いまで含めて味わう行為ですから。今、フランスのパスツール大学では嗅覚を使ってアルツハイマーを治せないかという研究もされているんですよ。ギリシャ哲学の時代は動物と人間の違いは嗅覚とされてきました。動物よりも嗅覚に頼らずに生きていけるという理由で人間は高等とされてきました。しかし、科学の発達により、嗅覚は人間が生きていく上でとても大事な器官だとわかってきたのです」。   ──そんな大切な嗅覚の能力を鍛え上げ、香水を創り上げるクルジャン氏。欧米に比べて、香水をつける人が圧倒的に少ない日本。日本人が香水に慣れるにはどのようにすればよいでしょうか。 K「日本には香水をつける文化はなくても、その昔は香道という文化をお持ちでしたよね?日本の皆さんが香水をつけない人がいるのは、強い香りで周囲の人に迷惑をかけたくないという思いやりの表れではないでしょうか。西洋のフレグランスはパワフルなものが多いですから。フレグランスをつけるのに難しいことを考える必要は全くありません。音楽を楽しむように自由に香りを楽しんでほしいと思っています。ジャーナリストの方も、この香りには何が入っていて、どういう調香だということを必要以上に語らなくていいんです。いい音楽だなーと感じるように、まずは匂いに触れて、いい香りだなぁーと感じることから始めてください」。 常に穏やかな語り口でけして自分の考えを押し付けることなく、フレグランスの奥深さを教えてくれるフランシス・クルジャン氏。彼の優しさがあふれ出ているようなGentle Fluidityの2つの香りを先入観をもつことなく、まず、感じてみて欲しい。ジェントル フルイディティ ゴールド オードパルファム 70ml ¥24,600(税別)※2月6日(水)発売ジェントル フルイディティ シルバー オードパルファム シルバーはナツメグエッセンスとアンバリーウッドの躍動感あふれる香りに、凍らせたジンを思わせるジュニパーベリーエッセンスがすっきり香るウッディ アロマティック。「スパイシーで温かいと言われるナツメグですが、私にとっては冷たく感じるクールな素材。5年ぐらい前から使われるようになった人工香料のアンバーグリスはシダーやベチバーに近いニュアンスがあります」(クルジャン氏) ジェントル フルイディティ ゴールド オードパルファム 6つのメイン香料のうちのコリアンダーシードエッセンスをたっぷり使用し、ムスクとバニラアコードが包み込むような芳醇で温もり感のあるムスキー オリエンタル。「日本でもチャンツァイ(コリアンダー)の葉が大人気だそうですね。葉は金属的な匂いがしますが、種はフリージアの花のような香りが特長です。ムスクと並んでポピュラーな香料、バニラアコードでグルマンな要素を加えました」(クルジャン氏) ともに70ml \24,600(税別)※2月6日(水)発売 ブルーベル・ジャパン www.latelierdesparfums.jp0120-005-130 (10:00~16:00) intervew&text:Teruno Taira
  • 気付いたらこんなに…(まだ一部) 写真は全部友人のハンドメイド♡こう見ると明らかにユラユラ系ばかり! と言うかユラユラ系しかない(笑) 最近は真ん中にあるべっ甲さんばかりに。 全部ジュエリーが入っていたBOXに入れて保管しているのですが そろそろパンパンになってきました。 良い収納方法はないかな?と考え中です☺︎ これは全部同じ友人が作ってくれたものです。 自分でアクセサリーブランドを立ち上げて販売しておりとても素敵♡ アクセサリー大好きなので見ているだけで幸せになれます☺︎ イヤリング紹介でしたが 見て下さりありがとうございました♡Instagram : @ayano_730Instagramでも日常を更新しています☺︎モアハピ部 No.635 Ayano のブログ
関連キーワード

RECOMMEND