【今日のコーデ】<内田理央>きれい色のTシャツさえあれば定番パンツコーデが高見え♪

DAILY MORE

淡いラベンダーで色気をひとさじ♡夏っぽ小物も素敵に映えて

リネン調のタックパンツに風通しのいいロング丈シャツ。サラリとした着心地かつ爽やかな淡色コンビなら、一日じゅう気持ちよく過ごせそう。ベーシックな基本コーデができたら、インナーでワンランク上のしゃれ感をプラスしたいよね。そんな時に使えるのが今季豊作のカラーTシャツ! 甘さ控えめのラベンダーが大人女子でも使いやすく、たちまち品よく華やかな雰囲気に♡ コーデに上手くなじむ淡いトーンのきれい色を選ぶのがポイントだよ。ヒールサンダルできれいめ感をプッシュしたら、仕上げにインパクトのある夏小物をオン。ビッグモチーフの揺れピアスやストローハットで遊び心いっぱいに♪

Tシャツ¥7700/グッドスタンディング(リノ) シャツ¥3598・バッグ¥2598/Re:EDIT パンツ¥16500/LIFE's 代官山店(TODAYFUL) 靴¥24200/ルーニィ 帽子¥13200/メゾンドリリス ピアス¥2090/ジオン商事(スリーフォータイム)

内田理央の【今日のコーデ】をもっと見る>>




撮影/中里謙次 ヘア&メイク/川添カユミ(ilumini.) モデル/内田理央 スタイリスト/石上美津江 企画・原文/渡部遥奈(MORE) 撮影協力/Compartment. バックグラウンズ ファクトリー ※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。

関連記事
  • 近年、機械式時計にもレディースモデルが増え、本物志向のエグゼクティブ女性にふさわしい時計がますます充実。ビジネスシーンで一目置かれ、身につけるだけで自信がみなぎる、端正で知的な珠玉の名品時計を厳選。ロレックス、カルティエ、シャネル、フランク ミュラーetc.人気ブランド勢ぞろい! 【目次】 ①夏の手元に映える「カラーダイヤル」のウォッチ ②手もとに風格を与える「ラウンドフェイス」のドレスウォッチ ③大人の知性が香る「スクエアフェイス」のウォッチ ④大人の余裕を感じさせる「ブレスレット」ウォッチ ⑤女性らしいフェミニンさが魅力「トノー型」ウォッチ ①夏の手元に映える「カラーダイヤル」のウォッチCHANEL(シャネル)マニッシュさの中に凛とした女性像を物語る、クールブラック ツイードをモチーフとしたメタルストラップがスタイリッシュな「ボーイフレンド ツイード」。もともとメンズのワードローブからインスパイアされたシャネルのツイード。そのマニッシュさをきわだたせるブラック文字盤で、より洗練されたイメージに。 時計「ボーイフレンド ツイード」(34.6×26.7㎜、SS、クォーツ)¥583,000・リング「ココ クラッシュ」中指上(WG)¥166,100・中指下(WG)¥412,500・薬指(WG)¥301,400・イヤリング「ココ クラッシュ」(WG×D)¥660,000/シャネル シャツ¥36,300/マディソンブルーCARTIER(カルティエ)個性的なラウンドウォッチは、優しいピンクでほんのり甘く ピンクのギヨシェ彫りダイヤルと、ポリッシュされたステンレススチールブレスレットの、軽やかな組み合わせ。ダイヤルのカラーで変わる新鮮な表情を楽しんで。 時計「バロン ブルー ドゥ カルティエ」(33㎜径、SS、自動巻き)¥698,500・イヤリング「1895」(WG×D)¥884,510・リング「LOVE」人さし指(WG)¥137,500・薬指〈指先から〉(PG)¥128, 700・(WG)¥137,500/カルティエ カスタマー サービスセンター(カルティエ) Tシャツ¥17,600/エスケーパーズ オンライン(ポステレガント)PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)癒しが求められる時代に寄り添う、生命力あふれるグリーン 女性の機械式時計への関心を高めた「Twenty~4 Automatic」の今年の新作は、エレガントなオリーブグリーンのソレイユ文字盤。まばゆいダイヤモンドに取り囲まれ、上品に光を反射する。ホワイトゴールドの針と植字のアラビア数字にあしらわれた、夜光のホワイトがさわやか。 時計「Twenty~4 Automatic」(36㎜径、SS×D、自動巻き)¥3,201,000/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター(パテック フィリップ)ROLEX(ロレックス)植物が生い茂る色鮮やかな熱帯林。その生命力を思い起こさせるパームモチーフがあしらわれた、オリーブグリーンの文字盤が印象的な2021年モデル。優れた防水性をもつオイスターケースにふさわしい、夏らしさいっぱいのデザインは、海辺で過ごす休日にもよく似合う。 時計「オイスター パーペチュアル デイトジャスト 36」(36㎜径、オイスタースチール、自動巻き)¥743,600[予価・発売時期未定]/日本ロレックス(ロレックス)JAEGER-LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)自立した大人の女性の知的な内面を映し出す上質ブルー まばゆい夏の海にも、神秘的な夜空にも映える、美しいミッドナイトブルーの文字盤。これからの季節はレザーストラップからブレスレットにつけ替えて軽やかに。 時計「ランデヴー・ナイト&デイ・スモール」(29㎜径、SS×D、自動巻き、アリゲーターストラップ)¥1,579,600・SSブレスレット¥184,400/ジャガー・ルクルト ピアス(SV)¥34,100・リング〈指先から〉(WG)¥149,600・(WG)¥151,800・(WG×D)¥253,000・(WG)¥149,600/ホアキン・ベラオ ジャケット¥101,200/ポステレガントGIRARD-PERREGAUX(ジラール・ ペルゴ)個性的な八角形のケースをシックに見せるグレーダイヤル 象徴的な八角形ベゼルの中のグレーの文字盤は、パリの石畳がモチーフの“クル・ド・パリ”装飾。サテンとポリッシュを交互に施した仕上げのステンレススチールブレスレットとのバランスは、まるでワントーンコーデのような上品さ。ダイヤルをきわだたせるダイヤモンドのセッティングも見事。 時計「ロレアート」(34㎜径、SS×D、クォーツ)¥1,221,000/ソーウインドジャパン(ジラール・ペルゴ) リング(SV)¥84,700/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) プルオーバー¥47,300/ポステレガントFRANCK MULLER(フランク ミュラー)黄みを帯びた独特なピンクは、ビビッドながら肌なじみも抜群 1920~’40年代にヨーロッパの貴族たちのバカンスの地であった、フランス領モロッコの都市名を冠した人気のモデル。モロッコのはるか南に広がるサハラ砂漠の色をイメージしたサーモンピンクの文字盤は、デイリー使いはもちろん、都会の喧騒をしばし離れた避暑地でのひと時にもふさわしい。 時計「カサブランカ」(35×25㎜、SS、クォーツ)¥704,000/フランク ミュラー ウォッチランド東京(フランク ミュラー)GRAND SEIKO(グランドセイコー)夏の空気にみずみずしく映える白蝶貝の優しいピンク つややかに鏡面仕上げが施された面とこまやかな筋目仕上げが施された面を対照させた、シンプルながらも表情豊かなケースに、淡いピンクのダイヤル。厳選された白蝶貝がほのかに光にきらめいて、ほどよくフェミニン。装いやシチュエーションを選ばず、愛用できる。 時計「グランドセイコー ヘリテージコレクション STGF267」(28.9㎜径、SS、クォーツ)¥275,000/セイコーウオッチ お客様相談室(グランドセイコー) ②手もとに風格を与える「ラウンドフェイス」のドレスウォッチ"シンプル・イズ・ベスト"。メンズの格式あるドレスウォッチの定番、時針と分針だけの2針のラウンドフェイスは、エグゼクティブ女性にもおすすめ。端正さを極めたユニセックスなデザインが、手もとに風格を与える。PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)カラトラバ7200静かにステータスを語る、シンプルを極めた機械式ラウンドフェイス 長針と短針の2針のみ、シンプルな中に圧倒的な造形美を表現したラウンドフェイスの「カラトラバ」。クラシカルでストイックなデザインはビジネスの場にふさわしい品格を備え、マットベージュのストラップが女性らしさを漂わせて。 時計「カラトラバ7200」(34.6㎜径、RG、自動巻き、アリゲーターストラップ)¥3,130,000・リング¥920,000/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター(パテック フィリップ) ジャケット¥335,000/アクリスジャパン(アクリス)  VAN CLEEF &ARPELS(ヴァン クリーフ&アーペル)ピエール アーペルモダンで洗練された、紳士のようなたたずまいのドレスウォッチ 創業者一族のピエール・アーペルが自らのためにデザインしたことに端を発するドレスウォッチは、ケース中央にラグを設けたエレガントな一本。文字盤中央には、ドレスシャツにデザインされる蜂の巣模様の“ピケ”が施されており、芸術品のようなオーラが漂う。チャコールグレーのつややかなストラップも新鮮。 時計「ピエール アーペル」(38㎜径、WG×D、手巻き、アリゲーターストラップ)¥1,548,000・イヤリング¥1,272,000・リング¥259,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル) ブラウス¥45,000/マックスマーラジャパン(スポーツマックス)  BREGUET(ブレゲ)クラシック 51575.4㎜の極薄のケースサイドにはコインエッジ装飾、シルバー仕上げの文字盤には手彫りのギヨシェ模様が施され、ブルースチールのブレゲ針が上品に映える。シンプルな2針ゆえに、天才時計師ブレゲが生み出したディテールの美しさにあふれる一本。 時計「クラシック 5157」(38㎜径、WG、自動巻き、アリゲーターストラップ)¥2,030,000/ブレゲ ブティック銀座(ブレゲ)  PIAGET(ピアジェ)アルティプラノピアジェの薄型時計を象徴する「アルティプラノ」のゴールドケースは、女性の手首にも軽やか。ベゼルや文字盤の上品な光沢といい、リュクス感とモダンさのバランスが見事。繊細なインデックスとバトン針のデザインは、装いを選ばずフィットする。 時計「アルティプラノ」(38㎜径、PG、手巻き、アリゲーターストラップ)¥1,768,000/ピアジェ コンタクトセンター(ピアジェ)  VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン ・コンスタンタン)トラディショナル・マニュアルワインディング華奢な手首にもフィットする33㎜径のピンクゴールド製ケース。バーインデックスの華やかさを、ベゼルの54個のダイヤモンドの輝きがさらに後押しする。優美さを極めたマニュファクチュールの機械式時計は、ドレスアップにも最適。 時計「トラディショナル・マニュアルワインディング」(33㎜径、PG×D、手巻き、アリゲーターストラップ)¥2,940,000/ヴァシュロン ・コンスタンタン ③大人の知性が香る「スクエアフェイス」のウォッチ直線的なデザインが内なる意志と知性を感じさせる、スクエアフェイス。簡潔で凛としたそのたたずまいは、ビジネスシーンの相棒にふさわしい。大きすぎず小さすぎずの縦長のデザインが"きちんと見え"しておすすめ。CHANEL(シャネル)ボーイフレンドマスキュリンとフェミニン、両方の魅力を表現したカリスマ時計 男性的なものを通じて女性の魅力を引き出す。そんなマドモアゼル シャネルのエスプリを受け継いだ「ボーイフレンド」は、働く女性に必要なマスキュリンとフェミニンな魅力をあわせもつコレクション。シックなベージュゴールドのケースに、端正な文字盤が美しい。シャネルらしいキルティングのカーフストラップはインターチェンジャブル仕様で簡単につけ替えできる。 時計「ボーイフレンド」(27.9×21.5㎜、BG、クォーツ、カーフストラップ)¥1,130,000・イヤリング¥490,000・リング¥340,000・ジャケット(参考商品)/シャネル  CARTIER(カルティエ)タンク ルイ カルティエ1922年に発表され、時代を超えて愛され続けるコレクション。角に丸みのあるラグと一体になったピンクゴールドのケースに、ボールドなローマ数字とレイルウェイ分目盛の文字盤、ブルースチールの剣型針が唯一無二の存在感を発する。 時計「タンク ルイ カルティエ」(33.7×25.5㎜、PG、手巻き、アリゲーターストラップ)¥1,356,000/カルティエ カスタマー サービスセンター(カルティエ)  BOUCHERON(ブシュロン)リフレメゾンを象徴するゴドロンモチーフが美しいラインを描く長方形ケースと文字盤にダイヤモンドがあしらわれ、ノーブルに輝く。ストラップは交換しやすい仕様で、写真はアリゲーターストラップを装着。 時計「リフレ」(35.5×21㎜、SS×D、クォーツ、ブラックパテントカーフストラップに加えて定番ストラップ1本を選択可能)¥924,000(予価)/ブシュロン クライアントサービス(ブシュロン)  JAEGER-LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)レベルソ・ワン・デュエット「レベルソ・ワン」は、反転式ケースをもつ名作時計「レベルソ」の女性専用コレクション。2つの文字盤をもつ“デュエット”なら、日中は視認性の高いアラビア数字の表側、夜はエレガントなボルドーレッドラッカーの裏側と使い分けが可能だ。 時計「レベルソ・ワン・デュエット」(40.1×20㎜、PG×D、手巻き、アリゲーターストラップ)¥2,140,000/ジャガー・ルクルト ④大人の余裕を感じさせる「ブレスレット」ウォッチ単にスポーティなだけではなく、スーツと相性のいい、エレガントかつラグジュアリーなブレスレットウォッチを厳選。エグゼクティブ女性があえてラフにつけるのもかっこいい。ポジティブな女性像を演出するならこのタイプ。 ROLEX(ロレックス)オイスター パーペチュアル デイトジャスト 31さわやかなピンクがひとさじのフェミニンを添えて サンレイ仕上げが施されたペールピンクの文字盤が高級感ある光を放つ、ブレスレットウォッチの代表格。5列リンクのジュビリーブレスレットは、手もとにラグジュアリーな印象を与えるとともに、快適なつけ心地を実現。スーツに華やかさを足す一本。 時計「オイスター パーペチュアル デイトジャスト 31」(31㎜径、SS、自動巻き)¥655,000/日本ロレックス(ロレックス) ジャケット¥300,000・ブラウス¥63,000・スカーフ¥30,000/サン・フレール(レ・コパン) イヤリング¥1,910,000・リング¥230,000/ダミアーニ 銀座タワー(ダミアーニ)  BVLGARI/オクト フィニッシモ オートマティック大ぶりで一見重厚感のあるフォルムだが、チタン製なので驚くほど軽量。ケースも5.15㎜と極薄なので、女性の手首にも心地よくなじむ。チタン素材のマットグレーで統一されたシックかつスタイリッシュなデザインは、仕事相手の男性にも一目置かれるはず。 時計「オクト フィニッシモ オートマティック」(40㎜径、チタン、自動巻き)¥1,590,000/ブルガリ ジャパン(ブルガリ)  VACHERON CONSTANTIN/オーヴァーシーズ・オートマティック総計1カラット以上、84個のラウンドカットダイヤモンドが贅沢にあしらわれたきらびやかなベゼル、夜空のようにエレガントな濃紺の文字盤が美しい。マルタ十字を彷彿とさせるエッジの効いたブレスレットも個性的。 時計「オーヴァーシーズ・オートマティック」(37㎜径、SS×D、自動巻き、つけ替え可能なレザー&ラバーストラップつき)¥2,700,000/ヴァシュロン・コンスタンタン  AUDEMARS PIGUET/ロイヤル オーク オートマティック2020年、メゾンを代表する名品コレクションに34㎜径モデルが加わった。ステンレススチールとピンクゴールドの一体型ブレスレット、八角形のベゼル、タペストリー模様のダイヤルなど、スポーティな中にラグジュアリーさを極めた逸品。 時計「ロイヤル オーク オートマティック」(34㎜径、SS×PG、自動巻き)¥2,400,000/オーデマ ピゲ ジャパン(オーデマ ピゲ) ⑤女性らしいフェミニンさが魅力「トノー型」ウォッチFRANCK MULLER(フランク ミュラー)トノウ カーベックス パスティーユ’80年代に、女性コレクターからのリクエストに応えるかたちで誕生した「トノウ カーベックス」。「パスティーユ」コレクションに加わったこちらのピンクゴールドケースのモデルは、手もとをフェミニンに彩り、文字盤の中に円状に敷き詰められたダイヤモンドが華やか。白のストラップを明るい色のスーツに合わせて春を先取りしたい。 時計「トノウ カーベックス パスティーユ」(35×25㎜、PG×D、クォーツ、クロコダイルス トラップ)¥1,650,000/フランク ミュラー ウォッチランド東京(フランク ミュラー)    ▲ページトップに戻る>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら▼その他のおすすめ記事もチェック①撮影/生田昌士(hannah) ヘア/西村浩一(VOW-VOW) メイク/KIE KIYOHARA(beauty direction) スタイリスト/伊藤美佐季 モデル/田沢美亜 取材・原文/大野智子 ※特集中以下の略号を使用します。SS=ステンレススチール、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、SV=シルバー、D=ダイヤモンド ※エクラ2021年8月号掲載 ②~⑤撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE /モデル) ケビン・チャン(静物) ヘア&メイク/森野友香子(Perle management) スタイリスト/青木貴子(whitebox) モデル/松田珠希 取材・原文/新田幸子 撮影協力/レクサスインターナショナル ギャラリー青山 ※特集中以下の略号を使用します。WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールド、BG=ベージュゴールド、SS=ステンレススチール、D=ダイヤモンド ※2021年3月号掲載
  • おしゃれルールは「ラフすぎない&印象がぼけない華やかさがある」こと。読者と共鳴するマインドの持ち主・編集Hが、似たコーデになりがちな夏服の鮮度を最大限に高めるテクにトライします! 目次 ・主役ティアードスカートを柔らか白シャツで味変! ・フレアデニムを衿つき黒トップスで味変! ・ノースリーブシアーワンピを透け小物で味変! ・ニットポロシャツをデニムサロペで味変! ・ニュアンスカラーロゴTを大人な赤スカートで味変! ・ベージュスニーカーをこっくり色ワンピで味変! Who is 編集H?学生時代から『non-no』を愛読。好きなブランドは『SNIDEL』『ココ ディール』。ニュアンスカラーを軸にした私服コーデが編集部で話題となり『non-no Web』でも特集される。その審美眼を生かしてファッションを中心に人気企画を多数担当中♡▶non-no愛読歴5年以上! 若手編集Hのリアルコーデを調査!主役ティアードスカートを 柔らか白シャツで味変! 「タイトなトップス合わせで、スカートの甘さを引き立てます」 SKIRT: 『SNIDEL』で約¥17820 SHIRT: 『ココ ディール』で¥8690 GLASSES: 『JINS』で約¥5000 BAG: 『オリエンタルトラフィック』で¥6500 SHOES: 『RANDA』で¥7590 スカートの存在感はそのままに、大人っぽさも出せるシャツにチェンジ。カッコいいイメージのあるシャツも、柔らかな素材感、小さめ衿……選び方次第でフェミニンに! 白なら爽やかさもきちんと感もあって、展示会や取材など、外部の方に会う日にもぴったりマッチします フレアデニムを 衿つき黒トップスで味変! 「気になる腰回りを隠せるレイヤードスタイルに頼ることも多々」 PANTS: 『ユー バイ スピック&スパン』で約¥9900 TOPS: 『ココ ディール』で¥7480 HEADBAND: 『アネモネ』で約¥1000 EARRINGS: 『ROOM』で¥2080 BAG: 『ダイアナ』で¥14300 SHOES: 『RANDA』で¥7590 堀田真由ちゃんの"パリシック"企画を見て気になっていたパリテイスト。このトップスはビッグ衿のワンクッションがあることで、黒だけど華やかさが出て◎。印象も引き締まるし、絶妙なバランスに仕上がります♡ ノースリーブシアーワンピを 透け小物で味変! 「1枚で着て可愛いワンピだからこそ、印象が決まりがちかも?」 ONE-PIECE: 『SNIDEL』で約¥17820 KNIT: 『MERCURYDUO』で¥9350 EARRINGS: 『31 Sons de mode』で¥2750 CHOKER: 『MERCURYDUO』で¥3300 BAG: 『MERCURYDUO』で¥12100 SHOES: 『Noela』で¥14300 "小物で季節感を取り入れる"のはいつも意識しているテク。味変するなら、いつもより存在感のあるクリアバッグを選んだり、ニット使いでメリハリをつけたり。小物の色みをベージュトーンでまとめれば上品さもキープ! ニットポロシャツを デニムサロペで味変! 「衿つきということもあり、きちんとしたい日にヘビロテ中です」 TOPS: 『リリー ブラウン』で約¥8000 SALOPETTE: 『ミラ オーウェン』で約¥12000 HAT: 『NOZOMI MAEDA×CA4LA』で約¥7700 BANGLE: 『ROOM』で¥1980 BAG: 『ダイアナ』で¥20900 SHOES: 『MERCURYDUO』で¥13200 会社の先輩とのカブりアイテムでもあるニットポロ。主役として着ることが多かったけれど、カジュアルなサロペットのインナーとして着てみました。衿やパフ袖のディテールがきいているので、小面積でも可愛く決まります! ニュアンスカラーロゴTを 大人な赤スカートで味変! 「ボトムに柄を入れがちな私。優しい色みでまとめるのが定番」 T-SHIRT: 『デイシー』で約¥7000 SKIRT: 『ココ ディール』で¥12100 HAIR TIE: 『KITER』で約¥800 EARRINGS: 友人からのプレゼントの『ete』 GLASSES: 『Zoff』で価格不明 BAG: 『ペルケ』で¥10890 ロゴTの着こなしって、ロゴの色を拾うor白を合わせる、のどちらかになりがち。そこであえて色を足すと上級者っぽく見える気がします! 着丈が短めのTシャツはウエストインもキレイに決まるので買って損しない万能さ♪ ベージュスニーカーを こっくり色ワンピで味変! 「大好きなニュアンスカラーで"なじませる"コーデは間違いない」 SHOES: 『NIKE』で約¥12000 ONE-PIECE: 『MERCURYDUO』で¥12100 EARRINGS: 『ROOM』で¥2080 BAG: 『カシュカシュ』で¥6490 最近撮影でよく見かける深めの色みが気になっています。一見難しそうな色みも、まろやかなベージュを合わせれば簡単ですし、ベージュも引き立つんです♡ おめかし感の出るスニーカーコーデはデートにもよさそう ※私物につき、完売もしくは販売終了している可能性があります。▶編集Hの夏服味変テクの記事をもっと見る撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリング協力/加藤千尋 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 白のボリューム袖Tシャツにピンクのタック入りパンツを合わせて、ほどよい甘さのフェミニンコーデに。早いものでもう8月ですね。 先日【MOTOMACHI JAYRO】で購入したボリューム袖Tシャツに【N.O.R.C】のペールピンクのパンツを合わせて、ほどよい甘さのフェミニンコーデにしてみました。ボリューム袖Tシャツはデニムや黒パンツなど何でも合わせやすくて最近の登場回数多めです。 ペールピンクのパンツは色は甘めですが、タック入りのパンツなので甘すぎる事がなく大人でも取り入れやすいです。 Marisol8月号P33にも掲載されていました。 黒のブラウスと合わせていて素敵だったので、こちらも参考にしたいなぁと思いました。色々と制限がある中ですが夏を楽しみたいと思います。 暑い日が続きますので、体調を崩されませんようご自愛下さい。 Instagramもマイペースに更新中です↓No.196 エリー
  • ゆるピタバランスでショートパンツコーデをより今っぽく 細身ノースリーブトップス×ゆとりのあるタック入りショートパンツで、ヘルシーでメリハリのあるバランスが完成。サンダルはアンクルストラップのヒールサンダルを。足もとがカジュアルになりすぎず、大人のショートパンツスタイルにぴったり。   ニット¥13200/ロペ ショートパンツ¥26400/フロム  イヤカフ¥12100・ネックレス¥39600/エテ サングラス¥41800/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) バッグ¥8910/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) 靴¥31900/ベイジュ(ピッピシック) 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/酒井貴生〈aosora〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子  モデル/山本美月 構成・原文/東原妙子 企画/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載
  • シンガポールで発見!アロマブランドのコスメに絶賛癒され中。 1.HYSSESとは? シックでお洒落な店内。 シンガポールで出会った"HYSSES"。 シンガポールのアロマブランドです。 HYSSESは、中国語で"Arts from the Village"という意味だそう。 アロマグッズを見に行ったら、思いがけずコスメも色々ありテンションアップ! 今使っているお気に入りをご紹介します。 2.今使っているアイテム達 パッケージが華やか。 ❤️SUGAR SCRUB LAVENDER CHAMOMILE ❤️FACIAL CLEANSING OIL HELICHRYSUM LAVENDER 左はシュガースクラブ、右はクレンジングオイル。 スクラブは約$29、クレンジングオイルは約$40。 (だいたい$1=80円くらいで計算します。) 高過ぎないけど、安くは無い。(笑) でもアロマを扱っているブランドだからちゃんと素材にこだわっていたらこのくらいではないかな、と思います。 (個人的な感想です。) たまたま両方ともラベンダーベースなのですが、ふわりと上品に香るので、一日の終わりに使うのが最高の癒しタイムになっています。 さらさらとしたオイル。 クレンジングオイルはサラッとしていて、クレンジング力・保湿力は共になかなか良いです。 ただ、サラサラしたオイルなので、あまり肌と手の間にクッションのように入ってくれる感じはないので摩擦に注意。 摩擦を防ぐ為に結構量を多めに使ってしまうので、コスパ的にどうかな・・と思いながら使っているところです。 パッケージはどれもシックでお洒落! 細かい粒子のシュガースクラブ。 SABONを思わせるオイルにたっぷり浸かったスクラブなので、しっとりスベスベになります。 シュガースクラブなので塩スクラブより優しく、ギフトにも良いのではないかなーと思います。 3.Made in Singaporeの証
  • 大人の水着は、ここ数年で“洋服ライク”なデザインが定着。おしゃれなデザインも続々登場して、選ぶ楽しみが増していますよね。本日ご紹介するのは、トップブロガーの2人が今年着ているスイムウェア! 1:SALE♡ N.O.R.C ガカモレビッグTシャツ&ハイライズショーツ。 「今年は息子が水泳を習い始めて、大きなプールで少し練習したいため、感染対策をしっかりして市営プールに行っています。なので、可愛らしいラッシュガードが欲しいなぁと、SALEで色々探していました。 N.O.R.CのガカモレビッグTシャツとハイライズショーツ。ピンクと迷いに迷って、キレイなブルーにしました。ショーツは短すぎない丈で安心♡ 植物由来のエコ素材を使用したサスティナブルなアイテムというところもポイント。しっかり体型隠しを目的にデザインを選んで、かわいくて大満足なのですが、TB たなやんちゃんのLepidosの水着を見て、女性らしいワンピースタイプもいいなぁと♡ うーむ、色々欲しくなってしまいます」 「海にも行き、着てみました。新しいラッシュガードでウキウキです♡」 2:10年ぶりの水着を今年こそ 「遺伝と諦め続けてきたぶるんぶるんの下腹が陰を潜めはじめたダイエット2年目。『来年は着れるか!?』と去年の夏の終わりにセールの勢いだけで買った水着をようやく! 着ることができそうです(感涙)」 「くすみカラーに惚れたLepidos(レピドス)の水着。このオールインワン、気になる体型の悩みを一掃してくれる“ちょうど良い”が集結したデザイン。カップとインナーショーツ付きなのもすんばらしい〜。買ったのは去年なのでアレなのですが、今年もワンピースタイプの作りはある模様です(今年のモカも黒もかわいい〜)」 「普段着感覚なミラオーウェンのラッシュガード。こちらも水着の鬼の検索魔と化していた昨年の夏の終わりに購入。生地はぱっと見サーマル風ですが、サラっとしたドライな質感かつとっても軽い! 本気タイプと違い首元は出るし七分袖だしですが、普段も着られそうなこのデザインが気に入っています」 「OURHOMEのつば広ハット。『探検家にならない』つば広帽で、扱いやすさ、かぶり心地、合わせやすさ、どれをとっても◎です」 「気取っておしゃれ系サンダルを合わせていますが、おしゃれして行きたい水際スポットはなく。きっと本当に海などへ出かけるならば、多分ビーサンorスポサンかな〜。今年着るのはもっぱらおうちプールの予定です」 キレイ色や、シックなカラーがとっても素敵ですね!
  • こんにちは、Saekaです。今月最後のブログは25cm+内反小趾でなかなか合う靴が少ない私が履き心地に感動したNIKEの大人気シューズをご紹介していきます 2足とも試着をせずにオンラインで購入したのでサイズ感や履き心地など同じような方のサイズ選びの参考になれば嬉しいです。 NIKE エアマックス ココ エアマックスココ 11,000円(税込) 大人気のエアマックスココ。私は、欲しい!と思った翌日がたまたまNIKEの公式オンラインの再販日ですぐに購入することが出来ました。定価よりも高く転売している店も多いですが今見たら一部カラーが近日発売となっていたので公式オンラインをチェックしてみるのもおすすめです♡【NIKE公式 エアマックスココ】 靴擦れしやすい部分が当たりません。 ヒールの高さは約7cm。 色んな方のレビューを参考に私が選んだのはいつも通りの25cm!通常サイズかハーフサイズ小さめを選ばれる方が多いみたいです。(サイズは1cm刻み)写真にもあるように、ゴムで締めれるのである程度はサイズの調整が可能!私のように小指側が変形している方や足幅の広い方でも靴擦れすることなく履けると思います。履き心地はというと‥歩いたときのフカフカ感に一瞬で虜になりました 重そうに見えますが似たような5cmヒールのサンダルと比べても断然コチラの方が軽かったです。ただ、身長が172cmくらいある私には7cmヒールは結構ハードルが高い。もう慣れたと思っていましたがやっぱり周囲の「デカっ!!」という視線が気になって追加の購入を悩んでいるところ。それさえなければあと1〜2足追加購入したいなと思うくらい文句の付け所がない最高のサンダルです☺️発売日はまだ未定ですが新色のクリーム×ブラックがかなり!可愛いのでぜひチェックしてみて欲しいな〜。 NIKE エアリフト ブリーズ ベルトでサイズ調整可能。ソールの厚みは2.5cmくらい。 エアリフトには足袋タイプの靴下を。 選んだサイズは1サイズ上の26cm!それでも少し小さい気がしましたがベルトが2箇所あるので調整したらピッタリに。 エアマックスココと比べるとエアリフトの方が少し小さめの印象でした。指の間が狭く、鼻緒がある靴は苦手ですが足が痛くなることもなく履きやすかったです 靴下はチュチュアンナで見つけた22〜25cmサイズの足袋ソックスを履いています。浅履きは100%脱げちゃう私でも脱げることなく履けました ‍♀️自分に合ったサイズを選ぶって本当に大事ですね。夏が終わったら靴下とのコーディネートも楽しみたいです。足がデカい為、新しい靴は靴擦れするもの。サイズは無いもの。と諦めていたけどこんなに履きやすい靴があったなんて。エアリフトは黒とベージュの新色が可愛くて狙っているのですが売り切れていて手に入らず。一度履いたらきっと虜になると思うのでまだ履いたことのない方はぜひ わたしの年齢や肌質について ▷▷▷ Profile Instagram ▷▷▷ _saeppp_ この投稿をInstagramで見る Sae(@_saeppp_)がシェアした投稿
  • 久しぶりに華組同期のゆかりちゃんと奈弓ちゃんとランチへ行ってきました♪オシャレな同期とのランチ会。 「何を着ていこうな」と鏡の前で色々と合わせながら考えたすえに、バックデザインがある黒トップスにベージュのロングマーメイドスカートを合わせたコーディネートにしました。私は甘すぎないけど女性らしいコーディネートが好きなので、カラーに甘さがない分、トップスのバックデザインや、スカートのマーメイドラインで女性らしい感じを取り入れました。トップス:Whim Gazette スカート:Whim Gazette バッグ:marco masi サンダル:MAURO de BARI ベルト:Puntovitaこのトップスは、バックがクロスになっていているデザイン。 クロスが女性らしくて、見た瞬間に「いいな♡」って思って購入したトップスです。 そして、チラッと見えるコンチョベルトがアクセントとして一役買ってくれています。 ランチは夏なのでうなぎを食べに行こうということで 浅草にある「浅草江戸川 鮒忠」へ。 こちらのお店は創業75年のうなぎと焼き鳥のお店です。浅草花川戸 鮒忠店内は江戸をイメージして、浅草の町会名を入れた提灯、招木などが飾られています。 粋な浅草らしくていいなって思いました♡はじめは「うな重」にしようと思っていたのですが、焼き鳥も魅力的で「両方食べたいな」と思いながらメニューを見ていたら両方を楽しめるメニューがありました♡ それが「赤のうなとりひつまぶし」です。そのままでも美味しいですが、赤いピリ辛のたれがついているので、こちらをかけるとまた違った味で楽しめます。 食事を楽しんだ後は、カフェへ移動。 明治35年創業の「舟和」のお菓子が楽しめるカフェへ。ふなわかふぇどのスイーツにするか迷いましたが、舟和の名物であるお芋を使ったソフトクリームと冷抹茶を選びました♪ちょっと離れたスペースにある席に行ったら、私たちの貸切だったので、気兼ねなくお茶を楽しめました。 ファッションから美容、それぞれの仕事の事など、色々と話していたら、あっという間に時間が過ぎ去りました、、 女性同士の時間って楽しいですね♪ また落ち着いたら同期会ランチしたいな♡松ヶ崎由紀子
関連キーワード

RECOMMEND