春のオレンジ!!少しヌーディに落ち着いた大人ビューティ

Marisol ONLINE
皆さま 
こんにちは。

一月も半ばが過ぎ、冬物も少し飽きてきたこの頃です。
ダークカラーや冬のニットを着てもどこか少し明るいカラーを取り入れたくなってきます。

そして、化粧品にしてもお洋服にしても…
あちらこちらで『春』が並んでいますね。

新年とともに発売される春のMAKE UPシリーズ。
愛用のSUQQUで春のカラーコレクションを見てきました。
チーク▶︎限定色 グロウ タッチ アイズ▶︎新色
チーク▶︎限定色 グロウ タッチ アイズ▶︎新色
SUQQUのMAKE UPシリーズは、各々の色に合わせて付けている素敵なネイミングにいつもワクワクしてしまいます。

2020春夏注目&トレンドカラー『イエロー』。

SUQQUでは、アイシャドウ、チークにもイエローカラーが限定色で発売されています。

そして今回、買ったMAKE UPは二つ。
⚫︎グロウ タッチ アイズ 新色『眩滴−MAISHIZUKU−』
⚫︎チーク 限定色『蜜柑重−MIKANGASANE−』
  • 眩滴−MAISHIZUKU−
    眩滴−MAISHIZUKU−
  • 蜜柑重−MIKANGASANE−
    蜜柑重−MIKANGASANE−
【グロウ タッチ アイズ】
目元を一本の単色で色と立体感を作り出せるリクイドアイシャドウです。
パウダー派の私は、奥二重の為か…リクイドタイプのものは、長時間経つとよれてしまい、色が無くなってしまう傾向にあります。
でも、この『グロウ タッチ アイズ』は、長時間よれなく発色もそのまま。とても心地良く使えると実感。

色味は、どんなリップメイクにも似合いそうなアーバンベージュです。
  • そのまま色をのせて
    そのまま色をのせて
  • 指で濃淡を出しながら付けていきます
    指で濃淡を出しながら付けていきます
【チーク】
いつもは、オレンジ系のピンク派。
今回は、『蜜柑重−MIKANGASANE−』ネーミングそのままのオレンジカラー。

試しに付けていただいた時に、優しくホワッと付けるとヌーディに仕上がります!とアドバイスを貰いました。
アラフォー世代、ヌーディ過ぎると血色のない感じに仕上がってしまうので…(笑)
その点は「イノセントオレンジ × サンイエロー」の二色のカラーを上手に使い、濃淡を付けていい仕上がりにしたいですね。
【女子会ランチの日】グロウ タッチ アイズ•チークを使ってのMAKE UP
【女子会ランチの日】グロウ タッチ アイズ•チークを使ってのMAKE UP
自身に似合うメイクカラー。 
お洋服をセレクトする時と同じように、自身のトータルイメージを持ってMAKE UPカラーを選ぶことも一つの選択かなと思います。

最近の私は、ショートヘアスタイルがどんどん短くなり、マニッシュ感が強くなるので、お洋服はどこかに必ず女性らしい形のものやアイテムを足すようにして、上質雰囲気を出すようにしています。
MAKE UPもそれに合わせてヌーディな落ち着いた大人ビューティに変えてみようかと…
皆さまも『春』のMAKE UPを楽しんでみては?(*^^*)

いつも最後までお読み下さり、ありがとうございます。

関連記事
  • 冬コーデにベージュアイテムを1点でも取り入れると、アラフォーに必要な女らしさと品の良さ、華やかさが手に入ります。40代におすすめの最旬のベージュアイテム活用コーデをお届けします!■ベージュのベーシックコートコーデフェミニンなレースブラウスはブラックならモード感のある甘さでイタさに直結する心配なし。ハンサムな白パンツとベーシックなベージュコートで華やぎをプラス。 ブラウス¥38,000/ブランドニュース(シー ニューヨーク) コート¥85,000/オーラリー パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) ピアス¥18,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥101,000/エリオポール代官山(ザンケッティ)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/東 京祐 佐藤 彩(物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 構成・文/磯部安伽■ベージュのワイドパンツコーデシンプルな白Tシャツ×ベージュのワイドパンツコーデに、ベージュの軽やかなライトコートを羽織るだけでグッとエレガントに、きれいめな通勤コーデが決まる! 足もとはパイソン柄で少し遊び心のあるアクセントを。 コート¥27,000・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・ロングTシャツ¥11,000(シンゾーン)・バッグ【60 CACHEMIRE BLANDINE POSTINA S】¥85,000(ザネラート)・サンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ■ベージュのニット&プリーツスカートコーデさらっとした薄手素材の合わせなら、縦に長くボリューミーなシルエットでも重く見えない。アイテムで冒険をするなら、ベージュトーンでまとめると、誰からも愛される冬コーデに。 コート¥220,000/カオス丸の内(カオス) ニット¥42,000・スカート¥43,000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥11,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥35,000/ANAYI 靴¥34,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) 【Marisol1月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 構成・文/三尋木奈保■アーモンドベージュのプリーツスカートコーデ華やかで着映え力高めなベリー色ニットには落ち着いたアーモンドベージュを合わせて品よく仕上げて。大人の上品さも漂わせるこのニット×プリーツスカートの組合せは、楽ちんなのにバランスがよく通勤コーデにもってこい。 ニット¥28,000/ebure スカート¥42,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥20,000/ゲストリスト(ハウント代官山/フィリップ オーディベール) 靴¥56,000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥120,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 文/加藤理恵■サファリ風ベージュのトレンチコートコーデベージュのトレンチコートと白パンツという普遍的な組み合わせがあっさり終わらないよう、インナーと小物で黒を効かせて、ほんのりモードなニュアンスを楽しんで。 コート¥68,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥24,000/スローン パンツ¥29,000/サード マガジン サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ブレスレット¥14,000/ウィム ガゼット青山店(メゾン ボアネ) バッグ¥27,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴィオラ ドーロ) 靴¥93,000/アダム エ ロペ(ロシャス)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 構成・文/三尋木奈保■ベージュのリバーコート&モヘアニットコーデリバーコートとふんわりモヘアニット、着るだけで優しい気分になれそうな冬素材のベージュアイテムたち。ウールパンツや白デニムでマットにまとめがちなところを、光沢のあるとろみ素材のワイドパンツに変えれば、ぐっと今年らしい仕上がりに!  パンツ¥25,000/インターリブ(サクラ) コート¥180,000/マディソンブルー ニット¥60,000/ビオトープ ブレスレット¥136,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥45,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥6,000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里■ベージュのパンツ&冬小物コーデともするとほっこりしがちなケーブルニットは、年齢相応のきちんと感をプラスすることが大切。ツヤ感のあるベージュのパンツとチラッとのぞかせたシャツのシャープさで難なくクリア。小物類もベージュで統一して大人に仕上げて。 ニット¥49,000/アマン(アンスクリア) シャツ¥27,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥46,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 帽子¥18,000/サード マガジン(サード マガジン×ネクサスセブン) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バングル¥73,000/バーニーズ  ニューヨーク(CERCLE AMEDEE) バッグ¥10,000/アダム  エ  ロペ 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス) 【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのブルゾン&ブーツコーデうんと女っぽいスティッキーなスカートスタイルをベースに、シャカシャカ素材のフーディやボディバッグでカジュアルダウンさせて。異素材MIXコーデもベージュ×白の配色なら品よくまとまる。 スカート¥29,000/ブルーバード ブルバード カットソー¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) パーカ¥44,000/サード マガジン(サード マガジン×ネクサスセブン) ストール¥60,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥14,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(シュタンバウム) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのテーラードジャケットコーデテーラードジャケットと、今季とうとう復活を遂げたロングブーツ。かっちり系アイテムのジャケットに、白のとろみプリーツスカートでフェミニンな抜け感をプラス。足もとはブラウンのロングブーツで引き締めて。 スカート¥46,000/サード マガジン ジャケット¥83,000/アマン(カバナ) ニット¥83,000(ドゥロワー)・バッグ¥83,000(ワンドラー)/ドゥロワー 六本木店 ピアス¥69,000/バーニーズ ニューヨーク(アグメス) バングル¥16,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのチェスターコートコーデゆったりシルエットかつオーバーサイズのチェスターコートは白のプリーツスカートで軽やかさをプラスすると重たくならず女性らしく着こなせる。黒のインナーとベルトでコーデにメリハリを。 コート(ベルトつき)¥89,000/サード マガジン ニット¥16,500/ノーク スカート¥46,000/アングローバル(イレーヴ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) グローブ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(ジリオ・フィオレンティーノ) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥53,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ■ベージュのオフタートルニット&パンツコーデパンツのセットアップは腰まわりやヒップがすっぽりと隠れる丈を選べば安心。ベージュならきれいめにも楽しめる。オフタートルニットはざっくりとした編み地とドロップショルダーが今の気分。パンツは脚のラインを拾わないストレートなシルエットで、内側にスリット入り。 ニット¥44,000・パンツ¥33,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) イヤリング¥6,806/アビステ 時計¥748,000/ポアレ ジャポン(ポアレ) バッグ¥83,000/ロンハーマン(ラドロー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/五明祐子 取材・文/陶山真知子■ベージュのコート&ワンピースコーデ知的な印象の淡いベージュのワンピースに濃いベージュのオーバーサイズコートを羽織って。難しいテク要らずのベージュの濃淡コーデはアラフォーにおすすめ。アクセントに赤いカーディガンを肩掛けしてカジュアルダウンするとより今っぽく。 コート¥89,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) 肩にかけたカーディガン¥33,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ワンピース¥39,000/ル フィル バッグ¥29,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヴィオラドーロ)  靴¥36,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵■ベージュのワンピース&ストールコーデボリューム感のある丸みを帯びたブラウンのざっくりニットには、ベージュのワンピースとストールを合わせて華やかさと洗練さを添えて。ブラウンコーデにベージュのポイント使いが効く。 ニット¥15,000/ゲストリスト(リトラル) ワンピース¥39,000/ル フィル 帽子¥10,000/ANAYI ストール¥87,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) バッグ¥166,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) 靴¥28,000/ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店(ファビオ ルスコーニ) グローブ¥9,000/アルアバイル(イタルグアント)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵■ベージュのチェスターコートコーデオーソドックスなベージュのチェスターコーデの下は、ドット柄のシックな黒ワンピースにほっこり白ニットをかぶったフレンチレイヤードで大人のフェミニンコーデに仕上げて。 コート(ベルトつき)¥89,000/サード マガジン ニット¥36,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン) サングラス¥30,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥285,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ピアス¥26,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン  青山店(ジェイエムウエストン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵■ベージュのチノスカートコーデロング丈のチノフレアスカートは飾り立てずシンプルにニットを合わせ、力を抜いて着るのが正解。長め丈のスカートにはショート丈のニットがベストワン。落ち着いたモスグリーンの雰囲気のある一枚でグッと今っぽく。 ニット¥33,000・スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥25,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥15,000/essence of ANAY(I PHILIPPE AUDIBERT) バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥5,800/ノーリーズ&グッドマン銀座店(コンバース)【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/佐田真由美 取材・文/陶山真知子 ■ベージュのダッフルコート&ニット&パンツコーデトーンが異なるベージュアイテムを組み合わせた大人のカジュアルお出かけコーデ。冬の街にベージュコーデが品よく映える。ヒール靴で颯爽と歩いて。 パンツ¥17,000/フレームワーク 自由が丘店(マチュール フレームワーク) コート¥228,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(アンスクリア) ニット¥36,000/アパルトモン  神戸店(アパルトモン) 帽子¥48,000/エストネーション(ジジ バリス ミリナリー) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵■フェイクスエードのベージュスカートコーデ大人ピンクの透け感のあるニットで妖艶に、マットなスエード調のベージュスカートで知的な女性を印象づけて。アラフォーは素材ミックスでさりげなくメリハリをつけるのがポイント。 ニット¥39,000(デミリー)・タンクトップ¥10,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ スカート¥15,000/ロペ サングラス¥39,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥27,500/アビステ バッグ¥35,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥14,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ■ベージュのコーデュロイパンツコーデスラリと脚長効果が狙えるコーデュロイパンツには、シンプルなライトグレーのタートルネックでシンプルにまとめるのがベスト。小物でゴールドの輝きをプラスすればちょっとしたお出かけコーデに。 ニット¥25,000/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥39,000/ebure スカーフ¥16,000/フィーゴ(ピエール= ルイ・マシア) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ) ピアス¥18,000/ビームス ハウス(ローラ ロンバルディ) バッグ¥19,000/リエス(ベヴィーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ▼あわせて読みたい
  • シャツはコンサバに着るよりエモく着るのが20代OLのルールシャツは今や“おしゃれな週5服(=お仕事服)”として絶対必要なもの。だから“無難な定番服”気分のまま着るのはもうダサイ。“サバく”じゃなくて“エモく”シャツを着た人の勝ちなんだ! 選ぶべきタイプとその着こなしを学んでおこう。①ボウタイシャツ→“かっちり”した服と合わせるボウタイシャツの魅力は“クラシカルさが今の気分”であること。甘いスカートなどを合わせるとコスプレのようなやりすぎ感が出てしまうので、マニッシュな服で“引き算”するのがおしゃれなバランス。たとえば紺ブレをさらりと肩かけするだけでもOK!シャツ¥19000/ジオン商事(ドレスレイブ) ジャケット¥43000/TOMORROWLAND(TOMORROWLAND collection) パンツ¥18000/ドロワット・ロートレアモン イヤリング¥2600/サンポークリエイト(mimi33)センタープレスが入った美シルエットのワイドパンツも好相性。凜とした上品さが今っぽい。シャツ¥1990/ユニクロ パンツ¥7315/アテニア 靴¥19000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ) バッグ¥5990/ロコンド(MANGO) メガネ¥40000/アイヴァン 7285 トウキョウ②シャツジャケット→レディな小物で仕上げる仕上げを上品に女っぽくすることで、ちょっぴりメンズライクなシャツがより素敵に映える。プチパールのピアスやレザーベルトの華奢な時計をプラスすれば、何気ないしぐさまで印象的に見えるよう。シャツ¥19000/コンバース トウキョウ 代官山 パンツ¥10990/イェッカ ヴェッカ 新宿 ピアス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥29500/オ・ビジュー(ロゼモン)足もとをぐっとレディにするのもいい。ストラップが細めのメリージェーンパンプスなら、シャツジャケットの着こなしもほんのりやわらかな佇まいに。シャツ(3月下旬発売予定)¥32000/ラブレス青山(ラブレス) カットソー¥16000/J.C.M スカート¥8900/ノーク 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥5990/ロコンド(MANGO) 時計¥39500/オ・ビジュー(ロゼモン)③ほんのり透けシャツ→黒か白のタートルに、カーディガン感覚で必ず春のトレンドNo.1になるから、今から着て損はないトランスペアレントで軽やかなシャツ。ベーシックなタートルに重ねるだけで新鮮で、一目置かれること確実!シャツ¥26000/メゾン イエナ(ティッカ) カットソー¥3168/BIRTHDAY BASH パンツ¥14000/ノーリーズ&グッドマン 銀座店 バッグ¥23000/ジネス ペリエ千葉店(クリスチャン ヴィラ) イヤリング¥1700/サンポークリエイト(アネモネ)女性らしさと今っぽさを兼ね備えたシアーなくすみブルー。引締め効果のあるシックな黒を首もとや袖口からのぞかせれば、初めてでも気負わず着られそう。シャツ¥18000/ルーニィ ニット¥24000/スローン スカート¥19000/ラブレス青山 バッグ¥15000/ADINA MUSE SHIBUYA ピアス¥2000/サードオフィス(ROOM) 時計¥25000/オ・ビジュー(ロゼモン) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野崎久実子 撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/逢沢りな(モア専属) スタイリスト/辻村真理 撮影協力/アワビーズ EASE TITLES 丸ビル 三菱地所
  • アラフィー女性たちからの支持も厚いスタイリスト・大草直子さんのポーチの中身は、「鏡を見なくてもつけられるもの」「ひとつで印象を大きく変えられるもの」を常備しているそう。簡単に使えて気分や印象を変えられる“プラスα”効果を兼ね備えたポーチの中身を紹介します。スタイリスト 大草直子さんスタイリスト 大草直子さん撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)【ポーチはこれ!】 タテ9×ヨコ16×マチ6㎝。大草さんとレスポートサックのコラボポーチ。「フレキシブルで意外と入るんです」。簡単に使えて、気分や印象を変えるプラスα効果を備えたアイテムを厳選「鏡を見なくてもつけられるもの」「ひとつで印象を大きく変えられるもの」を選んでいると大草さん。「45歳のころ“メイクは口紅メイン”と決めてから、持ち歩くものが減りました。シミやしわなどカバーに手がかかるものは最初から気にせず、自然なツヤと立体感をフォロー。そして一番大事なのは香り。レイヤーできるものを数種類持ち歩き、効能も期待できるアロマオイルも肌身離さず持っています」。薄膜パウダーで毛穴をほどよくカバー 肌のツヤを消さず、薄いヴェールをかけたような質感。「日焼け肌なので、カサつかない仕上がりを重視」。カムフィー プレストパウダー 01 ¥4,500/セルヴォークシアーな発色のチークで自然な血色感をプラス 「とても薄づきなので、鏡を見ずにつけても失敗なし。これで自然な血色感と立体感を」。カムフィー スティックブラッシュ 02 ¥3,500/セルヴォークフタつきの携帯用フェイスブラシ 「なめらかな肌当たりとコンパクトに収納できるところが気に入っています」。バフ&ゴー ブラシ¥3,500/ベアミネラル気分がやわらぐムスクとジャスミンの香水 アルコールなどの溶剤を使わずに仕上げた、天然の精油の濃密でピュアな香り。FUEGUIA 1833 プーラエッセンシア ドン ジョバンニ 8㎖ ¥25,000/FUEGUIA 1833 東京本店機内もホテルの室内も快適にしてくれるオイル 抗菌効果もあるといわれているフラゴニアや、ラベンダーなどの精油をブレンド。「マスクにつけて風邪予防にも」。デ・マミエール アルティテュードオイル 10㎖ ¥6,500/キャンドルウィック口紅の代用も可能なリップクレヨン 深みのあるレッドブラウン。「柔らかくのびるので、そのまま口紅として使っています」。ミネラルクレヨンルージュⅠ フィグブラウン¥3,000/エトヴォスカシミヤのような温かみのあるベージュブラウン 大草さんが色監修に携わった一色。ニットやデニムにぴったりの発色。ナチュラグラッセ ルージュ モイスト EX06(限定色)¥3,200/ネイチャーズウェイくっきりレッドは、オフの時間の定番色に 「パッと印象が変わるスタイリッシュなカラーが魅力」。rms beauty リップスティック リバウンド¥3,800/コスメキッチン乾きやすい唇を守るフルーツベースのリップ リップクリームはオーガニック成分配合の自然派。「荒れやすい唇にも優しくのびてくれます」。フルーツエナジーリップクリーム プルーン¥1,300/アムリターラマスカラはクリアカラーで“ツヤ”を足す 「黒も使いますが、まつ毛にエクステをつけているため、ふだんはこれだけ」。アネリアナチュラル トリートメントマスカラ クリア¥2,300/コスメキッチン《これも持っています》ふき取り用シートですっきりリフレッシュ デリケートゾーン用ウェットシートで、不快な気分も一掃。ピュビケア オーガニック フェミニン コットン シート 無香料 5枚入り¥500/たかくら新産業>>「ポーチ&中身拝見」一覧はこちらから撮影/John Chan 取材・原文/北林道子 ※エクラ2020年3月号掲載
  • 色材が肌に直接触れないようコーティングしたアイカラーやチークなど、デリケートな肌に配慮したメイクアップが人気のOSAJI。今年の春新色は、遊び心あるニュアンスカラーが充実しています。昨年のデビュー時にもご紹介したOSAJIのメイクアップ。3月31日(火)から発売される春の新色発表会に行ってきました。この春は、今までとちょっと違う自分に出会えそうな色と光が集結。そのラインアップがこちらです。まず目を引いたのは、こちらのニューアイテム。クリームタイプのコンシーラーファンデーションです。素肌感を保ちながら顔立ちにツヤとメリハリをもたらす01と、カバー力が高くコンシーラーはもちろん、広範囲にファンデーションとしても使える02。しっとり感もフィット感も申し分なしなので、ポーチにひとつ入れておけばメイク直しに大活躍間違いなし!オサジ ニュアンス スキンエフェクター 全2色 各¥2800/日東電化工業株式会社<3月31日(火)発売>もうひとつのニューアイテムは、こちらのリップグロス。左からシュガーピンクの<明日>、ローズレッドの<本音>、鮮やかなオレンジの<閃光>。今回もネーミングが詩的! みずみずしくて透け感もあるので、単品使いはもちろん、手もちの口紅のニュアンスチェンジにもぴったり。プランパー効果もあるので、ふっくらリップに仕上がりますよ。オサジ ニュアンス リップグロス 全3色 各¥2500/日東電化工業株式会社<3月31日(火)発売>保湿力抜群、唇のコンディションが今ひとつでもキレイに仕上がるなめらかリップには新色が2色。白っぽさがなくて肌なじみのいいオレンジベージュの<頁>はデイリーメイクにちょっとスパイスを効かせたいときに。<君と>と名付けられたクリーミィなパープルは華やかでスタイリッシュ。いずれも、パパッとラフに塗ってもなぜか決まる洗練カラーです。オサジ ニュアンス リップスティック 新色2色 各¥2800/日東電化工業株式会社<3月31日(火)発売>そして、春らしくってしかもOSAJIらしいなぁ、と思ったのがアイシャドウ 。イエローの<来訪>、ブルーグレーの<螺旋>、レッドブラウンの<蕾>。どれもまぶたにのせると、素肌が透けるように軽やかで見た目よりも明るく発色。しかも同系色のラメが仕込まれているので、派手ではないのに目もとがぐっと華やぎます。オサジ ニュアンス アイシャドウ 新色3色 各¥2000/日東電化工業株式会社<3月31日(火)発売>こちらは既存アイテムですが、最近SNSでも人気だというネイルも素敵な色ぞろえ。新色を探しに行く際は、ぜひこちらもネイルもチェックしてみてください。ラベルまで凝っていて可愛いんです!オサジ アップリフト ネイルカラー 全10色 各¥1700/日東電化工業株式会社あともうひとつはみ出し情報。OSAJIでは、各ショップ限定のハンドクリームがあり、こちらも人気なんですって。違いは、香り。表参道店はオリエンタルなハーブの香り、谷中店は下町に咲き誇る白梅の香りをイメージ、などなかなか凝っていて、お店を巡ってコレクションしたくなっちゃいます。しかも上野店はほら、ラベルにパンダが!ちょっとしたギフトやお土産にもいいかも。取り扱い店舗も増えてきて、目にする機会が多くなった気がするOSAJI。ラインアップも続々と強化されているので、目が離せません。ぜひ手にとってみてくださいね。●「OSAJI」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • パレットには、他2種類のデュオカラーをセットしましたが、組み合わせ次第でアイメイクバリエの幅が広がりそう。秋冬のほうが好きなカラーが多いけれど、自由度が高い彩りを楽しめるのは春メイクの醍醐味 全12種の展開で、それぞれに色、質感、光の掛け合わせで、目元をより印象深い眼差しに魅せるニュアンスカラーがラインナップしています。“一人ひとりの顔の個性を引き立て、魅力を高める”を提唱するカネボウならではの色彩と質感、光が、気持ちを超えて人生をも動かすようなアイメイクを叶えます。週の始まり月曜日。気分転換に、季節を先取りして春色アイシャドウをおろしてみました。コスメ好きの間で話題になっている、KANEBOのメイクアップシリーズから2020年2月7日(金)に発売されたばかりの「アイカラーデュオ」。<全12種>アイカラーデュオ(3種)コンパクトセット価格:8,900円(税抜)アイカラーデュオ:各2,300円(税抜)ケース別売り:カスタムコンパクト 2,000円(税抜)今回使ったのは、左の2色『11 Aura of Romance』。光×光のコントラストでまぶたに濡れたような艶めきをもたらすピンクベージュのパールカラーと、優しげなライラックカラーでグラデーションに。まぶたに溶け込むように馴染み、肌色も明るくクリアに見せてくれる綺麗な色です。目元の質感を生かしたいため、リップはツヤを抑えたマットなヌードカラーをチョイス。全体的に、女性らしくふんわりとした優しい印象に仕上がります。“一人ひとりの顔の個性を引き立て、魅力を高める”を提唱するKANEBOならではのカラーバランスで、他のデュオカラーとの組み合わせ次第でアイメイクバリエの幅が広がりそう。秋冬のほうが好きなカラーが多いけれど、自由度が高い彩りを楽しめるのは春メイクの醍醐味です♪
  • ムラサキピンク 青みじゃなくてパープル寄りが正解!ブラウス¥4000/dazzlin イヤリング¥2580/サンポークリエイト(アネモネ)レ・メルヴェイユーズ ラデュレ リップカラー 105 ¥3200/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ(限定品) パープルと明るいピンクが合わさって、ハッピー感満載。笑顔をきらめかせる魔法色。 \これもオススメ/ ディオール ルージュ ディオール〈グロウ バイブス〉779 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定品) パープルのきいた鮮やかポップな発色にくぎづけ。 ポール & ジョー リップスティック N 218 ¥2000・同 ケース N 02 ¥1000/ポール & ジョー ボーテ みずみずしいピュア感と鮮やかな発色にうっとり。 モデル/多屋来夢 撮影/岩谷優一(vale.) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/金山礼子 取材・原文/通山奈津子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • ミステリアスなバガンの遺跡を鑑賞できる特選ホテルAureum Palace Hotel Bagan昨年世界文化遺産に登録されたバガン。その所為かパゴダへ登り朝日や夕陽を見る事は禁止となった。オーレム パレス ホテルには高さ60mのビューイング タワーがあり、360°の景観を楽しめる。写真は微かだが、エーヤワディー川がピンクの一条の線となり見えている。バガンの遺跡廻りはオールドバガンなど市街地の滞在が一般的。だが趣向を変え遺跡の中に建つホテルの宿泊もお勧めしたい。例えばニャンウシュエのオーレム パレス ホテル。レセプションの目の前は赤煉瓦のパゴダ。蓮池が乾燥した遺跡と植生豊かなホテルの庭を区切り、そこはまるで砂漠の中のオアシス。本館やヴィラは全て貴重なチークの建物。そして何より感動的なのは、セットアップされたディナーテーブルからのパゴダ群の眺望。それは古のバガン王朝の栄華を思い起こさせ、今にも宮殿の宴の気配すら感じさせる。そんなミステリアスな夜を演出するのは、このホテルの素晴らしいランドスケープにある。アジアのリゾート デザインを席巻するビル ベンスリー氏もビックリの事だろう。 オーレム パレス ホテルの魅力は広い庭園越しに眺める遺跡の数々だろう。アーナンダやダヤマンチ”ーなど名だたるパゴダと違い、当時の農民が寄進した小さなパゴダもあるはず。そうした時代に心を寄せる事も遺跡廻りの楽しさかもしれない。ジャスミン オーキッド レーク ビュー ヴィラのテラス。パゴダも見える最高のシチュエーション。最上級カテゴリー、アイランド ヴィラ ベッドルーム。ベッドは小上がりにセットされ、ゴージャスな部屋に仕上がっている。レセプションからプール越しに遺跡が見える。スタッフもそれが自慢でチェックイン客を案内する。”オウギヤシ”のプール。ココナッツを植えると実が落ち、客にあたるとたいへん。ホテルはその除去費用が大きい。その点このオウギヤシは維持コストが安いとか。ミャンマーとウェスタン料理のザナドゥー レストラン。これほど大量のチークの材が使われたホテルは近年類例を見ない。他の画像を見るHotel@Tharabar Gate Bagan Myanmarスイートのベッドルームからテラス越しに見えるパゴダ。誰が造ったのか何時の時代か全く不明だが、オールド バガンのタラバーゲート近くに位置するこのホテル自慢の一部屋。タラバーゲートは9世紀に造られた旧市街(オールド パガン)の古い門、ホテル タラバ ゲートはその近くに位置する。オーレム パレス同様チーク造りのレセプションやレストラン、客室棟もユニットタイプの低層階。美しい庭や広々したプールがありこの地域で人気のホテル。ハイシーズン(12〜3月)は予約が取りにくい。そしてスイートルームは垣根代わりのブーゲンビリアの向こうにパゴダが聳える。客層も良くバガンで心地良く滞在できるホテルの一つだ。手入れが行き届いた庭、鳥の囀りがうるさい程。ゆったりとしたレセプションではスタッフが丁寧に出迎えてくれる。装飾が施されたスイートルームのアンティークな4ポスターベッド。嘗ての宗主国イギリスの影響が大きい。木立に囲まれた静かなプール。午後3時頃からデイツアーの客が戻り、プールは騒々しくなる。庭にポツンとあるガーデンバーは、バーマンが英仏語とも堪能な所為か、遅くまで客が絶えない。他の画像を見るThe Aureum Palace Gotel & Resort Bagan Near Bagan Viewing Tower, Min Nanthu Village, Nyaung Oo,Mandalay Division, Myanmar 全114部屋 バガンニャウンウー空港から車で20分 ¥25,000〜(ハイシーズン) Tel:(+95 61) 2460 046/047, (+95 9) 896502 963/964 E-mail: aureumbgn.head@htoohospitality.com https://www.aureumpalacehotelandresortbagan.com/ Hotel@Tharabar Gate Bagan,Myanmar Near Tharabar Gate (Old Bagan ) Nyaung Oo Township, Mandalay Division, Myanmar 全84部屋 バガン ニャウンウー空港から車で15分 ¥18,000〜(ハイシーズン) Tel:95 (61) 2460037/ 42 / 43, 95 Fax : 95 (61) 2460044 E-mail: fom@tharabargate.com Photo & Text : Mike Masujima.
  • 美容エディター平さんが「キラキラ輝いてるね!」と言われたのはこのアイカラーのおかげでした美容エディター 平 輝乃さん ボビイ ブラウン リュクス アイシャドウ リッチスパークル 01大人のアイメイクは1 色をブラシや指でパパッとワイパー塗りするぐらいがちょうどいい、というのが私の持論。特にくすんだ目もとには、ほんのりきらめくアイカラーがベストです。なかでも、リッチな輝きなのに変にギラギラしないこの肌なじみのいい乳白色系のベージュは、着物からカジュアルなニットまで何にでも合わせやすく、つい手が伸びてしまう色。まぁまぁ手抜きしているのにほめられ率の高い、私の隠れヒットアイカラーなのです。「アイホールにサッと伸ばして二重の幅に重ね塗りするだけで奥行きが出ます」(平さん)。水で湿らせたブラシでまぶたへ伸ばせば、濃いめの発色とウェットなツヤが楽しめる。¥4,200【Marisol3月号2020年掲載】撮影/国府 泰 取材・文/田中あか音
関連キーワード

RECOMMEND