Grosse Freiheit

Marisol ONLINE
Bambi Kino跡。ビートルズは、この映画館の狭いスペースに寝泊まりしていたそうな。
Bambi Kino跡。ビートルズは、この映画館の狭いスペースに寝泊まりしていたそうな。
INDRA前、大きなツアーバスが店の前に停まっていて撮りたい角度で写真は撮れず。この日も誰かが夢を叶えるために頑張って演奏していたのでしょうか?
INDRA前、大きなツアーバスが店の前に停まっていて撮りたい角度で写真は撮れず。この日も誰かが夢を叶えるために頑張って演奏していたのでしょうか?
ライブハウス、「カイザー ケラー」。当時のドラムのピート・ベストが休むと、交互に演奏をしていた他のバンドのドラマーだったリンゴ・スターが代わりで叩いていたそうです。
ライブハウス、「カイザー ケラー」。当時のドラムのピート・ベストが休むと、交互に演奏をしていた他のバンドのドラマーだったリンゴ・スターが代わりで叩いていたそうです。
スタークラブはなくなっていますが、ここにありました。
スタークラブはなくなっていますが、ここにありました。
映画館で灯りに使った火が原因でボヤ騒ぎになり、ちょうど契約でもめていたオーナーが警察に通報。ポールが放火未遂容疑で拘置された有名な警察署です。
映画館で灯りに使った火が原因でボヤ騒ぎになり、ちょうど契約でもめていたオーナーが警察に通報。ポールが放火未遂容疑で拘置された有名な警察署です。
ビートルズが「居た」Gross Freiheit
ビートルズが「居た」Gross Freiheit
Top Ten Club(今はピザハット)
Top Ten Club(今はピザハット)
ジョン・レノンのアルバム「ロックンロール」のジャケットになった写真はこの奥で撮影したものらしいです。
ジョン・レノンのアルバム「ロックンロール」のジャケットになった写真はこの奥で撮影したものらしいです。
ビートルズ広場 Beatles Platz
ビートルズ広場 Beatles Platz
1960〜1962年のビートルズのハンブルグ時代。

当初、ビートルズのメンバーたちは「インドラ」、「カイザーカラー」と同じオーナーの所有する「Bambi Kino」映画館のスクリーンの裏に寝泊まりしていたそうです。

彼らがハンブルグで 初めてステージを踏んだのは、「インドラ」で 、

その後、同じ通り「Große Freiheit」(大いなる自由)にある「カイザーケラー」で演奏するようになりました。

その後も色々なクラブを転々とします。

オーディエンスは主に港町ハンブルグにやってくる船乗員たちで野次を飛ばしたりもされたようで、ビートルズは難しいお客さんを満足させるように盛り上げたり、長時間の演奏生活だったり…苦労したようです。

ここで夢をつかむための体力と言うか瞬発力と言うか、何かを彼らは蓄積したのでしょうか…。

この過酷なハンブルグ時代の経験が後々のビートルズの栄光へと繋がっていきます。


(インドラもカイザーケラーも、現存しています。)


冬のハンブルグは切りつけるようさシャープな寒さ。
そんな極寒の中、正直、あまり治安が良いとは言えないReeperbahn (レーパーバン)地区を、比較的治安が良いであろうと思われる早い時間に、早足で(怖いですし…)なんとか観てきました。


拙い文章ですみません。ビートルズが好きな方、楽しんでくださると嬉しいです。
ビートルズが通った飲み屋さん。ツケで飲んでいたそうで、ポール・マッカートニーが1989年にワールドツアーでハンブルグを訪れた際、ここに立ち寄り、未払いだったメンバー全員分の飲み代をチップ付きで支払っていったというお話。
ビートルズが通った飲み屋さん。ツケで飲んでいたそうで、ポール・マッカートニーが1989年にワールドツアーでハンブルグを訪れた際、ここに立ち寄り、未払いだったメンバー全員分の飲み代をチップ付きで支払っていったというお話。
関連記事
  • 日本デビューシングルのジャケットより、右から1999年生まれの最年長ヨンジュン、4か国語を駆使する末っ子ヒュニンカイ、才能豊かなボンギュ、リーダーのスビン、ラップ&ボーカルのテヒョン今月15日に、ついに日本デビューを果たしたTXTことTOMORROW X TOGETHERをご存じですか? 世界的人気を誇る、韓国のヒップホップアイドルグループBTSの弟分として昨年3月に本国でデビューした5人組のアイドルグループです。  遅ればせながら、BTSの魅力にやっと気づいた2019年でした(SNLでのパフォーマンスで完落ち)。だからTXTにまで意識が向かなかったのですが、日本デビューのタイミングでPVを見てみたら、しっかりとBTSのDNAを感じるではありませんか! それもそのはず、BTSの楽曲を手掛けるSlow Rabbit氏のプロデュースじゃないですか。韓国デビュー曲『CROWN』(邦題『ある日、頭からツノが生えた』)のアートワークとダンスが可愛すぎて、リピート視聴中です。1分34秒あたりの「マスリ スリ」で矢を射るような振付がたまりません! デスクワークの日は、常にこの曲が脳内で流れております。 邦題『9と4分の3番線で君を待つ』もそうですが、『ハリー・ポッター』の魔法学校に通っていそうな5人組というコンセプトがピッタリで、製作陣含めて、考え抜かれたクリエーションに心からの拍手を送りたい。 ちょっと話は変わりますが、先日発表されたグッチの2020AWメンズコレクションは、子ども時代にフォーカスしたものでした。既成概念に染まる前の子どもだから、いわゆる古臭い男らしさ/女らしさにとらわれることがない。アレッサンドロ・ミケーレは、いつだって示唆に富む提案をしてきます。この感じが、なんだかTXTにも通じるように思うのです。 平均年齢18.2歳の新星は、素直で、キュートで、謙虚で、少しずつカッコよさを身につけ始めた少年たち。新時代らしいアイドル像、人間像を体現する存在になっていくんじゃないかと、期待感に満ちています。
  • デスクワーク中心の日はミルキーカラーで柔らかくエレガントなスタイルに大手企業の広報部で管理職のお仕事をしています。 リアルなアラ管お仕事コーデについても これから、レポートしていきたいと思います。 アラ管というと、ジャケットがマストアイテムと思われますが この日は、来客や外部とのアポイントはない日でしたので ニット&ひざ下スカートのコーデにしました。 (↓ オフィスではストールは外し、肩に羽織ったりしています)Coat : KOBE LETTUCE Stall :Faliero Sarti Knit : BLENHEIM skirt : Whim Gazatte shoes : GUオフィスファッションについては、カジュアルもOKな職場です。 特に決まったルールはありません。 スニーカーもOKですし、ロングフレアスカートもOK。 だからこそ、自分の中でお仕事ファッションの軸を決めています。 私のファッションは「エレガント」がベースにあるので お仕事シーンでは、 【スマートエレガンス】をテーマに きちんと、知的に、エレガントに見えることを意識。 そのうえで、 カジュアル、フェミニンにならない 無難になりすぎない 嫌みなくさりげないトレンド感をプラス が目指すところです。 広報のお仕事にもいろいろな場面があります。 ① 重要な取引先とのアポイント、役員クラスとの面会やプレゼン ② クリエーター、代理店の方々とご一緒にクリエイティブなお仕事をする ③ デスクワーク中心で社内の打ち合わせのみ TPOを意識したコーデにしますが ①~③であまり差がつき過ぎないようにすることを気を付けています。 また、アラフォーという年齢からも年相応のファッションであることも わきまえるようにしています。この日は、③のデスクワーク中心でしたので 足元にちょっとだけ遊びを入れ、レオパード柄のパンプスに。 タイツもブラウンにして、馴染ませています。 このパンプスは ① 重要な取引先とのアポイント、役員クラスとの面会やプレゼン というシーンでは浮いてしまうので 急な対応に合わせて オフィスには無地のパンプスとジャケットを常備しています。Jacket : PLST Pumps:PLSTPLSTプラステのシリーズは、 ストレッチがきいていて動きやすく、シワになりにくいです。 スカートにもパンツにも合わせやすく お家でお洗濯できて、コスパがいいのでお気に入りです。*** PLSTのジャケットリンク *** インスタでも、日々の出来事やコーデを更新中です。 フォローいただけると嬉しいです♪*** chicca・Instagram ***美女組No.185 chiccaのブログ
  • イギリスのファッションブランド、ロクサンダとカナダのスポーツアパレルブランド、ルルレモンのコラボレーションによるカプセルコレクション「ロクサンダ × ルルレモン」のセカンドコレクションがルルレモンの原宿ストアおよびオンラインストアで発売中だ。今回のコレクションはトレンチコート、ジャケット、パンツ、タイツ、トップスなどで構成。ロクサンダらしいカラーブロックの中でも、ニュアンスと落ちつきのあるカラーが魅力のラインナップとなっている。 Break New Ground 1/2 Zip ¥27,800、My Element Long Sleeve ¥15,800、Break New Ground Tight ¥23,800(すべて税込)/ルルレモン2019年秋に発表されたファーストコレクション同様、小さく折りたためるラン向けジャケットやタイツなどのトレーニングアイテムから、スカートやケープなどのファションアイテムまで幅広く展開。レイヤードスタイルも楽しめるデザインとなっているので、トレーニングウェアとしてだけでなくカジュアルウェアとしても着用できそう。 Face Forward Cape ¥54,800、Break New Ground Swifty ¥15,800(ともに税込)/ルルレモンデザイナーのロクサンダ・イリンチックは「女性は今、これまでにないほど冒険する準備ができている。スタイルと機能性の完璧なバランスを持つプロダクトを求めているのよ。ルルレモンのすべてのプロダクトに共通するコードは、着る人を幸せにするという目的があること」と語る。ルルレモンのアイコニックなシルエットをロクサンダらしい大胆な色使いと構築的なシェイプでアレンジした「ロクサンダ × ルルレモン」。豊富なアイテムをミックス&マッチして、あなたらしいスタイルを表現してみては? (左より)Face Forward Dress ¥35,800、Face Forward Backpack ¥27,800(ともに税込)/ルルレモン【展開店舗】lululemon Harajuku住所:東京都渋谷区神宮前5-16-13 S1 ビルディング営業時間:11:00~20:00 電話番号:03-6427-4545 ルルレモン公式オンラインストア:http://www.lululemon.co.jp/ text: Fuyuko Tsuji  ⇩「ロクサンダ × ルルレモン」のセカンドコレクションをチェック!
  • ベルギー人デザイナー、ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクは、アヴァンギャルドなメンズファッションの守護神だ。彼の生みだす世界は、奇異で独創的な魅力にあふれている  パリ11区のバタクラン劇場でコレクション「Wonder」が開催されたのは2009年6月末のこと。地を踏み鳴らしながら舞台に現れたのは、ゲイ用語で熊系(bears)と呼ばれる、ガッチリした体格のヒゲの濃い男たちだ。スピーカーからは、めまいがするようなエレクトロニック・ミュージックのリズムが響きわたる。熊たちは思い思いの形のヒゲを生やし、さまざまな装いで現れた。バイブレーターや雲の形のポケットがついたワイドカーゴパンツに、軽やかなクロッケ(ふくれ織)のブルーやピンクが色鮮やかなブレザー。アシッドピンクや蛍光グリーンがまぶしいPVCのポンチョとスニーカーに合わせた白のハイソックスには「bear」や「pleasure」といった言葉がプリントされている。 デザイナーのウォルター・ヴァン・ベイレンドンク(彼自身、ガッチリした体つきでヒゲを生やし、シックなサンタクロースといった風貌だ)が舞台に現れ、ショーは終わったかと思いきや、じつはそこからがフィナーレだった。まず熊の一群が登場したが、それより観客の目を釘づけにしたのは、次に現れた別の熊の一団だった。“ここは俺たちの舞台”だと言わんばかりに前面にしゃしゃり出た熊たちは、クロッチに赤い“W”を刺しゅうしたブリーフだけを身につけていた。会場からは拍手が沸き起こり、ショーは幕を閉じた。 2019年春夏コレクション「Wild is the Wind」のジャケットを着たウォルター・ヴァン・ベイレンドンク。周囲の3人がまとっているのは、2012年春夏コレクション「Cloud #9」のルック  40年以上にわたって常識破りの独創的なメンズウェアをデザインしてきたヴァン・ベイレンドンク。現在62歳の彼は、80年代半ばに「アントワープ・シックス」と呼ばれたベルギー人デザイナーのグループのひとりだ。このメンバーの台頭によって、ベルギー第二の都市でしかなかったアントワープが、思いがけずモードの中心地とみなされるようになった。彼は現在、母校であるアントワープの名門校、王立芸術アカデミー・ファッション科の学科長も務めている。クレイグ・グリーン、ベルンハルト・ウィルヘルム、「ベルルッティ」のクリエイティブ・ディレクターのクリス・ヴァン・アッシュなど多くのデザイナーにとってのメンターでもある。また、これまでに同世代のさまざまなアーティストとコラボレーションも行ってきた。 「コム デ ギャルソン」の川久保玲、オーストリア出身のコンセプチュアル・アーティスト、アーウィン・ワーム、フランス人アーティストのオルラン、アイルランドのロックバンドU2、オーストラリアのインダストリアルデザイナー、マーク・ニューソンなどがその例である。  しばしば「前衛的な美学」の旗手と評されるヴァン・ベイレンドンクがキャリアをスタートさせたのは1982年、25歳のときだった。当時のヨーロッパのメンズモード界といえば一般的に、トラディショナルなツィード、ウールやコットンのスーツとセットアップしかなかった。そんななか、従来のマスキュリンでフォーマルなコードを破壊したヴァン・ベイレンドンクはまさにモード界の異端児だった。彼が王立芸術アカデミーで培ったクチュールさながらの技術にかけ合わせたのは、普通はスポーツウェア専用とされるフューチャリスティックな機能素材だ。アナーキスティックなデザインは一見、奇妙に明るくユーモラスで無邪気にさえ見えるが、そのフィルターの下にはBDSM(訳注:隷属、SMなどの異常性愛全般)やパンクカルチャーの陰うつなメタファーがちりばめられていた。  今やファッション業界は数百億ドル産業に成長し、アーティスティックな表現をする場というより、“莫大な利益をもたらす可能性のあるもの”に変わってしまった。だがヴァン・ベイレンドンクはこの時代の流れにあらがう。独創的な感性を保ち続け、妥協やコマーシャリズムとはきっちり距離をおいている。多くのメゾンのランウェイは、挑発的な政治的メッセージや、セクシュアル・フルイディティ、キンク(訳注:性倒錯的な嗜好)やクィア(訳注:セクシュアル・マイノリティの総称)といったテーマを披露する場に変わりつつある。  だが、この傾向は最近広がったものにすぎず、もともとのルーツはヴァン・ベイレンドンクのショーにあるといえるだろう。彼はファッション界の“最後のパンク”だ。妄想に満ち、常識から逸脱したクリエーションは、未来を予見していた。現在のファッションは彼がすでに切り開いた道の延長線上にあるのだ。同じようにメンズウェアのコードを転換したアメリカ人デザイナー、トム・ブラウンはこんなふうに言っている。「僕がブランドを立ち上げたのは2000年の頭。だから斬新なメンズウェアを提案するのは難しいことじゃなかった。一方で80年代の初めに、ウォルター(ヴァン・ベイレンドンク)が成し遂げたことは勇敢だったよ。ああやって新しい地平を開いた彼こそを、真のファッションの革命家と呼ぶべきだろうね。いま活躍しているデザイナーはみんな彼にインスパイアされてきたのさ」 「僕の何を知りたい?」。夕暮れのなか、ヴァン・ベイレンドンクが尋ねてきた。ここはアントワープから車で30分ほどの距離にあるザンドホーフェン村。19世紀に建てられた彼の邸宅はこの村にあり、広大な敷地は野草と老樹で覆い尽くされている。川久保玲とTシャツのコラボレーションをするために、彼はもうすぐ東京に発つそうだ。  1957年、ヴァン・ベイレンドンクは今も暮らし続けるこの小さな村で生まれた。両親は自動車修理工場とガソリンスタンドを経営しており、彼の面倒を見ていたのは主に祖母と一番上の姉だった。12歳でアントワープ南東のリールにある寄宿舎に入ったが、自分の殻にこもり、スケッチしたり日記を書いたりしていたらしい。自分が同性愛者であることに気づいたのは14歳のとき。家族に打ち明けたが大きな波風は立たなかったという。  70年代の初め、「ジギー・スターダスト」というペルソナを演じるデヴィッド・ボウイの存在を知る。羽根のように赤毛を逆立て派手なメイクをし、アンドロジナスでタイトなジャンプスーツ(山本寛斎が協力した)を着たボウイは、彼の脳天を撃ち抜くような衝撃を与えた。蛇のようなボディとスキニーパンツが目を引くイギリス人イギー・ポップ、ワイルドなヘアと太いアイラインが特徴のルー・リードも、上品でブルジョワ的な村に住む“サッカーができないティーンエイジャー”の魂を揺さぶった。彼らのおかげでヴァン・ベイレンドンクはそれまで知らなかった自分のあり方や生き方があることに気づいたのだ。(続きを読む)SOURCE:「The Last Punk」By T JAPAN New York Times Style Magazine:JAPAN BY THESSALY LA FORCE, PHOTOGRAPHS BY MARK PECKMEZIAN, TRANSLATED BY JUNKO HIGASHINO NOVEMBER 20, 2019 その他の記事もチェック 川久保玲ーーファッションの偉大なる解放者 山本寛斎、ロンドンで想う「私の“これから”の仕事」 PHOTOGRAPH BY MARK PECKMEZIANPHOTOGRAPH BY MARK PECKMEZIAN
  • 【ワークマン(WORKMAN)】の快進撃が続いています。ワークマン(WORKMAN)のウェアやグッズをデイリーに愛用する女性陣に人気のSNSハッシュタグ「 #ワークマン女子 」が、昨2019年の流行語大賞にもエントリー。作業着専門ブランドとして培ったキャリアをフルに活かした高機能でリーズナブルなものづくりがみんなのハートをガッチリつかんでいるんですね♡ ワークマン(WORKMAN)、ワークマンプラス(WORKMAN Plus+)ともにセールは基本的に行わないそうなのですが、休日ともなると、寒い今こそすぐに着られるプチプラ高機能な防寒ウェアやシューズを探す人でショップは常に満員御礼状態(写真はワークマンプラス ららぽーと富士見店)! 今回は、全 #ワークマン女子 必見、今すぐ買って即役立つアイテムを、コーディネートとともにご紹介します。 【ワークマン(WORKMAN)】2020新春レディースおすすめアイテム5選 目次1.エアロストレッチ アルティメット フーデッドベスト(¥2900) 2.透湿レインスーツ ストレッチ(¥4900) 3.バッグイン 透湿レインスーツ(¥3973) 4.防寒トレックモック(¥1500) 5.コーデュロイ裏フリースシューズ&スリッポン(¥1500) 1.エアロストレッチ アルティメット フーデッドベスト(¥2900) エアロストレッチ アルティメット フーデッドベスト¥2900/ワークマン(フィールドコア) 実は寒い冬こそワークマン(WORKMAN)の本領発揮シーズン! なかでも、きわめて高い保温性を誇るアルミプリント加工生地を裏側いちめんに施した中綿アウターが大人気。マウンテンパーカ型、ブルゾン型、ダウンジャケット型などさまざまなモデルがありますが、エディター沖島のイチ推しは写真のベストタイプです(理由は後述)。 防風&撥水機能に優れた表地(左)と、保温性に優れるアルミプリント加工された裏地(右)の間に中綿(ファイバーダウン)をはさみ、圧着加工してシームレスに仕上げてあります。きわめて軽く、ストレッチもきいているので着心地は上々◎。 フードには“つば”がついていて、突然の雨や雪に見舞われても傘要らず。また、襟が高く、あごの下や耳まですっぽり覆ってくれる立体的なボール型フードなので頭全体があったかいです◎。 フード部分にはさらにうれしい工夫が! 首後ろについているスナップボタンつきループでフードを固定できるので、強風の日にフードがバタバタして邪魔~!...なーんて事態が防げます。つばが首に当たらない効果もあり、襟もとがすっきりします。 このベストには外に3つ、内側に2つ、合計5つのポケットがついています。左胸のポケットは止水ファスナーのようなフラットなデザインになっていますが、ふつうのファスナーと比べて開閉がスムースなアクティブファスナーを採用。フロントのファスナーにはストラップがついていて、手袋などをつけたままでもラクに開閉できます。作業着由来の工夫が冴え渡るぅ! このベストには外側に3つ、内側に2つ、合計5つのポケットがついています。ウエスト部分の両脇についているポケットにもファスナーがついていて、しかも裏側が起毛素材になっており、手を入れるとめちゃくちゃあったかいんです! 内側両サイドのポケットはなんと2重スリットになっています。外側のポケットはストレッチ生地なので、多少マチのある小物(沖島は、長財布とスマホのモバイルバッテリーを入れてみた)を入れてもすっきり収納。どこまで機能的なんだ...! フーデットベスト、 #ワークマン女子 はどうやって着るとおしゃれ? エディター沖島の個人的見解なのですが、ワークマン(WORKMAN)のウェアはあくまで過酷な労働環境下で働く方々向けに作られている作業服なので「ワークマン(WORKMAN)を着る=即おしゃれ」の方程式が成立するわけではなく、スタイリングにちょっとした工夫が必要かなと思っています。このフーデットベストの場合は、ワンピースやニーハイブーツなど真逆ムードの女性らしい服や、グレートーンなど、合わせるアイテムや配色にこだわるとよいのでは◎。 ちなみに私がベストを選んだ理由は、長いシーズン重ね着コーデに重宝するから。寒さがMAXの1~2月は、写真のように手持ちのオーバーサイズコートの下のインナージャケットとして重ね着できますし、真冬の日中や、ウールやダウンなどの重衣料コートが重たく感じてくる3月~4月初旬は、袖なし軽めの羽織りものとしての活躍を期待しています...なので、定番的なブラックではなく、コーディネートが明るく見えるダークイエローを選びました。ほかにもクロスレッドがあり、カラバリは全3色展開。サイズはS・M・L・LL・3Lの5サイズ展開です。ウエストのロゴ入りテープが体に密着して熱を逃がさないようになっているので、着てみてちょっときつく感じる方は大きめサイズを選んでもよいかもしれません。 2.透湿レインスーツ ストレッチ(¥4900) 透湿レインスーツ ストレッチ¥4900/ワークマン(フィールドコア)※上下セット売り あらゆるメディアで「ワークマン(WORKMAN)で2019年最も売れたアイテム」として紹介されたのが、この透湿レインスーツ。なんと累計45万着も売れたというメガヒット商品です。詳しい機能については過去記事をご参照いただきたいのですが、防水機能バッチリなのに内側に熱や汗がこもりにくく、セットアップで¥5000以下というきわめてリーズナブルなお値段が魅力。雨の日用、夏フェス用、天気が悪い日のアウトドアレジャーやスポーツ用etc.、一着持っておくと万全な体制になれます。 店頭ではこのように、コンパクトなクリアパッケージに入って販売されています。沖島はダークチャコールを買いましたが、ほかにトップスのパーカがライムイエロー、バーガンディレッドの3色展開。 コンパクトに折り畳んで収納できる巾着ポーチつきなので、どうしても荷物がアレコレ多くなるアウトドアシーンへも持っていきやすいのが◎。 透湿レインスーツと一緒に屋久島・縄文杉トレッキングへ! そのポータブル性を活かし、沖島はもっぱら登山やキャンプ、ランニング大会などのアウトドア&スポーツシーンで愛用しています。写真は2019年10月に鹿児島県は屋久島にて縄文杉トレッキングに参戦したときのわたくし。超絶快晴でお天気には恵まれたのですが、縄文杉ルートは早朝6:00~夕方18:00まで約12時間、道なき道をひたすら歩き続けるうえ、晴れていてもいつ雨や雪が降るかわからない超過酷ハードモードな登山なので、軽くて丈夫で使わないときはバックパックにコンパクトにしまっておけるレインウェアのセットアップが必携なんです! 現地でガイドさんから借りることもできますが(絶対持たされる)、ワークマン(WORKMAN)でサクッと買っていったほうが、将来のためにも断然おトク。 イージス防水キャップ¥1900/ワークマン(イージス) ちなみに縄文杉トレッキングへは、帽子も、ワークマン(WORKMAN)の軽くて丈夫で防水&透湿に優れたエージスのキャップを被っていきました。こちらも詳しくは過去記事をご参照いただきたいのですが、内側に汗止めテープがしっかりついているので、ガツガツ登山していてもずれたり飛んでいったりすることなく頭にしっかり固定されて安心でした。今後も登山だけでなく、ゴルフやランニングなど、大量に汗をかくアウトドアでのスポーツ時に活用したいと思っています。 3.バッグイン透湿レインスーツ(¥3973) バッグイン透湿レインスーツ¥3973/ワークマン ちなみに、透湿レインスーツでもう一つ、店頭で見かけたらぜひお買い上げいただきたいのがこちら、背中に隠しファスナーがついている2WAYのレインコート。なんと、ファスナーを開けるとマチが広がって、バックパックを背負った上からガバッと羽織れるんですね(背負ってないときはファスナーを閉めて普通のコートとして着られる)。防水だけでなく泥ハネ防止や透湿にもすぐれ、しかも収納袋つき。自転車通勤&通学の方は必携です。 4.防寒トレッドモック(¥1500) 防寒トレッドモック¥1500/ワークマン(wmb) 続いておすすめ防寒シューズのご紹介。アッパーが撥水加工つきで、中綿入りのキルティング仕様になっているあったかスリッポンです。 実はワークマン(WORKMAN)がプレス関係者向けに初開催した2019~20秋冬新商品過酷ファッションショー&展示会でも、たくさんのゲストが「コレいい!!!」と男女問わず試着していたこの防寒トレッドモック。メディアやSNSでも多く紹介され、もれなく売れています。 過去記事でもご紹介しましたが、ガチで作業服のワークマン(WORKMAN)ユーザーで、電気管理業を自営する沖島父(69)は、御用達のワークマン(WORKMAN)嵐山店でこの防寒トレックモックにひとめ惚れし即購入。以来、現場に出かけるときは嬉々として履いて出かけています。電気管理士は朝が早い(まだ暗い早朝4時起き5時出発、気温0℃前後)のですが、寒い中での車の運転が段違いにラクになったそうな。 沖島父が購入したのはLLサイズですが、両足でも重さ約400gと超軽量。 さらにこの防寒トレックモックのいいところは、かかと部分がやわらかなジャージ素材になっていて、踏んでスリッパのようにも履ける2WAY仕様なんです。ちなみに踏んで履いても、中綿アッパーが足首まですっぽり覆ってくれるのでめちゃくちゃあったか◎。 あったかキルティングアッパーには防水加工が施され、突然やってくる多少の雨や雪もへっちゃらです。 また、インソールには、厚さ約10mmもある肉厚あったかインソールを採用。長時間履いても疲れにくくふわふわです。素足に履いても快適なうえ、ニオイなどが気になるときはサッと出して干したりできる着脱式。 EVA製のアウトソール(靴底)もゴツゴツしていて滑りにくい仕様になっています。 また、この防寒トレックモックは、ワークマン(WORKMAN)店頭では吊り下げスタイルで並べて販売されているのですが、かかとのストラップに持ち運びに便利な巾着ポーチがついています。 ポーチの色は靴の色に合わせてあります。ストラップはゴムで扱いやすく、「wmb」の大きなロゴ入りデザインもかなりカッコいい...! この機能でポーチつきで¥1500なんて、みんなの人気を集める理由がわかりますね。 タイツ一枚の足先でも、履いた瞬間からとにかくあったかく包んでくれます。冬のスニーカーがわりに活用してもいいですし、室内履きにもおすすめ。ユニセックスでS・M・L・LL・3Lの3サイズ展開ですが、 #ワークマン女子 はS(23.5~24cm)またはM(24.5~25cm)を選ぶとぴったりだと思います。小さなサイズは在庫僅少のもようなので、ワークマン(WORKMAN)またはワークマンプラス(WORKMAN Plus+)の店頭で見かけたらぜひ一度試着されることをおすすめします! 5.コーデュロイ裏フリースシューズ(各¥1500) コーデュロイ裏フリースシューズ各¥1500/ワークマン(wmb) こちらもプレス関係者向け展示会で大人気だったスニーカー。アッパーにはトレンドでもあるコーデュロイ生地を、インナーにはふわふわ&モコモコのフリース素材を採用し、見た目も履き心地もあったかい最強の冬スニーカーです。 コーデュロイ裏スリッポン各¥1500/ワークマン(wmb) ちなみにスリッポンタイプもあります。シューレースつきもスリッポンもともに、足裏への衝撃を吸収するW(ダブル)クッションインソールを使っているので歩きやすさもお墨つき。 沖島も、2019年春に購入したWクッションキャンバスシューズを愛用中(当時はFind-outというシリーズの一つでしたが、2019秋冬からwmbに統一されています)。2020年春の新色はブラックとベージュだそう。しかもお値段据え置き、一足税込¥990ですので買って損ナシ、ぜひお試しください。 いかがでしたか? コーディネートにちょっぴり工夫が必要ですが、高機能&低価格のバランスは2020年も最強レベルで優れているワークマン(WORKMAN)。掘り出しモノ感覚でおしゃれマインドを刺激される優秀アイテムがたくさんあります。ぜひ今年こそ「 #ワークマン女子 」デビューしちゃってくださいね♡ 【ワークマン(WORKMAN)】公式オンラインストアへ 取材・文/沖島麻美 ※掲載されているのはすべて私物および店頭で撮影許可をいただいたもので、価格や在庫状況を含む商品情報は2020年1月13日時点でのものです。実際の店頭や公式オンラインストアでは予告なく変更になる場合があります。
  • 2020年、オリンピックイヤー。夜景が美しい東京湾から桜を見られる下町までツーリストにさまざまな東京を案内するのが彼女の仕事。10人乗りのクルーザーは働く上での必須アイテムでもあり、休日は心の赴くままに舵をとり、彼女を癒やす「箱舟」でもある。仕事着に選んだユニフォームはブラックのレースコート。どこかフューチャリスティックな趣もあるハットと、ホワイトのリボンがたなびくブローチをアクセントに。コート¥440,000・帽子¥179,000・靴¥101,000・リボンブローチ(参考商品)/ロエベ ジャパンカスタマーサービス(ロエベ)メガネ¥63,000/SOLAKZADE(Frame Italy)未来的な「ユニフォーム」モードとは? 1 2020年の東京でまとうのにふさわしいのは、ひとさじの近未来感。ゴールドとシルバーのリバーシブルケープは、幅広のブラックリボンがアクセント。あえてかっちりとしたセットアップやドレスに重ねてスタイリングのポイントに。ケープ¥39,000/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) 2 タイトスカートにもドラマティックなシルバーをチョイス。ジャカード生地とフリルつきのインナースカートをレイヤード。ジッパーポケットをサイドにあしらって。スカート¥73,000/TOGA 原宿店(TOGA) 3 プレーンなホワイトシャツとビブフロント。2 枚のシャツを重ねたようなデザインは、このブランドならではのハイブリッド技が光る。クリーンなムードとモードを両立。シャツ¥67,000/sacai 4 レイヤリングにも便利なショート丈のトップス。マットな質感を生かして。トップス¥99,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ) 5 端正なネイビーのカーディガンを、あえてショートレングスでという選択。同素材のロングスカートとセットアップで着るのもおすすめ。カーディガン¥298,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー) 6 2020年の東京でドレスアップするなら、こんなエフォートレスなバニラ色のサックドレスを。つややかなサテン地の表情を生かしたシンプルなデザインが魅力。ドレス¥289,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) 7 胸のダーツ部分と袖に、クラフトタッチのステッチをプラス。モダンなアイボリーのセットアップにチャーミングな表情が宿る。ジャケット¥124,000・パンツ¥81,000/Acne Studios Aoyama(Acne Studios) 8 ダニエル・リーの手がける新・アイコンバッグ「ザ・ポーチ」を、ゴールドのループ状のラムスキンでプレイフルに。バッグ〈H18×W40×D18〉¥990,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) >>物語は頭の中に。世界中を巡りながら小説を紡ぐ私
  • ホームタウンは、世界中にある。季節や気分によって軽やかに拠点を変え、仕事をする彼女の職業は小説家。その土地ならではの匂いや音が、いつでもインスピレーションを刺激してくれる。ファッションもさまざまな街で見た色を取り入れたカラフルなスタイルが彼女流。ストライプシャツに大きなスパングルをあしらったチェックスカート、ボーダーのハットとスカーフで自由なパターンミックスを楽しむ。シャツ¥120,000・スカート¥296,000・帽子¥66,000・スカーフ¥99,000(すべて予定価格)/プラダクライアントサービス(プラダ)鮮やかな色と柄で、どこまでもプレイフルに 1 シャーベットカラーのTシャツにはトレンドのフェザーを裾にあしらって甘やかに。何げない日常もドラマティックに演出してくれる特別な一枚。トップス¥89,000/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) 2 太陽がまぶしい国で過ごすなら、さらっとまとえるコットンのロングドレスを。四角が重なるグラフィカルなプリントが動くたびに視線を集める。ドレス¥78,000〈3月展開〉/CLIFF co.ltd.(FUMIKA_UCHIDA) 3 ビビッドなグリーンのトップスは一見シンプルでいて、着るとそのフォルムに主張あり。控えめなモックネックとボリュームのある袖との対比が新鮮。トップス¥119,000/イザベル マラン 4 このメゾンらしいチャーミングなフラワープリントをプラットフォームサンダルに。歩きやすい一足は世界を巡る旅の相棒。サンダル〈ヒール 12.5㎝〉¥110,000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ) 5 アクセサリーはインパクト主義。ブラウン&グリーンの大ぶりなプラスチックチェーンに、ゴールドのクラスプがモダンなアクセントを添える。ネックレス¥49,000/マルニ 表参道(マルニ) 6 春夏の大きなトレンドであるナチュラルシックな気分をいち早く。フレアスカートは色とりどりのラフィアを編み上げ、小花モチーフをオン。スカート¥1,450,000/クリスチャン ディオール(ディオール) 7 ドレスアップする日に手に取るのはシルクタフタのボウブラウス。光沢のある生地にふんわりとしたスリーブのシルエット、エレガントなパープルがマッチ。ブラウス¥120,000/ブラミンク 8 レモンイエローのノーカラージャケットはフェミニンなドレスにもカジュアルなデニムにも合わせやすく重宝なアイテム。細いベルトをラフに結んで。ジャケット¥77,000/TAKU & Co(ペレック) >>おしゃれのことにも地球のことにも真剣。研究を続ける私
  • 緑化のための研究を続ける彼女はこだわりのモードラバーでもある。南米の森の調査から帰国しカンファレンスへ。選んだのはエコファーを使用したチェックのセットアップ。「サステイナビリティ」と「モード」の両立を目指したクローゼットのラインナップに注目。ドレス¥430,000・ニット¥110,000・パンツ¥215,000・ソックス¥11,000・靴¥120,000/グッチ ジャパン(グッチ)「地球にやさしいモード」を求めて 1 2005年にスタートしたスニーカーブランドとのコラボレーション。ソールに使用するゴムはブラジルの農家と契約、アッパーには日本の技術をもとにしたリサイクルナイロンが使われている。スニーカー〈ソール4.5㎝〉¥40,000/イーストランド(リック オウエンス×ヴェジャ) 2 ヴィンテージアイテムのリメイクを手がける東京ブランドとタッグを組んだカプセルコレクション。自社のデッドストックをモードに再構築。ジャケット¥39,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン) 3 ユーズドのテント生地を使用し、モダンなシルエットのタックパンツにリメイク。パンツ¥45,000/ファーストハンド青山(NEAT) 4 「サステイナビリティ×モード」の先駆者であるメゾンから。ビッグニットにはインパクトあふれる太陽モチーフが。ニット¥143,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) 5 心地よいコットンのストライプ生地で仕立てられたロングシャツ&パンツ。セットアップでまといたい。ロングシャツ¥75,000・パンツ¥69,000/ジルサンダージャパン(ジル サンダー プラス) 6 なめす際にクロムを使用しないというレザーを採用。モダンなカーキのクロスボディバッグに、ゴールドの金具が映える。バッグ〈H22.5×W29×D10〉¥105,000/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム) 7 ヴィンテージのバンダナを35枚使用し、一点もののローブに仕立てた。独特のカラーリングがスタイリングに奥行きを与える。ローブ¥110,000/スタジオ ファブワーク(チルドレン オブ ザ ディスコーダンス) 8 再生可能資源を主原料とし、生産時の水使用量とCO₂排出量を低減した「Eキャンバス」にモノグラムをプリント。スタッズがアクセントに。バッグ〈H40×W34×D16〉¥190,000/バーバリー・ジャパン(バーバリー) >>「平日」と「週末」を 軽やかに行き来する。私は「フリー・ウィークエンダー」TOPへ
関連キーワード

RECOMMEND