アラフォーなら、自然な変化?どうして生理やPMSは変化するのか|40代ヘルスケア

Marisol ONLINE

アラフォーになってから、なんだか今までと生理の期間や量が違ってきたり、PMS(月経前症候群)がひどくなってきたりと、生理やPMSの状態が前と違ってきたと感じている人が多数。

産婦人科専門医 高尾美穂先生

産婦人科専門医 高尾美穂先生

医学博士。婦人科スポーツドクター。女性のための統合ヘルスクリニック「イーク表参道」副院長。婦人科の診療を通して女性の健康をサポート

女性ホルモン分泌量の減少で生理の量や日数、周期に変化が
40歳前後になり生理の量や日数、周期などが変わってくる理由とは? まずは生理のしくみをおさらい。
「生理にはエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが関係しています。生理後はエストロゲンが増え、その影響で子宮内膜が厚くなります。やがて排卵を過ぎるとプロゲステロンが増え、子宮内膜はさらに厚くなり妊娠成立に適した状態になります。妊娠しなかった場合は両方のホルモンの分泌が減り、子宮内膜がはがれ落ちて血液とともに排出されます。これが生理です」

 ただ、女性ホルモンは35歳ごろを境に分泌量が減り、それに伴い変化が。 「エストロゲンが減ってくると子宮内膜が作られる量も減ります。経血量や生理日数が減るのはこのためです。また、生理周期が短くなるのは加齢によりプロゲステロンの分泌期間が短くなるから。つまり自然な体の変化です。ただ、経血量が増えたり、生理痛がひどくなった場合は子宮筋腫や子宮内膜症の可能性が。40代になるとこれらの病気も増えます」

 では、PMSの症状が変わる理由とは?
「PMSは、生理前にプロゲステロンの分泌が増えることが大きな原因。プロゲステロンには体に水分をため込む働きがあるので、体がむくみやすくなります。腸がむくんで便秘になったり、髄液の圧が上がることで頭痛が起きたりします。また、プロゲステロンは血糖値を下げるインスリンの効きを悪くするので、過剰な食欲を感じやすくなります。急激な血糖値の低下により体が飢餓感を感じ、それに対抗しようとアドレナリンが分泌されるため、攻撃的になったり、イライラしやすくなります。それに加え、プロゲステロンの分泌が高まる時期には、自律神経のうちの緊張をもたらす交感神経が優位になったり、精神を安定させる脳内物質GABAや、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンも減ることもあり、イライラや落ち込みを感じやすくなります。20代ごろまでは、排卵が正しく起きず生理不順のことも多いのですが、30代になると安定してきて排卵が規則正しく起こり、生理も順調に来てプロゲステロンもしっかり分泌されるので、アラフォーになってPMSがひどくなる人も多いのでしょう」

 つまり生理やPMSの状態が変わるのは、加齢による自然な変化。
「健康な証拠なので、過度に不安を抱かず、うまく乗りきりましょう」


アラフォーになると女性ホルモンの減少により、経血量が減ったり、生理期間や生理周期が短くなったりという変化が出やすい。一方で婦人科系の病気も増えやすい年代で、それに伴う経血量の増加や生理痛の悪化なども。



アラフォーになると排卵が安定し、生理前にプロゲステロンが正しく分泌されるようになるため、むくみや頭痛、落ち込み、イライラなどプロゲステロンの影響によるトラブルが生じやすくなり、PMSがひどくなる場合が。


アラフォーなら自然に起こること

経血量の減少や、生理日数や周期の短縮、PMSがひどくなることは年齢とともに起こる自然な体の変化。悪いことではないので過剰に不安にならず、うまく乗りきって

【Marisol 11月号2019年掲載】イラストレーション/雨月 衣 取材・文/和田美穂
アラフォーになって体や心に不調が現れ、"もしかして更年期!?"と不安を感じている人、多いのでは。そんな不安を解消するには、今のうちから正しい知識を身につけておくことが大切。そこで更年期の基礎知識から先輩たちの体験談までをご紹介。
アラフォーからの心身の不調はデリケートゾーンのケアが関係していることも!正しいデリケートゾーンのケア方法を専門家に伺いました。
骨盤は体の要となる部分。ゆがむと太りやすくなる、痛みが生じる、尿モレしやすくなるなどのトラブルが発生!そこで整形外科医の中村格子先生に知っておきたい基礎知識や骨盤のゆがみを整えるエクササイズ方法をうかがいました。
最近注目されている「デリケートゾーンのケア」。でも、なぜ大切なの? 何をすればいいの?なかなか人に聞けないこの疑問に、植物療法士の森田敦子さんが熱く答えてくれた
関連記事
  • エルメス好きな美女組の先輩方と、銀座の超高級フレンチへ!夢のようなひと時でした^ - ^こんにちは、らんです。 今回のエルメスのめくるめく世界は、エルメス好きな美女組先輩方とのランチ会について語りたいと思います^ - ^ステキな先輩方のケリー28と自分のバーキン25先日ご卒業された、元美女組のmarie noelさんから「今度エルメス会しませんか?」と、何とも嬉しいお誘いをいただき、「是非是非!」と速攻で返信しました! 美女組の先輩、カキノキさんもいらっしゃるとのこと。 お二方ともお会いした事がなく、今までマリソルブログを拝読し、「お会いしたい!」と密かに想っていた方々だったので、とっても楽しみにしていました! そして、いよいよランチ当日...!先輩方のコーデは美しく、レアなケリーバッグとのバランスもとてもステキでした☆ステキなお2人に、初めてお目にかかりました! お2人とも、手に職を持つ才女、そして、オシャレで美しく、エルメス好き♡ ランチ会だったのですが、実は待ち合わせは、都内某所のエルメス店舗。エルメス店舗であれやこれや語りながら、ばっちり2時間過ごした後に、marie noelさんの行きつけの、銀座の高級フレンチ、L’OSIERロオジエへ。 サービスも素晴らしく、お料理も全て味わい深く、夢のようなひと時を堪能させていただきました^ - ^ロオジエはこちら♡エルメスの話はもちろんのこと、お仕事やプライベートについて話していたら、さらにあっという間に3時間が経過...。 それぞれが時間に制限があったため、名残惜しかったのですが、また次回も是非!とお約束して、解散と相成りました。 この素敵なエルメス会も、マリソル美女組で頂いたご縁です☆ 先輩方、同期、そして新しく美女組に入られた方々も、皆さん美しく聡明で、「自分も頑張ろう」と励みになります。 「アラフォーはまだまだ翼を広げられる」 皆様との出会いに感謝の気持ちでいっぱいです^ - ^ これからも、どうぞよろしくお願いいたします!先日行われた、マリソル美女組のキックオフパーティーで同期と♡美女組No.151 らんのブログ
  • あのマリソルパーティーから早一年!早いもので、美女組として活動を始めさせて頂いてからあっという間に一年が経ちました。 30代が子育て一色で過ぎ去り、40代に入ってみて、ふとこのまま歳をとるのはなんだか寂しいな、何か私自身の世界を広げるチャンスが欲しいな、と思っていた矢先の美女組との出会いでした。 せっかく美女組になった一月後にまさかの主人の異動が決まってしまいましたが、引っ越しまでの間、撮影に参加させて頂いたり美女組の皆さんと会えたりと、私にとってとてもとても!濃く楽しい一年になりました。 日本から遠く離れてしまった今、私がMarisolブログに書けるようなことはあるのかな、と継続するか悩みましたが、2年目もがんばってみることに決めました♪ 東京にいたころのように素敵なお店やファッションに触れることはできないけれど、今この異国の地で色々な国の女性と出会い、女性の美しさってなんだろう、と改めて色々と考えさせられています。 文章を書くのが昔から大好きだった私、少しでも読んでくださる方がいることに感謝して、自分のペースでブログを書いていけたらなと思っております。 皆さま今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 美女組 No.146 rin Instagram @rin102729美女組No.146 rinのブログ
  • 全体的にダークカラーになりがちな冬コーデに明るい色のアイテムを投入したスタイルを楽しんでみるのもアリ!?こんばんは!雪千代です。 本日も、前回に続きZARAアイテムをご紹介。 ダークなお色味の装いが増えるこの季節、パッと目を引く明るいアイテム。 チェックのオーバーサイズカーディガンです。少し子供っぽくなりがちなチェックですがコーディネートによってはアラフォーでも十分素敵に着こなせるアイテム。 今回は黒のスリムなデニムと合わせて、クールなカジュアルコーデにしてみました。TOPS:ZARA DENIM:ZARA BAG:MARC JACOBSサイズはMサイズを着用。 170cmの私だとお尻がちょうど隠れる感じでした。 足元も網タイツをちらりと見せることでお洒落度もUPします♪ 全体的にダークカラーになりがちな冬コーデに明るいカラーアイテムを投入したスタイルを楽しんでみるのもアリ!? 最後までお読みいただきありがとうございました☆美女組No.169 雪千代のブログ
  • 人のほめ言葉を素直に受け取れないという相談者さんに、小田切ヒロさんはどう答える?「親身な回答がしみる」と評判の「大人のカウンセリング室」。神崎恵さんと小田切ヒロさんのおふたりが、交代で読者のお悩みに答えます。今回はエイジングの受け止め方について。お悩み:「人のほめ言葉を素直に受け取れない」「キレイですね」というほめ言葉。自分の口から言うのも図々しいのですが、わりと整った顔立ちだったので、以前なら心から喜んで、「ありがとう」と言えていました。でもここ数年は「どうせお世辞でしょ」と思って、素直に喜べません。それどころか、自分より若くてキレイな人にそんなことを言われたら、「嫌味?」なんて思うことすらあります。というのも、加齢のせいで、明らかに目もとや頰、フェイスラインがたるんできている自覚があり、自分でも、「ああ、老けたな」と衰えに悲しくなることが多く、「そんな私がキレイなはずはない」とどうしても考えてしまうんです。要は自分に自信がなくなったのだと思うのですが、ほめられるたびに、なんだかモヤッとした気分になるのがツラくて。どうすれば「年齢を重ねたけれど、まだまだキレイ」と思えるようになれますか? (44歳・管理職・既婚)回答者はこの人!小田切ヒロさん回答者はこの人!小田切ヒロさんヘア&メイクアップアーティスト。LA DONNA所属。メイクの美しさはもちろん、小顔テクニックにも定評あり。近著の『美容中毒』(幻冬舎)大好評発売中!■小田切ヒロさんの回答:「外見より内面を磨きながら、ほめ言葉は素直に受け取る」厳しいことを言うようだけど、このかたは今まで外見で生きてきたんじゃないかなあ。おそらくプライドをもってキレイだった人。容姿で生きてきたから、そのプライドがズタズタになった時、自信がなくなって、ほめ言葉もネガティブに受け取りがちに。でも、容姿は必ず衰えていくもの。そのせいで自信がなくなるのはマイナスでしかないので、これからの人生、自分に自信を与えるにはどうすればいいかを考えていきましょう。そう、自信は女のマナー。自信がないということは、“私を表現するツール”を失うこと、すなわち個性を失うことなんです。 では自信をつけるには? それには外見ではなく内面を磨く。このかたは管理職なんですよね? だったらまず仕事で結果を出す。「私、やったわ!」と高揚感を得られるまで突きつめる。するとまわりからも慕われるし、自信だってわいてきます。外見ではどうしたって若いコにはかなわないのだから、“見た目で評価”ではなく、“中身で評価”を目ざして。  僕が思うに、そもそも「まだまだキレイと思いたい」、この考えがよくない! “まだまだ”という言葉には目減りしている感があるので。つまり「若さ=キレイ」と思って、若さに執着しているのが感じられるんです。日本人は、特に男は若い女性が好きだし、そういう男しか周囲にいなかったのかもしれないけど、こうして表面的にキレイをとらえているから、今みたいな精神状態になる。そうじゃなくて、「老けたからキレイ」と思えるようにならないと。「老けたな」と思うと、悲しくなるかもしれないけれど、年齢を重ねたからこそ得られるものもあります。貫禄とか賢さとかね。だから衰え、老化する自分を素直に受け取って。鏡を見て、第三者目線で「あなた、老けたわね」と語りかけるくらいの心の余裕をもってください。「老けたな、でも私、素敵」と声に出して、マインドコントロールしても。  そして人からのほめ言葉は受け入れて。言われたら、とりあえず「ありがとう」と肯定する。言霊って絶対にあるので、無理にでもほめ言葉を受け取って、脳に言い聞かせると、それだけでモヤモヤは消えます。もしかして嫌味かも、と思っても、「ありがとう!」とさわやかに言うんです。  こういう意識改革をしたうえで、今より外見が老けないためのストッパーを。例えば肌がいつもうるおいで満たされていれば、質感がみずみずしくなって、疲れた印象が軽減されるし、自分でもうれしくなる。ひんぱんにマスクやギアでケアして、「私、いける!」という一瞬を積み重ねていくのもいい。エイジングは放置してはダメ。気づいたら、リセットしていかないと、どんどんマイナスに落ちていってしまいます。  とはいえ、意識改革して自信が芽生えたなら、美容への意欲もついてくるはず。「年齢を重ねて素敵な私」を目標に努力を重ねてください。 ■美の処方箋:リズミカルに温めるかっさで肌も心も温かく〜 パナソニックの温感かっさ 〜「老けたと思った瞬間、頰やほうれい線などに当ててみて。肌がふわっと和らぐし、温かいものが触れてポジティブな気持ちになれます」。【用法】 「老けたな」と思ったらドレナージュ 美顔器 温感かっさ EHSP20¥20,000(編集部調べ・11月上旬発売予定)/パナソニック【Mariol12月号2019年掲載】撮影/八木 淳(SIGNO/人物) 取材・文/入江信子 構成/原 千乃
  • 水曜日のねこたちへー明日のためのメッセージー #34。写真集「残念すぎるネコ」や「必死すぎるネコ」などで大人気の猫写真家 沖 昌之さんのネコ写真を心に響くメッセージとともに毎週水曜日にお届け。最も満ち足りた友情にも、卵と同様、いつもちょっとした隙がある。 ジュール・ルナール(フランスの小説家、劇作家。1864-1910) 沖 昌之 おき まさゆき/猫写真家。主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気。写真集に『ぶさにゃん』『必死すぎるネコ』『残念すぎるネコ』『俳句ねこ』 『ヒミツのヒミツの猫集会』 など。最新刊の写真集『明日はきっとうまくいく』 『にゃんこ相撲 下町編 写真絵本』が絶賛発売中。 Instagram:@okirakuoki twitter:@okirakuoki カモチ ケビ子 かもち けびこ/名言選者。偉人の名言格言諺に励まされてきた人生。座右の銘「老いた雌鶏は良いスープを作る」。アラフォー婚活ブログ:アラフォーケビ子の婚活記。 Instagram:@kbandkbandkb
  • 髪型を整えてから、Marisol美女組のキックオフMTGに参加しました。こんにちは。 美女組8期生、No.153のエリス宏美です。 先日、Mariol美女組のキックオフMTGに参加する前に美容室に行きました。ロングヘアを10cmほどカットし、今流行のオイルウェットに仕上げてもらいました。 Marisol1月号の菅野美穂さんもオイルウェットなスタイリングで今1番目指したいスタイリングです。ミディアムスタイルバック美容院の後は、Mariol美女組のキックオフMTGに参加しました。蛯原友里ちゃんが好きなので学生の部活感覚で加入しています。1番親しいのはNo.151のらんさん。この日も合流して会場へ。。 年に1度だけ会う方もいますが、平素ブログを拝読しているので久しぶりな感じがしませんでした。とても新鮮な関係です。人生100年時代こういったコミュニティに属していることが大事なのかもしれません。Marisol美女組8期メンバー美女組に加入したことで起きた私生活の変化①遠くの友人が雑誌で偶然見たよ!と連絡をくれた  ⇒疎遠だった友達が復活!? ②某アパレル企業の商品企画に参加することになった  ⇒来年、ブログで報告できるところまで頑張れたらいいな ③年上のお友達(お知り合い)が増えた  ⇒いろんな話を聞いて40代への準備がすこしはできたかな?「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ。」これは新卒でお世話になった某大手企業の社訓でした。 アラサーで10年ほど読者モデルやブロガーの活動は経験していたけれど、同じ活動でもアラフォーでやるのはまた違うなと実感しつつ、自らを変える1つの要因になればいいなとゆるく思っています。 Marisol美女組として、2年目もよろしくお願いいたします。 エリス宏美美女組No.153 エリス宏美のブログ
  • 今回お話しできなかった皆さまもどうぞよろしくお願いします!美女組3年目になりました。 No.138あやきちです。 マリソルランチ会ではたくさんの新メンバーさんが増えてとても賑やかでしたね♡ 同期のみんな今年は同期の参加が少なく寂しかったですが、参加できたメンバーとはゆっくりおしゃべりできて楽しかったです。気づけば美女組先輩よりも後輩の人数の方が多いなんて!びっくりです。 今回お話しできなかった皆さまもどうぞよろしくお願いします。インスタやってます♪よかったら仲良くして下さい美女組No.138 あやきちのブログ
  • Marisol美女組2年目スタート!東京で過ごした3日間で感じた「つづく」想い。先日、Marisol編集部主催のランチ会にお招きいただき、美女組2年目のスタートを素敵なみなさまと過ごすことができました。石田編集長と仲良しメンバーで。ランチ会は土曜日で、その前後に行きたいライブやイベントが重なったので、欲張って全部足を運ぼうと3日間東京で過ごしました。 金曜の夜は、新宿三丁目でプチ鹿島さんの漫談ライブへ。 私のボスと仕事でご一緒する機会に恵まれ、感謝の気持ちでいっぱいの1年だったので、お会いできて嬉しかった! 土曜のランチ会の後、同期のみなさんと2時間近くお話しできたこともすごく大切な時間になりました。 前向きな、心にゆとりが生まれるような豊かな感覚でした。ありがとう!美女組のブログで知った、東京都現代美術館の「mina perhonen(ミナ ペルホネン)/皆川明 つづく」にも足を運ぶことができました。 お洋服が好きな方なら、たまらない空間です。 あまりにも素敵で、私はひとり泣いてしまいました(特に10年、20年と着たお洋服がエピソードと共に飾られているところ)。(※すべて写真OKのエリアで撮ったものです) ひとつのデザインがうまれて、たくさんの人の手で1着になっていく過程は、それを身に着けると伝わり、幸せな気持ちになります。 だから毎日身に着けたいし、あるいは特別な日には必ず手が伸びるし、いつまでも手元に残しておきたい、似合う自分でいたい。 そんな1着とこれからも出合いたいな、と思う時間でした。▶来年の手帳はミナペルホネンにしました日曜日、新幹線の時間ギリギリまで過ごしたのは、下北沢。 「下北沢にて」という街と音楽が一緒になったお祭りへ。 シェルターに行くなんて何年ぶりだろう?(笑) デビューからずっと大好きな中村一義さんと、HINTOのライブを見ることができてうれしかった。 地元の大阪ではなく下北でみる、というのはやっぱり特別で。 しあわせ。 年甲斐もない言い方をすれば、相変わらず洋服と音楽に恋をし続けているなあ、ワタシ、と実感する東京滞在でした。 小さな幸せが循環していくような、そんなブログを更新したい想いを込めて。 ミナペルホネンの「つづく」という展覧会のタイトルを、今日の私のブログのタイトルにお借りしました。 記念すべき美女組2年目最初のブログなので、これから更にご縁がつながり、つづきますように。 Marisolという素敵な雑誌を毎月届けてくださり、お洒落の楽しさ、アラフォーの磨きがいを味わえる日常に感謝をして。 私が好きなものはマニアックかもしれないけれど(笑)、日々感じたことの熱量が、ふと誰かの新しいものに触れるきっかけになったりして巡ってゆくことを楽しみに。 小さな幸せが循環していくようなブログを更新していきたいという想いを込めました。最後に。 ランチ会は上下大好きなleur logette(ルールロジェット)を選びました。 同期のMarikoちゃんと打ち合わせなしのシンクロ感!12月の赤は映えますね。 leur logetteの19-20AWテーマが「Portrait “Timeless Story”」で、この細かいプリーツの入ったドラマチックなスカートにすっかり惚れ込んでしまったので、食事会やイベントがあるたび、トップスを変えつつ今年の秋冬はこればかり履いています。 最近、それでいいかな、とやっと思えるようになりました。 デザインが入った服が好きなので「またそれ着てる」と思われたくないなあ、と数を増やして着回すことばかり考えていましたが、気に入ったものをたくさん、長く、大切に着て、好きな人に会い、好きな音楽を聴き、本を読んでる。 それが自分らしいのかな、と。▶この秋、最初の買い物はドラマチックなロングスカートでしたInstagram▶▶▶hiroko美女組No.167 hirokoのブログ
関連キーワード

RECOMMEND