【今日のコーデ/佐藤栞里】ちらりと見せる”白”の威力! 定番服をセンスアップするためのひと手間が大事。

DAILY MORE

袖口と裾から”白”をのぞかせるだけで、普通の服がこんなに見違える!

ニット×パンツの定番コーデを、ほんのひと手間でいつも以上に。例えば手持ちのロンTを中に仕込んでみる。袖口と裾からちらりと見せるだけで、おしゃれな抜け感とリズムが生まれて、ちょっと素敵に仕上がるでしょ? きちんと感を出したい仕事の日は、クリーンな”白”をちょい足しするのがおすすめ!

Tシャツ¥11000(アッパーハイツ)・靴¥38000(ルチェンティ)/ゲストリスト ニット¥17500/シップス 渋谷店 パンツ¥14000/パリゴ 丸の内店(パームコート) コート¥62000/コンバース トウキョウ 青山(コンバース トウキョウ ネヴァー) バッグ¥28000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) イヤリング¥1000・チョーカー¥1000/お世話や(Osewaya) 時計¥23000/ピークス(ロゼモン)

撮影/平山太郎 ヘア&メイク/川添カユミ(ilumini.) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/大平典子 撮影協力/EASE

佐藤栞里の【今日のコーデ】をもっと見る>>

MORE2018年2月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!

モア2月号


関連記事
  • うるおいは大事。でも、リップクリームをたっぷり塗ってしまうと後から使うリップが滑ってしまい、色が定着しにくくなる! 保湿効果が高く発色もいいバームタイプのリップを塗った後、会話や飲食で落ちてきやすい唇の内側をマットリップで強化するのが正解♡▶この2アイテムで落とさない!A キャンメイク メルティールミナスルージュ 01 ¥800/井田ラボラトリーズ 保湿力の高いワセリン入りのとろけるリップ。グロッシーなツヤのある発色をキープ。 B レトロ マット リキッド リップカラー ファッション レガシー ¥3700/M・A・C マットな質感ながら、ボリューム感のある色っぽ唇に。 絶対落ちないリップのプロセス① 内側へ向けてバームリップじか塗り フェイスパウダーで軽く口角回りを押さえてから、Aを口角から中央へと、上下の唇ともにじか塗りする。 ② 内側へ向けてバームリップじか塗り フェイスパウダーで軽く口角回りを押さえてから、Aを口角から中央へと、上下の唇ともにじか塗りする。 ③ マットリップを内側にON つけすぎないよう量を調整してから、色が落ちやすい下唇の内側にBを重ねる。 他の画像を見るお直しテクマットリップを内側だけ塗り直し! 食後は、唇の内側だけが薄くなっていることが多々……。そんな時はBで色落ちした部分のみ塗り足せばOK。バームリップ塗り直しで写真映えキープ! 食事の場ではSNS用に写真を撮る機会も多い! 食べる直前にAを全体に塗り重ねておき、発色の補強をしておいて。「落ちない」強化アイテム唇を"染める"ティントリップ 左 オペラ リップティント N 01 レッド ¥1500/イミュ(5月24日発売) 中 ヴィセ リシェ マイレッド ルージュ 103 ¥1500(編集部調べ)/コーセー 右 セザンヌ カラーティント リップ CT1 ¥600/セザンヌ化粧品 時短で落ちないメイクを仕上げたい時や、お直しが面倒な時はティントリップの活用を。夜のオフ時はクレンジングで丁寧に落とすこと!膜を作るリップコート リップ ジェルマジック ¥1500(編集部調べ)/コーセーコスメニエンス 上で紹介したプロセスをさらに強化したい、もしくは違うタイプのリップを使いたい場合は、重ねるだけで唇をコーティングできるトップコートが便利!モデル/貴島明日香 撮影/岩谷優一(vale.・モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/George スタイリスト/中村美保 構成・原文/松井美千代 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • この時期の服、迷います。朝晩は肌寒く昼間は暑い。 でもセットアップなら困りません。気温差の激しいこの時期のはおりなど、毎年悩みます。 特に一日外出しなくてはならない日のコーデ。 忙しい朝に悩んでる時間がもったいない。 適当に着てしまえばその日のやる気スイッチが切れてしまい 気分のノラナイ一日に・・ そんな悩みをセットアップで少しでも解消!! 朝、悩んだときはサマになるセットアップにしています。 悩んだ末、最近購入したセットアップは2セット。 今日は黒のリネン素材のセットアップをご紹介いたします。 黒なので きっちりしすぎない形。 動きやすくラクチン。 選んだのは 1er Arrondissement プルミエ アロンディスモン サラリとした肌触りと ナチュラルな風合いのリネン素材で着心地抜群。 黒なのでバラでも合わせやすい♡ セットで着るときの中の定番は白Tシャツです。 足元もサンダルでもスニーカーでも合いますよ。 1er Arrondissement プルミエ アロンディスモン 美女組No.91麻衣のブログ
  • from NORMANDY Caroline Marolleau & Arthur Delaire 春が訪れつつある3月初旬。約2年半の交際を経て、ノルマンディー地方のマナーハウスで式を挙げたアーサーとキャロリン。結婚式の準備にかけたのは2~3 カ月。「準備にストレスを感じたくなかったから、もともと知っていて食事がおいしいこの場所で即決。私たちは親族もたくさんいるので、自分たちじゃなく、招待する親族や友人たちをもてなすというコンセプトで、自分たちがみんなをどれだけ愛しているかを表現したんです」。挙式とアペロ、ノルマンディー名物のカキをはじめシーフードをメインにしたディナーの後は、朝までDJダンスパーティ。映像・音楽関係の仕事をしている彼ららしく、そしてパーティ大好きなフランス人らしいウェディングを堪能した。 挙式とパーティの会場は、ノルマンディーの海辺にあるクラシカルなマナーハウスを貸し切ってブライズメイドたちの衣装も白! 理由は「みんなで愛を分かち合い、みんなが主役となれるような楽しい夜を過ごしたいと思った」からフランスに春を告げるミモザのブーケは新婦が自ら調達&デコレーション。豪快にブーケトス!ドレスはミレーユ・ダルクが映画の中で着ていたバックレスドレスがイメージ。踊りやすいよう丈は短め。新郎はロンドン・サヴィルロウの老舗でスーツを仕立てたそうディナーは長テーブルを4 列並べて新郎新婦も一緒に。新鮮な食材だけを使い洗練されたおいしい料理を提供してくれるレストラン。ワインはボルドー出身の新郎の友人たちが手配新婦と総勢6名のブライズメイドはお揃いのチームブルゾンを作ってまずは温水プールでシャンパンを楽しんでからパーティの準備を開始
  • アンジェラ・へスターマン(ブロードウェイのステージマネージャー)&ブレンダン・マクマホン(演劇学科教授) from CRETE Angela Hesterman & Brendan McMahon NYでともに演劇関連の仕事をしているアンジェラとブレンダンが出会ったのは、オフブロードウェイの劇場。5 年の交際ののち、結婚を決めたふたりが選んだのはギリシャのクレタ島。海に突き出した岩の道の先にある白亜の小さなチャペルで挙式した。披露パーティはクレタ島・マルガリットで。「友人の家族が経営しているレストランが、伝統的なギリシャ料理であるヤギのロースト、エスカルゴ、地元のワインなどを用意してくれました」と、挙式だけでなく食事もギリシャスタイルというこだわりよう。地元のバンドがギリシャの音楽を演奏し、ダンスも盛り上がったそう。大きなオリーブの木の下で、笑顔があふれる忘れられない夜となった。 岩で造られたチャペルまでの道を、手を取り合って。新婦のドレスはBHLDN、ジュエリーは家族のものをまとったファーストダンスは地元のバンドが演奏する音楽とともにファーストダンスは地元のバンドが演奏する音楽とともにウェディングケーキは地元の名店のチョコレートケーキを選択。オリーブの木の下でのディナーは、キャンドルとリボンでデコレート式の後には、これからのふたりを想い大きなランタンに火を灯して飛ばすセレモニーを10人のゲストを招いた、くつろいだパーティブーケはナチュラルなムードを意識。花嫁のウェディングリングはマンハッタンのアンティークショップで購入。「まるで私たちのために用意されたかのように、サイズもぴったりでした」
  • ジェヨン(「キムチョンギョンヘアフェイス」ヘアデザイナー)&チョン・ボムジュン(インテリアデザイナー) from SEOUL Jaeyoung & Bumjun Jung 「ヘアとインテリア、ジャンルは違いますがデザイナーという同じ職業のせいか、趣味や好みなど共通点が多かったんです。猫が好きなところも!」と言うふたり。知人の紹介で出会い、4年の交際ののち「忙しいお互いの仕事もちゃんと認めて信頼し続けた」ことが決め手となり結婚することに。ブライダルの仕事も多い人気ヘアデザイナーの新婦だからこそ、自分の式のときもドレスよりヘアスタイルにこだわったそう。「ヘアもメイクアップも、時がたっても違和感なく、上品なイメージを目指しました」。パーティでは知人である韓国の芸人が祝辞を担当。愉快なスピーチで、会場の雰囲気を盛り上げてくれたことも大きな思い出になったそう。 伝統衣装を着て両親や親類に挨拶をする、トラディショナルな婚礼セレモニーも実施したパーティのドレスはジェニー・パッカムのもの韓服(ハンボク)を着たお母さまとの記念写真
  • 大好きな「かごバッグ」こそ、10年先のワードローブにも寄り添う名品を。「ロエベ」定番のバスケットは完売前にゲットしたい 昨年から継続展開のバスケットは、今季も人気が高く夏本番にはソールドアウトの予感。クラシックなカーフスキン使いで、ビーチにはもちろん都会でも持ちたくなるデザインに。ローファーのタッセルリボンが着想源の大人可愛い「ラドロー」 ほかにはないユニークな発想と、クチュールライクなものづくりで人気の「ラドロー」。遊びゴコロはもちろん上質感たっぷりのデザインは、夏だけでなく一年を通して活躍しそう。ブラジル発・チャーミングなバッグブランド「ワイワイ」 ブランド名からしてご機嫌、おしゃれが楽しくなるデザインが豊富の「ワイワイ」。ラタンとレザーのコンビネーションで、構築的なラウンドバッグもエフォートレスな印象に。他の画像を見る夏はもちろん冬にも持ちたくなる、とっておきの「かごバッグ」を見つけて。
  • ハンナ・ウェイランド(「Shrimps」デザイナー)&アーサー・ギネス(「ギネス」社後継者) from WILTSHIRE Hannah Weiland & Arthur Guinness 学生時代にブリストルのパブで出会い、ベネチアでプロポーズ。そんなふたりが結婚パーティの会場に選んだのは、英国南西部ウィルトシャーにあるハンナの一家が所有するベルカム・コートの広大な庭。人気ブランドの若手デザイナーとギネスグループの御曹司カップルということもあり、ピクシー・ゲルドフやローラ・ベイリーなどゲストの顔ぶれも華やかだ。300人の招待客を迎えるマーキーテントのデコレーションから料理、ライブ演奏まで、すべては新婦ハンナが信頼を寄せる友人・知人たちの手によるもの。庭のコテージを、新郎アーサーの名前をつけた一夜限りのパブ「アーサーズ・アームズ」に改装してしまうなど、スペシャル尽くしのパーティとなった。 バラが咲く英国庭園。パーティが行われた6月は一年でいちばん美しいシーズンリリー・ヴァニリの4 段レイヤーのウェディングケーキ。トップにはふたりと愛犬の飾りが自身がデザインしたウェディングドレスはヴィクトリアン・スタイル。大切な思い出の場所や動物のイラストが手刺しゅうされている赤いバラがハンドプリントされたシュリンプスのドレスを着たブライズメイドたち。「私のミドルネームがローズだから」とハンナラスティックなムードで装飾されたマーキーテント。あえて不揃いのアンティークのカトラリーを選ぶなどテーブルセッティングにも空間プロデューサーマチルダ・ゴードのこだわりが詰まっているアクセサリーはシュリンプスのビーズバッグとサンローランのレオパードサンダル。新婦の亡き祖母がレオパード好きだったそう
  • 毛穴も美白もエイジングケアも! その肌悩み、まるっと「ビタCコスメ」に任せちゃいなよ! 美容界のビタC通がビタCブームを語るニキビ、はり、シミ、くすみ……、どんな肌悩みにも寄り添ってくれるビタミンCがキテますキテます! 仕事にプライベートに何かとハードスケジュールなモア世代が攻略すべき“ビタCコスメ”の今をリポート! 美容界のビタC通3人に、最新ビタC情報を教えてもらいました!「青山ヒフ科クリニック」院長 亀山孝一郎先生 「すべての肌トラブルを解決してくれるビタミンC×美容成分のコラボに各社が熱視線!」「ビタミンCは、シミ・くすみ・シワ・たるみ・ニキビ・赤ら顔・毛穴の開き・敏感肌・乾燥肌など、ありとあらゆる肌トラブルを解決してくれる万能成分です。すべての肌トラブルを改善する以外にも、内服すれば、代謝促進・活性酸素除去・疲労低下・ストレス減少・自律神経バランスを整えるなど、いろいろな効果が期待できます。だから、ハードスケジュールをこなすモア世代にはぴったりの成分なのです。ぜひビタミンCを生活に取り入れてみてください」PROFILE|毛穴やニキビなど幅広い肌悩み治療を行う「青山ヒフ科クリニック」院長。高濃度ビタミンC療法の第一人者。ビタミンCを軸にしたコスメブランド『ドクターケイ』の開発も行っている美容コーディネーター 弓気田みずほさん 「安全性と信頼度の高い成分。日進月歩で研究が進んでいるから常に目が離せない存在です」「ビタミンCは美容の鉄板成分! そのマルチな効果にはいつも感動しきりです。スキンケアとしてもサプリメントとしても長く使われてきた安全性と信頼度の高さも魅力。昔から常に注目されている成分のため、体や肌にどう役立っているのか、また、効率的かつ効果的にどう働かせるかの研究が日々進化してきました。それと比例するようにビタミンCコスメが豊富になってきているように感じます」『ロート製薬』オバジ PR担当 阿部由美子さん 「実現不可能とされていたビタミンC濃度を達成。さらなる高みを目指してビタミンC研究は続きます」「美容クリニックでも重宝され、身近な成分であるビタミンC。あらゆる肌悩みに効き、その効果の実感度の高さから今、関心が高まっていると感じます。『ロート製薬』はこの15年もの間、ビタミンCの製剤研究に邁進してきました。そしてようやく不可能とされていたビタミンC濃度25%の美容液開発に成功。商品化できた達成感は大きいですが、“肌に効くことがすべて”の『オバジ』の想いと共に、さらなる研究に励んでいきます」今年の3月、ビタCコスメの代名詞『オバジ』に「C25」が新登場し、話題に!(右から)オバジC5セラム10㎖¥3000・オバジC10セラム12㎖¥4000・オバジC20セラム15㎖¥8000・オバジC25セラム ネオ12㎖¥10000/ロート製薬 ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/海渡理恵 撮影/岩城裕哉 イラスト/村田エリー
関連キーワード

RECOMMEND