旬のブラウンとも好相性!ネイビーが人気【2019年冬注目トレンド】

Marisol ONLINE

リアルマリソル世代のプロたちが、綿密なリサーチと試行錯誤を経て選び抜いた、自腹のショッピングリストを大公開。


■旬のブラウンとも好相性!意外にもネイビー が人気!

みんなが買った定番色は「ネイビー」という声、多数! 流行のブラウンと相性抜群な点も、人気を集めた理由。

「久しぶりにネイビーに立ち戻りたくて、今年らしいボトルネックのゆるっとニットに更新」(マリソル 編集長イシダ)。

ニット¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) シャツ¥27,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥20,000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) メガネ¥27,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥154,000/アパルトモン 神戸店(ザンケッティ) 靴¥78,000/カオス丸の内(プロエンザ スクーラー)

「軽くて暖かいウールフリース素材。ショールカラーのガウンタイプで何にでもはおれる」(マリソル 編集Y本)。コート¥79,000/エイトン青山(エイトン)


「インナーダウンにもできるほど薄くて軽い! シャイニーな素材できれいめに着られる」(マリソル 編集K松)。ジャケット¥40,000/グリフィンインターナショナル(ピレネックス)


「ウール100%とは思えない、しなやかで透け感のあるリブ。Aラインが腰まわりをカバー」(マリソル 副編集長SGUR)。ニット¥31,000/トヨダトレーディング プレスルーム(チルコロ1901)


「ほかにはない深いネイビーの色みが素敵!憧れの一足です」(スタイリスト池田メグミさん)。靴¥107,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

【Marisol12月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/須藤由美
ひと足先に展示会をめぐって、今季のトレンドチェックに余念がないスタイリスト&エディターに徹底取材。「ずばり、この秋の注目アイテムは?」大アンケート調査の結果から見えてきた、マストトレンドをピックアップ!
ひと足先に展示会をめぐって、今季のトレンドチェックに余念がないスタイリスト&エディターに徹底取材。「ずばり、この秋の注目アイテムは?」大アンケート調査の結果から見えてきた、マストトレンドをピックアップ!
ひと足先に展示会をめぐって、今季のトレンドチェックに余念がないスタイリスト&エディターに徹底取材。「ずばり、この秋の注目アイテムは?」大アンケート調査の結果から見えてきた、マストトレンドをピックアップ!
これまでになかったようなカラフルな配色が多い、今年のチェック柄。インパクトのあるアイテムでコーディネートを更新して。
関連記事
  • 今年もあと3週間ですね。お尻に火がつかないと動かないタイプで、毎年あたふたするのが年末のギフト選び。家族用や自分用(!)も大いに悩ましいのですが、ちょっとしたお礼やプレゼント交換(私の周りではあるんです……!)用のプチギフトもまた然り。私調べですが、2,000円以内くらいなら気軽に受け取ってもらえ、気に入ったらリピートもしやすいかな、と思っていて。師走の一週目、今年の候補を探してみました。まずは真鍮の生活用品ブランド、FUTAGAMIのボトルオープナー「Eclipse」。最近、モダンなデザインの国産プロダクトが気になっており(去年は富山の鋳物メーカー、能作の錫製の小皿にしました)、Eclipseはパッと見で栓抜きとは思えないミニマルなデザイン、真鍮の控えめな輝きで、キッチンカウンターにさりげなく置いてあっても素敵そう。こちらはA.P.C.日比谷店で期間限定展開されているコンセプトストア「Magasin Général」で購入しました。実はプレスリリースで見たときから気になっていたアイテムなのですが、幅77.5mmで想像より少し大きめでした。こちらはお酒好きの友人に。2つめはパリの総合美容薬局、オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーの「フゥイユ・ドゥ・サヴォン」。名前の通り、紙石鹸です。この季節、手洗いは大事ですよね。ビュリーといえば、エディターASADAと同じく私も「アラバストル」の大ファンで、ヨーロッパの石造りの教会を思わせる「サクル」の香りを愛用していますが、今回は携帯に便利でパッケージにもこだわりがあり、価格もお手頃な紙石鹸を選びました。これは使う人を選ばなそうなので、プレゼント交換用かな、と。最後は、野生の植物をそのままの形で乾燥させた、ル・ベネフィックの「スルタン ソリマン ハーブティー」。ラベンダーフラワー、ラベンダー、リンデン、マウンテンセージ、タイム、カモミールの6種入り、産地はトルコです。人に薦める前に試飲してみたのですが、ドライフラワーのように可愛らしく、パッケージを破った瞬間に爽やかな香りが広がり、寝る前のひとときを思わずリラックスして過ごせました(笑)。冷え性の母への贈りものとしてカシミアソックスを用意しているので、ハーブティーを添えた“あったかセット”もいいかも!白状すると、ドタバタしつつで吟味に吟味を重ねた、というわけではないのですが、そもそも私は世の中の素敵なものたちの魅力をお伝えし続けるエディター。来年のことはまた来年考えよう、ということで、今年のプチギフトはこれらに決定!ギフトを探している人はぜひチェックを! >>あの人に! 自分にも! とっておきのギフト >>mirabella GIFT【シーン別に贈る厳選ギフト】 >>あの人の魅力に寄り添う、美をシェアするギフト・プラン >>秋の夜長に「もなカービィ」 #深夜のこっそり話 #1183 >>マイクロ(じゃないと信じたい )トレンド追っかけ中 #深夜のこっそり話 #1169 >>まだまだ続く、大人の自由研究 #深夜のこっそり話 #1149 1,000円という手頃な値段!香りは3種類から選べます。こちらは、フレッシュなバラを思わせる「ローズ・ドゥ・ダマス」。ルーブル美術館とのコラボレーションラインにも、8種類の「フゥイユ・ドゥ・サヴォン」があるようです。KITTE丸の内の薫玉堂で購入。1,500円。トルコ産、フランス産でそれぞれ価格が異なります。2,000円縛りを設けたため、今回は6種セットのトルコ産をチョイス。香りが豊かなので、それぞれ個包装になっています。試飲したのはラベンダーフラワー。お湯を注ぐと芳しい香りが広がり、お湯の色がブルーに変化! クリアなティーカップを持っていなかったのが残念。
  • 全国のモア世代女子は何が好き? 何してる? そんな疑問から生まれたのがこの『あなたのアフター6、連れてって』企画! MORE編集スタッフが、飲み代を握りしめ、日本全国の女子会に潜入します!コバルトブルーの海と空の下で育った天真爛漫で、しっかり者の沖縄女子! 「沖縄県那覇市」の女子会に潜入♡■県庁所在地:那覇市 ●人口:145.3万人 ●ご当地グルメ:ソーキそば、サーターアンダギー ●出身有名人:新垣結衣、満島ひかり、黒島結菜 ●ヘビロテ方言:だからさ(そうだよね!)【おすすめ女子会SPOT】『green park』厳選された食材を用いた、前菜の盛り合わせにパスタと、どれも絶品! こだわりのワインと一緒に。◆沖縄県那覇市久茂地2の16の6 ☎098・861・0208 12:00〜15:00〈LO〉、18:00〜23:00〈LO〉 休/日曜、祝日今回 『green park』 で、編集スタッフと女子会したのは彼女達♡(左)渡口亜衣里さん(29歳・会社員)、(中)山城宰花さん(29歳・アパレル)、(右)大城綾菜さん(29歳・金融)地元女子は共感の嵐!? ご当地女子に聞いた「沖縄OLあるある」【1】ちんすこうは、『新垣ちんすこう本舗』「あまたあるちんすこうの中でも、おみやげに買うなら絶対に『新垣ちんすこう本舗』が正解! 地元民からも支持が厚いです。ホロッとやわらかさがあり、絶妙な甘みが魅力の逸品」(山城さん)【2】泡盛のコーヒー割りがスタンダード!?「最近、人気の泡盛の飲み方は、コーヒー割り! 泡盛独特の香りが緩和されて、とっても飲みやすい。ゴクゴクと飲めてしまうので、飲みすぎないように気をつける必要ありです(笑)」(渡口さん) 【3】夜遅くまでショッピングができる!「観光業が盛んな沖縄は、遅くまで開いている商業施設が多く、仕事終わりでもゆっくりと買物ができます。本土に遊びにいった時、だいたい21時にお店が閉まることに驚きました!」(渡口さん)【沖縄OLイチ押し!】よく行くSPOTは、『瀬長島ウミカジテラス』『やちむんの里 楓千夢』『なかむらそば』![ DATE ]地中海を彷彿とさせるリゾートテラス『瀬長島ウミカジテラス』話題のレストランやショップが立ち並ぶ。「海がすぐ目の前に広がる、テラス席がイチ押し。沖縄の名物グルメを食べながら美しいサンセットを楽しむことができます」(渡口さん)。◆沖縄県豊見城市瀬長174の6 ☎098・851・7446 ■https://www.umikajiterrace.com[ SHOPPING ]沖縄各地から集結! 運命のひと皿に出合う『やちむんの里 楓千夢』沖縄の言葉で焼き物を意味する、「やちむん」の工房が軒を連ねる『やちむんの里』内にあるショップ。「おみやげに最適な箸置から、食卓を華やかにするひと皿まで、モダンなデザインの陶器が勢ぞろい」(大城さん)。◆沖縄県中頭郡読谷村座喜味2677の3 ☎098・800・2528[ FOOD ]大行列必至! 沖縄のそばを堪能する『なかむらそば』「麺にもアーサが練り込まれた名物『アーサそば』を求めて遠方から来る人も。一度食べたら忘れられない味。『オリオンビール』と一緒に味わうのが◎」(山城さん)。◆沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣1669の1 ☎098・966・8005 ■https://www.ii-okinawa.ne.jp/people/menmen/ご当地OLのファッションや、女子会の詳しい様子を雑誌でチェック!雑誌MOREでは、ご当地OLのリアルに迫る企画を毎号掲載中! 本誌では、リアルな女子会トークや、人気のファッションスタイルなど、さらに様々な情報を毎号お届け。この記事と合わせて、ぜひともご覧あれ♪▶▶▶これまでの「ニッポン全国ご当地OLのリアルな生態リサーチ」記事はこちら ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/海渡理恵 撮影/冨樫実和 イラスト/平松昭子 写真提供/© 沖縄観光コンベンションビューロー
  • エルメス好きな美女組の先輩方と、銀座の超高級フレンチへ!夢のようなひと時でした^ - ^こんにちは、らんです。 今回のエルメスのめくるめく世界は、エルメス好きな美女組先輩方とのランチ会について語りたいと思います^ - ^ステキな先輩方のケリー28と自分のバーキン25先日ご卒業された、元美女組のmarie noelさんから「今度エルメス会しませんか?」と、何とも嬉しいお誘いをいただき、「是非是非!」と速攻で返信しました! 美女組の先輩、カキノキさんもいらっしゃるとのこと。 お二方ともお会いした事がなく、今までマリソルブログを拝読し、「お会いしたい!」と密かに想っていた方々だったので、とっても楽しみにしていました! そして、いよいよランチ当日...!先輩方のコーデは美しく、レアなケリーバッグとのバランスもとてもステキでした☆ステキなお2人に、初めてお目にかかりました! お2人とも、手に職を持つ才女、そして、オシャレで美しく、エルメス好き♡ ランチ会だったのですが、実は待ち合わせは、都内某所のエルメス店舗。エルメス店舗であれやこれや語りながら、ばっちり2時間過ごした後に、marie noelさんの行きつけの、銀座の高級フレンチ、L’OSIERロオジエへ。 サービスも素晴らしく、お料理も全て味わい深く、夢のようなひと時を堪能させていただきました^ - ^ロオジエはこちら♡エルメスの話はもちろんのこと、お仕事やプライベートについて話していたら、さらにあっという間に3時間が経過...。 それぞれが時間に制限があったため、名残惜しかったのですが、また次回も是非!とお約束して、解散と相成りました。 この素敵なエルメス会も、マリソル美女組で頂いたご縁です☆ 先輩方、同期、そして新しく美女組に入られた方々も、皆さん美しく聡明で、「自分も頑張ろう」と励みになります。 「アラフォーはまだまだ翼を広げられる」 皆様との出会いに感謝の気持ちでいっぱいです^ - ^ これからも、どうぞよろしくお願いいたします!先日行われた、マリソル美女組のキックオフパーティーで同期と♡美女組No.151 らんのブログ
  • 人気スタイリスト 大草直子さんと最愛の夫 チャーリーさんの休日コーデをパパラッチ。さりげないリンクコーデを意識して、相手を思っておしゃれをすることを大切に。おしゃれを通じて、パートナーとのコミュニケーションを楽しんで。【目次】 ・大草直子の休日ファッションコーデ① ショッピング&ランチ ・大草直子の休日ファッションコーデ② 車で旅行 ・大草直子の休日ファッションコーデ③ ディナー ・大草直子の休日ファッションコーデ④ 父母としてのお出かけ ・大草直子の休日ファッションコーデ⑤ 自宅でくつろぐ時間スタイリスト 大草直子スタイリスト 大草直子おおくさ なおこ。webマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、カタログを中心にスタイリングを行うかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。’19年4月には新しい個人メディア『AMARC』をスタート。 近著『大草直子のSTYLING&IDEA』(講談社)ほかInstagramも人気。相手を思っておしゃれをする。その時間から楽しんでいます「ヴェネズエラ人の夫・チャーリーと出会ったのは、18歳の長女が4歳だったころのこと。当時の私は離婚も経験し、子育てしながらエディター&スタイリストとしてキャリアを築こうとしている最中でした。彼と過ごすうちに、インターナショナルなおしゃれがいいとか、かっこいいほうがいいとか、それまで感じてきたことにくっきりと輪郭ができ、スタイリングの軸が明確になりました。一緒に出かけるときは、私が洋服を選ぶのを見てから彼が自分の服を決めるんです。男性はシックな引き立て役で、女性が華やぐように装う。そんな彼の中の欧米的な洋服文化はやっぱり素敵だなって思います。似合っていれば“That’s so sexy!”とか“You’re so beautiful!”と心からほめてくれますし、違和感があれば“It’s not you.”と客観的にいってくれるのもうれしいですね。おしゃれをして出かけることは“いかにこの時間を楽しみにしていたか”ということの表れで、大事なコミュニケーションでもあるんですよね。相手への敬意でありマナーだから、ずっと大切にしたいなって思っています」 大草直子の休日ファッションコーデ① ショッピング&ランチ「お買い物に行くときは、あくまでも“自分のまま”で。おめかししすぎてしまうと、気持ちのスイッチも違うところに入ってしまうから、ふだんの自分に近いスタイリングで出かけます。私はバニラ色のポンチョを、チャーリーはカーキのアウターを装いのアウトラインに。デニムをリンクさせているのですが同じ色だと恥ずかしいので(笑)、あえて色調は変えています。ポンチョの白と夫のスニーカーの白が対角線上にくる、そのくらいのリンク感がさりげなくて大人にはちょうどいいんです」 【大草さん】ポンチョ¥43,000/ジュンカスタマーセンター(ロペ) ニット¥26,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥14,000(マルシェ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 デニムパンツ¥25,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥77,000・リング(右手)¥160,000/マリハ伊勢丹新宿店(マリハ) ネックレスチェーン¥13,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) リング(左手人さし指 指先から)¥148,000・¥160,000/マリハ(マリハ) 靴¥74,000/アマン(ペリーコ) 【チャーリーさん】ジャケット¥78,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ニット¥30,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ニットの中に着たTシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル(細)¥18,000・(中細)¥30,000/アダワット トゥアレグ(アダワット トゥアレグ) 時計¥2,400,000/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター(パテック フィリップ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) リング/私物 ”トーンを変えてデニムをリンクさせます””ジュエリーは“男”と“女”を表現するものを”大草直子の休日ファッションコーデ② 車で旅行「山に向かっていくので、お洋服の色みも景色になじむようにカーキをリンクさせたコートスタイルで出かけます。ブラウン系のコートは、男性と並んでも黒ほど強くなく、ベージュほどおとなしくない。シックなこの色みがこの冬の気分。季節が深まると、こっくりした色の重ためな素材が多くなるので、光沢感のあるスカートはとっても重宝します。飾りたてなくても華を添えてくれますし、しわにもなりにくく、軽くてラクちん。ドライブにも最適なんです」【大草さん】コート¥74,000/エレンディーク(エレンディーク) ニット¥21,000/プラージュ 代官山店(プラージュ) スカート¥22,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥49,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴/私物(マノロ ブラニク) リング/私物 【チャーリーさん】コート¥98,000/ラファーボラ(ラファーボラ) ニット¥31,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥68,000/マディソンブルー(マディソンブルー) メガネ¥28,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥170,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) リング・靴(グッチ)/私物 大草直子の休日ファッションコーデ③ ディナー「夜にふたりで出かけられる日は、非日常を楽しもうというのがお互いに強くあって。彼とのお出かけの日にしか着ないドレスも持っているくらい! そこはとっても欧米スタイルですね。軽く食事をしてから、大好きなサルサを踊りにいく日は、デニムにドラマのある赤いコートをまとって華やかに。ふたりの時間のためにおしゃれをしている、その感覚はお互いにとってもうれしいもの。「今日は何を着ていく?」って、そのやりとりも楽しく、大切なコミュニケーションです」【大草さん】コート¥170,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ニット¥8,900/ゲストリスト(ステートオブマインド) ピアス¥125,000/エスケーパーズ(シリル) リング(右手)¥210,000/マリハ(マリハ) リング(左手人さし指)¥88,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥120,000/カオス丸の内(ザンケッティ) デニムパンツ(ミラ オーウェン)・リング(左手薬指)・靴(ヴァレンティノ)/私物 【チャーリーさん】コート¥69,000/トゥモローランド(トゥモローランド ピルグリム) ニット¥31,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) メガネ¥31,000/モスコット トウキョウ(モスコット) チーフとして使用したスカーフ¥23,000〈参考価格〉/アマン(アルテア) リング・靴(トッズ)/私物 大草直子の休日ファッションコーデ④ 父母としてのお出かけ「こういう日はおしゃれをして気持ちを上げるというよりは、“守る”ことのほうが大事。ふたりともネイビーを基調にします。チャーリーが着ているのは黒とネイビーのチェックのスーツ。ソリッドなネイビーとは違う表情があって、雰囲気が出ます。男性のタートルネックは、年齢相応の上質さが知性と品格を引き立たせ、さらに顔も引き締まる名アイテム。私が好きなのでつい選んでしまいます。私はふわっと広がるワンピースを。ネイビーは影の色。ディテールよりも、シルエットをポイントに」【大草さん】コート¥86,000/デ・プレ(デ・プレ) ワンピース¥81,000/カレンソロジー 青山(バレナ) ピアス¥140,000/ボン マジック サロン(ボン マジック) リング(右手)¥26,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥45,000/アマン(ア ヴァケーション) リング(左手)・靴(ジャンヴィト ロッシ)/私物 【チャーリーさん】スーツ¥130,000/トゥモローランド(トゥモローランド ピルグリム) ニット¥31,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) メガネ¥31,000/モスコット トウキョウ(モスコット) 靴(グッチ)/私物 大草直子の休日ファッションコーデ⑤ 自宅でくつろぐ時間「リビングにいるチャーリーがぱっと明るいセーターを着ているのを見るとホッとするし、心地がよくて。家ではむしろ私はシックで、彼のほうが華やかなんです。どんなに忙しくても……多忙を極めているからこそ、ふたりでソファでくつろぐひと時が大事で、私たちにはマストなこと。これを飛ばしてしまうと、いろんなことが本当に大変に(笑)! こういう時間に話すのは、ごく他愛のないことばかり。そんな何げないひと時こそが、私には最高のリフレッシュです」【大草さん】ニット¥19,000・ニットパンツ¥21,000/新宿髙島屋シーズンスタイルラボ(シーズンスタイルラボ) ピアス¥140,000/ボン マジック サロン(ボン マジック) ストール¥18,000〈参考価格〉/アマン(アルテア) バングル¥27,000/アダワット トゥアレグ(アダワット トゥアレグ) シルバーリング(ジュエリーシュガー)・ゴールドリング(マルコム ベッツ)/私物 【チャーリーさん】ニット¥28,000/キャバン 代官山店(キャバン) パンツ¥9,990/プラステ(プラステ) メガネ¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/陣内勇人 スタイリング・モデル/大草直子&チャーリー 構成・原文/松井陽子 ※エクラ2019年12月号掲載 ▼スタイリスト 大草直子のファッション相談室記事もチェック▲【パートナーと過ごす冬の休日リンクコーデ】トップに戻る
  • 11月11日から12月10日までは、4枚の「華やぎ服」を使った着回しコーデを毎日1つご紹介! 何かと出費が多い年末年始ですが、おしゃれも気が抜けないもの。着映える服で、賢く&センスよくコーデする方法を伝授します♡ しかも今回は、「甘めフェミニンOL向けコーデ」と「辛めフェミニンOL向けコーデ」をどちらもお届け♪ その着回しで登場するワードローブをチェックして、お買い物の参考にして! ●甘め派の年末年始を乗り切るワードローブ 1/11 2/11 3/11 4/11 5/11 6/11 7/11 8/11 9/11 10/11 11/11 【華アイテム】きれい色パンツピンクのなかでも甘さ控えめのコーラルは、旬のブラウンとも相性◎。シワになりにくく、家で洗えるのもうれしい限り。¥17000/ルーニィ 【華アイテム】ロングカーデカシミヤ素材。ふわふわの着心地にも癒される。¥37000/ルージュ・ヴィフラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ 【華アイテム】ドット柄ロングスカート大きすぎず、小さすぎず、大人に着やすい水玉柄。ほどよいツヤと切り替えを施したティアードデザインで華やかさも満点。¥13500/ノーク  【華アイテム】小花柄ワンピース小花&ノーカラーが女性らしい。黒のキャミインナーがついているのも便利。¥23000/フレイ アイディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー)  【便利な合わせアイテム】ノーカラーリバーコート 巻きものや襟の高いトップスとも合わせやすいノーカラー。同素材のストールがセットに。¥84000/エストネーション   【便利な合わせアイテム】白のボウタイブラウスかぶるだけのプルオーバー型は時間のない朝にもお役立ち。ボウタイは取り外し可。¥35000/ebure  【便利な合わせアイテム】キャメルの丸首ニット上質なメリノウールを使った薄手のハイゲージニット。詰まった丸首も品のよさにひと役。¥29000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) 【便利な合わせアイテム】オフ白のゆるタートル今どきのざっくりタートル。オフ白がやさしげ。¥18000/アルアバイル  【便利な合わせアイテム】白デニム股上が深く生地もやわらかいので、おなかまわりも楽ちん。¥27000/サザビーリーグ(マザー)  【便利な合わせアイテム】チェック柄パンツオンにもオフにも使えるセミワイドな形。ベルトつきでインしてもおしゃれ。¥18000/ノーリーズソフィー品川店(ノーリーズソフィー)   【便利な合わせアイテム】光沢プリーツスカート扱いやすいシワプリーツ。光沢も上品。¥17000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ) ●知的で頼れる印象のブラックを使う! 辛めフェミニン派のクローゼット 1/11 2/11 3/11 4/11 5/11 6/11 7/11 8/11 9/11 10/11 11/11 【華アイテム】チェックスカート黄色のラインがアクセント。タイトすぎない台形シルエットで動きやすい。¥19000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) 【華アイテム】ふわ袖ワンピースどんなシーンにも似合う黒。手首が細く見えるバルーン袖やウエストマークできる共布ベルトなど、スタイルアップ要素も満載。¥55000/ADORE 【華アイテム】レースプリーツスカート可愛いレースと女らしいプリーツのいいとこ取り。アシンメトリーな裾が歩くたびに華やか。¥36000/ル フィル ニュウマン新宿(ル フィル)  【華アイテム】イエローリブニット顔がパッと明るく見えるレモンのようなイエロー。ほどよいフィット感と凹凸感のあるリブで着やせ効果もバツグン。¥19000/エストネーション 【便利な合わせアイテム】カーキのトレンチベージュより辛口に仕上がるカーキ。ロング丈のスカートともバランスのとりやすい長め丈もポイント。¥98000/オーラリー  【便利な合わせアイテム】ショート丈ダウンツヤを抑えた生地でお仕事にも。裾のゴムを引けば、丸みのあるシルエットに。¥46000/ルーニィ  【便利な合わせアイテム】ネイビーの薄手タートルパッと見はシンプルなタートル。袖口にはさりげなくパールの飾りが。¥8900/ゲストリスト(ステートオブマインド)  【便利な合わせアイテム】ブルーのふんわりニットカシミヤ素材でとろけるような肌ざわり。くすみがかったブルーも今どき。¥33000/エイトン青山(エイトン) 【便利な合わせアイテム】白のとろみシャツ落ち感が美しく着心地もなめらか。両胸にはポケットが。¥28000/サザビーリーグ(エキップモン)  【便利な合わせアイテム】白のワイドパンツ厚手で白でも体のラインがひびきにくいのが優秀。センタープレスを施し、美脚度も高め。¥32000/ebure  【便利な合わせアイテム】インディゴデニムすっきりとはけるテーパード型。ノンダメージできれいめな印象。¥19000/ゲストリスト(レッドカード) 毎日更新中! BAILAの着回しコーデ一をチェック♡ 撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/池田メグミ 取材・原文/伊藤真知 構成/田畑紫陽子〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵
  • 寒い!ってなったら、ワンピースはこう着てあったか♡寒がりスタイリスト石上美津江さん直伝!肌寒い、でもワンピは着たい。気温10度の日のワンピース、どうする? どう着る?「寒がりだけど、重ね着が楽しめる冬がいちばん好き」という石上さん。一枚で着るには少し寒そうなワンピでも、さりげなくセンスよく防寒できる5つのアイデアを、こっそり教えてくれました。アイボリーのタートルを中に仕込む暖かさもコーデの奥行き感も増す、最高な組み合わせ! ネックラインがあいたロングフレア花柄ワンピ。あからさまなデコルテ見えは肌寒そうにも見えちゃうから。どんな柄にも色にも合うアイボリーのタートルネックを中に重ねれば、着心地にも見た目にも冬らしい温かみが生まれる。ワンピース¥13000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 ニット¥4900/クリア インプレッション ピアス¥800・リング(5個セット)¥1500/お世話や見えて可愛いあったかインナーを常備するニュアンスカラーは、冬のさし色にてきめん♡ 重ね着アレンジできるワンピが充実する今季は、あったかインナーも着こなしの一部になるデザインを。これから買い足すなら、定番色よりも断然きれい色。ネックラインや袖口、裾からチラ見せした時の雰囲気が、全然違うから!(右から)トップス¥8500・レギンス¥14000/エミリーウィーク ルミネ池袋店ベルトとロングブーツで空気をシャットアウト防寒と同時に今どきなメリハリが簡単に手に入る技ありテク! ベルトとロングブーツのダブル使いには、地面から上がってくる冷気を2段階で抑えてくれる効果が。縦にストンと落ちるシンプルなワンピにリズムも生まれて、女っぽいムードも叶う。ワンピース¥27000/インターリブ(サクラ)  靴¥79000/フラッパーズ(ネブローニ) ベルト¥3300/AG バイ アクアガール バッグ¥21000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(クリスチャン ヴィラ) リング¥18000/エメル リファインズ ルミネ新宿店 ストール¥6000/アーバンリサーチ 神南店(アデル ビジュー)オーバーサイズのストールをぐるっと巻く顔が半分埋もれるくらいのボリューム感がちょうどいい♬オーバーサイズの服を着る女の子は無条件に可愛い。そんなセオリーを小物にも。肩から顔半分までを包み込むように、オーバーサイズのストールをぐるぐる。保温性アップはもちろん、ボリュームを上に持ってくることで全身がすっきり見えるから、こんなゆるめのロングニットワンピにはもってこい。ブラウン&ベージュのグラデ配色なら、今っぽさも品のよさも完璧。ワンピース¥55000/ボウルズ(ハイク) ストール¥9800/ルーニィざっくりニットベストを重ねる体の中心を温めるだけでも寒さは和らぐから。この冬は腰まですっぽりおおうニットベストが正解◎ たとえばベーシックな白シャツワンピに、オフ白のゆったりとしたケーブル編みベストを。これまでのプルオーバーやカーデを重ねた時にはない旬感があって、おしゃれなゆるさがあって、ちゃんと暖かい。薄手のワンピをより長く、もっと素敵に着るために、一枚あれば憂いなし。ワンピース¥12000/LAGUNAMOON ベスト¥21000/アンシェヌマン(アナディス) バッグ¥16000/フラッパーズ(マルシェ) メガネ¥32000/モスコット トウキョウ ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/中村未幸(Lila) モデル/唐田えりか(モア専属) スタイリスト/石上美津江
  • あのマリソルパーティーから早一年!早いもので、美女組として活動を始めさせて頂いてからあっという間に一年が経ちました。 30代が子育て一色で過ぎ去り、40代に入ってみて、ふとこのまま歳をとるのはなんだか寂しいな、何か私自身の世界を広げるチャンスが欲しいな、と思っていた矢先の美女組との出会いでした。 せっかく美女組になった一月後にまさかの主人の異動が決まってしまいましたが、引っ越しまでの間、撮影に参加させて頂いたり美女組の皆さんと会えたりと、私にとってとてもとても!濃く楽しい一年になりました。 日本から遠く離れてしまった今、私がMarisolブログに書けるようなことはあるのかな、と継続するか悩みましたが、2年目もがんばってみることに決めました♪ 東京にいたころのように素敵なお店やファッションに触れることはできないけれど、今この異国の地で色々な国の女性と出会い、女性の美しさってなんだろう、と改めて色々と考えさせられています。 文章を書くのが昔から大好きだった私、少しでも読んでくださる方がいることに感謝して、自分のペースでブログを書いていけたらなと思っております。 皆さま今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 美女組 No.146 rin Instagram @rin102729美女組No.146 rinのブログ
  • 白ニット×白パンツの同色ワンツーコーデに大判ストール一枚で印象がぐっと変わる!柔らかな素材感のおかげで、夏の陽気さとは正反対の穏やかな印象が手に入るイエローのストール。まとうだけなのにマニッシュな白のワンツーコーデを一気にフェミニンなものへと変えてくれる。突然デートの誘いがあっても、ストール効果で女性らしさを存分に発揮できそう。パンツ¥18,000/エディション 表参道ヒルズ店(エディション) ニット¥33,000/エイトン青山(エイトン) ストール¥36,000(アソース メレ)・ピアス¥16,000(ジー・ビンスキー)/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 サングラス¥43,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥39,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) ミンクグローブ¥68,000/エストネーション(ラドロー) 靴¥18,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(カミナンド)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「イエロー」を使ったコーデの関連記事もチェック
関連キーワード

RECOMMEND