【最新12星座占い】<11/1~11/14>哲学派占い師SUGARさんの12星座占いまとめ 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

DAILY MORE

[目次]


  1. 【SUGARさんの12星座占い】<11/1~11/14>の12星座全体の運勢は?

  2. 【SUGARさんの12星座占い】12星座別の運勢


    1. 《牡羊座(おひつじ座)》

    2. 《牡牛座(おうし座)》

    3. 《双子座(ふたご座)》

    4. 《蟹座(かに座)》

    5. 《獅子座(しし座)》

    6. 《乙女座(おとめ座)》

    7. 《天秤座(てんびん座)》

    8. 《蠍座(さそり座)》

    9. 《射手座(いて座)》

    10. 《山羊座(やぎ座)》

    11. 《水瓶座(みずがめ座)》

    12. 《魚座(うお座)》


【SUGARさんの12星座占い】<11/1~11/14>の12星座全体の運勢は?

「風通しのよい真実味」

11月7日の「立冬」を過ぎると、木枯らしが吹き始め、日に日に冬めいてくるようになります。 

まだまだ晩秋の装いが色濃く残っている時期でもありますが、「雪中花(せっちゅうか)」の異名をもち、雪の中でも香り高い水仙が咲き始めるのもこの頃。そんな中、11月15日に迎えていく今回のさそり座新月のテーマは「真実を告げること」。 

それは世間一般や他者のリアリティーへ順応することや黙認することを拒んで、自分本来の波長にとどまり、自分のことを正確に認識してもらうよう、相手や周囲に要求していくこと。 

平安時代末期に中国より渡来した水仙は、室町時代になって一休禅師が『狂雲集』で「美人ノ陰ニ水仙花ノ香有リ」とエロティックなもののたとえに詠んだことで知られるようになりましたが、和歌にはほとんど詠まれていません。それは都からはるかに遠い辺鄙な海辺や岬などにひっそりと咲いていたから。 

しかしこれからの時代、このように水仙に例えて真実を語る人たちの存在は、ますます隠しきれないものとなり、互いにゆるやかに連帯しては離れ、つながっては適切な距離をとり、といったことを繰り返していくでしょう。そして今回の新月は、多くの人にとって、そうした風通しのよい関係性へと近づいていくための大切な一歩となっていくはずです。

《牡羊座(おひつじ座)》(3/21〜4/19)

今期のおひつじ座のキーワードは、「怖れと不安と驚嘆と」。

今日、地球環境の保全やエコロジーへの真剣な取り組みの必要性が声高に叫ばれていますが、一方で、ゲーテ流の自然研究やその方法の重要さについてはほとんど知られていないように思います。 

ゲーテの『自然科学論集』はもとより、『ファウスト』やさまざまな詩篇などに触れたことのある人なら、ゲーテによってとらえられた自然が、五感によって観察された表面的事実だけでなく、生命の本質である創造と破壊など、活動する生命の深奥にあるものを象徴的に表したものであるということは、容易に見て取れるのではないでしょうか。 

例えば、そうした生命活動の本質としての「根源現象」について、『箴言と省察』の中に次のような断章があります。 

根源現象が私たちの感覚に対して裸のままで出現すると、私たちは一種の怖れを感じ、不安にさえ襲われる」 

これは別の断章内にある「活動的な無知ほど恐ろしいものはない」という一句と突き合わせると、よりビビッドに現代の私たちに響いてくるように思います。 

ゲーテによれば、「感覚的な人たち」が驚嘆のなかに逃げ込むのに対し、活動的な理解力の持ち主は、もっとも高貴なものをもっとも卑俗なものと結びつけて、わかったと思おうとする、と。ただいずれにしても、根源現象はわれわれ人間には直視しがたいのだとゲーテは述べている訳ですが、そういう現実を踏まえた上で、次のようにもアドバイスしています。 

人間は、不可解なものも理解できるという信念を持ち続けなければならない。さもないと、探究をしなくなるだろう」 

これは今期のおひつじ座にとってもよき指針となるでしょう。その意味で、時には「本当に何もわからないで生きているのだ」と言ってみるのも悪くないはず。 


参考:岩崎英二郎・関楠生訳『ゲーテ全集 13』(潮出版社) 

《牡牛座(おうし座)》(4/20〜5/20)

今期のおうし座のキーワードは、「友愛」。 

フランスの代表的なモラリスト(人間探究者)であり、不朽の名著『エセー』の著者であるモンテーニュは、実際には16世紀ルネサンス期の乱世に生きた、成り上がりの武人貴族でもあり、地方領主でした。 
 
フランス全土で内乱内戦が続き、権力中枢が目まぐるしく移り変わっていた当時は、裏切りや寝返り、謀略、強迫、暗殺、闇討ちだまし討ちなど何でもありの世相であり、モンテーニュはそんな群雄割拠の時代を隠遁者として生き抜いた人物だったのです。 
 
そんな疑心暗鬼になって当たり前の世界で、彼はあえて友人との関係の在り方を説き、その中で次のように述べていました。 
 
真の友愛においては、私は友を自分の方に引き寄せるよりも、むしろ自分を友に与える」 
単に私よりも彼自身の方が益するようにと私は願う。彼がもっぱら彼自身によくしているときこそ、彼はもっとも私によくしているのである。」 
 
彼がここまで言えた背景にあったのは、何らかの機縁や便宜によって結ばれた互いに利害の一致する相手との交友ではなく、若くして亡くなった心の友ラ・ボエシとの、短くはあったが緊密な交友でした。 
 
二人の結びつきの深さに関しては、当のモンテーニュでさえ「それは彼であったから」であり「私が私であったから」としか答えようがありませんでしたが、その臨終の場面で遺したラ・ボエシの「別になんら不快な感じはしない」し「それほど悪いものじゃない」といった言葉に、モンテーニュは深い感銘を受け、その意味するところをその後の人生を通じて考え続けていったのでしょう。 
 
「自分を友に与える」とは恐らくそうした意味の上で書かれた言葉であり、モンテーニュにとってラ・ボエシの存在は、一番の理解者であったと同時に、突きつけられた一つの謎でもあったのかも知れません。そしてそれは今期のおうし座においても、程度の差こそあれ、通底してくる感覚があるはずです。 
 
 
参考:モンテーニュ、原二郎訳『エセー(全六冊)』(岩波文庫) 

《双子座(ふたご座)》(5/21〜6/21)

今期のふたご座のキーワードは、「詩人の作法」。

時間の使い方をめぐって、“成功する“ために自己啓発的なノウハウが語られた書籍や記事は数多いですが、フランスの哲学者ガストン・バシュラールが『詩的瞬間と形而上学的瞬間』というエッセイにおいて述べている時間の使い方は、「真実を告げるための時間の使い方」について触れている点で明らかに異彩を放っています。 
 
いわく、「自分に固有の時間を、他人の時間に帰属させないことに慣れること。自分に固有の時間を、事物の時間に帰属させないことに慣れること」であると。 
 
前者はなんとなく惰性的に続いてしまう社会的な枠組みや体裁の持続を破るための習慣のことであり、後者はなんとなく惰性的に続いてしまう現象的な枠組みや体裁の持続を破るための習慣のこと。 
 
もちろん、前者だけでも難しいことであり、後者も心がけるとなるともっと難しいでしょう。ですが、バシュラールはさらに続けてこう言うのです。 
 
自分に固有の時間を、-これは難しいわざだが―生の時間に帰属させないことに慣れること―心臓が鼓動しているかどうか、喜びが萌しているかどうかといったことをもはや知らないこと―すなわち持続の生の枠を破ること。」 
 
すなわち、みずからが生きている上で自明(あって当たり前)とされている一切の前提や原則を拒否することができたときに初めて、時間の平板な水平性はすべて忽然と消え失せて、そこにつながれていた存在を解放させることができるのであり、そこでは「時間はもはや流れるのではなく、噴きあげる」。 
 
つまり、そうした垂直的時間の立ち現れにおいてこそ詩的瞬間は築かれるのであって、詩人はそこで無益な生のすべてをおろして身を軽くしていくのだと。 
 
今期のふたご座もまた、本当に自分が生きて存在していることを遅ればせながら感じていくためにも、ときどき平らな時間への縛りつけをほどく瞬間が訪れることをみずからに促していきたいところです。 


参考:ガストン・バシュラール、渋沢孝輔訳『夢見る権利』(ちくま学芸文庫) 

《蟹座(かに座)》(6/22〜7/22)

今期のかに座のキーワードは、「小さな鐘」。

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』の主人公で貧しい少年ジョバンニが敬愛する人物として、カンパネルラという名前の少年が出てきます。彼は溺れた友人を救うために死んでしまうのですが、ジョバンニは彼とともに銀河鉄道に乗って宇宙旅行をしていくのです。 
 
ここで思い起こされるのは、ルネサンス期に生きた同じ名前の哲学僧トマーゾ・カンパネッラです。彼は学生時代にはガリレオと交友があったそうですが、何と言っても近世ユートピア思想の先駆である『太陽の都』(1623)の作者として知られています。 
 
カンパネッラは、地球も星も宇宙もすべて感覚を有していると見なすとともに、そのなかに住む人間がいかに卑小であるかを説き、人間の慢心を戒めているのですが、例えば「自惚れに対する素晴らしき発見」という詩には次のようにあります。 
 
自惚れは信じやすき人間をして、万物も星もそれらがわれらより強く美しきものにも拘わらず、感覚も愛も有せざるものと信じさせ、ただわれらのためにのみ回転すと信じさせり」 
さらに、われら以外のものはすべて野蛮で無知にして、神はわれらのみを眺め給うと信じさせ、かつまた、神は僧職にあるもののみを救うと信じさせしめり。かくして、各人はただ自己のみを愛するに至れり」 
 
宮沢賢治は熱心な日蓮宗徒でもありましたから、こうしたカンパネッラのきびしい自己批判にも少なからず感化されたのでしょう。なお、カンパネッラとはイタリア語で「小さな鐘」を意味する言葉ですが、その慎ましい響きも含めて、作者の宮沢賢治もまた、実際にカンパネッラという名の人物に敬愛の念を抱いていたのかも知れません。 
 
今期のかに座もまた、宮沢賢治やカンパネッラのような宇宙感覚や生命感覚のなかに、何かしら響いてくるものがあるはずです。 例えば、自分を愛するということが、そのまま同時に、誰かと共に在り、響きあっていくということでもあるような。そんな在り方に開かれていきたいところです。
 

参考:カンパネッラ、坂本鉄男訳『太陽の都・詩篇』(現代思潮新社) 

《獅子座(しし座)》(7/23〜8/22)

今期のしし座のキーワードは、「積み重ねの不思議」。

日本史上でも指折りの哲学者として世界的にも評価されている西田幾多郎は、「絶対矛盾的自己同一」などの言葉遣いの難解さのためか、国内ではその思想的可能性はいまだ十分に評価が定まっていませんが、彼が遺した書簡に目を向けてみると、思想だけでなくその人柄の奥深さにも気付かされます。 
 
西田は50歳で長男を、55歳で妻を亡くした他、若くして亡くなった娘を何人ももつなど、家族に多くの病人を抱えて長いあいだ苦労してきた人でしたが、学生時代からの終生の友であった山本良吉へ57歳の時に書いた手紙の中で、歳月の積み重ねの不思議について次のように述べています。 
 
人間といふものは時の上にあるのだ。過去といふものがあつて私といふものがあるのだ。過去が現存してゐるといふ事が又その人の未来を構成してゐるのだ」 
 
彼は続けて、それを特に妻が7,8年前に倒れた時に深く感じたと言い、「自分の過去といふものを構成してゐた重要な要素が一時なくなると共に自分の未来といふものもなくなつた様に思はれた」という切実な感想を記しています。 
 
明治維新や文明開化の号令からの流れと軌を一にするべく、当時(あるいは今でもなお)“過去に縛られず未来に開かれて生きる”ことこそ自らの自由意志によって人生を切り開く、あるべき近代人の姿なのだと考えられていたことを思えば、西田という人が時代的潮流に惑わされることなく、ただひたすら徹底的におのれの人生や体験をもとに思索を深めていったのだということが改めてよく分かるのではないでしょうか。 
 
今期のしし座もまた、そんな西田のようにどうしたら世間に早く広く評価されるかではなく、まず自分にとっての真実を何度も何度も掘り下げていくことを大事にしていきたいところです。 
 

参考:『西田幾多郎全集 18』(岩波書店) 

《乙女座(おとめ座)》(8/23〜9/22)

今期のおとめ座のキーワードは、「意識的な催眠」。

アミエルといっても今でもほとんど知られていないと思いますが、19世紀を生きたスイス人の哲学者で死後に30年数年にわたって書き続けられた『内面の日記』によって世界的に有名になった人物です。 
 
彼は少年の頃に孤児になり、生涯にわたり独身でしたが、ひたすら孤独な自己の慰めに、自身の苦悩、苦しみ、悲しみ、寂しさを、毎日毎日ノートに書き続けました。興味深いのは、その膨大な日記のある個所で、アミエルが日記への批判を行っている点です。 
 
日記は怠惰の枕である。すべての問題を論じないで済むし、同じことを繰り返してもよく、内的生活のあらゆる気まぐれや迂路を歩むことも、何一つ目的を立てずにいることもできる」 
一時の痛み止め、散らし薬、切り抜け策でしかない」 
 
しかし彼はそれでも日記を書き続けるなかで、こうした自己批判をも乗り越え、日記を通じてみずからの心と行を鎮まる境地をも経験していきます。 
 
生きるとは日に日に治り新たになることであり、また、再び自己を見出し取り返すことである。日記は、孤独な人の打ち明け相手、慰安者、医者である」 

この毎日の独白は、祈りの一形式、精神とその原理の談話、神との対話である。これによってわれわれは、面目をすべて取り戻し、混沌から明晰へ、動揺から平静へ、散漫から自己統一へ、偶有性から恒久性へ、特殊性から調和へと立ち返るのである」 
 
こうしたアミエルの記述を読んでいると、日記とは意識的な睡眠のようなもので、そうしたプロセスを経てはじめて私たちは宇宙的な秩序へと回帰していけるのだという気がしてきます。 
 
今期のおとめ座もまた、そうした何でもない地味な作業を毎日毎日続けていくことの大切さに改めて思い至っていくことになるかもしれません。 
 

参考:アミエル、河野與一訳『アミエルの日記』(岩波文庫) 

《天秤座(てんびん座)》(9/23〜10/23)

今期のてんびん座のキーワードは、「自己の半身の立て直し」。

地球環境問題は誰もが否定できない重要課題ではあるものの、日本では特にきれいごとやお題目とされやすく、具体的な自分の日常やふるさとの風景が一変する危機が間に迫らないとなかなか本気になって目を向ける人は少ないように思います。 
 
そしてこれは世界全体や日本経済と自分の家庭のふところ事情に置き換えても、同じことが言えるのではないでしょうか。 
 
「経済」と訳された「エコノミー」の語源はギリシャ語の「オイコノミア」で、これは「オイコス」(Oikos)と「ノモイ」(Nemu)という二つから出来ていて、「ノモイ」は法律やルール、規則、「オイコス」には主に家、家計、共同体という3つの意味があったそう。 
 
つまり、どこにどうやって住まうか、何を出し入れしてそれを成り立たせるか、どんな人たちと関わるか、といった家庭のルールを決めてそれを運用していくことが、本来の意味での経済活動なんですね。 
 
スペインの思想家オルテガは、『ドン・キホーテをめぐる省察』の中で、「人びとはつねに遠い彼方の何かのために戦い、通りすがりのかぐわしいスミレの花を踏みつぶして」いるのだと分析した上で、「私とは、私と私の環境である。私がもし私の環境を救わなければ、私自身は救われないことになる」と述べましたが、今まさに自身の経済や環境を踏みつけにしている人のなんと多いことか。 
 
その意味で、今期のてんびん座は、自身の経済や環境を改めて救っていくための計画を立て直していくことがテーマとなっていくでしょう。 
 
 
参考:オルテガ、長南実訳『オツテガ著作集 1』(白水社)

《蠍座(さそり座)》(10/24〜11/22)

今期のさそり座のキーワードは、「心身一如」。

仏教哲学者の鈴木大拙にはある有名なエピソードがあります。欧米で禅の思想を広める際、聴衆の前で両手で柏手をうち、その音が右の手の音か左の手の音かをたずねて煙に巻いたというものです。 
 
これは大拙が日本人のこころを「霊性」という言葉で捉えたことと深く関係しており、地に足のついていない精神主義に陥らず、なかなか言語化しにくい心身一如(いちにょ)の在り様を巧みに指しているように思います。 
 
彼は無心ということの真の意味も、宗教的なものの神髄も、そうした無意識を突き破ったところにある「云ふに云われぬ不思議」に求めていきましたが、返す刀で智(理性)の世界に収まり切らないその外側に慈悲の世界があって取り囲んでいることをすっかり忘れてしまった現代人を、『人間本来の自由と創造性をのばさう』という随筆の中で、次のように批判してみせました。 
 
智は悲(慈悲)によつてその力をもつのだといふことに気付かなくてはならぬ。本当の自由はここから生まれて出る」 

少し考へてみて、今日の世界に悲―大悲―があるかどうか、見てほしいものである。お互ひに猜疑の雲につつまれてゐては、明るい光明が見られぬにきまつてゐるではないか」 
 
こうした見地から最初に述べたパフォーマンスを振り返ると、それはまるで合理的理性の作り出した「猜疑の雲」を晴らすべく相応の覚悟を抱いてとり行われた行為であったことが分かってくるはずです。 
 
今期のさそり座もまた、もし自身を通じて少しでも世界を明るくしていきたいのならば、頭だけでそれを考えたり伝えていこうとするのではなく、悲(慈悲)を込めた行為を通して指し示していくことがテーマとなっていくでしょう。 
 

参考:『鈴木大拙全集 20』(岩波書店) 

《射手座(いて座)》(11/23〜12/21)

今期のいて座のキーワードは、「大きな表明と小さな断念」。

ニーチェは時代が現代へと移っていく20世紀の前夜に「神は死んだ」と言うことで、あらゆる価値の相対化とニヒリズムの到来を端的に示しましたが、そうした大きな真理の表明を行っていく基礎の部分には、細部にわたって人間をつぶさに観察していく眼の動きがありました。 
 
例えば、『人間的な、あまりにも人間的な』の「もっとも必要な体操」という断章には、次のように述べられています。 
 
小さな自制心が欠如すると、大きな自制心の能力も潰えてしまう」のであり、「毎日少なくとも一回、なにか小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も駄目になるおそれがある」ということをよく踏まえた上で、最後に「自分自身の支配者となるよろこびを保持したければ、この体操を欠かせない」と結んでいます。 
 
ニーチェのように大胆不敵で一面において極めて奔放な人が、これほどまでに日々の小さな自制心の行使を大切にし、小さな断念のすすめをしていることに驚く人も多いのではないでしょうか。 
 
彼は別の断章の中で、「自分の不名誉になるような考えを最初に大胆に表明することは、自立への第一歩になる」とも述べていますが、おそらくそうして小さな断念を積み重ねていくことこそ、彼なりの自己実現法であり、大きな大胆さを呼び込むための儀式に他ならなかったのだと思います。 
 
今期のいて座もまた、真理が悪態をついてあなたの元を離れていってしまうことのないように、まずは日常にいくらでも転がっているみずからの不名誉や自己欺瞞をよく観察し、一挙にそれをどうにかしようとするのではなく、ひとつひとつ小さく区切って断念していくことを心がけていきたいところです。 
 

参考:ニーチェ、池尾健一・中島義生訳『ニーチェ全集 5・6』(ちくま学芸文庫) 

《山羊座(やぎ座)》(12/22〜1/19)

今期のやぎ座のキーワードは、「アクロバット的転換」。

歴史の大転換期には、後から振り返れば当然に見えても、当時の時代状況に即して考えてみると、さながらアクロバット的としか言いようのない思想潮流の切り替えがあるものです。 
 
例えば、資本主義の精神の源流とは何であったのかを振り返っていくとき、切り替えの要点は、それまで神から与えられた使命、天職だけを意味してきたドイツ語の「ベルーフ(Beruf)」という言葉が、現世の職業労働にも当てはめられるようになったことに求められます。 
 
首謀者はマルティン・ルター。彼が、旧約聖書をドイツ語に翻訳する際に、そういう意味を与えたのが始まりであり、それ以降、営利の追求への罪悪感は決定的に薄れていったのだと言います。 
 
しかし、ルターはなぜそのようなことを成し得たのか。E・H・エリクソンによる『青年ルター』を読むと、その激情的でドラマチックな生涯が間近に迫って展開されてくるようですが、特にここで注目したいのは、次のような場面。 
 
21歳の折、修道院に入ったマルティンは聖歌隊において突然発作を起こして倒れ、「それは私ではない」と叫んだという出来事が起こりました。著者はこれについて、「おまえは悪霊にとり憑かれているのだ」と言って彼の修道院入りを罵倒した父親に無意識に答えたものであり、彼の願望は「神に直接、何の困惑もなしに語る」ことだったのだ、と。 
 
つまり、マルティンは実の父親と天の父という二人の“父親”をめぐってアイデンティティの危機に直面していたのであり、その葛藤を創造的に乗り越えた成果が、結果的に時代や国をこえて近代的な労働観念として受け継がれていったという訳です。 
 
今期のやぎ座もまた、仕事や職業観をめぐる歴史的な転換を促す潮流と個人的な問題とが同期しつつあるように思います。その意味で、どこまで自分事として“歴史の現在”を捉えていくことができるかが、少なからず問われていくでしょう。 


参考:E・H・エリクソン、西平直訳『青年ルター 1・2』(みすず書房) 

《水瓶座(みずがめ座)》(1/20〜2/18)

今期のみずがめ座のキーワードは、「二つの天職」。

日本人に宗教はないと言われるようになって久しいですが、その問題に対して既に100年近くも前に明確に否を突きつけていた人に明治・大正のキリスト者・内村鑑三がいます。 
 
内村は、世界のなかで孤立化を深めていく当時の日本の行く末を憂いつつ、『日本の天職』(1924)の中で「日本人は特別にいかなる民であるか。私は答えて言う、宗教の民であると。かく言いて、私は私の田に水を引き入れんとするのではない」と書いてみせたのです。 
 
日本にはキリスト教の更新を担って世界に尽くす使命があると確信し、日本人を「宗教の民である」と断言した根拠に関して、現代の物質文明は日本にとって一時的な現象であり、その時代は今や終ろうとしており、その間際において、日本人は自分たちがイギリス人のような商売人でも、アメリカ人のような物質に憧れる民でもないことに目覚めつつあるのだと述べています。 
 
無論、歴史を振り返れば日本はその後、内村の言葉に反する方向へと突き進んでいった訳ですが、丸一世紀が経とうとしている21世紀の日本の行く末やその「天職」について考えてみるとき、内村の言葉にはハッとさせる何かがあるように思います。 
 
内村は日本がその使命を実現するのは「亡国とまでは至らざるも、その第一等国たるの地位をなげうちての後」になろうと述べており、この言葉にまさに日本という国の現在の姿を見る人は多いはずです。 
 
今期のみずがめ座もまた、内村ほどではないにせよ、自分の天職(使命)ということと自分の属する共同体や国家の天職とをどこかでつなげて考えてみる中で、今自分が何をするべきか、どこへ向かっていくべきかということを見直してみるといいでしょう。 
 

参考:松沢弘陽編『日本の名著38 内村鑑三』(中央公論新社) 

《魚座(うお座)》(2/19〜3/20)

今期のうお座のキーワードは、「弱いものに従う」。

近年の欧米では、人間をキリスト教―特にプロテスタントの考えるような“強いもの”ではなく、“弱いもの”と見なして、弱者の権利を助けるイスラム教の考え方に共感を持つ人々が増えているという話を聞いたことがあります。 
 
こうしたイスラム教の考え方への見直しは、老人の人口比率が増大している他、障害者だけでなく社会にさまざまな「弱者」が再発見されている現代日本においてもやはり大変重要なトピックでしょう。 
 
例えば、ケアということを「支える」という視点からだけではなく、「力をもらう」という視点からも考えていく上で、イスラム教の開祖である預言者マホメットの言行録『ハディース』の一節である「力強いとは、相手を倒すことではない。それは、怒って当然というときに心を自制する力を持っているということである」という言葉は大いにヒントを与えてくれるように思います。 
 
怒って当然。つまり、相手の理不尽な権利主張を無視して、自分の主張や要望をそのまま無理やり押し通しても構わないだろうという判断に「必然性」が感じられる時というのは、必ずその背後に「強いものに従うべき」という判断の後押しが存在します。 
 
しかし、必然であるということは、そうしかしようがないという意味で、そこに「自由」の余地はありません。だとすれば、それを裏返して、「弱いものに従う」という判断にこそ、「自由」があると言えるのではないでしょうか。 
 
「心を自制」して、あえて自分を空白にする。その上で相手の存在の内側へと自分を巻き込ませてみること。結果として、相手からこちらの空白へと何かが流れ込んでくる。それが「力をもらう」ケアの在り方といえます。 
 
今期のうお座もまた、自分のペースに相手を巻き込んだり、必然性の文脈をつくろって従わせるのではなく、あえて自分を差し出し、巻き込まれてみることで、自由になっていく。そんなケアの倫理へと開かれてみるのはどうでしょうか。 
 

参考:黒田寿郎訳『40のハディース』(イスラミックセンター・ジャパン)

<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。




--------占いの関連記事もチェック--------

ルネ・ヴァン・ダール研究所のMORE HAPPY占い(無料)

365日お誕生日占い(無料)


文/SUGAR イラスト/チヤキ

他の占いもCheck▶
関連記事
  • しっとりうるおい、しかも愛らしいアイテムが勢ぞろい。ジルスチュアートの春の新作は、紅茶の香りに包まれながら肌を磨くアイテムやぷっくり若々しい唇をかなえる濃密リップバームなど、どれにしようか迷ってしまうラインアップ! 発売以来話題の誕生石リップの新作情報もお届けします。まだ寒いですが、時にホッとするような日差しを感じる瞬間も出てきましたね。コーディネートに徐々に春色を取り入れるように、ビューティにも春っぽいアイテムを投入したくなるシーズンです。そんな気持ちに応えてくれるのがジルスチュアート ビューティ。可憐な見た目はもちろん心が華やぐ香り、そして大人も納得の効果を備えた春の新作が続々と発売されます。まずはこちら。「紅茶の香り」のアイテムです。ティーバッグに見立てたボックスに収められているのは、ポーチにも忍ばせやすい手のひらサイズのハンドクリーム。保湿だけではなく抗酸化・抗炎症の効果もあるといわれる紅茶エキスを共通配合しています。コクのあるクリームは、まだ浅い春のカサつく手肌にもまろやかにのびてベタつかず、指先までしっかりとうるおいを届けてくれます。香りもそれぞれ個性的。右端のアッサム ミルクは甘くまろやか。濃厚なミルクティーの湯気の向こうから優しいラベンダーが漂い、癒し度満点です。中央のハニー & オレンジはみずみずしいオレンジから始まって、上品なハニーの甘さが溶け合います。幸せ感が高まり、前向きな気持ちになれそう。左端のアールグレイ ホワイトフローラルは、アールグレイから清らかなホワイトフローラルへと移り変わる大人っぽいけれどイノセントな香り。いずれもフレグランスのように時間と共に香りの変化が楽しめるところがポイントです。自分だけで楽しむのがもったいなくて、ちょっとしたギフトとして誰かに送りたくなりました。ハンドクリーム 全3種 30g 各¥1500/ジルスチュアート ビューティ<2月5日(金)限定発売>同時発売のボディミルクは、ピンクのハンドクリームと同じアールグレイ ホワイトフローラルの香り。紅茶エキスをはじめヴァージンココナッツオイルやカカオバター、ピーチエキスにラズベリーエキスなど、ちょっと美味しそうな保湿成分がたっぷり。アールグレイを思わせる爽やかなベルガモットとホワイトフローラルの甘い香りがふんわり漂うみずみずしいテクスチャーは肌なじみ抜群。乾燥した脚や腕を瞬く間に柔らかくツヤめく肌へと整えてくれます。ボディミルク アールグレイ ホワイトフローラル 250mL ¥3000/ジルスチュアート ビューティ<2月5日(金)限定発売>2月5日発売の新作ニュース、まだまだ続きます。限定品ではなく新製品のリップバーム、これがまた優秀すぎて! いま、手放せなくなっているんです。リップグロウ セラムバームは、センチフォリアローズやエーデルワイスなど3種のフラワーエッセンシャルエキスを含む9種類の美容成分を配合したシアー発色の血色感リップバーム。ミント・トウガラシ・ジンジャーといったリッププランパーでおなじみの成分も配合されているので、縦ジワを回避し若々しいぷっくり感もプラスしてくれるような。1本でいくつもの欲求をかなえてくれる優れものなんです。この色とりどりのジュエルな見た目も眼福。さらに、ジルの人気リップ、ルージュ リップブロッサムの1.5倍のボタニカルワックスを配合しているそうで、唇への密着感と保湿実感がずば抜けているんです。みっちり・しっとり・そしてぷっくり。乾燥が加速するマスクの下の唇にこれほど頼もしいリップバームはなかなかありません。キャップのミラー(便利!)を開くと中の色が見える、窓つきパッケージにも大助かり。外出のミニポーチへのINはもちろん、オンラインミーティング直前の身だしなみにもぜひ!リップグロウ セラムバーム 全5色 各¥2800/ジルスチュアート ビューティ<2月5日(金)発売>新作、まだあるんです。少し前にご紹介した星座石リップ・ラッキージェム マイリップスの新色もご紹介しちゃいます。2月5日発売の1本は魚座の星座石・アクアマリンをイメージ(左)。ミルキーなライトブルーにピンクのパールがきらめきをオン。3月5日発売は牡羊座の星座石・ルビーにインスパイア(右)。繊細なブルー・レッド・シルバーの細かいパールが揺れるように繊細に輝くルックスが魅惑的です。ラッキージェム マイリップスは水分に反応して唇を染めてくれるティントリップなので、自分だけの色を持てる楽しみも。もちろん、こちらも保湿力は保証します!ラッキージェム マイリップス 各¥3000/ジルスチュアート ビューティ (左)02 gregarious Pisces<2月5日(金)限定発売> (右)03 alluring Aries<3月5日(金)限定発売>そしてラストにもうひとつ(いや2品)だけ! ジルスチュアートらしい無垢なホワイトフローラルの香りが人気のエブリデイブライト UVプロテクターにトーンアップタイプのラベンダーカラー(左)と、顔もボディも、そして髪にも!と全身に使えるUVカットスプレー(右)が限定登場します。いずれもSPF50+/PA++++の頼もしさでこの愛らしさ! たまりません。こちらは2月26日(金)発売。紫外線が本格化する前にぜひゲットしてください。エブリデイブライト UVプロテクター トーンアップラベンダー ホワイトフローラル 60g ¥2800、同スプレー ホワイトフローラル 60g ¥2000/ジルスチュアート ビューティ<2月26日(金)限定発売>というわけで、2月&3月も新作が目白押しのジルスチュアート ビューティ。すでに予約がスタートしているものがあるので、お目当てのアイテムを見つけたらぜひお早めにチェックしてくださいね!●「ジルスチュアート ビューティ」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • フェミニンで洗練されたラベンダー色は、冬のさし色としても上品かつぴったり!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます自分が見ても相手が見ても元気になれる柄スカートを履けば気合が入って仕事もどんどんこなせそう。ブラウス×スカートのマンネリおしゃれをも一気に活性化してくれるのは品のあるきれいなラベンダー色。オフィスにふさわしいきちんと感もありつつ、後ろウエストゴム仕様だから快適に過ごせるのが嬉しい。艶ボウタイブラウス¥15,000(商品コード:371431)・スカート¥17,000(商品コード:377341)/SHOP Marisol(エムセブンデイズ) コート¥72,000/MOGA 靴¥20,000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) バッグ/スタイリスト私物撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/吉村友希 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「柄スカート」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • しばらくはマスクとのお付き合いが続きそうですね。そんな日々だってメイクは楽しみたい人に読んでいただきたいです。マスク生活って本当憂鬱ですよね…。 そしていろんな意味で息苦しいです。 「マスクするからスッピンでいいやー」っていう声もよく聞きます(笑) 気持ちはわかる…。 しかーし、アラフォーともなるとそうもいかない。 メイクはマナーだったりもするし。 私はリモートだろうが、オフィスだろうが、基本的に仕事の日は常にバッチリメイクです。 メイクって武装というか、私の中でエンジンかける時間だったりもします。 でも、こんなに頑張っても、半分くらいマスクで隠れちゃう。切ない。 でもでも、女性に生まれたからにはメイク楽しみたい! ということで、私はマスク着用時でもちゃんとメイクがアピールできるポイントを解説したいと思います(笑) ・オンライン ・マスク着用 この2点をポジティブポイントにしたいと思います。これは10月の結婚式にお呼ばれした時の写真です。 フルメイクです。でも、結婚式の時と、日常のメイクって私はほとんど変わりません。 マスク取ると常にこんなメイクしています。 結婚式の際は、マスクを取ることを想定してメイクしましたが、日常においては基本着用しっぱなしですよね。 オフィスで撮った写真がこちら。加工なし。それよりも背景気になりますよね(笑)弊社はとても眺めが良いのです…!今日もバッチリメイクです(笑) マスクの下もちゃんとメイクしているであろう感が伝わるかと思います(笑) 私が日々、仕事をする時のメイクで意識していることは二つ。 「色味」と「位置」です。 この二つが押さえられていると、マスク映えするメイクになると思います。 まず色味ですが、 マスクを着用すると、目で見える顔面の範囲は半分になります。 リップメイクは見えません。全顔見えている状態を「10」とすると、マスク着用時は「5」になります。 「5」をそのまま「5」にしていると、「ちょっと元気がない印象」になると思います。 リップやチークで色味のバランスを出していたと思いますが、それらがないからです。 なので私は、アイメイクに以前よりも色味を使うことを意識しています。最近は「レッド系」にハマっております。 真ん中のトムフォードのアイシャドウは、Marisol1月号にてえびちゃんが付けていました❤︎ 写真だとちょっと色がボケてしまいますが、実際は結構はっきり色が出るタイプです。 これらのアイシャドウを気分に応じて日々ローテーションで使い分けています。 マスクの時はいつもよりラメ感があっても、too muchにならないと思います。 オンラインだと、メイクの色味は飛びがちです。 いつもの濃さだと時には「ちょっと顔色悪い人」になりがちです。 マスクをとって参加する際は、リップも通常よりしっかり目、もしくは濃いめを付けています。そしてチーク。 「チークなんて見えないじゃん」と言われそうですが、いつも通りの位置に乗せていたのではそうなりますよね。 マスクの際は、ちょっと上めに乗せるのがポイントです。 写真だとちょっと伝わりづらいかもしれませんが、マスクの上からちゃんとチークが顔を出すような位置に入れています。 BAの方にも言われましたが、マスク着用時にチークの位置を変えることでお顔の印象も変えられると。 ですから、チークを入れる位置はいつも付けているマスクのサイズなどに合わせて変えることをお勧めします。 あとは「線」もしっかり意識したいところです。 アイラインや眉もしっかり整え、メリハリを出すことも大切だと思います。こちらもとある日のメイク。 この日もバッチリ(笑) スキンケアもですが、メイクもしっかり楽しむ日々を送っております!最後にこの日の髪型。編み込みです。たくさんの人に褒めてもらいました♡No.202 marico
  • 働き方改革が進むなか、新型コロナウイルスの感染拡大によって社会が目まぐるしく変化しています。転換期が訪れようとしている女性の働き方について、テレビ東京『WBS(ワールドビジネスサテライト)』の大江麻理子キャスターと一緒に考えてみましょう! BAILA読者のみんなは どう働いている? 本音は?  <目次> 1.withコロナ時代、アラサー女子はどう働いている? 2.大江麻理子キャスターも変わった!withコロナ時代の女性の働き方 3.自分らしい働き方を選ぶための5つの心得って? 4.withコロナ時代の働き方、大江麻理子さんと藤井佐和子さんがアンサー! .bai_mokuji_template1911 { margin-top: 8px; } .bai_mokuji_template1911 li { text-indent: -0.8rem; padding-left: 0.8rem; line-height: 1.2rem; margin-bottom: 8px; color: #333; } .bai_mokuji_template1911 li:last-child { margin-bottom: 0; } 1.withコロナ時代、アラサー女子はどう働いている? BAILA読者のみんなはどう働いている? 本音は? 【137人にアンケート】 在宅勤務が定着して、結婚後も家庭と仕事を両立できるかもと考えが変わってきた(30歳・人材)もっと自由に働き方を自分の意思で選択したい(39歳・金融)負担のない範囲で今自分ができることを最大限にやりたい(31歳・サービス)今の会社を辞めざるを得なくなったら何をしようか考えるようになった(34歳・メーカー)コロナ禍で収入ダウンしたけど、副業していたおかげで助かった(31歳・食品)どんな業界でも絶対はないのだなと。生き抜く力をつける必要があると感じた(34歳・金融)目まぐるしく変化する世の中でこれから長い人生、自分が幸せに働き続けられるのか漠然と不安(32歳・建設) (※アンケートは2020年11月に集計したものです) Q 2020年働き方に変化がありましたか? 「はい」が64%、「いいえ」が36%。【変化の内容(複数回答可)】1位 テレワーク(41%)2位 時差出勤(23%)3位 短時間勤務(10%)4位 副業(5%)6割以上が「変化あり」と回答。圧倒的に多かったのはテレワーク。「テレワークをしてみて週5の出勤は不要に感じた」(32歳・教育)。一方で「キーワーカーのためずっと通常勤務」(36歳・医療)という声も Q その変化によって、仕事の満足度はどう変わりましたか? 「上がった」が32%、「変わらない」が39%、「下がった」が29%。業種や職種によりコロナの影響が異なり、変わらない人は「慣れないテレワークにストレスを感じたマイナス面と、家事と仕事を両立しやすいプラス面、両方あった」(33歳・IT)。上がった人は「コロナで仕事のありがたみを再認識」(34歳・食品)「テレワークで業務が効率化した」(33歳・商社)、下がった人は「自宅待機で給与減に」(30歳・航空)などの声が Q 現在はテレワークをどのくらいしていますか? テレワークを「まったくしていない」が63%、「している」が37%。「している」と答えた人のうち、「毎日」が6%、「週3~4日」が11%、「週2日以下」が20%となった。コロナ前は読者のテレワーク実施率は約1割にとどまっていたが、大幅に上昇。緊急事態宣言下が実施率のピークで、現在は出社勤務に戻りつつある人も。一方、業種や地域、会社の方針で状況に差があり、「対応が遅く会社に不信感を持った」(32歳・教育)との不満も Q 副業をしていますか? 「はい」が18%、「いいえ」が82%。6割以上が「コロナをきっかけに副業に興味を持った」と回答するも、勤め先が副業を認めている人は約3割。実践者は18%にとどまった。内容は「インスタグラマーとして月10万円の収入あり」(33歳・通信秘書)「ネット記事を書いて月1万円」(30歳・IT)「不動産賃貸」(37歳・公務員)など多岐にわたる Q今後、働き続けていくうえで不安はありますか? 不安が「ある」が85%、「ない」が15%。【どんな不安がありますか?(複数回答可)】1位 自分の収入(61%)2位 ワークライフバランス(45%)3位 自分の健康(41%)4位 勤め先の業績(38%)5位 自分の雇用(37%)大多数が不安あり。コロナ禍で収入が減った人が3割に上り、やはり自分の収入を心配する声が多い。「収入が減り、会社に依存しない生き方を身につけたいと思った」(30歳・旅行)「コロナで会社と自分にズレを感じ転職を検討している」(33歳・不動産)「ワークライフバランスのためにフリーランスを考え始めた」(31歳・デザイナー)との声も Q 今の勤務先でこれからもずっと働きたいですか? 「はい」が39%、「いいえ」が23%、「どちらともいえない」が38%。今の勤務先で働き続けたい人は約4割。「今の業務量を考えると出産後は違う勤務先で働きたい」(32歳・金融)といった本音が。「何歳まで働き続けたい?」という自由回答の質問には75%の人が60歳以上の年齢を回答。なかには「働けるうちはずっと」(35歳・情報)との声も Q スキルアップのために何か実践していますか? 「実践しようと思っている」が33%、「実践している」が27%、「特に実践する予定はない」が40%。6割が積極的な回答。実践している人のなかでは語学やIT系資格への関心が高く、仕事に生かすための専門分野の勉強を含めてそれぞれ具体的な目標を持って取り組んでいる人が多かった。「数年前から同業者で語学の勉強会を開いており、今はオンライン開催に」(36歳・外資メーカー)などコロナ禍で滞りがちな人脈づくりを心がけている人もいた withコロナ時代、アラサー女子の働き方を詳しくチェックする 2.大江麻理子キャスターも変わった!withコロナ時代の女性の働き方 大江麻理子(おおえ まりこ) テレビ東京報道局ニュースセンターキャスター。2001年入社。アナウンサーとして幅広い番組にて活躍後、’13年にニューヨーク支局に赴任。’14年春から『WBS(ワールドビジネスサテライト)』のメインキャスターを務める。 【大江さんが選ぶ】振り返るべき働き方のニュース 2015年6月 政府が、2020年に男性の育児休業取得率を13%にするという目標を掲げる 「日本再興戦略2015」にて閣議決定されたが、2020年7月に発表された2019年度の男性育児休業取得率は7.48%。過去最高とはいえ目標達成は厳しい結果に 2016年4月 安倍政権のもとで、女性活躍推進法が施行 「女性が輝く社会」を目指した安倍政権。国や地方公共団体、民間企業に、女性が働きやすい環境づくりを求める法律が10年間の時限立法として施行された 2019年4月 働き方改革関連法が施行 働く人が多様な働き方を自分で選択できる社会の実現のために働き方改革が始まり、長時間労働の是正などの制度が大企業で導入。中小企業は’20年4月~ 2020年4月 「同一労働同一賃金」本格スタート 正社員や非正規などの雇用形態に関係なく、業務内容に応じて賃金を決めることで不合理な待遇差を解消する制度が大企業で導入。中小企業は’21年4月~ コロナ拡大で緊急事態宣言発令。テレワークが一気に普及 「コロナ禍で、結果的に働き方の選択肢は増えています」 働き方改革が進むなかで起こった新型コロナウイルスの感染拡大。今、女性の働き方にはどんな変化が?「まず、働き方改革の一環として同一労働同一賃金制度が導入されたことが大きな変化ですね。正社員と非正規雇用労働者の不合理な待遇差をなくす制度です。人手不足の深刻化から、優秀な非正規の人材を正規雇用に切り替える企業が増えています。その対象に女性がなっていることも多いですね。ただ、雇用環境が上向くいい変化のなかでコロナ禍となってしまったため、業種によっては雇用が大幅に減少しています。需要が減った業種で働いていた人が、ニーズのあるほかの業種に移動できるかが、今後の雇用の課題と言えます」アンケートでは、テレワークを働き方の変化に挙げた読者が多数。「コロナ禍でのテレワークの拡大は、まさに大きな変化です。家事と仕事のバランスがとりやすくなった読者の声が多くありましたね。場所や時間にとらわれない柔軟な働き方の選択肢が、仕事や生活の質を上げる一助になっている人もいるでしょう。また副業が増えている傾向もあります。もともとの職業での収入減を補填するためや在宅勤務によって生まれた時間を有効活用したいためなど、さまざまな理由があるようです」コロナをきっかけに、働き方の多様化が加速したのでしょうか?「『感染を防ぎながら持続可能な働き方をするには、事業を継続していくには、どうすれば』と世の中が必要に迫られて働き方を多様化していった部分はあると思います。それによりいろいろな事情を抱えている人が労働市場に参加しやすくなったという意味では、結果的にコロナは労働市場の間口を広げることになったと言えます。働き方改革の流れとともに、働き手にとっては働き方の選択肢が増えて、仕事がしやすい社会になりつつあるのではないでしょうか。大きな変革を受けて、より自分らしい働き方を追求できる環境になっていくといいなと思っています」 「変化の激しい時代でも自分次第で心地よく働ける」 激動の時代において、変化に柔軟に対応するため大江さんが心がけていることとは? 「『無理かもしれない』『怖い』といったネガティブな感情から入らないようにしています。『どうすればできるか』とポジティブな言葉に置き換えて想像すると、そのイメージに近づいていく気がするんです。先の見えない時代ですので自分が思ってもみなかった境遇に身を置かれることもあるかもしれませんが、そんななかで環境を自分にとって心地のよいものに近づけられるかは、自分の考え方や行動で変わってくると思います。私の場合、脳内のポジティブなイメージが自分を支えてくれていますね」 多くの読者から先の見えない社会で働き続けることに不安を感じるという声が。「この状況ですから誰でも不安をお持ちだと思います。ただ感情に揺さぶられているだけでは事態が打開できないので、冷静に情報を収集することを心がけてみるとよいと思うんですね。自分の収入や会社への不安を埋めるために副業という選択をしたり、転職を真剣に考える人も増えています。コロナによって業績が落ち込む業種や企業がある一方で伸びているところもあるので、時流をきちんと把握することがまず重要です」世の中を知ることに加えて、自分を知ることも必要と語る大江さん。 「目の前のことに丁寧に取り組む。それを積み重ねていくことを私は大切にしています。目標が遠すぎたり大きすぎたりすると、たどり着くのが大変。でも近くの小さい目標なら一つひとつクリアしていくことができます。それは自信につながり、経験を通して自分との対話を繰り返すことで、『自分に向いていること』や『自分はこういうものが好き』といった自己分析ができていくと思うんですね。働き方の選択肢が増えた今、自分がどういう生き方をしたいのかを見つめて選択するために『自分をよく知る』ことがこの激動の時代には必要だと思います」 大江さんにとっての「小さな目標」は毎日の『WBS』のオンエア。 「その日のオンエアに全力で集中して、みんなで作り上げる喜びを共有し、前向きに次につなげていく。そういったところが楽しくてここまで続けてこられた気がします。働くことをお金を得るための手段としてだけ考えたら苦痛かもしれませんが、自己実現の手段、大切な人間関係、知的好奇心、誰かの役に立つ喜びなど、仕事を通じて得られることがきっといろんなシーンであると思うんですね。そういう楽しみを見つけながら私は日々を積み重ねています」 大江さんの働き方は変わりましたか? Ⓒテレビ東京 テレワークを始めて取材の幅も広がりました! コロナ前は対面で行っていた会議や打ち合わせが、コロナ後はほぼリモートに。自宅や出先からも多くの会議に参加できるようになりました。また、インタビューをリモートで行う選択肢が増えたことで海外在住の方にも話を聞けるようになり、取材先がよりワールドワイドになったのも大きな変化です。 大江さんが解説!withコロナ時代の女性の働き方を詳しくチェックする 3.自分らしい働き方を選ぶための5つの心得って? ゲスト講師 キャリアカウンセラー 藤井佐和子さん (株)キャリエーラ代表。延べ13000人以上の女性向けキャリアカウンセリングを行う一方、企業へのダイバーシティ研修やスキームづくりの支援、講演など幅広く活躍。 これからは…選択肢が増えて主体性が問われる時代に! 「今後は働き方の選択肢が増えていくので、そのなかで『自分がどう働くか』を自分で決めていかないといけません。主体性がないと選択肢がありすぎて決められず困ってしまいます。正解がひとつではない時代だからこそ、自分の軸を持って自分を信じられることが大事。自分軸をつくるためには、考えすぎずに多くの経験を積むことです。人材の流動性がますます高まるので、職務経歴書に何社も書いてあるのが必ずしもマイナス評価にはなりません。何かのスペシャリストになる以外にも、専門性の異なるさまざまな仕事を経験することでオンリーワンの人材になるというのも強いと思います。転職をせずとも、今働いている会社でできることを増やすのもよし。ライフステージに合わせて働き方を自分で選び取れる時代になっていくと思います。主体性を持って自分らしい働き方を選ぶための心得は大きく5つあります。人生を幸せにする行動。それは、自分で決めて、自分で一歩踏み出すことから始まります!」 【持っておくべき心得1】引き出しを増やして自分なりの軸をつくるのが30代! 「主体性を持って判断するのに必要なのが自分の軸。30代は太い軸をつくる時期です。とにかく経験を積んで、自分ができること=引き出しを増やしましょう。経験を通じて『私はこれを大事にしたい』『これが得意』『自分はこういう人間なんだな』と感じることが自分の軸になっていきます。まずは目の前の仕事に全力で取り組むことから。仕事の人脈を広げること、ニュースや求人をはじめ幅広い情報にアンテナを張り、好奇心を持って世の中の課題やニーズをとらえること、すべてが軸を太くし主体性を高める糧となります」(藤井さん、以下同) 【持っておくべき心得2】変化の激しい時代に対応できる、柔軟な自分でいる! 「自分の気持ちや体力、ライフステージ、世の中の価値観、職場での期待の変化を見ながら、仕事とのつきあい方を変えていくのが長く働き続けるための秘訣。社会情勢も、勤め先の会社の方向性もどんどん変わっていき、企業の吸収合併も盛んな中で、いつまでも過去の価値観や働き方、仕事のペースにしがみついていては取り残されてしまいます。これだけは譲れないという自分の軸とバランスをとって、時代とともに自分をアップテートしながら、しなやかに働いていきましょう」 【持っておくべき心得3】完璧じゃなくても、希望を口に出すようにする! 「やりたい仕事は言えば言うほど実現しやすいもの。多様な働き方をしている人が隣にいる職場になっていくからこそ、今後は積極的に自分から発言しないと気づいてもらえません。たとえ完璧なプランがまだなかったとしても勇気を出して言ってみると、いろんな人が助言をくれたり、人を紹介してくれたりします。伝えるときのコツは、自分の要求だけでなく『自分がすることでこういう貢献をしたい』と自分と相手がWin-Winになるかたちで発信すると、より受け入れてもらいやすいと思います」 【持っておくべき心得4】セルフマネジメント力を身につけておく! 「テレワークが普及しフリーランスや副業も増え、セルフマネジメント力が不可欠に。自己管理にはタイムマネジメント、健康管理、やる気や感情のコントロールがあります。特に自分なりのモチベーションスイッチや感情のクセを見つけておくことが大切。自分の変化に気づくために、たとえば『毎日5分でもいいからお風呂につかる』など、自分と向き合うルーティンを持つといいですよ」 【持っておくべき心得5】仮でいいから、具体的な目標を常に持っておく! 「これからは自分で目標を設定する力が必要。目標がないと人は動けません。まずは自分がイメージできる未来の目標を自由に書いてみましょう。ポイントは仮でいいということ。3年後でも5年後でも10年後のことでも、『いつ結婚、出産』などといったシミュレーションでも何でもOK。『何をやりたいか』に加えて『どういう人になっていたいか』も書いておくと、近づくために自分の行動が変わるきっかけにも。仮でいいからとにかく設定すると、自己管理ができ、だんだん自分がわかってきて励みになります」 自分らしい働き方を選ぶための5つの心得を詳しくチェックする 4.withコロナ時代の働き方、大江麻理子さんと藤井佐和子さんがアンサー! 大江さん&藤井さんがみんなのお悩みにアンサー 【悩み1】 転職したいのですが、求人数が少なくて悩んでいます(32歳・不動産営業事務) 【藤井】 今は求人数が少ない職種とそうでない職種には大きな差があります。多くの企業がデジタルシフトを見据えているので、事務職の求人は少なめです。今の仕事の延長線だけでなく、ステップアップできる職種にチャレンジするのもいいかもしれません。 【大江】 不安を解消するためにもまずは情報収集を! おすすめは、景気ウォッチャー調査。内閣府のHPで誰でも見られて、地域別にさまざまな業種の人がどんな景気の肌感覚を持っているかがわかり、参考になるはず。 【悩み2】 若いころは目標を持って働けたのに、30代になり、コロナ禍もあって何のために頑張るのかわからなくなりました。「いい企業」とは、出世の意味とは……。最近わかりません(34歳・メーカー) 【大江】今回のコロナのように外的な要因で社会ががらりと変わることがあるからこそ、自分を高めることを怠ってはいけない気がします。「出世したらどんないいことがあるか」ではなくて、「出世ができるくらい自分を高められているといいことがあるかもしれない」という考え方をしてみて。【藤井】コロナによる大変革で、みんな感じていることは一緒です!今はとにかく目の前の仕事をきちんとやり切ることを意識しましょう。コロナを乗り切った経験が自信と次のチャンスにつながります。 【悩み3】 自分の仕事がAIに奪われていく仕事といわれているので、将来心配です(33歳・商社事務) 【大江】 AIに奪われない仕事といわれる、感性を使った仕事を自分がしたいのかどうかを考えてみるのが第一。したいと思うのであれば、そのために自分の興味がある分野について勉強したり、自分の引き出しを増やす作業をコツコツ続けておけば、いざというときにほかに選択肢がある自分になれるかもしれないですね。 【藤井】 心配なら、勤め先が急にデジタル化を進める前に、今のうちにキャリアチェンジを視野に入れましょう。転職のほか、社内での部署異動や職種転換でかなえるという選択肢もありますよ。 【悩み4】 人生100年時代などといわれ、いつまでも働かなくてはならない世の中になっていきそうで怖いです(34歳・小売) 【藤井】おっしゃるとおり、先は長いので健康に気をつけないといけませんね。長く働くうえでは、「年を取ってから世の中に必要とされるか」がすごく大切。周囲から必要とされる素敵なおばあちゃんになるために、今から自分ができることを増やしていく、自分に投資するといった行動が必要ですね。【大江】これからそうなっていくのではなくて、「いつまでも働かなくてもいい人がいた世の中だった」ということでしょう。これまでも自営業の方など生涯働き続けている人はいましたし、日本の歴史のなかでも、多くの人が定年後に退職金と年金で暮らしていける時代が長くあったわけじゃない。少子高齢化が進む中、状況が変化するのも自然の摂理です。いつまでも働きたくなければ老後までにお金を残す選択肢もありますし、すべて自分の行動にかかっているんだと思います。 【悩み5】 これから出産・育児をしていきたいのですが、そうすると管理職にはなれないのではと悩んでいます(37歳・広告) 【藤井】 まずは今の自分の状況でどう両立できるか考えてみましょう。そこで大切なのは、100%一人で頑張ろうとしないこと!今のうちから子どもがいる同僚の力になるよう積極的に動くことで、将来お互いがサポートし合える体制を職場で築いておくのも手です。 【大江】 自分のキャリアの選択肢に管理職を入れていない人も多い中で、あなたは管理職を視野に入れている時点で、チャンスが大いにあると思います!育児をしながら働くことに不安を抱く女性が多いというのは、本来社会が解決すべき課題。社会全体でどんなサポートが必要かを真剣に考えていかないといけませんね。 【悩み6】 何かスキルアップしたいのですが、これからはAIによって語学力は必要なくなるという記事を読んで、英語学習のモチベーションが下がっています。何から始めたらよいですか(37歳・メーカー) 【藤井】 「何かスキルアップしたい」から始めず、自分が純粋に興味のある分野や、仕事をしていてこの知識が足りないなと思ったことを学ぶといいんじゃないでしょうか。スキルアップ=勉強でなく、必要なのは経験かもしれません。目の前の仕事ができるようになることも立派なスキルアップです! 【大江】 英語はあくまでツールですので、英語で誰とどんな話がしたいのか、自分のどんな仕事に生かしたいのかを考えれば、モチベーションにつながると思います。 大江さんと藤井さんがアンサー!withコロナ時代の働き方に関する悩みを詳しくチェックする 撮影/中田陽子〈MAETTICO〉 イラスト/小迎裕美子 取材・原文/佐久間知子 構成/松井友里〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • ON・OFF切り替えはアクセサリーで 仕事とプライベートの切り替えスイッチになっているアクセサリーをご紹介します。 小学生と保育園児、2人の子育てに日々手こずっていて 特に週末は、今はどこへも行けないですし基本は家でずっと一緒。たまった家事や習い事、遊び相手でヘトヘト。完全に”母・ぐったり疲れモード”になったまま、月曜日の朝を迎えます。 そんな時に気持ちを切り替えてくれるのが、ガツンとボリュームのあるアクセサリー。 子供を園に送って行った後、ミニポーチから取り出して手もとや耳もとに装着。それだけで、今から仕事!と気持ちがオンモードになるんです。帰宅後は玄関で全部はずしてまた母モードへ。 いつの間にか、オンとオフのスイッチのようになっていました。 今はオンラインで買えるものも多いので、スキマ時間にお気に入りのサイトを覗いて気分転換。 @escapers_online @leemarche @artidaoud 在宅勤務の日も、リングやピアスを身につけることで気持ちを切り替えています。 ちょっとしたスイッチやルーティンで心地良く、寒さが続く日を乗り切りたいです。今週も頑張りましょうね  
  • 順風満帆、安定のキャリアを継続するか?私の幸せな生き方の葛藤の日々! こんにちは! 前回から少し間があいてしまいましたが、 【後編】のその後、 会社員をしながら、起業するまでのストーリーを書きます。 キャリアの選択って、本当に悩ましい!! 年齢を重ねるほどに役割も責任も多くなって 軽やかな選択ができにくくなる。 私も巡りめくように変わっていったキャリア感。 何が正解なのか、やりがいなのか、幸せなのか とにかく悩み、葛藤した1年でした。 前回記事 ▶ 2021年の私の新しい生き方【前編】はこちらから前回記事 ▶ 2021年の私の新しい生き方【後編】はこちらから私は20年以上、ずっと会社員をしてきので 「起業」なんてことは考えたことはなかったし 自分には縁遠い世界、そう思っていました。 ところが、ブログをきっかけとした 発信をはじめていくにつれて、 だんだんと自分の強み、魅力に気づきました。 それが人のお役に立てることであり、 自分のやりたいことだ、といことに気付いたのです。 「自分の得意な事・好きな事」     × 「人の役に立つ・喜ばれること」     × 「自分のやりたい熱意」 これが揃うとビジネスになると言われます。 今思うと、まさにこの状態に自然となっていたように思います。 一度しかない人生だから、 やりたいことをやり尽くそう! と、起業を目指すことにしました。 ところが!!  ちょうど同じ時期に 管理職への昇格が決まったのです。 私はキャリアのステップとして管理職になることを 一つの目標にしていました。 憧れの管理職! でも、その時は、起業に気持ちが傾き始めていたし 実際に起業に向けた準備も進めていた矢先。 大きく気持ちが揺れ動きます。。。 どちらか一つを選択することはできず、 その後は、管理職をしながら 起業の準備をはじめました。 起業コンサルをお願いし 本格的に準備をスタートしたので 時間もお金もかなり費やしました。 本当にうまくいくのか、不安だらけでした(笑) 管理職の仕事も、求められることが変わり やりがいもあるけれど、 責任もプレッシャーも多くありました。 それでも、何とかビジネスの立ち上げの目途がついた頃 今度は、コロナ禍へ突入。。。 働き方も変わりましたし 世の中の常識もどんどん変わっていく‥ この時は、もう前に進むしかなかった。 だから、とにかくやれることをやり、 2020年6月に起業をしました。 起業してみて、新しい世界が広がり、 自分の名前や自分のスキルで 人が喜んでくれる、誰かを幸せにできる喜び。 これは、魂が震えるほど嬉しいことでした。 会社員は、自分の力ではどうにもできないことや 理不尽なこともありますが、 それを、乗り越えていく方法を考えたり いろいろなスキルを持った方と協力して 実現していく楽しさがありました。 また、世の中の情報も集まってくるので 自分では知りえない世界や知識を得ることは 大きなメリットだと思います。 フリーランスは、働く時間や場所は、 自由であるけれど、安定も保障もない世界。 一方、会社員は、時間の拘束はあるけれど 抜群の安定感と保障がある。 どちらもメリット、デメリットがあるし 違うやりがいがある。 だから、会社員も起業もどっちもやりたい!! / やっぱり、 どっちも楽しんじゃおう♡ \ そう思って、走り続けてきました。 やりたいことがやれる喜びや楽しさ、 充実感もあって、無我夢中で ここまで駆け抜けてきましたが、 現実的に、2人の子育てをしながらの Wワークは時間的にかなり苦しかった。。 この時期は、Marisolをじっくり読む時間さえも 取れないほどでした(笑) 娘は4歳(年少)息子は6歳(年長)結果、会社員を卒業するという決断をし、 2020年末で退職をしました。 決断の理由は「 時間 」でした。 月~金のフルタイムの仕事に加え、 起業の仕事をこなすためには、 当然、週末の家族や子供との時間を 削ってしまうことも多くありました。 このままでいいのかなぁという思いと 罪悪感は常にありましたし、 正直なところ・・・ しんどかったんです。 それでも、退職に踏み切れなかった理由は 会社員の安定を手放すのが怖かったから。 20年以上も会社員として働いてきたから やっぱり怖かった!! その恐怖に向き合い、葛藤を重ねながら 「ほんとうの自分の幸せは何か?」 を真剣に突き詰めたときに、 / 時間の自由が欲しい! もっとわがままに、自分の幸せを追求して 生きていきたい! \ これが私の本音だったのです。 でも、こんなわがままを言ってもいいのか そんなことが許されるのか、 という後ろめたさもありました。 これは、完全に思い込みなのですが、 長年、会社員をしてきた私にとって 自由って、どこか許されない ずるいことのようにも思えたのですね。 自由ということは、 すべての判断が自己責任だから、 / 自分の人生を 自己責任で生きていく覚悟 \ こう思えて、腹をくくったことで、 会社員を辞める決断ができました。 *********************** 今はまだ、フリーランス1年生で ベビーステップですが、 ぶっちゃけ、フリーランスってどうなの? ということについても、 リアルに書いていければと思います! 美女組ブログを読んでいただいている皆様も それぞれのキャリアに悩まれることがあるかと思います。 私からひとつアドバイスできるとしたら それは、 / 自分の気持ちに正直に生きること。 \ やらない後悔よりも やってみて苦労した方がいい! 自分の人生だから、 我慢よりも幸せを追求したいと思います。 私の経験が少しでも参考になれば嬉しいです♪ インスタや個人ブログでも、 お仕事のこと、日々の出来事をアップしていますので フォローいただけると嬉しいです。 質問も大歓迎です。 では、Happyな一日をお過ごしください♪ *** chicca・Instagram ***No.185 chicca
  • 誕生日には今後の1年への決意もこめて、自分に贈り物をするという習慣がなんとなく定着してきました(ただのお買い物の言い訳とも言います)。誕生日に限らず、特別な日に自分のために買いたいもの……いろいろあるのですが、私の場合はいつもエルメスの「カレ」(シルクスカーフ、私は90cm×90cmのスタンダードなタイプが好きです)が第一候補で、少しずつではありますが、「これ素敵」となった柄のものを以前よりコツコツと集めています。 今年の誕生日に「俺へのプレゼント」、略して「オレゼント」に選んだのは「シュヴァル・ドゥ・フェット」柄のカレ。春夏の新作です。柄は、50年代~70年代のポーランド派の映画ポスターのオマージュとのこと。ヤン・バイトリク氏のデザインです。中央に配された馬と、ロゼットのモチーフがとてもグラフィカルにアレンジされています。カラフルな色使いもとても好みで、見せていただいた瞬間に「これください」となっていました。巻き方によって印象がかなり変わるのも素敵です。大体、首元にふんわり巻くか、頭にターバンのように巻くというアレンジが多いのですが、目を引くスタイリングのポイントになってくれそうで楽しみ。 保存 開いてみたところはこのような感じ。馬というメゾンならではのモチーフと、モダンな色の組み合わせが本当に素敵! 実は、即決した理由はもうひとつありまして、カラフルな柄のベースに敷かれていたのが紫だったこと。(すみませんここから謎のオタクトークが始まります……)昨年あるグループのメンバーのファンになり、現在絶賛おしゃれなメンカラ紫(メンバーカラー・メンバーごとに割り振られたイメージ色です)を探し求める旅に出ているのですが、こちら、ベースが濃いめの紫なのです。面積は少ないけれども、カラフルな色(他のメンバー)を自然に包み込む感じが当推しのイメージと通じる気がする(いつもふざけているけど実はメンバーのことちゃんと見てるみたいな、そんな感じなのですよ)……と勝手に気持ちが盛り上がってしまいました。 今まで人生の節目で自分に贈ってきたカレも、それぞれにとても思い出のあるものです。手に取るだけでその頃のことを思い出せる、そんなコレクションを続けていくのも素敵かなと思っています。 保存
  • 今すぐ取り入れたい!重くなりがちな冬コーデにおすすめのレイヤード1月も下旬になり、そろそろマンネリ化しがちな冬ファッション。 のっぺり見えてしまうこともあるワンツーコーデにはレイヤードを取り入れるのがおすすめです。 H&Mのミントグリーンのニットで少し春を意識しつつ、首の詰まった白のインナーで程よいカジュアル感をプラスしたこちらのコーデ↓この白のインナーは、UniqloUのヒートテックコットンクルーネックT(メンズ商品)です。 普通の白T感覚で使えて、あたたかさも申し分なし。 気に入って3色購入しました。 SサイズとXSサイズを持っています。 1/24現在、1500円→790円に値下がりしているのでおすすめです! 続いてはハイネックをインしたレイヤードスタイル。私はトレンドの襟付きニットにインすることが多かったです。 このハイネックはユニクロの超極暖なんです! ヒートテックウルトラウォームハイネックT(長袖・超極暖)という商品です。こちらもインナーっぽさがなく、本当に寒い日の強い味方。 ニットのインにはもちろん、春先にはシャツの中に着たりもしています。 Sサイズで首元がきついということもないので、普段選ばれるサイズで良いと思います。続いてはこちら。 きちんと見えするレイヤードにはシャツ合わせがGOOD!ネイビーのニットはユニクロのプレミアムラムクルーネックセーター(Lサイズ)。 2990円→1290円になっていたので迷わず購入。 シャツはGUのバンドカラーロングシャツ(Mサイズ)です。 最近一番迷うのはサイズ選び。 以前はジャストサイズのSサイズを当たり前に選んでいました。 ところがオーバーサイズを着るのが主流になってからは、できるだけサイズ違いを着比べるようになりました。オンラインサイトのレビューも必ずチェックします。 特にレイヤードコーデは首元や裾の見える分量のバランスが大事なので商品のサイズ表も見るようにしています。同じシャツを使って、別のニット合わせも。GUのキーネックニット(Lサイズ)です。 こちらも値下がりしていたので追加。 デザイン性があって、TシャツやハイネックとのレイヤードもOK! ボリューム袖ですが、ショート丈なので、意外とバランス良く着られます。以上、レイヤードコーデまとめでした。 インスタグラムもよろしくお願いします♡No.161 愛
関連キーワード

RECOMMEND