【アイス探訪記】 ハワイのあの定番チョコがアイスクリームに?! 濃厚チョコとザクザクナッツが堪らない♡

DAILY MORE

美味しいアイスがないかなぁー探索中のところに、見慣れたパッケージを発見!

ハワイのお土産定番「ハワイアンホースト」!!

(と言っても私はハワイに訪れたことがないのですが・・・)

ばら撒き土産にもピッタリなチョコなので頂くことが多かったなぁと記憶しています❁

そのハワイの定番チョコがなんとアイスに!

早速、食べてみましたよ♫

リッチなパリパリのチョコの食感がGOOD

そして中には濃厚チョコアイスとザクザクマカデミアマッツ♡

全体的にリッチ感満載です。

これはデリシャスー★

《数量限定》とのことなのでお近くのファミリーマートに急げ!!

ご褒美アイスにオススメですよ☻

皆様にとって良い一日となりますように♡


モアハピ部 No.537 Hitomi のブログ

関連記事
  • 「これがあれば素敵」とわかる、トレンド傾向や旬のアイテムを編集部がキャッチ! この冬トレンドのワーク風ショートブーツ。足もとに新鮮なバランスを生む、バックル使いやボリューム感に注目!1.ヴィオレッタ(ブランド勤務・ミラノ)ブルーグレーのトレンチコートはエイソスのもの。サングラスとバッグ、ブーツはジミー チュウ。コートとブーツの間の素肌を見せて、ヘルシーかつカジュアルな抜け感を強調。ゴールドのホールがシンプルなブーツのさりげないアクセントに。2.マリア(モデル兼カメラマン・ミラノ)ヒール使いでハードさが軽減。3.ランプリーニ(エンジニア・ミラノ)バックルとスタッズのゴールドが華やかなブーツはクロエのもの。他の画像を見るeclat2月号掲載 [パリ]撮影/Mari Shimmura コーディネート/Mami Okamoto [ミラノ]撮影/Marco Bertoli コーディネート/Akane Takadama 取材・文/松井陽子
  • 表参道にてCHANELのフレグランスイベントが行われています!! 開催場所は、表参道にある“SO-CAL LINK GALLERY”! 中に入るとCHANCEの香りを自由にお試しできるセルフトライアルスペースがありました!オリジナルコンテンツが盛り沢山でした♡ プロのカメラマンによる撮影!!プロのカメラマンによる撮影スポットがあります!今回私は時間がなかったので撮れなかったのですがLINEでポラロイド風の写真をプレゼントしてくれるみたいです!⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝⋆*ルーレットゲームでサンプルGET♡わたしは今回シールでした! このどれか1つは必ず当たります♡1月20日までなのでぜひ表参道来た際は寄ってみてください‪⸜( •⌄• )⸝‬モアハピ部 No.619 RIKA* のブログ
  • 愛称はなっつん。この号からノンノ専属モデルになります♡ 大人の表情も飾らない笑顔も、どっちも持っている夏美を応援してね!ワンピ(キャミワンピつき)¥19000/SNIDEL イヤリング¥8500/アビステモデルを始めて気づけば8年、今が一番自然体でいられる。13歳からモデルを始めて、Seventeenで3年半。実はnon-noで4誌目なんです。中学生の時は部活感覚で、ただ撮影を楽しんでいたけど、Seventeenでは、同年代の仲間たちと“みんなで一つのものを作っている”って感覚に変わっていきました。基本的にはポジティブ、いつでも明るくいたいって思っているけど、19歳の時に今後の仕事について迷ってしまった時期もあったんです。でも20歳になったら、お酒のCMをいただけたり、新しい人に出会う機会もたくさんあって、「こんなにも見ていてくれる人がいるんだ」ってすごくうれしかった。そこから「私は自分のためじゃなくて、見ていてくれる周りの人のためにもう一度頑張りたい」って思うことができました。読者に年齢の近いnon-noでは、自分らしく飾らない姿を見せていければと思っています。これからどうぞよろしくお願いいたします♡ 断然ナチュラルメイク派。濃い時代もあったけど、今は色を抑えて素肌を生かしたメイクが気分。その分肌には気を使ってます。サラッとしたテクスチャーの化粧水をおぼれるくらいつけた後、馬油でふたをするシンプルケアが鉄板。肌の状態を左右する生活習慣にも気を使ってるよ。お菓子は極力食べない、白米ではなく五穀米を食べる、プルーンとビタミンCを水に溶かして飲むなどなど……。要するに健康ヲタクです(笑)。 ニット¥7900/RD ルージュ ディアマン アイシャドウ:DAZZSHOP クアトロアイパレット 05 ファンデーション:シャネル レ ベージュ トゥシェ ドゥ タン ベル ミン リップ:シャネル ルージュ アリュール 152 マスカラ:メイベリン ボリューム エクスプレス ロケット 01 アイライン:ラブライナー トゥルーブラック ※すべて本人私物です。 1DAZZSHOPアイシャドウの、ゴールドを指でアイホールに、ピンクを黒目の下にオン。淡い発色のザクザクラメが、透明感を出してくれます♡2リップは指で取ってから、輪郭を取らないよう、ラフにぽんぽんづけ。こうすると、ナチュラルメイクでも、唇だけ浮いて見えません。 他の画像を見るProfile ●おかもと なつみ 1998年7月7日生まれの20歳。去年の12月、雑誌Seventeenを卒業。CM、ドラマ、バラエティなどマルチに活躍中。モデル/岡本夏美 撮影/熊木優(io) ヘア&メイク/福岡玲衣(TRON) スタイリスト/松尾正美 撮影協力/バックグラウンズ ファクトリー web構成/篠有紀
  • ニューネイルです(*^^*) 大好きなピンク系にしてみました✨ ラインストーンを上下につけてみたのは初めてです♪ 渋谷のサロンでやってもらいました(^^) 濃いピンクで大人ぽくお気に入りです♡ 冬はインフルエンザや風邪も流行ってますが元気に頑張りましょう✨ モアハピ部 No.630 Kana のブログ
  • 昨年12月に大阪初OPENしたばかりの『俺のビストロ&Bakery』で、肉食系な関西美女組・新年会! 2軒目はコーヒーカクテルが美味しいカフェへ。話が尽きない夜でした…!Marisol読者の素敵な皆さま こんにちは。 Marisol美女組の関西メンバーで新年会をしました! 昨年12月にOPENしたばかりのこちらのお店▷『俺のビストロ&Bakery』以前から気になっていたお店で 私からの 「ここのお店、ご一緒してくれますかー?」 という呼びかけに 「肉好き 」 と、応えてくださった 美しくて魅力あふれる、肉食系の新メンバー! 俺のロゼ(レディ・ジュリアナロゼ)泡で乾杯♡No.161 愛 さん No.162 yasuko さん No.167 hiroko さん 皆さんのコーディネートも素敵で ひとつひとつご紹介したいくらい。 ファッションやメイクの話、 プライベートなことなど 話は尽きませんね♪ 古くからのお友達のような安心感も不思議。 ↓いただいたメニューたちはコチラ↓ Lボーンステーキ(1kg)本日限定のシャラン鴨ハマってしまったポテトサラダ サワークリーム?やガーリックの風味があるような、やみつきおつまみ赤ワイン牛筋煮込み マスタードが爽やか風味ワタリガニのトマトクリームパスタ そして、 パン好きとしては見逃せない 併設のBakeryでお土産もGET! 買ったのは、「香」という食パン。 国産小麦キタノカオリと高級牛乳を使った 生で食べるのがおススメの もっちりフワフワ系の食パン。 好みです お土産に買った食パン「香」併設のBakeryお腹いっぱいになってお店を出たところで まだまだ話足りずに、 すぐ近くのコチラのお店へ。▷Le Premier Cafe深夜まで営業しているのが ありがたいカフェ。hirokoさんと私が飲んでいるのは、 「カフェ・スペルべ」という コーヒーにブランデーとカルーアを加えたHOTカクテル。 コーヒーの香りに癒され 寒い季節にとても温まりました。 雰囲気もよく、 また寄りたいカフェが増えました。 この日の終盤は、 ただただお互いの出会いに感謝して 手を合わせあうという… 楽しすぎるノリで 大人の笑いをもって、関西らしく締めくくりました。 最後までお読みいただき 本当にありがとうございます✨美女組No.165 Mariko
  • アジアンデザイナーの勢いが止まらない! チェックしておきたいレーベルをピックアップ ※€1=約129円、$1=約113円、£1=約144円です(2018年12月4日現在)。brand : ROKHcountry : UKURL : www.r-o-k-h.comInstagram : @rokhofficial セントラル・セント・マーチンズを卒業後、セリーヌなどで経験を積んできた韓国出身のRok Hwangが手がけるブランド。2018年LVMHプライズで特別賞を受賞した。ビッグシルエットのコートは大きな袖の折り返し、斜めに並んだボタン使いなど、ベーシックなようでいて細部に趣向が凝らされたデザイン。大人の女性にこそ似合う、モダニティが特徴。 コート€1,080・デニムドレス€816(rokh) 靴/スタイリスト私物 ※NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、MYTHERESA(www.mytheresa.com)、SSENSE(www.ssense.com)などで取り扱いありbrand : OVELIA TRANSTOTOcountry : INDONESIAURL : www.oveliatranstoto.comInstagram : @oveliatranstoto セントラル・セント・マーチンズを卒業後、2016年に自身のブランドをスタート。ドーバー ストリート マーケットなどでも取り扱いのある注目株。素材使い、シルエットなどに新時代のフェミニニティを感じさせる。ネイビーのサテン地で仕立てたドレスは、ふわりと広がるカッティングと、ウエストのホールデザインがアクセント。 ワンピース£905(Ovelia Transtoto) 靴/スタイリスト私物 ※SSENSE(www.ssense.com)などで取り扱いありbrand : JONATHAN LIANGcountry : MALAYSIAURL : www.jonathan-liang.comInstagram : @jonathanlianglive マレーシア出身のジョナサン・リアンが2014年にブランドを開始。プリントやレースなど、独特のファブリック使いに定評がある。花々をつなぎ合わせた華やかなレースドレスはアシンメトリーな裾のカッティングも目を引く一着。ユニクロとコラボレーションしてTシャツなどを発表したことも。 ワンピース$610(Jonathan Liang) ※Lane Crawford(www.lanecrawford.com)などで取り扱いありbrand : BOYYcountry : THAILANDURL : www.boyybag.comInstagram : @boyyboutique 大きなバックル使いが特徴的なアクセサリーブランド。上質なレザーを使用したバッグは、コレクションスナップなどでも多数キャッチされている。Jesse DorseyとWannasiri Kongmanが2006年にNYでブランドを立ち上げ、その後バンコクやコペンハーゲンなど、ワールドワイドに活動中。 バッグ〈H18.5×W23.5×D14〉€1,055(BOYY) ※Moda Operandi(www.modaoperandi.com)、NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、Louisa Via Roma(www.luisaviaroma.com)などで取り扱いありbrand : BOTHcountry : FRANCEURL : www.both.comInstagram : @bothparis 2017年春夏シーズンに初めてのコレクションをローンチ。レザーやキャンバスにラバーを組み合わせたスニーカーがアイコニックなフットウェアブランド。主に男性の間で人気を誇ってきたが、今シーズンはスウィートなパステルピンク×白などもリリース。 スニーカー¥49,000(both) ※HBX(hbx.com)、Matchesfashion.com(www.matchesfashion.com)、Opening Ceremony(www.openingceremony.com)、ANTONIOLI(www.antonioli.eu)などで取り扱いありbrand : YUUL YIEcountry : SOUTH KOREAURL : www.yuulyieshop.comInstagram : @yuulyie_official Sunyuul Yieが2010年にスタートさせた韓国のシューズブランド。フェミニンなムードの中に、カッティングや装飾、独創的なヒールのデザインなどでスパイスを加えて。サテンのバックストラップパンプスは、フロントのパールつきモチーフと黒のストラップがさりげないアクセント。手の届きやすいプライスレンジもうれしい。日本のセレクトショップでもいくつか取り扱いがあるが、オフィシャルサイトが豊富。 パンプス〈ヒール8㎝〉$310(Yuul Yie) ソックス/スタイリスト私物brand : THE VOLONcountry : SOUTH KOREAURL : www.thevolon.comInstagram : @thevolon Eujung Jangが2013年に立ち上げたレーベル。NYでデザイナーとして活動していた彼女が作るのは、まるでそのものがジュエリーのような装飾性の高いバッグ。ブランドの定番でもある巾着型のミニバッグは、ベルベットとフェザー、ゴールドチェーンの組み合わせがクラシック。 バッグ〈H16×W14×D14〉$850(the VOLON) ※NET-A-PORTER(www.net-a-porter.com)、Shopbop(www.shopbop.com)、Coggles(www.coggles.com)などで取り扱いありbrand : GROVE SEOULcountry : SOUTH KOREAURL : www.grovestore.comInstagram : @grovestore ソウルのセレクトショップが手がけるオリジナルレーベル。デイリーに着られるデザインとこなれた価格帯が魅力。 ジャケット¥35,000・Tシャツ¥8,000・スカート¥14,000(GROVE SEOUL) アシンメトリーピアス¥11,000/アイクエスト ショールーム(baebae) ※一部商品のみUNITED ARROWS(https://store.united-arrows.jp)で取り扱いありbrand : ANDERSSON BELLcountry : KOREAURL : en.anderssonbell.comInstagram : @anderssonbell ストリートテイストあふれるフーディやスウェットが男女問わず支持されている韓国ブランド。新作はチェックのボウタイブラウスにエコレザーのスカートでクリーンなムードに。 ブラウス¥17,000・スカート¥19,000(Andersson Bell) 靴/スタイリスト私物brand : I-AM-CHENcountry : CHINAURL : www.i-am-chen.comInstagram : @i_am_chen_official 香港出身のZhi Chenがスタートさせたニットウェアブランド。さまざまな色や素材を組み合わせた、テクニカルなデザインが特徴。インターナショナル・ウールマーク・プライズのセミファイナルにも選出された。 カーディガン$430(i-am-chen) ※Lane Crawford(www.lanecrawford.com)などで取り扱いありbrand : SEIVSONregion : TAIWANURL : www.seivson.comInstagram : @seivson.official 台湾人デザイナーTzuchin Shenと韓国出身でセレブリティとしても人気のSong Mi-jinが2018年春夏シーズンから開始。女子ふたりの好きなものを詰め込んだ遊び心のあるデザインが人気。ビッグショルダーのシャツにはスタッズが飾られて。 シャツ¥13,640(Seivson)brand : XIAO LIcountry : UKURL : www.xiaoli.co.ukInstagram : @xiaoli_studio 香港出身のデザイナーが2015年ロンドンでスタート。2019年春夏で公式ランウェイデビューを果たした。 ブラウス£265(Xiao Li) ※Farfetch(www.farfetch.com/jp)、Lane Crawford(www.lanecrawford.com)、H.Lorenzo(www.hlorenzo.com)などで取り扱いありbrand : JAMIE WEI HUANGcountry : UKURL : www.jamieweihuang.comInstagram : @jamieweihuang セントラル・セント・マーチンズ卒業の台湾人デザイナーが2013年に始めたレーベル。スポーツやストリートをほどよくミックスした、軽やかなスタイルが特徴。デニムのロングスカートはウエストを折り返してルーズにもはける。 スカート£235(JAMIE WEI HUANG)SOURCE:SPUR 2019年2月号連載「モードの中心はアジアです」photography: Takeshi Takagi 〈SIGNO〉 styling: Maiko Kimura hair: Takayuki Shibata 〈SIGNO〉 make-up: fusako 〈ota office〉 model: Levi cooperation: Yu Masui
  • 一部業界内で話題を呼んだ(!?)「スナックBUSU」のリターンズ! 平成美容を見続けたママと、平成っ子、平成美とで連日熱く語り合った。 スナックBUSUのママ 都内某所でスナックBUSUをひとりで営む。かなりの美容通なため、夜な夜な妙齢(!?)女子が美容アドバイスを求め集まる。年齢は非公表だが、平成を語る口ぶりをみると55歳ぐらい? 平成の申し子 平 成美 昭和生まれではあるけれども、物心ついた頃に元号が平成となり、平成時代を目の当たりにしてきた独身女子、34歳。ママの美肌の秘密を暴こうと、日々スナックBUSUに通い詰める。 お題:細眉ブーム細眉ブームをきっかけに、眉のお手入れ習慣が一般化したわ 平 あ~、アムロちゃんが引退しちゃって、それこそ平成が終わったって感じ。 ママ そうね。彼女は美容においても“細眉”ブームをつくった立役者。これをきっかけに、いろいろな眉トレンドがあったわ。何より、眉のお手入れが一般化したのは、彼女の功績が大きいと私は思っているの。 平 確かに! ただ眉を抜くことが習慣になりすぎちゃって、その後来た太眉ブームに涙する人を多数見ましたが(笑)。 ママ だからアイブロウアイテムが発達したんじゃない。今じゃあ薄眉さん用に眉ティントまであるでしょ。あれは、この細眉ブームがあったおかげよ、きっと。 お題:ニキビ・毛穴ケアブームニキビのもと、角栓を取る、取らない問題あったわよね~ ママ あら、額に想われニキビ♡ 平 何言っちゃってるんですか(怒)。誰かに想われていようが、いまいが、ニキビを喜ぶ女はいませんよ‼ ママ でも、最近はいいニキビ用化粧品があるじゃない。それこそ20年ほど前は“ニキビは青春のシンボル”なんていわれ、単に脱脂効果が高いものしかなかったんだから。ニキビのもととなる角栓を取る毛穴パックも空前のヒットになって、“取る、取らない”で毛穴問題が勃発したわ。 平 毛穴問題ってそこからなんだ! ママ 大人ニキビって言葉も登場したわね。敏感肌もそうよ。女性の社会進出とともにストレスがクローズアップされ、1997年にはデリケートな肌症状に対応したブランド「d プログラム」も資生堂から誕生したわ。 平 いまやニキビも敏感肌も根本は一緒。研究が進みましたね~。 お題:ファンデーションの進化トレンドを"肌"で表現するのって何げにスゴイこと 平 ママ、クッションファンデーションって画期的だと思いませんか? ママ そうよね。ランコムがブームを盛り上げた感じ。昔は……。 平 出たー。ママの昔語り~♪ ママ ちょっと! 今でこそ“なりたい肌質”でファンデーションを選べるけれど、これは1997年に誕生した資生堂の「プラウディア」がプロモーションを展開したのがきっかけ。 平 シーズンごとに肌感の提案をしていたし、ナチュラルな仕上げを求めだしたのもこの頃から? ママ 正解! でも、日本女性にとってカバー力は永遠のニーズよ。 お題:落ちない口紅マットリップは美人度がUPする効果絶大よ ママ 成美ちゃん、今日のマットリップ素敵! あ~、思い出すわ、若かりし頃の“落ちない口紅”。食べても、キスしても落ちない……。 平 そんな昔からあったんですか! ママ 失礼ね! 落ちない口紅のニーズは女性の夢。1992年に登場したカネボウ化粧品の「テスティモ」の口紅は、そりゃあ一世を風靡したんだから! 平 でも私の記憶では、口紅ブームってここ3年ぐらいな気がする。 ママ そうね、スーパーモデルブームでベージュメイクが世の中を席巻。その後はグロスが主流となり、口紅不遇の時代に。その間に、口紅技術が水面下で進化していたのね♡ お題:美白ブーム美白はブームを超えもはや日本人のスタンダードケアに 平 いよいよ新作の美白化粧品が出てきますね! 美白ケアって、最先端技術を搭載しているって感じでワクワクするんですよー。 ママ 日本は美白大国だから。白肌文化は平安時代からだけど、昭和時代、夏は小麦肌、冬は白肌だったわ。 平 それを言うなら、アムラー時代はガングロで、その後のあゆの影響で白肌が定着したって感じ? ママ 平成美白の大きなニュースといえば、2011年にシャネルが開発した「TXC」が外資系企業で初めて美白有効成分として承認されたことかしら。 平 以来、新成分は出てないですね。今の美白は“浸透力”勝負です。 お題:スリミングブーム“塗るだけで痩せる”この言葉に日本中の女性が夢中に♡ ママ 平成といえば、ボディのスリミング系コスメティックスの勢いがハンパなかったわ。 平 そうそう! 祖母、母、姉がハマり、塗り系をはじめ、スリミングアイテムが家中にあふれてました。 ママ 引き締まるような清涼感がきいている気がして好きだったわ。海外旅行に行く友人に人気のスリミングコスメのお土産を頼んだものよ。 平 それ、円高だったんですね。 ママ ……まっ、ともかく、日本人のボディケア意識がこれによって変わったのは確かよ。 お題:小顔ブーム日本人のコンプレックスを直撃した小顔ブーム到来 ママ ボディスリミングくらいに盛り上がったのが“小顔”ブーム。ある外資系メーカーの社長なんて、日本の美容ジャーナリストのひと言で、日本人女性のニーズが“小顔”であることを知ったって話よ。 平 私も小顔になりたい!……って、今でも“小顔コスメ”はある? ママ そこの外資系メーカーでは、進化しながらも現在も人気アイテムとして君臨しているわ。でも近年は、“リフトアップ”“引き上げ系”コスメがそれにあたるんじゃないかしら。 平 やっぱ今は小顔ギアでしょ! SOURCE:SPUR 2019年2月号「平成美容に、乾杯!」illustration:Nozomi Oomori edit:Yuumi Fujii〈dis-moi〉取材協力:花王、カネボウ化粧品、コーセー、資生堂、シャネル、パルファン・クリスチャン・ディオール、ランコム
  • バレンタインシーズンに毎年、ユニークなコラボレーションギフトを発売する【ディーゼル(DIESEL)】。2019年のパートナーは、スペイン・バルセロナ発祥の人気アートキャンディショップ【パパブブレ(PAPABUBBLE)】です!編集部にもファンが多いパパブブレの限定フレーバーチョコがついてくる!PAPABUBBLE(パパブブレ)といえば代表的なスイーツはキャンディですが、それに負けないくらい大人気なのが、マシュマロ、チョコレート、ナッツなどをゴロゴロと混ぜて焼き上げる「ロッキーロード」。サクサク&モチモチの真逆な食感が楽しめる新感覚のお菓子です。今回のコラボを記念して、ホワイトチョコレートをベースにしたディーゼル限定フレーバーが登場!バレンタイン限定で、キャッチーなキツネやハートモチーフのアンダーウェアが登場。マルチカラーボックス+ロッキーロード(チョコレート)とのセットで¥7020(税込)「DIESEL」の大きなロゴをあしらった黒&白の2足組ソックスセット。マルチカラーボックス+ロッキーロード(チョコレート)とのセットで¥4860(税込)バレンタイン用のスペシャルパッケージとして、キツネのモチーフがあしらわれたシルバーのベルトで包んだマルチカラーボックスが登場。ポップなカラーリングに遊び心がきいています。※マルチカラーボックス単体での販売はありませんPAPABUBBLEのアイコンスイーツ「ロッキーロード(チョコレート)」が、ディーゼルとのコラボのためにオリジナルフレーバーで登場! ザクザクしたクレープ生地の食感や、甘酸っぱいマシュマロとホワイトチョコレートの組み合わせが最高です。※チョコレート単体での販売はありません。いかがでしたか? パパブブレ(PAPABUBBLE)ストアではアンダーウェアorソックスのセットで販売されますが、ディーゼル ストアでは、お好きなギフトと組み合わせることも可能です。2月14日(木)バレンタイン当日までの期間限定販売なのでお見逃しなく!【ディーゼル(DIESEL)】公式サイトはこちら問い合わせ先/ディーゼル ジャパン 0120-55-1978(11:00~18:00) 取材・文/沖島麻美
関連キーワード

RECOMMEND