真夏も女っぽく!「新定番デニム4本」の着回しコーデ!

Marisol ONLINE

旬のシルエットとはき心地が両立したデニムを取り入れることで、着こなしがぐっとフレッシュに!

<濃いめインディゴテーパード>



カジュアルでOKだけれど、きれいめにはまとめたい。そんな日は濃いめインディゴが重宝。リネンシャツはシャツとしての正しさもありつつ、見た目が涼しくてこなれ感も出るので夏のマストアイテム。


デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) Vネックニット¥23,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) リネンシャツ¥33,000/エストネーション(マディソンブルー) メガネ¥32,000/プロポデザイン(プロポ) バッグ¥58,000/ショールーム セッション(マリー ローレンス ステヴィニー バイ アニェル) 靴¥65,000/アパルトモン 青山店(カルメイヤー)



<すっきり見えバギー>



トレンド感満点だけれど、バランスが気になるバギーデニム。こんなふうにディテールにこだわったデザインなら脚がすっきり見えるからうれしい。


デニムパンツ¥23,000/サージ ジャパン(サージ) Vネックブラウス¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) ピアス¥23,000/フィガロ パリ 東京ミッドタウン店(エリーゼ ティキス) チョーカー¥39,000(ラウラ ロンバルディ)・靴¥36,000(ジェイ アンドエム デヴィッドソン)/エーピーストゥディオ ニュウマン シンジュク バッグ¥118,000/八木通商(ジェローム ドレフュス)



<きれいめダメージホワイト>



シャツワンピースをはおりとして使うスタイリングは、全身がすっきり見えるのもポイント。サッシュベルト使いで旬度満点に。


デニムパンツ¥28,000/サザビーリーグ(カレント エリオット) シャツワンピース¥36,000/メイデン・カンパニー(インディヴィジュアライズド シャツ) ノースリーブカットソー¥11,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) サングラス¥26,000/プロポデザイン(プロポ) レザーサッシュベルト¥8,600/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) バングル¥98,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(ソフィー ブハイ) 靴¥42,000/フラッパーズ(ネブローニ)



<股上深めクロップト>



股上の深いデニムなら、ニットとのワンツーコーデでもきちんと“今”のバランスに仕上がる。最初は高いウエスト位置が落ち着かなかったけれど、今ではもう浅ばきデニムには戻れない気がするから不思議。華やかな小物をトッピングして、シンプルなスタイリングを夏らしく味つけ。


デニムパンツ¥25,000/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(コベルト) Vネックニット¥23,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) 帽子¥62,000/アパルトモン 青山店(フィル ハッツ) バッグ¥20,000/アルアバイル(マニプリ) 靴¥39,000/フラッパーズ(ネブローニ)


撮影/谷田政史(CaNN) ヘア&メイク/小澤実和 スタイリスト/徳原文子 モデル/渡辺佳子 取材・原文/発田美穂



関連記事
  • “これでいい”じゃなく、“これがいい”から選ぶんです!私服スナップの常連・アラフォーエディターたちは「プチプラ」をどう選び、どう着こなしている? なんとなく、便利そう"だからプチプラ服を買っていませんか? マリソルきってのおしゃれ好きアラフォー6名の私服コーデから見えてきた、「プチプラ」との妥協なき向き合い方をご覧あれ。※この特集内に出てくるアイテムはすべて私物です■エディター 発田美穂さんのマイルール 華やかで心ときめく「とろみの柄ワンピ」を狙いうち 「プチプラの買い物は、楽しんでこそ。"このシーズン、3回も着られれば上出来!"という視点で探すと、選ぶのがすごく楽しくなります。このドット柄のワンピースは、ZARAのWebサイトで。ZARAはプレスディナーや出版パーティなど、パッと華やかに見える服が必要な時に頻繁にチェック。なかでもとろみ素材の柄ワンピースは、プチプラでも値段感が出にくく、簡単に今の気分を取り入れられるのがいいんです」「白ベースのドット柄ワンピースはZARAで¥8,000ほど。この時季はベージュの着流し風リネンガウンをはおって軽やかに」。ワンピース/ZARA リネンライトコート/カオス バッグ/J&M デヴィッドソン 靴/海外で購入 バングル/ハム 「こちらもZARAのサイトで。2 サイズ取り寄せ、自分の体型に合うものを。プチプラこそ、サイズ感で妥協しないことも大人のルール」■エディター 坪田あさみさんのマイルールプチプラは、おしゃれのカンフル剤。「次に着たいもの」を投入します 「春夏らしい色ものを求めてWebショッピングめぐりをしていた時に出会ったのがこのスカート。届いたら想像していたより丈が少し短かったのですが(笑)、それなら高いヒールの靴を合わせようとか、工夫しながら着こなすのもまた楽しいんですよね。高価な服だとどうしても"守り"に入りがちですが、プチプラ服は"遊び"に振り切れる。"次、これを着たい"という挑戦をすることで、おしゃれの幅が広がります」「きれいな発色のピンクスカートはSLOBE IÉNAで¥15,000ほど。激安ではないけれど、挑戦するにはいい価格」。スカート/SLOBE IÉNA Tシャツ/N.O.R.C バッグ/STAUD サンダル/ミッシェル・ヴィヴィアン ヘアスカーフ/フォンデル サングラス/BLANC「挑戦アイテム・ダッドスニーカーはZARAで購入。ベーシック服はいいものを、トレンド服はプチプラで、というバランスが私流」【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/須藤敬一(発田さん、磯部さん、坪田さん) イマキイレカオリ(東原さん、Akaneさん) 遠藤優貴(MOUSTACHE/伊藤さん) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/八角 恭(nude./発田さん) TOMIE(nude./磯部さん) 森野友香子(Perle Management/坪田さん) YUMBOU(ilumini./東原さん、Akaneさん) 神戸春美(伊藤さん)
  • 夏こそチープシックを極めるいいチャンス。「アンダー5万円の『幸せモード』」では、ハイメゾンの名品からアジアブランド、メンズウェア、本気のワークウェアをボーダーレスにピックアップ。大人のおしゃれ心を満たします! 大人を夢中にさせる存在といえば、SixTONES。彼らの多様な魅力に、「野性と純真」というテーマでフォーカス! 2019年下半期の運勢が気になるなら、「運命のCOJI-COJI占い」は必読。さくらももこさんの人気キャラクターと数秘術のコラボレーションで、来季の指針を丁寧にレクチャー。SPUR8月号は、夏を盛り上げるワンダーランドマガジンです!太陽煌めく夏がやってくると、暑いとは言いつつ外へ出たくなるから不思議です。今月号では、次の秋冬にもトレンドが続きそうな“ピンク”色にフォーカス。アウトドアブランドとのミックススタイルで、夢見心地な「ピンクニック」のファッションストーリーを提案します。大好きな色を大胆に重ねて、とびきりハッピーな夏支度を! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  「いつかは欲しい」「久々に買いたい」と思っていても、何をどんな基準で選んだらいいのか迷うのが時計。決して安い買い物ではないですからね! そこで「究極のあがり時計は?」「カジュアルにもフォーマルにもつけられるのは?」などいろんなポイントから名品をピックアップ。秋に予定されている増税までに駆け込み買いするなら、まずはこちらをお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  暑い夏のクローゼットの必需品、Tシャツ。毎日身に着けるアイテムだからこそ、魅力的なデザインとアフォーダブルなプライスを兼ね揃えた精鋭が必要です。どんなスタイリングにも合わせやすいクリーンなテイストから、アップカミングなストリートブランドまで幅広く紹介しています。真夏を一緒に駆け抜ける心強い相棒をぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  夏なのにレイヤリング?と思ったそこのあなた。もう2019-20AWコレクションは発表されており、次の季節のムードがひたひたとモード界にはやってきているんです! 今回スタイリスト浜田英枝さんが提案するのは、今から着られてネクストシーズンも先取りできる、レイヤードテクニックについて。トレンドのエッセンスが凝縮された特集です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  憧れのハイブランドから老舗のジュエリー、メンズアイテムから作業服専門店まで。街中を駆けずり回ってみつけたモードなアンダー5万円が一堂に! 確かな品質と、心躍るデザイン。このふたつが揃ったアフォーダブルなアイテムの数々。バリエーション豊かなラインナップは、買い物欲がムクムクと湧いてきます。この夏、おしゃれがもっと楽しくなること間違いなし! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  デイリーに活躍する名品が揃う、プレフォールコレクション。だからこそ気候の変化にあわせて長く着られるアイテムを、賢く手に入れるのが正解です! このテーマでは、スタイリング次第で2シーズン、ないしはオールシーズン着られるウェアを厳選。ドレス、シャツ、セットアップなど「今日買ってすぐ着られる」ウィッシュリストをぜひご覧ください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  この夏はメイクアップにおいて、かつてないほどのベージュブームが訪れています。素顔にそっとベールをかけたかのような、やさしくフェミニンなまとい方を提案。唇に、目もとに、そして頬に。10%~100%まで、ベージュの分量を少しずつ変えて「新しい顔」を描きます。 驚くほど垢ぬける今シーズンのベージュの力を、ぜひ堪能してください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  手にするだけで気持ちが弾み、使うと心がちょっと強くなる。2019年の上半期を代表するようなコスメティックスには、そんなパワーがあります。今回のベストコスメ特集は、私たちが生きていくうえでの“相棒”とも呼べるプロダクトをビューティプロの声に基づいて厳選。使う人の心を豊かにするようなコスメティックスを朝のストーリーとともにお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ジョージアを知っていますか? 今、ファッション業界の人々はいっせいにこの旧ソ連の小国を目指しています。洗練されたホテルを中心に、ファッションスポット、レストランが続々とオープン。料理もワインも最高においしく、まさに楽園。まだどのガイドブックにも載っていない、ジョージアの魅力を凝縮させました。これを読んだ3分後、ジョージア行のチケットを買っていること間違いなし。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  平成から令和という大きな時代の変化を迎えた上半期を終えて、残りの半年はどうすれば?と思う方も多いはず。今回の下半期占いではなんと、さくらももこさんの人気漫画『コジコジ』とコラボレーション! 真木あかりさんの数秘術をキャラクターに紐付けて、基本性格や指針を解説します。ゆるく、でもしっかりと深く読み込める占いをぜひチェックしてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • シースルーのタートルニットに白シャツ、そしてシースルーのVネックニット。写真の涼しげなシアーニットをきかせたレイヤリングスタイルは、SPUR8月号の浜田さんのレッスンの中でも、色や素材のセレクトがミニマムで洗練されていて、個人的に一番真似をしてみたい!と思ったルックです。この一体を作るために膨大なウェアをリースし、何十パターンものスタイリングを試し、ミリ単位でスタイリングのバランスを考える浜田さんの熱意に、今回も感動させられっぱなしでした。4ページに4ルックの特集ですが、そこには最新モードを緻密に分析する、浜田さんの研究の成果がつまっているのです。モードマニア必読の特集です! SPUR8月号「浜田英枝の先取りレイヤリング講座」を試し読み(外部サイト)
  • 今週末、私の大好きな韓国のバッグブランド“minitmute”が大阪で初のpopupを開催されるそうです〜〜〜!!! 前回のpopupの様子はこちら。20〜40代の女性が多数でした。表参道でのPOPUPは、こんな行列ができるほど、今大注目のminitmute♡ シンプルだけど遊び心あるデザインと、可愛いカラー使いが、BAILA世代の大人の可愛げファッションにぴったりなんです! ラインナップがこちら しかも!今回もまだ出たばかりの新作がたくさん並ぶみたいですよー!!日本初登場! ミニミュートの公式instagramで見ましたが、すっごく可愛かった、、、!!! そして、POPUP1日目には、デザイナーでモデルのスリンさんもおられるみたいです♡ 天使のように可愛い方なので、会うと溶けます(*´-`)笑 レザーなのですが、すごく軽くて(存在を忘れかけるほどに) 可愛いだけじゃないミニミュート。 私も愛用してます♡ 開催場所のLOVELESS POPUPは、滅多にない機会なので、ぜひ実物のminitmuteを見に行ってみてください!♡ 6/22(土)〜6/23(日) グランフロント南館2F “LOVELESS” minitmuteスーパーバイラーズ 小野絵里のブログ
  • 使い回しが効きそうな、ZARAのワンピをメインに。 ZARAに寄り道すると、いつも可愛いのを見つけてしまいます。 しかもお手頃価格なので色んなスタイルをイメージしやすい! 嬉しい! お気に入りのこのワンピはボタンで前が開くのでジレみたいに着ても可愛いです。 デニムと合わせましたが、レギンスでも、 白系のワイドパンツでも可愛いかな。と。 ちなみに、キャップもZARAです。 今夏は小物にも注目〜! アクセサリーも帽子もたくさん出てます。ベージュが着たい!暑いと笑顔も増えるー夏の気候が嬉しくて嬉しくて、 幸せ噛み締めてます。 この日は派手派手なメキシカンのお店へ。 美味しいタコスをいただきました。可愛い辛いソースかけすぎたNYはみんな夏が嬉しくて、 ストリート沿いはテラス席ばかりになります。 可愛いお店、楽しいイベントなの盛りだくさんのNYをまた発信したいと思います! instagramもやってます。スーパーバイラーズ 加藤琴希のブログ
  • 肩ががっしり、胸が大きい…そんな悩みにこの1枚♡体型の悩みは人それぞれ。体の形が違えば、似合う服も違ってくるものなのです。今回は「肩ががっしりしている」人、「胸が大きくて太って見える」人のために、それぞれ似合うトップスを教えましょう! 肩ががっしりしててゴツく見える▶︎▶︎コルセットブラウスでやわらかさをデコルテが映えるカッティングで鎖骨に視線を集め、ふんわりとしたスリーブで肩をカバー。コンパクトな丈感で上半身を最小限にすれば、がっしり肩もなんのその♡ ワイドめなパンツと合わせればその効果は絶大!トップス¥13200/フレイ アイディー パンツ¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 バッグ¥26000/ショールーム セッション(トイノ アベル) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥900/お世話や バングル¥16000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(ヨキ)❶丸みのある袖やぺプラム風のウエスト部分など、さりげないフェミニンさにキュン♡ 中央に向かってギャザーが入っているから、上半身がより女っぽく&コンパクトに。あえて辛口なボトムと合わせたい。¥9500/AKTE❷ハイウエストなボトムと合わせれば、最強の脚長効果が狙えるショート丈。肩のゴツさをまろやかにカモフラージュする丸みある胸もとも◎。¥4980/エモダ ルミネエスト新宿店(エモダ)❸着心地のよいコットンリネンで、爽やかに初夏の赤を取り入れて。長めなスリーブが肩をしっかりカバーしてくれるから、二の腕悩みにも効果抜群! ¥4990/AG バイ アクアガール胸が大きくて太って見えそう▶︎▶︎五分袖の開衿シャツを大胸さんが太って見えがちな原因は、トップスに丸みがひびいてしまうから。スッキリ見せるなら、首が詰まったクルーネックなどは避け、胸もとに抜け感を出せる開衿シャツを選ぶべし! 少し大きめの五分袖開衿シャツならフラットな落ち感が出せて、バストトップの高さをより目立たなくさせる効果が。×ストレートなスカートで視線をさらに縦方向に誘導すれば完璧。深めなブラウンで今っぽさもプラスして。トップス¥6900/ノーク スカート¥36000/シップス 有楽町店(ウーア) バッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥1700/サンポークリエイト(アネモネ)❶上品なピンクベージュにサテン生地、休日服感が出がちな開衿シャツをキレイめに仕立ててくれる一枚。¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(グリーンレーベル リラクシング)❷チェック柄も透け素材×モノトーンをチョイスすれば、ぐっと大人なチェックに。メンズっぽい開衿シャツだからこそ、こんな少しの可愛げが必要。¥23000/TOMORROWLAND(バッカ)❸広めな身幅のおかげで、サイドに大きい胸もちゃっかりカバー。裾に入ったさりげないスリットで、ボトムへの前だけINもきれいに。¥9500/ビームス ウィメン 渋谷(レイ ビームス) ♡7月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/小川健太郎(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/大平典子
  • アラフォーの夏のシンプルコーデには、小物のスパイスが必要。コーデの主役となるような、人気ブランドの最旬バッグがシンプルコーデを格上げしてくれます!【目次】 ①アラフォーの心を動かす美しハイブランドのバッグ ②ブランド バッグを自分らしくカスタマイズ! ③おしゃれプロ&セレクトショップのリコメンド・ブランド バッグ ①アラフォーの心を動かす美しハイブランドのバッグ■CHANELの軽やかなバケツ型バッグ2019春夏 プレコレクションより、パンチングでブランドロゴをかたどった、軽やかなバケツ型バッグが登場。内側のピンク、そして中にはツイードのポーチつきで心躍る。短めハンドルのほか、長めのチェーンストラップがついているので、アレンジも自在。 バッグ(19×21×13)¥359,000・カーディガン¥401,000・スカート¥170,000・バングル¥178,000/シャネル インナー/スタイリスト私物▶CHANELの軽やかなバケツ型バッグ 詳細はこちら■SAINT LAURENTのトートバッグ(右)カサンドラロゴがきいた正面のポケット部分は、取りはずすと薄型のクラッチバッグに早変わり。トートにはショルダーストラップつき。「アップタウン」バッグ(23×23×11) ¥239,000・ (左)中の巾着を取りはずせば、シンプルなトートバッグとして。ラムレザーの上質な風合いが生きる巾着は、それだけでもバッグとして活躍する。「ショッピング・テ ディ」バッグ(33×25.5×19.5)¥199,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)▶SAINT LAURENTのトートバッグ 詳細はこちら■BOTTEGA VENETAのビッグクラッチ若きダニエル・リーが手がけた初のバッグコレクション。柔らかなレザーで硬いフレームを包んだビッグクラッチは、丸みを帯びたフォルムが愛らしい。「THE POUCH」バッグ(20×39×19)¥260,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)▶BOTTEGA VENETAのビッグクラッチ 詳細はこちら■BALENCIAGAのロゴバッグ人気ラインの新作は、都会的で着こなしを選ばない絶妙なグレー。取りはずしのできるショルダーストラップは長さ調節が可能なので、肩がけも斜めがけもOK。「EVERYDAY LOGO」バッグ(22×19×9.5)¥128,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)▶BALENCIAGAのロゴバッグ 詳細はこちら■LOEWEのオープンバケット型バッグオープンバケット型の新作。アシンメトリーに配したハンドルは、カーブしたピンバックルで長さ調整が可能。カーフスキン&リネンは、軽さも耐久性も優秀。「BALLOON」バッグ(37.5×22×23)¥171,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)▶LOEWEのオープンバケット型バッグ 詳細はこちら■STELLA McCARTNEYのロゴバッグサンドブラスティングしていないエコデニム素材を使用。間口が大きく、中のポーチは小分け収納にも便利。ショルダーストラップつき。「ステラ ロゴ」バッグ(21×32×12)¥121,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)▶STELLA McCARTNEYのロゴバッグ 詳細はこちら■CHLOÉのチェーンバッグ新アイコン「Chloé C」は、大胆な"C"の金具とゴールドチェーンで華やぐデザイン。シャイニーレザーのボディに、フラップ部分はスエードを加えて表情豊かに。「Chloé C」バッグ(14.5×21.5× 5 )¥127,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)▶CHLOÉのチェーンバッグ 詳細はこちら■FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」トートバッグを二つ折りすればクラッチに、斜めがけしてメッセンジャーバッグにと、まさに“フリップ”する新型バッグ「フェンディ フリップ」。レザーと、キャンバス地の「FF」ロゴ柄、2種類のショルダーストラップがついているから、オケージョンに応じて使い分けて。 「フェンディ フリップ」バッグ(23.5×30×13)¥287,000・ジャケット¥390,000・ブラウス¥115,000・パンツ¥115,000・ピアス¥29,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)▶FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」 詳細はこちら■DIORの「サドル」バッグ2000年に初めて登場した伝説の「サドル」バッグが再解釈され、復活。乗馬の世界から着想を得たという馬鞍の形に、ゴールドの“D”を配したデザインは、時代を越えるエレガントさ。ヴィンテージ調のストラップで、今の遊び心を加えて。 「サドル」バッグ(20×5.5×6.5)¥360,000・太ストラッ¥180,000・コート¥460,000・シャツ¥140,000・パンツ¥145,000・ピアス(片耳)¥43,000・リング¥62,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIORの「サドル」バッグ 詳細はこちら②ブランドバッグを自分らしくカスタマイズ!■FENDIのストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶FENDIのバッグ&ストラップ 詳細はこちら■DIORのキャンバス素材ストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIORのバッグ&キャンバス素材ストラップ 詳細はこちら■PRADAのロボットチャーム「それどこの?」と聞かれること間違いなし! 電子部品で工作したような、おとぼけ顔のロボットがキュートなチャームをシンプルなトートにつけて。チャームの一部にバッグと同じ上質な「サフィアーノ」レザーを使用。 バッグ(19.5×28×12)¥255,000・ピンクロボットチャーム¥51,000・ピンクロゴチャーム ¥36,000・グリーンロボットチャーム¥51,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)▶PRADAのバッグ&ロボットチャーム 詳細はこちら■グッチのイニシャルカスタマイズ大きめなGGパターンのトートバッグの両面、または片面に、好きなアルファベットを入れられる。イニシャルは4 種類の素材・16パターンから選べる。オンラインで仕上がりイメージを見ながらカスタマイズできるのも嬉しい。こちらのイニシャルはクリスタルつきのフェルト素材。 「『ABCDEFGUCCI』 オフィディア トートバッグ」(43×41×5.5)¥259,000〜393,000/グッチ ジャパン(グッチ)▶グッチのバッグ&イニシャルカスタマイズ 詳細はこちら③おしゃれプロ&セレクトショップのリコメンド・ブランド バッグ■BALENCIAGAのロゴバッグ副編集長S田 リコメンド 「大人なベージュとキャッチ―なロゴにテンションアップ!きちんと感のあるフォルムだからオンオフともに活躍」と副編集長S田がひと目惚れした「ヴィル」の新色。レディなベージュとモードなロゴで旬のバランスが完成。「ヴィル トップ ハンドル S」バッグ(H22×W26×D11㎝)¥235,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) ▶BALENCIAGAのロゴバッグ 詳細はこちら■ZANELLATOのホワイトバッグマリソル 編集部MDR推薦 「清潔感のあるクリーンな白で、レザーだけで表現されたモチーフが贅沢。カジュアルに斜めがけしたい」。バッグ¥130,000/アマン(ザネラート)▶ZANELLATOのホワイトバッグ 詳細はこちら■Sergio Rossi & TOINO ABELのかっちりかごバッグマリソル 編集部Y本推薦 「先シーズンあたりからセレクトショップで見かけていたブランドが本格上陸。かっちりフォルムとステッチのゆるさのバランスが可愛い」。バッグ¥28,000/ショールーム セッション(TOINO ABEL)▶Sergio Rossi & TOINO ABELのかっちりかごバッグ 詳細はこちら■DELVAUXの「ブリヨン」バッグエディター湯澤実和子さん推薦 「オケージョンや冠婚葬祭を含め、この先ずっと使える超定番として本気のいいものが欲しくて購入。ブランドがわかりにくいのも好み」。バッグ¥642,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)▶DELVAUXの「ブリヨン」バッグ 詳細はこちら■フォンタナ ミラノ 1915のバッグBARNEYS NEWYORK リコメンド トップハンドルからの丸みのあるフォルムに縫製。隅々まで美しい職人技が光る。 バッグ(24× 28×11.5)¥320,000/バーニーズ ニューヨーク(フォンタナ ミラノ 1915)▶フォンタナ ミラノ 1915のバッグ 詳細はこちら■ラドローのかごバッグRon Herman リコメンド 上質感のあるレザーコンビのかごなら、大人でも持ちやすい。たっぷりとあしらったフリンジで、シンプル服も見違える! バッグ(34×22×22)¥62,000/ロンハーマン(ラドロー)▶ラドローのかごバッグ 詳細はこちら■エレメのコラボバッグChaos リコメンド 先シーズンヒットした形の新作。大きいのに軽く、ハンドルが二重で持ちやすい点も人気の秘密。 バッグ(37×45×19)¥57,000/カオス丸の内(ア バケーション)▶エレメのコラボバッグ 詳細はこちら■バルダンのスクエアショルダーバッグESTNATION リコメンド 型押しにゴールドの持ち手がエレガント。形がくずれず、荷物を入れてもきれいな形がキ ープできるのも人気の秘密。 バッグ(19×24.5× 8 )¥55,000/エストネーション(バルダン)▶バルダンのスクエアショルダーバッグ 詳細はこちら■J&M DAVIDSONのコラボバッグTOMORROWLAND リコメンド 「トゥモローランド」40周年を記念して別注した限定色。通常ゴールドのスタッズもシルバーに。 バッグ(26.5×17.5×17.5)¥154,000/TOMORROWLAND(J&&M デヴィッドソン TOMORROWLAND別注) ▶J&M DAVIDSONのコラボバッグ 詳細はこちら■Christian Louboutinのトートバッグ副編集長S田 リコメンド 「持つだけで気分が上がるカラフルで美しいトートを夏に向けて購入。まるでアートのような特別感!」と副編集長S田がひと目惚れしたのが、「CABA」コレクションの新作「ポルトガバ」。ポルトガルの伝統的な手法や技術を取り入れ、色鮮やかで存在感抜群。内側は伝統的なアズレージョタイルがモチーフになったプリントに。 バッグ(縦32×横55×マチ33㎝)¥239,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)▶Christian Louboutinのトートバッグ 詳細はこちら■J&M Davidsonの2WAYバッグスタイリスト松村純子さん リコメンド 誰もが持っている黒いバッグは、フォルムと質感で差をつけたい。J&M デヴィッドソンの「メド」バッグは、A4サイズが余裕で入り、クロスボディ、手持ちもできる2WAY仕様。「一見シンプルですが手にした時のくたっと感がなんとも言えず素敵。リネンジャケットとショーパンに合わせて持ちたいです!」とスタイリスト松村純子さん。「メド」バッグ(H40×W35×D9㎝)¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ▶J&M Davidsonの2WAYバッグ 詳細はこちら※( ) 内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です(編集部調べ)
  • 新しい仕事のためのセミナーに出席。襟元を隠して、凜とした印象に家電からアプリ分野への異動だから、新しく覚えることもたくさん! 大変だけど、初心に返るという喜びも。きれいめTシャツ×プリーツスカートのすっきりコーデは、今季らしいベージュ系のサンダルやバッグをを合わせて鮮度をアップ。冷房が効いた部屋でのセミナーだから、襟元にスカーフを巻いて冷え込み防止。さわやかなミントグリーンが、フレッシュな気持ちと若々しさを取り戻してくれる気がする♪ アプリ開発や運営に関するセミナーは、難しいけれどすごく興味深い! たくさんメモを取ったから、後で見やすいように返ってまとめなきゃ。なんだか新しい部署での仕事が楽しみになってきた♪Tシャツ¥21000/マディソンブルー スカート¥27000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア)  ストール¥27000/ebure(ファリエロサルティ) バッグ¥17000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(トーヴ×ナノ・ユニバース) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥22000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 靴¥25000/ジルスチュアート 青山店(ジルスチュアート)【今月のPROFILE】家電メーカー勤務の企画部データアナリスト・絵美里 家電メーカーのマーケティング部からアプリの企画部へ異動内示を受けたばかり。内勤が多く、ファッションは甘め、グルメは激辛が好物。後輩男子と恋が始まりつつあり!明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【着回しに効くTシャツ】ネイビーUネックTシャツ 鹿の子素材で通気性もよく快適。リラックス感がありつつ、裾スリットやワンポイント刺しゅうなど、きちんと見えするディテールも効いてる。¥21000/マディソンブルー【相棒ワードローブ】白プリーツスカート クリーンな白プリーツスカートには、さりげなくボーダーの織り柄が入ってこなれた雰囲気に。¥27000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア)「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】M7days 【徳原文子さんコラボ】Tシャツ ¥7,900+税【関連商品】ADORE ストレッチプリーツスカート ¥34,000+税撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中山友恵〈ThreePEACE〉 スタイリスト/大平典子 モデル/絵美里 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
関連キーワード

RECOMMEND