【今日のコーデ/岸本セシル】いつものデニムにベージュのニットで女らしさを添えたら、カジュアルがちょっぴり素敵に。

DAILY MORE

休日のデニムコーデを格上げする、上品なベージュとほんの少しの赤♡

品のいいベージュのリブニットや赤のポイント使いで、休日のカジュアルコーデをさりげなくセンスアップ。全体的にスレンダーなシルエットも、きっと女らしさを後押ししてくれる。足もとには白ソックスをはさんで、おちゃめな遊び心を忘れずに。デートにデニムを着て行きたくなるような、等身大だけど今まで以上のコーデが完成!

ニット¥18000/シップス 渋谷店(ウーア) パンツ¥5990/イェッカ ヴェッカ 新宿 靴¥23000/HUMANWOMAN バッグ¥48000/77サーカ 時計¥23000/ピークス(ロゼモン) ソックス¥800/ブロンドール新丸の内ビル店(17℃)

撮影/中野佑美(A.K.A.) ヘア&メイク/川添カユミ(ilumini.) モデル/岸本セシル スタイリスト/高野麻子

岸本セシルの今日のコーデをもっと見る>>

MORE2018年3月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!

>>電子版も発売中! 試し読みとご購入はこちらから


関連記事
  • 会議のあとに立ち話。敏腕アートディレクターと趣味の話で意気投合 今日は、企業のデザインリニューアルの会議。ポロニット×華やかスカートのコーデに、ネイビージャケットをプラスししてきちんと感を。清楚で涼しげ感もあるネイビーは、今期らしいベージュと相性がいいのがうれしい! 会議のあとで、アートディレクターの池上さんと立ち話。帰りぎわ、「そのジャケット似合ってるね!」のひと言。さらっと褒めてくれるのが素敵。モテるんだろうなぁ。ジャケット¥43000/SANYOSHOKAI(マッキントッシュロンドン) ポロニット¥12000/SANYO SHOKAI(エムピーストア) スカート¥12200/フレイ アイディー ルミネ新宿2店 ピアス¥52000/アパルトモン 青山店(アグメス) 時計¥21000 /オー・ビジュー(ロゼモン) リング ¥14000/アデル ビジュー バッグ¥58000/エーディーエムジェイ(男性)シャツ¥25000/モアライド(ハリス ワーフ ロンドン) パンツ¥15000/トゥモローランド その他/スタイリスト私物 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【薄軽ジャケット】 コットンツイルのシングルジャケットはしなやかで軽やか。盛夏でも涼しく快適に。¥43000/SANYOSHOKAI(マッキントッシュロンドン) 【ポロニット】 ベージュのニットポロシャツはどこかノーブルな雰囲気になって、オンもオフも好感度高くまとまる。¥12000/SANYO SHOKAI(エムピーストア) 【ナローフレアスカート】 青みのあるピンクだから浮かずになじむ。ほどよいボリュームのナローフレアスカート。¥12200/フレイ アイディー ルミネ新宿2店 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/石田 綾、小松嘉章 モデル/絵美里、池上幸平 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • こんにちは♡ 今日は会社帰りに、最近話題のソフトクリームを食べに行ってきました✨まさにインスタ映え!な可愛さ♡ こちら、bumblebee fukuokaさんのソフトクリームです♡ お値段は ♡ストロベリー 550円 ♥プレミアムバニラ 550円 ♡ミックス 600円 トッピングは全3種 +50円です✨ 私はミックス、トッピング全部のせにしました✨ 正直、お味は全然期待してなかったのですが、、、(笑) ストロベリーもバニラもすっごく濃厚で美味しかったです! この可愛さでこの美味しさなら、このお値段でも許せるかも。笑 (正直、高っ!て思ってたけど!笑) お花のように繊細に出来ているので、 溶けやすくなっております。 と、スタッフさんがおっしゃっていたように、本当に溶けやすいので見た目は可愛いけど食べるときの顔は必死! なので、デートにはオススメ出来ません。笑(めっちゃどーでもいい余談。笑)5人ほど入るといっぱいになってしまう店内は小さいながらも、ドライフラワーが飾ってあって可愛い✨ イートインスペースはありませんが、お店が今泉公園の前?にあるので、そこで食べるのがオススメです♡(デートにはオススメ出来ないけど、デートにオススメなシチュエーション!笑) 可愛いイエローのドアが目印です✨ bumblebee fukuoka 福岡県福岡市中央区今泉1-6-17 サザンフーズ 福岡営業所モアハピ部 No.573 ゆかゆか のブログ
  • 男たちの時計は4つの顔を持つ シーンごとにベルトの異なる時計をすることで顔を使い分けるという LEE8月号 P.72の時計特集。男たちの場合は。 ※Aミツは都合により今回欠席 父K:サキヤさん、時計変えられました? もしやそれは! サキ:アップルウォッチ! ぷー:ドヤ感がすごい! やす:また素敵な革ベルトで。通気性もよさそうですね。 サキ:夏もできるレザー。あとこれを見てよ、これ。 ぷー:おおっ! これ動画? が待ち受けなんですか? 父K:前回、犬好きの歓喜を呼んだ柴犬、ももみちゃんだ! サキ:iPhoneのライブ写真ってあるじゃん。あの少し動くやつ。あれ設定できるの。 やす:癒しでしかない! ぷー:さすがスマートウォッチ。でも、いろいろ忙しくないですか。通信ができちゃうと。 父K:宇宙警備隊ぽくて、男の夢のアイテムじゃない? サキ:ピンチになったら救急車呼べるっていうからね。 ぷー:Siriにもアレクサにも話しかけられないわれわれにはまだハードルが高いかも。 やす:あれいまだにむっちゃ恥ずかしいです。ヘイとか言うの。 ぷー:そういうNやすは最近、一生ものの時計を買ったとか。 やす:はい。ずっと欲しくて貯金してたんです。サントス。 父K:おおお。いったねえ。まだピカピカじゃん! やす:先月です。つけててまだドキドキしてますから。 ぷー:意外と大きいね。 父K:うん、かっこいい。スクエアでブレスタイプで。 サキ:これまで以上にちゃんとした大人に見てもらえるよ。 やす:そこ大事です。LEEの現場ではまだ若造なので。 父K:そういうとき時計の力を借りるのは正解だと思う。 ぷー:カルティエ、いつか妻にプレゼントしたいなあ。 父K:いいよね、つけている人をより知的に見せてくれる。 やす:ぷーすけさんのはナイロンベルトなんですね。 ぷー:いわゆるNATOベルトっていわれてるやつね。ミリタリー時計によく使われる。 父K:夏場も気にせずつけられるし、ベルトのつけ替えが簡単だから気軽に買えるよね。 サキ:これはヴィンテージのシーマスターか。渋いね。Tシャツ一丁でも重みが出そう。 やす:文字盤が黒というのもいい感じです。さすがオメガ。 ぷー:現行のより、昔の時計が味があるから好きなんですよ。今はないデザインが多いし。 サキ:ヴィンテージの腕時計ははまると深いからなあ。 ぷー:Kさんのスウォッチはなんで今、そこなんですか? 父K:意外と黒をいろんなとこで見て、欲しくなって。プラスチック系ベルトで夏もOK。 サキ:これ、お店で買える? 父K:いや、25年くらい前のだと思います。eBayで。 やす:シンプルでいいですね。ミニマリストって感じ。 父K:やった、今日から名乗ろうかな、ミニマリスト。 ぷー:ほんとに? Kさんだってしてこないだけで、高いのも持ってるんだよ。ヤラしいわ。 やす:え、そうなんですか? 父K:それは十数年前に、結納返しでもらったグランドセイコーのことを言ってるのかな? サキ:あくまで好感度狙ってる(笑)。いい時計だけど。 ぷー:いやいや、そういうほのぼのエピソードいらないです。 父K:そこまでだ。ぷーすけのアレの話をしてもいいんだが、ここは賢明に休戦といこう。 やす:なるほど、男はそうやって裏の顔を持つってことですね。いや、勉強になります! サキ:LEEの時計特集はそういうことじゃないからね! 詳しい内容は2019年LEE8月号(7/5発売)に掲載中。
  • ちょこちょこっと自分でマニキュアを塗ったら、パッとTシャツを着て、サンダルに足を通して。簡単な組み合わせでコーデまでおしゃカワに見える魔法の指先を手に入れたら、最高の夏が始まりそう♡ frame指先のデザインぜーんぶが見えるクリアサンダルこそ、アートの見せどころ。キュートなピンクでフレームを描いて、こだわりをチラリのぞかせてみて。- HOW TO - ボトルの縁で筆の片側の液をしごいてから、爪のアウトラインをフリーハンドでなぞって枠を描く。 A ネイルズ インク マイフェイバリット カラー イズ レインボー ネイルポリッシュ デュオキット ワッツ ポッピン ¥3550/TAT Inc.(2色セット) まぶしすぎるビタミンカラー×海を思わせるブルーの指先なんて、夏にしないでいつするの!? しかもザラザラ質感で、砂っぽさまでリアル。- HOW TO - 最初に濃い青のAで全部の爪を塗って乾かし、先端を中心にBの水色を重ねてグラデーションに。 A NM ピュアカラー チャーリー ¥1900/ナショナル・ベンディング  植物由来成分を使用。 B ネイルカラー A D109 ¥1200/アナ スイ コスメティックス(9月20日発売) mirrorball上品な印象のメッシュサンダルをはくなら、あえてギラギラのグリッターペディキュアで楽しげに裏切るのもアリだよ☆- HOW TO - グリッター系ネイルは1度で塗ろうとせず、2度塗りでぎっしり詰まった仕上がりを目指すのが正解! ネイルズ インクマイ フェイバリット カラー イズ レインボー ネイルポリッシュ デュオキット レインボー スプリンクルズ ¥3550/TAT Inc.(2色セット) 多色ラメ入り。 mixedberriesまるでおいしい果実のようなベリー色5色を、カジュアルなスポサンにMIX。アクティブかつ女子っぽいなんて、最高すぎ♡- HOW TO - 右足は親指から小指に向かってA~Eの順に塗り、左の足は逆に小指から親指に向かって塗って。 A カラーステイ ジェルエンビー ネイル エナメル N 067 ¥900/レブロン ぷっくりジェル風仕上げ。 B エレガンス クルーズ フローリック ネイルラッカー RD02 ¥1500/エレガンス コスメティックス マリンな赤。 C ネイルポリッシュ X21 ¥1800/THREE(限定発売中)  見た目よりも明るい色づき。 D ル ヴェルニ 195 ¥3200/ランコム E ネイルホリック RO660 ¥300/コーセーコス メニエンス(編集部調べ・8月21日限定発売) halfオトナっぽく夏を楽しめるエスニックサンダルは、今年らしい1足。ヌーディにまとめるのもいいけど、灼熱カラーをハーフ塗りしカジュアルさを加えて。- HOW TO - 筆の片側の液をしごいてから、左右に横断するように爪の先端半分だけになるべく真っすぐに塗る。 スピーディ フィニッシュ 209 ¥600/リンメル ジューシィでエネルギッシュな鮮やかオレンジ。 metalicはくだけでシャレみの増すモード系サンダルの場合、シンプルだけどエッジがきくメタリックなネイルがin。シルバーなら、とことんクール。- HOW TO - メタリックネイルは筋ムラになりやすいので、根元から爪先にスッスッと真っすぐ塗るのがカギ。 ルナソル ネイルフィニッシュN EX86 ¥1500/カネボウ化粧品(限定発売中) ワンストロークで光を放つ、メタリックな仕上がり。 pistachioおしゃれな人たちに人気のItカラーが、まさにこのピスタチオ! シルバーのギラつきにも、柔らかく寄り添ってくれるよ。- HOW TO - 左右10本の爪に、1色を丁寧にベタ塗りする。ミルキーな色はムラになりやすいので、乾いたら2度塗りを。 ネイルラッカー NLT86/ISL T86 ¥1500/オーピーアイジャパン ノンパールのくっきり発色がキュート。   フレームネイル サンダル¥6900/REZOY タンクトップ¥7900/FUMOTO(ルビー アンド ユー) パンツ¥20000/HONEY MI HONEY ピアス¥3000/MILKFED. 新宿  ラグーンネイル サンダル¥4900/R&E(wee willie) Tシャツ¥5800/Carhartt WIP Store Tokyo スカート¥11000/MILKFED. 新宿 ミラーボールネイル サンダル¥5900/REZOY デニム(サスペンダーつき)¥14800/FUMOTO(ルビー アンド ユー) ミックスベリーネイル スポサン¥6900/RANDA ワンピース¥17000/SNIDEL ハーフフレンチネイル サンダル¥6900/R&E ワンピース¥13000/ココ ディール メタリックネイル サンダル¥4900/REZOY パンツ¥11000/リリー ブラウン ピスタチオネイル サンダル¥4900/R&E(wee willie) スカート(トップスとセット)¥11000/MERCURYDUO モデル/岡本夏美 山田愛奈 撮影/花盛友里(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/今村仁美(io) 構成・原文/森山和子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • 比留川 游がお手本。デニムの日にぐっと女っぽいメイクテクデニムコーデを“女っぽい”印象にするには、実はメイクを変えればいいという新説! 永遠の定番であるデニムは、カジュアルな魅力もありつつ、その着こなしには新しさと進化が不可欠。たとえばレースブラウスで女っぽくしようとするのは、もう過去の話なんです。これからは、顔までおしゃれの一部。難しい……?じゃなくて、メイクも楽しめるアイテムだってことなのです♡デニムにTシャツなら、肌にはツヤを。色の濃さやラインの太さより“質感”で女っぽさを仕込むのが、実はいちばん女っぽいってこと。力の抜けたカジュアルさが可愛いデニムとTシャツだから、子供っぽくならないようにとメイクを“盛る”のは逆効果。肌にツヤを仕込むことで、抜け感は生かしながら女っぽく見せるのがいい。パンツ¥25000/カージュ ルミネエスト新宿店(メゾン エウレカ) Tシャツ¥996(価格は編集部調べ)/三浦商事(ギルダン) ピアス¥12800・ブレスレット¥9800・リング¥12800/パリゴ 丸の内店(フィリップ オーディベール) バングル¥75000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)1を頬の高い位置、やや外側にトントンとのせて。その分リップはマットにするのがおしゃれなバランス。2を塗ったあと、ルースパウダーをチップに取って上に重ねる。(1)顔に自然な輝きを添える、透明感あるフェイスカラー。ボーム エサンシエル スカルプティング¥5500/シャネル(2)ピンクがかった優しいベージュのマットリップ。ルージュ アンリミテッド マット M BG 934¥3200/シュウ ウエムラデニムをはおるなら、目もとには陰影を。ふっと目が合った時、ふと目を伏せた瞬間にドキッとさせる。絶妙な光と影のニュアンス。ばさっとラフにはおるのがおしゃれなビッグGジャンに似合う女っぽさは、色よりニュアンス。トゥーマッチなメイク感より、さりげないけど計算ずくの目もとの陰影。ジャケット¥34000/ボウルズ(ハイク) シャツ¥37000/メイデン・カンパニー(ヤン マッケンハウアー) イヤリング¥19000/パリゴ 銀座店(トーガ)アイラインは黒よりカーキを選んで、1を上の目尻側3分の1だけ。まつ毛のすき間を埋めるように点で入れ、目尻より外にはみ出さないように。目を伏せた時にすっと影がさすような、ふとした瞬間の色っぽさが狙い。まぶたには、繊細なラメが入っていてこれひとつで陰影を生み出す2のマルチカラーをアイホール全体に指でつけて。色は肌に溶け込むようになじむゴールドで。(1)失敗せず描ける手ぶれ吸収ブラシ。メイベリン ハイパーシャープ ライナー R KH-1¥1200/メイベリン ニューヨーク(2)目や頬、唇にも使える万能のフェイスカラー。セルヴォーク インフィニトリー カラー 08¥3200/セルヴォークデニムに黒なら、リップにブラウンを。今までは“赤リップを塗れば女っぽくなれる”と安心できた。だけど、そろそろその先へ行きたくない?デニムに黒、赤リップにはそろそろ飽きてこない? これからの、おしゃれ感と両立する新たな女っぽさは、オレンジがかったブラウンリップ。パンツ¥18800/バロックジャパンリミテッド(マウジー) ワンピース¥18500/フレイ アイディー 靴¥33000/パリゴ 丸の内店(ピッピシック) イヤリング¥9500/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(マージョリー・ベア) バングル¥15000/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタルズ) リング(右手人さし指)¥18000・(右手中指・右手薬指)各¥19000・(左手薬指)¥16000/ココシュニック1をほんの少しオーバーリップぎみに塗ったら、その色とリンクさせた2の左下のオレンジアイブロウをいつもの眉にふわっと重ねて。(1)“ツヤ以上、マット未満”の絶妙な質感が人気。セルヴォーク ディグニファイド リップス 09¥3200/セルヴォーク(2)髪色やなりたいイメージに合わせて自然で立体的な眉が描ける。アイブロウ クリエイティブパレット¥4200/イプサデニムにニットタンクなら、下まぶたにポイントを。肌を見せる時、メイクは濃いめがいい。そして、“女っぽい、濃いメイク”には少しのコツがある。デニムに肌見せトップスを合わせた時に、メイクまでヌーディだとだらしなく見えてしまいがち。ただし、濃いメイクを“けばい”ではなく、ちゃんと“女っぽい”にするにも少しコツが必要。それは色を使いすぎないことと、上まぶたではなく下まぶたを盛ること。パンツ¥11000/フリークス ストア渋谷(サムシング) キャミソール¥10500/ゲストリスト(リトラル) 帽子¥48000/ルーツ 135° ネックレス¥12000/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル)1の右下のボルドーを上まぶたの二重幅と、下まぶたにも3ミリ幅に。下まぶたにはさらに同じボルドーの2でインサイドラインを入れる。リップもトーンを合わせたボルドー。3をラフに直塗りして。(1)鮮やかな色がやわらかなパウダーでふわりと色づく。ルナソル マカロングロウアイズ 01¥5000/カネボウ化粧品(2)角度や瞬きで多彩に輝く。THREE メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 08¥3000/THREE(3)薄づきで軽いタッチなのに見たままの色が発色する。ルナソル エアリーグロウリップス 08¥3000/カネボウ化粧品 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/東 京祐(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/川添カユミ(ilumini.) モデル/比留川 游 スタイリスト/石上美津江 撮影協力/アワビーズ UTUWA TITLES
  • non-noカワイイ選抜のメンバーがはき比べ。体形に合う名品、着こなしが見つかった!カワイイ選抜No.66 佐久間梨奈さん 身長154cm。小柄で華奢なので、丈に合うぴったりサイズがなかなか見つからないのが悩み。ボリュームに負けて「デニムに着られてる感」が出がち。 NG!柔らか素材の古着風のゆるストレートだと、余った裾のたるみが下にたまって短足を強調しがち。ウエストも太くてアンバランスに。 ↓↓↓ ハリのあるインディゴで腰の位置を高く見せて ▶︎▶︎詳しくチェック NG!腰位置ジャストのワイドだと、やはりボリュームが下のほうに集まってしまう。濃い色だと、デニムに華奢なボディが負けちゃう印象。 ↓↓↓ マリンパンツ風ボタンでハイウエストでもすっきり ▶︎▶︎詳しくチェック NG!脚が長く見えそう、とデニムの裾をたるませるのはNG。重心が下がって逆効果だよ。おすすめはくるぶしが見える丈でカット。ぺたんこ靴の時も◎ ! ↓↓↓ 膝の位置を高く見せる色落ちディテール! ▶︎▶︎詳しくチェック ゆるストレートパンツ¥3990/UNIQLO 股上の深いリジッドデニムは脚のつけ根の位置をウヤムヤにして、長く見せてくれる。硬めのデニムは、シルエットがしぼまないので、下半身の貧弱さをカバーしてくれる効果も。 ワイドパンツ¥5900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 思い切りハイウエストなら脚長に見えるけど、不自然になるのはイヤ、という人に。サイドでボタンを留めるマリン風ディテールなら、フロントもすっきり見えて素敵。白も爽やか。 スキニーパンツ¥2990/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード 膝上全体とヒップに明るい色の色落ちがあり、下半身が立体的に見える優秀な色落ちデニム。合わせた細かいフリルの切り替えブラウスも、重心を高く、大人っぽく見せてくれる。 ゆるストレート ニットアンサンブル¥3990/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード イヤリング¥1600/ゴールディ サンダル¥6900/REZOY ワイド ニット¥3900/ニコロン 渋谷109 イヤリング¥1800/ゴールディ サンダル¥2500/カシータ スキニー ブラウス¥4900/ニコロン 渋谷109 イヤリング¥1500/ゴールディ サンダル¥6500/ダブルエー(オリエンタルトラフィック) インナー/スタイリスト私物 撮影/冨樫実和 ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/立石和代 構成・原文/久保田梓美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • こんにちは、さりです ❤️先日、FLIPPER'S STAND(テイクアウト専門店)に"奇跡のスフレパンケーキプリン"を買いに行ってきました カスタードプリンの上にスフレパンケーキが乗っているスタイルなんです すごく滑らかなプリンとオリジナルのメープルバタークリームがフィリングされたスフレパンケーキという別々で頂いても美味しいものが合わさってさらに美味しかったです ❤️また、ここでは珍しい形のパッケージのタピオカドリンクも販売されています 私は"タピオカ豆乳ほうじ茶"を頂きました✌️豆乳感が強過ぎなくて、とっても飲みやすかったです ↑他にもこんな感じのメニューがありました タピオカドリンクはほとんどの店舗で販売されているようですが、奇跡のスフレパンケーキプリンは限られたFLIPPER'S STAND(NEWoMAN新宿店・原宿店・中目黒店・自由が丘)のみでの販売みたいなので、買いに行く際は気をつけてください✊ 松倉さりカワイイ選抜 No.80 松倉彩理のブログ
  • 白シャツにスエード素材の大人可愛いピンクスカートを合わせて爽やかなハッピー感を漂わせて予定していたイベント会場がまさかの雨漏り発生! 天井からぽたりぽたりと落ちてくる雨粒をキャッチしている合間にきっといい解決策がひらめいてくれるはず。そんな希望をハッピーカラーであるピンクスカートに期待しつつコーディネート。現場を歩き回れるような白スニーカーであまりカジュアル感が強くならないように、白シャツでお仕事感を打ち出して。白シャツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) 手に持ったジャケット¥69,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) スカート¥49,000(9月上旬店頭展開予定)/ブルーバード ブルバード バッグ¥128,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 時計¥565,000/ブライトリング・ジャパン(ブライトリング) 靴¥70,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) 撮影/金谷章平(人物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ 片貝 俊(池上幸平) モデル/蛯原友里 取材/東原妙子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼スカートコーデの関連記事もチェック
関連キーワード

RECOMMEND