「フレンチシック」はボーダーとドットだけ? その“思い込み”、無くしたらもっと楽しめます!

DAILY MORE

寒そう、ほっこりしそうetc.そんな「フレンチシック」のイメージ、変えてみない?

「高い服だからおしゃれ」、「はやっているけど私には似合わない」、「ベーシック服って地味」……etc. それ、全部思い込みです!! モア世代にオススメしたい【フレンチシック】にも、そんな思い込みがたくさんあるみたい。全部とっぱらえば、冬のおしゃれももっと楽しめるはず♬

「フレンチシック」って冬だと寒そうなイメージ……

定番のダッフルコートも絵になります!
フレンチシックといえど、アウターはトレンチだけじゃない。ロングのダッフルコートなら、暖かさもおしゃれさもバッチリ。

コート¥36000/アンクレイヴ ベスト¥12800/シップス エニィ 渋谷店(シップス エニィ × オールドダービーニットウェア) シャツ¥30000/シップス プライマリーネイビーレーベル パンツ¥19000/シンゾーン 表参道店 靴¥33000/ルック ブティック事業部(レペット) バッグ¥12000/セムインターナショナル(バグマティ) メガネ¥32000/モスコット トウキョウ イヤリング¥900・リング¥1500/お世話や ストール¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店 靴下¥1400/タビオ

フレンチシックって“おしゃれなおじさん”にしか見えない・・・・・・

ボウタイブラウスで顔まわりに女っぽさを加えてみましょう
MOREが提案するフレンチシックは、流行に左右されないベーシックさの中に上品さと女性らしさ、そして可愛げもあるスタイルのこと。レディなブラウスも欠かせないアイテムのひとつで、チェックパンツやデニムの女度UPに効果絶大。あれこれ飾り立てなくても理想のバランスに! 

ブラウス¥14000/メゾン イエナ サスペンダーつきパンツ¥17000/アンクレイヴ バッグ¥16000/アルアバイル(クリスチャンヴィラ・ペル・アルアバイル) イヤリング¥8100/ロードス(リプサリス)

ほっこりしそうだから苦手です

ジャストサイズ→ゆるシルエットに変えるだけで一気に旬感がアップ
鉄板のバスクシャツをゆったりとしたオーバーサイズにチェンジ。ドット柄スカートを合わせた“ザ・フレンチ配色”もサイズ感で今っぽさを出して着こなせば“Notほっこり”。

カットソー¥10800/セント ジェームス代官山店 スカート¥20000/ヌキテパ 青山 靴¥46000/グラストンベリーショールーム(サンダース) バッグ¥6800/セムインターナショナル(モヒ) ストール¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン) リング¥14000/ココシュニック

柄はボーダーとドットだけしかダメ?

ヴィンテージライクな花柄なら差のつくフレンチシックコーデに
選び方のポイントは“ベースと同系色”かつ“甘さ控えめ”な花柄。

スカート¥32000/アンシェヌマン(アナカ) ニット¥32000/スローン カットソー¥4900/メイデン・カンパニー(アップサイクル) シャツ¥9800/セムインターナショナル(ロスコ) 靴¥52000/グラストンベリーショールーム(サンダース) バッグ¥10000/モットハウス・トーキョー ブレスレット¥62000/ホワイトオフィス(ジジ) リング(右手小指)¥8000/ノジェス リング(右手中指)¥12500/ロードス(リプサリス)

やっぱりデニムパンツはマストですか?

お仕事にも使える、きれいめ顔の黒のスラックスパンツでもOK!
端正さがありトレンドでもある黒のスラックスは、フレンチシックな着こなしとも相思相愛。ボーダートップスの大人見えにも、全体の上品さの底上げにも一役買って。

パンツ¥14000/AKTE カットソー¥14000/ソークロニクル(メヤメ) コート¥44000/MP STORE 二子玉川ライズS.C.店(マッキントッシュ フィロソフィー) 靴¥5900/オリエンタルトラフィック(ダブルエー) バッグ¥41000/ジャンニ キアリーニ 銀座店 カチューシャ¥1000/お世話や イヤカフ¥16000/ココシュニック

MOREっぽいフレンチシックの服って売っていそうでなかなかない

着こなしを“今”に落とし込める『シンゾーン』をぜひチェック!
トレンドをくんだベーシック服と、デニムの豊富なバリエが魅力。

コート¥58000・ブラウス¥19000・パンツ¥19000/シンゾーン 表参道店(ザ シンゾーン) ニット¥17200・ネックレス¥11800/シップス 渋谷店 靴¥16000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥19000/クオリネスト(オーマイバッグ) パールネックレス¥13600/シップス エニィ 渋谷店 ストール¥62000/渡辺産業プレスルーム(ジョンストンズ オブ エルガン) 靴下¥6900/セムインターナショナル(ウィリアムブラントン)

【関連記事】「スキニーデニムはもう古い」ってホント? スタイリストがお答え!

【関連記事】セットアップは平日オンリーなんてウソ! “思い込み”をなくせばもっと着回せる!

こちらもチェック!>>>流行の「レース」服を着こなすにはフレンチシック&辛口がコツ




撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/石上美津江 構成・原文/鈴木絵美 企画・原文/福井小夜子 松本一葉(2人ともMORE) ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。

関連記事
  • N.O.R.Cのロゴが、コーデの差しになる付録のショッパーBAG。ぽわん袖の黒+ベージュのリボンパンツに合わせガーリーに♩今月号の付録は、大人気ブランドN.O.R.CとエクラがコラボしたショッパーBAG! エコバッグやショッパーを携帯するのが日常となりましたが、 お洒落なロゴがコーデに一つ入るとポイントになるので、普段から手持ちの籠バッグに合わせるのが好きです。この日は、近くにパン屋さんが出来たので、 このショッパーBAGを持って早速GO♩ シャリっとしたナイロン、 マチもたっぷりあるので大容量。 買ったパンも盛り盛り入ります! 中にある内ポケットに、小さく畳込むことも出来ます。物を入れた帰りは、肩掛けにしましたが、 籠合わせを意識したコーデはこちらでした^ ^ tops : TORAZZODONNA pants : ZARA shoes : repetto bag : menuiこちらのトップス、はしごレースがあしらわれたボリューム袖が可愛くて、気に入っています。 首元がマニッシュなので 下にリボンの思いっきり女子〜なパンツを持ってきてもバランスがとれるような気がします^ ^黒+濃い目のベージュ+赤! 暖かくなると、また冬とは違ったコーデがあれこれ浮かび、ワクワクしますね♪華組インスタはこちら★一色華菜子
  • 襟もとすっきりで洗練度がアップするバンドカラーシャツ。王道ホワイト、ハンサムブルー、まろやかナチュラルカラーの着こなし3スタイルは必見です。 1.どんな色のアイテムも受け止める白の包容力。シャツのこなれ感に、クリーンな魅力も加わってシャツ¥36,300/ステディ スタディ(トムウッド) ニット¥23,100/エストネーション パンツ¥62,700/リエート(ヴィンス) ピアス¥31,900/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ネックレス¥93,500/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) バッグ¥162,800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥95,700/ドゥロワー 日本橋店(マノロ ブラニク)2.凛としたハンサムさが魅力のブルー系。白よりも少し理知的なたたずまいも魅力。シャツ¥31,900/エスケーパーズオンライン(サルヴァトーレ ピッコロ)  パンツ¥48,400/オーラリー ピアス¥78,100//ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥132,000/カオス横浜(ザンケッティ) 靴¥97,900/セルジオロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)3.ブラウス感覚で取り入れられるまろやかなあいまい色で女らしいムードにシャツ¥49,500/モールド(チノ) コート¥86,900/ザ ストア バイシー 代官山店(ヴァッシュモン) パンツ¥38,500/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ) サングラス¥41,800/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥145,200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥97,900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)>>「シャツ」の記事一覧はこちら撮影/長山一樹(S-14) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・原文/坪田あさみ 撮影協力/バックグラウンズファクトリー ※エクラ2021年4月号掲載
  • シンプルなのに女性らしく着られると大絶賛の「村山佳世子×SLOANE」ウールシルクカシミヤVネックニット。エクラプレミアムでおなじみの小柄バイヤーHの着回しコーデに続いて、バイヤーMが登場。着回し力抜群のニットの魅力に迫ります。 累計243枚売れ!村山さんのスタイルブックで話題になったニット、待望カラー※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます村山佳世子 × SLOANEウールシルクカシミヤVネックニット 新色 /ネイビー  【ニットコーデ1】 冬から春へのスイッチコーデ〈Winter〉 モデル身長:155cm、ニットはサイズ4を着用〈Spring〉 モデル身長:155cm、ニットはサイズ4を着用「バストにボリュームがあるので、ゆったり着用できるサイズ4をセレクト。シンプルなデザインかつベーシックカラーなので合わせるボトムやシューズによって、冬から春へのイメチェンも可能に!また、あわせる小物によっても印象が変わるので自分なりのコーデを楽しめます。」(バイヤーM)村山佳世子×SLOANE 【スタイリスト村山佳世子さん別注】ウールシルクカシミヤVネック  ¥31,900(税込)>>E by eclat 大人チュールスカート ¥20,900(税込)>>Anita Bilardi レザーメッシュカゴバッグ ¥31,900(税込)>> 【ニットコーデ2】シックなきれいめスタイル〈ワントーンで〉 モデル身長:155cm、ニットはサイズ4を着用〈コートを重ねて〉 モデル身長:155cm、ニットはサイズ4を着用「ワントーンでまとめたシックなきれいめスタイル。上質なハイゲージと正統派Vネックでこなれた大人のお洒落を演出してくれます。薄手のウールシルクカシミヤ素材で暖かさはキープ&アウターを着てももたつかないので、季節の端境期に大活躍です!」(バイヤーM)村山佳世子×SLOANE 【スタイリスト村山佳世子さん別注】ウールシルクカシミヤVネック ¥31,900(税込)>>E by eclat スリット入りニットスカート ¥18,700(税込)>>E by eclat 撥水トレンチコート ¥33,000(税込)>> 【ニットコーデ3】一枚でも、インに重ねても〈そのまま一枚で〉 モデル身長:155cm、ニットはサイズ4を着用〈シャツをインに〉 モデル身長:155cm、ニットはサイズ4を着用「一枚でそのまま着ても様になりますが、シャツなどの重ね着でアレンジも楽しめます。 さらに着心地の良い素材感で家でもリラックスして着られるのが嬉しいポイントです♪」(バイヤーM)村山佳世子×SLOANE 【スタイリスト村山佳世子さん別注】ウールシルクカシミヤVネック  ¥31,900(税込)>>Col Pierrot×eclat とろみスリットリブパンツ ¥39,600(税込)>>MADISONBLUE ローカラーマダムシャツ ¥53,900(税込)>>MADISONBLUE 5POCKET FLARE SK W TROPICAL ¥59,400(税込)>>   「村山佳世子×SLOANE」ウールシルクカシミヤVネックニットの着回しをもっと見る>> こちらの記事もおすすめ>>
  • DAY5 ファッションとメイクってやっぱり大事!自宅で仕事。全然集中できず黒系トーンの統一でおしゃれしたらシャンとした!部屋着で作業してると気がゆるむ。やっぱりおしゃれとメイクって大事! 甘めなブラウスもカジュアルなアウターがあればいい感じになじむ♪ 黒×濃紺でトーンをまとめて。リモート会議でも地味にならないようスカーフを首にオン。きれいめマウンテンパーカ¥42000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) ブラウス×スカートのセットアップ ブラウス¥9000・スカート¥10900/シップス エニィ 渋谷店(シップス エニィ) バングル¥26000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) イヤリング¥12000/ショールーム 233(ニナ・エ・ジュール) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム (ア ピース オブ シック) ▶︎▶︎「春アウターで主役コーデ」着回し使用アイテムはこちら【着回し4日目】今日も彼とデート!だけど… 内田理央主演「春アウター主役コーデ」 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/森脇裕介(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/内田理央 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/野田春香 構成・企画/福井小夜子(MORE) 撮影協力/アワビーズ UTUWA TITLES プロップス ナウ ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • ベーシックアイテムであり、この春のトレンドの目玉でもあるシャツ。マリソル精鋭スタイリストたちのお眼鏡にかなった、とっておきの一枚とは? No.01 徳原文子/FUMIKO TOKUHARA トレンドへの感度の高さと、まねしやすいコーディネートへアレンジする独自のセンスでマリソルスタイルを牽引。春はレトロな柄ものに注ドットシャツをフレンチシックに着る! 「シャツって実は、時代を映すアイテムだと思います。ブランドのアーカイブを今の気分に落とし込んだ、エキップモンのドット柄シャツはまさにそんな一枚。ハイウエストの太め白デニムと、フレンチなムードたっぷりに着たい」(徳原さん)ヴィンテージとモダンが共存する最旬モノトーンカジュアル 「ドット柄は、細かめより大きめのほうが大人っぽいバランスに」。シャツ¥46,000/サザビーリーグ(エキップモン) カーディガン¥23,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥26,000/アングローバル(イレーヴ) ターバン¥8,900/アルアバイル ピアス¥59,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ネックレス¥25,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥108,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥46,000/フラッパーズ(ネブローニ) No.02 福田亜矢子/AYAKO FUKUDA トラッドを軸にした大人ベーシックなスタイリングはスタッフにもファン多し。マリソル世代が取り入れやすいきれいな配色企画も毎回反響が!ブルーシャツをメンズライクに、正統に 「ブルーシャツの、正統派なたたずまいに今また惹かれています。大ぶりのシルバーアクセサリーを首もとや腕にじゃらっときかせて。メンズライクな中に、ひとさじ女っぽさのあるバランスがいい 」(福田さん)オーバーサイズのシャツをブルーのワントーンで端正に 「ハーヴェル スタジオのシャツは、つくりのていねいさ、着た時の美しさも好み」。シャツ¥35,000/アイクエスト ショールーム(ハーヴェル スタジオ) パンツ(4月展開予定)¥12,273/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 帽子¥28,000/UTS PR(マサカズ フルサワ) チェーンネックレス¥75,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) プレートネックレス¥20,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バングル¥75,000(マリアルドマン)・バッグ¥13,000(マーケットバッグ)/ザ ストア バイ シー 代官山店 ストール¥42,000/アイネックス(アソース メレ) No.03 石毛のりえ/NORIE ISHIGE 女性らしさの中にピリッとスパイスをきかせたコーディネートを持ち味に、本誌をはじめ大人の女性誌で活躍。実用性を備えた服選びにも定評がデザインシャツを甘辛ミックスで着る! 「ふわっと広がるボリューム袖の甘さがありながら、シャツ地でしゃきっと着られる理想の一枚。欲しかった華やかさが簡単に手に入ります。細身のレザーパンツと合わせて、大人らしい甘辛バランスに着地させたい」(石毛さん)ふんわり袖×ペールブルーはアラフォーにちょうどいい甘さ  「実はここ最近、シンプルなシャツをさらっと着るスタイルだと"もたない"感じがしてしまって。YOKO CHANのシャツブラウスはそんな私の気持ちにフィット。ほどよい甘さとデザイン性で、着映え効果は絶大です」。トップス¥37,000/YOKO CHAN パンツ32,000/オットデザイン(ルーム エイト) ピアス¥34,000・リング¥42,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥155,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 靴¥18,000/デミルクス  ビームス 新宿(デミルクス ビームス) No.04 松村純子/JUNKO MATSUMURA 上品シンプルなスタイリングが得意な実力派。妥協なきセレクトと、着る人への"似合わせ力"を発揮した「おせっかいサロン」企画も大好評!フリルシャツをレイヤードで楽しむ! 「シンプルをベースにしながら、気分の上がるひとくせディテールを積極的に取り入れたい。フロントのみにフリルが施された白シャツを、ロングジレからのぞかせて。さりげなくきかせるくらいが、自分らしくて心地いいんです」(松村さん)リネン素材のジレからのぞく白フリルでおしゃれ気分を上げて 「ノーカラーのスマートさも好き」。シャツ¥47,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 共布ベルトつきジレ¥73,000/エブールギンザシックス(ebure) デニムパンツ¥25,000/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ(エー・ゴールド・イー) バッグ¥49,000/アマン(ア ヴァケーション) イヤカフ(上)¥17,000・(下)¥18,000・細リング¥27,000/マリハ(マリハ) リング¥10,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) バングル¥27,000/アダワットトゥアレグ(アダワットトゥアレグ) 【Marisol3月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/徳原文子 福田亜矢子 石毛のりえ 松村純子 モデル/蛯原友里 撮影協力/バックグラウンズファクトリー
  • 『マルニ マーケット』新作バッグが日本初上陸!博多阪急の開業10周年を記念して、『マルニ マーケット』が店頭では3/3(水)〜3/9(火)、オンラインでは3/4(木)〜3/9(火)の期間限定で開催されます。毎回大人気のカラフルなバッグに、日本初上陸の新作が仲間入りしましたよ〜♡ボートバッグ 各¥25000日本初上陸、博多阪急先行発売となるのがこの「ボートバッグ」! フランスのドーヴィルのビーチからインスピレーションを得ています。丸みのあるハンドルは、港に浮かぶ船の舷窓をイメージしたもの。チェックやボーダーは、『マルニ』らしいプレイフルな配色♪ハンモックバッグ ¥19000すでに大人気のハンモックバッグからは、新色の「ピンクレモン」が先行販売♡ 肩からもかけられるサイズは、PCやタブレットを持ち歩くリモートワークにも重宝しそう!毎回大人気の『マルニ マーケット』は、アイテムごとに発売日時が異なります。ちなみにオンラインでは、新作のボートバッグは3/4(木)12:00〜、ハンモックバッグは3/6(土)の12:30〜発売スタート。店頭販売は入場整理券の配布があるので、事前のチェックをお忘れなく!▶︎▶︎オンライン販売についてはこちら▶︎▶︎店頭販売についてはこちら【関連記事】『ロンシャン』の新作バッグは『フィルト』とコラボしたネットバッグ!【関連記事】春バッグはやさしげカラーに注目! MOREが選んだ春の靴・バッグアワード【バッグ大賞】文/堀越美香子 ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 「着心地がいい服を着ていればご機嫌」。そんな七瀬が今気になる、きゅんと心が躍る春服をご紹介♡肌見せは苦手だからボトムは基本ロング丈。安心感があって自分らしくいられる気がします。 「私服ではゆるめのワイドなパンツをはくことが多いかな。安心感があるのと、単純に冷え性だからというのも理由の一つ(笑)。スカートだったら広がりすぎないロンスカが好き。こんな春色のスカートなら、はくだけで楽しい気持ちになっちゃいそう♪」 スカート¥12000/ユー バイ スピック&スパン 渋谷パルコ店 Tシャツ¥5400/SNIDEL 肩に掛けたカーディガン(ニットとセット)¥28000/Rosary(Rosarymoon) イヤリング¥2000/サンポークリエイト(アネモネ) ネックレス¥16000/チャコールグリーン トーキョー(モリーヴ) バッグ¥10000/キャセリーニ(ヘイ!ミセスローズ) 靴¥13800/ビームス ウィメン 原宿(モヒ)ハンサムなセットアップが好き。大人っぽく見えるようで気分がアガる。 「衣装で用意されているとうれしくて気分がアガるセットアップ。セットで着るとそれだけでおしゃれな雰囲気になれるところに惹かれる。私服でも持っているけれど、つい別々に着ちゃうの。さらっとセットで着られるようになりたいな。シルエットは、オーバーサイズなジャケットだったりワイドなパンツだったり、ゆるさがあるものがタイプ。このセットアップは、メンズっぽいチェックの色合いもたまらない。今日みたいにシャツを入れてきれいめに着こなしてもいいし、プリントTを入れてカジュアルに着崩すのもおすすめ」 ジャケット¥16000・パンツ¥12000/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) シャツ(インナーつき)¥17000/デイシー ルミネ新宿2店 バッグ¥7900/ココ ディールモデル/西野七瀬 撮影/熊木優(io) ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト・フラワーアレンジメント/笠原百合 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ
  • ふんわり袖とは対象的なスッキリとしたタイトスカートをピンクにしてみる!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますボタンが背中についているだけあって、一人暮らしだとちょっと手こずりがちなこのタイプのシャツを着るときは、背中のボタンをそっと優しく留めてくれる人を見つけないとなぁ…と物思う。とはいえ、ふんわり袖で上品に見えるし、ピンクのタイトスカートを上品に見せてくれるからお気に入り。ディテールや色合いで甘々な印象にならないように、無駄なものは極力削ぎ落としつつ、足もとはスニーカーでカジュアルに着こなして。後ろボタンスタンドシャツ¥16,000/SHOP Marisol(エムセブンデイズ) スカート¥59,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) ストール¥24,000/スロー 靴¥15,000/シードコーポレーション(ヴェジャ) バッグ/スタイリスト私物後ろボタンスタンドシャツ/エムセブンデイズ【SHOP Marisol】▶BLUEBIRD BOULEVARD (ブルーバード ブルバード)商品一覧【SHOP Marisol】▶靴/ヴェジャ【SHOP Marisol】▶撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「ピンク」を使ったコーデの関連記事もチェック
関連キーワード

RECOMMEND