【今日のコーデ】<佐藤栞里>残業ナシの水曜はボーイッシュコーデ+ボアブルゾンで可愛げアクティブに

DAILY MORE

幼さ回避のモノトーンカジュアルには女っぽ小物を盛るのがお約束♡

きれいめにはけてオンの日にも重宝するホワイトデニム。今日はアフター6を楽しみたいから、思いっきりカジュアルモードに♪ そうだ、手軽に幼見えが回避できる”モノトーン縛り”がいいかも。黒ニット×ホワイトデニムのシンプルコーデを、チャコールグレーのボアブルゾンで可愛くハズして。男の子っぽいアウトドア感と女の子っぽいモコモコ感がドッキングした最旬アウターなら、ウキウキ気分も加速する! あとは黒のストラップパンプスやカチューシャで、女っぽさをちょい足しすればOK。最後にひとつだけ、ピンクのミニバッグを斜めがけして可愛げもぬかりなく♡ 

ブルゾン(メンズ)¥19800/ビショップ(オーシバル) ニット¥25000/インターリブ(サクラ) パンツ¥13000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) 靴¥7400/マミアン カスタマーサポート バッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) カチューシャ¥2500/ヒロタ(31 Sons de mode) イヤリング¥2600/サンポークリエイト(ミミサンジュウサン) 靴下/スタイリスト私物

佐藤栞里の【今日のコーデ】をもっと見る>>


撮影/峠 雄三 モデル/佐藤栞里 ヘア&メイク/河嶋 希(io) スタイリスト/大平典子 取材・原文/野田春香 構成・企画/渡辺真衣(MORE)※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。

関連記事
  • ワンピース(ベルトつき)¥8900/リリアン カラット イヤリング¥18000/CITRON Bijoux バッグ¥25000/ADINA MUSE SHIBUYAベージュより明るくてイエローよりまろやか。春のトレンドカラー、たまごイエローをいち早く取り入れて。袖にたっぷり入ったギャザーやウエストベルトがアクセントになったニットワンピなら着るだけで「可愛い」が叶う!モデル/西野七瀬 撮影/千葉太一  ヘア&メイク/吉崎沙世子(io) タイリスト/加藤千尋 文/鈴木絵都子 web編成/吉川樹生 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。  ほかのコーデもCHECK! 馬場ふみかはふわっと透けるスカートでほんのり色っぽく【毎日コーデ】 今こそミニスカ! ロングブーツとの旬バランスで脱ありがち【毎日コーデ】 ブラウン&グリーン、旬な配色で冬コーデをアップデート【毎日コーデ】
  • ああ、しんどい。毎年のことではあるのですが、1月って仕事運が下降気味です。いろんなことが上手くいかない。さらにPMSで完全にネガティブ思考になってしまう。しかも、年末年始の休みに、『人新世の「資本論」』を読んで、ファッションにおけるエッセンシャルワークとはなんだろう?と考える日々。落ち込むことが多いですが、それでもドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の中の「ファッションは夢を与えるものだから」という一言に、そうだよね!そうだよね!と心が救われることも。緩急極まりない心理状態であります。 そんな私の救世主は、Katieのウサギポーチ! 手のひら大のサイズなので、うぅ(気持ちが)苦しい、という時に撫でております。柔らかい毛並みが最高に気持ちいい。こちら、口紅1本くらいしか入らない「使用価値」なんですが、私の心的治療には絶大な効果を発揮します。去年あたりからビッグメゾンがランウェイやらキャンペーンやらにぬいぐるみを使っていましたが、その気持ち、とてもよく分かります。そして、そのおかげで堂々と(モードですが何か?という顔で)このバニーちゃんを携帯できるようになりました笑。
  • 今季のGUは、旬色からボトム、アクセまで大充実♡ 完売必至の新作情報を、いち早くニュース仕立てでお届けするよ♪春のムード漂うパステルカラーが超豊富。その中でも特に女っぽさを高めてくれる3色にクローズアップ!■ライラック Lilacライラック×映える大きな衿でみんなの視線が全集中♡ 主役は顔回りをパッと明るくしてくれるライラックと、華やかな衿がキャッチーなブラウス。濃い色のデニムで辛さをミックスしてあげるとベストなバランスに! ブラウスはインして全身バランスをUPさせるのがお約束。 ブラウス(一部店舗のみ販売)¥1990・パンツ¥2490・ピアス¥790/GU(左)センタープレス×フレアだから、脚長効果抜群! パンツ¥1990/GU (右)衿つきできちんと感があり、レイヤードにも使いやすい。 ニット(一部店舗のみ販売)¥1990/GU優しげなホワイトとライラックが春らしいムードを盛り上げる 今季注目のライラックのスカートは、片側にギャザーが入っているから新鮮な印象に。どこか温かみのある白を組み合わせれば、一気に春らしい配色のコーデが完成する。 スカート(一部店舗のみ販売)¥1990・ニット(一部店舗のみ販売)¥1990/GU イヤリング¥3681/アビステ バッグ¥4980/L-clothes 靴¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)モデル/鈴木ゆうか 岡本夏美 撮影/峠雄三(モデル) 山崎ユミ(物) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/鈴木絵都子 本誌編集部 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 2021年のスタートは、情熱あふれる服とともに始めたい。SPUR3月号は、作り手の熱い思いや着る人のパッションにフォーカスし「情熱服」をテーマにお届けします。表紙を飾るのは、2021年を誰よりも熱い気持ちで迎えただろう、俳優の吉沢亮さん。大河ドラマ「青天を衝け」(NHK)の主演として、内なる炎を燃やしています。「クールに見られることが多いですが、赤い炎よりも青い炎のほうが温度は高いですからね。意外と熱いんです」と、その意気込みをインタビューで語っていただいています。 photography: Takemi Yabuki〈W〉 吉沢さんが大河ドラマで演じるのは、近代日本の礎を築いた実業家の渋沢栄一。そこで今回、渋沢栄一が設立に関わった帝国ホテルにて撮影を敢行。大河ドラマのタイトルとリンクし、吉沢さん自身も好きな色と語る「青」の装いで、スペシャルシューティングが実現しました。ちなみに、表紙(上写真)で着用したのはコム デ ギャルソン・オム プリュスの2021年春夏コレクション。〝メタルアウトロー″をテーマに逆境を乗り越える強さを表現した服は、激動の時代を生き抜いた渋沢栄一の不屈の精神にも通じます。表紙のほか、3月号では「吉沢亮 青の時代」と題した8ページにわたる特集を掲載。クラシックなホテルで最新の青いモードを自在に着こなす吉沢さんの姿は必見です! 今回の撮影の模様は、動画でもご覧いただけるので、ぜひ下記よりチェックをしてください。 また、連載「吉沢亮のTake Your Seat」もお忘れなく! ゲストに「青天を衝け」の演出を務める黒崎博さんをお迎えし、いち早く大河ドラマ撮影の舞台裏を紹介しています。 2月14日の「青天を衝け」放映開始に向け、ぜひSPUR3月号をご一読ください! SPECIAL MOVIE \  SPUR 3月号のご予約はこちらから!  / Amazonで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト)
  • スカートはいつもワンパターンのスタイリングになってしまう、という人も多いはず。小物使いや全身バランスを工夫することで、実はこんなに印象をチェンジできる!女っぷりスタイルに欠かせないレースセミフレアスカート @ Date ニットとシャツのレイヤードで"奥行きのある"スタイリングにトップスに辛口なブラウンシャツを投入して、ピンクベージュのレーススカート×エクリュのコートの甘さを中和。大人のキレを感じさせる。スカート¥35,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) コート¥98,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) タートルネックニット¥25,000/スローン シャツ¥42,000/エブールギンザシックス(ebure) バッグ¥190,000/カオス表参道(ザンケッティ) パンプス¥31,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) ピアス¥23,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル@Work カジュアルになりがちなダッフルコートをレーススカートが大人仕様に格上げダッフルコートのもつトラッドな雰囲気と、レーススカートの女っぽさ。テイストミックスすることで、それぞれの魅力がぐっときわだつ。旬のロングブーツでボリューム感のある足もとに。スカートは上と同じ。スカート/上と同じ ダッフルコート¥96,000/アングローバル(イレーヴ) シャツ¥21,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクスビームス) バッグ¥11,500/ティースクエア プレスルーム(フィオレッリ) ロングブーツ¥30,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) メガネ¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン)@ Shopping 直球のきれいめスタイリングを小物使いでカジュアルダウンほんのり広がるセミフレアと重ためレースアップブーツとの組み合わせが新鮮。フワフワのファーバッグで"可愛げ"をトッピング。スカートは上と同じ。スカート/上と同じ 共布ベルトつきコート¥76,000/デ・プレ(デ・プレ) ニット¥28,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) バッグ¥32,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(アニタ ビラルディ) ブーツ¥35,000/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ) ピアス¥26,000・ネックレス¥48,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)カジュアルにアレンジしやすいニットリブフレアスカート @Dinner 流れるように揺れる細めのフレアはショートコートともベストマッチ女らしいスタイリングに、ニット素材がひとさじのカジュアルさをプラス。友人とのディナーなど"ほどよくきれいめ"にしたい日にぴったり。スカートは上と同じ。スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) ショートコート¥85,000/ANAYI(アナイ) タートルネックニット¥34,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) チェーンバッグ¥64,000/ドレステリア 新宿店(メゾン ボワネ) ロングブーツ¥86,000/アマン(ペリーコ) ピアス¥35,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) ネックレス¥33,000/ココシュニック(ココシュニック)@Travel フーディとワントーンでまとめて旅カジュアルをモダンにアップグレードニットスカート+フーディはカラートーンをそろえてラフになりすぎない工夫を。ほんの少しのぞく白Tがアクセント。スカート/上と同じ コート¥110,000/オーラリー パーカ¥11,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) Tシャツ¥8,800/スローン バッグ¥38,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) スニーカー¥31,000/ティースクエア プレスルーム(デイト) サングラス¥38,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥18,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(フィリップ オーディベール)@Lesson ゆるめ&少し長めのニットを合わせて今季らしいワンツーコーデが完成シンプルなスタイリングこそ、サイズ感とバランスでトレンド要素をプラス。広がりすぎないリブフレアシルエットだから、フラットシューズとも好相性。スカート/上と同じ ニット¥32,000/エッセン.ロートレアモン(エッセン.ロートレアモン) ストール¥57,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア・エリス) バッグ¥41,000/CPR トウキョウ(アニタ ビラルディ) ローファー¥34,000/エストネーション(エストネーション) メガネ¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)▼着回ししたスカートの詳細はこちら【Marisol1月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 取材・文/発田美穂▼あわせて読みたい
  • コスパ服が高見えする旬のクリームトーンでしゃれ感たっぷりに♡”冬の白”コーデはやってみたいけど、汚れが気になるし着膨れしそうだし。ごまかしのきかないワントーンってお高い服じゃないと素敵に見えなさそう......。そんなお悩みをいっきに解消する「コスパ服で叶える最強の”冬の白”コーデ♡」をご提案! 定番ニット×可憐なレーススカートに『GU』のダウンジャケットをオン。異素材MIXでメリハリをつければ、着膨れ感なくしゃれ感アップが狙えて。さらにパキっとクリアな白じゃなくクリームがかった白を選べば、今っぽさも上品さも格別。仕上げに黒やブラウンの小物で大人シンプルな要素を足せば、高見え感もばっちり。これで全身3万円以下なんて嬉しすぎるっ!ジャケット¥3990/GU ニット¥3990/アメリカンホリック スカート¥11000/キャン(テチチクラシック) 靴¥3600/神戸レタス バッグ¥3200/ラコレ イヤリング¥1500/お世話や(OSEWAYA) スカーフ(一部店舗のみ販売)¥790/ユニクロ タイツ¥900/タビオ(靴下屋)佐藤栞里の【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/小川健太郎 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/高野麻子 企画・原文/福井小夜子 松本一葉(2人ともMORE)※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • カラーアウターの日は、定番タートル×ブラックデニムでほっそり見えを叶えて リブ編みの黒タートルは、主役に脇役にと大活躍する便利アイテム。どんなアイテムとも合わせやすく、リブのIラインが縦感を強調しスタイルアップも可能! きれいなブルーのリバーコートを着る日は、タートル×ブラックデニムで仕上げてシャープな表情にするのが気分。リブ&締め色でほっそりIラインにつなげたインのコーデで、やせ見えが叶うのが◎。ブーツで足先までつなげれば、脚長効果も絶大に!ニット¥13000/ストラ コート¥54000/アルアバイル パンツ¥15000/アプワイザー・リッシェ プレスルーム(アプワイザー・リッシェ) イヤリング¥4500/ライフズ 代官山店(TODAYFUL) ストール¥80000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア・エリス) バッグ¥14000/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店(フルフル) 靴¥23500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/来家祐介〈aosora〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/大平典子 モデル/佐藤晴美 取材・原文/野崎久実子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号 好評発売中!】
  • こんばんは。 いつもご覧くださりありがとうございます。 今年に入ってから私の美容に変化が。 今まではとにかくコスメが大好きで、特にアイシャドウとリップの収集癖がすごくて・・ という感じで(今も平均よりは集めてるけど)きましたが、 いま夢中なのはスキンケア! ハリとツヤと透明感をどうしたら出せるか、良い状態をキープできるか日々研究中です。 そして最近はパーツケアにも力を入れ始めました。 ①セルフホワイトニング コスメキッチンで購入した ニューパールのセルフホワイトニング美容液。 筆ペンタイプになっていて、歯磨き後に塗布するだけで使うほどに歯がトーンアップ! テレワークやおうち時間が増えて、自然とコーヒーの摂取頻度が上がり、元々気になっていた歯の黄ばみが更に気になるように。 マスクを人前で外す機会は限られますが、 だからこそ貴重なマスク無しの笑顔は綺麗でいたい! LEDライトでしっかりケアするマウスピースタイプも購入したので、Wケアで頑張ってます。 ②冬も潤うためのヘアケア ヘアケアで愛用中なのは ラ・カスタのデンスヘアケアセットサブゼロ。 優しい香りとふわふわの泡で、しっとり潤いとまとまりのある髪に導いてくれるシャン&コンです。 ギフトにもおすすめ♡ もうすぐ春verも発売されるみたいで、今から楽しみです。 発売中のBAILA2月号でお試しさせていただいたTHEPUBLICORGANICSの精油シャンプーも香りが良くてとってもおすすめ! 是非紙面でコメントもチェックしてください♡ ③最高峰のアイケア 年々小さくなってる⁈涙 と疑いたくなる目元も、乾燥や日々のPCに酷使されお疲れモード。 ということで、憧れのCHANEL様のLE LIFTに挑戦。 もう香りだけでも効果あるのでは?と思う程に上品な香り。 こっくりまろやかなテクスチャーで、目元の薄ーい皮膚にシルクのベールをかけたような塗り心地。 最高です。 *** 30代だからこそ、盛る美容より土台を整える美容が気になり始めた今。 自分と向き合う時間を惜しまず、日々研究を続けたいと思います。 最後までお読みくださり ありがとうございました♡ Instagramもやってます♡
関連キーワード

RECOMMEND