すっきりシュッと!アラフォーを素敵に魅せる着痩せコーデまとめ【2019冬】

Marisol ONLINE

①2019冬の着痩せアイテム:ロングタイトスカート

■タートルネックニット×ロングタイトスカートの着痩せコーデ

ぬくもりのあるグレージュのタイトスカートは、全身淡いトーンでまとめて優しげに。タイトスカートにヒールつきのきれいめショートブーツを合わせたスタイルアップ効果抜群のフェミニンコーデ。きりっとした女らしさを和らげるため、ニットはハイゲージではなくちょっぴり抜け感のあるミドルゲージを選んで。

スカート¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ニット¥31,000/スローン メガネ¥33,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ストール¥62,000(ジョンストンズ)・靴¥76,000(ペリーコ×デミルクス ビームス)/ビームス ハウス 丸の内 バッグ¥125,000/ドゥロワー 六本木店(フェリアン)

■ニット×ロングタイトスカートの着痩せコーデ

「タイト」は大人が一番着やすく、女っぷりをスマートに表現できる最有力アイテム。おしゃれの時短にも着やせにもきくネイビーのミドルゲージのシンプルなクルーネックニット×タイトスカート。ニットセットアップ初心者は大人が試しやすい形と色から始め、こなれたバランスを手に入れて。上質なカシミア混のウール素材で着心地も抜群。足首丈のスカートはコートの丈を選ばず、はおってもきれいに収まるのがいい。

ニット¥55,000・スカート¥56,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) イヤリング¥4,600/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥60,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニキアリーニ) 靴¥22,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)

■ライダースジャケット×ロングタイトスカートの着痩せコーデ

タイトスカートにライダース。アラフォーにこそ似合うクールな女らしさを楽しんで。シンプルなキャメル色のタイトスカートは、後ろにスリット入りなので足さばきがよく歩きやすい。黒のニットとライダースを合わせた辛口コーデでクールな女らしさを存分に楽しみつつ、もこもこ素材のバッグでさりげなく、可愛げと遊び心をトッピングして。

スカート¥32,000・ジャケット¥165,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) ニット¥26,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) バッグ¥52,000/アマン(ペリーコ) 靴¥107,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジル サンダー)

■ライダースジャケット×ロングタイトスカートの着痩せコーデ

ライダースジャケットを辛口仕上げに有効なロングタイトスカート。スカートはフロントのポケットが腰まわりをカバーしてアクセントに。オーバーサイズで着るメンズのTシャツ+ライダースにキレのいい女っぽさを。

スカート¥56,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ジャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) Tシャツ(メンズ)¥18,000/スリードッツ青山店(スリードッツ) バッグ¥60,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥42,000/ベイジュ(ピッピシック)

■ジャケット×ロングタイトスカートの着痩せコーデ

きちんとした印象にするならチェック柄スカートとダブルボタンのジャケットが強い味方に! タートルネックニットを中に着てマニッシュに、足もとは地に足がついたサイドゴアブーツで安定感よく仕上げたい。

ニット¥19,000/ル フィル ジャケット¥54,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク)スカート¥38,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(オニール オブ ダブリン) バッグ¥18,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ) 靴¥64,000/アルアバイル(チーニー) メガネ¥33,000/アイヴァンPR(アイヴァン)

■コート×ロングタイトスカートの着痩せコーデ

コンサバになりすぎないよう、カジュアルアイテムで抜け感たっぷりに着るのが今っぽい。気分と見た目の両方から、わかりやすくフェミニンスイッチをON!してくれるペンシルタイプのタイトスカート。アラフォーが直球できれいに着るとコンサバになるので、スポーティなアウターやスニーカーなど、カジュアルなアイテムで抜けを作るとちょうどいいこなれ感に。

スカート¥28,000/ebure コート¥89,000/エイトン青山(エイトン) ニット¥43,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥13,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(フィリップ オーディベール) バッグ¥71,000/ドゥロワー 丸の内店(ワンドラー) 靴¥101,000/ジミー チュウ

②2019冬の着痩せアイテム:細身フルレングスパンツ

■ニット×細身フルレングスパンツ

優しいベージュのワントーンでつなげて縦長感を強調。辛口の足もとでキレを加えて。くるぶし丈の細身パンツやスキニーパンツに飽きたおしゃれな人たちが今季こぞって移行しているのが「ネオ・美脚パンツ」ともいえる、こんな細身のフルレングス。はくだけですらりと脚長に見えるだけでなく、シンプルなニットと合わせるだけでさりげない女らしさが。レトロな雰囲気になりすぎないよう、かご型バッグやパイソンの靴など、小物でアクセントを加えるのがコツ。

ニット¥100,000/カオス丸の内(カオス) パンツ¥48,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) ピアス¥28,000(イーダス)・バッグ¥65,000(へリュー)/ジャーナル スタンダード レサージュ  青山店 靴¥35,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ)

■ファーつきジレ×細身フルレングスパンツ

ドレス感がある素材のブラウンパンツを主役に、かっこいい女らしさを目ざして。赤みのあるブラウンが今年らしいパンツは、肉感を拾いにくいほどよく厚みのあるとろみ素材。すとんと細いシルエットで、さりげなく女らしい雰囲気に。

パンツ¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ファーつきジレ¥68,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥33,000/オーラリー ネックレス¥49,000/アパルトモン 神戸店(ガブリエラ アルティガス) バッグ¥39,000/フレームワーク 自由が丘店(レフィージェ) 靴¥85,000/レリタージュ マルティニーク(クレジュリー)

■ダッフルコート×細身フルレングスパンツ

ボーイッシュなダッフルコーデも、スリット入りの細身チノなら女っぷりUP。今までは太めのチノパンを合わせていたところを、スリット入りの細身に。それだけでもフェミニンスイッチはONできる。ついでに足もとも、フラットではなくヒールでもうひとさじの女っぽさを。

パンツ¥17,000/フレームワーク 自由が丘店(マチュール フレームワーク) コート¥228,000/ジャーナル スタンダード レサージュ  青山店(アンスクリア) ニット¥36,000/アパルトモン  神戸店(アパルトモン) 帽子¥48,000/エストネーション(ジジ バリス ミリナリー) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ)

■チェスターコート×細身フルレングスパンツ

細身ですっきりとしたチェスターコートに脚長が効果が期待できるフルレングスのコーデュロイパンツを合わせて。ボトムにコーデュロイをもってくることでこなれ感を演出。足もとはヒールパンプスで長く細いシルエットに。バッグはミニボストンを持つことで今っぽさと可愛らしさをちょい足し。

コート¥48,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥39,000/フレームワーク 自由が丘店(レフィージェ) ニット¥15,000/ユナイテッドアローズ  青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) パンツ¥39,000/ebure メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ネックレス¥71,000/エスケーパーズ(ハルポ) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)

③2019冬の着痩せアイテム:ロング丈ワンピース

■コート×ロング丈ワンピース

マニッシュなオーバーコートも、タイトな黒ワンピでぐぐっと女らしく
。すらりと細長いマキシ丈の黒ニットワンピースはスリット入りで、歩くたびにちらりとのぞく脚もフェミニン。インをロング&リーンにすることで、オーバーサイズのコートやブーツを合わせたコーデもマニッシュになりすぎず、どこか色っぽい雰囲気に。

コート¥79,000/エイトン青山(エイトン) ワンピース¥34,000/CABaN Daikanyama(CABaN) ピアス¥22,000/フレームワーク 自由が丘店(ロマニン) スカーフ¥49,000/フィーゴ(ピエール=ルイ・マシア) バングル¥39,000/アパルトモン 神戸店(マラ カリーゾ スカリス) バッグ¥179,000/ジミー チュウ 靴¥68,000/パラブーツ青山店(パラブーツ)

■とろみ素材のロング丈ワンピースコーデ

すとんと落ち感のある素材とベルトで、女らしい縦長ラインが簡単に。すとんと落ちるとろみ素材のロング丈ワンピースは着るだけで簡単に女らしい細長シルエットが作れる便利アイテム。こんなウエストにベルトや切り替えがあるタイプなら、のっぺり感がなく、より全身バランスがとりやすく。

ワンピース¥58,000/ebure ピアス各¥14,000/エイチ ビューティ&ユース(プリーク) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ネックレス¥10,000/レリタージュ マルティニーク(フィリップ  オーディベール) バッグ¥194,000/ジミー  チュウ 靴¥72,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ペリーコ)

■フードつきカーディガン×ロング丈ワンピース

フードつきアウターで、フェミニンなロングワンピをほんのりカジュアルに。すとんと落ちるとろみ素材とウエストの切り替えで体をきれいに見せてくれるワンピース。ちょっとした会食にも使えそうなきれいめシンプルなデザインを、フードつきのガウンとファーバッグでカジュアルに遊んで。足もとはヒールパンプスで、ほっそりした縦長感と女っぷりをさらに底上げ。

ワンピース¥28,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ア ピューピル) カーディガン¥38,000/デミルクス ビームス 新宿(アダワス) バッグ¥195,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥48,000/ビームス ハウス 丸の内(ペリーコ)

■ロングカーディガン×ロング丈ワンピース

柔らかなグレージュのニットワンピに、同系色のストールを重ねて縦長感を強調。見るからに女らしいふわふわ素材とフルレングス丈が存在感抜群。さらっと一枚でも可愛いけれど、ストールをガウンぽくはおってコーデに奥行きを。足もとは黒のワークブーツで引き締めて。

ワンピース¥64,000/レリタージュマルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ネックレス¥18,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(フィリップ オーディベール) ストール¥59,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(アソース メレ) バッグ¥24,000/ジャーナル スタンダード 表参道店(ザ ディレッタント) 靴¥68,000/パラブーツ青山店(パラブーツ)

▶あわせて読みたい

今すぐ着たいアイテムNo.1といえばニット。SHOP Marisolでしか手に入らない色やデザインだから要チェック!
外は寒いけれど、オフィスではアクティブ&スマートに過ごしたいこの時季。このワードローブがあれば大丈夫!
ニットセットアップ、タートルネックニット、きれい色ニット……この冬、アラフォーのおしゃれ心を満たす注目のニットを素敵に魅せる、最新コーディネートをご紹介ます!
関連記事
  • ワンピース¥29000/Estella.K イヤリング¥2563/サードオフィス(ROOM) 大好きなnon-noを卒業して、これからは音楽の夢を追いかけます。 ❝ ❞ 小さい頃からノンノモデルに憧れていました。女優さんやモデルさん、タレントさんも、ノンノ出身の方は今も輝き続けてる方ばかり。自分がノンノモデルになれると決まった日から、最初の撮影までは、ずっと泣いてしまうほどうれしかったです。 なりたての頃は、それじゃダメなんですけど、モデルというよりもノンノに関われていることがうれしくて。でもだんだん、この服のポイントはどんなところかなとか、自分が着た服はどうしたら売れるかな、とか、考えながら撮影に臨めるようになりました。 ショーも印象的なお仕事で、控室やバックステージで初めて会うモデルの方もいたんですが、皆さんが挨拶をしてくれたり、何かあったら声かけてね、と話しかけてくれたり。 モデルさんって怖い人もいるのかな……とドキドキしていたのですが、ノンノモデルの皆さんって本当に優しくて。緊張していたショーも楽しくランウェイを歩くことができました。それから、ビューティのページのお仕事もいつも楽しみでした。 ノンノのビューティの表紙ページのようなガーリーだけどおしゃれな顔って永遠の憧れです。いつもメイクしていただきながらメイクさんの手の動きをじっくり観察していました(笑)。 ノンノは楽しい思い出ばかりですが、実はずっと音楽の道に進みたいという思いがあり、今回卒業を決めました。今は楽曲制作もしていて、幅広い世代に楽しんでもらえるようなハッピーなHIP HOPを広めていけたらいいなと思っています。頑張りますので、活躍を楽しみにしていてください! ▶ 佐藤エリの記事一覧撮影/千葉太一 ヘア&メイク/秋山瞳(PEACE MONKEY) スタイリスト/石田綾 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • BAILA2月号発売中! みなさん こんにちは! 最近ちょっとバタバタしておりまして、気がついたらもうBAILA2月号が発売されていました! 今月号の表紙はヨンアちゃん♡ 付録は乾燥するこの時期に嬉しいシートマスクです︎︎︎︎︎☺︎ 前回のブログでは、私の乾燥対策アイテムを紹介しております↓↓ 乾燥肌さんはヒルメナイドローションを!保湿力抜群で乾燥肌改善 さて、今回はBAILA2月号を参考に、着やせ配色コーデをしてみました。 是非ご覧ください! 冬の着やせは"なかよし配色"で! 冬はニットを着たりダウンを着たり、なんだか着ぶくれしがちですよね。 そんなときは、"なかよし配色"でカラーを馴染ませ、縦ラインを強調するとすっきりとしたIライン配色が完成するので着やせできるそうです。 今回はグレー×白の着やせ配色コーデに挑戦してみました。 着映えするZARAニット グレーのトップスは、こちらのZARAニット。 パールが可愛くて、着映えするので、シンプルなパンツやスカート、ワンピースとよく合います。 最近のお気に入りでかなりヘビロテ中! このニットにUNIQLOの白パンツを合わせるとこんな感じになりました。 少しボリュームのあるニットですが、この配色にするとスッキリ見えますね。 これなら通勤服としても良いのではないでしょうか。 今月号には他にも着やせ配色やアイテムが紹介されているので、是非チェックしてみてください! ここまで読んでいただき、ありがとうございました♬︎♡ ✦✧Instagram✦✧
  • 1/11(土)〜1/17(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!1月11日(土)週末はお餅みたいな白フーディをかぶって友人達と鏡開きを楽しんで ★コーデの詳細はこちら >1月12日(日)ラッキーカラーのグリーンをバッグで取り入れてさりげなく金運アップ ★コーデの詳細はこちら >1月13日(月)買い物をして自宅へ。楽ちんデニムコーデを白ブーツで小洒落させて ★コーデの詳細はこちら >1月14日(火)マイナス2kg見えするオール黒に艶トレンチを合わせると美人オーラが! ★コーデの詳細はこちら >1月15日(水)パッと華やぐライラックカラーニットで雰囲気だけでも春を先取りして ★コーデの詳細はこちら >1月16日(木)採用面接をする日こそ、優しい雰囲気のふんわりコーデで ★コーデの詳細はこちら >1月17日(金)終日オフィスでデスクワークの日は着映えニット投入で知的&華やかに ★コーデの詳細はこちら >☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
  • 今年の冬は防寒・洒落見えにプラスして「着やせ」を意識したスタイルを目指そう。着やせのスペシャリストたちが選び抜いたアイテムから、「プリーツスカート大賞」に選ばれたのはASTRAET(アストラット)のマキシスカート。細かいプリーツが縦長見えに貢献しているのだとか。 〈プリーツスカート大賞〉ASTRAET(アストラット)のマキシプリーツスカート 【私たちも推します!】スタイリスト福田亜矢子さん、編集W、編集Sほか 3種のプリーツを巧みに組み合わせた縦長効果で、おなか、太もも、ヒップと、下半身全体をくまなくカバーする定番人気スカート。シャープなプリーツと軽やかな素材で、ロング丈も重く見えない。2サイズ展開で、小柄さんが着やすいバランスを選べるのもうれしい。スカート¥30000/アストラット 新宿店(アストラット) コート¥34000/メゾン スペシャル(メゾン スペシャル) ニット¥29000/スローン リング¥12000/ソワリー バッグ¥80000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥60000/ザ・グランドインク(ロランス) スカート¥30000/アストラット 新宿店(アストラット) ライター 野崎久実子さん 165㎝ 腰の張りが気になるという野崎さん。「織りが細かくて縦長効果を強調。腰まわりもすっきり見えます!」 スタイリスト 門馬ちひろさん 167㎝ お尻が大きいことにお悩みの門馬さん。「購入以来、溺愛! 動きのあるプリーツの陰影が下半身の目くらましに」 撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/大政 絢 取材・原文/榎本洋子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年2月号掲載
  • 本気で着やせを目指すならBAILAが誇るおしゃれプロたちに学ぶべし。彼女たちが厳選する最強着やせアイテムの中から「タイトスカート大賞」に選ばれたのは「ELENDEEK(エレンディーク)」のタイトスカート。フロントのタックで腰張り&ウエスト周りを華麗にカバーしてくれるんです。 〈タイトスカート大賞〉ELENDEEK(エレンディーク)のタックタイトスカート 【私たちも推します!】スタイリスト小川ゆう子さん、門馬ちひろさん、ライター道端舞子さん、編集A・W、編集Mほか 腰張りをカモフラージュできるボックス型。フロントタックでおなかもすっきり。スカート¥16800/エレンディーク コート¥29000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ニット¥12000/ルーニィ スカーフ¥30000/スマイソン メガネ¥40000/アイヴァン PR(アイヴァン) リング¥18500/アニカ イネズ バッグ¥67000/フルラ ジャパン(フルラ) タイツ¥1200/Blondoll 新丸の内ビル店(17℃) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 編集K 164㎝ どっしりとした下半身にお悩みの編集K。「下半身ボリュームが目立たなくてすごい。苦手だったタイトも自信を持ってはける!」 スカート¥16800/エレンディーク 撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/大政 絢 取材・原文/榎本洋子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年2月号掲載
  • 小さくても効果抜群!シルバー小物投入でいつものファッションがランクアップこんにちは(^-^)ともみゆです。 いつもご覧くださりありがとうございます! マリソルでも取り上げられている「ツヤ」の取り入れ方。 私はシルバー小物で取り入れてみました。 小さいショルダーバッグですが、あるとないとでは雲泥の差! 一気にオシャレ感がアップします。 コーディネートはシンプルなタートルニットとベイカーパンツ。 ここにシルバー小物が1点入るだけでコーデが華やぎます。 気をつけなければいけないのは1点にするということ。 例えばパンプスもシルバーにしてしまうと、アクセント感が薄れ、効果的になりません。 ツヤ小物1点ちょい足し、簡単なのでぜひ試してみて下さいね^_^ outer ... N.O.R.C knit ... 無印良品 pants ... Shinzone shoes ... AMIAMI bag ... beauty&youth先日、久しぶりにネイルチェンジしてきました。 ピンクのグラデーションネイルでラメパウダーを先端にON。 最近はもっぱらシンプルなネイルが気分です。それでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました。 インスタグラム入りやっています。 こちらもどうぞ宜しくお願いします^_^ ↓ ↓ ↓◆tomomiyu◆大人のプチプラmixコーデ◆ 美女組No.163 tomomiyuのブログ
  • ノンノ3月号の表紙は馬場ふみか♡ オフショット&インタビューを公開 1月20日発売ノンノ3月号は、馬場ふみかが目印。実は、2つの衣装があった表紙撮影。お蔵入りしてしまった「もうひとつのふみか」を見られるのはココだけ! 春色をまとい柔らかい表情を見せるふみかは、どちらも素敵すぎて胸キュン必至♡ 果たしてどちらの衣装が選ばれたのか...? インタビューでは、この冬のふみか的HITアイテムや、愛してやまない火鍋について語ってくれたよ。最後までお見逃しなく!   ‪今月号のテーマは、「今日から出番! おしゃれのモチベがアガる服」。ゆんふみが着こなす「推せる春色」服や、新木優子&西野七瀬&渡邉理佐の「今→春スライド着回し」など、今から春まで使える春服&コーデをご紹介。カバーガール特集「馬場ふみかに聞きたい50のこと。」では、ノンノ公式SNSで募集した質問に、ふみか本人が誠心誠意答えているよ♡ その他、今年も神過ぎる"GU"の春新作や、新モデル・堀田真由の春待ちワンピースなど盛りだくさんでお届け。
  • BAILAが誇るおしゃれプロたちは、“いかに細見えさせるか”に並々ならぶこだわりを持っているのです。彼女たちの推しアイテムの中から「旬スカート大賞」に選ばれたのは「STRAWBERRY-FIELDS(ストロベリーフィールズ)」のサテンフレアスカート。女っぽさだけでなく、下半身をきれいに見せてくれるしなやかな質感が心憎い! 〈旬スカート大賞〉STRAWBERRY-FIELDS(ストロベリーフィールズ)のサテンフレアスカート 【私たちも推します!】スタイリスト池田メグミさん、ライター榎本洋子さん、編集Uほか ほどよく肉厚で腰やヒップラインを拾いにくいうえ、ナローシルエットがしなやかで女らしい体に見せてくれる。スカート¥14000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) コート¥25000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイアイディー) ニット¥29500/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 時計¥39500/オ・ビジュー(ロゼモン) バングル¥16500/ソワリー バッグ¥39000/ペッレ モルビダ 銀座(ペッレ モルビダ) タイツ¥1000/Blondoll 新丸の内ビル店(17℃) 靴¥40000/ザ・グランドインク(ロランス) スタイリスト 吉村友希さん 158㎝ おなかと腰周りが気になっている吉村さん。「素材にハリと厚みがあって、おなかや腰肉をさりげなく押さえてくれるんです」 スカート¥14000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) 撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/大政 絢 取材・原文/榎本洋子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND