【今日のコーデ/佐藤栞里】仕事の日こそ”カジュアルな白”。そんな逆転の発想で通勤コーデをアップデート!

DAILY MORE

きれいなパンツスタイルに白のロングカーデで大人の余裕をプラスして。

バンドカラーシャツとワイドパンツ、そしてヒール靴。コンサバなお仕事コーデの仕上げに、あえてざっくりしたロングカーデを合わせるなんて発想、今までなかった! 白なら重たくないし品もあるから、きれいな着こなしにもしっくりくる。しかも縦のラインでスタイルよく見えて温かくて、イイコトづくし♪

カーディガン¥65000/ボウルズ(ハイク) シャツ¥12000/ビームス 新丸の内(ビームス ライツ) パンツ¥26000/UTS PR(ジェーン スミス) 靴¥35000/FUN Inc(チェンバー) バッグ¥20800/ショールーム セッション(ヤーキ) メガネ¥27000/モスコット トウキョウ イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya) 時計¥18000/ピークス(ロゼモン)

撮影/平山太郎 ヘア&メイク/川添カユミ(ilumini.) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/大平典子 撮影協力/EASE

佐藤栞里の【今日のコーデ】をもっと見る>>

MORE2018年2月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!

モア2月号


関連記事
  • 黒、白、グレーの無彩色のアイテムで統一したモノトーンコーデ。洗練された雰囲気を醸し出し、クールでシックなモノトーンコーデはアラフォー女性の強い味方。2019年版の最旬モノトーンコーデをご紹介します! 【目次】 ①スカートでつくる最旬モノトーンコーデ ②パンツでつくる最旬モノトーンコーデ①スカートでつくる最旬モノトーンコーデ■白ジャケット×黒タイトスカート×のモノトーンコーデすっきりとした縦長シルエットに、適度なボリューム感が好バランス シルバーエンボスレザー×ホワイトソールで見た目にも涼やか。「大人のダッドスニーカーは、イージーにもポップにも履かないこと! 選びも着こなしもきれいめ&シックが、断然おしゃれです」(スタイリスト・徳原さん)。 スニーカー¥74,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ジャケット¥76,000/マディソンブルー Tシャツ¥14,000/ebure スカート¥26,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) メガネ¥48,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) ネックレス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) バングル¥21,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(レベッカ ピンス) バッグ¥75,000/ウィム ガゼット青山店(ヘイワード)▶白ジャケット×黒タイトスカート×のモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のノースリーブ×リボンつき白スカートのモノトーンコーデ清潔感のある白に、きゅっと結んだ大きめのリボンが甘すぎない女らしさを添えて 黒トップスを合わせただけのシンプルなモノトーンコーデも、リボンのアクセントのおかげでほどよく華のある着こなしに。ウエストにメリハリが生まれることでスタイルアップも狙える。スカート¥28,000/カオス丸の内(カオス) ニット¥18,000・手に持ったカーディガン¥24,000/スローン 帽子¥28,000/アパルトモン 青山店(ジャネッサ レオネ) ピアス¥305,000・ネックレス¥335,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥330,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥88,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)▶黒のノースリーブ×リボンつき白スカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■グレーのTシャツ×黒レーススカートのモノトーンコーデすそからのぞく繊細なレースで、単調になりがちなワンツーコーデもセンシュアルなムードに 数ある素材の中でも、レースがもつ女らしさは格別。きれいめコーデももちろん素敵だけど、あえてこんなカジュアルなスタイルに投入するのもおすすめ。シンプルなTシャツが、たちまちフェミニンに見違える。スカート¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) Tシャツ¥9,000/ebure サングラス¥55,000/アイヴァン 7285  トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥32,000/エスケーパーズ(モダン  ウィーヴィング) バングル¥137,000/ザ ストア バイシー代官山店(アリアナ ブザードライフォル) バッグ¥101,000・靴¥62,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)▶グレーのTシャツ×黒レーススカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■Vあきボーダーカットソー×黒のロングスカートのモノトーンコーデ街でさりげなく着るパリシックなモノトーン。大人の解釈 7 割の黒と3 割のボーダーの黄金比で、涼感フレンチスタイル。ポイントになるのは、背中のVあきからのぞく素肌や着こなしの明度を上げる白の潔さ。テイストを後押しするハットで夏ならではの遊びを加えたら、品格のあるハンドバッグでバランスを取って。定番服の黒こそ、小物センスも磨く。トップス¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) スカート¥25,000(コキュカ)・ハット¥36,000(クライド)/ザ ストア バイシー 代官山店 バングル¥99,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(アグメス) バッグ¥686,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)▶Vあきボーダーカットソー×黒のロングスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■ヴィンテージ風Tシャツ×ニットスカートのモノトーンコーデプリントT解禁。素敵な黒上手はカジュアル上手 夏真っ盛りのカジュアル気分の日。ヴィンテージ風のTシャツにはきれい見えするタイトなニットスカートの巧みな受け入れ力を活用。腰に巻いたシャツのブルーがいっそうの清涼感を呼んでくる。Tシャツ¥13,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥26,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) シャツ¥39,000/マディソンブルー サングラス¥38,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥137,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アリアナ) バッグ¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶ヴィンテージ風Tシャツ×ニットスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のリブニット×白の透けスカートのモノトーンコーデ春のモノトーンコーデは、小さなドットと足もとの透け感で更新 リブニット×プリーツスカートの定番フェミニンスタイルも、スカートが透け素材&ドット柄になるだけでフレッシュに。パテントのワンハンドルバッグやスエードのヒールパンプスなどクラシカル小物で大人にまとめて。足もとの透け感に合わせ、靴の色も淡めトーンにするのがこなれて見える秘けつ。スカート¥25,000/インターリブ(サクラ) リブニット¥33,000/FUN Inc.(フォンデル) ストール¥53,000/ebur(e ファリエロ サルティ) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥74,000/ジミー チュウ ▶黒のリブニット×白の透けスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■白カットソー×黒ベースのドット柄スカートのモノトーンコーデ甘くレトロな黒ドット。白の奥行き+モダンなベージュで、ヘルシーに 黒べースのドットスカートの甘さをさわやかに演出するのが、カットソーとざっくりニットの「クリーンな白」のレイヤード。アイキャッチなデザインのベージュバッグとシャープなヒールで、今っぽい気分を加味。カットソー¥11,000/エイトン青山(エイトン) ニット¥29,000/サザビーリーグ(デミリー) スカート( 9 月下旬以降展開予定)¥29,000/インターリブ(サクラ) ピアス¥21,000・バングル¥38,000/フラッパーズ(シンパシー オブソウル スタイル) バッグ¥48,000/コード(ヴァジック) 靴¥79,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)▶白カットソー×黒ベースのドット柄スカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■グレーのブルゾン×黒のタイトスカートのモノトーンコーデアスレジャーはシックな黒が大人の正解。白&ベージュで洗練と上品さをプラス スポーティな気分は秋も継続。ゆるめブルゾンとタイトスカートで、サイズ感にコントラストをつけるのが今っぽい。ヘルシーな白Tとスニーカーに加え、ベージュのサングラスや端正なバッグで上品さをトッピング。 ブルゾン¥39,000/サード マガジン スカー¥32,000/ebure Tシャツ¥11,000/サンスペル  表参道店(サンスペル) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥23,000/ショールーム セッション(モダン  ウィーヴィング) バングル¥19,000/アマン(アンセム フォー  ザ センセズ) バッグ¥90,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ)▶グレーのブルゾン×黒のタイトスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら ■グレーのTシャツ×黒のレーススカートのモノトーンコーデウールニット×レーススカート、冬の異素材MIXの定番を春夏にアレンジするなら? 正解は「ちゃんとカジュアルなTシャツ」合わせ。つるんとしたきれいめ素材より少しザラッとした質感のほうが、ツヤのあるレースとのMIX感がよりアップ。 Tシャツ¥7,000(ヘインズ × カーラ)・スカート¥54,000(サード マガジン)/サード マガジン 肩にかけたニット¥28,000・レギンス¥15,000/ボウルズ(ハイク) ピアス各¥15,000/ショールームセッション(マリア ブラック) バッグ¥188,000/ジミー チュウ 靴¥78,000/ジャーナル スタンダード レサージ ュ  青山店(ミッシェル ヴィヴィアン)▶グレーのTシャツ×黒のレーススカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■白の半袖シャツ×黒のロングスカートのモノトーンコーデパリッとした白シャツ×黒のロングスカートで気持ちが引き締まるコーデ。定番の白シャツと違って、オーバーシルエットだったり、バンドカラーだったりと少しカジュアル感があるのでカチッとしすぎない。モノトーンで統一することですっきりした印象に。 スカート¥18,000/アッシュ・スタンダードアトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) シャツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥67,000/アパルトモン 青山店(ヘリュー) イヤリング¥9,000/アビステ 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック)▶白の半袖シャツ×黒のロングスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のカーディガン×黒ベースのドット柄スカートのモノトーンコーデ辛口ドットスカートでしゃれたムードに 甘くなりがちなドット柄はタイトめシルエットで辛口な女らしさを意識。足もとはカジュアルなスニーカーでもフレンチエッセンスのきいたタイトスカートなら女らしさのバランスは損なわない。 スカート¥32,000 レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニー)  Tシャツ¥12,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エピー ストゥディオ) カーディガン¥24,000/スローン ネックレス(2本セット)¥34,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バングル¥14,000/リエス(メゾン ボワネ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) バッグ¥165,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) ▶黒のカーディガン×黒ベースのドット柄スカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のジャケット×白のプリーツスカートのモノトーンコーデかっちりした印象の黒テーラードジャケットに、しゃらりと繊細に流れるアコーディオンプリーツの白スカート、モノトーンで統一することで、トレンドを楽しみながらも信頼感が得られる今どきの組み合わせに。小物はシルバーにすることで、シャープさと華やかさを添えて。 ジャケット¥69,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) カットソー¥6,800/スローン スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥16,000/アビステ バッグ¥128,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶黒のジャケット×白のプリーツスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のレザージャケット×白プリーツスカートのモノトーンコーデ"辛口ブルゾン×ちょっと辛口スカート"このMIX感、かなり新鮮! 幅の異なるプリーツを組み合わせた変型デザインは、ライダースジャケットのような主張の強いアイテムにも負けない存在感を放つ。×ふんわりギャザースカートという定番の甘辛MIXとはひと味違う、とびきり鮮度の高い着こなしが完成! 足もとはぺたんこサンダルで抜け感を出すのも今年らしさのポイント。スカート¥19,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) ジャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) Tシャツ¥14,000/ebure サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥31,000/TOMORROWLAND(ルッツ オーティズ) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥27,000/essence of ANAY(I LUCHENTI) ▶黒のレザージャケット×白プリーツスカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら■ブラウンのTシャツ×黒スカートのモノトーンコーデブラウンTという選択で、スカートコーデの幅が広がる! ミラノマダムが愛するシックな色合わせも、アイテムが軽く、カジュアルになるとぐっとフレッシュな印象。洗いをかけて風合いを出したブラウンTシャツは、コンパクトなサイズ感も特徴。ふわっと広がるシフォンスカートにインしてバランスよく。Tシャツ¥9,000/アパルトモン 青山店(レミ レリーフ) スカート¥72,000/ドゥロワー 丸の内店(ティーマット マサキ パリ) ピアス¥9,800(ニナアンドジュール)・靴¥46,000(バルダン)/フレームワーク ルミネ新宿店 ネックレス¥42,000/ebur(e アル ズニ) バングル¥78,000/エーピー  ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィ ブハイ) バッグ¥343,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)▶ブラウンのTシャツ×黒スカートのモノトーンコーデ 詳細はこちら②パンツでつくる最旬モノトーンコーデ■黒シャツ×ブラックデニムパンツのモノトーンコーデいつもの服で特別感を。ベーシックを極めるブラック×タン ソフトなビッグリネンシャツとタフなデニムの選択がどこか凛々しく、それでいて女っぽい表情をともに醸す。そこにタンカラーやパイソン柄の小物を合わせたミニマムな配色でさらにシックに。シャツ¥28,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥22,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) ヴィンテージスカーフ¥36,000/カレンソロジー青山 バングル¥68,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥68,000/アパルトモン 青山店(マリアム ナシール ザティー)▶黒シャツ×ブラックデニムパンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒ブラウス×白パンツのモノトーンコーデストレスなくはけて、リッチで清潔。おしゃれの理想が一本に” ドレスや下着にも使用される、なめらかなビスコース素材がベース。真っ白という色の潔さも手伝って、リネンパンツにありがちなほっこり感とは無縁に。ここはクールなモノトーン配色で、着こなしも凛と。パンツ¥26,000/エリオポール代官山(バレナ) ブラウス¥31,000/エディション 表参道ヒルズ店(アーチ ザ) 帽子¥52,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ピアス¥25,000・バングル¥80,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥90,000/スーパー エー マーケット(ワイワイ) 靴¥43,000/エストネーション(バルダン)■黒パンツ×白パンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のシャツワンピース×白パンツのモノトーンコーデ配色とシルエットの美しさで、凛としたたたずまいに 黒と白のコントラストと、ピシッとプレスのきいたクリアホワイトの細身テーパードパンツ。ルーズになりがちな夏の装いに、切れ味のいい女らしさを生んで。パンツ¥42,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) シャツワンピース¥21,000/フレームワーク ルミネ新宿店(マドモアゼル) カットソー¥16,000/ロンハーマン 頭に巻いたスカーフ¥19,000/ウィム ガゼット青山店(アルテア) イヤリング¥11,000/ビームス ハウス 丸の内(べべ) バングル¥18,000/プラージュ 代官山店(ドミニク ドゥネーヴ) バッグ¥39,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 靴¥75,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) ▶黒のシャツワンピース×白パンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒のレースブラウス×ジャケット×白パンツのモノトーンコーデ黒のレースブラウスをメンズライクに ラフさと上品さのいいとこどり!鮮度の高いモノトーンコーデ。レースブラウス+テーラードジャケットのエレガントなセットを、白のベイカーパンツでほどよく着くずして。ブラウス¥58,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) パンツ¥21,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) ジャケット¥82,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ピアス¥30,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ルル フロスト) バッグ¥17,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) インナー/スタイリスト私物▶黒のレースブラウス×ジャケット×白パンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■グレーのTシャツ×ブラックデニムパンツのモノトーンコーデ鮮やか色だからこそ効果絶大!モノトーンコーデにメガバッグで投入 着こなしを一気に今っぽくしてくれるメガバッグ。さし色効果も絶大だから、モノトーンコーデもぐっと華やかに。女っぷりを上げるヒール靴は、コバルトブルーと相性のいいシルバーをチョイス。バッグ¥39,000(ステート オブ エスケープ)・シャツ¥32,000(フランク&アイ リーン)/サザビーリーグ Tシャツ¥15,000/ADORE パンツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス/J BRAND for Theory luxe) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(メゾン ド  リリス) 時計¥22,000/DKSHジャパン(TIMEX) 靴¥31,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶グレーのTシャツ×ブラックデニムパンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■白Tシャツ×白パンツ×黒小物のモノトーンコーデMUJIのプチプラTシャツ×白パンツでクリーンかつ女性らしさのある着こなしに。スカーフ、バッグ、サンダル、メガネは全て黒でまとめてコーデを引き締め、ジュエリーはシルバーで抜け感をプラス。 Tシャツ¥3,695/無印良品 池袋西武(MUJI Labo) パンツ¥56,000/ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店 スカーフ¥12,000/アパルトモン 青山店(ベンビエン) メガネ¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥32,000・ブレスレット¥28,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥235,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィ ブハイ) バッグ¥120,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥8,800/ビショップ(ティキーズ)▶白Tシャツ×白パンツ×黒小物のモノトーンコーデ 詳細はこちら■グレーのTシャツ×腰高ワイドの白パンツのモノトーンコーデ何げないのにカッコいい!〝あえてのグレーコンバース〞が映える グレーTシャツと白パンツのシンプルコーデに、ニュアンスのあるグレーのコンバースがこなれ感を演出。シンプルな合わせだからこそ、Tシャツの袖丈やパンツのシルエットの選びが重要に。 スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) Tシャツ¥12,000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥28,000/ebure サングラス¥16,000(TOMORROWLAND)・バッグ¥90,000(ワンドラー)/TOMORROWLAND バングル¥35,000/ミューズ ドゥドゥーズィエム クラス 丸の内店(ガブリエラ アルティガス) ▶グレーのTシャツ×腰高ワイドの白パンツのモノトーンコーデ 詳細はこちら■黒の半袖シャツ×リネンのショートパンツのモノトーンコーデ心地よさに正直に。凛と美しいミニマリストを気取って おなじみのブラックシャツをリネンのショートパンツでアップデート。ラフな夏素材を選択しつつ、あくまでキレのいい女らしさを目ざして、新しい印象を残す。シャツ¥32,000/マディソンブルー パンツ¥19,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) サングラス¥32,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥53,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) 時計¥1,590,000/ソーウインド ジャパン(ジラール・ペルゴ) バッグ¥34,000/アパルトモン 青山店(ヘリュー) 靴¥102,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) ■黒の半袖シャツ×リネンのショートパンツのモノトーンコーデ
  • 9月8日(日)、幕張メッセにて行われたiKONの“iKON JAPAN TOUR 2019”公演。その熱い模様を、DAILY MOREのオリジナル記事でお届します!iKONはJAY(ジェイ)、SONG(ソン)、BOBBY(バビー)、DK(ディーケイ)、JU-NE(ジュネ)、CHAN(チャン)によるボーイズグループ。その音楽性とパフォーマンスが高く評価されている実力派グループです。最新アルバム『NEW KIDS』も名盤との呼び声高く、これはもう期待しかないっ!と、しっかり予習をして幕張メッセへ。開演30分前に着席。まわりを見渡せば、和気あいあいとおしゃべりするたくさんのiKONIC(iKONのファンの総称)たちの姿が。iKONICに共通するのはバッグからのぞく棒状のアイテム。知らない人が見たら「プロ野球チームのグッズかな?」と思うかもしれない、赤いバット・KONBAT(スティックライト)。これは、バット型のペンライトなんですが、とってもかわいくてしかも振りやすいんです♡ 女子はもちろん、男の子のグループやカップル、お母さんとお子さんもいてあらゆる層からiKONは愛されているのだなあと分かります。BOBBY(バビー)JAY(ジェイ)SONG(ソン)DK(ディーケイ)JU-NE(ジュネ)CHAN(チャン)公演はスタートからフルスロットル!HIPHOPテイスト強めの『SINOSIJAK REMIX』、『BLING BLING』で会場の熱を急速に押し上げ! かと思えば、大大大ヒット曲『LOVE SCENARIO』や、『GOODBYE ROAD』といった切なさあふれるラブバラードで客席の感情を揺さぶり、開始からいっきに彼らの世界に。この公演では、ツアー初の、2人1組でユニットになって歌う場面も。JAY&JU-NEはカバー曲で会場の涙を誘い、BOBBY&DKはメロディックなHIPHOP曲『SUrF』を、カッコいいソロダンスつきで披露。CHAN&SONGはグループ唯一のブルース曲『JERK』を悲哀たっぷりに歌い上げ、彼らの高い音楽性と、ファンと過ごせる喜びを余すことなく表現していました。熱唱するJAYとJU-NEHIPHOP曲を披露したBOBBYとDK笑いとツッコミの絶えないMCタイムにも注目!パフォーマンス中はカリスマ溢れる姿のメンバーですが、MCタイムでは一変。「さっきまでのカッコいいiKONはどこへ?」「芸人さんがいる……」と思っちゃうくらい、笑いとツッコミの絶えない時間に。いくつかのやりとりをピックアップしてみると……。【末っ子・CHANの大切なもの】CHAN:僕の心には3つ、大切なものがあります。家族とiKONと……。JU-NE:ゲーム?野球?CHAN:iKONICです!JU-NE:CHANさん、(その回答)仕事してますねぇ~。CHAN:ちょっと、仕事じゃないよ!【SONGが最近覚えた言葉】JU-NE:最近覚えた言葉は?SONG:“戸惑う”。JU-NE:どういう意味か説明してください。SONG:(JU-NEを見ながら)あなたと話して“戸惑う”。客席:例文が満点!【この日のDK】JAY:今日のDKは髪が汗に濡れてセクシーだよね。今日はセクシーでやばい……やばドン。(注:DKの本名=ドンヒョクです)DK:やばドン!(うれしそうにセクシーポーズをキメ、水を得た魚のように踊る)DK以外のメンバー:や・ば・ドン!や・ば・ドン!や・ば・ドン!客席:……(名古屋の某有名とんかつを思い出す人もいたかも) 【JU-NEの野望】JU-NE:本当は3時間くらいトークショーやりたいんですよね。JAY:古家さん(日本を代表するカリスマ司会者・古家正亨氏)とやってください。JU-NE:僕ひとりでもできますよ!ほら、いつもJAYさんと飲んでいるとき、俺、3時間ずっとしゃべってるじゃん!JAY:まあそうね、ずっとしゃべってるよね、ひとりで。【BOBBYのイジリは好きの裏返し】JU-NE:それでは次の曲に行きましょう!JAY:(息を切らしているので)あと5秒ちょうだい…。BOBBY:おっさんだ(笑)JAY:おっさん言うなよ。BOBBY:チビおっさん♡JAY:……チビおっさんは、ひどくない?(でも、まんざらでもない)【JAYにとってiKONICとは】JAY:靴です。JU-NE:なんで靴?理由を聞きたい。BOBBY:わかった、(背が)小さいからだ!JAY:小さくないよ! 身長は普通。大きくもないけど。俺、靴がないと自信がないよ。iKONICがいないと、自分に自信が持てないんだ……。客席:おお~!コンサートのたびに恋に落ちるiKON&iKONIC。お楽しみはまだまだ続く♪ライブ後半はアッパーな『DUMB & DUMBER』などでファンをめいっぱい躍らせ、最後の曲『WAIT FOR ME』へ。MC中のユーモラスな雰囲気は消え、すがるような、相手をあやすような、情感いっぱいの声で歌う。“僕らは永遠なんだ、待ってて”と、メンバーとファンが心を通わせました。メンバーが去った会場にこだまするのは、鳴り止まない“アンコール”の声。その声に応えたメンバーは「このままじゃ帰れない、終われないんだよ!」(JAY)とアンコール、さらに、ダブルアンコールまで全力で駆け抜る……。メインステージからサブステージ、各ステージの隅々まで行き、声援を送っているファンひとりひとりに手を振ったり、アイコンタクトをしたり。たくさんのハートをファンに贈っていました。観終わって感じたのは、iKONとiKONICは、ずっと恋し続けているのだなあということ。彼らがデビューしたのは2015年(日本デビューは2016年)。“恋は3年で冷める”なんて言われますが、彼らにその理論は当てはまらないみたい。新曲がリリースされるという情報に一喜一憂し、楽曲を聴くたびにときめいて、コンサートのたびに深まる想いを確信する……。リリースやコンサートのたびに恋に落ちているみたいで、とても素敵だと思いました。そんなiKONの活動はまだまだ続きます!『iKON JAPAN TOUR 2019』のファイナル・大阪公演(9/18〜19)に加え、10月には『iKON FAN MEETING 2019』、12月には『iKON YEAR END LIVE 2019』と、盛りだくさん! iKONとiKONICは、2019年、年末までずーっとラブラブです。なお、本公演の内容は、10/17(木)の19:00~20:30に、CS放送「MTV」で放送されるとのこと。コンサートに行った人も、彼らのことを知ってみたい人も、ぜひチェックしてみてください!プロフィールあいこん●2015年に韓国にて、2016年に日本にてデビュー。日本レコード大賞最優秀新人賞を含む「韓日中3ヶ国で新人賞獲得」という史上初の快挙を達成。勢いはとどまることなく、昨年リリースした『LOVE SCENARIO』が異例のロングランヒットを記録し、多くのベストソング賞を受賞。なんと、YouTubeでの再生回数は3億回超え。Spotifyでも1億回ストリーミングを達成。最新アルバム『NEW KIDS』も必聴。■公演のチケット情報はこちらiKON オフィシャルサイト■“iKON JAPAN TOUR 2019”のCS放送情報はこちらMTV公式HP取材・文/中川 薫
  • 耳もと、顔まわり、アクセやスカーフで飾る秋!「オマケ」のように考えがちだけど、実はたったひとつでコーデの印象をガラリと変えられるのが「小物」。耳もとアクセやめがね、ヘアアクセに帽子まで、モアモデルをお手本にトライしてみよう☆めがねコーデの印象を少しだけ変えてみたい、ボーイッシュに見せたい、そんな時に使えるのがめがね! しっかりメイクに合わせることで、逆に女っぽさを引き出してくれるんです♡ 細いメタルフレームでなじませて。ジャケット¥28000・パンツ¥16000/MP STORE ルクア店 Tシャツ¥13000/シップス 渋谷店(ジェーン スミス) 靴¥23500/ダイアナ 銀座本店 メガネ¥33000/アイヴァン PRイヤリング大きめイヤリングの人気は引き続き。シルバー+ゴールドのメタルパーツを組み合わせたイヤリングなら、他のアクセは何色でもOK! 少し無骨なシルバーのプレートと、華奢なゴールドフープのコントラストを楽しんで。ニット¥30000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19000/アンシェヌマン(アナディス) 靴¥16000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥4990/AG バイ アクアガール イヤリング¥8000(マージョリー・ベア)・バングル¥4000(ナイン)/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店 スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック)イヤリングふわふわニットの可愛げコーデにだって、大きめイヤリングが似合う。トレンドのブラウントーンを邪魔しないよう、肌なじみのいいカラーや素材をチョイスしてみて。スカート¥22000(ハウント代官山/ハウント)・靴¥46000(ルチェンティ)/ゲストリスト ニット¥24000/TOMORROWLAND バッグ¥11000/アルアバイル イヤリング¥2590/イェッカ ヴェッカ 新宿ベレー帽「自分に似合うかわからない」と、なかなか手を出しづらいという声も多いベレー帽。でも一度かぶってしまえば、その汎用性の高さやおしゃれ感のトリコになってしまうはず♬ まずはベーシックカラーでトライして!シャツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) タンクトップ¥9800/ブランドニュース(ハクジ) パンツ¥31000/フィーニー 靴¥52000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥43000/シティショップ(リジー フォーチュネイト) 帽子¥14000/クオリネスト(ローレル) ピアス¥12000/モットハウス・トーキョー(エーケー・スタジオ)イヤリングヴィンテージボタンのようなゴールドのイヤリングは、クラシカルムード高まる秋のコーデにぴったり♡ きちんとコーデにも似合うので、ひとつは持っておきたい。ワンピース¥41000/ブランドニュース(シー ニュー ヨーク) バレッタ(4個セット)¥1843/ザラ・ジャパン イヤリング¥2300/ジオン商事(スリーフォータイム) リング(5個セット)¥1500/お世話やカチューシャ今年はなんと言ってもヘアアクセが大豊作! 細いカチューシャは、くしゃっとかき上げた髪をラフに留めるのが今っぽい。シャツ¥11000/MP STORE ルクア店 ニット¥20000/バトナー パンツ¥11800/バロックジャパンリミテッド(マウジー) 靴¥48000/プラージュ 代官山店(ペリーコ) カチューシャ¥300・イヤリング¥1200/お世話や 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン)キャスケット秋らしさがぐんと高まるキャスケット。黒ならレディな着こなしにもぴたりとはまる♡ ふんわりと巻いたセミロングを活かしつつ、前髪は中にしまってすっきりと。スカート¥22000/ルーニィ シャツ¥9900/エメル リファインズ ルミネ新宿店 カットソー¥9500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(アナトリエ) 帽子¥7800/コンバース トウキョウ 代官山 ピアス¥17000・バングル¥25000/UTS PRヘアバンド「スポーティさ」や「休日っぽさ」を演出したいなら、ヘアバンドがおすすめ。耳に少しだけかぶるように着けるのがこなれ見えのポイント!スカート¥42000/UTS PR(ジェーン スミス) スウェット¥21000/フィーニー カットソー¥9500/スローン 靴¥12000/コンバース スターズ ルミネエスト新宿 バッグ¥24000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店 ターバン¥1800・イヤリング¥2800/サンポークリエイトスカーフカラフルコーデをさらに盛り上げる、スカーフアレンジにも挑戦! ターバンのように幅広にぐるりと巻いて、トップをキュッと結ぶだけ。おくれ毛を出して可愛らしくね♡コーデュロイスカート¥29000/ブルーバード ブルバード スウェットトップス¥9500/ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター(チャンピオン) フープピアス¥2100/サンポークリエイト(アネモネ) 柄スカーフ¥21800/シップス 有楽町店(アネ) 靴¥5800/コンバース バッグ¥16000/ニード サプライ(イロセ)キャップきれいなニットときれいなパンツ、女っぽいパンプス。仕上げにハズしのキャップをオン! ベージュならカジュアル過ぎず、ブラウンとも似合っていい感じ。ニット¥20000/バトナー パンツ¥23000/デミルクス ビームス 新宿 Tシャツ¥14000/ボウルズ(ハイク) 靴¥20000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ) バッグ¥3500/ハリウッド ランチ マーケット(ザ コンテナ ショップ) 帽子¥3600/セムインターナショナル(ベイサイド) ピアス¥12000/モットハウス・トーキョー(エーケー・スタジオ) 時計¥4000/ハイ! スタンダード(カシオ)ヘアバンド+ピアスキュッとまとめた髪にヘアバンド、しっかり見える耳もとに大きなイヤリング。この潔さが大人っぽい! Tシャツ¥8000/デミルクス ビームス 新宿 スカート¥29000/ブルーバード ブルバード 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥67000/リフラティ シップス ルミネ横浜店(エバゴス) ヘアバンド¥600/お世話や ピアス¥1400/ジオン商事(スリーフォータイム) バングル¥36000/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタルズ) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡
  • メンズだけじゃなくレディースでも人気に火がついたCPOジャケットはライトグレーを投入!会社帰りの外の気温がめっきり涼しくなってきた今日この頃。ちょっと羽織れる軽アウターはボタンを全部留めてシャツのように着るとロングスカートは然り、意外とどのボトムにも合わせやすい。一枚仕立てのCPO(Chief Petty Officerの略=アメリカ海軍下士官)ジャケットなら堅苦しくないので、長時間のデスクワークでも仕事の邪魔をしないぴったりな一枚。ライトグレーを選べば、大人っぽくシックにキマる。CPOジャケット¥125,000/マディソンブルー ロングスカート/エイトン、バッグ/J&M デヴィッドソン、バレエシューズ/スペルタ、ネックレス/ebure(スタイリスト私物)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼シャツコーデの関連記事もチェック
  • 美容家や美容エディターなど、これまでありとあらゆるファンデーションを試してきた美容のプロ15人。彼女たちが「これだけはどうしても手放せない」というファンデーションを厳選してご紹介。その偏愛の理由とは!?<どうしても手放せない! 偏愛ファンデーション15> 1.素肌そのものがきれいに見える感動作 美容ジャーナリスト 安倍佐和子さん ゲラン レソンシエル 「天然由来成分97%で、化粧膜を感じさせないリキッドファンデーション。カバー力があるのにメイク感なく美肌に見せてくれるので、今の気分にぴったり。カジュアルな装いの日など、日常使いに最適です」(安倍さん)。SPF20・PA+++ 30㎖ 全10色 各¥7,000   2.内から放つようなツヤ感で瞬時に美肌へ 美容家 小林ひろ美さん SUQQU エクストラ リッチ グロウ クリーム ファンデーション 「とにかくカバー力が優秀で、毛穴をつるりと見せ、色ムラもなかったことに。肌が上質に仕上がるので、会食などきちんとした場所に出かけるときにぴったり。写真を撮られる日も、迷わずこれでメイクします」(小林さん)。30g 全7色 各¥10,000   3.潤ったなめらか肌が持続する新しい逸品 美容ジャーナリスト 小田ユイコさん ランコム アプソリュ タン クッションコンパクト 「まるでスキンケアしている感覚で、肌が安らぐクッションファンデーション。ムラづきせず、時間がないときでもササッとなめらかな美ツヤ肌に。これを塗っていると、『なんでそんなにツヤがあるの?』とよく聞かれます」(小田さん)。全4色 各¥11,000   4.ひと塗りで手をかけた肌になれるナンバーワン 美容エディター 巽 香さん ディオールスキン フォーエバー フルイド グロウ 「ツヤ感がこれみよがしでなく、ほのかで上品。厚塗りではないのに、きちんと手をかけたような仕上がりに。仕事やちょっとしたお出かけのときにぴったりです」(巽さん)。SPF35・PA++ 30㎖ 全8色 各¥6,000/パルファン・クリスチャン・ディオール   5.薄化粧でも大人肌対応の完璧なカバー力 美容愛好家 野毛まゆりさん アンプリチュード ロングラスティング リキッドファンデーション 「薄化粧で、とびきりきれいな肌に仕上げたいときは断然これ! 透明感があるのに、毛穴や色ムラなどイヤな部分は目立ちません。品も備わって、外出先で『つけていてよかった』と実感します」(野毛さん)。SPF22・PA++ 30㎖ 全10色 各¥9,000   6.透明感が一日中続く救世主的ファンデーション ビューティライター 中島 彩さん シャネル ル ブラン クッション 「趣味の登山後、シミが目立ってきたときや、顔色が冴えない日に助けてくれるクッションファンデーション。厚塗り感はまったくないのに、シミやくすみはどこへ? 自然なソフトフォーカス効果に拍手です」(中島さん)。SPF30・PA+++ 全5色 各¥7,500   7.ここぞという日に勝負できる不朽の名作 美容ジャーナリスト 倉田真由美さん クレ・ド・ポー ボーテ ル・フォンドゥタン 「きちんとエレガントな肌に仕上がる、私の勝負ファンデ。クレ・ド・ポーのクリーム、ラ クレームに肌色をつけたような感覚で、乾燥しがちな肌にも溶け込み、内側から明るい光を放つような洗練肌に」(倉田さん)。SPF20・PA++ 30g 全7色 各¥30,000   8.毛穴をするりと消してくれる傑作 ビューティライター 北林道子さん アルビオン パウダレスト 「粉浮きや、毛穴やしわへの粉落ちナシ。最新パウダリーファンデーションは進化したと実感させる力作。肌の気になるアラは隠しつつも、素肌のように軽やか!」(北林さん)。SPF12・PA++ 全6色 レフィル各¥4,000・マットつきケース¥1,000   9.瞬時にみずみずしい肌へ。ベストリキッドはコレ 美容家 小林ひろ美さん エレガンス スティーミングスキン 「蒸気を当てたような、すさまじくライブ感のある肌になるリキッドファンデーション。肌に血色感とリラックスした雰囲気が備わるので、女子会におすすめです」(小林さん)。SPF23・PA++ 30㎖ 全7色 各¥6,000/エレガンス コスメティックス   10.極上の潤い肌になる新感覚スティック 美容ジャーナリスト 小田ユイコさん ベアミネラル CR ハイドレイティング ファンデーション スティック 「秋の新作の中でも、光できらめく湖面のような、みずみずしいツヤ感がやみつきになった逸品。メイク直しで重ねてもムラづきせず、リセットも簡単! 忙しくても、お疲れ感のないいきいき肌をキープ」(小田さん)。SPF25・PA+++ 全8色 各¥4,200   11.肌ノイズをマルっと消してくれる異彩 ビューティライター 中島 彩さん ポーラ ディエム クルール カラーブレンドグローファンデーション 「3色が絶妙に溶け合い、シミやくすみなどの肌ノイズを帳消しにしてくれる最新クリーム状ファンデーション。不調な日も『私、元気かも?』と錯覚してしまうほど」(中島さん)。SPF20・PA+++ 全4色レフィル(パフつき)各¥5,300・ケース¥1,200   12.メイク直し不要のロングラスティングの雄 ビューティライター 山崎敦子さん エスティ ローダー ダブル ウェア ヌード ウォーター フレッシュ メークアップ 「ダブル ウェアのファンデーションは、くずれにくさナンバー1。なかでもこのリキッドファンデーションは素肌っぽく軽やかで、ふだん使いに重宝。メイク直ししなくても、みずみずしいツヤ肌が持続します」(山崎さん)。SPF30・PA++ 30㎖ 全4色 各¥6,000   13.シミをなかったことにしてくれる永遠の名品 エクラ編集部・美容担当S カバーマーク フローレス フィット 「ひと塗りするだけで、気になっていたシミもどこへやら。まさにシミ消しファンデーション!!  しかも白浮きしたり、黄ばんだりせず、自然な肌色&ツヤ感で生肌っぽくカバーしてくれるところもお気に入り」(S)。SPF35・PA+++ 全10色 各¥7,000   14.リフトアップ効果に優れた神ファンデ ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん コスメデコルテ AQ スキン フォルミング リキッドファンデーション 「リフトアップ美容液をつけているような引き上げ効果。日中ずっと、頰やフェイスラインをホールドしてすっきり見せてくれます。カバー力がありながら、ツヤのある自然な美肌に仕上がるのも○」(千吉良さん)。SPF20・PA++ 30㎖ 全7色 各¥12,000   15.お疲れ肌を払拭(ふっしょく)する肌色コントロールの女王 エクラ編集部・副編K藤 ヘレナ ルビンスタイン カラー クロン N 「朝、なんとなく肌色がすぐれない日も、ナチュラルに、いきいきとしたトーンとツヤをもたらしてくれる! 軽やかでのびのいいテクスチャーも私好み。一日中くすみ知らずでいられてストレスフリー!」(K藤)。SPF15・PA+++ 30㎖ 全4色 各¥7,500  あなたを輝かせるのは新しいファンデーションとの出会いかもシミ、しわ、たるみ、毛穴、くすみ、赤みムラ……。エイジングサインの博覧会場ともいえる、アラフィーの肌。だからこそ、エクラ世代にとって、圧倒的にプライオリティが高いファンデーション選び。さまざまなコスメをテストしつづける美容のプロにとっても、ファンデーションは「自分事」として、最も真剣度が高いジャンルなのだ。 エクラ世代の美容のプロたちが本音で選ぶのは、シミ、しわ、たるみ、毛穴、くすみ、赤みムラなどの大人の肌事情をスマートにオブラートに包んでくれるのはもちろんのこと、社会人として、大人の女性としての品格まで演出してくれる、一歩先いく名品だけ。 時代とともに進化しつづけるファンデーション。その新旧すべてを知りつくす美容のプロたちが、愛してやまないものだけを一挙公開。 季節が変わるこの時期、新しいファンデーションに買い替え時。ぜひ参考にして、さらに輝いて!撮影/国府 泰(nautilus) 構成・原文/小田ユイコ ※エクラ10月号掲載
  • ジャストエクラ世代の4人の"ひと目惚れ"おしゃれアイテムを毎月ピックアップ。今月は、落ち着きすぎな秋スタイルに彩りをプラスしてくれるアイテムをご紹介します。1.サンローランのデニムシャツ デニムシャツは大好きなアイテムなのですが、端正なフリルといい、絶妙な色落ち具合といい、これはまさに大人のための上質カジュアル! (副編集長U) ¥82,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)2.ドリス ヴァン ノッテンのプリントワンピース 黒一色の服ばかり着ていてふと、華やいでみたい気分に。大人がシックに着られる花柄は多くはないけれど、バラの花の写真をシルクにプリントしたこのニュアンスには、品格を感じます。(編集長O) ¥204,000 /ドリス ヴァン ノッテン3.クルチアーニのカシミヤニットワンピース ふんわりと起毛させた、ファーのような風合いのカシミヤは極上の肌ざわり! そして鮮やかでいて上品な極上のピンク! ニットを知りつくしたブランドならではの逸品です。パンツに重ねても素敵。(副編集長K藤) ¥95,000/クルチアーニ他の画像を見る>>「今月のこれ欲しい!」はこちらから撮影/山口惠史 スタイリスト/小川夢乃 ※eclat9・10月号掲載
  • 社長や役員も出席するから、社内とはいえきちんと感も必要。加えて華やかさも意識して。他をきちんとまとめれば、ラメのイエロースカートが華やか要素として大活躍!▼ ▼ ▼ 堅め・柔らかめ企業ともに大差をつけて1位に! きちんと感と華やかさの絶妙なバランスが支持された。 柔 華やかさがあってとても素敵。他部署の人にも、うちの新人です、と紹介したくなります!(40代女性・IT/広報) 堅 華やかで爽やかで新人らしくて、それでいてカジュアルすぎず。分かってるな~って印象!(40代男性・不動産) 柔 ジャケットとブラウスのきちんと感が完璧なので、ラメスカートが華やかさを添えている。(30代男性・メーカー) 堅 ジャケットの着脱でかなり印象が変わります。うちは新人が受付をするのでジャケットは必要。(30代女性・病院) ブラウスとジャケットにきちんと感があるから、スカートの華やかさがいい味を出してるみたい! ジャケット着用も高評価。いつもと違う特別感に、若々しさもあると好感度が高いんだね。 普段使いできるスカートも、上品ニットを合わせればフォーマルなパーティースタイルに。▼ ▼ ▼ カジュアルな小花柄スカートをパーティー仕様に。高順位にはならなかったが「OK」な人は多数。 柔 トップスはきちんと感、スカートは丈が長く華やか&優雅。気張りすぎでなく実に程よい。(30代男性・メーカー) 堅 上下のコントラストが周囲の興味を引きそう。そしてパーティーに華を添えてくれそうです。(40代男性・保険) 柔 特別な場としては少し華やかさが足りないかも。アクセを足すか華やかなトップスにすると○ 。(30代女性・IT) 堅 トップスは問題ないですが、花柄が気になります。ジャケットで少し隠れればいいかも。(30代男性・製薬)可愛さも特別感もあるドット柄ワンピ。赤を差し色に。▼ ▼ ▼ 特別感に若々しさもある点が評価されたけど、足元はヒールがベターとの声が。 堅 ワンピースにローファーが謎。パーティーとはいえ仕事の場なので、もう少しビジネス感が欲しい。 (40代男性・不動産) 柔 社内のパーティーであればこのくらいの派手さでいいですね。ただローファーでなくてよいかと。(30代男性・旅行会社)きちんと感抜群。▼ ▼ ▼ 柔らかめ企業では2位、堅め企業では5位と、大きく意見が分かれる結果に! 堅 社内なので問題はありません。ただおじさんたちは何だ?って思うかもしれません(笑)。(40代男性・不動産) 柔 セットアップが上品かつおしゃれで◎。サンダルもパンツの丈が長いので気になりません。(40代女性・広告キャスティング) 堅め企業ではとにかくサンダルに物申す人多数! でもパンプスに変えればOKという意見が多かったわ。柔らかめ企業からは、おしゃれで個性もあっていいという意見が。 インはラベンダーのブラウスで華やかさを。▼ ▼ ▼ 堅め企業では2位、柔らかめ企業では5位。華やかさが少し足りなかったみたい。 堅 社長もいるパーティーではジャケット、パンツ、パンプスが◎ 。パンプスのリボンはギリギリセーフ。(30代男性・製薬) 柔 これから着替えるの?と思ってしまう。ジャケットを脱ぐかスカートにするか、パーティー感を。(30代女性・広告代理店) う~ん、絶対ハズさないと思ってたけど、華やかさもないと逆に地味な印象になっちゃうんだなぁ。TPOに合わせた、きちんと感・華やかさのバランスが必要なんだね。 [1位] ジャケット(一部店舗のみで販売)¥9990/UNIQLO(INES DE LA FRESSANGE) ブラウス¥10000・スカート¥13000/Noela イヤリング¥1600/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥24500/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥13800/ジオン商事(スリーフォータイム) 靴¥15000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) [2位]ニット¥15000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカート¥8990/プラステ ピアス¥2400/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥24000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥45000(ダイアナ)・靴¥20000(タラントン by ダイアナ)/ダイアナ 銀座本店 [3位]ワンピース¥89000/ランバン コレクション 時計¥18000/シチズンお客様時計相談室(ウィッカ) バッグ¥4990/AG バイ アクアガール 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) [4位]トップス¥3990・パンツ¥3990/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード イヤリング¥1600(スリーフォータイム)・バッグ¥13800(セピカ)/ジオン商事 時計¥59000/シチズンお客様時計相談室(シチズン クロスシー) 靴¥7900/UNRELISH [5位]ジャケット¥15000/プラステ ブラウス¥8000/MERCURYDUO ルミネエスト新宿店 パンツ¥8900/RD ルージュ ディアマン 時計¥50000/シチズンお客様時計相談室(シチズン クロスシー) バッグ¥4990/AG バイ アクアガール 靴¥6900/RANDA モデル/高田里穂 金城茉奈 撮影/伊藤大作(The VOICE)ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/辻村真理 イラスト/村澤綾香 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ UTUWA 
  • ~4か月超ぶりに、土星逆行が終了しました・・。水星逆行については、何度もこのブログで書いていましたが、じつはずっとずっと、私たち、”土星逆行”にも苦しんでいたんです~こちらの写真は何かと申しますと、私の愛読書のひとつ(?)、天文歴でございます。 太陽、月、そして8つの惑星がどのような軌跡をたどっているのかという天文学的な事実を、しっかりと記号と数字で表したものですが、占星術師の仕事とは、この表をどう「読み解くか」または、「翻訳をするか」ということに尽きます。 占い師さんによって、違うこと言ってるように思える~、というのは、実はその「翻訳の仕方」に、個々の味があるからなのですね。 ・・とちょっと話はそれましたが、この本の中の、黒っぽく反転している部分。 それは、その惑星が「逆行している」のを、分かりやすく示したものです。 とはいえそれは、あくまでも地球から見た場合の話ではあります。 ただ、何かの惑星が「逆行している」とき、その惑星の持つ意味の事柄が、なんとなく逆風を受けていたり、停滞ムードにあったり、という意味があるといわれています。 それにしても、こうしてみると、2019年のこのところ、逆行している外惑星がめっちゃ多い、ということがわかりますね・・。 ところが、まさに本日、ひとつ逆行が終わった、惑星があります。 それが、土星です。 土星の意味するところは、大まかな意味での「お仕事」。 ひとつひとつ、仕上げるべきこと。 少しずつ、努力していくこと。 一歩一歩、前へと進むべきもの。 それらが、”逆風ぎみだった“ということは、何をするにしても、 3歩進んで2歩下がる。 ならまだしも、3歩進んで、4歩も5歩も下がる。 ・・など、なかなか大局的にみて「こうあってほしい」という物事が進まないケースが多かったのではないかと推察されます。 いつから土星が逆行していたのかといいますと、それはなんと5月1日から(!)でした。 まさに令和時代に突入してから、なんとなくずっと、みんな大変だったということ・・・? そういわれてみれば、確かに、世の中でもいろいろな事件や事象がありました・・。 しかし、土星が順行を始めようとした昨夜くらいから、たとえばですが「日米貿易摩擦がちょっと緩和?」など、少し停滞しきっていた物事が緩み始めたのかも・・という兆しがあります。 ところで。 私はやぎ座ですが、やぎ座の守護星は土星です。 ですから、土星の影響はもろに受けるわけですが、この時期はなかなか、個人的にもいろいろと力仕事が多く、汗ばかりかいてるわりに、進んだかどうかわからないという物事が多かったように思います。 ただただ前へ進むのではなく、途中で転んでしまうゆえに、起き上がって、また身なりを整えて・・・というプロセスも多かったですね。 なるほど土星には、「修行」という意味もあるのです。 影響を受けやすい星座としては、やぎ座に限らず、活動宮である、かに座さん、天秤座さん、牡羊座さんも比較的、いろいろとあったかもしれませんね。 土星が順行になったということは、これからはやや、物事も少しスムーズに? 一歩進めば、一歩分。 または、半歩進んだら、オマケのように0.75歩進めた! ・・みたいなこともあるかもしれません! 10月に入れば、もう一つの朗報も。 どうやら一番外側の惑星(※天文学的には、惑星というカテゴリーからははずされてしまったのですが、占星術上は、まだ入っております)、冥王星も順行を始めます。 冥王星は、権力者など見えない大きな力を表すことも。 ですからもっと、なんらかの根本的な緊張緩和の動きが、世界的にも、あるかも・・と予測をしているのですが、どうでしょう。
関連キーワード

RECOMMEND