ベースのノリも格段にアップ!弱った肌の味方、その名は“美肌菌”

Marisol ONLINE

ランコム

ジェニフィック アドバンスト N

 お休みの午後に、自宅から歩いて1分のところにある小さなスーパーにお昼ごはん用のシャウエッセン(←好物)を買いにいく、みたいなだらけきったシチュエーション、あるいは朝、目が覚めた途端に襲われた、のどの痛みと38℃超えの発熱に、フラフラとタクシーを走らせて病院に向かう、みたいな緊迫したシチュエーションでもないかぎり、基本毎朝、それなりに気を遣って、ベースメイクをしているという自負はあるのです。

ええ、こう見えても、美容エディターの端くれですし、さすがに、すっぴんで堂々とお出かけ、はない。いくらものぐさ体質といえども、肌には一定の"きちんと感"と"清潔感"をまぶしておかないと。加えて、最近のベースアイテムときたら、すこぶる優秀だから、ちょっつけただけでも"アラ"の目立たないツヤッとした"上質素肌感"が完成するからとっても便利。

なので、正直、朝、メイクが終了した時には「今日の私、身びいきからくるひいき目を引いてみても、そーとーいけてるわ……」なんつって、鏡の前でのセルフ"うぬ惚れ美容"をニヤリ実践することもしばしばです。そんな感じでここ何年もやってきました。

な・の・に。もやもやと体の中にこもる高湿度に包まれた、ヘンなお天気続きで、肌も体も気持ちも"お疲れ蓄積感"が満載だったこの晩夏、仕事先でお会いするかたがたから、「今朝寝坊したでしょ」とか「いくら汗で流れるからって、それ、潔すぎない?」とか、あげく「すっぴんでも眉毛だけ描いてあると一応、なんとなくメイクしているように見えるから不思議だね」とか、要するに、「あなた今日、ベースメイクさぼったでしょ!?」という趣旨の不名誉なご指摘を受ける機会がやけに続出して。ひー、なぜ? 一応、今朝もちゃんといつもの手順できっちりと肌作りをしたつもりなんですけど……?

 でも、そんなすっぴん疑惑のご指摘が相次ぐにつれ、よくよく思い起こしてみると、そういえば朝のメイクしたての顔を見た時の"セルフうぬ惚れ"の頻度も格段に下がっていることに思い当たり。おそらくこれは、ベースメイクのアイテムや手法うんぬんの問題ではなく、不安定気候からくる、もろもろのストレスで弱りきった肌そのものに問題があるのでは、というところに行きつき、"美肌菌"を育てることで、肌の"強度"を育てる、というなんとも言えず心強いコンセプトのこちらの美容液を使い始めたのです。

したところ、使い始めた翌日。朝のベースのノリのあまりのよさに鏡の前での"セルフアプローズ"が早くも復活。さらに1週間ほどたったころでしょうか。一緒にランチをしていた後輩が「秋めいてきてホント、よかったですね。先輩のメイク魂も復活してるし。今日はベースも念入りですもんね」と。いや! だから! 1カ月前も昨日も今日も、ベースメイクはきちんとしているの! とプンプン説明しながらも、その実、ひそかに心の中でサムズアップな私でした。つか、美肌菌、お見事!

 今のベースメイクって、多少の肌力の低下くらいなら上手にまやかしてくれる"手だれ"ぞろいだけど、それだけに、そもそもの肌コンディションがよければよいほど、さらにその"手練手管"が発揮できるというもの。季節の変わり目でなんだかいつものベースメイクに納得がいかない、というアナタ、こちらで"ノリのいい"肌、目ざしてみてはいかがでしょうか!
2009年の初登場以来、"名品"の名をほしいままにしてきたロングセラー美容液・ジェニフィックの進化版。今回注目したのは、肌の上に常在する"美肌菌"。肌のバリア機能をサポートし、回復機能を保つこの"美肌菌"のバランスを整えるべく、プレ&プロバイオティクスを配合。使い続けるごとに、弾力とツヤ、そして肌表面のなめらかさに満たされた、"強さ"みなぎる美肌へ。30㎖¥10,000(写真)・115㎖¥25,000のジャンボサイズも数量限定で発売中

ビューティエディター ハラチノ
キレイを育むうぬ惚れの一番の糧は断然、人からのアプローズ=ほめ言葉。マリソルのビューティエディターハラチノが、そんな言葉を採取解説!




【Marisol12月号2019年掲載】撮影/国府 泰 
ビューティエディター・ハラチノさんのよもや“いじわるばあさん”化⁉︎から救ったのはこのアイテムでした
ビューティエディター・ハラチノさんを突如襲ったアシン“目”トリー事件から救い、さらに「顔小さくない?」というおまけの褒め言葉まで頂戴することになったのは、このアイテムのおかげでした!
ビューティエディター・ハラチノさんの鼻を「もしかしてちょっと〝修整〞入れた?」と言わしめたのはこのアイテムのおかげでした
アンケートで寄せられたマリソル読者のお悩みに、4人の美容のプロが“運命の1本”を熱血チョイス
関連記事
  • オフィスで一目置かれる30代らしいメイクとは? 人気ヘア&メイク河北裕介さんに、リキッドライナーにシャドウを重ねるWラインで印象的な目元を作るテクを教えてもらいました。大人の知性と気品をアイメイクに託して。 教えてくれたのは… ヘア&メイクアップアーティスト 河北裕介さん 若さや可愛さにしばられないセンシュアルなメイクを提案。鋭い観察眼でその人の美しさを瞬時に見抜き、ミニマムなメイクで魅力を開花させる。 アイメイク編 「はっきり」だけど「ばっちり」じゃないまなざしきわだつWブラウンライン 「眠たく見えず、ばっちりメイクすぎないオフィスアイのカギは“きわ”。リキッドライナーにシャドウを重ねるWラインでやさしく引き締め、まぶたはシンプルに仕上げると、印象的で澄んだ目もとに」 1.LANCÔME 適度な陰影を与える、重たすぎないブラウンパレット旬を押さえたブラウンのグラデーションに仕上がるパレット。イプノ パレット 02 ¥6800/ランコム(2/14発売) 2.DECORTÉ まぶたに透明感と軽やかさを生む、練りシャドウまぶたにぬれたツヤ感を与える。ベースに塗るとアイメイクもちもUP。アイグロウ ジェム BE387 ¥2700/コスメデコルテ 3.ESPRIQUE 瞳の延長線となるディープブラウンライナー発色がよく、ぶれずにきれいなラインが決まる。ビューティフルステイ リキッドライナー BR300¥2100(編集部調べ)/コーセー まぶた全体に2を塗り、アイホールにパレットaを。3をきわに引いたら、bのシャドウをきわに重ね、マスカラはさらり塗り きわに仕込んだWラインと練りシャドウのツヤがもたらす立体感で、抜け感がありながらもくっきりとした印象に仕上がる 撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(人)、ケビン・チャン(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/池田メグミ モデル/森絵梨佳 取材・原文/中島 彩 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 ※BAILA2020年3月号掲載
  • ヴァントルテは、メイドインジャパンと、ミネラルやシルクを中心とした自然素材にこだわった、京都生まれのナチュラルコスメブランド。春の新作は、ミネラルたっぷりのリップグロスに、息づくようなツヤ肌に仕上げるハイライト。さらに、限定で登場し完売となっていたスティックファンデーションが待望の定番化!ヴァントルテ  ミネラルリップグロス 全3色 各¥2,800(2020年2月20日発売) 美容成分を90%以上も配合したミネラルリップグロスは、抜群のトリートメント効果でツヤとうるおいがあふれ出す唇に。また、血行促進効果のあるジンジャー、ユズ、レモンエキスが唇にハリを与え、ふっくらとした立体感のある仕上がりがかなう。カラーは、コケティッシュな印象のチェリーレッド、まろやかなマルセイユピンク、肌なじみのよいオーロラオレンジの全3色。どれも華やかな仕上がりで、ひと塗りで顔印象がアップ。 ヴァントルテ ミネラルグロウハイライト 全2色 各¥2,800(2020年2月20日発売) 上品なきらめきと、さりげなく血色感を引き出すニュアンスカラーで、めぐりのよい肌を演出するハイライトクリーム。“超”高圧熟成されたボタニカルオイルが、塗ったそばから濃厚保湿。内側から湧き上がるようなナチュラルなツヤを引き出してくれる。光を集めるピーチゴールドは、ハイライトに最適。ソフトな陰影を与えるミスティブロンズは、チークのベースやアイシャドウとしても◎。肌にのせた瞬間、サラサラに変化するテクスチャーは狙った場所につけやすく、ハイライト初心者にもおすすめ。 ヴァントルテ ミネラル UV スティックファンデーション SPF50+・PA++++ 全1色 ¥3,600(2020年2月20日発売) 限定品として発売され、完売となったスティックファンデーションが定番アイテムに仲間入り。人気の理由は、これ1本で美容液、化粧下地、UVケア、コンシーラー、ファンデーション、ブルーライトカットの6つの役割を果たす高機能ぶり。SPF50+・PA++++、ブルーライトもカットする高プロテクション効果を搭載し、光によるダメージから肌を徹底ガード。もちろん、ファンデーションとしての機能も申し分なく、すぐれたカバー力で、毛穴やシミの目立たない明るい肌を実現。天然ボタニカルオイルを配合した保湿効果で、ナチュラルグロウな肌が長続きする。しかも、石けんだけで手軽にオフできるのもありがたい。 肌へのやさしさはもちろん、仕上がりもケア効果も使いやすさもブラッシュアップしたヴァントルテ。機能充実のミネラルコスメを知ってしまったら、もう元には戻れない! VINTORTE(ヴァントルテ)http://www.vintorte.com/ 0120-836-400 text:Tomomi Suzuki >>ビューティニュース ⇩ラインナップはここからチェック!
  • 透け感のある新感覚の色をチョイスするのが秘けつ☆ナビゲーターは・・・ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさんヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん「今春は青みピンクが断然正解。くすみがちなアラフォーの肌に透明感とフェミニンさが」(長井さん) ☆How to ブラウンの仕込みで、パープルのなじみアップ①のブラウンを指でアイホールに塗り、②のパープルを重ねる。ブラウンを敷くことでパープルがぼやけず、透明感が高まり、くすみもカバー使ったのはこれ! ❶ブラウンの練りシャドウ。肌色をわずかに陰らせる程度の色づきで立体感を。モノアイシャドウS 07¥2,800(限定発売)/クラランス 眉にもパープルをオンして、アイゾーンに統一感ブラウンのパウダーで眉を描いた後、②のパープルシャドウをチップに取り、眉の下の地肌を染める感覚でのせて。眉もほんのりパープルになって、オシャレっぽさが加わる使ったのはこれ! ❷ほどよい青みを帯びたスモーキーパープルは繊細なキラキラが大人仕様。オンリーミネラル N by ONLY MINERALSミネラルピグメント 03¥2,300/ヤーマン  リップはオーバーぎみに描き、〝昔っぽさ〞を回避③の青みピンクリップを唇にじか塗りし、しっかり発色させる。小さく描くと昔っぽくなるから本来の輪郭より少し大きく描くのがコツ。唇と頰の面積との対比で顔も小さく見える使ったのはこれ! ❸強めなブルート ーンで肌の透明感を格上げ。つけると驚くほどなじむ。コフレドール スキンシンクロルージュ WN-77¥2,700(編集部調べ)(3/16発売)/カネボウ化粧品 青みの目と頰をつなぐチークは控えめ色で抑えめなピーチ色なら、バランスよく。④を頰骨に沿って横になじませた後、頰の中央にのせナイキのマークのような形に仕上げるとシャープさと可愛さが両立。使ったのはこれ! ❹目もとと口もとの仲立ちをするソフトなミルキーピーチ。パウダーブラッシュ OR201¥5,000(限定発売)/コスメデコルテ☆Finish!ブラウス¥36,000/レスプラスデザイン(エムダブリュー) ピアス¥26,000( 1つ売り)/シモン【Marisol2月号2020年掲載】撮影/向山裕信(vale./人物) 山口恵史(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/入江信子 構成/原 千乃▼あわせて読みたい
  • Marisol ONLINEで配信されたビューティー記事の人気ランキングトップ6を発表!※集計期間:2020年2月4日(火)〜2020年2月17日(月)【1位】 2020年春・アラフォーが選ぶべき新色の“正解”【リップカラー編】★記事はこちら【2位】 頭皮から女っぷり、上げてみない? おすすめは花王のハイプレミアムヘアケア「ines」【マーヴェラス原田の40代本気美容 #215】 ★記事はこちら【3位】 手応えを実感!化粧水・乳液・オイル【2019年下半期マリソル ベストコスメ大賞】★記事はこちら【4位】 幸せを呼び込む 大人可愛い“ピンクメイク”のご提案!【幸せ顔メイク】 ★記事はこちら【5位】 今年こそ、本気でおなかヤセ!アラフォーは「呼吸」で無理なくおなかヤセを| 40代ヘルスケア ★記事はこちら【6位】 人生も美容も、色々とあきらめがちな自分。どうしたらいい?【40代のエロスとヘルス 神崎恵×小田切ヒロ 大人のカウンセリング室】 ★記事はこちら
  • コンシーラーでカバーしようにも、シミの数や大きさ、濃さがますます手強くなってきた…と打ちのめされている皆さん、それもそのはず、年を重ねるごとにシミの増えるスピードが年々加速!という事実があったようなんです。2016年より、ロート製薬は美容皮膚科「アオハルクリニック」と美容医療を科学するプロジェクトを発足。この共同研究により、30代後半からシミの増えるスピードは2.3倍に! しかも特に50代からは更に加速する傾向にあるとわかったのだとか。そのため、ケアが追いつかずにシミが定着化していたのです。はぁ〜、なんてこった…。メラニンを取り込んだ表皮細胞はターンオーバーが遅くなるため、メラニンは居座ったままと、いわば「渋滞メラニン化」状態に。そこで、この対策としてクリニックで行われている光治療(フォトフェイシャル)が肌にどう作用するのかを徹底研究。約200種類ある独自の植物ライブラリーの中から、表皮細胞の増殖、メラニンの発生抑制という光治療と同じメカニズムで働きかける成分を探索、新たな複合成分が開発されたのだそうです。2月19日(水)発売「エピステーム ホワイトフォトレーザー」【医薬部外品】50mL ¥13,000※価格は税別、以下同美容医療レベルのケアを自宅でも!を叶える「クリニサイエンス」のラインから新登場するのは、渋滞メラニンにアプローチする新成分「フォトレーザーコンプレックス」をはじめ、シミ生成の悪循環にも働きかける有効成分を配合した美白美容液。特許出願中の浸透力を高める処方も採用しています。化粧液などで肌を整えたあと、2〜3プッシュくらいを顔全体に。するりとなめらかなテクスチャーで、なじませると肌が柔らかくなったような。シミの部位は慢性肌荒れ状態に陥っていることから、くすみケアや乾燥ケア、ハリ対策にもアプローチする成分も配合しています。写真左の27mLサイズ(¥8,000)も同時発売。手強いシミ対策に、そしてエイジングケアとしても、大人の肌のためにつくられたこの美白美容液が頼もしい味方になってくれそうです。「エピステーム」公式サイト取材・文/佐藤素美
  • コンシーラーでカバーしようにも、シミの数や大きさ、濃さがますます手強くなってきた…と打ちのめされている皆さん、それもそのはず、年を重ねるごとにシミの増えるスピードが年々加速!という事実があったようなんです。2016年より、ロート製薬は美容皮膚科「アオハルクリニック」と美容医療を科学するプロジェクトを発足。この共同研究により、30代後半からシミの増えるスピードは2.3倍に! しかも特に50代からは更に加速する傾向にあるとわかったのだとか。そのため、ケアが追いつかずにシミが定着化していたのです。はぁ〜、なんてこった…。メラニンを取り込んだ表皮細胞はターンオーバーが遅くなるため、メラニンは居座ったままと、いわば「渋滞メラニン化」状態に。そこで、この対策としてクリニックで行われている光治療(フォトフェイシャル)が肌にどう作用するのかを徹底研究。約200種類ある独自の植物ライブラリーの中から、表皮細胞の増殖、メラニンの発生抑制という光治療と同じメカニズムで働きかける成分を探索、新たな複合成分が開発されたのだそうです。2月19日(水)発売「エピステーム ホワイトフォトレーザー」【医薬部外品】50mL ¥13,000※価格は税別、以下同美容医療レベルのケアを自宅でも!を叶える「クリニサイエンス」のラインから新登場するのは、渋滞メラニンにアプローチする新成分「フォトレーザーコンプレックス」をはじめ、シミ生成の悪循環にも働きかける有効成分を配合した美白美容液。特許出願中の浸透力を高める処方も採用しています。化粧液などで肌を整えたあと、2〜3プッシュくらいを顔全体に。するりとなめらかなテクスチャーで、なじませると肌が柔らかくなったような。シミの部位は慢性肌荒れ状態に陥っていることから、くすみケアや乾燥ケア、ハリ対策にもアプローチする成分も配合しています。写真左の27mLサイズ(¥8,000)も同時発売。手強いシミ対策に、そしてエイジングケアとしても、大人の肌のためにつくられたこの美白美容液が頼もしい味方になってくれそうです。「エピステーム」公式サイト取材・文/佐藤素美
  • ついに本格的な花粉症になってしまったようです…。ベースから見直した結果、とても調子良いです。そろそろ暖かくなり、春が待ち遠しいのですが…!ここ数年、花粉症と思われる、軽い症状はありましたが、なかなか認めたくなく。笑 しかし、今年はついに認めざる終えない症状が勃発しました。 おでこの生え際、唇の周り、目蓋など、皮膚の薄い箇所がいくら保湿をしても乾燥、赤みが引かず、本当に毎日、毎日テンションが下がってしまいました。 そんな中でもメイクはしなければいけないし、少しでも楽しみたいので、情報収集した結果、行き着いたのがこちら。CLINIQUE イーブンベターシティブロックまずはベースメイクから見直しました。 敏感肌なので、とにかく情報収集とサンプルをいただき、お試ししました。 CLINIQUEのイーブンベターシティブロックはジェルタイプなので、スルッと軽い、テクスチャーで塗り心地は抜群です。 SPF45/PA+++でしっかりと紫外線カット出来、汚れた空気、花粉、ブルーライトや赤外線などにさらされた肌をしっかりと保護してくれます。一番左4番 marisol3月号にも掲載されていています。長年アルビオンを愛用していて、昨年、発売されてから、サンプルをいただき、2-3回使用しただけでも、しっかりと効果を感じていた、フローラドリップ。 手持ちの化粧水があったので、先送りにしていましたが、これはただの化粧水とは全く違いました!実際には「化粧液」といい、もはや、使用感としては、「美容液」です。 アルビオンの独自美容成分「ミュラ」を主体とした、発酵化粧液で、保湿成分や、抗炎症作用のある植物由来成分などで構成されています。 今回、使い始めた、翌朝には私の赤み肌が一晩で見事にほぼ引いていたことに驚きでした。 使い進めるのが、楽しみで仕方ありません!アルビオン フローラドリップカウンターで肌診断もしてもらった結果、しっかり保湿はしていたつもりですが、超乾燥肌の私は水分量が少し低く、BAさんのアドバイスにより、週何回か、パックで保湿をすることを勧められました。 こちらのIGNISのピンクのシリーズはノンアンコールなので、トラブル肌でも安心して使えるとのこと。フローラドリップ+パックでかなり炎症を抑えてくれたようです。アルビオン IGNISのパックアラフォーになり、今まではなかった、トラブル肌に悩まされていましたが、諦めず、色々と試して、自分に合った、スキンケア方法を模索しながら、お肌と向き合っていきたいと思います。 花粉の方!一緒に乗り越えましょう!美女組No.159 RUIのブログ
  • 使えばすぐ、しっとりときめ細やかなブライトスキン。日本酒がもたらす美肌効果を、世界規模で認められた話題のお酒「獺祭(だっさい)」入りのシートマスクで実感してみませんか?獺祭。お酒好きの方でしたら、世界各国で愛されているこの日本酒のことをご存知かと思います。ちょっとフルーティで女性でも本当に飲みやすく、素敵なお酒です。 首相が国賓への贈り物にした、フレンチの大家、ジョエル・ロブション氏がその味わいに惚れ込んでパリに獺祭との複合店をオープンしたなど話題に事欠かないお酒ですが、今回またまた見逃せないニュースが。それがこちら。なんとフェイシャルマスクなんです。お酒のボトルと同じようにロゴがシンプルに施された潔いパッケージをひと目見て、心が騒がないお酒好きはいないのでは。そしてもちろん「獺祭」の名を名乗るわけですから、中身も“濃い”です。裏面をチェック。リアルに日本酒の「獺祭」そのものが配合されているんです!獺祭の代名詞と言われる「純米大吟醸 磨き二割三分」と、その製造過程で出された獺祭酒粕エキスを配合。天然のアミノ酸を豊富に含んだ日本酒は、昔から美肌と深ーい関係があることも、皆さまご存知ですよね。さらにナノコラーゲンやビタミンC誘導体など、美容に効果的な成分をプラスしています。実はこのシートマスク、美容家の山本未奈子さんが監修しているそうなんです。日本の美容文化をもっと世界に知ってほしい!という思いから引き受けたとか。日本が誇るべき高保湿な米由来の美容成分を配合したスペシャルなアイテムを、肌が揺らいでいる時こそ毎日使って欲しい、と価格にもこだわったそうです。なるほど。ということで、さっそく試してみました。シートはたっぷり液を含んでいて、ひたひた。見るからに気持ちよさそう! 意外だったのは、あまりお酒の香りはしないこと。でもこれなら、お酒に弱い人も安心して使えるはず。マスクの形は横幅が広めで、言うなればオニギリ型。鼻の下やあご部分に切り込みがあるので、顔の横幅に合わせて余りを重ね合わせれば、顔を隙間なく覆うぴったりのMyサイズに調整できます。髪の生え際ギリギリまで、そして口もとも浮くことなく、ぬかりなく密閉ケアできちゃう。シートは薄めで、とってもしなやか。顔の動きに沿う気泡知らずの密着感で液だれもしないから、本も読めるしちょこっと家事もOK。これは、ながらケアに最適!パッケージの中に残った美容液は、ぜひ首もとやデコルテにお裾分けを。とろんと濃いのにベタつかず、いくらでもぐいぐい入ってさらり。これ、美容液としてもいい仕事しますよ。使用の目安は10分ほど。マスクを取るとワントーン明るく…というか、白い! カラカラのこんにゃくスポンジが水を含むと柔らかく白く見える、アレと似た変化。乾いてしぼんだ肌が潤って、毛穴などの凹凸も目立たなくなりしっとり&フワフワの肌に。翌朝も透明感が続き、メイクのノリも上々。ぜひ習慣にしたい!と思えるマスクでした。こちらは1月末に発売されたばかり。取り扱いは本社の蔵と銀座にある直営店「獺祭ストア」とECサイトにて。お近くの方はぜひ、直営店で美味しいお酒とともにゲットしてくださいね。獺祭フェイシャルマスク 25mL×5枚入り ¥2500/旭酒造株式会社●ECサイト「DASSAI BEAUTY」はこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連キーワード

RECOMMEND