これは【飲める焼芋】だ! 『南風農家舎・デザートハウスGINZA SIX』でカラフルな焼芋スイーツを発見☆
DAILY MORE

先日、女子トモへの手みやげを探して『GINZA SIX』のB2Fをウロウロしていたら(おいしそうなものがいっぱいで目移りしちゃうんですよね♡)……おもしろいものを見つけましたよ! 焼芋デザートなんだけど、これは飲める勢い!?

それがこちら、「とろ〜り焼芋」(3個入り¥900)! 『南風農家舎』という鹿児島生まれのショップで見つけました。日本本土の最南端(!)に位置する大隅半島に直営農場があり、そこで採れたフルーツやハーブなどをいかしたデザートを販売しているそう。

そしてこの「とろ〜り焼芋」は、大隅半島で自然栽培している150品種のカラー芋を使ったデザート。様々な芋のブレンドを試しているから、こんなにきれいなカラーになるんですね♡ 左から、紫色の「綾紫」、黄金色の「熟し芋」、紅色の「紅はやと」。すべて防腐剤・膨張剤・色素などを使わず、大隅半島の地下から湧き出るミネラルたっぷりのお水が使われています! 

スプーンですくうと、しずくがとろ〜り落ちて……とろける食感はもはや飲み物! 歯はいりません!(笑) お子さんがいるおうちへの手みやげにもオススメ。『GINZA SIX』へ行ったらぜひチェックを☆




SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND