岸本セシルは“印象的な赤”メイクでカジュアル服でも色っぽく♡ モアモデルズの「2018年、これが私の"のぼり坂フェイス"」
DAILY MORE

「2018年は、どんな女性でありたいか」。そんな彼女たちの目標を、メイクで表現。そこにはたくさんの、“キレイの曲がり角”を超えた先の“のぼり坂メイク”のヒントが詰まっていました。

【岸本セシルは、この顔でのぼり坂★】服はカジュアル、なのに色っぽい“印象的な赤”を味方につける。

「いろんな服を試してきたけど、私はやっぱりカジュアルが好きなんです。でも2018年は28歳にもなるし、色っぽさも意識したい。そんな時にオンナを上げてくれるのって、私の中ではダントツ“赤い唇”。でも“赤リップ=色っぽさ”の方程式でただ塗るだけじゃ、頑張ってる感じが出ちゃってカジュアルな服とチグハグになっちゃう。だからほかのパーツは、リップを引き立てるようにシンプルに。目もとは薄く黄色をのせて彫りを深く見せたり、まつ毛と眉頭に同じマスカラを使って統一感を出してみたり……。そんな大人の“ちょうどよさ”を、メイクでも表現できる女性になりたいです」(セシル)

ニット¥38000/フリークス ストア渋谷(アイラブミスターミトンズ) リング¥30000/エナソルーナ神宮前本店

★セシルの“印象的な赤”メイクのポイント!

リップは指でなじませる。輪郭をぼかすことで強さとはかなげを演出

★セシルの“印象的な赤”メイクに使ったアイテムはこちら!

【1】質感の異なる、ふたつの側面を持つブラシがポイント。まつ毛に触れる面を使い分けることにより、さまざまな仕上がりをつくり出せる。ピュア カラー エンヴィ ラッシュ マルチ エフェクト マスカラ 01¥4000/エスティ ローダー 

【2】マットなイエローと、パールのオレンジが一本になったアイカラー。単色でも、重ねても◎。RMK Wウォーターアイズ カラーインク 07¥3800/RMK Division 

【3】左のバームを塗ってから色のついたパウダーをのせるという、新感覚のアイテム。「リップを塗る」行為すら楽しいものに。プードゥル ア レーヴル #415(数量限定発売)¥4400/シャネル

メイクを変えたら、なりたい自分に近づけた! モアモデルズの「2018年、これがわたしの“のぼり坂フェイス”」♡

MORE2018年2月号では、モアモデルズたちがなりたい自分をイメージして、最新コスメでNEWフェイスに変身! その写真と共に、メイクのポイントや使ったアイテムも紹介します♡ 読めばあなたの毎日のメイクにもきっと役立つはず! さあ、今すぐチェック♪

モア2月号


SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND