唐田えりかちゃん、カンヌのレッドカーペットに登場♡ 美しすぎるドレス姿、全部見せます!

DAILY MORE

我らがモア専属モデルの唐田えりかちゃん、通称からたんが、なんと第71回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットに登場しました!!‼︎ 

なぜからたんがカンヌ国際映画祭に招かれたかというと……彼女が出演する映画『寝ても覚めても』が、コンペティション部門出品作品として上映されたから! 女優としてのこの活躍、モア編集部も誇らしい気持ちでいっぱいです♡ ではカンヌでの美しすぎるドレス姿を、たっぷりお届けしちゃいます♡

着用しているジュエリーは『ヴァン クリーフ&アーペル』のもの。ダイヤモンドを敷き詰めたアイコニック コレクション「アルハンブラ」のイヤリングとブレスレットです。ダイヤモンドの輝きにも負けないからたんの美しさ、素敵すぎます!
ドレスは『ジョルジオ アルマーニ』。シースルーからちらりとのぞく脚がとびきり大人っぽい! 「ドレスもジュエリーとても高価なもので、身が引き締まる思いでしたが、美しいものを身にまとえて本当に幸せでした♡」(からたん)
レッドカーペットには、『寝ても覚めても』のメガホンを取った濱口竜介監督、共演の東出昌大さんとともに登場! 「実はレッドカーペットでヒールをドレスに引っ掛けてしまい、監督と東出さんにご迷惑をおかけしてしまったんです。でも『唐ちゃんらしいよ(笑)』と笑って許してくださったおかげで、私も緊張せずに、楽しんで歩くことができました!」(からたん)
©Kazuko WAKAYAMA
『寝ても覚めても』公式上映後、会場はスタンディングオベーション! 「本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいになって、涙が溢れてしまいました」(からたん)
©Kazuko WAKAYAMA
翌日に行われたフォトコールでは一変、『サカイ』のチェック柄が効いたオフショルドレス♬ ヘアもダウンスタイルで、ちょっぴりカジュアルに変身です!
実はこんなにふわりと広がるデザイン。「レッドカーペットと差をつけたかったので、遊び心のあるドレスを選びました♪ お気に入りです。フォトコールでくるくる回ったら、カメラマンさんたちが喜んでくれました!」(からたん)
まるで写真集の表紙のように素敵なオフショットも届きましたよ☆ 南仏のビーチをバックにこちらを見つめるからたん……本当にキレイ! 「現地では毎晩スタッフのみなさんとご飯を食べにいったのですが、何を食べてもおいしい! 幸せなフランス滞在でした♡」(からたん)

映画『寝ても覚めても』は、9/1(土)より『テアトル新宿』ほか全国でロードショー。東出さん演じる、顔が瓜二つの二人の男性。この二人の間で揺れ動く朝子を、唐田えりかちゃんが演じています。みんなで観に行かなくちゃ!

からたん、カンヌデビューおめでとう☆☆☆





関連記事
  • 今月の彼氏。 鈴木仁 毎号、素敵な俳優さんが登場し、彼女気分が味わえると大好評の連載『今月の彼氏』。今回の彼氏は、映画やドラマなどさまざまな話題作に出演する俳優であり、メンズノンノモデルとしても活躍する鈴木仁さん。二人っきりのボートデートを楽しむ等身大の姿は本誌でチェック! non-no Webでは、ボートとあわせて釣り堀ではしゃぐさわやかな彼の未掲載カットとともに、スペシャルインタビューを紹介!他の画像を見る今回、彼女と公園でボートに乗って二人だけの優しい時間を過ごす…という憧れのデートシチュエーションを楽しんでくれた鈴木仁さん。「二人でゆったりした時間を共有したくて」と語る彼に、ボートに乗るまでのデートプランを妄想してもらった。「普段のデートなら、お昼前に会ってまずランチ。そこから『どこ行こうか』なんて話し合って目的地を決める…とかいいなぁ」と優しくはにかむ。特別な日は朝からテーマパーク! …というのももちろんありだけど、かしこまらずに一緒に街歩きするのが好きなんだって。――  理想のデートは? 「ショッピングに行きたい。僕は服が好きで、メンズだけじゃなくユニセックスや、シルエットが好みであればレディスも着るから、相手に選んでほしいなって。そして僕も相手の服を選びたい(笑)。もし彼女が、どちらか迷っている服やアクセサリーがあったら、諦めた方を僕がプレゼントしてあげます。」 ――  タイプの女の子って趣味が近い子? 「センスが近かったり、僕が好きなものに興味を持って接してくれたりする人だと、気になっちゃうと思います。僕も受け入れるだけじゃなく相手の話や趣味を聞きたいから、思ったことを素直に話せて共有できるような…強いて言うなら対等にいられる人が好きってことかな!」 ――  デートで女の子にしてもらったらうれしいことは? 「ん〜、特になくて服装も普段通りでいいんですよね…。でも、いつもと変わらない服装なんだけど、髪型やメイクを少しだけ変えてくれていたらうれしい! 例えば、リップの色がいつもより華やかだったり…細かい部分だけど(笑)。それを見たら「今日のためにやってくれたのかな!?」って心の中ですごく喜ぶ。恥ずかしいから顔に出して喜べないけど…(笑)。」 ――  鈴木さんはデートでいつもと違うことしたい? 「普段はヘアスタイルをセットしないので、きちんと整えて行きます!(笑) あと、身だしなみのひとつとして、つけてるかわからないくらいの香りの香水をつけます。香りはフーロラル系やウッディ系が好み。」やわらかい雰囲気をまといながら、自分をしっかり持っている鈴木さんはすごく男らしくて好印象! そんな彼は、5月24日公開の映画『小さな恋のうた』で、音楽と友情に真摯に向き合う高校生、新里大輝役をさわやかに演じている。   物語は、沖縄を拠点に活動するバンド、MONGOL800の国民的代表曲『小さな恋のうた』をベースに、高校生バンドの絆と恋と別れを描く感動の青春ドラマ。鈴木さん演じる大輝は、主人公の真栄城亮多(佐野勇斗)がヴォーカルを務めるバンドの仲間だ。  ――  鈴木さんと役柄に何か共通点はあった? 「大輝がバンドメンバーと対立するシーンがあるのですが、友達思いでありながら、自分の考えも伝えるという性格に共感しました。仲のいい関係に甘えるだけじゃなくて、自分の判断もしっかり大切にしていて。」 ――  演じる上で意識したことは? 「MONGOL800のヴォーカルのキヨサクさんから「(大輝が)いちばんバンドマンらしい」と言っていただいたんです。「困難にぶつかった時に自分で考え判断して、自分なりに音楽を愛する方向に進んで行く姿は、芯を持っているバンドマンだ」と。その気持ちや感情をうまく表現できるように現場に臨んでいました。」 ――  今作で初挑戦した楽器のベースは楽しく弾けた? 「実は僕、音楽が苦手で…。だけど、いざ共演者の佐野(勇人)くん、森永(悠希)くん、(眞栄田)郷敦、(山田)杏奈ちゃんと練習を重ねていくうちに楽しくなっていって。弾くのは難しかったけど、映画の中で演奏した3曲(『小さな恋のうた』『あなたに』『DON’T WORRY BE HAPPY』)はそらで歌いながら弾けます! バンドシーンは、演技もありつつ、その部分もたくさん出ていました。練習中にできた仲間の絆や雰囲気がスクリーンに表れていると思います。」 ――  non-no読者に見てほしいところは? 「この映画は音楽が繋げる友情や恋の物語です。口に出す言葉以外にも劇中に流れる音楽や亮多が歌う歌詞、演奏中のアイコンタクトといった表情など、みなさんに伝わる部分がたくさんあると思います。そこに込められたさまざまな思いを感じてもらえたらうれしいです!」 ●鈴木仁  すずきじん 1999年7月22日生まれ、東京都出身。2016年にメンズノンノモデルとしてデビュー、現在は俳優としても活躍。最近は『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』や『3年A組-今から皆さん は、人質です』といった話題作に出演し、注目を集める。5月24日公開の映画『小さな恋のうた』が待機中。 映画『小さな恋のうた』 沖縄の小さな町に暮らす主人公、真栄城亮多を中心としたバンドは、不慮の事故により行く先を見失ってしまう。彼らを前に進めたのは、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女だった── ●5月24日より全国公開シャツ¥38800/レインメーカー シューズ¥72000/パラブーツ 青山店(パラブーツ) その他/スタイリスト私物撮影/田形千紘 ヘア&メイク/牧野裕大(vierge) スタイリスト/田村和之 取材&原文/力石恒元 web構成/篠有紀 web編成/吉川樹生
  • 数々の映画撮影の舞台ともなった由緒ある横浜のホテル「ホテル ニューグランド」が、6月2日の記念すべき“ローズの日”に、「ローズウェディングプレミアムBIGフェア」を開催する。 フェア当日は、地上70mに位置するスカイチャペルで模擬挙式を披露。眼前に広がるベイブリッジやみなとみらいなど、空と海が溶け合うパノラマビューへと続くバージンロードを体感できる。 またバラを使用した、豪華なローズウェディングメニューの試食会もあり。味はもちろんフォトジェニックな見た目にも注目したい。 美しいバラが咲き誇る中庭では、プロのカメラマンによる写真撮影も体験できる。ムードあるクラシックなホテルを背景に、まるで映画のワンシーンような1枚が撮れそうだ。しかも出来上がった写真はプレゼントしてくれるそう。 さらに、フェア限定のスペシャルな成約特典もあり。挙式当日はバラをふんだんにあしらった生ウェディングケーキを、ゲスト全員分サービスしてくれるとか! バラが見頃のこの時期に開催するローズウェディングフェア。レストラン「ル・ノルマンディ」でも、先着4組限定のローズウェディングハーフコースの無料試食会も同時開催している。洗練された空間で、バラをイメージした気品あふれる新作コース料理と、ソムリエによるワインの素敵なマリアージュを堪能できる。 1927年の開業以来、国内外のセレブリティに愛されてきたヨーロピアンムードなホテルは、ローズとの相性も抜群! ここでしか叶えられない優雅なウェディングを体験してみては。 ローズウェディングプレミアムBIGフェア日時:2019年6月2日(日)①10:00〜12:30、②15:00〜17:30場所:神奈川県横浜市中区山下町10番地*完全予約制(予約はHPの予約サイトより) ローズウェディングハーフコース無料試食付レストランウェディングフェア日時:2019年6月2日(日)16:30〜20:00*先着4組限定*完全予約制(予約はHPの予約サイトより) ホテル ニューグランド(ホテル ニューグランド・ウェディングデスク)https://www.hotel-newgrand.co.jp/wedplan/045-223-1122
  • 今月のMOREの付録はPAULとコラボ!MORE6月号の付録はパン屋さんPAULコラボの保冷バッグでした! デザインがシンプルかわいいと周りにも好評です。 心配でしたが、コンパクトなのに愛用のココポット(底広め)もそのまま入れられる頼もしい存在! 突然ですが、PAULのオススメパン、教えますPAULといえば、フランスで朝一並んで食べた!という友人がいるほど人気のパン屋さん。 わたしはフランスに行ったことはありませんが、実家でよく食べていたので馴染みの深いパン屋さんです。わたしのお気に入りのパンを(勝手に)紹介します。 ◆クロワッサン(たぶん)1番人気!フランスでおいしすぎた!との声多数。わたしもPAULの中では1番食べているのがクロワッサンだと思います。 バターたっぷりで、そのまま食べるとしっとり。焼き直すとちょっとサクッとなるのでお好みで。◆カヌレ皆さんが知っているカヌレより、大きくないですか、、? わたしは先にこちらを知っていたので、ほかのお店で見たとき、その小ささに驚きました。笑 中はしっとり、外側はちょっぴり大人の味です。◆パルミエ顔ほどの大きさのパルミエは、インスタ映えとしても人気なようです。 源●パイ大好きなので、嫌いなわけがない。笑 チョココーティングされたものもおいしいですよ◎付録もパンも要チェック!まだ本誌をゲットしていない方は、次号が出るまでに急いで! パンをまだ食べたことがない方は、ぜひ一度ご賞味あれ。モアハピ部 No.395 みそのブログ
  • from NORMANDY Caroline Marolleau & Arthur Delaire 春が訪れつつある3月初旬。約2年半の交際を経て、ノルマンディー地方のマナーハウスで式を挙げたアーサーとキャロリン。結婚式の準備にかけたのは2~3 カ月。「準備にストレスを感じたくなかったから、もともと知っていて食事がおいしいこの場所で即決。私たちは親族もたくさんいるので、自分たちじゃなく、招待する親族や友人たちをもてなすというコンセプトで、自分たちがみんなをどれだけ愛しているかを表現したんです」。挙式とアペロ、ノルマンディー名物のカキをはじめシーフードをメインにしたディナーの後は、朝までDJダンスパーティ。映像・音楽関係の仕事をしている彼ららしく、そしてパーティ大好きなフランス人らしいウェディングを堪能した。 挙式とパーティの会場は、ノルマンディーの海辺にあるクラシカルなマナーハウスを貸し切ってブライズメイドたちの衣装も白! 理由は「みんなで愛を分かち合い、みんなが主役となれるような楽しい夜を過ごしたいと思った」からフランスに春を告げるミモザのブーケは新婦が自ら調達&デコレーション。豪快にブーケトス!ドレスはミレーユ・ダルクが映画の中で着ていたバックレスドレスがイメージ。踊りやすいよう丈は短め。新郎はロンドン・サヴィルロウの老舗でスーツを仕立てたそうディナーは長テーブルを4 列並べて新郎新婦も一緒に。新鮮な食材だけを使い洗練されたおいしい料理を提供してくれるレストラン。ワインはボルドー出身の新郎の友人たちが手配新婦と総勢6名のブライズメイドはお揃いのチームブルゾンを作ってまずは温水プールでシャンパンを楽しんでからパーティの準備を開始
  • ハンナ・ウェイランド(「Shrimps」デザイナー)&アーサー・ギネス(「ギネス」社後継者) from WILTSHIRE Hannah Weiland & Arthur Guinness 学生時代にブリストルのパブで出会い、ベネチアでプロポーズ。そんなふたりが結婚パーティの会場に選んだのは、英国南西部ウィルトシャーにあるハンナの一家が所有するベルカム・コートの広大な庭。人気ブランドの若手デザイナーとギネスグループの御曹司カップルということもあり、ピクシー・ゲルドフやローラ・ベイリーなどゲストの顔ぶれも華やかだ。300人の招待客を迎えるマーキーテントのデコレーションから料理、ライブ演奏まで、すべては新婦ハンナが信頼を寄せる友人・知人たちの手によるもの。庭のコテージを、新郎アーサーの名前をつけた一夜限りのパブ「アーサーズ・アームズ」に改装してしまうなど、スペシャル尽くしのパーティとなった。 バラが咲く英国庭園。パーティが行われた6月は一年でいちばん美しいシーズンリリー・ヴァニリの4 段レイヤーのウェディングケーキ。トップにはふたりと愛犬の飾りが自身がデザインしたウェディングドレスはヴィクトリアン・スタイル。大切な思い出の場所や動物のイラストが手刺しゅうされている赤いバラがハンドプリントされたシュリンプスのドレスを着たブライズメイドたち。「私のミドルネームがローズだから」とハンナラスティックなムードで装飾されたマーキーテント。あえて不揃いのアンティークのカトラリーを選ぶなどテーブルセッティングにも空間プロデューサーマチルダ・ゴードのこだわりが詰まっているアクセサリーはシュリンプスのビーズバッグとサンローランのレオパードサンダル。新婦の亡き祖母がレオパード好きだったそう
  • アンジェラ・へスターマン(ブロードウェイのステージマネージャー)&ブレンダン・マクマホン(演劇学科教授) from CRETE Angela Hesterman & Brendan McMahon NYでともに演劇関連の仕事をしているアンジェラとブレンダンが出会ったのは、オフブロードウェイの劇場。5 年の交際ののち、結婚を決めたふたりが選んだのはギリシャのクレタ島。海に突き出した岩の道の先にある白亜の小さなチャペルで挙式した。披露パーティはクレタ島・マルガリットで。「友人の家族が経営しているレストランが、伝統的なギリシャ料理であるヤギのロースト、エスカルゴ、地元のワインなどを用意してくれました」と、挙式だけでなく食事もギリシャスタイルというこだわりよう。地元のバンドがギリシャの音楽を演奏し、ダンスも盛り上がったそう。大きなオリーブの木の下で、笑顔があふれる忘れられない夜となった。 岩で造られたチャペルまでの道を、手を取り合って。新婦のドレスはBHLDN、ジュエリーは家族のものをまとったファーストダンスは地元のバンドが演奏する音楽とともにファーストダンスは地元のバンドが演奏する音楽とともにウェディングケーキは地元の名店のチョコレートケーキを選択。オリーブの木の下でのディナーは、キャンドルとリボンでデコレート式の後には、これからのふたりを想い大きなランタンに火を灯して飛ばすセレモニーを10人のゲストを招いた、くつろいだパーティブーケはナチュラルなムードを意識。花嫁のウェディングリングはマンハッタンのアンティークショップで購入。「まるで私たちのために用意されたかのように、サイズもぴったりでした」
  • アンナ・ボスケーロ(スタジオマネージャー)&ルーカス・フローレス・ピラン(ディレクター・フォトグラファー) from NY Anna Boschiero & Lucas Flores Piran 友人が主催したパーティで初めて会ったふたり(でもそのときは新郎の友人が新婦に先に声をかけたため、新郎は一緒に来ていた新婦のお母さまとずっと話をする羽目になったそう!)。その後仲を深め、バカンスで行ったサントリーニ島でロマンティックなプロポーズ。実は、NY市庁舎で結婚をしようと思いついたのはなんと式の数日前。挙式の申請をすると日時を指定されるので、その後家族や友人に声をかけ、当日は15人ほどが集まった。「リラックスしたムードで楽しかったです。宣誓をしたあと、近くのバーで乾杯をしました。でもなんとボトルのシャンパンを置いてない店で! 記念すべき日なのに、缶のシャンパンで乾杯したんです(笑)」 式後のディナーは「オデオン」、アフターパーティは「イヴス」で市庁舎で指輪の交換。リングはお揃いの「ティファニー」新婦のドレスはアレキサンダー ワン、新郎のスーツはメゾンマルジェラ、バーバリーのシャツ&グッチのネクタイとモードな装い
  • from FRANCIACORTA Lidia Dal Tio & Simone Venturini 「友人の誕生日パーティで意気投合。すぐデートの約束を交わしたの」というふたりは、カナダ出身のリディアの家族や友人たちが参加しやすいようにと、夏のバカンスシーズンでの野外ウェディングを選んだ。「国内外から71名のゲストとたっぷり時間を過ごしたかったので、親密感があり心地よい雰囲気をつくり出せそうなこの会場がすぐ気に入りました」。ラグジュアリーブランドで働く彼女が出張先のロスで購入したドレスは、シフォン素材、レースのディテールが美しいバックコンシャスなデザインだ。「私とパパ、彼とママがペアになってダンスするシーンが感動的でした」。パーティは盛り上がり真夜中にミニハンバーガーとグルメポップコーンが登場すると会場がさらに沸いた。 PHOTO:Paolo Poce & Lorenzo Passone ゲストとともにセレモニー、披露宴、アフターディナーパーティをひとつの場所で大切な家族のウェディングストーリーをモノクロ写真で飾ったウェルカムスペース北イタリアのフランチャコルタは最上級スパークリングワインで有名。ディナーは地元の食材をベースにした料理とワインのペアリングを
関連キーワード

RECOMMEND