働くアラフォーのためのA4通勤バッグからスペシャルコラボニットまで【ファッション人気記事ランキングトップ10】

Marisol ONLINE
※集計期間:2019年10月29日(火)〜11月11日(月)

【ファッション 1位】

【マチ広めA4派】見た目はコンパクトなのに大容量。働くアラフォーのためのバッグ
★記事はこちら


【ファッション 2位】

2019年ショートコート旋風! 軽くはおれるタイプがバリエ豊富に
★記事はこちら


【ファッション 3位】

パーカ感覚で投入できるアラフォーの強い味方。「 ニットフーディ」で大人カジュアルを更新
★記事はこちら


【ファッション 4位】

知っておいて損なし!1500円以下の2019年冬タイツ新作
★記事はこちら


【ファッション 5位】

シンプルスタイルにも映える「華やか小物」で秋のおしゃれをアップデート!
★記事はこちら


【ファッション 6位】

単品でもきれいめもカジュアルも自由自在のニットセットアップ【タイトスカートタイプ】
★記事はこちら

【ファッション 7位】

今年旬のチェック柄パンツは女っぷりコーデの“こなれ足し役”として楽しむのが大正解!
★記事はこちら


【ファッション 8位】

手に入るのはSHOP Marisolだけ!旬カラーやデザインにこだわったスペシャルコラボニット
★記事はこちら


【ファッション 9位】

秋空散歩はエフォートレスコーデでゆったりしつつも紫外線対策は怠らず【2019/11/4コーデ】
★記事はこちら


【ファッション 10位】

あったかワンツーコーデで病院へ。目深にかぶった帽子ですっぴん隠し【2019/11/10コーデ】
★記事はこちら


関連記事
  • どうする?2020−2021年の冬アウター いよいよ本格的なアウターの季節! 「新しいアイテムを迎えたいけれど、大人に似合うコート、ブルゾンってどんな……?」と迷っている方のために、LEE100人隊のおしゃれさんたちが今年購入したアウターをご紹介します♪ 1・GUのボアコート 「GUでロング丈が嬉しいボアコート買いました♡ フード付きも嬉しい。サイズは悩みに悩んでLサイズに」 「丈感も◎!いいお買い物ができました!!」 2・ひと目惚れ♡baraka baraccaのきれい色ノーカラーコート 「今年は3年ぶりにコートを買おうとは思っていたものの、まだまだ下見の段階。どんなものが理想なのか分からず、試着してもしっくりこず。ふらっと立ち寄ったお気に入りのセレクトショップで見つけたのが、ミントグリーンのコートにひと目惚れ。今年試着した中にはなかったノーカラータイプです。買う際になって知りましたがbaraka baracca という日本のブランドのものでした。私は初めて知るブランドでした」 「長めの丈が私にはちょうどいいし、すっきりとしたシルエットも好み。前を開けた時のボタンの黒が目立つところもとても好き!お袖のところには刺繍がほどこされています。ベルトは太い紐状でほかに見たことがありません。かなり高い位置にベルトがあるのでウエスト位置が高く見えてスタイルアップも♡」 3・ユニクロ+Jのカシミアブランドチェスターコート 「4年愛用したネイビーのチェスターコートを今年は買い換えたいと思っていました。宮沢りえさんが着用されているのを見てひと目惚れ♡ とーっても大人に見えて、カッコいい。届いてみたお品は想像以上で、肌触りもシルエットも上質。このクオリティで2万円代とは……コラボ様々です。少し大きめとの噂だったのでSサイズにしましたが、ぴったりでした!」 「早速着てみると(158㎝着用)、カジュアルばかりの私のクローゼットの服たちでも合わせやすい!」 4・ebureのコート 「もう何年もウールのコートを新調していなくて、40代に向けていいコートが欲しいなとぼやんと考えていました。ロンハーマンでちょっと目を引くコートがありました。すごくシンプルな形で、手触りも良く、金具がゴールドで首が丸いという好みドンピシャ!!早速、試着させてもらおうと思って店員さんがハンガーを外した瞬間、首元にebureのタグが見えて!! やばい……これは高いやつだ!と思いつつ、とりあえず試着だけでも、と思って着てみたら。……素敵じゃないですか。オーバーシルエットなので低身長な私は着られている感が多少ありつつも、軽くて暖かくて着心地が全然違う!!」 「家に帰っていろいろと服に合わせてみたのですが、ニットにスカートにスニーカーを合わせるようなカジュアルな服にも、七五三や卒園式用のフォーマルな服にも合うことが判明!!ちょうど寒くなってきたので、大活躍しそうです〜!! 10年(いや、もっと!!)、大事にしていきます」 5・THE RERACS ルーズショートモッズコート 「毎年定番で出ているこちらのコート。色はガンメタルグレー。なんだか強そうなカラー名(笑)。黒と迷いましたが、私が着ると重くなるかなぁと思い、少し柔らかいこちらの色に。実物はグレーよりもシャープで洗練されたイメージのカラーでした。他のカラーにも合わせやすそう♪ 今年はいろんな色の服や小物を取り入れたいなぁと思っています。そしてボアライナーもセットで購入。ライナーの色も同色で使いやすそうです♪ これだけでワンピースの上に着たり、他のアウターのインナーに着ても◎」 「丈はお尻がすっぽり隠れる程度。丈長めでもすっきり見えるのは、袖が長すぎないからかなぁ。絶妙なバランスです」 6・5年ぶりにエンフォルドのコート 「今年はコートは買うまい……と思っていましたが、たまたまインスタで見かけたエンフォルドのコートにやられてしまいまして。先日手元に届きました。気に入ったポイントはズバリ、コートの内側のグリーン。グレー×グリーンという配色です。写真で見たときはくすみグリーンに見えたのですが、手元に届いてみるとミントグリーンのようにも見える色でした。重くなりがちな冬のアウターですが、かといって白やパステルカラーは汚れるしな~と思ってチョイスしにくいし。そんなアウターの差し色として、袖口や、歩いた時ベンツ(というらしいです、裾のスリットが重なったような割れ目)からちらりと見えるグリーンが新鮮さを演出してくれます」 「私の冬の定番、タートルネックのニットとデニム、コンバースという組み合わせに羽織ってみました。全身地味色ながら、やっぱり袖口のグリーンが差し色として効いてくれているような気がします。袖をめくって着たかったのでサイズは38を選びました。ノーカラーなので、カーディガンのような感覚で軽く羽織ることができるのも嬉しいポイントです。グレーの他には、白、ネイビーと展開があり、白は中の配色がグレー、ボタンがグリーンととても可愛かったですよ~」 7・ひと目惚れしたENFOLDのダブルフェイスコンビネーションブルゾン 「今年こそは、コートを買うぞと思って、いろいろ検討していた時、一目みて、『欲しい~!!!』と、ひと目惚れしたコートがありました。ENFOLDのダブルフェイスコンビネーションブルゾン。メルトンウールとタフタ素材のコンビネーションになっていて、見頃と袖半分が切り替えされている感じがとってもかわいくて♡」 「着てさらに、かわいいこのブルゾン。中綿が入って、暖かいブルゾン。こういうのって、どうしても、ボリュームがあったりするけど、コンビネーションになっていることもあり、重い印象にならず」 「前後の身頃のグレーの切り替えが、デザイン的にも、かわいいんです。前下がりのシルエット。お尻はちょうど隠れるけど、後ろが長すぎないので、すわったりもしやすく、車も乗りやすい。真ん中の紐をぎゅっと絞ると、少しまた印象も変わるような。軽くて暖かいし、落ち着いた色目ということもあり、コーデも選ばなさそう。買って大満足の今年のアウターのお買い物でした」 やぱりお気に入りのコートを買うと気分が上がりますよね。100人隊のリアルなお買い物。冬おしゃれの参考にしてみてください♪
  • 富岡佳子さんがまとう冬映えする「華のある色」コーデ。カシミヤ、ウール、レザー、シルク……。素材の表情がぐっと豊かになる今こそ、色のおしゃれの楽しみ時。ワードローブを活発にし、ひときわの幸福感を呼び込んでくれる最旬の色をまとって、華やかな冬スタイルを満喫したい。 【目次】 ①シンプルニットを辛口に仕上げる「ターコイズ」カラー ②グラデーションがさわやかに決まる「ミント」カラー ③あかぬけた明るい印象の「イエロー」カラー ④素肌がワントーン明るくなる華やぎ「ラベンダー」カラー ⑤気分が明るくなるまろやかな「赤色」 ⑥エレガントな大人スタイルの「ピンク」カラー ①シンプルニットを辛口に仕上げる「ターコイズ」カラー凛々しくポジティブなターコイズ。贅沢に、少し大胆に重ねればおしゃれが確実に動きだす。ニットにカーディガンと、ウール素材のリッチな立体感に、ネックレスを幾重にもレイヤード。ターコイズのボリュームに、シルバーのきらめきがよりいっそうのこなれ感を加えて。つやめくレザーパンツの質感できりりと辛口に仕上げるのが大人の正解。カーディガン¥95,000・ニット¥80,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンツ¥165,000(マディソンブルー)・ピアス¥27,000(アグメス)/以上アパルトモン 青山店 ネックレス(ターコイズ太)¥75,000・(シルバー)¥25,000/エスケーパーズオンライン(ハルポ) ネックレス(ターコイズ 細)¥39,000/ロンハーマン(ハルポ) バッグ¥236,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ②グラデーションがさわやかに決まる「ミント」カラーシャーベットのようなミントは、さわやかな甘さと透明感が魅力。濃淡で取り入れれば、幸福感も上昇!白シャツやシルバーで光を呼び込んで、繊細なミントカラーのグラデーションをしっかりときわだたせて。   コート¥150,000/ストラスブルゴ シャツ¥39,000/エスケーパーズオンライン(ブーリエンヌ) パンツ¥26,000/サザビーリーグ(マザー) サングラス¥49,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(バートン ペレイラ) ピアス¥32,000/ショールーム セッション(マリハ) ストール¥33,000/アイネックス(アソース メレ) リング(中指)¥135,000・(薬指)¥165,000/シハラ ラボ(シハラ) バッグ¥94,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ③あかぬけた明るい印象の「イエロー」カラーマットな質感で大人顔に仕上がるイエロー。快活なだけではないこの色の洗練された魅力を堪能して。スエードタッチのマットな風合いと、マキシ丈で大人仕様に仕上げたイエローのワンピースなら、洒脱でぐっとあかぬけた印象に。王道のトレンチコートをさらりとはおれば、装いがより洗練される。   トレンチコート¥62,000/アパルトモン 青山店(リジエール) ワンピース¥79,000/コロネット(エアロン) ピアス¥21,000/ショールーム セッション(モダン ウィービング) ネックレス(コイン)¥36,000/ステディ スタディ(トムウッド) ネックレス(ボール)¥42,000/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バッグ¥385,000/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) 靴¥135,000/ロエフ 六本木店(フラテッリ ジャコメッティ) ④素肌がワントーン明るくなる華やぎ「ラベンダー」カラー可憐なラベンダーは大人の味方。控えめながら華やぎをもたらし、素肌も美しく引き立ててくれるから。繊細なラベンダーカラーでファーコートもカジュアルに。くすみを払ってくれる絶妙な色みで、素肌も印象もワントーンアップ。ふわふわの風合いが装いを小粋に仕上げ、おしゃれをぐっと広げてくれるから、リアルに頼れる。   ファーコート¥98,000/サザビーリーグ(エイチブランド) ニット¥29,000/ロエフ 六本木店(ロエフ) スカート¥42,000/アパルトモン 青山店(シャイナ モート) 帽子¥68,000/ドゥロワー 六本木店(ロック アンド コー) イヤーカフ¥17,000/ステディ スタディ(トムウッド) リング¥68,000/ショールーム セッション(ザ レタリング) バッグ¥124,000・靴¥185,000/ジミー チュウ ⑤気分が明るくなるまろやかな「赤色」こっくりと、湿度を保ったまろやかなレッド。身につければよりいっそうの品格を約束してくれる。真紅に近い濃密な赤のパンツは、今の空気感を含んだリッチな表情のシャギーニットとかけ合わせて。少しだけトラッドを意識したら、おしゃれの印象だけでなく、気持ちまでもたちまち活性化されるから不思議。   ニット¥85,000・パンツ¥65,000/ブラミンク ピアス(片耳)¥21,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) スカーフ¥10,000(ピエール ルイ マシア)・リング(薬指)¥22, 000・リング(小指)¥20,000(ともにマラ エムシーエス)・バングル¥49,000(ガブリエラ アルティガス)・バッグ¥120,000(アパルトモン)/以上アパルトモン 青山店 靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ⑥エレガントな大人スタイルの「ピンク」カラーまるで花が咲いたようなピンクは、柔らかさの中に、落ち着いた気高さとエレガンスを孕(はら)んだ、正統な大人の色。全身の温度感を上げてくれる、ほのかに赤みを含んだ美しいピンクのスカートを主役に。ミルキー、ビターと、チョコレートのようにどこか人懐っこさのあるブラウンをていねいに加えれば、ピンクのハードルも下がり、無理のないスタイリングに落ち着く。甘さだけではない、ピンクのもつエレガンスを楽しめるのも大人ならではのおしゃれの醍醐味。   コート¥290,000/ドゥロワー 日本橋店(ドゥロワー) ニット¥37,000/オーラリー スカート¥72,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥24,000/コロネット(フォルテ フォルテ) バッグ¥120,000/アパルトモン 青山店(パームグレンス) 靴¥86,000 /アマン(ペリーコ)    ▲【50代を美しくみせる「冬映えカラー」】トップに戻る>>50代コーデのお手本!富岡佳子さんの記事一覧▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/YUJI TAKEUCH(I BALLPARK) ヘア/Eiji Sat(o SIGNO) メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/富岡佳子 取材・原文/松井陽子 撮影協力/TITLES ※エクラ2020年12月号掲載
  • 私たちを輝かせてくれる「ワンピース」はオールシーズン手放せない存在。これからの季節は鮮度の高いレイヤードで、快適にさらに素敵に着こなしていきましょう。今シーズンはニットワンピースにも注目です!【目次】 ①今年はニットワンピースの当たり年!ほっこりしないがキーワード ②今シーズン買うべきレイヤード映えするワンピース ③今買って冬まで活躍する“エムセブンデイズ”のワンピース ④簡単なのにおしゃれ見え確実!はおりもの×ワンピースのワンツーコーデ ①今年はニットワンピースの当たり年!ほっこりしないがキーワードシックなデザインのニットワンピースが目立つ今シーズン。ほっこりさせず、アーバンな雰囲気で着こなして。■エムセブンデイズのブラウンニットワンピースラクチンな着心地とおしゃれ見えが両立! 体のラインを拾わないシルエットと編み方をとことん追求。胸もとに切り替えがあるから 〝のっぺり〞見えない優秀デザイン。中太のリブ編みでサイドに切り替えを入れて流れるようなフレアシルエットに。おなかや太もも部分にはゆとりがあって太って見えない! ジャケット¥138,000/エストネーション(チンクアンタ) バングル¥28,000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥13,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 靴¥53,000/フラッパーズ(ネブローニ)【Marisol 11月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/吉村友希 モデル/五明祐子 取材・文/発田美穂■ユナイテッドアローズの白ニットワンピースシーンを選ばず着られるシンプルなデザイン 可愛くて、暖かくて、着心地ラクチンなニットワンピースはマストアイテム。特別感のあるオフホワイトなら、冬のカジュアルがぐっと華やぐはず。体の線を拾わず、すっきり見える絶妙 シルエットが人気の理由。ニットワンピース¥19,000/ユナイテッドアローズ 【ALIFA】2WAYショルダーバッグ M¥23,000(ジャンニ キアリーニ)・ショートブーツ¥36,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ジャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) ピアス¥28,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(レム) スカーフ¥12,000/フラッパーズ(マニプリ)【Marisol 10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 取材・文/発田美穂■ベイジのライトグレーリブニットワンピースリブビットワンピースでつくる甘辛ミックスコーデ 動くたびに揺れるフレアが魅力のニットワンピースに、あえてテーラードジャケットとレザーのロングブーツを合わせて甘辛ミックスに仕上げて。ライトなグレーなのでモノトーン配色でも華やかな印象に。ジャケット¥58,000/ル フィル ニュウマン新宿(ル フィル) ワンピース¥43,000/オンワード樫山(ベイジ,) サングラス¥32,000/アイヴァン 7285  トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレス¥18,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥122,000/ジミー チュウ 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります■ウードのハイネックニットワンピースほっこり見えがちなニットワンピを辛口小物でシャープに仕上げて ボトムとレイヤードせず、ゴツめなアンクルブーツと楽しむスタイリングが今年は新鮮。アルパカ混の風合いが素敵な一枚を、同色のファージレでムードたっぷりに仕上げて。ワンピース¥24,000/アマン(ウード) ジレ¥135,000/サードマガジン(サードマガジン) バッグ¥38,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ブーツ¥93,000/エスケーパーズオンライン(クレジュリー) 頭に巻いたスカーフ¥28,000/スローン ネックレス¥20,000・ピアス¥57,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) 太リング(左手)¥15,000・リング(右手)¥17,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル【Marisol12月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈■ドゥロワーの黒ニットワンピースシャツとニットワンピースの洗練レイヤード 半袖タイプの黒ニットに、フリルの襟と袖口が女っぽい白シャツをレイヤード。小物は黒でまとめて、しゃれ感たっぷりのモノトーンコーデの完成!シャツ¥30,000(サルヴァトーレ・ピッコロ)・ワンピース¥75,000(ドゥロワー)/ドゥロワー 六本木店 パンツ¥15,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 靴¥93,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ネックレス¥42,000・三連イヤカフ(右耳)¥19,000・楕円イヤカフ(左耳)¥18,000・リング(左手)¥30,000・(右手)¥63,000/マリハ(マリハ)【Marisol10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物)ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/小濱なつき②今シーズン買うべきレイヤード映えするワンピースデニムやレギンスなどのボトムレイヤードは完全復活。さらに下にトップスを仕込むだけでなく、ワンピの上からトップスをかぶるスカート風のレイヤードまで登場し、もはやワンピースのコーディネートにNGはなし!ひと目惚れした最新ワンピはもちろん、クローゼットに眠る手持ちワンピも、あれこれ重ねて、新しい着こなしを見つけよう。■タートル&ロングブーツを仕込んでキャミワンピをシーズンレスにツヤとしなやかな落ち感が魅力のキャミワンピースは、まさに「重ね着前提」のアイテム。夏場はTシャツを着て肌の露出を調整していたけれど、秋はやっぱりタートルニットの出番! 人気復活のロングブーツと合わせて、クラシカルな気分を満喫して。 ワンピース/下と同じ ニット¥25,000/スローン ネックレス¥57,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) ストール¥62,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン) バッグ¥40,000/フレームワーク 自由が丘店(キーツ) 靴¥68,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ロランス)ツヤのあるキャミワンピは、全体的にマット素材が増える秋冬にこそ重宝! ワンピース¥24,000/カオス表参道(カオス)■ボヘミアンテイストをデニムレイヤードで後押しカジュアル派好みの、ヴィンテージライクなエスニック柄ワンピース。一枚で着るのももちろん可愛いけど、色落ちデニムを重ねるとボヘミアンムードがアップ! 白のレザーかごやショートブーツで、テイストをリフレインさせて。 ワンピース/下と同じ コート¥160,000・デニムパンツ¥45,000/マディソンブルー イヤリング¥17,000/アッシュ・ペー・フランス(クロディーヌ・ヴィトリー) ネックレス¥21,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ローラ ロンバルディ) バッグ¥65,000/アルファ PR(アエタ) 靴¥72,000/カオス表参道(ペリーコ)  ワンピース¥67,000/ブランドニュース(シー ニューヨーク)■華やかなドレスをデイリーに着るテクニック「パーティにもデイリーにも着られるワンピース」。そう聞くと、ひと昔前は結局「どっちつかず」というイメージだったけど、今は違う! 美しいレースをたっぷり使ったとびきりドラマティックな一枚を、上からざっくりニットをかぶることで難なくカジュアルダウンすることができてしまう。レギンスも仕込めばさらに完璧!  ワンピース/下と同じ ニット¥64,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンツ¥210,000/マディソンブルー バッグ¥98,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)ワンピース¥150,000/ロンハーマン(エブール  フォー ロンハーマン)【Marisol10月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/徳原文子  モデル/竹下玲奈③今買って冬まで活躍する“エムセブンデイズ”のワンピース一枚で着てもキマッて、レイヤード次第で真冬まで使える主役ワンピースをリストアップ。レイヤードテクを参考に、冬までとことん楽しもう。 ■ニュアンスカラー柄ワンピース今着るなら…大人に似合う上品なくすみ色プリント スモーキーピンクがアクセントになった、アラフォーが着こなしやすい柄とニュアンスカラーのプリントを厳選。腰の高い位置にウエストゴムが入っているから、簡単にメリハリシルエットが完成する。 ワンピース¥20,000/エムセブンデイズ ピアス¥29,000/アガット バッグ¥49,000/三喜商事(コチネレ) 靴¥38,000/essence ofANAYI(ファビオ ルスコーニ フォー アナイ)冬は…ワンピの可能性が広がるニットレイヤード ニットをワンピースの上に着ることで、がらりとイメージチェンジ。特に冬はダークカラーが増えるので、女性らしいスタイリングに華やかなプリントアイテムは欠かせない。ロングブーツでトレンドの足もとに。ワンピース¥20,000/エムセブンデイズ ニット¥29,000/ティッカ ブーツ¥78,000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ/スタイリスト私物 ■バンドカラーとろみワンピース今着るなら…キレのよさとゆるシルエットの絶妙バランスが魅力 さらっと肌離れのよい素材を使用し、季節を問わず快適。ワンピース¥18,000/エムセブンデイズ パンプス【ALMOND TOE 6.5㎝(METRO)】¥51,000/SHOP Marisol(ペリーコ) バングル¥10,000/アルアバイル(フィリップ・オーディベール) 時計¥266,000/スウォッチ グループ ジャパン(ハミルトン) バッグ¥75,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) サングラス/スタイリスト私物冬は…タートルニットをインして冬スタイルを軽やかに ゆったりシルエットだからレイヤードも思いのまま。真冬まで長く愛用できる。ワンピース¥18,000/エムセブンデイズ コート¥250,000/チンクワンタ ニット¥27,000/ティッカ バッグ¥39,000/メアリ・オル・ターナ 靴¥24,000/essence of ANAY(I ファビオ ルスコーニ フォー アナイ)【Marisol 10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 取材・文/発田美穂④簡単なのにおしゃれ見え!はおりもの×ワンピースのワンツーコーデ■ジャケット×シフォンワンピースコーデ風に揺れるワンピが、スエードのブーツで一気に秋冬仕様に シフォン素材の透け感や女らしさを全身で楽しめるワンピースを、春夏シーズンだけに閉じ込めておくのはもったいない。秋ならビッグシルエットのカジュアルジャケット、冬になったらコートをはおり、そして、足もとにはスエードのロングブーツ。今シーズンらしいボヘミアンテイストを、異素材ミックスでエンジョイして。ワンピース(ペチコート、ベルトつき)¥70,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(リュンヌ) ジャケット¥65,000/マディソンブルー バッグ¥58,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里  構成・文/磯部安伽■MA-1ブルゾン×ロングワンピースエレガントなニットワンピースをハンサムにシフト どこかゆるっとしたムードのあるオーバーサイズのツヤブルゾンは、実は甘口好きにもおすすめ。ふわりと広がるギャザーワンピースの印象をハンサム方向に引き寄せながら、メリハリシルエットをつくって。ブルゾン¥30,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ボート メイク ニュー クローズ) ワンピース¥31,000/カレンソロジー新宿店(カレンソロジー) ネックレス¥18,000・ピアス¥29,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥66,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥138,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)【Marisol12月号2020年掲載】撮影/小川健太郎(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹内友梨■ノーカラーのツヤブルゾン×T型ワンピースコーデノーカラーのツヤブルゾンがシンプルなTワンピをこなれて見せる くしゅっとまくった袖や、肩からすそにかけてゆるやかな曲線を描くフォルムが、マキシ丈のTワンピに立体感を与えてくれる。顔映りのよいツヤ素材効果で、スニーカー合わせのカジュアルコーデをきれいめに寄せて。ブルゾン¥32,000/ピーチ(ミューニック) ワンピース¥19,000/エイトン青山(エイトン) サングラス¥39,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ネックレス(短)¥22,000・(長)¥29,000/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バッグ¥48,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥78,000/ジミー チュウ【Marisol10月号2020年掲載】撮影/西崎博哉(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE(nude./佐田さん)スタイリスト/石毛のりえ■ロングカーディガン×ツヤ感ワンピースコーデロングカーデでこなれ感を演出 布帛(ふはく)のワンピースに、あえて透け感カーデをレイヤード。薄手のアイテム同士を重ねることで生まれる繊細な奥行きが、上質な女らしさにつながる。カーディガン¥28,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ワンピース¥31,000(プラージュ)・ブーツ¥82,000(ネブローニ)/プラージュ 代官山店 バッグ¥32,000/マルティニーク ルコントルミネ有楽町店(アニタ ビラルディ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) 帽子¥14,000/メゾンドリリス コインネックレス¥15,000/ジェンマ アルス(アルス) ブレスレット¥11,000/アクアガール渋谷(ベンアミュー)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 取材・文/発田美穂 ■ガウンコート×ドゥロワーの小花柄ツヤワンピースロングコートからのぞくワンピースのツヤ感がとびきりセンシュアル華やかさと上品さが兼ね備わったサテン素材の小花柄ワンピースにはおったのは、ウール素材のガウンコート。素材感の違いに、メンズライクなムードのあるコートとの甘辛の対比が加わって、シンプルな着こなしながらも奥行きとニュアンスたっぷりのコーディネートに。ワンピース¥160,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) コート¥160,000/エイトン青山(エイトン) ターバン¥5,800/メゾンドリリス ピアス¥52,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥99,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 構成・文/磯部安伽■ニュアンスカラーのロングコート×サクラのドット柄ワンピースコーデドット柄をニュアンスカラーで引立てて レトロシックなドット柄のワンピースにゆったりシルエットのコートをざっくりはおって、今どきの抜け感をつくって。足元はトレンドのローファーでコーデを引き締める。コート¥67,000/カオス ワンピース¥36,000/サクラ 【復刻】HAPPY PLUS STORE限定販売 ドット柄ワンピース¥36,000/SHOP Marisol(サクラ) メガネ¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥28,000/レム 靴¥34,000/GMT(ジャラン スリウァヤ) バッグ/スタイリスト私物 【Marisol 10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 取材・文/発田美穂■ダブルのジャケット×エブールのレースワンピースコーデレースの甘さをダブルのジャケットで程よくクールダウン ディテールまで凝ったつくりの艶めくレースワンピースに、マニッシュなダブルジャケットをさらりとはおる。素材とテイストのコントラストを楽しみながら着こなせるのは、年齢を重ねて成熟した大人だからこそ。ワンピース¥150,000・ジャケット(共布ベルトつき)¥66,000/ebure ショルダーバッグ¥58,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) リング¥155,000/マリハ 伊勢丹新宿本店(マリハ)【Marisol10月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂 撮影協力/スタジオ バスティーユ■MA-1×白のティアードワンピースフェミニンなワンピースはミリタリーで甘さを調節 白のティアードワンピースの下にワイドデニムをレイヤード。ミリタリージャケットとカットオフのデニムでワンピースの甘さをほどよくマイナスして。フェミニンなボヘミアンスタイルを完成。パンツ¥44,000/プラージュ 代官山店(リ ダーン) ジャケット¥64,000/アパルトモン 青山店(シュタンバウム) ワンピース¥65,000/サザビーリーグ(マーレット) タイツ¥4,000/エブールギンザシックス(ブルーフォレ) ピアス¥24,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 青山店(モダン ウィービング) バッグ¥40,500/CPR トウキョウ(アニタ ビラルディ) 靴¥25,000/フラッパーズ(スペルタ)撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹下玲奈 構成・文/磯部安伽■ベージュのジャケット×ブラウンのニットワンピース重めのニットワンピースはベージュのジャケットで抜け感をプラス 明るいベージュのジャケットをはおることで、こっくりとしたカラーのニットワンピース&ブーツスタイルも軽やかな着こなしに。ジャケット¥70,000/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ニットワンピース¥42,000/デミルクス ビームス 新宿(ロベルト コリーナ) バッグ¥132,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) メガネ¥40,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ブーツ¥41,000/TOMORROWLAND(ファビオ ルスコーニ) リング¥12,000・バングル¥13,000/アルティーダ ウード(アルティーダ ウード) 【Marisol10月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈■グレーのノーカラージャケット×ベージュのドット柄ワンピースコーデベージュとグレーの配色で一気におしゃれ見え! ディテールがフェミニンだから、こんなドットワンピースとも好相性。ニュアンスカラー同士の合わせも、色調が合っているのでしっくりなじむ。ジャケット¥28,000/エムセブンデイズ ワンピース¥36,000/サクラ バッグ【コンボ】¥32,000(トフ&ロードストーン)・ショートブーツ¥72,000(ペリーコ)/SHOP Marisol ピアス¥3,800/ジューシーロック 撮影/酒井貴生(aosora/人物)魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) スタイリスト/松村純子 モデル/五明祐子 取材・文/発田美穂 ▼あわせて読みたい
  • 久しぶりにトレンドに戻ってき素材感のあるターバン。実は大人の女性も取り入れやすいターバンで、カジュアル化するコーディネートにひとひねり。Turban/ターバン 顔まわりを自然に盛り上げてくれる、ボリューミーなヘアターバン。髪色になじませるのもひとつ。 スカーフ感覚で取り入れられる幅広タイプ。伸縮性の高い生地で締めつけ感がなく、ノンストレスなのもうれしい。 ターバン¥5,800/アルアバイル(メゾンドリリス) ニット¥43,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) インに着たキャミドレス¥23,000/RHC ロンハーマン(RHC) ボールチェーンネックレス¥22,000・ネックレス¥35,000/マリハ バッグ¥64,000/ドレステリア 新宿店(メゾン ボワネ) 靴¥17,000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)  VARIATION 温かみのあるリネンウールのターバンは冬カジュアルにマッチするノマディックなムード。¥8,300/メゾンドリリス髪にも肌にもいい上質なシルクを使用。後ろ部分はゴムで使いやすい。¥6,500(在庫なくなりしだい終了)/CANOÈ ゆるっとラフにまとめたヘアスタイルに同系色のレオパード柄がしゃれ見え。¥6,300/メゾンドリリス ほかのターバンを見る【SHOP Marisol】▶【Marisol12月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/Dai Michishita メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/RINA 取材・文/陶山真知子
  • BAILAエディターズのリレー式コラム、第202回目は、冷えもむくみもだるさにも効果絶大!冬の必需品eume(イウミー)のめぐりソックスをご紹介。 冷えもむくみもだるさにも!効果絶大【eume】のめぐりソックス 段々と冬が近づいて寒さが厳しくなってきましたね〜。来週にはもう12月。2020年、秒で過ぎてく…! この季節になると、末端冷え性のスガコ、足の冷たさに拍車がかかるわ、夕方には脚がパンパンだわで、もう散々。対策を取らずには、夜もすこやかに眠れません。そんな私が昨年出会ったのが、eumeのめぐりソックス。ダイエット美容家として活躍する本島彩帆里さんのオリジナルブランドの着圧靴下なのですが、これが本当に気持ちいい・あったかい・スッキリすると三拍子揃った素晴らしさ!!!  取材でお会いした際にありがたくもいただいてから、追加購入して毎日ローテーションです。これなしでは冬は越せない。まじで。 苦しすぎず、緩すぎず。寝ている間も快適な「圧」 これが実際のソックス本体。「おやすみ専用着圧設計」と謳われているのも納得の心地よさ。ずるずるするのも嫌だけど、締め付け過ぎて苦しくなるのも嫌じゃないですか。そういう不快感は全然なくて、朝起きると、確実にスッキリ。疲労感やだるさも楽になっているのが実感できるんです。おやすみ専用だけど、リモートワークの時は日中も履いてます。快適です。それに何より、「光電子繊維」ですよ。自分の体温を利用して体を保温してくれる素材で、遠赤外線効果もあるんだとか。これがね〜〜〜〜本当にあったかい。冷え性がキツくない人にとっては、冬場以外は使いたくないって思ってしまうかも知れないくらいにあったかいんです。冷え性スガコにとってはもう、手放せない必需品です。 肌触りも心地よいメイドインジャパン☆ その上、安心・安全なメイドインジャパン。実際肌触りも心地よくて、履いていて嫌な感じが全然ないんですよね。使い続けるうちに毛玉というか、もけもけが少し出てきてはしまうのですが、ネイビーだからそんなに目立たないと思います(私個人は全く気になりません笑)。あ!ちなみに光電子繊維の遠赤外線効果は、洗濯しても失われないそうです。ありがたや〜。毎日履いて過ごしたいので、私は2足をローテーションして使っています。脚冷え・脚だる仲間さんには、ぜひこの心地よさを味わっていただきたい。ちなみにですが、eumeには同じラインの腹巻きやタイツなどもあるので、ニーズに合わせて揃えられるのもポイント高いです。私はネックフェイスマスクとはらまきパンツを狙ってます!(編集スガコ)
  • 手持ち服の魅力を最大限に生かすなら、全身シルエットのバランスが要。そこでマスターすれば即"似合う"につながる、I・A・X・Yの4つのラインの作り方を解説。決まったコーデになりがちな旬アイテムも、他のシルエットで着てみると新鮮に見える!縦を意識すれば今っぽさも着やせも完璧!定番モノトーンも縦強調スニーカーでもバランスよく センタープレスがしっかりきいたパンツでIライン作りを。帽子やショルダーバッグを足して視線を上に集める小ワザもきかせて。 ニット¥38000/1LDK(ユニバーサル プロダクツ) パンツ¥6000/アダストリア(ヘザー) 帽子¥5400/OVERRIDE 神宮前店 イヤリング¥1500/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥5990/ロコンド(MANGO) 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンター色も素材も上下つながるセットアップをまず一つ! テクなしでIラインが完成。セットアップ以外の色みは控えめがおすすめ。 ジャケット¥3990・スカート¥3990/アース ミュージック&エコロジー トーキョー 東京ソラマチ(アース ミュージック&エコロジー ナチュラル レーベル) カットソー¥9000/グーニー PR(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア) カチューシャ¥1100/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥7500/キャセリーニ タイツ¥1000/Blondoll 新丸の内ビル店(17℃) 靴¥23000/プーオフィス(クレマン)モデル/新木優子 西野七瀬 岡本夏美 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/鈴木海希子(優子) 河嶋希(io・七瀬、夏美) スタイリスト/高野麻子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 時短!パッと着るだけでサマになる!お役立ちアイテム。こんにちは(^-^)ともみゆです。 いつもご覧くださりありがとうございます! 本日ご紹介するのはこちら。 fifth(フィフス) マシュマロタッチVネックニット グリーン Mサイズ 4,890円 (さっきサイト見たら60%OFFクーポン出てました!!) 落ち着いたくすみグリーンと、縦に走った編み地がオシャレ♡ 緩やかなVネックで首元がスッキリ!ゆるっとしたサイジングで、お尻をカバー。 着るだけでサマになるのでコーデ要らず、時短です!全身だとこのような感じになります。 ボトムはグレーデニム。 足元はカジュアルになり過ぎないよう、 グレージュのヒールパンプスを合わせました。コートは淡いベージュのコート。 ダークトーンに偏りががちな冬コーデを華やかにしてくれます!それでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました! Instagramフォロワー数9.6万人突破! ほぼ毎日コーデ更新中。 インスタグラムはこちらから。 ↓ ↓ ↓◆tomomiyu◆大人のプチプラmixコーデ◆美女組No.163 tomomiyuのブログ
  • フェミニンな着こなしにぴったりなオフホワイトの女っぷり漂うロングコート今月中に今の家を出なくてはならないということで、新居探しは苦戦したけれど、最近はホテル感覚でマンスリーマンションを契約できるのだと知り、とりあえず会社から徒歩5分の場所に決定。これなら公共交通機関を使わなくても徒歩で行けて便利なはず。優しく淡いベージュ色のコートが、冬のダークカラーなお仕事服をも華やかに演出。身頃とアームに適度なゆとりがあり、ニットをインしてもすっきり着こなせる。私も心にゆとりを持てる一人暮らし始めよう。コート¥33,000(エムセブンデイズ・商品コード:374739)・スカート¥29,000(サクラ・商品コード:371686)・バックジップショートブーツ¥72,000(ペリーコ・商品コード:356056)/SHOP Marisol トップス¥25,000/スローン メガネ¥33,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ/スタイリスト私物撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/吉村友希 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「コート」を使ったコーデの関連記事もチェック
関連キーワード

RECOMMEND