目の下コンシェルジュ4名が解説!なんか老けた? はこれが原因。アラフォーの目の下、こうなっています!

Marisol ONLINE

疲れて見える、少し老けた印象になったなど、顔立ちが変わり始めるアラフォー世代。その原因はズバリ"目の下"! シワが増えたり、たるみが出現したり、くぼんできたりと、見た目印象を左右するエイジングが出現しているのだ。しかも皮膚だけでなく、筋肉などその奥の老化もお疲れ印象を助長している。そこで今、起こっている現象を知り、どんな対策をするべきか、各分野の専門家"目の下コンシェルジュ"のアドバイスをもとに目の下ケアを見直して!


<皮膚、骨、脂肪の エイジングが急激に進行!>
皮膚科医・髙瀬聡子先生が解説!

「ウォブクリニック中目黒」総院長。皮膚科医ならではの視点でアンチエイジング医療を手がけている。

表皮バリア機能の低下
「目のまわりの表皮はほかの部分の¹⁄₄くらいの薄さ。さらにメイクやアイラッシュなどの刺激で炎症が起こりやすい。バリア機能の低下で乾燥が進行します」


真皮にダメージ
「表皮同様、炎症が原因でコラーゲンやエラスチンなどの弾性線維が切れやすく、自分での生成力は年齢とともに落ちています。するとハリの低下が起こります」


脂肪が滑り出てくる
「目のまわりは眼窩の骨があり空洞に。骨、筋肉の衰えから支えきれなくなったやせた脂肪がその空洞から滑り出てきて、目の下のぷっくりやくぼみになります」

骨のやせでくぼみが目立つ
「皮膚だけでなく、その下にある骨もやせてきます。目まわりの皮膚や脂肪、筋肉と骨という層がそれぞれ弱まり、全体のハリ感が失われ目がくぼんだ印象に」



<目まわりの筋肉の衰えがスタート!>
ロート製薬研究員・高木恭子さんが解説!

ロート製薬・基礎研究開発部 再生機能グループリーダー。スキンケア製品の基礎研究に携わっている

まぶたを上げる筋肉が衰え始める
「まぶたを上げる筋肉・ミュラー筋は、こする&引っぱるなどの物理的刺激により筋力が低下。20代から筋肉のもとになる細胞が減少するのがわかっていて、70代までに7 割も減ります」

資料提供・ロート製薬
資料提供・ロート製薬

目の下のたるみは眼輪筋の低下
「目のまわりをドーナツ状に覆っている眼輪筋が、加齢によって弱まります。その影響によって、目の下がたるみ、いわゆるゴルゴラインが発生する一因だと言われています」



<スマホ・PCなど生活習慣が目もと老化を進めています!>

アンチエイジングデザイナー・村木宏衣さんが解説!

美を土台から整える「村木式整筋メソッド」を開発。サロンでは施術体験も。(http://amazingbeauty.jp/

目を酷使することでの眼輪筋などの緊張、猫背が顔のシワを加速させる!
現代社会に欠かせないPC・スマホですが、目の下のエイジングにとってはかなり悪影響が! まず、ずっと同じ距離で画面を見ることでピントを合わせようとする目まわりの筋肉が緊張し固まり、血流が悪くなります。血流が悪くなると、栄養や水分不足で目まわりの皮膚の老化も進行。また、スマホを見る時の姿勢は下向きで猫背になりやすい。すると前面の筋肉が縮こまり、背面の筋肉は引っぱられる。この姿勢は前面の皮膚にたるみを生み、目の下のシワやたるみを加速させる原因になります!




<目の下の悩みが、メイクで隠しきれなくなっています!>
ヘア&メイクアップアーティスト・広瀬あつこさんが解説!

マリソルなど、多くの女性誌で大人を美しくするメイクテクニックを伝授。美のプロからの支持が厚い

くすみ
「アラフォーになり皮膚がより薄くなってくることで、血行不良の青いくすみ、色素沈着の茶色いくすみの両方が目立つようになっています」

シワ
「目のまわりのシワは、ファンデーションやコンシーラーなどベースメイクで隠そうとするほど粉っぽく見えて、よけいに目立ってしまいます」

黒クマ
「この世代で新たに出てくるのがくぼみによる影である"黒クマ"。骨格による影なのでメイクで隠すのがむずかしく、クマが透けて見えてしまいます」

【Marisol 12月号2019年掲載】撮影/藤澤由加(人物) ヘア&メイク/広瀬あつこ モデル/芦田歩美(マリソル美女組) 構成・文/松井美千代
たるむ、しぼむ、くぼむ……。もう一度、パッチリ目もとを取り戻したいあなたに、目ヂカラ再生策とおすすめの目元ケアコスメをご紹介します。
関連記事
  • 「素敵なお洋服のブランドを見に行きませんか」と友人にお誘いいただき、期間限定のポップアップストアにおじゃましました。 そのブランドの名前は「ADELLY」。元スタイリストの小松未季さんがディレクターをつとめるアパレルブランドです。誘ってくださった友人は、小松さんと家族ぐるみのお付き合いをされているご縁です。コンセプトは「充実した日々を送る女性に寄り添い、自由にエモーショナルに」。女性の気分を盛り上げ、心躍る日々を過ごすための服を発信しているとのこと。楽しみに向かった先は、渋谷東急本店。新作のコートを試着させていただきつつ、アイテムを見て回りました。(残念ながら2/19までの期間限定出店なのです。)特に目をひいたのは、ブランドのシグニチャー的アイテムであるワンピースの数々。レースやオーガンジーの素材使いや、パッチワークのようなパターンが特徴的です。価格帯は3万円前後から。この1着で主役になれる華やかさですね。デザイナーでありディレクターである小松さんは、元々フリーランスのスタイリスト。ファッション業界に精通し、ご自身で衣装のデザイン制作もされていた経験から、3年前にこのブランドを立ち上げられました。現在まだ店舗はありませんが、こうしたポップアップストアやセレクトショップでの出店があるとのこと。またアイテムはウェブ上でも販売されており、sold outなお洋服も多いのです。同じアラフォー世代、ご活躍がまぶしいですね。 自由にエモーショナルに・・・着ていて心が躍り、主役になれること間違いなしのお洋服でした。今大注目の素敵なアパレルブランド「ADELLY」、みなさまぜひともチェックしてみて下さいね。ADELLYのHPはこちら。美女組No.92めるものブログ
  • 透け感のある新感覚の色をチョイスするのが秘けつ☆ナビゲーターは・・・ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさんヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん「今春は青みピンクが断然正解。くすみがちなアラフォーの肌に透明感とフェミニンさが」(長井さん) ☆How to ブラウンの仕込みで、パープルのなじみアップ①のブラウンを指でアイホールに塗り、②のパープルを重ねる。ブラウンを敷くことでパープルがぼやけず、透明感が高まり、くすみもカバー使ったのはこれ! ❶ブラウンの練りシャドウ。肌色をわずかに陰らせる程度の色づきで立体感を。モノアイシャドウS 07¥2,800(限定発売)/クラランス 眉にもパープルをオンして、アイゾーンに統一感ブラウンのパウダーで眉を描いた後、②のパープルシャドウをチップに取り、眉の下の地肌を染める感覚でのせて。眉もほんのりパープルになって、オシャレっぽさが加わる使ったのはこれ! ❷ほどよい青みを帯びたスモーキーパープルは繊細なキラキラが大人仕様。オンリーミネラル N by ONLY MINERALSミネラルピグメント 03¥2,300/ヤーマン  リップはオーバーぎみに描き、〝昔っぽさ〞を回避③の青みピンクリップを唇にじか塗りし、しっかり発色させる。小さく描くと昔っぽくなるから本来の輪郭より少し大きく描くのがコツ。唇と頰の面積との対比で顔も小さく見える使ったのはこれ! ❸強めなブルート ーンで肌の透明感を格上げ。つけると驚くほどなじむ。コフレドール スキンシンクロルージュ WN-77¥2,700(編集部調べ)(3/16発売)/カネボウ化粧品 青みの目と頰をつなぐチークは控えめ色で抑えめなピーチ色なら、バランスよく。④を頰骨に沿って横になじませた後、頰の中央にのせナイキのマークのような形に仕上げるとシャープさと可愛さが両立。使ったのはこれ! ❹目もとと口もとの仲立ちをするソフトなミルキーピーチ。パウダーブラッシュ OR201¥5,000(限定発売)/コスメデコルテ☆Finish!ブラウス¥36,000/レスプラスデザイン(エムダブリュー) ピアス¥26,000( 1つ売り)/シモン【Marisol2月号2020年掲載】撮影/向山裕信(vale./人物) 山口恵史(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/入江信子 構成/原 千乃▼あわせて読みたい
  • Marisol ONLINEで配信されたビューティー記事の人気ランキングトップ6を発表!※集計期間:2020年2月4日(火)〜2020年2月17日(月)【1位】 2020年春・アラフォーが選ぶべき新色の“正解”【リップカラー編】★記事はこちら【2位】 頭皮から女っぷり、上げてみない? おすすめは花王のハイプレミアムヘアケア「ines」【マーヴェラス原田の40代本気美容 #215】 ★記事はこちら【3位】 手応えを実感!化粧水・乳液・オイル【2019年下半期マリソル ベストコスメ大賞】★記事はこちら【4位】 幸せを呼び込む 大人可愛い“ピンクメイク”のご提案!【幸せ顔メイク】 ★記事はこちら【5位】 今年こそ、本気でおなかヤセ!アラフォーは「呼吸」で無理なくおなかヤセを| 40代ヘルスケア ★記事はこちら【6位】 人生も美容も、色々とあきらめがちな自分。どうしたらいい?【40代のエロスとヘルス 神崎恵×小田切ヒロ 大人のカウンセリング室】 ★記事はこちら
  • 肌ツヤが減ったアラフォー肌にぴったりのハイライター 「40歳になってから、疲れがすぐ顔に出るようになり、調子が悪い日はあきらかに肌にツヤがないのが気になっていて…(しかも、子どもをしかったあとは、表情まで老け込んで…泣)。そんな私が『こんなの待ってた~』と飛びついたのが、イプサの新しいハイライター。プロのカメラマンが撮影時に使うレフ板のように、瞳に光を入れることで瞳の存在感を高めながら透明感やツヤ感のある肌印象にしてくれるらしく、スティックタイプを目もとのやや下に直接塗ってぼかすだけでいいのだとか。それだけでいいなら、不器用でズボラな私でもできそう!!」(ライター・ユッコ) イプサ キャッチライトスティック 全3色(ブルー、イエロー、ピンク)各5.0g¥3500(税抜) ※2月21日発売 プロのカメラマンが撮影時に使用するレフ板から着想を得て、瞳に白い光、“キャッチライト”を映り込ませることで生き生きとした健康的な顔印象を生み出す、スティック状のハイライター。 白いレフ板効果をしっかりと肌に仕込む「ホワイト層」と、これを白浮きさせない肌なじみを叶える「カラー層」の2層のマーブル設計になっています。 使い方は簡単で、化粧下地を塗って、ファンデーションを塗る前に、スティックを直接下まぶたのやや下に塗り、指で軽くたたいてぼかすだけ。より瞳に存在感を出したいときや、ツヤ感を出したいときは、ファンデーションの上から使ってもOK。 鼻根、上唇の山の上、下まぶたの目頭などに使っても、立体感のある表情を演出してくれます。 カラーは3色。左からブルー、イエロー、ピンク。イプサの店頭では、肌測定器「イプサライザー」で、自分の肌にたりない光の色を測定して選ぶことができます。 ピンクをお試し。鼻根とまぶたの下あたりに塗ってみましたが、なめらかにするっと伸び、指で軽くたたくだけで肌にすぐになじんでくれました。 「不器用でメイクセンスがない私は、ハイライトを自然に入れることができるのか少し心配だったのですが…。これはスティックでするっと簡単に塗れて、指で軽くたたくだけでしっかり肌になじんで、肌や顔がパッと明るい印象に♡ 鼻にも塗ったからか、顔がいつもより少しシャープに見える気も! 疲れた顔が明るくシャープになって、ハッピーな気分に♪ イプサの店頭に行くと、肌測定器で、自分にたりない光の色を測定して、自分の肌の光反射に合わせた“キャッチライト”づくりができるので、気になる人は足を運んでみては?」(ライター・ユッコ) DATA DEBUT || 2020年2 月21日(金) BRAND || イプサ ITEM || キャッチライトスティック (ブルー、イエロー、ピンク) CATEGORY || ハイライター KEYWORD || #レフ板効果 #マーブル設計 #透明感とツヤ感 PRICE || ¥3500(税抜) TEL ||  0120-523543 HP  || イプサ (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/渡辺有紀子)
  • ついに本格的な花粉症になってしまったようです…。ベースから見直した結果、とても調子良いです。そろそろ暖かくなり、春が待ち遠しいのですが…!ここ数年、花粉症と思われる、軽い症状はありましたが、なかなか認めたくなく。笑 しかし、今年はついに認めざる終えない症状が勃発しました。 おでこの生え際、唇の周り、目蓋など、皮膚の薄い箇所がいくら保湿をしても乾燥、赤みが引かず、本当に毎日、毎日テンションが下がってしまいました。 そんな中でもメイクはしなければいけないし、少しでも楽しみたいので、情報収集した結果、行き着いたのがこちら。CLINIQUE イーブンベターシティブロックまずはベースメイクから見直しました。 敏感肌なので、とにかく情報収集とサンプルをいただき、お試ししました。 CLINIQUEのイーブンベターシティブロックはジェルタイプなので、スルッと軽い、テクスチャーで塗り心地は抜群です。 SPF45/PA+++でしっかりと紫外線カット出来、汚れた空気、花粉、ブルーライトや赤外線などにさらされた肌をしっかりと保護してくれます。一番左4番 marisol3月号にも掲載されていています。長年アルビオンを愛用していて、昨年、発売されてから、サンプルをいただき、2-3回使用しただけでも、しっかりと効果を感じていた、フローラドリップ。 手持ちの化粧水があったので、先送りにしていましたが、これはただの化粧水とは全く違いました!実際には「化粧液」といい、もはや、使用感としては、「美容液」です。 アルビオンの独自美容成分「ミュラ」を主体とした、発酵化粧液で、保湿成分や、抗炎症作用のある植物由来成分などで構成されています。 今回、使い始めた、翌朝には私の赤み肌が一晩で見事にほぼ引いていたことに驚きでした。 使い進めるのが、楽しみで仕方ありません!アルビオン フローラドリップカウンターで肌診断もしてもらった結果、しっかり保湿はしていたつもりですが、超乾燥肌の私は水分量が少し低く、BAさんのアドバイスにより、週何回か、パックで保湿をすることを勧められました。 こちらのIGNISのピンクのシリーズはノンアンコールなので、トラブル肌でも安心して使えるとのこと。フローラドリップ+パックでかなり炎症を抑えてくれたようです。アルビオン IGNISのパックアラフォーになり、今まではなかった、トラブル肌に悩まされていましたが、諦めず、色々と試して、自分に合った、スキンケア方法を模索しながら、お肌と向き合っていきたいと思います。 花粉の方!一緒に乗り越えましょう!美女組No.159 RUIのブログ
  • 気になる肩と腕の丸みを、着るだけでカバーしてくれる「肩落ちショート丈ニット」。これさえあればワン・ツーコーデも即メリハリ上手に!肩落ちショート丈ニット 年齢とともに丸みを帯びる肩や腕まわりをなだらかなカーブでふんわりと隠し、華奢な印象へ導くドロップショルダー。大人は短め丈を選んで脱・ルーズに。 A. AURALEE ボトムを選ばない万能さもクロップド丈の大きな魅力 身幅はゆるっとしつつ、ウエストがギリギリ隠れるくらいの短め丈は、フルレングスのパンツともバランスが取りやすく小柄な人にもうってつけ。トレンドのチョコ茶に加え、自然にロールアップした袖やすそもしゃれ感を後押し。ニット¥32,000/オーラリー パンツ¥32,000/ebure コート¥26,500/ノーク サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥23,000/デミルクス ビームス 新宿(マルコ マージ) 靴¥30,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)B. ADORE パッと目をひくイエローで重心を上げてスタイルよく ボトルネックも目線を上げてくれるデザイン。首がのぞくことで顔まわりがシャープに、肩にかけての華奢さもきわだつので、シンプルなパンツを合わせても女っぽくスタイルアップ。ニット¥32,000/ADORE パンツ¥29,000/エイトン青山(エイトン) ピアス¥50,000/CHERRY BROWN(チェリーブラウン) バッグ¥45,000/ヴァジック ジャパン(ヴァジック) スカーフ¥16,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥46,000/ナノ・ユニバース(ペリーコ サニー)C. N.O.R.C by the line ゆるすぎないボックス型は細身スカートとも相性◎ リラックスした肩落ちニットを大人に着やすくしてくれるチャコールグレー。ウールカシミアで着心地はふわふわでも、凹凸の立ったリブを配しメリハリも。袖もすそも広がりすぎないので、女らしいレーススカートとも品よく着こなせる。ニット¥16,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) スカート¥16,{hlb}000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) ピアス¥7,400/ガリャルダガランテ 表参道店(フィリップ オーディベール) バッグ¥80,000/アマン(ザネラート) 靴¥19,000/ティアラ(ラ ピエス)【Marisol1月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 西崎博哉(MOUSTACHE/人物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/池田メグミ モデル/渡辺佳子 取材・文/伊藤真知 ▼あわせて読みたい
  • 東京・銀座に弁護士事務所を構え、企業法務や人権、犯罪問題まで幅広い案件を扱う高田沙代子さん。仕事に情熱を注ぎ常に多忙な敏腕弁護士の気になるバッグの中身は?弁護士 高田沙代子さん 弁護士 高田沙代子さん たかだ・さよこ●横浜国立大学 国際社会科学研究科法曹実務課程卒業。東京・銀座にある「ケレス法律事務所」の代表。企業法務を扱う一方、性暴力被害事件の被害者弁護や、性的マイノ リティ人権保護にも力を注ぐ 依頼者からの 〝ありがとう〞 が 忙しさを乗りきる原動力高田沙代子さんは、東京・銀座に事務所を構える敏腕弁護士。「弁護士になって8年、事務所を開設して3年半です。企業問題から債権回収、犯罪事件まで扱います。週末には、なるべく休むようにしているのですが、朝から夜中まで働いています。すっかりワーカホリックですね(笑)」   ひとつのことを突き詰める高田さんの情熱は、バッグにも生かされている。 「ロンシャンのバッグは、ナイロン製で軽く収納力抜群かつきちんと感もあってリピ買いしてます。これで3個目」   その中には、重い裁判資料や新聞(⓫)などの紙類から、ノートパソコン(⓲) やICレコーダー(⓯)やiPod(⓮) などのツールまでが詰まっていて、さながら“移動するオフィス”のような趣。   「今日は荷物が少ないほうかもしれません(笑)。裁判によってはファイルが複数あったりで、このバッグのほかにキャリーケースを持ち歩く日も」   携帯電話は、仕事や個人で使う用(⓰)と、依頼者用(⓱)の2個持ち。書類などに必要な印鑑(❾)や朱肉(➓)に加え、切手(❽)も意外な必需品。「調停が成立したら、その場で裁判所に切手を渡せば、すぐに調書を送ってもらえるので」という合理性から。   「これをなくしたら大変!」というのが『弁護士日誌』の赤い手帳(❻)。    一方、必需品と思われがちな弁護士バッジ(❼)は、裁判所に行く時の身分証代わりに携帯しているものの、実際に身につけることは少ないそう。   読む本(⓭)さえ関連書籍を選ぶ仕事ひとすじの高田さん。“やりがい”は、依頼者からの“ありがとう”のひと言。「すべてが終わった時の“ありがとう” にモチベーションが上がります!この仕事は、交渉しだいで展開が変わるので、飽きることがないんです」   事務所開設時に決意表明で買ったジャガー・ルクルトのレベルソが手もとに格と輝きを放つ。次なるステップは?「広い事務所に移転するべく、ただ今、物件をリサーチしています!」    銀座のハードワーカー弁護士の"移動式オフィス"▲高田沙代子さんのバッグ「ロンシャンのトートは、軽くて 収納力抜群で、きちんと感も」。 縦31×横30~46×マチ18㎝ ※バッグのサイズは編集部で計測したものです高田沙代子さんのバッグの中身はこれ!▼ 詳しくチェック!❶グッチの長財布 ❷(右から)ディオール アディクト ラッカー スティック320、アディクト リップ マキシマイザー001 ❸メガネとケース。「ふだんは裸眼ですが、法廷では相手の細かい表情を読み取るためにかけます」 ❹(上)折りたたみ傘(下)gentenの名刺ケース     ❺鍵類 ❻手帳。「弁護士会の協同組合から送られてくるものに、一覧性を高めるために別売りの見開きマンスリーリフィルをはさみ込んで使用。すべての予定が細かくぎっしり書かれている欠かせない存在」 ❼弁護士バッジ ❽切手     ❾印鑑 ➓朱肉とマット ⓫新聞と裁判資料。「新聞は、朝ポストからそのままバッグに入れて移動時間に読みます。担当案件との関係記事はEvernote上にスクラップ」      ⓬バッグハンガー ⓭文庫本『謝るなら、いつでもおいで』。「ノンフィクション事件を扱った内容。マスコミ報道の現場や、被害者遺族の苦しみが克明 に描かれていると大先輩の先生からおすすめされて読み始めました」 ⓮iPod。「ジャズから歌謡曲まで、移動中の酔い止めに」 ⓯ICレコーダー     ⓰スマートフォン。「プライベート用」 ⓱携帯電話。「依頼者との通話はこちらで」 ⓲ノートPCとケース。「付箋やボールペンなどを入れるメッシュポケットがあるところが便利」     ▼働く女のバッグの中身 ▼アラフォーのお仕事バッグ特集【Marisol 2020年2月号掲載】撮影/草間智博(TENT) 取材・文/中村麻美
  • 使えばすぐ、しっとりときめ細やかなブライトスキン。日本酒がもたらす美肌効果を、世界規模で認められた話題のお酒「獺祭(だっさい)」入りのシートマスクで実感してみませんか?獺祭。お酒好きの方でしたら、世界各国で愛されているこの日本酒のことをご存知かと思います。ちょっとフルーティで女性でも本当に飲みやすく、素敵なお酒です。 首相が国賓への贈り物にした、フレンチの大家、ジョエル・ロブション氏がその味わいに惚れ込んでパリに獺祭との複合店をオープンしたなど話題に事欠かないお酒ですが、今回またまた見逃せないニュースが。それがこちら。なんとフェイシャルマスクなんです。お酒のボトルと同じようにロゴがシンプルに施された潔いパッケージをひと目見て、心が騒がないお酒好きはいないのでは。そしてもちろん「獺祭」の名を名乗るわけですから、中身も“濃い”です。裏面をチェック。リアルに日本酒の「獺祭」そのものが配合されているんです!獺祭の代名詞と言われる「純米大吟醸 磨き二割三分」と、その製造過程で出された獺祭酒粕エキスを配合。天然のアミノ酸を豊富に含んだ日本酒は、昔から美肌と深ーい関係があることも、皆さまご存知ですよね。さらにナノコラーゲンやビタミンC誘導体など、美容に効果的な成分をプラスしています。実はこのシートマスク、美容家の山本未奈子さんが監修しているそうなんです。日本の美容文化をもっと世界に知ってほしい!という思いから引き受けたとか。日本が誇るべき高保湿な米由来の美容成分を配合したスペシャルなアイテムを、肌が揺らいでいる時こそ毎日使って欲しい、と価格にもこだわったそうです。なるほど。ということで、さっそく試してみました。シートはたっぷり液を含んでいて、ひたひた。見るからに気持ちよさそう! 意外だったのは、あまりお酒の香りはしないこと。でもこれなら、お酒に弱い人も安心して使えるはず。マスクの形は横幅が広めで、言うなればオニギリ型。鼻の下やあご部分に切り込みがあるので、顔の横幅に合わせて余りを重ね合わせれば、顔を隙間なく覆うぴったりのMyサイズに調整できます。髪の生え際ギリギリまで、そして口もとも浮くことなく、ぬかりなく密閉ケアできちゃう。シートは薄めで、とってもしなやか。顔の動きに沿う気泡知らずの密着感で液だれもしないから、本も読めるしちょこっと家事もOK。これは、ながらケアに最適!パッケージの中に残った美容液は、ぜひ首もとやデコルテにお裾分けを。とろんと濃いのにベタつかず、いくらでもぐいぐい入ってさらり。これ、美容液としてもいい仕事しますよ。使用の目安は10分ほど。マスクを取るとワントーン明るく…というか、白い! カラカラのこんにゃくスポンジが水を含むと柔らかく白く見える、アレと似た変化。乾いてしぼんだ肌が潤って、毛穴などの凹凸も目立たなくなりしっとり&フワフワの肌に。翌朝も透明感が続き、メイクのノリも上々。ぜひ習慣にしたい!と思えるマスクでした。こちらは1月末に発売されたばかり。取り扱いは本社の蔵と銀座にある直営店「獺祭ストア」とECサイトにて。お近くの方はぜひ、直営店で美味しいお酒とともにゲットしてくださいね。獺祭フェイシャルマスク 25mL×5枚入り ¥2500/旭酒造株式会社●ECサイト「DASSAI BEAUTY」はこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連キーワード

RECOMMEND