笑って泣いて元気をもらえる短編マンガ集。『彼女は宇宙一』など【今月のオススメ☆BOOK】
DAILY MORE

【今月のオススメ☆BOOK 1】谷口菜津子さんの『彼女は宇宙一』

世界を救うスーパーヒーローから恋する女子高生まで、登場人物たちが抱える等身大の悩みに共感する6編。悩み、考え、ときに策を弄する女の子たちが愛おしく、笑って泣いて元気をもらえる短編マンガ集。(KADOKAWA ¥720)

【今月のオススメ☆BOOK 2】トーマス・カリナンさん・〈訳〉青柳伸子さん『ビガイルド 欲望のめざめ』

南北戦争末期、少女と先生、メイドの8人が暮らす田舎の寄宿学校に、若き兵士が身を寄せる。現実から距離を置いた花園のような世界にうっとり、女の欲望にぞくり。ソフィア・コッポラによる実写映画が公開中。(作品社 ¥2800)

【今月のオススメ☆BOOK 3】甲斐みのりさん・中島 愛さん『音楽が教えてくれたこと』

文筆家と声優・歌手。80~90年代の音楽を愛するふたりが語りあう。音楽を聴くとは、新しい扉を探しあて、歌われた気持ちの揺らぎや経験を真正面から受けとめること。言葉と音の力を実感できる対談本。(ミルブックス ¥1500)
文筆家と声優・歌手。80~90年代の音楽を愛するふたりが語りあう。音楽を聴くとは、新しい扉を探しあて、歌われた気持ちの揺らぎや経験を真正面から受けとめること。言葉と音の力を実感できる対談本。(ミルブックス ¥1500)

---------------------
MORE2018年4月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 文/鳥澤 光
---------------------


SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND