働くアラフォーのためのA4通勤バッグからスペシャルコラボニットまで【ファッション人気記事ランキングトップ10】

Marisol ONLINE
※集計期間:2019年10月29日(火)〜11月11日(月)

【ファッション 1位】

【マチ広めA4派】見た目はコンパクトなのに大容量。働くアラフォーのためのバッグ
★記事はこちら


【ファッション 2位】

2019年ショートコート旋風! 軽くはおれるタイプがバリエ豊富に
★記事はこちら


【ファッション 3位】

パーカ感覚で投入できるアラフォーの強い味方。「 ニットフーディ」で大人カジュアルを更新
★記事はこちら


【ファッション 4位】

知っておいて損なし!1500円以下の2019年冬タイツ新作
★記事はこちら


【ファッション 5位】

シンプルスタイルにも映える「華やか小物」で秋のおしゃれをアップデート!
★記事はこちら


【ファッション 6位】

単品でもきれいめもカジュアルも自由自在のニットセットアップ【タイトスカートタイプ】
★記事はこちら

【ファッション 7位】

今年旬のチェック柄パンツは女っぷりコーデの“こなれ足し役”として楽しむのが大正解!
★記事はこちら


【ファッション 8位】

手に入るのはSHOP Marisolだけ!旬カラーやデザインにこだわったスペシャルコラボニット
★記事はこちら


【ファッション 9位】

秋空散歩はエフォートレスコーデでゆったりしつつも紫外線対策は怠らず【2019/11/4コーデ】
★記事はこちら


【ファッション 10位】

あったかワンツーコーデで病院へ。目深にかぶった帽子ですっぴん隠し【2019/11/10コーデ】
★記事はこちら


関連記事
  • 12/7(土)〜12/13(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!12月7日(土)土曜日はクリスマスプレゼントを探しに大人デニムで雑貨屋めぐり ★コーデの詳細はこちら >12月8日(日)ワークショップに参加する日は白×ブラウンで上品シンプルを目指して ★コーデの詳細はこちら >12月9日(月)仕事帰りに書道教室へ。コートを脱いだら年賀状レッスンに集中して ★コーデの詳細はこちら >12月10日(火)歯医者に行く日はグレーコートを肩で着流しぽかぽかロングスカートで ★コーデの詳細はこちら >12月11日(水)丸の内パレードを観覧するなら首もと冷やさないおしゃれ防寒コーデで ★コーデの詳細はこちら >12月12日(木)ヒールじゃなくても女性らしい!冬素材ならではのイエローマジック ★コーデの詳細はこちら >12月13日(金)忘年会で幹事を任された日には親睦が深まりそうな白×ラベンダーを ★コーデの詳細はこちら >☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
  • 【宝塚スターインタビュー】第11回は雪組 彩風咲奈さんです今の私を築き上げてくれた、 愛あるダメ出しと叱咤激励「宝塚ファンの母親の影響で漠然と憧れを募らせ、小学4年生のころには作文に“宝塚の男役になる”と書いて発表。一度も舞台を観たことがないのに(笑)」  初の宝塚体験は小学6年生。テレビで観た『ベルサイユのばら』に衝撃を受けたその日から、彼女の照準は宝塚の舞台に定まったまま。新人公演の主演を5回務め、本公演でも早々に大役を演じ、スター街道を突き進んできた雪組の彩風咲奈さん。今までも幅広い役を演じてきた彼女だが、最近はより貫禄のある“大人の男”が似合うように。 「昨年から今年にかけて『ファントム』で、父親役のキャリエールを務めさせていただきました。その経験は私の中でとても大きくて。宝塚でも多くのお客さまが楽しみにしている演目であり、皆さんの期待値もとても高く、銀橋(※) の名場面ではお客さまの“来るぞ!”という気持ちがこちらにも伝わってきたほど。私にとっては今までにないほどプレッシャーを感じた作品でもありました。同時に、自分と向き合い戦う毎日だったからこそ、そこに打ち勝つ力を手に入れた自分を感じているんです」  そして「それまで風に揺らいでいたものが、しっかりと地に根ざし、揺らがなくなった」と言葉を続ける。 「よく言えば自由、悪く言えば行き当たりばったり。その日の自分のコンディションや気持ち、“今日はこう演じたい”を芝居に反映させてしまうことが今まではよくありました。でもそれは時に役の芯からはずれてしまい、自己満足で終わってしまうことも。気持ちで演じるのはもちろん大切なことだけれど、積み上げてきた土台がないと、役として自由に生きることはできない。自分と向き合う中で大切なことに気づかされ、役作りのアプローチも変わりました」  早くから注目を集めてきた彼女がよく口にするのが「私一人の力ではない。多くの方々に支えられて今の自分がいる」という言葉だ。大役を目前に弱気になるたび「だったら私が代わりに演じるよ」とハッパをかけてくれた同期、叱咤激励してくれた上級生。男役として歩み始めたばかりの彩風さんを厳しく鍛え上げてくれた元雪組トップスターの水夏希さんは今も観劇のたびに“愛あるダメ出し”を届けてくれるそう。 「実は、行き当たりばったりの役作りを最初に指摘してくださったのも水さんなんです。日によって、泣ける時とそうじゃない時がある。気持ちがそこまで届かなかった理由を、どうすべきなのかを、ちゃんと考えなさいと。水さんが観客席に座る日は今も一番緊張します(笑)。同時に、本当にありがたいことだと心から感謝しているんです」  舞台で大きな羽根を背負う今も、進化することを忘れない。それは、彼女の輝きが増し続けるひとつの理由。「今までは“やってみよう!”とジャンプしていたけれど、それじゃあ届かない場所があることを知り、着実に階段を一歩一歩上がりながら目ざすようになりました。その一歩をていねいに大切にしながら、これからも成長し続ける自分でありたいと思っています」編集部注※銀橋(ぎんきょう)…宝塚大劇場、東京宝塚劇場の舞台前面、オーケストラと客席の間にある花道のような通路のこと【この記事はMarisol 2019年10月号より掲載されたものです】Profile あやかぜ・さきな●2007年、宝塚歌劇団に入団。雪組に配属。抜群のスタイル、幅広い役を演じる実力、舞台上で放つ圧倒的な存在感を武器に早くから注目を集めてきた男役スター。最近は大人の男の貫禄を備え、その輝きに磨きをかけるばかりNEXT STAGE ミュージカル・スクリーン 『ハリウッド・ゴシップ』©宝塚歌劇団チャンスに恵まれない映画スター志望のコンラッド。彼は"でっちあげのゴシップ"で念願の輝かしい道を歩き始めるが……。虚構の街と夢、人の光と闇を描くドラマティックな物語。主演:彩風咲奈 10/11〜17:KAAT神奈川芸術劇場 10/23〜31:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ宝塚歌劇公式HP>>【Marisol 10月号2019年掲載】撮影/柴田フミコ 取材・文/石井美輪
  • 人生をともに歩んでいきたい名品アイテムをご紹介。ヴィンテージをもとにリモデルされたトレンチコート、うっとりするような上品柄のスカーフ、80年代に生まれた名作コートなど、トップブランドを代表するものばかり。 バーバリーのロングトレンチコート 英国トラッドスタイルの象徴的存在をリモデルバーバリーのトレンチコートの起源は、第一次世界大戦中、英国軍を過酷な雨風から守るために開発されたもの。2018年ヴィンテージをもとにリモデルされた「ヘリテージ トレンチコート」シリーズから、今欲しい、オーバーサイズの「ウエストミンスター」をピックアップ。コート¥270000・ニット¥72000・パンツ¥130000・バッグ¥220000・靴¥165000(すべて予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー) マックスマーラの「101801」コート 極上の風合いをオーバーシルエットで気負わず1981年に作られた「101801」は、品番がそのまま名前になったアイコンコート。上質なウールカシミヤの一着は、独特の丸みがあるオーバーシルエットと優雅なドレープが特徴。コート¥395000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) エルメスの「カレ」 比類なきプリントの美しさは“使える芸術品”新作『ベルリンヌ馬車に乗って』は、世界で唯一マーブルプリントの技術を持つ「京都マーブル」のワザが生かされた一枚。75cmは、巻いたり包んだりとアレンジしやすいサイズ。スカーフ「カレ75 シルクツイル」¥135000・ニット¥177000・ピアス¥68000/エルメスジャポン(エルメス) 撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini. 〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/桐谷美玲 取材・原文/東原妙子 構成/山岸成実〈BAILA〉 撮影協力/TITLES ※BAILA2020年1月号掲載
  • BAILAの好きなコーディネートランキングで上位に入るのはやはり「あか抜けフェミニン」スタイル。スーパーバイラーズの間でも「世代・男女関係なくウケる」と、あか抜けフェミニンスタイルを支持する声多数。周りからの見られ方が変化する30代女子にとって今まさに求められているファッションなんです。 好きなコーディネートランキングの上位はいつも「あか抜けフェミニン」スタイル! 【2019年10月号 1位】ワントーンコーデは、ベージュに人気集中! ※撮影/ 渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉 【2019年2月号 1位】シンプルスタイルは、女らしさが絶対条件 ※撮影/ 岡田 潤〈BE NATURAL〉 【2019年9月号 3位】ワンピースは、いつも上位にランクイン! ※撮影/金谷章平 【2019年10月号 2位】ピンクは常に人気のカラー。淡い色みが好みの傾向に ※撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉 【2019年5月号 1位】きれい色アイテムは、ボトムで取り入れる派が多数! ※撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉 スーパーバイラーズも「あか抜けフェミニン」に共感! ◆「フェミニンだけだと抵抗がありますが、“あか抜け”となると大人でも憧れるし、チャレンジしたくなる!」阿部早織さん・34歳 ◆「フェミニンな服装をしていると彼氏とうまくいってそう、なんだか幸せそう、と言われる」神谷江礼奈さん・32歳 ◆「甘すぎると年齢的にキツいし、クールすぎると堅苦しすぎる。だから、品あり!女らしさあり!のあか抜けフェミニンスタイルがアラサーにはちょうどいいと思います」丸茂亜未さん・30歳 ◆「レースやフリルなど甘いだけの要素は最近避けるようになっています」泉ひとみさん・30歳 ◆「世代・男女関係なくウケるコーデは“あか抜けフェミニンスタイル”かと思います」田石ゆきさん・28歳 ◆「30代となると、周りからの見られ方や反応も大きく変わってくる。“あか抜けフェミニン”に含まれる要素を、いろんなシーンで求められるようになる年代になったんだな、と実感しています」中島真亜沙さん・30歳 構成・原文/磯部安伽 企画/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年1月号掲載
  • 今、世界のファッショニスタの間で人気を集めているのが、ブラックレザーのアイテム。ハードな雰囲気になりがちなレザーを、いかにエレガントに取り入れるかがポイントだ。ストリートスナップで見つけた、クールなスタイリングを参考にしよう。ブラックレザーのロングコートでハンサムにPhoto by Daniel Zuchnik/Getty Images ファッション・ディレクターのヤスミンが着たのは、ロエベのレザーコート。トレンチやウールのコートでも素敵になりそうだが、ブラックレザーを選ぶことで一気に旬のムードに。足首まであるスーパーロング丈もクールだ。白トップス&ダメージデニムのエターナルな組み合わせを、コートがモードに刷新している。総レーストップスとパールチョーカーで、エレガントにレザーを着てPhoto by Hanna Lassen/Getty Images ファッション・デザイナー兼クリエイティブ・ディレクターのマリアは、ルイ・ヴィトンでトータル・スタイリング。総レーストップスとパールチョーカーが、ブラックレザーのコート&パンツにエレガントな表情を添えて。フラワープリントのバッグも、フェミニンなムードを盛り上げる。エッジィなブラックレザー・スタイルの2人Photo by Daniel Zuchnik/Getty Images ブラックレザーでエッジィに決めた二人組。左の女性は、ハイウエストパンツの裾をブーツにイン。トレンチ風ディテールのケープコートとチェーンネックレスを合わせた。右の女性は、ベルトバッグをジャンプスーツのアクセントにして。どちらも、レザーの質感がスタイリングにリュクスな表情を与えている。白いプリーツスカートで、レザーシャツをフェミニンにPhoto by Hanna Lassen/Getty Images インフルエンサーのソフィは、黒いレザーシャツに白いプリーツスカートを合わせて。カーブを描くシャツのヘムラインや、風に揺れるスカートがフェミニンな表情だ。モノトーンスタイルの差し色にしたバーガンディレッドのバケツバッグが、モダンな印象をプラスする。型押しレザーを女性らしいシルエットのコートで和らげてPhoto by Nataliya Petrova/NurPhoto via Getty Images 型押しレザーのテーパードパンツを穿いた、スタイリストのペルニーレ。オフホワイトのタートルネックトップスとコートで、パンツのハードな印象を和らげた。ウエストシェイプされたコートとボディにフィットするトップスには、女性らしい表情も。コートとシューズはボッテガ・ヴェネタ、バッグはフェンディ。レザー切り替えのトレンチコートでシックにPhoto by Edward Berthelot/Getty Images ファッション・ディレクター兼コンサルタントのアレクサンドラが着たトレンチコートは、ロクのもの。レザー切り替えのデザインが印象的なコートに、レザーパンツを合わせた。バッグやシューズはベージュ~ブラウンのトーンでまとめ、シックに仕上げて。パステルカラーのパンツがレザーの強さを中和Photo by Edward Berthelot/Getty Images インフルエンサーのレオニーは、ボディラインにフィットするレザーのハイネックトップスを着て。フェティッシュなムードが色濃く漂うトップスに、ミントグリーンのタックパンツを合わせた。パステルトーンのパンツがトップスの強さを中和して、ぐっと優しい表情に。切り替えパンツにはミニマルなトップスをPhoto by Kirstin Sinclair/Getty Images セリーヌのパンツを穿いたモデルのマディソン。斜めに切り替えられたパンツのデザインを生かすため、トップスはミニマルなデザインのものをパンツにインしてすっきりと着た。クロスがけしたボディバッグがアクセントになっている。オールブラックスタイルのアクセントに、赤いバッグをPhoto by Vanni Bassetti/Getty Images レザージャケットでオールブラックスタイルを披露したモデル。レザーの質感で、単調になりがちなワントーンスタイルに変化をつけた。クロスがけした赤いバッグに、彼女のガーリーな個性が感じられる。膝下からかすかに広がる、ブーツカットシルエットのパンツのチョイスも今シーズンらしい。 text : Chiharu Itagaki
  • 季節の変わり目ごとにトラブルを起こしていた肌が改善Marisol 1月号が発売になりましたね!!!SHIHOさん、素敵 だいすきです コーデも素敵で真似したくなりますねー!!!もうご覧になった方も多いと思いますが、ランコムのジェニフィックがスキンケア大賞を受賞してますね 私も愛用者の一人です。 過去に少しだけランコムの美容部員をしていた時にジェニフィックと出会いました。 私、軽いアトピー性皮膚炎を持っていて、季節の変わり目は顔がカサカサになって、赤みも出てほんとにつらかったんです。 そんな私の肌も「肌を健康な状態に保ち、体力をつけてくれるジェニフィック」を使い続けるうちに、季節の変わり目が怖くなくなりました。 しっとりツヤツヤにしてくれるジェニフィック もう手放せない 9月頃リニューアルして、「美肌菌」の栄養分と新たに5成分配合されパワーアップしたそうです。(kaoritaはリニューアル時、ジャンボサイズを購入しました ) 目指せ、美肌!!! これからも頑張ります kaorita美女組No.188 kaoritaのブログ
  • 決めてたのに、、これ以上増やさないって。ついつい買い足してしまうリップ。私的ベストリップをご紹介します。ポーチは去年、shu uemuraのクリスマスコフレのノベルティでもらったもの。入りきるリップだけ入れてみました笑唇は一つ。 分かってはいるものの。 ついつい買っちゃうんです、、 季節やファッションに合わせて変えるのが好きなんです。 基本的にイエベとかブルベとか気にしないタイプ。 イエベだけど、トライしたいタイプ。 持ってるリップは割りと満遍なく使ってますが、 勝手にベストコスメ! 2019年購入した中でのリップベスト3をご紹介します♪ 1.Celvoke ディグニファイドリップス09 言わずもがなですね。 幾度となく完売状態だったこちら。 今更ながら手にいれました! やっぱり素敵:) 艶感もある、オレンジ強めのテラコッタ。 これがなんてこった。 秋ものかなーと思いきや、季節問わず使えそうなんです。 こちら同じくCelvokeのスティックチーク02と合わせて頂きました! イエローチークは肌馴染みもよく、自然。 艶っぽく見えるしテラコッタカラーと相性◎2.coel  ローズピンク大好きなヨンアちゃんプロデュース、coelのリップ。 マットとは思えない、滑らかな描き心地。 マットリップは乾燥しやすくて苦手なものも多いのですが、 これは割りと乾燥しにくい! し、もちもいいです◎ 発色もきれいなので、パッと華やかに仕上がります。 coelは3色展開ですが、どの色も華やかで素敵なんです♥3.laura mercier ルージュ エッセンシャル リップスティック06最近はまってるlaura mercier。 今月のマリソルのメイク大賞、05番狙いでしたが、 イベントで06を河北祐介さんが勧められてたので買ってみました。 coelよりもベージュよりなピンク。 保湿成分も含まれるいるので潤いもキープされます◎ナチュラルだけど上品な色味がお気に入りです。並べてみると、、どれも今年流行りのブラウンコーデやグレージュとも相性がよく、 オンオフ共に使えるので大活躍です。 他にもお気に入りはあるのですが、 今日は私的ベストコスメな3つを紹介しました! お洒落は口元から、、   --------------------------- インスタグラムもお気軽にフォロー頂けると嬉しいです♪ ご意見・ご要望もお気軽にください:) ⏩my instagram⏪美女組No.171 実果のブログ
  • スニーカー大好き♡ Marisolランチ会もスニーカーコーデでお出かけしてきました。マリソル1月号は、うれしいスニーカー特集♡ スニーカー大好き♡なわたし… 先日の新メンバーをお迎えしてのMarisolランチ会も スニーカーコーデで参加してきました。スリットパンツにコンバース合わせコーデ。 スニーカーは、コンバースALL STAR 100th モデル グリッター仕様。 このスニーカー、フラッグショップにもありました ← クリックでジャンプできますグリッタースニーカーがチラっと見えるのが自分でもたまらなくキュンと来る♡ ○っきーつながりの『かっきー』もスニーカーコーデでしたよ。二人ともシルバースニーカーだったね!デザートを手に写真撮影((´艸`*)) 久しぶりに同期のみんなとも会えてうれしかったよ♡石田編集長をはじめMarisol編集部のみなさま 素敵な会をありがとうございました。 マリソル1月号の 『スニーカー上手が冬のおしゃれを制す!』の特集 もちろん熟読中です。ランチ会の会場入り口にSHIHOちゃんが!今や綺麗目のスカートにもスニーカーの時代。 誌面のスニーカーコーデが新鮮です。 靴下やタイツ合わせなどについても 詳しく書いてあり参考になります。 誌面でSHIHOちゃんが履いているパイソン柄のコンバースが! かわい過ぎて〜… 欲しい〜… 美女組も今期で4年目 日々のこと、おしゃれのこと マイペースで自分らしく アラフォーライフをゆるっと綴っていきたいと思っています。 どうぞよろしくおねがいいたします。 みっきーでした美女組No.117みっきーのブログ
関連キーワード

RECOMMEND