冬本番。寒さを乗り切る長年の相棒&新入りアウター

Marisol ONLINE
初めまして。
この度、マリソル美女組に参加させていただくことになりましたemiと申します。
どうぞ宜しくお願いいたします。
マンションのロビーにツリーが飾られる季節になりました。
マンションのロビーにツリーが飾られる季節になりました。
12月、いよいよ冬本番ですね。
いくつか気象予報のサイトを見てみましたが、
この冬は、全国的に平年並みか、平年よりも気温が高く暖冬の可能性があるそうです。
とはいえ冬は冬。
「ファッションは我慢」と思っていた若かりし時期もありましたが、
「気分良くその日一日を過ごせるファッション」が一番だと今は思っているので、
寒さに負けず冬を楽しめるファッションを心がけたいです。
(ちなみに体が温かくて鼻とほっぺただけが冷たくて赤くなっているのが個人的な理想)

そんなわけで、アウターはとにかく温かく、肩が凝ってしまうので、できれば軽いもの。
ダンロ(うちの愛犬)を抱っこすると命の温かさが伝わってきます。
ダンロ(うちの愛犬)を抱っこすると命の温かさが伝わってきます。
ZARA エコファージャケット 
ZARA エコファージャケット 
1枚目は去年の冬から仲間入りしたZARAのピッタリサイズのエコファー。
カラーは大好きな柔らかめのホワイト。
カジュアルなコーディネートもこれをさらっと羽織ると綺麗めに仕上がるので
重宝しています。

MONCLER S 「SERICA」
MONCLER S 「SERICA」
2枚目はもう7~8年着ているダウン。MONCLERとsacaiのコラボです。
袖口がファスナーを開けると花弁のようにヒラヒラしてとてもお気に入りです。

洋服に関して私はとても飽きっぽく、どんなにときめいて買っても
次のシーズンに手に取ってみると全くときめかないことが多々あって
断捨離をして以降、洋服では高額なものをあまり買わないようにしています。

そんな中このMONCLERは例外で
毎年温かいという安心感と「ああ、やはりこのデザイン素敵」という思いに
包まれながら着ています。

ZARA リバーシブルボンバージャケット 
ZARA リバーシブルボンバージャケット 
3枚目は今シーズンの新入り。ZARAの「リバーシブルボンバージャケット」
名前の通りリバーシブルでナイロン面は撥水加工入りです。
片面はフェイクファーでフードが大きく、雪国に行ったら被っても可愛いな~
と妄想が広がり購入しました。
ちなみにこちら、カラー名が「コムギ」 ・・・素敵。
今の流行も少し取り入れたくてオーバーサイズにしました。

今までさんざん失敗してきた経験から、私はアウターは丈が長いものを買っても
結局着ないとわかっているので、全て短めです。

ZARAで白系でファーというのが1枚目と3枚目で被るので、違うカラーを探そうかな、
と思いかけましたが、温かみのある白を着たい気分が続いているので
そちらを優先しました。

サイズ展開も豊富なZARAには本当にお世話になっていて、
今までに「それ素敵だね、どこの?」と聞かれた服はほぼZARAでした。
ZARAの話は始めると長くなるので、またいずれ。

皆様もお気に入りのアウターで寒い冬を楽しくお過ごしください^^
うちの寒がりなダンロです。今後度々登場しますのでよろしくお願いいたします。
うちの寒がりなダンロです。今後度々登場しますのでよろしくお願いいたします。
次回からは大好きな映画やNetflixでお勧めの作品も
ちょこちょこ紹介していきたいと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事
  • 冬コーデにベージュアイテムを1点でも取り入れると、アラフォーに必要な女らしさと品の良さ、華やかさが手に入ります。40代におすすめの最旬のベージュアイテム活用コーデをお届けします!■ベージュのベーシックコートコーデフェミニンなレースブラウスはブラックならモード感のある甘さでイタさに直結する心配なし。ハンサムな白パンツとベーシックなベージュコートで華やぎをプラス。 ブラウス¥38,000/ブランドニュース(シー ニューヨーク) コート¥85,000/オーラリー パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) ピアス¥18,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥101,000/エリオポール代官山(ザンケッティ)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/東 京祐 佐藤 彩(物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 構成・文/磯部安伽■ベージュのワイドパンツコーデシンプルな白Tシャツ×ベージュのワイドパンツコーデに、ベージュの軽やかなライトコートを羽織るだけでグッとエレガントに、きれいめな通勤コーデが決まる! 足もとはパイソン柄で少し遊び心のあるアクセントを。 コート¥27,000・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・ロングTシャツ¥11,000(シンゾーン)・バッグ【60 CACHEMIRE BLANDINE POSTINA S】¥85,000(ザネラート)・サンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ■ベージュのニット&プリーツスカートコーデさらっとした薄手素材の合わせなら、縦に長くボリューミーなシルエットでも重く見えない。アイテムで冒険をするなら、ベージュトーンでまとめると、誰からも愛される冬コーデに。 コート¥220,000/カオス丸の内(カオス) ニット¥42,000・スカート¥43,000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥11,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥35,000/ANAYI 靴¥34,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) 【Marisol1月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 構成・文/三尋木奈保■アーモンドベージュのプリーツスカートコーデ華やかで着映え力高めなベリー色ニットには落ち着いたアーモンドベージュを合わせて品よく仕上げて。大人の上品さも漂わせるこのニット×プリーツスカートの組合せは、楽ちんなのにバランスがよく通勤コーデにもってこい。 ニット¥28,000/ebure スカート¥42,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥20,000/ゲストリスト(ハウント代官山/フィリップ オーディベール) 靴¥56,000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥120,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 文/加藤理恵■サファリ風ベージュのトレンチコートコーデベージュのトレンチコートと白パンツという普遍的な組み合わせがあっさり終わらないよう、インナーと小物で黒を効かせて、ほんのりモードなニュアンスを楽しんで。 コート¥68,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥24,000/スローン パンツ¥29,000/サード マガジン サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ブレスレット¥14,000/ウィム ガゼット青山店(メゾン ボアネ) バッグ¥27,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴィオラ ドーロ) 靴¥93,000/アダム エ ロペ(ロシャス)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 構成・文/三尋木奈保■ベージュのリバーコート&モヘアニットコーデリバーコートとふんわりモヘアニット、着るだけで優しい気分になれそうな冬素材のベージュアイテムたち。ウールパンツや白デニムでマットにまとめがちなところを、光沢のあるとろみ素材のワイドパンツに変えれば、ぐっと今年らしい仕上がりに!  パンツ¥25,000/インターリブ(サクラ) コート¥180,000/マディソンブルー ニット¥60,000/ビオトープ ブレスレット¥136,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥45,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥6,000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里■ベージュのパンツ&冬小物コーデともするとほっこりしがちなケーブルニットは、年齢相応のきちんと感をプラスすることが大切。ツヤ感のあるベージュのパンツとチラッとのぞかせたシャツのシャープさで難なくクリア。小物類もベージュで統一して大人に仕上げて。 ニット¥49,000/アマン(アンスクリア) シャツ¥27,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥46,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 帽子¥18,000/サード マガジン(サード マガジン×ネクサスセブン) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バングル¥73,000/バーニーズ  ニューヨーク(CERCLE AMEDEE) バッグ¥10,000/アダム  エ  ロペ 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス) 【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのブルゾン&ブーツコーデうんと女っぽいスティッキーなスカートスタイルをベースに、シャカシャカ素材のフーディやボディバッグでカジュアルダウンさせて。異素材MIXコーデもベージュ×白の配色なら品よくまとまる。 スカート¥29,000/ブルーバード ブルバード カットソー¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) パーカ¥44,000/サード マガジン(サード マガジン×ネクサスセブン) ストール¥60,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥14,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(シュタンバウム) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのテーラードジャケットコーデテーラードジャケットと、今季とうとう復活を遂げたロングブーツ。かっちり系アイテムのジャケットに、白のとろみプリーツスカートでフェミニンな抜け感をプラス。足もとはブラウンのロングブーツで引き締めて。 スカート¥46,000/サード マガジン ジャケット¥83,000/アマン(カバナ) ニット¥83,000(ドゥロワー)・バッグ¥83,000(ワンドラー)/ドゥロワー 六本木店 ピアス¥69,000/バーニーズ ニューヨーク(アグメス) バングル¥16,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのチェスターコートコーデゆったりシルエットかつオーバーサイズのチェスターコートは白のプリーツスカートで軽やかさをプラスすると重たくならず女性らしく着こなせる。黒のインナーとベルトでコーデにメリハリを。 コート(ベルトつき)¥89,000/サード マガジン ニット¥16,500/ノーク スカート¥46,000/アングローバル(イレーヴ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) グローブ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(ジリオ・フィオレンティーノ) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥53,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ■ベージュのオフタートルニット&パンツコーデパンツのセットアップは腰まわりやヒップがすっぽりと隠れる丈を選べば安心。ベージュならきれいめにも楽しめる。オフタートルニットはざっくりとした編み地とドロップショルダーが今の気分。パンツは脚のラインを拾わないストレートなシルエットで、内側にスリット入り。 ニット¥44,000・パンツ¥33,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) イヤリング¥6,806/アビステ 時計¥748,000/ポアレ ジャポン(ポアレ) バッグ¥83,000/ロンハーマン(ラドロー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/五明祐子 取材・文/陶山真知子■ベージュのコート&ワンピースコーデ知的な印象の淡いベージュのワンピースに濃いベージュのオーバーサイズコートを羽織って。難しいテク要らずのベージュの濃淡コーデはアラフォーにおすすめ。アクセントに赤いカーディガンを肩掛けしてカジュアルダウンするとより今っぽく。 コート¥89,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) 肩にかけたカーディガン¥33,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ワンピース¥39,000/ル フィル バッグ¥29,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヴィオラドーロ)  靴¥36,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵■ベージュのワンピース&ストールコーデボリューム感のある丸みを帯びたブラウンのざっくりニットには、ベージュのワンピースとストールを合わせて華やかさと洗練さを添えて。ブラウンコーデにベージュのポイント使いが効く。 ニット¥15,000/ゲストリスト(リトラル) ワンピース¥39,000/ル フィル 帽子¥10,000/ANAYI ストール¥87,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) バッグ¥166,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) 靴¥28,000/ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店(ファビオ ルスコーニ) グローブ¥9,000/アルアバイル(イタルグアント)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵■ベージュのチェスターコートコーデオーソドックスなベージュのチェスターコーデの下は、ドット柄のシックな黒ワンピースにほっこり白ニットをかぶったフレンチレイヤードで大人のフェミニンコーデに仕上げて。 コート(ベルトつき)¥89,000/サード マガジン ニット¥36,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン) サングラス¥30,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥285,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ピアス¥26,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン  青山店(ジェイエムウエストン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵■ベージュのチノスカートコーデロング丈のチノフレアスカートは飾り立てずシンプルにニットを合わせ、力を抜いて着るのが正解。長め丈のスカートにはショート丈のニットがベストワン。落ち着いたモスグリーンの雰囲気のある一枚でグッと今っぽく。 ニット¥33,000・スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥25,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥15,000/essence of ANAY(I PHILIPPE AUDIBERT) バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥5,800/ノーリーズ&グッドマン銀座店(コンバース)【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/佐田真由美 取材・文/陶山真知子 ■ベージュのダッフルコート&ニット&パンツコーデトーンが異なるベージュアイテムを組み合わせた大人のカジュアルお出かけコーデ。冬の街にベージュコーデが品よく映える。ヒール靴で颯爽と歩いて。 パンツ¥17,000/フレームワーク 自由が丘店(マチュール フレームワーク) コート¥228,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(アンスクリア) ニット¥36,000/アパルトモン  神戸店(アパルトモン) 帽子¥48,000/エストネーション(ジジ バリス ミリナリー) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵■フェイクスエードのベージュスカートコーデ大人ピンクの透け感のあるニットで妖艶に、マットなスエード調のベージュスカートで知的な女性を印象づけて。アラフォーは素材ミックスでさりげなくメリハリをつけるのがポイント。 ニット¥39,000(デミリー)・タンクトップ¥10,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ スカート¥15,000/ロペ サングラス¥39,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥27,500/アビステ バッグ¥35,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥14,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ■ベージュのコーデュロイパンツコーデスラリと脚長効果が狙えるコーデュロイパンツには、シンプルなライトグレーのタートルネックでシンプルにまとめるのがベスト。小物でゴールドの輝きをプラスすればちょっとしたお出かけコーデに。 ニット¥25,000/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥39,000/ebure スカーフ¥16,000/フィーゴ(ピエール= ルイ・マシア) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ) ピアス¥18,000/ビームス ハウス(ローラ ロンバルディ) バッグ¥19,000/リエス(ベヴィーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ▼あわせて読みたい
  • この春のファッションはグリーンに注目。小物で取り入れる際は、強めのカラーを選ぶことで存在感を演出できます。澄んだラグーンを思わせる鮮やかなエメラルドグリーンのバッグなら、とても印象深く、どんなコーディネートにもフィットします。何かいいことが起こりそう ときめくグリーン 鮮やかなエメラルドグリーンで小さなバッグに存在感を小さめのバッグをちょっと短めに斜めがけするのが、この春のトレンド。装いのスパイスになる小さめサイズだからこそ、パキッと強いカラーを選びたい。澄んだラグーンを思わせるエメラルドグリーンは印象深い色。鮮やかなバッグは、意外にもどんな色にもどんな服にもマッチして重宝。 バッグ「ラゾ ミニ バッグ」¥238,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ) ワンピース(3月上旬発売予定)¥78,000/ドゥロワー 六本木店(サイ) ストール¥18,000/アイネックス(アソース メレ)撮影/水田 学(NOSTY) ヘア&メイク/平元敬一 スタイリスト/徳原文子 モデル/富岡佳子 構成・原文/宮崎桃代 撮影協力/スタジオ バスティーユ バックグラウンズファクトリー ※エクラ2020年3月号掲載
  • 私もバレンタインもらいました ❣️こんにちは、桃子です❣️ 過去最短ブログだと思うので読んでください(笑) バレンタインで作ったものブログの次は〜 何着たのかブログ〜 イベントの時は見た目から! 気分盛り上げたくないですか? 私はなんでも形からタイプなので、 バレンタインは女の子っぽい服装をします 笑 じゃーん、どうでしょう! モノトーンで落ち着かせながら、ミニスカートと千鳥格子で甘さ出してみました 来月には21歳になるので、 大人っぽ可愛い、を意識してみました(笑) 伝わってるかな? tops : zara skirt : retro girl belt : GU bag : zara 髪の毛はくるくるに巻いて、 ネイルはピンクで差し色 頭からつま先まででバレンタインコーデ! でした(^ω^) 参考になっていたら嬉しいです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます カワイイ選抜 No.75 Momoko Nojoのブログ
  • photography: Masaru Mizushima 先日のアカデミー賞で『パラサイト 半地下の家族』が作品賞・監督賞そのほか4賞獲ったことは本当にうれしくて、時代の変化を感じました。でも、いまでも、なぜグレタ・ガーウィグが監督賞にノミネートされなかったのか不思議でなりません。だって、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(3月27日公開)が本当に素晴らしいから! 最強のシスターフッド映画でもありますし、フェミニズム的視点の注ぎ方も新しいんです。SPURは全力でこの作品を応援したい‼ 熱い想いを胸にオファーしたところ、遥かパリにて、主演のシアーシャ・ローナンと監督のグレタ・ガーウィグの独占対談が実現しました‼ 2月22日発売のSPUR4月号にて掲載しております。本当の姉妹より姉妹っぽい二人のおしゃべりはいつまででも聞いていたいくらい。撮影中もトークがとまらず、昨今のサステイナビリティの話にまで広がりました。彼女たちがどんな思いでこの映画を作ったのか、ぜひ読んでください! そして、SPUR.jpではグレタ・ガーウィグのQ&Aと、出演者3名(シアーシャ・ローナン、ティモシー・シャラメ、フローレンス・ピュー)の独占インタビューを公開します! 映画を観てからでも観る前でもいいです。ぜひ、誌面もウェブもチェックしてほしいです。そして、みんなで語り合えたら最高です。 保存 保存 SPUR4月号のご予約はこちらから! Amazonで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト)
  • 持ってて損なし!雨、風、花粉にも強い!マウンテンパーカーは今の時期から大活躍こんにちは(^-^)ともみゆです。 いつもご覧くださりありがとうございます。 私の住む地方では本日も暖かく最高気温は17℃でした。 アウター要らないかな?というくらいの気温の時に役立つのがマウンテンパーカー。 重量も軽く、風よけやちょっとした雨にも対応可能。 ウールのコートより花粉が付きにくく払い落としやすいのも嬉しいポイントです。今日はアイボリーのロングスカートにベージュのコンバースを合わせました。 ロングスカートの時に合わせるアウターって悩みませんか? 私はこんなふうにマウンテンパーカーを合わせてカジュアルミックスなスタイルにするのが好きです。トップスはUNIQLOのエクストラファインメリノのクルーネックセーター。 メンズのSサイズでダークブラウンを着ています。 薄手で肌触りもよく素肌に着てもチクチクしません。 横から見るとこんな感じ。 ニットの裾は前だけ少しウエストインしています。ネックレスはカゴバッグの金具と色を合わせてゴールドに。コーデ詳細はこちら。outer ... Liala×PG knit ... UNIQLO skirt ... Mila Owen bag ... violadoro shoes ... CONVERSEそれでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました。 インスタグラムもやっています。 こちらもどうぞ宜しくお願い致します。 ↓ ↓ ↓◆tomomiyu◆大人のプチプラmixコーデ◆ 美女組No.163 tomomiyuのブログ
  • 2018年よりスタートした吉沢亮さんの対談連載がついに3シーズン目に突入! 今号より「吉沢亮のTAKE YOUR SEAT」とリニューアルしてお届けします。これまではバーで熱く語らったり、部屋のなかで談笑をしたりしていましたが、これからは名作椅子に座ってトークを繰り広げます。 photography: Takeshi Takagi〈SIGNO〉 そして、記念すべき連載第1回のゲストは女優の広瀬すずさん! NHKの連続テレビ小説「なつぞら」をはじめ共演の多いお二人ですが、初めての出会いは雑誌『セブンティーン』の学園祭だったとか。最新の共演作となる映画「一度死んでみた」では、”二日間だけ死んじゃう薬”をめぐるハイテンションなコメディを演じています。その撮影中に吉沢さんがドキドキしたというのは、「広瀬さんの頬についたクリームを取る」というシーン。少女マンガのイケメンをイメージしながら演じたという吉沢さんですが、内心は全く違うところに心をとらわれていたそう。その真相はぜひSPUR4月号の誌面でチェックを。このエピソードを知ってから映画を見ると2倍ドキドキできるかもしれません。                                       また、今号でお二人が座っている椅子は、ハンス J. ウェグナーがデザインしたCH24。通称「Yチェア」です。せっかくの連載初回なので、吉沢さんのイニシャルでもある「Y」にゆかりがある椅子をセレクトしました。ちなみに吉沢さんは部屋にあまりものを置かない派で、広瀬さんはインテリアショップにも通うほどの家具好きだそう。対照的な二人のマイホーム談義にも注目です!過去の連載はこちらから→ SPUR4月号のご予約はこちらから! Amazonで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト)
  • 美容エディター平さんが「キラキラ輝いてるね!」と言われたのはこのアイカラーのおかげでした美容エディター 平 輝乃さん ボビイ ブラウン リュクス アイシャドウ リッチスパークル 01大人のアイメイクは1 色をブラシや指でパパッとワイパー塗りするぐらいがちょうどいい、というのが私の持論。特にくすんだ目もとには、ほんのりきらめくアイカラーがベストです。なかでも、リッチな輝きなのに変にギラギラしないこの肌なじみのいい乳白色系のベージュは、着物からカジュアルなニットまで何にでも合わせやすく、つい手が伸びてしまう色。まぁまぁ手抜きしているのにほめられ率の高い、私の隠れヒットアイカラーなのです。「アイホールにサッと伸ばして二重の幅に重ね塗りするだけで奥行きが出ます」(平さん)。水で湿らせたブラシでまぶたへ伸ばせば、濃いめの発色とウェットなツヤが楽しめる。¥4,200【Marisol3月号2020年掲載】撮影/国府 泰 取材・文/田中あか音
  • 春に向けて一枚は持っておきたい、纏うだけで足取りが軽くなるようなワンピース。 パステルカラーの春らしいワンピースも気になりますが、手にとってしまうのはやっぱり着回しの効くベーシックカラーのもの。 今回は私が今から春にかけて頼りにしているワンピースについてご紹介します。 私が気に入っている春ワンピースがこちら。 147(イチヨンナナ)のバックオープンワンピースです。 背中が開いたドット柄のワンピースは、さりげない肌見せで春らしいヘルシーな上品さを叶えてくれます。 147とは、その名の通り147cmを基準とした小柄な方向けのアイテムを展開するブランド。 小柄でも女性らしく大人の空気を纏いたい方にぴったりなアイテムが豊富です。 147さんからお声がけいただき、実際にお洋服をお試しさせていただく機会があったのですが、数あるアイテムの中で一番気に入ったのがこちらのワンピースです。 どんなシーンにもハマる、ベーシックなドット柄。 スニーカーでもヒールでも着こなせる丈感とシルエットがとってもお気に入りです。 147cmの方向けということはかなり細身の作りなのかな?と心配していたのですが、150cmの私が着てもちょうど良いゆったり感でした。 正面から見るとハイネックの上品なワンピースなので、オフィスシーンはもちろんちょっとしたパーティーにもぴったり。また、付属のリボンでウェストマークもできるので、ドットの総柄ワンピースだけれどスタイルアップ見えも叶います。 147(イチヨンナナ)のバックオープンワンピースを見る ワンピースは、これ1枚でコーディネートが完成するところが嬉しいですよね。 春に向けてベーシックなワンピースを追加すると、色んなシーンで大活躍するのでおすすめです。 ▶︎ instagramはコチラ
関連キーワード

RECOMMEND