宝石のようなデニッシュ♡こだわりのパン屋さん

Marisol ONLINE
静かな住宅街に、その名も「丘の上のパン屋」はあります。
  • 本当に丘の上!気持ちの良い立地。
    本当に丘の上!気持ちの良い立地。
  • お洒落な店内。朝からたくさんのパンが揃っています。
    お洒落な店内。朝からたくさんのパンが揃っています。
  • ツボをおさえたフィリングのリュスティックサンド。全制覇したい。
    ツボをおさえたフィリングのリュスティックサンド。全制覇したい。

どのパンも美味しいですが、特におすすめなのが季節の果物を使ったデニッシュ。
季節限定の、みかん、栗、安納芋のデニッシュ。まさに宝石箱。
季節限定の、みかん、栗、安納芋のデニッシュ。まさに宝石箱。
季節の果物や栗、安納芋はツヤツヤで、ご覧のとおりの存在感!
パイ生地は軽くサクサクで、ボリューミーな見た目、贅沢な風味にもかかわらず、全く重くない!

正直、今までデニッシュはカロリーが高そうだし、自分から進んで食べることはありませんでしたが、
このデニッシュだけは、
サクサクだからゼロカロリー
だと思って食べています。
(当然ですが、カロリーあります。)

安全・安心なこだわりの素材と、美しいビジュアル。
心もお腹も満足できるのは嬉しいですね。
最近いちごのデニッシュが始まったので、そちらも楽しみです。

芝生にテラス席もあり、焼きたてパンと、これまたこだわりのコーヒーや季節のドリンクをいただくことができます。
お子様連れでイートインされている方もたくさんいらっしゃいますよ。
danjo
関連記事
  • お家時間を楽しいものに〜買って良かった【STAUB】オススメのスイーツもご紹介します。こんにちは。Kaaiです。 二度目の緊急事態宣言下ですが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか? 一度経験しているから、焦ることもなく冷静に受け止めている方が多いと思います。今回は、小学校、幼稚園が休校となることがなかったため、そこまで生活が混乱することもなく、リモートワークの夫もリズムができているように感じます。 皆さまも、きっともう既に、お家時間との付き合い方を確立されていますよね! 私が、コロナ禍で考え方が変わったことの1つに、『せっかくなら、ルーティーンワークである家事を楽しみたい!』と思うようになりました。 先ずは形から、娘とお揃いのDEAN&DELUCAのエプロンを♡ お揃いを喜んでくれる娘を見ると、こちらまで楽しい気持ちになります。そして、結婚してから、ずーっとホーロー鍋が欲しいなと思っていました。今までは、ゆっくり煮込むより圧力鍋で時短を選んだり、そんなに料理好きでもないから高いお鍋でなくてもいいや、とずっと後回しにしてきました。 でも好みが変わることなく買いたいと思っていたお鍋を、お家時間が長くなる今こそ買おう!とこの機会に新調しました♪staub ココット ラウンド22㎝このお鍋、お料理上手な方やオシャレさんは高確率で所有している代物。見た目のオシャレさも去ることながら、その機能性に私はもう虜です♡ 素材の旨味が濃縮されて、お野菜がホクホクに!お肉はホロホロに!何でもっと早く買わなかったのかと思う程、毎日使っています♪ 無水で作ったチキン煮込みと肉じゃが↓チキン煮込み肉じゃが子どもたちまで、「これ、ストウブで作ったの?」「美味しい美味しい〜」とストウブマジックに笑 元々夫は、美味しい物を食べるのが好きなタイプだったのに、私と結婚したことに寄って、(ある時は、きゅうりの割合が多すぎる酢の物を出されたり、おでんの汁が少なすぎるおでんにも驚きながらも文句も言わず笑)舌が落ちたと思われますが、そんな夫も嬉しそうにしているので、めでたしめでたし。 お気に入りの物だと大切に使うし、見た目から気分も上がって、お料理時間が楽しくなりました♪そして、二度目の巣籠もりでも、懲りずに増量中なのですが(^^; 少し贅沢な美味しいお菓子を自宅用に購入することも多くなりました。 ★エシレのバタークッキー ★number sugarのキャラメル はオンライン購入もできて、贈り物にもオススメです!エシレ バタークッキーnumbersugar キャラメル引っ越しの際に、処分したNespressoも、また購入しました。お家でカフェ気分を味わっています♡相変わらず子どもたちとお菓子を作ったりもしているのですが、中でもオススメだったのが、NHK番組『すイエんサー』のレシピで作った『フワフワパンケーキ』! これは、もはやパンケーキではない作り方でしたが、高級カフェのようなお味を楽しめました♡ 作り方気になる方は、NHKオンラインに掲載されていますので、チェックしてみて下さい(^-^)すイエんサー 【パンケーキ】超フワフワになる作り方!参考こんな風に当たり前の毎日を、当たり前と思わず、日常を楽しみたいなと思っています。 まぁ喧嘩が騒がしくて、イライラもしますがね、そんな時は美味しいカフェラテで気分転換しています(^^) 早く終息してほしいと願うばかりです。 それではまた! Kaai【My instagram】 コメント、フォロー嬉しいです♡ リンクはこちら↓No.180 kaai
  • BAILAエディターズのリレー式コラム、第236回目は、今なら東京で購入できちゃう、北海道の人気ベーカリー「小麦の奴隷」のザックザクカレーパン♪ ロケットの町・大樹町で生まれたエンタメパン屋「小麦の奴隷」 バイラでダイエット企画や健康特集をするたびに、深く納得し、食生活を節制し適度な運動を心がけています(言い訳1)。心がけているんですが、やっぱり美味しいものと出会いたい欲求は尽きませんし(言い訳2)、次から次へと世の中に美味しいものが誕生するし(言い訳3)、このリレーコラムも回ってくるので(言い訳4)、多少のカロリーには目をつぶって、日々美味しいものを探し歩いています。以上、開き直りでした。今回ご紹介するのは、そんな私の日常を見透かしたような店名の「小麦の奴隷」。 「小麦の奴隷」は「ロケットの町」として有名になった、北海道・十勝の大樹町に昨年オープンしたパン屋さん。クラファンで資金を募ったり、SNSで製作工程を配信したり、品質の落ちない冷凍生地を開発して職人的働き方に改革を起こしたり、とベーカリーをエンタメ化させた、まさに「今」が詰まった話題の新世代パン屋さんです。ここの人気をググっと後押しした代名詞的商品が、この「ザックザクカレーパン」。 なんと大樹町では3ヶ月で1万個を売り上げ、カレーパングランプリ2020東日本揚カレーパン部門金賞! 昨年東京で行ったPOPUPでは1500個が即完売、という超人気ぶり。前回のPOPUPでは購入が叶わなかったのですが、この人気カレーパンが現在、清澄白河のギャラリーMITSUMEとコラボして「小麦の奴隷LABO×MITSUME」として6月中旬まで期間限定OPEN中なのです。イチ小麦の奴隷として、今回は逃すわけにはいきません。ということで、先日購入してきました! 全方位にクルトン!食感がすごい「ザックザクカレーパン」 カレーパンの醍醐味といえば、アツアツをかじったときの「ザクっ」という揚げたて衣の食感ですが、見てくださいこの衣! マッサージボールならトリガーポイントにぐいぐい効きそうなこのビジュアル。 クルトンをパン全体にまとわせ、パンとともにカリっと揚げることで、どこから食べても最後までザックザク! まるで焼き菓子を食べているかのようで、おやつとしても満足感大!中身のカレーは甘さ控えめな&香りの良いスパイシーカレー。じゃがいもは地元十勝の厳選食材というのも嬉しいポイント♪揚げる時間やタイミングにも日々研究を重ねているので、油切れもよく、しつこさも感じさせません。ヘビーな見た目ですが、楽しい食感とともに意外とパクっと食べられちゃう。お家でトースターでちょい焼きするとアツアツ&ザクザクで美味ですが、冷めてもザクザクでおいしいです。 その他、リッチな生食パンやチョコクロワッサン、塩バターパンに惣菜パン・・・楽しい&美味しいパンが目白押しでした。SNSでは毎日種類ごとの焼き立て時間をアップしてくれているので、是非チェックして焼き立てをゲットしてください! 近年再びブームが訪れているカレーパン業界の風雲児、是非お試しあれ。(編集斉藤)
  • 「水球王子」の愛称で親しまれる、話題のアスリートをご存じだろうか。その名の通り、水球の日本代表メンバーとして活躍する彼の目標は、「オリンピックで勝利して、水球の魅力を広める」こと。昨年開催予定だった東京オリンピック前に約束していた取材が、コロナ禍を経て、昨年末の練習日についに実現(2度目の緊急事態宣言前)。スポーツ選手として葛藤の絶えなかった2020年の終わりに、思うことは? 人生最大の壁からモチベーションのもとまで、爽やかな王子スマイルの奥に潜む、荒井陸選手の熱きスポーツ魂に迫る! 荒井陸(あらい・あつし)1994年2月3日、神奈川県生まれ。日本体育大学在学時の2012年、日本代表チームに選ばれる。2016年から約1年間、水球大国・ハンガリー名門クラブ「HONVED」に所属。現在は「Kingfisher74」。水球日本代表であるポセイドンジャパンの一人。水中の格闘技と呼ばれる水球界では身長2mクラスの選手が多い中、168cmで戦う姿は「小さな巨人」。無敵だった幼少期。唯一、水球だけができなかった荒井選手が水球を始めたのは、小学3年生のとき。神奈川県の実家からほど近いスイミングクラブで習っていたお兄さんの影響で、練習に参加したのがきっかけだ。  「子どもの頃からスポーツが好きで、サッカーを習っていました。自分で言うのもなんですけれど、運動神経が良くて。運動に関しては、大体のことが人よりもうまくできたし、自分に不可能はないと思っていたんです。 それなのに、水球の練習に参加したら、何もできなかった。点を取れないどころか、ボールにすら触れない。水に浮いているだけで精一杯だったんです。そんな様子を見た兄にからかわれたのが、心底悔しくて(笑)。絶対に見返してやる!という反骨精神から、水球を習うようになりました」 「水球を続けたい」。そう思ったことは一度もないインターハイや国体優勝への憧れを抱くようになり、兄の背中を追って水球の名門・秀明英光高等学校に入学。3年間、自宅から片道約2時間半をかけて通学した。 「どんどんのめり込み、中学生の頃には、自然と水球が生活の中心になっていました。高校生活はとにかくハードでしたが、僕にとっては、挑戦することと楽しさが勝った。よく、“水球を続けたいと思ったのはいつ?”と聞かれるのですが……水球について、そんなに深く考えたことがないんです(笑)。水球をすること以外の選択肢がなかったので」初めて挫折を味わったのは2016年、水球大国・ハンガリーで世界のステージで戦うことを夢見て日本体育大学に入学し、1年生のときに日本代表合宿に参加。2013年のワールドリーグで日本代表デビューを飾った。「水球以外の選択肢がない」という強い意思を輝かしいキャリアで体現してきた荒井選手だが、水球大国・ハンガリーのチーム「HONVED」所属時に初めての挫折を味わう。 「それまでは、自分自身にチャンスメイカーとしての役割を課していました。点を取れる選手はたくさんいるから、彼らのサポートをするべきだ、と考えていたんですね。ただ、ハンガリーで求められたのは点を取ること。どんなにサポートをしても、点が取れないと評価されないんです。よって、僕は全く試合に出させてもらえず……水球人生で初めての挫折でした。 向いていないとは思いながらも、試合に出たい一心で練習を重ねると、次第に点が取れるように。実際に点を狙うようになると、貪欲さが増して、技術全体がブラッシュアップされたんです。精神的にも肉体的にもしんどかったですが、あの経験がなかったら、今の僕はない。水球にハマったきっかけもそうですが、悔しさや挫折なくして成長はできないと、素直に思います」人が優しく街も美しい。ハンガリー、一押しです!ハンガリーの「HONVED」に在籍していた約1年間を過ごしたのは、首都ブダペスト。試合のために世界各国を訪れてきた荒井選手だが、群を抜いて好きな街だとか!  「まず、人が優しい。チームメイトはあたたかく受け入れてくれ、オフの日も一緒にお寿司を食べに行ったり。辛い時期を乗り越えられたのは、彼らのおかげです。電車でも席を譲り合うなど、マナーを重んじる文化は、日本に近いように感じました。街も美しく、ぶらっと散歩をするだけでリフレッシュできる。海外旅行ができるようになったら、ぜひ、訪れてみてください!」散歩、カフェ巡り、買い物。休日は必ず外出する派です日本でも、暇さえあれば散歩をしているという荒井選手。オフの日は街歩き、カフェ巡り、買い物が定番。ファッションも好きで、なかでもパンツ選びには並ならぬこだわりが。  「練習の合間も散歩したりと、とにかく、じっとしているのが苦手なんです。だからどんなに疲れていても、休日は必ず外出しますね。普段はジャージばかり着ているので、ちゃんとおしゃれして出かけたいんです(笑)。国産ブランドが好きで、PUBLIC TOKYOとUNITED TOKYOは頻繁に覗きます。一番こだわっているアイテムは、パンツ。ポケットの形や位置など、かなり吟味します」憧れは、大谷翔平選手。ロサンゼルスまで観戦しに行ったことも甘いマスクと肉体美に加え、今どきの趣味も、“水球王子”と親しまれる所以? そんな愛称についてどう感じるか尋ねると、「素直に嬉しいです。実生活では、全くモテないんですけどね」と苦笑い。さらに、憧れのスポーツ選手を聞いてみた。 「たくさんいますが……ひとり挙げるなら、大谷翔平選手ですね。外見はもちろんですが、メジャーリーグでプレイするという夢を叶えただけでなく、大活躍しているところが本当にかっこいい。ロサンゼルスまで試合を観に行ったのですが、彼の人気を目の当たりにして、唖然としました。グッズの多さもだし、彼がマウンドに登場したときの歓声は、ほかの選手と桁違い。良い刺激をもらい、憧れる存在です。 スポーツ選手にとって、ファンの方の存在はモチベーションになるし、応援はいい意味でのプレッシャーになるんです。水球は、日本ではまだまだマイナー。自分が大好きなスポーツだからこそ、たくさんの方にその魅力を伝えるために、SNSなどにも力を入れています」 この投稿をInstagramで見る 荒井陸/Atsushi Arai (@a2desu)がシェアした投稿 Instagram(@a2desu)やYouTubeチャンネル(荒井陸/Atsushi Arai)で、練習のオフショットやプライベートを公開中。 東京オリンピックの延期は、正直、かなりヘコみました「自分を成長させてくれた水球に貢献したい」という想いから、水球の魅力の拡散をライフワークとして掲げる荒井選手。その最大の機会の場となるはずだったのが、2020年に開催予定だった東京オリンピック。延期の発表を受けた当時を振り返り、こう語る。 「正直、かなりヘコみましたね。絶対に勝たないといけない!と、突き詰めてきた矢先のことだったので、なおさらショックが大きかったです。自粛期間は練習もできず……あれほど長い期間、水球をしなかったのは初めてだったので。いろいろな変化に体も精神も追いつかない状態でした。 ただ、時間とともに心も落ち着いて。せっかくの機会だから、普段できないことをしよう!と気持ちを切り替えました。のんびりランニングをしたり、1日中ドラマや動画を観たり。なかでも韓国ドラマにハマって、夜通し観ちゃいました(笑)。練習で忙しい日々にはできず“いいな”と思っていたことを全てやり終えたとき、改めて、水球の楽しさ、水球をできることの幸せに気づいた。そして、またイチから頑張ろう、と思えるようになりました」水球用のプールって、じつはかなり深いんですよ!現在は先に控える東京オリンピックに向けて、猛特訓に勤しむ日々。今回は、そんな練習中にお邪魔して撮影を行った。すると、想像を絶するスピード感あるパス、鋭いシュートの迫力に、スタッフ一同大興奮! 当日は(深さのない)通常プールでの練習だったが、ゲームの面白さを垣間見た。また、取材日には見られなかったが激しいボディコンタクトや個人技など見どころも多い。 「意外と知らない方が多いのですが、水球って、泳ぎながらプレーしているんです。つねに足がつかない状態で、ボールも片手でしか扱えない。その2点を知るだけで、試合のスリル感がぐんと増すはずです」損はさせません! 一度、試しに観戦してみてください「また、日本の水球はスピード感が特徴ですが、ヨーロッパのチームとの対戦では摑み合いなど、体当たりなプレイも続出。ボールゲーム、格闘技、水泳と、様々なスポーツの魅力がぎゅっと詰まっているんです。損はさせない自信があるので、ぜひ一度、観戦してみてください!」photos: Ayako Kichikawa text: Ayano Nakanishi 
  • こんにちは。 バイラーズの井上です。 緊急事態宣言が発出され おうち時間が増える中、いかがお過ごしでしょうか。 年末少し前にちょうど産休に入ったばかりで【これから行けなくなっちゃいそうなお洒落なカフェに行っておきたいなぁ…。】なんて思っていたわたしには少し残念なお知らせではありますが、やっぱり身体が1番ですからゆっくりおうちで過ごせたら…と思います。 とはいえ、 美味しいものは諦めたくない!! スーパーへの買い出しへのついでに近所のKALDIや無印良品で新商品のチェックをして適度なガス抜きは忘れません。 普段から カルディではチョコレート菓子を買うことが多いのですが、今回はこちらのかばさんチョコレートと目が合ってしまいまして…。 キンダー ハッピーヒッポ もともと 駄菓子屋さんで売っているようなチョコモナカのようなお菓子が大好きで、このお値段だとどれだけ美味しいんだろう…?と買ってみたこちら。 正直、いい意味で期待を裏切られました。 というのも 大体、このようなチョコモナカ的なお菓子って中のチョコレートがエアリーなタイプのもの。ですが、こちらは“ウエハースとクランチの中に、とろ〜んとしたカカオクリームとミルククリームが入っているのです。” 気軽なお菓子だと思っていたので最初は想像以上に甘くてちょっとびっくりチョコ好きとしては大歓迎です♡ よくよく調べてみると こちらのハッピーヒッポの販売元はファレロというイタリアのメーカーで、ヌテラなどの取扱もあるんだそう。 あ〜言われてみたら ヌテラだわ!!!!!と全てが繋がったような感覚。 人気かつ冬季限定商品のようで KALDIの店頭では売り切れているところも多いのですが、PLAZAなど海外メーカーのお菓子の取り扱いがあるところは穴場のようでまだまだ買えるところが多くある気がします。 また更新します☺︎ 美味しいものが多めですが ご覧いただけると嬉しいです。 Instagramはこちらです。 おうち時間が増え 退屈な日々がまだまだつづきますが美味しいものを食べて乗り切りましょ♬ 井上あずさ
  • ポートランドのStumptown Coffee Roastersの豆を日本で唯一扱う人気のコーヒーショップ。住宅街に佇むアットホームな雰囲気にも癒されます。外出自粛期間中は、なるべく遠出を避けるため、散歩がてら近所のコーヒー屋さんを巡っています。 今回は、代々木上原から幡ヶ谷に向かう住宅街に佇む大人気のコーヒーショップ、パドラーズコーヒーに久しぶりに行ってきたのでブログに書きます。 こちらは、以前私のブログでご紹介した京都のエースホテル京都にあるStumptown Coffee Roastersができるまで、日本では唯一Stumptown Coffee Roastersの豆を取り扱うお店として注目を浴びました。 Stumptown Coffee Roastersのブログはこちらから↓京都の新ランドマーク、新風館。ACE HOTELのロビーを眺めながらスタンプタウンのコーヒーを味わう。住宅街の中にひょこっと現れるお店ですが、この時期でも来店される方が続々と。 この日は天気が悪かったのですが、通常は外のテラス席も利用できて快適です。店内も、広々としていてポートランドの空気感が漂います。 店員の方も皆感じが良くて、細かな気配りもしてくれるのでとても居心地が良いです。メニューはこのような感じ。 付近の有名店との関係性も深いようで、ホットドッグは、尾山台の人気店オーボンヴュータンの特製ソーセージとこれまた超有名店カタネベーカリーのパンを使用したスペシャルな一品。 他にも参宮橋のタルイベーカリーやkinonedoのお菓子など気になるものがいっぱい。 私は今までコーヒーしか飲んだことがなかったのですが、今回はレモンタルトが久しぶりに復活したとのことで注文してみました。 このレモンタルトが驚きの美味しさで、甘さは控えめ、レモンの酸味が効いていて、タルト生地はしっかりバターの風味があり最高のバランス。 そして素晴らしいのは、コーヒーの味を全く損ねないこと。 いつも美味しいコーヒーを飲むときに、何か食べたくなるのですが、どうしてもコーヒーの味を見失ってしまいがちなので避けていましたが、そこはさすがパドラーズコーヒー、単品でも完成度の高いレモンタルトですが、コーヒーの風味を全く邪魔しなかったのが感動的でした。器にも拘っていて、お店の器は全てニューヨーク在住の作家さんの器とのこと。毎年1年に1度総入れ替えするそうです。 全てアソートで他のお客さんに出されている器を見るのも楽しいです。このような感じで、コーヒーショップと言っても色々な物にこだわりがあって、コーヒーだけには決してとどまらないお店です。 近くにパドラーズコーヒーが営業しているブルペンという雑貨屋さんもあって、そちらもとても素敵なお店です。 近所でないとなかなか行きにくい場所ではありますが、わざわざ行く価値のあるお店と言えます。 ぜひ一度行ってみてください!paddlers coffee最後までお付き合いいただきありがとうございました。インスタグラムも更新中です。下の写真からクリックして見ていただけたら嬉しいです!フォローもぜひぜひよろしくお願いします☺︎No.179 Ikumi
  • 【成城石井】ピスタチオラバー必見! 「ポリコム ピスタチオスプレッド」 鮮やかなグリーンがフォトジェニックなピスタチオ。アイスクリームやチョコレートなどピスタチオを使ったスイーツが次々に発売される中、【スーパーマーケット成城石井】でもピスタチオを使った商品が登場。テレビで紹介されるやいなや、売り切れる店舗が続出。最近になってようやく店舗で見かけるようになったものの、あまりの人気ゆえ入荷してはすぐに姿を消す幻の商品。先日偶然にも手に入れることができたので、「ポリコム ピスタチオスプレッド」を使ったアレンジを4つご紹介します。 こちらが【成城石井】で販売されている「ポリコム ピスタチオスプレッド」。240g 899円(税抜き)。 原産国は高品質なピスタチオが多数生産されていることでも有名なイタリア。ピスタチオをホールの状態で仕入れ、製造元にてロースト・ペースト加工を施したもので、香ばしく濃厚な味わいが特長です。 ①パンに塗って朝からリッチな気分に まずはパンにそのまま塗って。テクスチャーはもったり固め。粒感はありませんが、ピスタチオの味がしっかり感じられ、とっても濃厚。パンの香ばしさと、素材本来の甘さがほどよくマッチして、ピスタチオ好きも満足する味わい。 ②フルーツと合わせてデザートに カフェでもよく見かけるピスタチオを使ったデザート。このスプレッドがあれば自宅で簡単にピスタチオスイーツが作れます。スプレッドをたっぷり塗ったバゲットに、フレッシュな苺をトッピング。苺のさわやかな酸味にピスタチオの甘さが加わった、贅沢な組み合わせ。色のコントラストが華やかで、一足先に春を感じるアレンジです。その他、アイスクリームやパンケーキに添えるのもおすすめ。 ③ブランチやおつまみにも 甘いもの以外が食べたいという人にはこちら。トッピングをオリーブや、サバ缶などに変えれば立派なブランチに!ピスタチオのコクに、オリーブの塩気と酸味の組み合わせが最高。ワインを飲むときのおつまみにも。 ④ミルクに溶かしてカフェタイム 温めた牛乳にスプレッドをティースプーン1杯ちょっと。よくかき混ぜればこんなにきれいなグリーンのピスタチオミルクが完成。寒い朝やおうちカフェにぴったりの一杯。温まったピスタチオのやさしい香りに、思わずほっこり。 ホイップクリームと苺をのせて、ピスタチオラテ風アレンジも♡ パンに塗るスプレッドとしては少々お高めですが、これひとつでさまざまなアレンジが楽しめちゃう「ポリコム ピスタチオスプレッド」。おうち時間にぜひお試しください。 「成城石井公式オンラインショップ」はこちら 取材・文/轟木愛美
  • せっかくのおうち時間も、おいしいものに包まれて楽しみたい!そんな時は、テイクアウトでたまの贅沢しちゃいましょ♡こんにちは、Fumikoですᴗ̈ おうち時間も2週間以上過ぎましたね。 私は、友人とご飯食べに行きたい欲が沸沸してますが、、何とか耐えてます!笑 そんな思いを紛らわす為に、最近はもっぱらテイクアウトを楽しんでます。 私はスイーツが好きで、いろんなお店を食べ歩きしますが、中でもチーズケーキとタルトが大好き♡ 今日は、味も見た目もスペシャルなタルトがある、ステキなお店をご紹介します! 入口から♡♡ドアを開けると、ちょこんと店名が!△ランプ可愛いな〜lueur/リュール 世田谷区下馬1-19-4 三宿通り沿い 現在イートインは完全予約制ショーケースはもう残り僅かでした!イートインスペースは、こちらのソファとテーブル1席のみ(2人がけ) こちらのlueurさんは、同じ通り沿いにあるtorseさんのスイーツ専門の姉妹店です。 torseさんのカフェは、予約制ではなく普通に入れますが、お客さんが並んでない時はないほど! スイーツはテイクアウトでき、並ばず入れるのでお勧めです♡torseさんはツナの和風オムライスが有名で、何度でも食べたくなる味!少し前にtorseさんでテイクアウトしたタルト2種(いちご大福のタルト・抹茶と柚子のタルト) 昨日は、夫の誕生日だったので贅沢に3種をテイクアウトしちゃいました! 息子は残念ながら、フルーツとチョコ、クリームが好きではないので、シンプルなプレーンクッキーでお祝い。笑 息子の誕生日ケーキは、プレーンシフォンかバームクーヘンケーキの2択です。 もちろん上にはクリームやフルーツはなく、蝋燭とプレートのみ。笑笑いちご大福タルトはtorseさん、りんごとチョコのタルト、ベリーベリータルトはlueurさんのです。 今はいろんなお店がテイクアウトをやっていて、どこにしよう〜と悩んでしまいますね。 お散歩がてらに、これからもテイクアウトでおうち時間を楽しめたらいいな。 最後までご覧いただきありがとうございました⍢ Fumiko☆ ーーーーー☆ーーーーー Instagramもお気軽にコメントやフォローいただけたら嬉しいです⍢☆お店情報はこちらtorselueurNo.199 Fumiko
  • いい人生とは何かをそっと教えてくれる本『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』 益田ミリ・著 ¥1500 ミシマ社 忘れてしまいそうな日常の何げないシーンや日々感じたことを、コマ数さえも決めずに、ゆっくりと深呼吸をするように優しく描く人気のコミックエッセイシリーズ。ポーランド旅行でのごはんや国内旅行、コロナ禍の日々のことも。  理想の人生、という言葉から思い浮かぶのはどんなイメージだろうか。憧れの職業、幸せな家庭、友達と過ごす時間……それらもすてきに違いないけれど、私たちがつい見過ごしてしまうものがある。シンプルなやさしい線で描かれるこの漫画の中で、主人公はカフェでとなりの席の会話にツッコミを入れたり、道で話し込む中学生カップルをいいなと思ったりしているだけ。だが、そんなささやかさになぜか心を揺さぶられる。  「自分が何かをする」ことだけでなく、そこに広がる世界から美しさを感じ、受け止めること。これも大事な自分の人生ではないだろうか。壮大な夕焼けやきらきらする海を見たとき、私たちは目を奪われてあるがままを感じようとする。けれどその態度は、特別なものを見たときだけでなく、何気ない日常にこそ必要な感覚なのかもしれない。  この人のように世界を見てみたら、人生はもっと輝き出すだろう。そんなことを教えてくれる本だ。 「今日」を大事にしたくなる2冊 『映画みたいなことしない?』 エヒラナナエ 大沢かずみ カナイフユキ 田辺俊輔・著 ¥1800 雷鳥社 タイトルどおり、映画のようにすてきに生きる方法をイラストレーターたちがエッセイ形式で提案するちょっと不思議な映画ガイド。イラストや本の作りもおしゃれで可愛く、持っているだけで気分が上がる。 『バー・オクトパス』 スケラッコ・著 ¥750 竹書房 8本足でカクテルを器用に作るタコがオーナーを務める海底のバー。そこは、人魚やクジラなどいつも個性豊かな海の生き物のお客さんで大にぎわい。心がカサカサな日に読みたい、優しく味わい深い1冊。 ●はなだ ななこ HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE店長。著書に『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』がある。 ▶「ハタチブックセンター 」をもっと見る選書・原文/花田菜々子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
関連キーワード

RECOMMEND