《本日5/16新登場★》【スタバ】新作フラペチーノはチョコレート尽くし?!“チョコレートベリーマッチフラペチーノ”❤️

DAILY MORE

こんにちは❤︎

本日5/16、
みんなだいすき♡スターバックスから、

新作フラペチーノが発売になりました!!!

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

それがこちら、、、

『チョコレートベリーマッチフラペチーノ』♡♡

サイズはTallサイズのみで、
¥540+税となっています✧*。

⑅⁺˖- - - - - ⋈ - - - - -˖⁺⑅

先週「大人のフラペチーノ」が
発売されたばかりなのに
もう次のフラペチーノが…?!!
と、
気になったのですぐ飲みに行きました!!!

お店に着くと
メニュー表には新作フラペチーノが
加わっていました…★

今回のフラペチーノは、
一口目から飲み終わるまで
チョコレートを存分に楽しめるように、
たっぷりのチョコレートで仕上げた
フラペチーノになっているそうです☻✧*。

コーヒーベースのフラペチーノに、

◆チョコレートソース
◆チョコレートチップ
◆ダークチョコレートパウダー

をブレンドし、
ホイップクリームをトッピング…✧*。

確かに、ひとくち飲んだ瞬間、
口いっぱいにチョコレートの
風味が広がります◎

チョコレートチップの
ざくざく食感もいい感じ…♡


食後にも、
おやつタイムにも、
デザート感覚で
楽しめそうです・*・:≡( ε:)

まさに、チョコレート好きにはたまらない!!!フラペチーノ❤︎❤︎

気になった方はぜひぜひ
チェックしてみて下さいね☆


モアハピ部 No.562 しょこたうるす のブログ

関連記事
  • フードライター・広沢幸乃さんがセレクトした9種類のスイーツと、コーヒーのマリアージュ♡世界中から良質のコーヒー生豆を選び抜き、6種類のブレンド豆を中心に販売している「TORIBA COFFEE」。MORE編集部で仕事の合間の癒しとなっているコーヒーも、「TORIBA COFFEE」の豆なんです:)そんな「TORIBA COFFEE」の銀座店では、毎月様々なジャンルのヒト・コトとコラボしたポップアップイベントを行っているそう! 2月のテーマは、「COFFEE × SWEETS ~やっぱりコーヒーは主役じゃない~」。MOREでも活躍中のフードライター・広沢幸乃さんが、9種類のスイーツをセレクト。『ロワール』の「ブランデーケーキ」や、イタリア『ピエトロ・ロマネンゴ』のチョコレートなど、普段は購入することのできない絶品スイーツが集結しています。特におすすめは、2月限定で販売中のシーズナルコーヒー「COFFEE × SWEETS」とのマリアージュ♡ 深入りなのにスッキリとした味わいで、スイーツとの相性が抜群に良いコーヒーだそう♡♡ 1杯100円の「テイスティングコーヒー」などもあります♪店内で味わってもよし、持ち帰って家で楽しんでもよし。厳選されたスイーツとコーヒーを、ゆったり味わってみてはいかがでしょうか♡■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■「COFFEE × SWEETS〜やっぱりコーヒーは主役じゃない〜」期間:〜2/28(木)時間:平日 11:00-21:00、土日祝 11:00-19:00場所:TORIBA COFFEE住所:東京都中央区銀座7-8-13 Brown Place 1F→「TORIBA COFFEE」公式サイトはこちらから
  • NAKEDがプロデュースするアートイベント、FLOWERS by NAKEDに行ってきました♡お花をテーマに、日本一早いお花見が楽しめます♡ プロジェクションマッピングはもちろん、お花の香りが楽しめたり、生花があったり、素敵な音楽もあり、色んな演出があります♡こちらは手のひらをかざすと手のひらにお花が咲くプロジェクションマッピング♡他にも様々なアート演出が♡リプトンのフルーツインティーを買えるブースもあり、飲みながら、お花見を楽しむことが出来ます♡FLOWERS by NAKEDは2月26日まで日本橋三井ホールでやってます! みなさんもぜひ行ってみてください♡ instagram♡よかったらインスタも見てください!モアハピ部 No.641 せいら のブログ
  • 日本でもディスティネーションとして大人気のウユニ塩湖への旅の玄関口となるのが、ボリビアの事実上の首都ラパス。標高約3,600mに位置し、世界一標高の高い場所にある首都としても有名! 絶景が楽しめるすり鉢状の街、ひとりっPがひとくち食べて感激した必食グルメ、マストなホテルなど、ラパスの魅力をひとりっPのInstagramから紹介。01ラパス 「チリからアタカマ高地を抜けてボリビアへ。ウユニ塩湖を満喫、昨日首都のラパスに着きました。標高3650メートルを、あら低いじゃない、と思うようになった自分に感動。ビバ!高度順応!いまならマラソンで自分史上最高記録出る!絶対!いや、走りませんが。ラパスは、すり鉢状の谷間に広がる風景に感激!そして地図で見ていただけじゃわからなかった、ほんの少し先の通りも急坂の上だったり。街歩きがいちいちちょっとした登山です。」(ひとりっP、以下同)「ボリビアの国民スナック、サルテーニャ、saltena。どらどら、と初トライ。パイだよね〜、と半分に割ったら『どわっあっあぢーーーっ!!!』。肉汁がじゃわわ〜!っとあふれでてきて、かるーく指をやけど(まるで小籠包?) 。見ると、ローカルのみなさんはナプキンでくるんで手に持ち、はじっこからかじって、ときどき肉汁をすすってます。なるほど!!しかしこんなに肉汁が出るとは!!と驚きつつ、ひとくち食べてさらにビックリ!!!『な、なんじゃこれ!!うますぎる〜〜!!』。各種スパイスが複雑にきいた具は、鶏肉、ゆでたまご、野菜など。パイ皮はしっとりさっくり硬めで、肉汁をセーブ。いや、肉汁というかそもそもシチューと言ったほうがいいような。こんなうまいもんがあったなんてーーー!これ食べたさにボリビア再訪する気がします。」「と、いうわけでサルテーニャに夢中になり、急遽食べくらべパトロールを決意、計3軒をハシゴ(バカ?)。店によって皮の食感、具の中身が微妙に違いますが、どれも美味。なんとなーく具は感覚的にはカレーに近い気がしてきました。ハーブ&スパイスをミックスした肉と野菜ミックス煮込み?な感じなので。2軒目からは地元の方々に倣い、はじっこからかじってみましたが、やはりどこかで肉汁をこぼしてしまい……まだまだ修行が足りません。こちらは3軒目。スプーンとチリが添えられて出てきました。」「サルテーニャが食べられるのはだいたいこんな感じのどローカルなスナック食堂。ローカルすぎてビビるかも知れませんが没問題。ボリビアの人って中南米の中でも極めて親切で素朴でいい人が多い、気がしてます。ローカル食堂も旅行者をウエルカムしてくれます。」02casa de piedra 「中南米では近代的なホテルよりも、ならではのコロニアルな宿に泊まるのが好きです。ラパスでの宿は、casa de piedra。石の家、という名前ですね。1830年代に建てられた建物を改装したそうで、間口は狭いけど奥に長い造りです。フリーWi-Fiも飛んでます。私の部屋は表通りに面していたので明るく、室内プチテラスがありました。ただ、通りに面している分、物音に敏感な人はうるさくて眠れないかも。宿の人もとても親切でよかったのですが、暖房の効きがやや弱いのとシャワーのお湯がぬるかったのが残念。朝食付きですが、内容はかなりベーシックで、シンプルなボリビアパン、フルーツ、ハム、チーズ、コーヒー紅茶、ジュースのみ。暖かいものはコーヒー紅茶以外なし。ホテルは旧市街のど真ん中にあり場所も便利なので、外にサルテーニャなど食べに行くのをオススメします。お土産屋通りのサガルナガ通りへも歩いて5分かかりません。」「casa de piedraの中庭。中南米のコロニアル邸宅はたいていこの造りですね。間口は狭くて奥に長く中庭がいくつかあり、中庭を囲む形で部屋があります。」「ラパス市内。中南米では新年の瞬間に個人で打ち上げ花火をあげる国が多いんですが、ラパスはすり鉢状の街なので山の斜面のあちこちからバンバン花火が上がって、今まで体験したどの街の花火よりキレイでした!わたしの宿からはパーシャルビューだったのが残念!」「ラパス、大統領官邸前。」 「ラパス市内のスーパーマーケットにて。高山病に効くといわれているコカ茶。チリやボリビア、ペルーなどでごく一般的に飲まれてます。が、ちなみにコカインの原料なので、日本やアメリカには持ち込み禁止です。」「ラパス市内、庶民の足なのがミクロmicroと呼ばれるボンネットバス。カラフルな外観がちょーマイタイプ。見かける度にカメラを向けてしまいました。」「標高3600メートル。世界一高所にある首都、ラパス。すり鉢状の街なので基本的に坂道だらけ。街歩きは軽い登山です。シューズも単なるスニーカーではなく、グリップ力のある軽トレッキング靴が歩きやすくて疲れないのでオススメです。」 紹介したアドレスはこちら! 南米の記事一覧を見る> 香港の記事一覧を見る> ハワイの記事一覧を見る>タヒチの記事一覧を見る>北米の記事一覧を見る>台湾の記事一覧を見る>日本の記事一覧を見る>アジアその他の記事一覧を見る>中東の記事一覧を見る>アフリカの記事一覧を見る>オセアニアの記事一覧を見る>ロンドンの記事一覧を見る> >>ひとりっぷ® TOPはこちら  
  • ブルボンの《ルマンド》が 「ついにアイスになった!」と SNSなどで話題になって数年。 昨年11月には、 第2弾の「ロイヤルミルクティー」が登場し 人気アイスとなっていましたが、 なんと早くも第3弾として、 新たなフレーバーが登場したんです!!ルマンドアイス カフェラテ★2種類のエスプレッソコーヒーを使用した カフェラテ味のアイスクリーム❤︎お菓子の「ルマンド」を食べながら、 コーヒーを楽しむようにという 想いを込めて作られたよう♪♪アイスの中には、ミニタイプの 「ルマンドキャラメル」が丸ごと入っていて、 かなり食べ応えあり! カフェラテとの相性も抜群♡♡関東・甲信越地域と静岡県で先行発売!2月11日に発売された 《ルマンドアイスカフェラテ》は、 関東・甲信越地域と静岡県での先行発売! その他の地域は、 2019年3月11日から販売スタートだそう。一足早く食べれました 〜^^【No.576】*Ayane* Instagram料理専用Instagramはこちら★モアハピ部 No.576 *Ayane* のブログ
  • 2019年から美女組の活動をスタートした同期メンバーでランチ会をしました。美女組の同期8名でランチ会をしました。2019年は20名以上の方が新たに美女組に入られたので、この日は約1/3が集まったことになります。 自己紹介からはじまりましたが、ラストは大いに盛り上がりました。美女組の活動をしようと思った動機やこれまでの経験など聞きながら、いろんな人生があるんだなと改めて思いました。全体写真場所は東京表参道のフレンチ「Lounge 1908」です。ここは私のお気に入りのレストランの1つで、今回幹事をさせていただいたのでこちらのレストランで開かせていただきました。皆様、お疲れ様でした! お料理はこちら。前菜も美しい!大好きなサーモンがもはやARTです。前菜2品目はエビとアボガドのファルシです。これも大好きな一品でこのお店に来たときは毎回頂いています。トマトのファルシメインはお魚にしました。白身がぷりぷりして美味しかった。メイン途中、酸味のきいたスープをいただき、締めはデザートとコーヒー。こちらのお店は1階でカフェを展開しているのでコーヒーがさっぱりしてとても美味しいです。Lounge1908楽しかったので定期的に集まれたらなと思います。 E.宏美美女組No.153 エリス宏美のブログ
  • お会計の時にランダムに出てくるスタバの当たりレシートが出ました! 確率1500分の1??とも言われている超レアなレシートで、レシートについたQRコードからアンケートサイトにアクセスして、簡単なアンケートに答えるとドリンク1杯が無料でもらえるというラッキーなレシートなのです。ドリンクに制限はなく、カスタマイズも無料だし、リザーブコーヒーだって飲めちゃうそうです。嬉しいなー♪すごく喜んでいたら、店員さんも一緒にすごく喜んでくれて、嬉しい気持ち二倍に♪ ますますスタバが好きになりました♡美女組NO.119 NOKOのブログ
  • ついに日本にもできた「ラルフズ コーヒー 表参道」のレジ前にて発見。ここのブラウニーはかなり好きな味! 昨年秋に表参道にお目見えしたラルフ ローレンのカフェ「ラルフズ コーヒー 表参道」にて。このブラウニーは、ラルフ・ローレン氏の奥様のお母様直伝のレシピなんだそうです。 レジ横に陳列されていたので、つい大人買いしてしまいそうになる衝動を抑えられません……でした(笑)。¥500(税抜き)(副編M山) Ralph’s Coffee Omotesando (ラルフズコーヒー表参道) 東京都渋谷区神宮前4-25-15 ラルフローレン表参道1F 03-6438-5800 #ブラウニー #ralphscoffee #ralphlauren #tokyo #omotesando #ラルフズコーヒー表参道 #バレンタイン #americansweets #tokyosweets #エクラ
  • ファーストルックとフィナーレを飾った永遠の名品、スモーキングジャケット。大きめのラペルがメンズライクなダブルジャケットに、70年代らしいブラウスを開襟でレイヤード。グラマラスな女性らしさをプラスした。パンツは60年代のテーラリングに着想を得たタイトなウエストまわりがアイコニック。 ジャケット¥540,000・ブラウス¥140,000・パンツ¥140,000・ストール¥45,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ) イヴ・サンローランのル・スモーキングは、つねにスターとともにあった。着想源からしてその一つが大女優マレーネ・ディートリッヒであったし、初期の支援者にはカトリーヌ・ドヌーヴやローレン・バコールが名を連ねた。この「女性のためのタキシード」が当時のフェミニズム的エンパワーメントとして機能したことは言うまでもないだろう。男性の夜の正装──ある意味では男性のものとされてきた「黒」を女性が纏うこと、その行為自体に大きな意味があったのだ。1960年代にムッシュ サンローランが創造した「革命」は、それを着た女性スターたちによって広まった。  女性のパンツスーツが珍しくなくなった21世紀においても、スモーキングの「黒」は特別であり続けている。カンヌ国際映画祭でドレスコードへの反抗を示したスーザン・サランドン、国連安保理で性暴力問題についてスピーチしたアンジェリーナ・ジョリー、そのどちらも大舞台の衣装に黒のスモーキングを選択した。女性スターによるパンツスーツの着用は、今なおそれ自体が声明となる。「女性の正装にドレス以外の選択肢もあること」を伝えられるためだ。しかしながら、スモーキングが永遠たる所以は、そうしたシンプルな論に留まらないだろう。エレン・ペイジやカーラ・デルヴィーニュといったクィアなスターたちが揃って袖を通したことは非常に示唆的だ。このコレクションには、ジェンダーロールをものともせず己のセクシュアリティを愉しむ甘美な神聖さが漂っている。既存の抑圧から抜け出して「縛られない存在」になれる衣服、それこそがスモーキング、そしてブラックのレガシーなのではないだろうか。 辰巳JUNKライター、ブロガー。雑誌やウェブ媒体を中心に活躍中。ファッション、映画、セレブリティを社会情勢とともに独自の視点から分析するブログ「辰巳JUNKエリア」が人気。 >>ユニフォームは黒 by ティファニー・ゴドイ
関連キーワード