神戸開港150周年☆ 神戸に行くなら”今”!!【ぶらり旅】

DAILY MORE
神戸開港150周年☆ 新スポット満載~
今、関西でも話題なのが「神戸」
150周年記念ということもあり、色々イベントが催されていたり、新しいショップがオープンしたりしているようです!

今回は、のんびりぶらりと散歩感覚で行ってみようということで・・・
まずは朝食から!
神戸は外国人の方も多く住んでいるのでパン屋さんがあちこちにあり。
そのなかでも店内でいただけるパン屋さんがココ!!
コム・シノワ ブランジェリー&パティスリー
三ノ宮駅近くにあり、朝早くからでも種類豊富にパンが並んでいます。
本日のスープと、クロワッサンサンドをいただきました。
このスープがおいしい!!オススメします~

季節のものや、惣菜パン、果実を混ぜたパンが多く日本人好みの総菜・菓子パン系が多い印象でした。
ケーキや焼き菓子も置いてあるのでお土産にも。




・・・と、お腹を満たしたところで

神戸メリケンパーク を 散策
定番なスポットですね^^

でも今までなかった、ゆったりとくつろげる芝生が植えられ、港や海・潮風を感じることが出来ます。
ピクニックにも最高!

有名コーヒーショップもでき、コーヒー飲みながら景色を眺めてゆっくりできる場所になりました!


今週末は「神戸まつり」が行われるそうなのでもっと賑やかなはず!!
ぜひ神戸まで足を運んでみてください~^^
オープンカフェ で 神戸の街並みを楽しむ
メリケンパークから神戸レンガ倉庫までぐるっと巡ったらいい時間になり、そろそろ帰ろうか~と三ノ宮方面へ。
でも歩き疲れてきたのでお茶をはさむことに。

いいところはないかな?と探して、いつも通り過ぎていたオープンカフェに入ってみました。

大丸神戸店のカフェ:カフェラ。
通りには高級ブランドショップが立ち並び、優雅な時間が流れていました。






神戸は何度行っても飽きることがないので、ぜひおすすめします!!
モアハピ部 No.396 miRaiのブログ
関連記事
  • 永遠の定番ともいえる、デニムパンツ。だからこそ、徹底的にこだわるのがファッショニスタのお約束。東京のおしゃれマスター4人に、今いちばんお気に入りのデニムパンツを教えてもらった。こだわりのスタイリングと併せてチェック! スカーフを頭に巻いて穿きこなす、きれいめデニム デニム/6(ROKU) スカーフ・バッグ/ともにヴィンテージアイテム シャツドレス/ハイク サンダル/ネブローニ  ショスピエ アン レトン オーナー 安齋由美さん 鮮烈な印象を与える赤いシャツドレスを、ベルトでブラウジングして着た安齋さん。「今は、カジュアル一辺倒ではなく、『きれいめ』にデニムを取り入れたい気分。たくさん持っているデニムパンツの中で、いちばん洗練されたムードのものを選びました」。美しいストレートシルエットのインディゴデニムを合わせ、ぐっとモードに。 ヘアサロンのオーナーを務める安齋さん。ヘアとファッションのバランスにもこだわりが。「デニムを穿く日は、ラフなムードになりすぎないよう、帽子をかぶったりターバンを巻いたりすることが多いです」。この日はスカーフを巻いてドラマティックにまとめた。モダンなフォルムのピアスはアサミ フジカワのもの。爽やかなホワイトデニムに、小物でキュートな味つけを デニムパンツ/RH ヴィンテージ シャツ/ヌー スイム レモンモチーフのネックレス/アンドレス ガヤード チェーンネックレス/ホーセンブース バッグ/アラナズ シューズ/マノロ ブラニク ロンハーマン プレス 阿部真澄美さん 阿部さんが選んだのはホワイトデニム。「ストレートシルエットで、とにかくラインが美しい。同じ型で、インディゴ、ライトブルーと、色違いで3本持っています」と惚れ込んでいるアイテムだそう。レモンモチーフのペンダントとグリーンのシャツで、ビタミンカラーをミックス。フレッシュな色使いが、ホワイトデニムに映える。 スタイリングにキュートな雰囲気を添えているのが、カニのモチーフがついたストローバッグ。愛らしいモチーフも、ストロー素材なので甘くなりすぎず、大人の遊び心が感じられる。ビッグサイズのシャツは、スイムウェアブランドのもの。「ビーチサイドで水着の上からざっくりと羽織れそうなサイズ感が可愛いです」と阿部さん。 ヴィンテージの501をセルフカット! デニムパンツ/ヴィンテージアイテム ブラウス/ガニー バッグ/マリアム ナッシアー ザデー シューズ/メゾン マルジェラ ファッション・ディレクター 野尻美穂さん 野尻さんは、昔から好きだという古着のリーバイス501をセレクト。「これはLAで見つけたもの。古着のデニムを探すとき、何より大事にしているのは色みですね。これは、絶妙なブルーがお気に入りです」。さらに、裾をセルフカットして、自分らしいシルエットに! 「カットするときは、ウエストの高さと丈のバランスには気をつけました」と野尻さん。 デニムパンツに合わせたのは、「今まであまり着てこなかったアイテム」だという、カットレースのブラウス。ボーイッシュになりがちなデニムをガーリーに寄せつつ、ヴィンテージのペンダントでエッジを加えた。左手首のグリーンのバングルは、「タイ・プーケットの市場で、頑張って値切って購入」したのだそう!こだわりのコラボデニムをフェミニンに取り入れて デニムパンツ・ブラウス/ともに6(ROKU) ベルトバッグ/アルタ モーダ ベルト シューズ/マルティニアーノ ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ プレス 平井美帆さん 「デニムパンツはシルエットが命!」と言う平井さん。「このパンツは、デニムブランドのタイムマシーンと6(ROKU)とのコラボレーションで生まれたアイテム。ややワイドなストレートシルエットで、とにかく形が美しい。脚がきれいに見えるので、ぜひ実際に穿いてみてほしいアイテムです」 「カジュアルになりがちなデニムを大人っぽく穿くために、透け感のあるブラウスを合わせました」と平井さん。下に着たブラトップが透けて見え、センシュアルなムードに。アブストラクトな柄など、クールな雰囲気のディテールも効いている。鮮やかな水色のベルトバッグで、軽快な印象をプラスした。 photo : Yuka Uesawa text : Chiharu Itagaki
  • 先日の鎌倉観光で念願の「茶房 雲母」さんに行ってきました。 こちらはいつも行列の人気のお店。 ここの白玉はとにかく大きくてもちもち♡ そのフォルムも美しく写真を見るだけでも魅力的です。茶房 雲母鎌倉駅から徒歩10分ほど歩いたところにある雲母さんは11時オープンです。 いつも行列で人気なので今回は張り切って11時少し前に着くように向かいました。 到着すると既にお客さんが4、5組並んでいました。 私たちはなんとか1巡目で入れました! ちなみにこれは平日の話・・・休日はもっと凄そうです。。。人気の…そして人気のメニューは白玉フルーツクリームあんみつと宇治白玉クリームあんみつ。 私たちは宇治白玉クリームあんみつを注文しました♪ できたての白玉はほんのりあたたかくモッチモチで柔らかく絶品です♡ 白玉があたたかいのでアイスもいい感じに溶けて最高!!だいたい1組の滞在時間が40分くらいなので回転率は良さそうです! 気合を入れて朝イチがオススメです♪ 以上、鎌倉で人気の和カフェのご紹介でした♪スーパーバイラーズ 遠山春菜のブログ
  • 昨日からリニューアル発売されているみんな大好きOPERAのリップ! ✨パッケージも新しくなり、リップティントは新色2色&限定2色が新たに発売されました♡オペラ リップティント N全8色・限定2色 各1,500yen+tax(2019.5.24発売)ちなみに、01〜06はリニューアル前と同じ。(私は04のオレンジ以外は持っていました♪)01〜06はこのようなカラーです。01 RED02 PINK03 APRICOT04 ORANGE05 CORAL PINK06 PINK RED(個人的には02と06をよく使っていました!)そして!\新色&限定色はこちら♡/07 BABY PINK 《NEW》08 BURGUNDY《NEW》101 LUCENT PINK《LIMITED》102 SHIMMERING BEIGE《LIMITED》07 ベイビーピンクは「サクラペタル」、08 バーガンディは「バーガンディキス」の復刻カラー!どちらも去年即完売で買えなかったので定番色になってくれて本当〜〜〜〜に嬉しい!!限定の2色はラメ入りですが発色が上品でどちらも大人っぽい仕上がり♡ブルベ冬な私としてはバーガンディキスの再販をずっと願っていたので大本命は08でしたが、07も割と蛍光ピンクに傾く感じで使いやすいです!動画も製作中なのでシアーリップカラーRNと併せてまたレポしますね♡***インスタ毎日更新中♡https://www.instagram.com/ayaka0119v/
  • テレビCMや女性雑誌など、 数々のメディアに掲載され注目されている アイメイクとネイルの コスメブランド【D-UP(ディーアップ)】 マスカラ・アイライナー・つけまつ毛・ 二重コスメ・ネイルポリッシュなど、 多数ラインナップが揃っていますが、 中でも《マスカラ》は人気商品の一つ★パーフェクトエクステンション マスカラパーフェクトエクステンション マスカラの 《繊細ロングマスカラ》★ 繊細ロングマスカラはブラシの先が細く、 360度広がる密集毛になっており、 極細ファイバーを配合しているので、 塗るたびにまつ毛が長くなっていくという 特徴が!さらに、美容液成分を配合しているので、 メイクしているときも、 まつ毛のケアができるのはかなり嬉しい! そしてウォータープルーフ!!まるでマツエクを付けているかのように、 まつ毛を長く見せてくれるので、 マスカラ難民の方は、 是非一度試してみる価値ありです^^【No.576】*Ayane* Instagram料理専用Instagramはこちら★モアハピ部 No.576 *Ayane* のブログ
  • こんにちは(*´꒳`*) かなりお久しぶりの更新になってしまいました(;_;) 今回は大阪の梅田にある『オーバカナル梅田』に行って来たので書きたいと思います(*´-`) パリの雰囲気があるオーバカナル梅田(*´-`) 肝心の外観の写真を撮る事を忘れてしまいましたが、テラス席もあって今の時期にぴったりの場所です♡そしてこのお店の1番人気なのが左側のレモンタルト❤︎ 見た目に特徴があるこちらのタルトは、角が立っている部分は甘いメレンゲで出来ていますが、クリームはレモンで甘酸っぱく、タルトはサクサクです(*´-`) いちごのタルトは安定の美味しさでカスタードクリームは結構 甘めに感じました(*´꒳`*)人気のお店なので、少し並ぶかもしれませんが、回転が早いので待ち時間はそんなにないと思います! ちなみに私は日曜日の夕方に行きましたが、10分程度 待っていると案内してもらえました(*´꒳`*)パリの雰囲気を味わいたい方は、是非一度行ってみて下さいね(*´꒳`*)Instagram気まぐれに更新しています(*´-`)モアハピ部 No.657 mika のブログ
  • 独特の魅力を持つ「白アイテム」。ワードローブに投入すれば、オンオフ問わず毎日のコーディネートがもっと素敵に! 40代を輝かせる夏の白コーデをお届けします。 【目次】 40代・夏の白コーデ:ジャケット編 40代・夏の白コーデ:トップス編 40代・夏の白コーデ:パンツ編 40代・夏の白コーデ:スカート&ワンピース編40代・夏の白コーデ:ジャケット編■白のサファリジャケット×スカートコーデふんわり広がるマキシフレアのボリュームを、ショート丈が軽やかに受け止める。サファリジャケットの辛さと、女らしい甘さのあるスカートの相性は折り紙つき。なかでもコンパクトな上半身を作るノーカラーのショート丈なら、夏の華やかボトムの代表格、マキシ丈のフレアスカートもバランスよく決まる。インナーも白でつなげて上半身にまとまりを。リネン×レーヨン混のシャリッとした素材感で、真夏のはおりものとしても重宝しそう。ジャケット¥34,000/デ・プレ(デ・プレ) ニット¥16,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥33,000(ハウント)・バングル¥22,000(アニー)/ゲストリスト(ハウント代官山) バッグ¥36,000/コード(ヴァジック) 靴¥22,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)▶白のサファリジャケットとスカートの詳細はこちら■白のサファリジャケット×ワイドパンツコーデマニッシュなアイテム同士の組み合わせはグラデーション配色で女らしさを演出。アイボリー寄りのニュアンスのある色みを出発点に、パンツからインナー、小物までベージュ系で統一。旬度満点のロング&ビッグながら、ウエストを絞って着るとぐっと女らしい雰囲気に。ジャケット¥34,000・タンクトップ¥6,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥34,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥34,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥18,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥8,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶白のサファリジャケットワイドパンツの詳細はこちら■白のサファリジャケット×デニムパンツコーデフレンチマリンなデニムコーデに大人の余裕を漂わせて。大人のカジュアルスタイルを牽引するブランドの一着は、すっきりとしたシルエットとどこかクラシカルなディテールのバランスが絶妙。ともするとボーイッシュになりがちなブルー×白のボーダーやロールアップデニムも、白サファリの大人っぽさ、今っぽさがあれば、ぐっと洗練された仕上がりに。ジャケット¥76,000/マディソンブルー カットソー¥9,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) デニムパンツ¥25,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) メガネ¥40,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン  7285) イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(グーセンス パリ) バッグ¥55,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ヘリュー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ▶白のサファリジャケットとデニムパンツの詳細はこちら■白のデニムジャケット×ワンピースコーデブラウン×白の合わせはアラフォーを美人に見せてくれる配色。背中がVあきのブラウンのロングワンピースに白デニムジャケットを羽織ることで上品さをプラスして。かごバッグとサンダルで抜け感と夏らしさを演出。 ワンピース¥19,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) デニムジャケット¥42,000/マディソンブルー バングル¥24,000/ビームスハウス 丸の内(キャッツ) バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン)▶白のデニムジャケットとワンピースの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:トップス編■白シャツ×レギパンコーデレギパンにビッグシャツの逆三角形シルエットで、バランスよく! 伸縮性があり、ストレスフリーなのもレギパンの魅力。丈に前後差があるビッグシャツをふわっと重ね、気になるおなかやおしりまわりをさりげなくカバー。逆に膝から下のラインや手首など、細い部分はあえて見せて。隠すところは隠す、見せるところは見せる作戦で、メリハリのあるすっきりシルエットに。 パンツ¥37,000/REYC シャツ¥9,900/ノーク ピアス¥12,000・バングル¥15,000/ドレステリア 銀座店(フィリップ オーディベール) バッグ¥62,000/essence of ANAY(I メゾン ボワネ) 靴¥85,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶白のシャツとレギパンの詳細はこちら■白のシルクブラウス×リネンパンツコーデ動くたびにドラマティックに揺れる、たっぷりとしたボリューム袖や、シルクならではのなめらかなテクスチャーが女らしさを生むスモックブラウス。リヨセル、ポリウレタンを混紡することでハリ感を高めたリネンベースのグルカパンツと合わせ、異素材&甘辛のダブルMIXコーデに。シルクブラウスのもつコンサバさがほどよく抑えられ、大人のための上質なカジュアルコーデに仕上がって。ブラウス¥29,000/サード マガジン パンツ¥24,000(スタニングルアー)・靴¥65,000(アレクサンドル バーマン)/スタニングルアー 青山店 バッグ¥134,000/ジミー チュウ▶白のシルクブラウスとリネンパンツの詳細はこちら■白のブラウス×ワイドのデニムパンツコーデおしゃれな見た目はもちろん体型カバーも叶うワイドのデニムパンツに、女性らしいサンダルやふんわりブラウスで華やかさをプラスして。ブラウスはボトムインにして清潔感を。ワイドパンツはずっと座っていても太ももまわりに余裕があってきつさを全く感じないストレスフリーな休日コーデ。ブラウス¥25,000/サード マガジン デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) イヤリング¥9,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥98,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ヤング&オルセン) 靴¥28,000/アマン(イルサンダロ オブ カプリ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(ヴィクター&ロルフ)▶白のブラウスとデニムパンツの詳細はこちら■白のカットソー×グレーのタイトスカートコーデ白×グレーで涼しげにまとめてきれいめな着こなしに。体のラインを拾わないビッグシルエットのスウェットをオフィス仕立てにするには、カットソーの裾を少しだけウエストインして、ふわっとおなかにかぶせるようにするだけの垢抜けテクニック。さらに色のトーンを白&グレーでシンプルにまとめ、パールとポインテッドトゥのパンプスを合わせることで、カジュアルになりがちな着こなしがほんのりコンサバに寄せて。カットソー¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) スカート¥33,000/ebure ストール¥27,000/リンク・セオリー・ジャパン(ファリエロ サルティ/セオリーリュクス) ネックレス¥19,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) バッグ¥43,000/アオイ(ティラ マーチ) 靴¥38,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶白のカットソーとタイトスカートの詳細はこちら■白Tシャツ×ワイドデニムパンツコーデ白Tシャツとデニム、王道アイテムこそアップデートが必要。今年らしいワイドのデニムパンツに大きめの白Tシャツをイン。カジュアルになり過ぎないように小物で大人っぽくシフト。このままディナーにも行かれるようにベージュのジャケットを持って。Tシャツ¥9,900/エイトン青山(エイトン) 手に持ったジャケット¥57,000/ebure デニムパンツ¥27,000/アマン(アンスクリア) 靴¥22,000/essence of ANAYI(ファビオ ルスコーニ) ネックレス¥46,000/ココシュニック バッグ¥128,000/ウィム ガゼット青山店(ザンケッティ)▶白Tシャツとデニムパンツの詳細はこちら■白ブラウス×美脚パンツコーデほどよく地厚な素材なので脚のラインを拾いにくく、美脚に見せてくれる優秀パンツに、トップスはきちんと感とふんわり感を兼ね備えた白ブラウスでシンプルにバランスよく着こなしたオフィスコーデ。バッグと靴はベージュで統一しきちんと感を。ブラウス¥15,000・パンツ¥13,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつきレザーバッグ¥31,000(ジャンニ キアリーニ)・ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物▶白ブラウスとパンツの詳細はこちら■白Tシャツ×ジャケット×ワイドパンツコーデすっきり見えがむずかしい白系のワントーンも、バランスよく! Tシャツをコンパクトにしてインのコーデをピタふわシルエットにすれば、大きめジャケットをバサッとはおってもグッドバランスに決まる。仕上げに小さめバッグやパールでさりげなく旬のアクセントを加えれば、さらにメリハリとしゃれ感がアップ。パンツ¥28,000/オーラリー ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥14,000/エイトン青山(エイトン) ネックレス¥18,000/バーニーズ ニューヨーク(ベン アムン) バッグ¥73,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶白Tシャツとジャケットの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:パンツ編■ネイビーのブラウス×白デニムパンツコーデ大人のホームパーティはきれいめ感はキープしつつ動きやすい服装がマスト。切りっぱなしでほどよくカジュアルな白デニムは、そんなシーンの強い味方に。トップスは清潔感のあるネイビーブラウスをチョイスしてきちんと感も演出。デニムパンツ¥17,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ブラウス¥29,000/ebure ピアス¥20,000/ココシュニック バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック)▶ブラウスと白デニムパンツの詳細はこちら■ブラウンのカットソー×白のワイドパンツコーデメンズライクなボリュームシルエットのワイドパンツに女性らしいラインを加えて。独特のハリのある生地で着映え効果満点。かなり太めのワイドだけど、ハの字形に入ったフロントタックで腰まわりすっきり。パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) カットソー¥10,000/アングローバル(イレーヴ) ベルト¥8,000/コントワー・デ・コトニエ  ジャパン(コントワー・デ・コトニエ) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥32,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥49,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥34,000/オルサ(オルセット) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン) ▶カットソーと白ワイドパンツの詳細はこちら■グリーンニット×白デニムパンツコーデ白デニムパンツ×グリーンニットのさわやか配色で。ボートネックで鎖骨がきれいに見えるリブニットは着痩せ効果も抜群。クリアなピアスとバッグが夏ムードを盛り上げる!デニムパンツ¥17,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ニット¥14,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック) 靴¥32,000/アマン(ペリーコ サニー) イヤリング¥13,000/マルティニークルコント梅田(ルーカス ジャック)▶グリーンニットと白デニムパンツの詳細はこちら■マスタードカラーのブラウス×白ワイドパンツコーデ清潔感たっぷりのクロップドワイド。ストレッチ入りではき心地も抜群!女っぷりを上げる足首の抜け感と、脚のラインを拾わない安心感。働く女性から絶大な支持を得るブランドならではの、一挙両得な一本。ほどよく肉厚なストレッチ素材で、下着の透けも気になりにくい。ベルトループのないミニマムなウエストデザインは、ボリュームトップスをゆるっとインする着こなしもきれいに決まる。パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ブラウス¥17,000/エリオポール代官山(エリオポール) ピアス¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(アプレスキー) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット)▶ブラウスと白ワイドパンツの詳細はこちら■ボーダーTシャツ×ジャケット×白ワイドパンツコーデシワになりにくいとろみ素材の一本は、オフィスシーンにもぴったり。細身ではなくやや太めのテーパードシルエットで、今どきの女らしさを表現。ピシッときいたセンタープレスも、美脚見えに効果大!パンツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) ジャケット¥69,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(クチュール ド アダム) Tシャツ¥22,000/ マディソンブルー サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥13,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥120,000/グローブ・トロッター  銀座(グローブ・トロッター) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶ジャケットと白ワイドパンツの詳細はこちら■ボーダーニット×白ワイドパンツコーデ定番ボーダーとは一味違うマルチカラーボーダーなら、しゃれ感と清潔感が一挙両得! 洗練された大人マリンに挑戦するなら鮮やかなブルーにブラックをトリミングした進化系ボーダーをチョイス。まずアラフォーがボーダーを着るなら上質なものを選ぶべし。18ゲージという超繊細なコットンニット素材はカシミアに匹敵する上質な光沢を持っているので、ボーダーのカジュアル感を大人仕様に。しかもこの進化系ボーダーニットは後ろすそが長いロング丈なので、すそをアウトで着てもどちらもキマるのが嬉しい。ニット¥53,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥56,000/ロンハーマン(OAD) ストール¥14,000(エンリカ)・バングル¥56,000(シンパシーオブ ソウル スタイル)・靴¥25,000(スペルタ)/フラッパーズ▶ボーダーニットと白ワイドパンツの詳細はこちら■白Tシャツ×ジャケット×白ショートパンツコーデきれいめに着られる珠玉の白Tシャツを味方に、トレンドを満喫。上品な光沢とほどよい厚み、大人のためのきれいめTシャツの決定版。再びトレンドに戻ってきたショートパンツ合わせも、品よく決まる。メガネ、ベルト、バッグは黒でコーデを引き締めて。Tシャツ¥7,800/スローン ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店 パンツ¥23,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) メガネ¥27,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(GLCO) ネックレス¥14,000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) ベルト¥16,000/サード マガジン(プントヴィータ) バングル¥45,000/TOMORROWLAND(アンコモンマターズ) ストール¥29,000/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン)▶白Tシャツと白ショートパンツの詳細はこちら■黒のシャツワンピース×白のテーパードパンツコーデ配色とシルエットの美しさで、凛としたたたずまいに。黒と白のコントラストと、ピシッとプレスのきいたクリアホワイトの細身テーパードパンツ。夏素材ならではのパキッとしたクリーンさが、着こなしにさわやかな清涼感をもたらしてくれる。ルーズになりがちな夏の装いに、切れ味のいい女らしさを生んで。パンツ¥42,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) シャツワンピース¥21,000/フレームワーク ルミネ新宿店(マドモアゼル) カットソー¥16,000/ロンハーマン 頭に巻いたスカーフ¥19,000/ウィム ガゼット青山店(アルテア) イヤリング¥11,000/ビームス ハウス 丸の内(べべ) バングル¥18,000/プラージュ 代官山店(ドミニク ドゥネーヴ) バッグ¥39,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 靴¥75,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) ▶シャツワンピースと白のテーパードパンツの詳細はこちら■黒の7分袖ニット×白のマリンパンツコーデマリンパンツのフロントディテールがおなかまわりカバーにも威力を発揮! ゴールドボタンがシンプルな着こなしにアクセントを生む、ストレッチデニム素材のマリンパンツ。脚につかず離れずの絶妙な太さと着映えデザインで、リッチ感漂う大人のカジュアルスタイルに。パンツ¥21,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥21,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ヘッドアクセ¥3,400/ティアラ(ラ ピエス) イヤリング¥13,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バッグ¥59,000/ANAYI スカーフ¥11,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥32,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶ニットと白のマリンパンツの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:スカート&ワンピース編■ネイビーのブラウス×白プリーツスカートコーデ好感度たっぷりのネイビーとのコンビで、きれいめ白スカートの本領を発揮して。清潔感があって信頼感も増すネイビーブラウスと白スカートの王道通勤コーデも、今年は少し辛口を意識して。例えばシャツの延長線上で着やすいバンドカラーのブラウスと長め丈のプリーツスカートで2019年仕様にアップデート。腰まわりをすっきり見せるための切り替えプリーツやウエストインが決まるテープ使いなど、ひと手間考えられたディテールがたまらない。スカート¥24,000/アルアバイル ブラウス¥13,000/TOMORROWLAND(マカフィー) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥79,000・ストラップ¥44,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶ブラウスと白プリーツスカートの詳細はこちら■白ニット×白プリーツスカートコーデ日常をドラマティックに変える、ピュアホワイトのロングプリーツスカート。ほんのりモードなマキシ丈のプリーツスカートは、フレアほど甘くなく、合わせ方しだいではドレスアップもかなう便利な一枚。ゆったりとしたドルマンスリーブのリブニットとコンビスニーカーというリラクシーな着こなしも、白のもつきちんと感と華やかさのおかげで、ルーズさとは無縁の女っぷりのいいMIXスタイルに。¥18,000/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥59,000/ebure ピアス¥16,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュールズ) サングラス¥16,000/TOMORROWLAND バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥59,000/アマン(ペリーコ) 靴¥20,000/ドゥロワー 六本木(ノヴェスタ)▶ニットと白プリーツスカートの詳細はこちら■レースの白ワンピース×レギンスコーデアラフォー的エスニックの正解! やや甘めのエスニックテイストが流行の今シーズン、目白押しなのがサックドレス。繊細な総レース、それも明度の高い白を選べば、ぐっと都会的かつフェミニンな印象に。シルバージュエリーやかごバッグでさらにエスニック気分を重ねて、一歩先行く大人の休日スタイルを満喫して。ワンピース(インナーキャミワンピースつき)¥79,000/ミュラー オブ ヨシオクボ レギンス¥12,000/サード マガジン ペンダント¥91,000/プラージュ 代官山店(ソフィー ブハイ) 太ボールショートネックレス¥71,000/エスケーパーズ(ハルポ) 細ボールロングネックレス¥37,000/ロンハーマン(アル ズニ) ブレスレット¥22,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ラバー) かごバッグ¥21,000/シティショップ(カテリナ ベルティーニ)▶レースの白ワンピースの詳細はこちら■白シャツワンピース×イエローストールコーデ少し高めの位置でシェイプされたウエストコンシャスなデザインの白のシャツワンピースは、メリハリボディと脚長感を演出。さらに清潔感があってクリーンな印象。ストンとしたシルエットのものだとパジャマ感が否めないけれど、こんな感じの落ち感のあるしなやかな素材や、ウエストコンシャスなデザインでメリハリ体型を意識すると、オフィスでもふさわしい雰囲気に。ワンピース¥43,000/クルーズ(ELIN) ブレスレット¥11,000/アルアバイル(フィリップ オーディベール) ストール¥27,000/ebure(ファリエロ サルティ) バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥26,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶白シャツワンピースの詳細はこちら■肩掛けカーディガン×白シャツワンピースコーデクリーンな白の魅力がきわだつシャツワンピースならではの清潔感を全面的におしだして。パープルのカーディガンを肩にかけて、さりげないさし色に。バッグとビットスリッパサンダルは黒でコーデを引き締めて、大人のカジュアルコーデの完成。ワンピース¥23,000(エムセブンデイズ)・カーディガン¥24,000(スローン)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ショルダーバッグ【レヴューリザード】¥26,000(トフ&ロードストーン)・ビットスリッパサンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol▶カーディガンと白シャツワンピースの詳細はこちら
  • 都会の雑踏を忘れさせてくれる、おしゃれなカジュアルレストラン。みなさんこんばんは:) DAILY MOREでグルメや注目スポットを紹介しているライター愛ちあんです。今夜は、普段使いはもちろん、女子会や記念日のデートにもおすすめな「TRUNK(KITCHEN)」を紹介します。愛ちあん的に今イチオシのスポットです。「TRUNK(KITCHEN)」は、渋谷と原宿の中間にあるブティックホテル『TRUNK(HOTEL)』のメインダイニング。今年4月にリニューアルオープンしました。席数が増えたことで、より多くのシーンで使えるようになったんです。狙い目は、気持ちの良いテラス席やシェフとの会話も楽しめるオープンキッチン越しのカウンター席。洗練された雰囲気がありながら、良い意味で着飾る必要のない、心地よいレストランです。営業時間は朝7時から夜23時まで。渋谷や原宿って、朝早くからやっているお店が意外と少ないですよね。だから、朝からおしゃれな空間で素敵な朝食を味わえるのってとってもうれしい♡国産の野菜をはじめ、こだわりの肉類やシーフードを使用。素材をいかした料理が楽しめる♡朝食には、「スマッシュアボカドトースト」や「サワーミルクパンケーキ」、「グリークヨーグルト」などの健康的なメニューがラインナップ。ランチは、「マカロニチーズ」や「ボロネーゼ フェットチーネ」など、1品料理にスモールサラダがつくメニュー。そして、「ポークグリル」や「チキンスチームロースト」などから選んだメインと、おかわり自由のパンorライス、サラダがついたランチセットも。さらに、ボリューミーなサラダに、おかわり自由のパンがつくサラダセットもあります。ディナーも多彩なメニューが。「マッシュルームマリネ」や「スモークサーモン」など、軽くてつまみになる前菜的なもの。「フィレビーフグリル」や「フィッシュグリル ウィートレモンリゾット添え」などのがっつり系ももちろん! アラカルトメニューは1品540円からとリーズナブル。さらに、全6品のコースメニューの用意も。ちなみに愛ちあんのイチオシは、ディナーメニューの「アボカドフリット ハラペーニョ」。“アボカドのフリットって最高においしい!! 塩気とハラペーニョが絶妙!”と感動したんです。ぜひ、お試しあれ♡“おしゃれなレストランでおいしい時間を過ごしたい”。そんな時、ぜひ利用してみて♡▶︎▶︎その他メニューや予約は「TRUNK(KITCHEN)」公式サイトから
  • 今日の日中は危険な暑さでしたね! 週末お出掛けする方は熱中症に気を付けて下さい。 私は屋外へのお出掛けは控えようと思ってます… 週末なので簡単ですが作り置き☺︎ 今日はアレンジ副菜が多め!◉パプリカと豚肉の甘酢炒め ◉かぼちゃ煮(いたって普通) ◉絹ごし豆腐の白和え ◉新じゃがと新玉ねぎのポテサラ(マヨネーズ不使用♡)パプリカと豚肉の甘酢炒め彩りのために買っておいたパプリカが余ってしまったので、 豚肉とキャベツも入れて調理! 暑い時期でも食べやすいように お酢、醤油、砂糖などて味付けしました。 とてもサッパリして食べやすいです☺︎新じゃがと新玉ねぎのポテサラポテサラですがマヨネーズ不使用なのがポイント♡ 新じゃがは皮ごと茹でるのですが、 その際に水にコンソメを入れ新じゃが自体に味付けをしています。 仕上げにオリーブオイル、ブラックペッパーを入れレモン汁を少々! こちらもとてもサッパリで食べやすいです☺︎暑い日にぴったりの2品をピックアップしました! 見て下さりありがとうございます。 モアハピ部 No.635 Ayano のブログ
関連キーワード

RECOMMEND