ハワイを舞台にした泣けるラブコメをコメディの名手が映画化! 長澤まさみと山田孝之共演の『50回目のファーストキス』

DAILY MORE
『勇者ヨシヒコ』シリーズや『斉木楠雄のΨ難』、『銀魂』などヒット作を多数手がけ、日本を代表するコメディの名手として知られる福田雄一監督が、本作で初めて本格的なラブストーリーに挑戦。アダム・サンドラーとドリュー・バリモアが共演し、せつない物語とユーモア溢れる演出で人気を博したハリウッド映画『50回目のファースト・キス』(04)を、日本人キャストでリメイクしました。ハワイでツアーガイドとして働くプレイボーイの大輔(山田孝之)は、カフェで偶然出会った瑠衣(長澤まさみ)に一目惚れし、一瞬にして恋におちる。ところが翌日同じカフェで会った彼女は、大輔のこと全く覚えていない。実は瑠衣は交通事故により新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を負っていたのだ。事情を知ってもなお、瑠衣への思いをあきらめきれない大輔は、毎日毎日、自分のことを覚えていない彼女に愛を告白し続けることに……。健康的なスタイルととびきりのスマイルがまぶしい長澤まさみと、あの手この手で彼女を口説きおとそうとする大輔を誠実に演じた山田孝之の組み合わせがとにかくチャーミング。佐藤二朗やムロツヨシら福田作品おなじみの演技派キャストも出演し、コメディリリーフとしてピリリとインパクトを残しながらも、涙を誘う演技で物語を盛り上げています。ともすると悲劇のヒロインのせつない物語になってしまうテーマを、福田監督らしい演出でカラリと描いているのも魅力的。ハワイに行きたくなる美しいロケーションも必見です。(文/松山梢)●公開中©2018 『50回目のファーストキス』製作委員会

映画『50回目のファーストキス』公式サイト


関連記事
  • 日比谷のミッドタウン日比谷のミッドタウンに入ってすぐに LEXUSと書いた入口があります! その中にお洒落なカフェが! それが【THE SPINDLE】カフェです!レモン タイム エスプーマ ソーダを注文!!とっても爽やかでスッキリとした味でした! 暑い夏にはぴったりです!☀︎ タイムが入ってるので普通のレモネードよりも、さらにさっぱり!!涼んだあとは日比谷公園へ!のんびりカフェで涼んだ後は、 歩いてすぐの日比谷公園をお散歩するのが最高に気持ちよかったです!! 真夏になる前にのんびーりお散歩するなら この時期が一番かなと思いました! 他にもメニューがたくさん!他にも、サラダやおかず系のものを 好きにチョイスできるものや、 お酒などメニューが豊富だったので 是非行ってみてください♩ テーブルもカウンターもあったので、 お一人や、お友達、恋人などいろんなシーンでいけるカフェかなと思いました! ここまで見て頂きありがとうございました☺︎ モアハピ部 No.692 れい のブログ
  • 『コンバース スターズ』が、ファンにはたまらない『トイ・ストーリー』のアイテムを発売中です! いよいよ7/12(金)に公開される、ディズニー/ピクサー最新作『トイ・ストーリー4』。公開が待ちきれないあなたのために、あの人気キャラクターたちが大集合していますよ〜☆Tシャツ 各¥8800 ©Disney/PixerまずはこのTシャツ。胸もとにプリントされた「Ooooooooooh!!!」が何だかわかったあなたはスゴイ! これは大人気キャラクター、リトル・グリーン・メンのセリフなんです。©Disney/Pixer後ろには、クレーンで釣り上げられるリトル・グリーン・メンが♡Tシャツ 各¥8800 ©Disney/Pixerこちらは、映画に登場するSunny Side保育園のダンボールの中に、ウッディやバズなどおなじみのキャラクターたちが入っているプリント。©Disney/Pixerバックプリントは、ウッディの左胸に輝く保安官バッジ☆Tシャツ 各¥7800 ©Disney/PixerカラーTシャツは、ウッディ、バズ・ライトイヤー、リトル・グリーン・メン、ブタの貯金箱のハムの4種類! バックプリントも、それぞれのキャラクターから連想されるアイテムになっています。個人的に、ウッディの足裏の「ANDY」の文字がたまらない♡メンズソックス(2足セット)¥2500 ©Disney/Pixerレディースソックス(2足セット)¥2500 ©Disney/Pixerソックスは、2種類がパックになっています。メンズ、レディース共にウッディとリトル・グリーン・メンが刺しゅうされた、厚手のUSAコットン! ギフトにもぴったりだし、女子がメンズをはいても絶対に可愛い♡普段使いはもちろんのこと、映画を観に行く時や、ディズニーコーデにもオススメですよ〜! ▶︎▶︎『コンバーススターズ』公式サイトはこちら
  • 実店舗を持たず「好きなヒトと好きな場所で好きなときに好きなモノを集めた」ノマド古着屋としておしゃれピープルの間で大人気のヴィンテージショップ「weber(ウィーバー)」が、デザインも状態もすばらしいヴィンテージTシャツ約1000点を大放出する「大Tシャツ展」を、東京・日比谷のヒビヤセントラルマーケットで開催中です。weber「大Tシャツ展」でお目にかかれる激レアラインナップたとえば人気モデル(ケイト・モス)を起用したハイブランド(本物)のキャンペーンTシャツは、見つけたら即買いを推奨します! 1990年代に活躍した伝説のガールズグループ、TLC(ティーエルシー)のアートワークTシャツ。キース・へリングとマドンナが同じアートワーク上にジョインしているなんて!ヨーコ・オノさんとジョン・レノンさんの愛は永遠です。手描き風アートワークが垂涎に激レアなブルース・ウィーバーTシャツ「トレインスポッティング」はじめ、伝説的なおしゃれ映画のTシャツがたくさん揃います。お気に入りの作品はあるかな?悲劇的な結末が忘れられない、ブラッド・ピットの出世作でもある傑作ミステリー映画「セブン」。おしゃれさんのマストムービー「タクシードライバー」Tシャツ。ナタリー・ポートマンという奇跡の女優を生んだ映画「レオン」Tシャツアイスランドが生んだ歌姫、ビョークのアートワークは、何年経っても人気があります。若かりし頃の世界のKITANOもTシャツになってます。ちなみに、お披露目されるコレクションの内容は2部構成に。 6月21日(金)までの第一部では「weberʼs basic」をコンセプトに、アート・映画・音楽などをテーマにキュレーションされたTシャツが1000点近く揃います。毎日新商品が投下されているので、何度行っても新鮮なラインナップに出会える仕掛け。 そして千秋楽となる6⽉22⽇(⼟)~23⽇(⽇)の2日間は“T-shirt is art”をテーマに、⽇本中のクリエイターやコレクターから集めた、ここでしか⾒られない“国宝級”のお宝Tシャツを2⽇間のみ展⽰&販売。希少なヴィンテージTシャツを楽しめる貴重なTシャツウィーク、ぜひお見逃しなく!【合わせて読みたい】BAILA7月号のファッション大特集は“Tシャツ”!【大Tシャツ展】 期間/開催中~6⽉23⽇(⽇) 営業時間/11:00~20:00 会場/ヒビヤセントラルマーケット/Tent gallery(東京都千代⽥区有楽町1−1−2東京ミッドタウン⽇⽐⾕3階) お問い合わせ先/TEL03-6205-7894
  • 日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念した『モダン・ウーマン ―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』は、19世紀後半から20世紀初頭のフィンランドにおいて、近代美術に革新をもたらした女性芸術家7人を紹介します。日本初の試みとなる本展は、国立西洋美術館新館展示室にて6月18日(火)から9/23(月)まで開催。フィンランドの女性芸術家たちの多彩な活動と功績に触れてみてはいかがでしょか。シンプルコーディネートの極み? おしゃれなお洋服ですね1.『占い師(黄色いドレスの女性)』 ヘレン・シャルフベック 1926年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Kaunisto Collection Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen黄色いワンピース姿の女性。赤い口紅も効いていておしゃれ! 「おしゃれですよね。実はこれ 1926年にフィンランドの女性画家、ヘレン・シャルフベックによって描かれた肖像画なんです」 と、教えてくれたのは、国立西洋美術館の特定研究員・久保田有寿さん。1926年のフィンランドは、何世紀も続いた大国の支配から脱して、いちからの国造りの真っ最中。そんな時代にこんなおしゃれさんがいたなんて驚き。「この服は実にモダンで、当時のフィンランド女性が着ていたものではなさそうです。シャルフベックはフランスのファッション雑誌を取り寄せて購読していましたから、ヨーロッパに台頭し始めていた新しい時代を象徴する“モダン・ ウーマン”を描いているのでしょう」 そっか。同国を代表するブランド、マリメッコの登場もずっとあとだしね。当時のフィンランドは、「これぞわが国の文化」と呼べるものを模索していたらしい。「そこで独立への気運が高まった19 世紀半ばには、自分たちの美術をつくろうと男女共学の美術学校が創設されました。当時のヨーロッパでは珍しく学ぶ環境も奨学金も完全に男女平等だったのです」 さすが、男女平等な社会の実現で21世紀の先頭集団を行く国。1917年の独立前から最先端な政策! 「だから女性たちも、自分たちは職業芸術家として男性と対等にクリエイティブなことができるという自信を、強く持つことができたのではないかと思います」おしゃれでしょ? 最先端のモードでしたのよ2.『装飾的風景』 エレン・テスレフ 1910年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum Photo:Finnish National Gallery / Yehia Eweisしかし、独立運動によりナショナリズムが台頭し、男性芸術家たちは「フィンランドらしさ」の確立に没頭。「フィンランドといえば手つかずの自然」と、森や雪景色を描いたり、有名な民族叙事詩の絵画化に熱中したそうだけど、女性たちはどうだった? 「女性たちは愛国主義にはとらわれず、オープンで国際的なスタイルを生み出していきました。たとえば、へレン・シャルフベックは人物をより抽象的に単純化したモダニズムの絵画に挑戦しましたし、エレン・テスレフはアンリ・マティスらのフォーヴィスムに代表される色彩の革命にいち早く反応。1906年ごろから絵具をパレットナイフで大胆に塗りつける色彩豊かな絵画を制作しています」3.『ボートをこぐ女性、スケッチ』 マリア・ヴィーク 1892年ごろ Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum, Granberg Collection Photo:Finnish National Gallery / Jenni Nurminenパレットナイフをフィンランドで初めて用いたのがテスレフ。今でこそ一般的な技法だけど、当時では斬新! 独立運動の影を感じさせないほど明るくて光に満ちているね。テスレフのこの試みのあとで、同国の風景や人物を鮮やかに描く画家が続出したんだって。 4.『自画像』 シーグリッド・ショーマン 制作年不詳 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum  Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen「もう少し時代が下った1945年にも、フィンランドの女性画家の自由で大胆な作品が生まれました。それはエルガ・セーセマンの 『カフェにて』。 5.『カフェにて』 エルガ・セーセマン 1945年 Finnish National Gallery / Ateneum Art Museum  Photo:Finnish National Gallery / Hannu Aaltonen 黒手袋の女性がカフェでカクテルとタバコを楽しんでいる一枚です。戦争で国土全体が疲弊し、窮乏していた時代背景を考えると相当ラディカル。こうした女性をダイナミックに描くことも、女性芸術家だからできたことじゃないでしょうか」 同国の美術の基礎をつくった彼女らは教師や批評家としても活躍。作品も生きざまもカッコいいね。1 ヘレン・シャルフベック フィンランドを代表する画家。パリをはじめ欧州各地で美術を学ぶ。「モダン・ウーマン」の肖像画を多数制作2 エレン・テスレフ 同国における革新的な色彩表現の先駆者。パリに学ぶが好んだのはフィレンツェで、彼の地でカラフルな木版画にも挑戦3 マリア・ヴィーク パリで学び肖像画家として早くから活躍した女性画家の一人4 シーグリッド・ショーマン 批評家としても活躍。自画像の多さも同国女性芸術家の特徴5 エルガ・セーセマン 第二次世界大戦の最中にデビュー。今まで見られなかった都市を生きる新しい女性像が出てくるのがこの時代※作品はすべて、フィンランド国立アテネウム美術館このアートはここで見よう!日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念『モダン・ウーマン ―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』 独立前後のフィンランドを生き、同国の近代美術に革新をもたらした女性芸術家7人に焦点を当てた日本初の試み! 6/18~9/23 国立西洋美術館新館展示室 東京都台東区上野公園7の7 9時30分~17時30分(金・土~21時) 休館日/月曜、7/16 (7/15、8/12、9/16、9/23は開館) 観覧料/¥500 問☎03(5777)8600(ハローダイヤル) https://www.nmwa.go.jp取材・文/KAORU ※BAILA2019年7月号掲載
  • 世界最大級の売り場!キャンプ好きにはたまらない。 昨日は父の日でしたね。 パパが以前より行ってみたいと思っていた アルペンアウトドアーズフラッグショップストア柏店へ。 我が家も今回初めて行きましたが、 売り場がとても広くて、ありとあらゆるキャンプ用品が!! ウエアーや自転車、雑誌コーナーまであって大充実。 (子供の遊ぶスペースもあり) キャンプ好きな方はもちろん、これからキャンプを初めようと考えている方。 キャンプに興味のある方など是非!! 人気ブランドが一度に見れる場所なのでオススメです❤︎外にあるスノーピークカフェでテイクアウトができます。 スノーピークハウス、実際売っているそうです。美女組No.147 mikaのブログ
  • その昔、私はジェーン・バーキンになりたかったのです。 すみませんいきなり何言ってんだって話ですよね。20歳そこそこの頃、私はミニシアターと名画座だけを信じ、京都にカフェ巡り旅行に行き、「趣味はレコード屋をまわることかな」という男子のことを好きになる人間でした……だっ……ダッサー!!! 仕方ないんですよ、そんな時代だったから。もちろんファッション・アイコンは60~70年代の女優やアーティスト。ミア・ファローとかジーン・セバーグとかアンナ・カリーナとか。中でも憧れていたのがジェーン・バーキンのスタイルで、当時のどから手が出るほど欲しかったのが「あのカゴ」。どんなシーンでも無造作に荷物を突っ込んで持っていた、円筒形のバスケットです。今やさまざまなブランドがあのタイプのカゴを出していますが、確か当時日本であのデザインのものはほとんど売っていなかった記憶が。悔しい思いを抱えつつ、時は流れ、自分の中には「カゴが好き」という要素だけが残されました。さまざまなカゴを見つけては買ってきたのですが、ちょうど10年前に手に入れたのが、こちらです。 当時、新しく浴衣を誂えたばかりで、「これに合うちょっと大人なカゴが欲しいわ」と探していて見つけました。虎斑竹という模様入りの竹で編まれたカゴです(確か高知のものだったと記憶しています)。編み目も細かく表面も滑らかな手触りでひと目で気に入り、手に入れたもの。しばらくウキウキと使っていたのですが、ある日はっと気づいてしまったのです。「このサイズ感とワンハンドルのデザイン、"あのカゴ"に似ている……!」 大人になって忘れていたと思っていた若き日の好みが、呪いのように自分を支配していたことを。 保存それから10年、私はこのカゴのことを「和風ジェーン」とこっそり呼んでいます(笑)。こちら、程よく入った虎斑の模様のおかげで和装だけでなく、ワンピースやデニムにも合うんですよ。使い始めて10年ですが、きっとこれからも手に取ると思います。
  • こんばんは❤︎ 今日の東京は昨日とは打って変わって かなり暑かったですね( ´ ×ω× ` ) 駅から少し歩いただけで 汗がダラダラでした、、(>_
  • 週末はオンワードのファミリーセールへ招待券をいただいたのでオンワード樫山のファミリーセールに行ってきました! 今まで購入された方のブログを読んでいたりもしましたが、参加は初めて。 2〜7階の会場をぐるぐる、、結構な体力勝負でした。 なかなか狙っているイメージのものを見つけるのは大変でしたが、ひとつ購入しました!組曲×MOREコラボのセットアップこのコラボセットアップ、、 色違いを試着とレポートさせていただいたことがあるのですが、タイミングを逃して店頭で見ることができなかったんです。 服屋さんって回転が速くて、売り切れたかのように見えることもあるんですが、、稀にセールで再会することもあるんですよね。あれ、こないだまでお店から消えてたやん?的な。 今回は運命の再会でした、、!!別々でも着られるし、ブラウスは2WAYなんです。 これからの季節に大活躍しそうです。 おうちにやってきてくれてありがとう、な気持ちです。▶︎当時のレポートはコチラ▶︎卒業生あーちゃん着用カラーです!instagram@misotasoカフェ巡り多めです☺︎▶︎フォローお願いします❤︎モアハピ部 No.395 みそのブログ
関連キーワード

RECOMMEND