たこ焼きプレートで「しゅうまい」! 肉汁とシーフードのうまさ広がるレシピ

DAILY MORE

肉汁とシーフードのうまみにきゅん!『あつあつシーフードしゅうまい』

使用したホップレ:コンパクトホットプレート¥9900/BRUNO

材料(3〜4人分:しゅうまい24個分)
玉ねぎ…………………………¹⁄₂個(約100g)
かたくり粉……………………大さじ2
豚ひき肉………………………300g
A すりおろししょうが……小さじ1
A 酒…………………………大さじ2
A 砂糖………………………大さじ1¹⁄₂
A しょうゆ…………………大さじ1
A ごま油……………………小さじ¹⁄₂
A 塩…………………………小さじ¹⁄₂
A こしょう…………………少々
冷凍ミックスベジタブル……大さじ4
しゅうまいの皮………………24枚
冷凍シーフードミックス……100〜120g
水………………………………60㎖
しょうゆ………………………適量
酢………………………………適量
からし…………………………適量

作り方
❶玉ねぎをみじん切りにして、かたくり粉をまぶしておく。
❷ボウルに豚ひき肉とAを入れて、粘り気が出るまでよく混ぜる。①と冷凍ミックスベジタブル(凍ったままでOK)を加えて軽く混ぜ、肉だねを作る。
❸ホットプレート用のたこ焼きプレートにしゅうまいの皮を敷き、下写真のようにくぼませたら、スプーン2本を使い肉だねを分け入れる。その上に、冷凍のシーフードミックス(凍ったままでOK)を軽く押し込むようにのせる。
❹③に水を回しかけ、ふたをして中温で15分ほど加熱したら完成(蒸している途中で水が足りなくなったら60㎖ほど水を足す)。
❺保温にして、あつあつを取り分けながらしょうゆや酢、からしをつけていただく。




撮影/田村昌裕(FREAKS) 料理&フードスタイリスト/岡本ゆかこ 取材・原文/衛藤理絵 構成・企画/西脇素子(MORE)

関連記事
  • 料理のプロがおすすめする大人なピリ辛鍋レシピをご紹介。キムチやラー油、とうがらし、花椒などの辛み食材を使った鍋は食べたらクセになりこと間違いなし!【目次】 ①豆腐とアサリ、豚バラ肉のチゲ鍋 ②豚肉ときのこ、豆苗のサンラー鍋 ③エビの辛味鍋 ④トマト入り火鍋 ⑤手羽キムチチゲ鍋 ⑥シンプルキムチ鍋 ⑦カレー味の牡蠣とニラ鍋 ⑧豆腐とニラのスパイス湯豆腐 ①豆腐とアサリ、豚バラ肉のチゲ鍋/坂田阿希子さんレシピキムチを使わず、合わせ調味料で辛さを調整するのがポイント。アサリから出ただしと、すっきりした辛味が大人の味。材料(3~4人分) 豚バラ肉(薄切り)……500g アサリ(砂出ししたもの)……400g 絹ごし豆腐……2丁 [A]   長ねぎ(みじん切り)……5cm分   にんにく(すりおろす)……1片分   しょうゆ、粉とうがらし(韓国産細挽き)、ごま油……各大さじ2 水……800㎖〜1ℓ 塩……小さじ1/2 ごま油……大さじ1 作り方 1. 豚肉は4~5㎝長さに切り、豆腐はザルに上げて水気をきる。Aを混ぜ合わせておく(全部は使わない)。 2. 鍋にごま油を熱してAの半量を炒め、アサリを加えてざっと炒める。水を加え、煮立ったらアクをとる。 3. 豆腐をおたまですくいながら加え、塩で味をととのえる。豚肉を加えてさっと煮て、残りのAは様子を見ながら、少しずつ加えていただく。好みで卵(材料外)を落としても。 ◎お豆腐はおたまなどですくう 豆腐は切らずに、おたまなどですくうのがおすすめ。断面がギザギザになって面積が広がり、味がよくからむ。角がないので煮くずれしないのもメリット。撮影/木村 拓 スタイリスト/駒井京子 取材・原文/海出正子 ※エクラ2020年2月号掲載  ②豚肉ときのこ、豆苗のサンラー鍋/坂田阿希子さんレシピ最初は澄んだスープに花椒を効かせて、途中から豆乳と練りごまで濃厚な味に。味変えが盛り上がる、変化する鍋。 材料(3~4人分) 豚バラ肉(薄切り)……800g 白まいたけ、しめじ、しいたけ、えのきだけ……合わせて600g 豆苗…… 2パック 鶏ガラスープ(鶏ガラスープの素約小さじ1を湯に溶いたもの)……1ℓ [A]  塩……小さじ1  しょうゆ……大さじ1~2  酢……大さじ2  花椒(砕いたもの)……小さじ2  ラー油、黒こしょう……各適量 豆乳、練りごま……各適量 作り方 1. 豚肉は長さを半分に切る。きのこ類は石づきをとり、食べやすい大きさに切るか、ほぐす。豆苗は根元を切る。 2. 鍋に鶏ガラスープを煮立て、豚肉を加えて煮立ったらアクをとる。きのこを加えて煮て、Aと豆苗を加えてさっと煮る。この段階で適宜いただく。 3. 豆乳、練りごまを加えて味を変え、好みでさらに黒こしょう、ラー油(各分量外)をふっていただく。◎豆乳と練りごまで味を変える 最初は鶏ガラスープをベースに素材の味を生かし、酸っぱ辛い味でシンプルに。次に豆乳と練りごまを加えて、白濁したスープでコクのある味わいに。撮影/木村 拓 スタイリスト/駒井京子 取材・原文/海出正子 ※エクラ2020年2月号掲載  ③エビの辛味鍋/小泉瑚佑慈さんレシピエビは必ず有頭殻つきを。殻ごと焼いて、香りをしっかり出すのがコツ。薬味は炒めることで風味がさらにアップ。材料(4人分) エビ(有頭殻つき)……8尾 長ねぎ……2本 厚揚げ……1枚 温泉卵(市販)……4個 [A]  しょうが(みじん切り)……小さじ1  にんにく(みじん切り)……小さじ1  赤とうがらし(小口切り)……1本分  ごま油……大さじ3  ラー油……適量 八方だし だし……1ℓ 薄口しょうゆ……40㎖ みりん……35㎖ 作り方 1. エビは背わたをとる。長ねぎは斜め薄切りにする。厚揚げはグリルまたはオーブントースターで焼き、8等分にする。 2. 鍋にごま油とAを入れて弱火にかける。香りがたったら、エビを入れてよく焼きつける。 3. 2に八方だしの材料を入れる。沸いたら、1の厚揚げと長ねぎを入れ、火が通ったら温泉卵を入れる。仕上げにラー油を回しかける。鍋奉行ポイント 薬味の風味をしっかり引き出してから、エビをよく焼きつける。殻の香ばしさが出て、魚介のくさみが消える。うま味も出るので、必ず有頭殻つきのエビを使うこと。撮影/合田昌弘 スタイリスト/肱岡香子 取材・文/北村美香 ※エクラ2019年2月号別冊掲載 ④トマト入り火鍋/小堀紀代美さんレシピ中国の寒い地方でよく食べるラム肉は、体を温める作用があるので冬にぴったり!しゃぶしゃぶ用なら切る手間もなく、ラクちん。薬味たっぷりでスパイシーな味に。 材料(3〜4人分) ラム肉(しゃぶしゃぶ用)……300g むきエビ……200g トマト……2個 長ねぎ……1/2本 【A】  塩……小さじ1/4  片栗粉……小さじ2  しょうがのすりおろし……小さじ1 【B】  乾燥なつめ……4個  水……5カップ  顆粒鶏ガラスープの素……大さじ1  塩……小さじ1/2  にんにく(つぶす)……2片  しょうがの薄切り……1片分  赤とうがらし(種を抜く)……5〜6本 【C】  香菜の粗みじん切り……適量  ごま油、塩……各少々 作り方 1. エビはたたいてAと混ぜ合わせる。 2. トマトは半分のくし形に切り、ねぎはブツ切りにする。 3. 鍋にBを入れて煮立て、①をスプーンで落として火を通す。2、ラム肉を加えて火を通し、Cを混ぜたタレをつけていただく。 撮影/福尾美雪 竹内章雄 日置武晴 三木麻奈 スタイリスト/駒井京子 池永陽子 大畑純子 肱岡香子 取材・文/海出正子 北村美香 赤澤かおり ※エクラ2018年2月号掲載 ⑤手羽キムチチゲ鍋/笠原将広さんレシピ手羽と煮干しのコラボで、極上のうま味が生まれる。スープまでしっかり飲み干したくなるおいしさ!! 材料(2〜3人分) 手羽元……6本 にら……1/2束 木綿豆腐……300g しいたけの薄切り……3枚分 長ねぎの斜め薄切り……1本分 キムチのザク切り……150g 【A】  水……5カップ  しょうゆ、みりん……各大さじ2  味噌……大さじ3  砂糖、コチュジャン……各大さじ1  煮干し……5g 作り方 1. にらは5㎝長さに、豆腐は食べやすい大きさに切る。 2. 鍋にAを入れ、火にかける。煮立ったら手羽と野菜を加える。再び煮立ったらさらに10分煮る。 3. 2に豆腐とキムチを加え、ひと煮する。 撮影/福尾美雪 竹内章雄 日置武晴 三木麻奈 スタイリスト/駒井京子 池永陽子 大畑純子 肱岡香子 取材・文/海出正子 北村美香 赤澤かおり ※エクラ2018年2月号掲載 ⑥シンプルキムチ鍋/な すんじゃさんレシピ材料(2人分) 豚肉(しょうが焼き用)……300g 白菜キムチ……400g 春菊(またはせり)……100g ねぎ……1本 豆腐……1/2丁 水……4カップ いりこ……適量 調味料  コチュジャン、粉唐辛子(韓国産)、酒……各大さじ2  濃口醤油……大さじ3  ごま油……大さじ1  しょうが(みじん切り)……3g  にんにく(みじん切り)……5g  こしょう……適量 作り方 1. いりこは頭と血合いをとり、水1カップ(材料外)につけておく。 2. 豚肉は食べやすい大きさ(大きめ)に切り、熱湯をかけて軽く脂を抜く。 3. 豆腐は厚さ2㎝ほどの食べやすい大きさに切る。白菜キムチは長さ4㎝、幅3~4㎝に、春菊は食べやすい大きさ、ねぎは斜め2㎝に切る。 4. 調味料を合わせる。 5. 鍋に白菜キムチ、豆腐、ねぎ、春菊を並べ、豚肉といりこを鍋の真ん中に並べ、水を入れる。 6. 鍋を火にかけ、具材が煮えてきたら調味料を溶き入れる。 撮影/大槻夏路 ※エクラ2014年2月号掲載 ⑦カレー味の牡蠣とニラ鍋/林高太郎さんレシピカレーにはクセのある野菜が合う。スパイスの香りに包まれた牡蠣とニラの、大人の味わい。 ベース材料(作りやすい分量) 水……1ℓ カレールウ(好みのもの)……100g 昆布(3㎝角)…… 1 枚 薄口しょうゆ……小さじ2 塩…… 少々 ベースの作り方 鍋に水、昆布を入れて沸かし、カレールウを溶かし入れる。薄口しょうゆと塩で味をととのえる。仕上げの材料(2人分)と作り方 ベースを温め、約4㎝長さに切ったニラ(1/2束分)、食べやすく切った豆腐(1/2丁分)、しめじ(1/2パック)を軽く煮て、牡蠣(生食用 1パック〈8個〉)をしゃぶしゃぶしていただく。 ◎“カレー出汁(ベース)”のアレンジ 牡蠣のかわりに鶏もも肉を加えてカレーうどんに。クミンや黒こしょうなどを追加してスパイシーに仕上げても。撮影/合田昌弘 取材・原文/北村美香 ※エクラ2020年2月号掲載  ⑧豆腐とニラのスパイス湯豆腐/冷水希三子さんレシピおなじみの湯豆腐に花椒と八角を効かせ、辛味と香りを楽しんで。ごまダレや腐乳をつけると味のアクセントに。材料(2~3人分) 豆腐……1丁 ニラ……1/2束 塩……少々 [A] 水……400㎖ 昆布……10㎝角1枚 八角……2個 花椒……小さじ1 ごまダレ 白ごまペースト……大さじ3 砂糖……小さじ2 薄口しょうゆ……小さじ2 長ねぎのみじん切り……小さじ2 腐乳……適量 作り方 1. 鍋にAを入れて弱火にかけ、ゆっくり煮出す。ニラは5〜8㎜幅に切る。 2. ごまダレの材料をすべて混ぜ合わせ、腐乳とともに小さな器に入れる(好みで腐乳を溶かしても)。 3. 1の鍋に豆腐を丸ごと入れて塩を加え、ふたをして弱火で豆腐の中までよく温める。ニラを加えて再びふたをし、火を止めて蒸らす。 4. スプーンなどで豆腐をくずしながら取り分け、ごまダレ、腐乳をつけていただく。 鍋奉行ポイント 花椒は最近ブームの「しびれ鍋」に使われる、辛味とさわやかな香りをもつスパイス。エキゾチックな香りの八角と合わせて、湯豆腐の湯に加えて香りをつける。撮影/伊藤徹也 取材・文/海出正子 ※エクラ2019年2月号別冊掲載 >>冬の鍋レシピ一覧はこちらから
  • まだ間に合いますよ!今日買えました! 「内側から美と健康を作る福袋」として私は昨年に続き予約しました。 明日、朝9時から最後の予約分が始まります。ラストチャンスですよ〜 おいしいものにこだわったものづくりを行う株式会社セゾンファクトリーが通常価格に比べ2倍以上お得な「セゾンファクトリー2022年福袋」3種類をセゾンファクトリーWEBショップにて発売。 ■セゾンファクトリーから感謝の気持ちを込めて!人気商品を詰合せた満福(まんぷく)を約束する福袋全ての福袋にはセゾンファクトリーの人気商品「リッチスタイルドレッシングにんじん」と「飲む酢マスカット」が必ず入っています。福袋は全商品が送料無料。 https://www.saisonfactory.co.jp/event/luckybag2022.html?_ga=2.36638112.1402072463.1638574231-1933494059.1638574231 今朝、私は9時にアクセスして10800円と5400円の2つを購入、5分以内に完売していました。毎年買って本当にお得で良いと思っている数少ないリピート福袋。 今年の年頭に現地の工場がある場所とオンラインで繋いで取材をさせていただき厳選された旬の野菜や果物などから作られる製品にとても安心感をいただきました。 誰がどこで作っている製品かわかると口にする時、安心ですよね。当たり前の事実ですが口に入れるものから体が作られています。 毎年、製品のカラフルな色合いで福袋を開けた時に本当に嬉しくて幸せな気持ちになっています。 ドレッシングや飲む酢、ジャムなど野菜をとるきっかけになるアイテムも多く、発酵系も入っているといいなあと来年の福袋を楽しみにしています。 お店で購入して持ち帰る手間もありませんし、配達の指定日も12/31から1月初旬まで選べてありがたかったです。 商品名:セゾンファクトリー2022年新春福袋2000/5000/10000内容量:2022年新春福袋 2000:人気商品4点入り2022年新春福袋 5000:人気商品14点入り2022年新春福袋 10000:人気商品27点入り価格:2,160円、5,400円、10,800円(全て税込)※送料無料販売先:セゾンファクトリーWEBショップ本予約受付:2021年12月3日(金)、4日(土)(終了) 12月5日(日) 午前9時~(予約は残り明日のみ!!)お届け日:2022年1月2日(日)~5日(水) ※ご指定がない場合は全て1月2日(日)着となります。 *トップ画像は取材時にご許可を得ていただいております。    こちらは予約完了の証拠写真です!
  • 海外旅行気分も味わえる満腹至福の鍋レシピをツレヅレハナコさんに教えていただきました。今回は、フランス・アルザス地方の伝統料理シュークルート風鍋と、韓国発のピリカラ鍋カムジャタンをお届けします。 1.シュークルート風鍋 アルザス地方の伝統料理。塩漬けキャベツを乳酸発酵させるのが本式だけど、“時短酢漬け”で作るゆえに軽快な味わい! フランクフルトと相まってどこまでも食べられる無限キャベツ●材料(4人分)フランクフルト……4本ベーコン……4枚玉ねぎ……1/2個赤パプリカ……1/2個 しめじ……1/2パックにんにく……1かけ バター……20g 水……1ℓ[酢漬けキャベツ]キャベツ……1/2個(約500g)塩……小さじ2 酢……90㎖砂糖……大さじ2黒こしょう(粒)……大さじ1ローリエ……2枚ディジョンマスタード……適量●作り方①[酢漬けキャベツ]を作る。キャベツをせん切りにしたら塩をまぶし、耐熱容器に入れる。ラップをかけ、電子レンジ(600W)で3分加熱する。粗熱が取れたら水けをしぼり、ほかの材料を混ぜて15分以上おく。②ベーコンは5㎝幅に、玉ねぎはくし形切り、赤パプリカは1㎝幅の細切り、しめじは小房に分ける。にんにくはつぶす。③鍋にバターを入れて中火で熱し、にんにく、ベーコン、玉ねぎ、①のキャベツの順で炒める。水を加え、20分ほど煮る。しめじ、パプリカ、フランクフルトを加え、弱火で約5分煮たら、器に盛る。マスタードを添える。 2.カムジャタン 韓国発、じゃがいもとスペアリブが主役のピリ辛うま鍋。ホクホク、メルティ…いろんな表情のじゃがいもに出会って。 骨つき豚のうまみがじゃがいもやスープにしみ渡る●材料(4人分)豚のスペアリブ……500gじゃがいも……4個ねぎ……1/2本にら……1/2束水……4カップ白すりごま……大さじ3[合わせ調味料]すりおろしにんにく……1かけ分味噌……大さじ3コチュジャン……大さじ3酒……大さじ3一味唐辛子……小さじ1/2●作り方①鍋に湯(分量外/肉がかぶるくらいが目安)を沸かし、スペアリブを入れて表面の色が変わるまでゆで、ザルに上げる。[合わせ調味料]の材料を混ぜておく。じゃがいもは皮をむき、大きければ半分に切る。ねぎは1㎝幅の斜め薄切り、にらは4㎝の長さに切る。②鍋にスペアリブ、水、合わせ調味料、じゃがいもを入れ、ふたをして40分煮る。途中、じゃがいもが煮くずれそうなら器にとる。ねぎを加えて3分ほど煮て、にらをのせ、白すりごまをかける。 撮影/伊藤徹也 スタイリスト/中里真理子 調理/ツレヅレハナコ 取材・原文/広沢幸乃  ※BAILA2021年12月号掲載 教えてくれたのは 文筆家 ツレヅレハナコさん 強靭な胃袋を持ち、お酒とお酒に合う料理への愛にまみれたインスタグラム(@turehana1)が人気。近著は『ツレヅレハナコのお取り寄せ』(立東舎)。
  • コクとまろやかさがおいしい味わいの豆乳鍋は、健康や美肌効果もあり女性に大人気!ほっこりした甘さで心も体も温まる、寒い冬に食べて欲しいおすすめ豆乳鍋レシピをご紹介。【目次】 料理家 ウー・ウェンさんのレシピ ①納豆と春菊の豆乳鍋 ②厚揚げとにんじんの豆乳鍋 ③豆乳と白菜の葉、豆腐の鍋 ④カリフラワー豆乳鍋 料理家 小堀紀代美さんのレシピ ⑤豆乳きのこ鍋 料理家 冷水希三子さんのレシピ ⑥豆乳とアサリの豆乳鍋 渋谷『高太郎』店主 林 高太郎さんのレシピ ⑦アサリと豚肉の豆乳鍋 料理家 堤人美さんのレシピ ⑧タラときのこのレモン豆乳鍋▼料理家 ウー・ウェンさんのレシピ ①納豆と春菊の豆乳鍋 納豆と豆腐、豆乳の大豆三兄弟で栄養価たっぷり、体が温まる一品。朝食や深夜食にもおすすめ。材料(2人分) 納豆…… 60g 春菊…… 1束 絹ごし豆腐……1丁(300g) 豆乳……2カップ 水……1カップ 粗塩……小さじ2/3 作り方 1. 春菊は2㎝長さに切る。 2. 鍋に豆腐を入れて軽くつぶし、水と豆乳を加えて火にかける。煮立ったら弱火にし、10分煮る。春菊、納豆を入れてさっと煮て、粗塩で味をととのえる。◎豆乳は混ぜつつ火入れを 豆乳と水、豆腐を入れたら中火にかけて、沸く寸前に弱火にする。膜(湯葉)ができないように、煮立たせず、ときどき静かに混ぜるのがポイント。 撮影/三木麻奈 スタイリスト/大畑純子 取材・原文/北村美香 ※エクラ2020年2月号掲載  ②厚揚げとにんじんの豆乳鍋豆乳と厚揚げだから「親子鍋」!豆乳がにんじんの甘味を引き出して、なめらかで上品な味わい。 材料(2〜3人分) 厚揚げ……1枚(約300g) にんじん……2本 豆乳.……2カップ 粗塩…….小さじ1/3 【タレ】 粗塩+ごま油(1:1の割合で混ぜる) 作り方 1. 厚揚げは1㎝厚さに切る。 2. にんじんは皮をむき、スライサーで細く切る。 3. 鍋に豆乳、1を入れて中火にかける。吹きこぼれないように煮立たせ、弱火にし、5〜6分煮る。粗塩で味をととのえ、2をのせて蓋をし、にんじんがしんなりするまで煮る。タレを添えていただく。 撮影/福尾美雪 竹内少雄 日置武晴 三木麻奈 スタイリスト/駒井京子 池永陽子 大畑純子 肱岡香子 取材・文/海出正子 北村美香 赤澤かおり ※エクラ2018年2月号掲載 ③豆乳と白菜の葉、豆腐の鍋体の調子を整える豆乳+豆腐の黄金コンビに、ビタミン豊富な白菜。素材のうま味を味わいながら、免疫力も高めてくれる。材料(4人分) 豆乳……3カップ 絹ごし豆腐……1丁 白菜の葉のせん切り……4枚分 粗塩…… 少々 柚子こしょう……適量 作り方 1.鍋に豆腐を入れ、軽くつぶす。豆乳を注いで火にかけ、こぼれないように煮立たせたあと、弱火で10分ほど煮る。 2. 1に白菜の葉のせん切りをのせて、2分ほど煮る。粗塩で味をととのえ、柚子こしょうでいただく。 ◎薬味は「柚子こしょう」 さわやかな辛味は豆乳の優しい味わいのアクセントに。甘味をいっそう引き立てる。撮影/大山克己、合田昌弘、上原ゆふ子 取材・文/北村美香 ※エクラ2017年2月号掲載  ④カリフラワー豆乳鍋材料(1人分) カリフラワー…… 1 個 豆乳……2カップ 粗塩……小さじ1/5 粗挽きこしょう……少々 作り方 1. カリフラワーは茎に十文字に切り目を入れる。 2. 鍋に豆乳、1を入れ、蓋をして弱火にかける。沸騰したら蓋をずらして、カリフラワーが軟らかくなるまで約15分煮る。 3. 塩で薄味に仕上げ、こしょうをかける。好みで塩をかけながらいただく。 締めは「雑炊」鍋にごはんを入れて軽く煮て、器に盛り、豆板醤をのせる。撮影/三木麻奈 ※エクラ2017年2月号掲載 ▶︎料理家 ウー・ウェンさんのレシピをもっと見る▼料理家 小堀紀代美さんのレシピ ⑤豆乳きのこ鍋台湾の朝ごはん、シェントウジャンのような優しい味のヘルシーな鍋。豆乳を煮立たせないのがポイント。材料(3~4人分) がんもどき(小)……6 個 まいたけ……3パック エリンギ……2パック えのきだけ……1パック [A]  長ねぎ、ザーサイのみじん切り……各45g  干しエビのみじん切り……15g  香菜のみじん切り(根もよく洗って使う)……1株分 [B]  豆乳(無調整)、水……各600㎖  しょうゆ……小さじ1½  塩……小さじ3/4 太白ごま油……大さじ2 黒酢(または酢)、ラー油……各適量 作り方 1. エリンギとえのきだけは石づきをとり、まいたけとともに食べやすくほぐすか手で割く。 2. 冷たい鍋に太白ごま油とAを入れて火にかけ、香りがたって長ねぎがしんなりするまで炒める。 3. B、がんもどき、1を加え、弱めの中火で煮立たせないようにして沸騰直前まで煮る。スープとともに取り分け、黒酢とラー油をたらしていただく。【ポイント】 食べるときに黒酢を加えると豆乳が分離しておぼろ豆腐のようになり、独特の食感が楽しめる。ラー油で辛味を効かせるとメリハリのある味に。撮影/邑口京一郎 スタイリスト/駒井京子 取材・原文/海出正子 ※エクラ2021年2月号掲載 ▶︎料理家 小堀紀代美さんのレシピをもっと見る▼料理家 冷水希三子さんのレシピ ⑥豆乳とアサリの豆乳鍋台湾の朝ごはんのイメージの鍋。豆腐の中までしっかり温めるのがコツ。ラー油の辛味でメリハリをつけて。材料(2 人分) 絹ごし豆腐……1丁 アサリ……200g 【A】 豆乳……300㎖ だし……200㎖ 薄口しょうゆ…….小さじ1/3 ごま油……適量 ラー油、塩(好みで)……各少々 作り方 1. アサリは砂抜きをし、殻ごとよく洗う。 2. 土鍋にAと丸ごとの絹ごし豆腐を入れ、アサリを加えて中火にかける。アサリの口が開いて、豆腐が温まるまで煮る。 3. 豆腐を大きいスプーンなどでくずし、ごま油を少し回しかける。好みでラー油と塩をつけていただく。撮影/福尾美雪 竹内少雄 日置武晴 三木麻奈 スタイリスト/駒井京子 池永陽子 大畑純子 肱岡香子 取材・文/海出正子 北村美香 赤澤かおり ※エクラ2018年2月号掲載▶︎料理家 冷水希三子さんのレシピをもっと見る▼渋谷『高太郎』店主 林 高太郎さんのレシピ ⑦アサリと豚肉の豆乳鍋出汁(ベース)を沸かしてから豆乳を加えること。豆乳を加えたら分離させないために、弱めの火で沸かさないように温めて。 ベース材料(作りやすい分量) アサリ(殻つき・砂出しずみ)……500g だし(昆布とかつおの合わせ)……400ml 酒……200ml 塩…… 少々 ベースの作り方 だしと酒を鍋に入れて沸かし、アサリを加えて殻が開いたら味を見ながら塩を加える。仕上げの材料(2人分)と作り方 1. ベースを温め、豆乳(300㎖)、石づきをとったえのきだけ(1/2パック)を加えて、白すりごま(適量)をたっぷりふる。 2. 豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用 200g)をしゃぶしゃぶする。 ◎“アサリ出汁(ベース)”のアレンジ 途中で豆板醤(トウバンジャン)やラー油、柚子こしょうを入れて、味変させても。締めはうどん、そば、ラーメン、雑炊など。撮影/合田昌弘 取材・原文/北村美香 ※エクラ2020年2月号掲載 ▶︎渋谷『高太郎』店主 林 高太郎さんのレシピをもっと見る▼料理家 堤人美さんのレシピ ⑧タラときのこのレモン豆乳鍋豆乳のコクとレモンのさわやかな酸味が相性抜群! もろもろっとした食感が楽しい。タラのほか、鯛やアサリでも。 材料(2~3人分) タラ(生)……3 切れ 豆腐(絹ごし)……1丁 白しめじ……1パック レモン……1個 塩……少々 豆乳(無調整)……400㎖ 【A】  だし……400㎖ 酒……50㎖ しょうゆ……大さじ1 作り方 1. タラは3等分に切り、ザルに並べて塩をふり、10分ほどおいて出てきた水分をふく。 2. 豆腐は2㎝角に切り、白しめじは石づきを除いて小房に分け、レモンは半分に切る。 3. 鍋に豆乳とAを入れて弱めの中火にかけ、1のタラ、2の豆腐、白しめじを加えて煮込む。具材に火が通ったら、レモンを全部絞り入れていただく。 鍋奉行ポイント 豆乳入りのだしはグラグラ煮立てると膜ができてしまうので、火かげんに注意して。弱めの火で温めてレモンを1個分絞り入れると、豆乳がきれいに分離してもろもろになる。撮影/木村 拓 スタイリスト/佐々木カナコ  ※エクラ2019年2月号掲載▶︎料理家 堤人美さんのレシピをもっと見る>>冬の鍋レシピ一覧はこちらから
  • 秋の京都旅続編。今回は貴船の川床が有名な京懐石の喜らくをご紹介します。風情たっぷりの川床でこれぞ京都の情緒を味と目で楽しめます。長らく続いています京都秋の旅行記。 今回は鞍馬の川床で有名な貴船喜らくの京懐石ランチをご紹介します。 京都の風情を味わうにはやはり川床、ということで鞍馬まで行った先でのランチはこちらを予約。川床に期待を膨らませ向かいましたが、この日は天候不良により川床はお休み。 残念… こちらのお店以外もここの場所柄川床のお店が何軒も並んでいましたが、確かにどこも床板が外されていました。 それでも景観はやはり素晴らしく風情があって、近くの貴船神社に向かうまでも楽しめました。残念ではありましたが、店内の川が眺められる窓際のお席に。 床板は外されていますが、この提灯と簾と川の景色だけでもかなり風情はありました。まずは、先付け。 どれも丁寧に仕込まれていて味わい深く、これだけでもじっくり楽しみたくなります。 続いて、お吸物と向付。 お吸物は確か鱧の葛仕立てだったかと思いますが、お品書きを撮り忘れ定かではありません。 でも、素晴らしいお出汁が味わえたことは確かです。 向付も、新鮮な鮮魚を素晴らしい包丁さばきで調理されていて料理人の方の確かな腕を感じます。そして、こちらのお料理で個人的No.1だったのがこちらの子持ち鮎! お店でも夏は鮎が看板メニューのようではありますが、小ぶりながら感動的に美味しかったです。 窓から見ていたら、板前さんが川床の下の方まで降りてきて川に繋がっているであろう生け簀のようなところから生きた鮎を網ですくい上げていました。 そこから少し経ってこちらが提供されたので、目の前の川の生簀で直前まで泳いでいる鮎を焼いて出してくれていることがわかりました。 そんな新鮮な鮎なので、美味しいのは当然ですが、こちらもまた焼き加減や鮎の下拵えなど調理の妙が光っておりました。 蓼酢でいただきましたが、こちらも刺々しさのない品の良い酸味で鮎の旨味を邪魔することなく最高でした。 そして、お野菜と魚の天ぷら。 こちらの小魚が何だったのかは忘れてしまいましたが、丸かじりでさっくり食べることができて内臓の旨みまでじっくり楽しめる最高の味わいでした。こちらは涼しげな素麺。 添えられている椎茸や海老、温泉卵に至るまで全て丁寧に仕事がなされていて、たかが素麺とは言えないお料理でした。最後に、ご飯、赤だし、香の物。 赤だしは期待通りの〆に相応しい味わい。 そして、ちりめん山椒と柴漬けの美味しさにもノックアウトされ、メロンで締め括る。 ちりめん山椒と柴漬けはお店の手作りでお土産としても販売されていたので、両方ともゲットして自宅でも楽しみました。川床は夏だけではなく一年中やっていて、冬はこたつでお料理を楽しめるようです。 冬は、すき焼きや鍋料理もあるようなので冬の川床も行ってみたいなと思っています。 京都の中心からは少し離れた場所ですが、鞍馬ならではの風情が楽しめておすすめです。 ぜひ、京都観光の際に行ってみてください。 貴船 喜らく今回も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。 インスタグラムも更新中です。下の写真からクリックして見ていただけたら嬉しいです!フォローもぜひぜひよろしくお願いします☺︎No.179 Ikumi
  • こんにちは、shokoです!先日行った1泊2日の紅葉京都旅のレポをご紹介したいと思います。美味しいお店や名所にたくさん行ったのでこれから京都旅行を計画してる方はぜひご覧いただけると嬉しいです^_^今回は1日目で巡った場所をご紹介します。いざ京都へ!それぞれの場所からの移動時間は?京都までの距離は私が住んでいる愛知(名古屋)からだと新幹線で30分、車で2時間半ぐらいです。車でも意外に近くて、ドライブ感覚で行けちゃいます!東京からは新幹線なら2時間ちょっとで到着しちゃいます!紅葉の名所・東福寺8時頃名古屋を出て、10時半には到着しました。最初に行った場所は『東福寺』です。紅葉の名所の1つで2000本のカエデが植えられているそう。とっても行きたかった場所です。京都駅からは車で10分程、清水寺より南に位置しています。こちら、臥雲橋から見た名所・通天橋の景色です。11月の上旬に行ったのですが、もう少し紅葉してました!綺麗〜通天橋も観光でき、拝観料は紅葉シーズン料金で1000円でした。  中に入っていくと一面素敵な景色が広がっていました、本当にずっと見ていられる〜こちらは通天橋に行く途中の景色です。通天橋からの景色!これも充分素敵ですが、もう少し紅葉が深まったら真っ赤で更に綺麗なんだろうな〜東福寺の周りには『本坊庭園(方丈)』などの観光スポットもあります。お庭に水が張っているように見せる技法、枯山水。昔の人の技術、本当に素晴らしいなと京都のお寺に来た際はいつも感動してしまいます。東福寺後は、京都ラーメン!さあ、東福寺を観光した後はお昼ご飯!京都といえば、ラーメン!も有名ですよね。ビブグルマンにも掲載されている人気のラーメン屋さんへ行きました^_^四条付近にある『麺屋 猪一』さんへ東福寺から車で15分程度な所にあります。平日の12:00頃到着して10人ぐらい並んでいました。並んでいる間に注文を聞いてもらえるので席に着いたらすぐラーメンが到着!魚介出汁100%で、さっぱりしていてするする食べられちゃいました。味変で柚子やとろろ昆布もお好みで追加できて、色んな味を頼めました。【麺屋 猪一】住所:京都府京都市下京区恵美須之町寺町通仏光寺下ル542休業日:休みなし営業時間:11:00-14:30    17:30-21:30(21:00LO)京都の新名所へ新風館、皆さんご存知ですか?昨年リニューアルオープンした商業施設で、エースホテルやカフェキツネ、BEAMSなどが入っている、とってもおしゃれな場所です。新風館の中には『Le Labo』さんもあります。世界中にある、その場で香水を調合して作ってくださるフレグランス屋さんです。他のお店にはないような香りもありお店中、とってもいい香りに包まれていました。ちゃっかり試供品までいただいちゃいました。その後は、cafe kitsuneで一服。このロゴやキツネの形をしたクッキーだけでテンションが上がりました。夜ご飯は京都のおばんざい屋さん新風館や周辺のお店屋さんをぶらぶらして夜ご飯へ、、1ヶ月ぐらい前から予約していましたがその時から17:00からしか予約が取れないような人気なおばんざい屋さん、『お数家 いしかわ』さんへ。カウンター席には美味しそうなおばんざいが並んでいて、どれにしようかとっても迷います、、頼んだものは、お店のメニューにあった表記は忘れてしまったので違うかもですが(申し訳ございません><)・肉じゃが・てっぱい(京都では有名な、魚介や野菜を味噌や酢で和えたもの)・九条ねぎと蛸の炒め物・締め鯖・揚げなすと麩の煮浸し・鱧の西京焼きどれも全部美味しすぎました。特に肉じゃがはじゃがいもが柔らかくて、具材に味が染み込んでいて、、カウンター越しでお料理を作っている姿が見られて、目の前におばんざいが並んで京都を感じられる素敵なお店でした。【お数家 いしかわ】住所:京都府京都市下京区高倉通四条下ル高材木町221-2休業日:不定休営業時間:17:30-23:00(日曜のみ22:00閉店)電話番号:075-344-3440ミシュランの洋食屋屋さんがやっている餃子店2軒目はミシュランを獲得されている洋食店『MOTOI』さんがやられている『モトイギョーザ』さんへ店主さんが仕事で帰りが遅くなってあまり会えない娘さんに何か出来ることはないかという思いで、娘さんが大好きな餃子を作ったことが発端で始まった餃子のようです。とっても素敵なエピソードですよね。娘さんのことを思ってにんにくを使用せず、調味料も極力無添加のものを使用して作られた安心安全の餃子のようです。何種類もある餃子の中で・モトイ餃子・プレミアムパパ餃子を注文しました。オリーブオイルと塩をつけて食べるスタイルという他とは違う餃子で、とても美味しかったです^_^【モトイギョーザ】住所:京都府京都市中京区柳馬場錦小路下ル瀬戸屋町470-2休業日:月曜休み営業時間:11:00-20:30電話番号:050-5869-9198(予約不可)1日目終了、お宿へ綺麗な名所や美味しいご飯を堪能して、本日のお宿へ今回は『カンデオホテルズ京都烏丸六角』さんに泊まりました。古民家をリノベーションしたような京都らしさを感じられる、素敵なホテルでした。1階には宿泊者であれば、誰でも使える休憩スペースがあります。和を感じながら、ゆっくりできました。なんと、温泉もサウナもあります!日本の方だけでなく、海外の方も喜んでくれそうな素敵なお宿です。それなのにコスパもよくお洒落さ、コスパどっちも重視したい!という方にもおすすめのホテルです^_^【カンデオホテルズ京都烏丸六角】住所:京都市中京区六角通烏丸西入骨屋町149電話番号:075-366-2377 15:00〜チェックイン可(駐車場はありませんが、提携駐車場も予約でき、周辺にもコインパーキングがたくさんありました。)いい1日目を過ごすことができました。次回の記事では2日目に巡った京都の観光スポットや、ご飯屋さんを紹介します!ぜひ続きをお楽しみにしていてください!最後までご覧いただき、ありがとうございました^_^Instagramもやっているので是非覗いてみてください!shoko Instagramリンク
  • さまざまな理由でクローゼットに眠る洋服も、色が変わるだけでぐっと新鮮な表情に生まれ変わる。大切な服をより長く楽しむために、信頼できる染色サービスと、自分で挑戦するときのHow Toを知っておこう。 静岡県磐田産のコーデュロイ生地は藍との相性がよく、美しく発色する。写真左上のコーデュロイジャケット¥28,000・机の上のコーデュロイハット¥8,000・バンダナ¥6,800・椅子の上のストール¥18,000・奥のテーブルにかかったコーデュロイパンツ¥22,000/Watanabe’s  染め替えることで古着をアップサイクルし、店舗で販売。左手奥の水色シャツ¥5,500/D&DEPARTMENT  ムラ状になった黒染めによって、奥行きのある表情に。正面奥のジャケット(参考商品)/KUROZOME REWEAR KYOTO その他/スタイリスト私物KUROZOME REWEAR KYOTO 京都で100年以上続く黒染めの老舗によるアップサイクルプロジェクトとは?工房を見学し、"染め替え"の魅力を聞いた。 黒をより暗く、深く見せる、黒紋付の染め技術で洋服が蘇る 日本の伝統的な正装、黒紋付だけを100年以上染め続けてきた「京都紋付」。1970年代の最盛期には黒紋付の業界で年間300万反も染めていたが、近年では年間5000反にもいかないほどに。そんな中、「このままでは黒染めの技術が途絶えてしまう」との想いから、4代目の荒川徹さんが2013年にスタートさせたのが、京黒紋付の技術で洋服を染め替える事業「KUROZOME REWEAR KYOTO」だ。ここ数年は、世の中のSDGsに対する取り組みと相まってますます注目される存在に。WWFジャパンとセカンドストリートともコラボし、「PANDA BLACKプロジェクト(※2016年に終了)」として、衣類を黒く染めて再生させる事業をスタート。この染め替えの受け付けはセカンドストリートの店舗で行われた。2020年には染め替え事業「Kプロジェクト」を開始。これまで重量別だった染め料金を、アイテム別の価格に変更し、新たなスキームとして再スタートを果たした。そのほか、ミハラヤスヒロやアンリアレイジなど、さまざまなブランドの製品の黒染め加工も手がけている。 黒染めで染まるのは綿、麻、シルク、羊毛、レーヨン、キュプラのみで、これらの素材が50%以上含まれている場合のみ受け付け可能になっている。「合成繊維だと黒くならないで、混率によってはグレーに染まるし、樹脂加工やシワ加工されていたら、ムラに染まったり。それがまたかっこいいんです」と、荒川さん。さらに、縫製糸やボタンホールにはポリエステルが使用されていることが多く、その部分は元の色のまま残ることも。天然素材100%以外は、染めてみないとわからない面白さもあるという。「着なくなった服を染めてもう一度着る、世界的にも珍しい取り組みです。ワールドワイドに"染め替え"を当たり前にしていきたいですね」1 大正4年創業「京都紋付」の4代目、荒川徹さん。長年の知識と経験をもとに、アパレルとして活用するための黒染めの研究を行う。2001年に洋装業界では例を見ない深い色合いの黒染めの開発に成功。国内外のさまざまなアパレルブランドの黒染め加工を請け負っている。2020年からは、染め替えを本格的にデザインとして提案する事業をスタート。ブランドと手を組み、販売段階から、黒染めをすることを前提とした、2度楽しめる服の製造に向けて取り組んでいる 2 染料作り。黒紋付の染色には従来、アゾ染料が用いられていたが、京都紋付ではいち早く反応染料に切り替えを。これまでの黒紋付は色落ちすることがあったが、反応染料を使うことで解消。反応染料で深い黒を表現することにも成功し、洋服の分野への進出を決めたと荒川さん 3 黒染めの工程が終了。生地に定着しなかった染料を洗い流したあと、乾燥し、独自の染色技法、深黒加工へ4 深黒加工を施すことで、より深い黒に仕上がる5 合成繊維の場合、茶色やグレーになることも6 会社の1階が黒染め工房に。染め替え可能な製品かどうかのチェックから始まり、染料作りや黒染め、天日干し、深黒加工、2度目の天日干しまで、黒染めは延べ6日がかりで行われる漆黒に染め替えした、淡いブルーのシャツ。素材が異なる糸の部分のみ青く残り、アクセントに Information●京都府京都市中京区壬生松原町51の1 TEL:075-315-2961(京都紋付)店舗はないので、黒染めの申し込みはオンラインにて受け付け。Tシャツ¥2,750~、納期は約1.5カ月 https://www.k-rewear.jp/somekae/?ca=1607070765-277293Watanabe’s 世界的に有名な、若き藍染めアーティスト集団「BUAISOU」。立ち上げメンバーのひとり、渡邉健太さんが代表を務めるオリジナルブランドを新たにスタート。 土壌づくりから始める真摯な仕事で藍を暮らしに寄り添う"残る"色に 青の美しさに魅了され、サラリーマンを辞め藍染めの世界に飛び込んだ渡邉健太さん。「BUAISOU」で活躍したのち、今一度「良質な藍作り」に向き合うべく独立。2018年に「Watanabe’s」を立ち上げた。選んだ地は、江戸時代に藍の栽培が盛んに行われた徳島県の上板町。工房の隣で養豚場を運営している「有限会社NOUDA」と連携して肥料を作り、土地の改良から始めた。「理想的な色に仕上げるためには、良質な藍の乾燥葉を発酵させた"すくも"が必要不可欠。これを作るには、春の種まきから多数の工程を経て約1年かかります。そのすくもを使って作る藍染液は伝統的な"天然灰汁発酵建て"という手法によるもの。染色方法によっては産業廃棄物が出て、環境に悪影響だと問題視される現実がある一方で、この藍染めは自然のものだけを使った発酵による染め方。技術やノウハウをパッケージにして海外にも広めていきたいですね」 渡邉さんが目指すのは「残るものづくり」。持ち込みの染め替えのほか、ファッションブランドとの協業にも積極的だ。「藍を作ることから始まり、共感できる人たちと丁寧に生産する。いいものを作れば、日常に藍染めが溶け込みおのずと自分の色が残っていくと信じています」7 藍染液の中に洋服を漬け、空気を抜きながら均等に染み渡るよう軽くもみほぐしていく8 染めれば染めるほど、弱くなっていく染料液。生き物のように変化するため、毎日確認して、必要であれば発酵を促し整える。染まり具合が変わってくるため、液の状態を見極めながら、漬ける時間や回数を決め理想の色へと近づけていく9 洋服に使用する「しじら織」用の糸。糸の状態で染めると、布を染めるより表情豊かに。Allbirdsの靴や徳島の織布工場が織るデニムなど、共同での商品製作も行いながら藍染めの可能性を広げている10 Watanabe’sの代表、渡邉健太さん。洋服を藍染液に浸したあとは、引き上げて絞り、広げて一度竹の物干しに。空気に触れることで発色するため、しっかり酸化しているかチェック。漬けて、取り出して、広げてを何度か繰り返し、熟練の技術で色の濃さを調整しながら染め上げていく漂白剤で変色してしまったTシャツワンピース。藍色になりぐっと味わい深い佇まいに。プリントはなじむ場合としっかり残る場合がある Information持ち込みの藍染め料金は、洋服の重さ1gあたり¥30(ミニマム料金¥2,000)。郵送での対応も可能。問い合わせはすべて公式HPのContactへ。https://www.watanabezu.com/ D&DEPARTMENTによるファッションリサイクルプロジェクト 「ゴミ」と見なされたものを「デザイン」の力で蘇らせる 染め替えて洋服を再び着られるようにする取り組み「d&RE WEAR」がスタートしたのは2014年。きっかけは2013年に起きた「ラナプラザの悲劇」だとプロジェクト担当の重松久恵さんは語る。「安価で大量に作られるファストファッションの過酷な現場が表面化し、誰かの犠牲の上に成り立つ生産体制に疑問が生まれたんです。また繊維製品の廃棄量が多い日本にも課題は山積。そんな中で私たちにできることを模索しこの試みを始動させました。最初はリサイクル場からレスキューした衣服を染め直して販売することから始めたんです」 その後、持ち込みによる染め替えサービスも開始。毎年、春夏と秋冬の年2回受け付ける定期開催に加え、藍染めや泥染めなど日本各地の手法が体験できる特別染めも実施している。「お申し込み数やリピーター数は年々増えており、みなさんの意識の高まりをとても実感しています。"染める"という選択肢を提供することで、今ある洋服を"長く着続ける"楽しみにつながればと思っています」11 パートナー工房は墨田区にある「川合染工場」。ポリエステルなどの化学繊維は染まらないため、糸だけステッチのように残ったり、混合素材は薄い染め上がりになったり、元の服次第で異なる仕上がりになるのも染め替えの魅力のひとつ 12・13 定期開催の染め替えサービスは、定番の黒と紺に加え、毎回異なるシーズンカラーの3色から選択できる。流行色の傾向を参考に、次の季節を楽しめるよう担当スタッフがそのつど吟味。カナリアイエローやチェリーピンクなど鮮やかな色が登場するのもうれしいオフホワイトのクルーネックニットを、2021 SPRING SUMMERのシーズンカラー「マキアート」に。いっそうシックな表情に変化 Information次回の定期開催染め替えサービスは来春に受け付け。今後「琉球藍」の特別染めも実施予定。詳細は公式HPにて確認を。https://www.d-department.com/item/DRE_WEAR.htmlスタイリスト 小川夢乃さんと 実際に染めてみた ヴィンテージウェアやクラフトをこよなく愛する小川さん。前々からやってみたかった、自宅でできる"染め"にチャレンジ![教えてくださった方]somenova Information1890年創業の染料「みやこ染」販売専門店が運営する染色体験スペース。ワークショップや場所貸し、染料の販売などを行なっている。●東京都中央区日本橋小舟町 14の7 5F TEL:03-3662-5612 蛍光剤が落ち、純白がまだらに黄ばんでしまったニットロングカーディガン。素材はウール100%。ショップで見つけると、思わず手に取るほど大好きなグリーンに染め替えたい[用意するもの]a ボックス:ポリ容器や鍋など。洋服250gあたり10ℓの湯が必要なため、容量を要確認b ゴム手袋c 酢:染め液1ℓに対し約13㎖d 台所用液体中性洗剤e 染料:今回はシルク、ウール、ナイロンなどに適したECO染料「酸性みやこ染」を使用。洋服250gに対し1瓶(20g)。染めたい色の濃度によって量は適宜調整f スプーンg 500㎖計量カップh 1ℓ計量カップi 菜箸※素材によって相性のいい染料は変わります。洋服の表示ラベルをご確認ください※使用する染料によって、必要になるアイテムや量は変わります※色布を染める場合は、元の色が染め上がりに影響する可能性があります※ホーローやプラスチックなどは着色する恐れがあります。適宜養生してくださいムラなく染めるため、汚れやノリなどを落とした状態の洋服をしっかり水に浸す染料を入れ500㎖の熱湯で溶かす。溶け残りがないようにするのがきれいに染めるカギ85°C以上のお湯に2の染料と、染まりをよくする酢を入れ、染め液を作る洋服を染め液に浸す。20〜30分間菜箸でしっかり動かすとムラなく染まる染まったら取り出し、台所用液体中性洗剤を入れた30°C以上のぬるま湯で洗う泡と余分な染料を落とすために、何度かすすぎを繰り返す脱水をして、陰干し。乾いたら完成!中に着たニットキャミソール¥19,800・パンツ¥20,900/ロク 渋谷キャットストリート(ロク) その他/スタイリスト私物「こんなに鮮やかに染まるなんて驚き!」と小川さん。緑を生かすためほかのアイテムは黒に。首元をすっきりと開け、潔くまとめて。 SOURCE:SPUR 2021年12月号「"染め"革命」photography: Masahiro Sambe , Sadaho Naito (KUROZOME REWEAR KYOTO), Masataka Namazu (Watanabe’s), Yuka Uesawa (how to)  styling: Yumeno Ogawa coordination: Kanako Mori (Watanabe’s) text: Mai Ueno, Junko Amano (KUROZOME REWEAR KYOTO)
  • みなさん、こんばんは!MOREインフルエンサーズの乾ひかりです。 今回は東京駅でゲットした、津軽めんこい懐石弁当「ひとくちだらけ」をご紹介します*「ひとくちだらけ」とは?青森県・弘前駅で販売されている名物駅弁。五所川原市のお弁当屋さん、「つがる惣菜」によって作られています*「ひとくちだらけ」を目的に、遠方から弘前駅を訪れる人もいるんだとか! その名の通り、24種類ものメニューがひとくちずつ入っています◎ひとくちだらけ/1350円(税込)「ひとくちだらけ」はどこで手に入る?弘前駅のほか、東京駅の「駅弁屋 祭」、また大宮駅で売られていることもあるようです。 私は東京駅の「駅弁屋 祭」でゲット♡なんと東京駅「駅弁屋 祭」では、日々「つがる惣菜」がある五所川原市から運んできているため、店頭に並ぶのは夕方。数にも限りがあり、入荷後1時間で売り切れてしまう日もあることから「幻の駅弁」と呼ばれています! 19時前後にお店に並ぶことが多いという噂を聞いていたのですが、先日は16時過ぎに出会うことができました◎「ひとくちだらけ」の内容「ひとくちだらけ」のメニューは以下です* ほたて飯/イナリ寿司/しじみ御飯/若生おにぎり/くわ焼/牛バラ焼/豚みそ漬/牛源タレ焼/すしこ/紅鮭寿司/赤カブ漬/きゅうり漬/味噌おでん/煮物4点/たまご焼/菊のおひたし/煮ホタテ/茄子しそ巻き/ホタテ唐揚げ/鶏肉塩焼/カボチャ餅/黒石やきそば/酢ホタテ/イカメンチ終わりに:幻と化すことも納得の美味しさ!一度に24種類もの津軽の味を堪能できて、とっても幸せな気分に♡ どれも本当に美味しいのですが、私の一番のお気に入りは茄子しそ巻きでした◎ 幻の駅弁「ひとくちだらけ」に出合えたら、即ゲットがおすすめです!【「つがる惣菜」公式HP内 駅弁紹介ページ】【東京駅「駅弁屋 祭」公式HP】
関連キーワード

RECOMMEND