きれいと冬のしゃれ感をかなえてくれるニットセットアップ【フレアスカートタイプ】

Marisol ONLINE

フレアスカートタイプ

ロング丈の「フレア」は、3通りのきれいと冬のしゃれ感をかなえてくれるセット。雰囲気のあるシルエットに身をまかせて華やぎも。


■ムードのあるセットアップ。冬の白の魅力も教えてくれる

透け感のあるホワイトニットのセットアップはボリュームたっぷりの袖や揺れるすそも女らしさを放つ。上下で華やかに着るなら、大人は締め色の小物を効果的に賢くさして。

ニット¥55,000・スカート¥56,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) イヤリング¥4,600/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥60,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニキアリーニ) 靴¥22,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)



<スカートで着回し!>

甘さのあるスカートはカジュアル使いでこなれる
腰まわりはフィットし、膝上から広がるシルエット。トップスをシンプルな黒ニットに替え、スエードのフィールドジャケットをはおると今年らしさが簡単に。カジュアルな辛さで着分けて。

スカート/モデル着用と同じ ジャケット¥86,000/シシ(シシ) ニット¥23,000/ebure バッグ¥19,000/フラッパーズ(マルシェ) 靴¥56,000/ゴールデン グース 東京店(ゴールデン グース)



<ニットで着回し!>

ワイドデニムと。クリーンなマリンスタイル
ニットをデニムにすっきりタックインすると、袖のボリュームが強調されてまた素敵。白を楽しみつくす休日コーデ。

ニット/モデル着用と同じ デニムパンツ¥37,000/サザビーリーグ(マザー) 帽子¥7,000/アルアバイル(ソルバッティ) ピアス¥23,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥52,000/アマン(エレメ) 靴¥26,000/ツル バイ マリコ オイカワ
【Marisol10月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ ヘア&メイク/YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹内友梨 取材・文/発田美穂
スーツよりも着やすく、オフィスにふさわしいきちんと感を備えたセットアップは、働く女性の頼れる味方。従来は上下ともにシンプルなものが多かったけれど、今季は丈感や全身バランスが大きく変化。一歩先行くおしゃれアイテムとして、ぜひ更新を!
“デザイントップス+スタイルアップパンツ”の、着映えとすっきり見えの両方を簡単に実現できる最強セットが、今季はバリエーション豊富にそろう!
大人のスカートは今やロングが定番化。その流れを受け、スカートセットアップもプリーツやタイトの長め丈が主流に。
関連記事
  • 12/7(土)〜12/13(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!12月7日(土)土曜日はクリスマスプレゼントを探しに大人デニムで雑貨屋めぐり ★コーデの詳細はこちら >12月8日(日)ワークショップに参加する日は白×ブラウンで上品シンプルを目指して ★コーデの詳細はこちら >12月9日(月)仕事帰りに書道教室へ。コートを脱いだら年賀状レッスンに集中して ★コーデの詳細はこちら >12月10日(火)歯医者に行く日はグレーコートを肩で着流しぽかぽかロングスカートで ★コーデの詳細はこちら >12月11日(水)丸の内パレードを観覧するなら首もと冷やさないおしゃれ防寒コーデで ★コーデの詳細はこちら >12月12日(木)ヒールじゃなくても女性らしい!冬素材ならではのイエローマジック ★コーデの詳細はこちら >12月13日(金)忘年会で幹事を任された日には親睦が深まりそうな白×ラベンダーを ★コーデの詳細はこちら >☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
  • 今、世界のファッショニスタの間で人気を集めているのが、ブラックレザーのアイテム。ハードな雰囲気になりがちなレザーを、いかにエレガントに取り入れるかがポイントだ。ストリートスナップで見つけた、クールなスタイリングを参考にしよう。ブラックレザーのロングコートでハンサムにPhoto by Daniel Zuchnik/Getty Images ファッション・ディレクターのヤスミンが着たのは、ロエベのレザーコート。トレンチやウールのコートでも素敵になりそうだが、ブラックレザーを選ぶことで一気に旬のムードに。足首まであるスーパーロング丈もクールだ。白トップス&ダメージデニムのエターナルな組み合わせを、コートがモードに刷新している。総レーストップスとパールチョーカーで、エレガントにレザーを着てPhoto by Hanna Lassen/Getty Images ファッション・デザイナー兼クリエイティブ・ディレクターのマリアは、ルイ・ヴィトンでトータル・スタイリング。総レーストップスとパールチョーカーが、ブラックレザーのコート&パンツにエレガントな表情を添えて。フラワープリントのバッグも、フェミニンなムードを盛り上げる。エッジィなブラックレザー・スタイルの2人Photo by Daniel Zuchnik/Getty Images ブラックレザーでエッジィに決めた二人組。左の女性は、ハイウエストパンツの裾をブーツにイン。トレンチ風ディテールのケープコートとチェーンネックレスを合わせた。右の女性は、ベルトバッグをジャンプスーツのアクセントにして。どちらも、レザーの質感がスタイリングにリュクスな表情を与えている。白いプリーツスカートで、レザーシャツをフェミニンにPhoto by Hanna Lassen/Getty Images インフルエンサーのソフィは、黒いレザーシャツに白いプリーツスカートを合わせて。カーブを描くシャツのヘムラインや、風に揺れるスカートがフェミニンな表情だ。モノトーンスタイルの差し色にしたバーガンディレッドのバケツバッグが、モダンな印象をプラスする。型押しレザーを女性らしいシルエットのコートで和らげてPhoto by Nataliya Petrova/NurPhoto via Getty Images 型押しレザーのテーパードパンツを穿いた、スタイリストのペルニーレ。オフホワイトのタートルネックトップスとコートで、パンツのハードな印象を和らげた。ウエストシェイプされたコートとボディにフィットするトップスには、女性らしい表情も。コートとシューズはボッテガ・ヴェネタ、バッグはフェンディ。レザー切り替えのトレンチコートでシックにPhoto by Edward Berthelot/Getty Images ファッション・ディレクター兼コンサルタントのアレクサンドラが着たトレンチコートは、ロクのもの。レザー切り替えのデザインが印象的なコートに、レザーパンツを合わせた。バッグやシューズはベージュ~ブラウンのトーンでまとめ、シックに仕上げて。パステルカラーのパンツがレザーの強さを中和Photo by Edward Berthelot/Getty Images インフルエンサーのレオニーは、ボディラインにフィットするレザーのハイネックトップスを着て。フェティッシュなムードが色濃く漂うトップスに、ミントグリーンのタックパンツを合わせた。パステルトーンのパンツがトップスの強さを中和して、ぐっと優しい表情に。切り替えパンツにはミニマルなトップスをPhoto by Kirstin Sinclair/Getty Images セリーヌのパンツを穿いたモデルのマディソン。斜めに切り替えられたパンツのデザインを生かすため、トップスはミニマルなデザインのものをパンツにインしてすっきりと着た。クロスがけしたボディバッグがアクセントになっている。オールブラックスタイルのアクセントに、赤いバッグをPhoto by Vanni Bassetti/Getty Images レザージャケットでオールブラックスタイルを披露したモデル。レザーの質感で、単調になりがちなワントーンスタイルに変化をつけた。クロスがけした赤いバッグに、彼女のガーリーな個性が感じられる。膝下からかすかに広がる、ブーツカットシルエットのパンツのチョイスも今シーズンらしい。 text : Chiharu Itagaki
  • あたたかい上に、シワにならない!その上、この美シルエット!またもやスカートの話。 ロング丈ブームが続いています 本日、ご紹介するのはこちらまたもやウエストはゴムで楽チン その上、ニュアンスのあるシルエットニット素材のため、暖かく、楽ちん。 そして、シワにならないので、 年末年始の旅行にも、 退社後の食事にも、活躍します! 歩くと、とってもいい裾の動き。横も良い感じです! 決めすぎず、抜きすぎず、 程よくカジュアルに、女性っぽく。 わたしの新ベーシックのご紹介でしたinstagramはこちら美女組No.155 ritsukoのブログ
  • スニーカー大好き♡ Marisolランチ会もスニーカーコーデでお出かけしてきました。マリソル1月号は、うれしいスニーカー特集♡ スニーカー大好き♡なわたし… 先日の新メンバーをお迎えしてのMarisolランチ会も スニーカーコーデで参加してきました。スリットパンツにコンバース合わせコーデ。 スニーカーは、コンバースALL STAR 100th モデル グリッター仕様。 このスニーカー、フラッグショップにもありました ← クリックでジャンプできますグリッタースニーカーがチラっと見えるのが自分でもたまらなくキュンと来る♡ ○っきーつながりの『かっきー』もスニーカーコーデでしたよ。二人ともシルバースニーカーだったね!デザートを手に写真撮影((´艸`*)) 久しぶりに同期のみんなとも会えてうれしかったよ♡石田編集長をはじめMarisol編集部のみなさま 素敵な会をありがとうございました。 マリソル1月号の 『スニーカー上手が冬のおしゃれを制す!』の特集 もちろん熟読中です。ランチ会の会場入り口にSHIHOちゃんが!今や綺麗目のスカートにもスニーカーの時代。 誌面のスニーカーコーデが新鮮です。 靴下やタイツ合わせなどについても 詳しく書いてあり参考になります。 誌面でSHIHOちゃんが履いているパイソン柄のコンバースが! かわい過ぎて〜… 欲しい〜… 美女組も今期で4年目 日々のこと、おしゃれのこと マイペースで自分らしく アラフォーライフをゆるっと綴っていきたいと思っています。 どうぞよろしくおねがいいたします。 みっきーでした美女組No.117みっきーのブログ
  • 発売されたBAILA1月号!表紙は桐谷美玲さんです♪ 今月号も見所満載!2020年、新年に備えて「似合う服」と「一生モノ」を見極める特集や、冬におすすめの「ズボラヨガ」など気になるワードが沢山♪ 「似合う服」と「一生モノ」を見極める こちらの特集では『今の私』に似合う服と『これからの私』に似合う服の見極め方についての情報が詰まっています。その中でも私が気になったのが・・・ 似合う服編PART3「I X Yで見つける真冬の細見えコーデ」 着太りする冬の悩みを解決してくれます♪中村アンさんがI X Yそれぞれのシルエットをコーディネートと共に紹介されています。下半身をカバーしたい私はXラインが気になりました♡ それぞれカワイイコーディネートが揃っていて冬のコーディネートも楽しくなりそうです♪ ズボラヨガ 気になった特集は「ズボラヨガ」!!仕事中にできる簡単なヨガ、朝できるすっきりヨガ、夜できるリラックスヨガなどヨガと言っても難しいポーズなどではなく簡単にできるものばかり!!ズボラ女子におすすめのズボラヨガです♪ 特別付録は美容家「神崎恵」さんプロデュース!! 2018年12月の付録だったエコファーポーチがパワーアップして今回の付録に!!バッグinバッグにしたりお出かけのお供にしたり、ポーチにしたり・・・使い方は様々!! ふわもこが気持ち良い♡デザインもシックで大人っぽさを演出してくれます♡ 以上!!BAILA1月号のご紹介でした!!
  • DAY10.待ち合わせは運命の場所♡ スカートの裾からロングブーツをのぞかせて靴が脱げた近くで集合。デートがうれしすぎて後ろからほっぺにツンツンしたら、さすがに目が笑ってなかった、調子に乗りすぎた! 「今日は脱げない靴でおいで」と言われブーツをセレクト。デートがドラマティックになるようフレアスカートで♡フレアスカート¥9900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 ロングブーツ¥30000/ダイアナ 銀座本店 チャコールグレータイツ¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) チェスターコート¥32000/AKTE ベージュのハイネックニット¥2490/アメリカンホリック 黒ショルダーバッグ¥18000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) シルバーイヤリング¥2100/サンポークリエイト(アネモネ)[岩上君]カーディガン¥45000/スタジオ ファブワーク(リヴォラ) シャツ¥21000/フォーティーン ショールーム(ドンツキ) Tシャツ¥3800/ハイ! スタンダード(ベイサイド) パンツ¥42000/08ブック(08サーカス) 靴¥20000/リーガル コーポレーション足もとクローズアップどのくらい歩くかわからないデートの日は、疲れない靴がマスト! 太ヒールのブーツなら安定感もあって、走ってもへっちゃら♬ ロングスカートと合わせて、あえて脚を見せない今年らしいおしゃれ。▶︎▶︎友菜が着まわしているアイテム一覧はこちら! ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野田春香 撮影/花村克彦 ヘア&メイク/白水真佑子 モデル/鈴木友菜 岩上隼也(メンズノンノ専属) スタイリスト/高野麻子
  • レイヤードでニュアンスをプラス 重ねることで質感やバランスが変わると、雰囲気のあるコーデが作れる。ニュアンスが盛れる、今どきレイヤードアイディアをシェア。首元から見える白Tの小技がアクセントにコーデによって首元が広すぎるな、と感じる時、なんだか全体がキレイにまとまりすぎて抜けがない時、ちらっと見えるクリアな白がおしゃ見えの仕上げに。 ニット¥5900/dazzlin Tシャツ¥12000/ボウルズ(HYKE) スカート¥8800/ココ ディール イヤリング¥2564/サードオフィス(ROOM) ネックレス¥2900/サンポークリエイト(アネモネ) バッグ¥4990/キャン カスタマーセンター(テチチ) 靴¥10000/ラヤン(マリー・ルイーズ)旬のベストは大きめを選んでラフさをきちんとしすぎず、ニュアンスのリラックスしたコーデを目指すならやや大きめのサイズがおすすめ。シャツもたっぷりしたタイプが今っぽい。 ベスト¥9800/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) ブラウス¥32000/ボウルズ(HYKE) パンツ¥3990/キャン カスタマーセンター(ルノンキュール) ピアス¥2900/サンポークリエイト(アネモネ)リング¥23000/STUDIO FABWORK バッグ¥18800/カルバン・クライン カスタマーサービス 靴¥8900/CAMILLE BIS RANDAゆるいニットにこそスカーフが映えるぴったりしたニットじゃないたぷんとしたニットにスカーフを合わせるアンバランスさが肝。シンプルなアスコット巻きがアクセ感覚でつけやすい。 ニット¥5980/EMODA ルミネエスト新宿店 パンツ¥16000/N.O.R.C(N.O.R.C by the line) イヤリング¥2600/サンポークリエイト(mimi33) イヤカフ(2つセット)¥1918/サードオフィス(ROOM) スカーフ¥1900/SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH キュープラザ原宿店 バッグ¥13500/サマンサタバサプチチョイス ルミネエスト店フレアONフレアの足元重心が今ドキティアードワンピースとフレアボトムで下が重めなのも新鮮。ふわっと広がる素材同士をレイヤードしたリラックス感が可愛い。 ワンピース¥15000/リリー ブラウン パンツ¥8500/アダストリア(ハレ) ピアス¥2300/サンポークリエイト(アネモネ) バッグ¥4900/ココ ディール 靴¥11500/ダイアナ 銀座本店モデル/岡本夏美 撮影/熊木優(io) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM)スタイリスト/高野麻子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/EASE 
  • ただ細いだけでなく、女性らしくしなやかなボディラインで美しく服を着こなすヨンア。そんなヨンアの、今だからこそ行き着いた美のルーティンやマインドに迫りました。 繰り返しが習慣になったとき、体は変わる。その変化を楽しみたい 「幼少期から太れない体質で、モデルになった当初はやせすぎて洋服を美しく着こなせず、悩んだことも。年齢を重ね、体質も変わった今は、トレーニングをしたり、食事にも気をつけたりするように。ただ、私にとってストレスがいちばん大敵なので、運動も食事制限も無理をしないのがモットー。コツコツ続けて、ときどき休んで。それを繰り返すことで、苦手だった運動も自分の中で当たり前の習慣に。まだまだベストと言える体ではないけれど、自分の体と正直に向き合って、変化していく様子を楽しんでいきたいな!」 ヨンアのあか抜けビューティ年表 【幼少期】何をしても太らない体質 食が細くママが心配して、漢方を処方してもらっていたほど!【19歳】日本でモデル活動スタート 今より10kgやせ。洋服に負けてしまう体だった 【20歳】ジムで運動 運動を始めたら、ごはんがおいしく感じるようになる。体にメリハリが出る 【20代後半】ベストなボディに 自分的にベストなボディバランス 【31歳】妊娠、出産。約20kg増! おなかがすくと気持ち悪くなる“食べづわり”もあり体重増加 【34歳】体型維持期 出産後体重は一ヶ月で戻り、現在は定期的にジムで、体力作りと体型維持 ニット¥22000・スカート(プリーツスカートとセット)¥26000 /エレンディーク 靴¥8500/ チャールズ&キースジャパン(チャールズ&キース) Q おうちでしているエクササイズを教えてA 子どもと遊んだりする日常がエクササイズ「基本的におうちではダラッと過ごさず、常に動いています。なので子どもと遊んだり、家事をするだけでもいいエクササイズ代わりに(笑)。寝る前にはバイパーやストレッチポールで筋肉をほぐすのも日課。セルライト予防にも効果的なので、むくみも翌日に残らずスッキリ!」 Q 美ボディのために意識していることは?A 鏡で全身をこまめにCHECK「自分を客観視するために、鏡は意識的に見るようにしています。そこで大切なのが、前だけでなく、サイドや後ろ姿までチェックすること。実は後ろ姿がいちばん年齢が出やすい部分だと思うので、こまめにチェックして定期的にトレーニング。変なところにお肉がついたりしないよう気をつけています」 Q ボディのためにしている美習慣は?A 入浴後のボディマッサージ「昔から続けているのが、入浴後のマッサージ。ボディ用オイルや美容液を肌が乾ききらないうちに全身へ。このひと手間で、その後のボディクリームのなじみもグンと上がり、肌もふっくら。ボディクリームは香りのよいものを常備して、その日の気分で選んで、一日の終わりに癒されています」 Q ボディづくりでモチベーションが下がったときはどうしてる?A そのまま放置!(笑)「モチベーションが下がってしまったなら、無理にトレーニングをしてもストレスになるだけ。そんなときは、本能に従ってもう何もしない!(笑) 食べたいものを食べ、お風呂にゆっくりつかって、ただひたすら寝る。頑張ってるなら、たまにはサボることも重要」 Q 最近注力しているボディパーツは?A バスト「以前はボディ撮影前ぐらいにしか集中ケアしていなかったバスト。産後どうしてもハリがなくなってしまい(涙)、一念発起。バスト用クリームを塗りながら、サイドからお肉を持ってきて円を描くようにマッサージ。デコルテも忘れずに流す。これを朝晩続けていたら、ハリはもちろん、ボリューム感にも変化が。やっぱり継続は大事!」 Q トレーニングを続けるコツは?A とにかく飽きないように時短通い「ジムはパッと集中して30分。長々トレーニングをしたり、同じメニューを続けるのは飽きちゃうし、毎週何回必ず行くと決めてしまうのもプレッシャーに。自分のペースで行けるときに行く、ぐらいのスタンスのほうが続く!」 撮影/彦坂栄治〈まきうらオフィス〉  ヘア&メイク/河北裕介  スタイリスト/百々千晴 取材・原文/谷口絵美 構成/斉藤壮一郎〈BAILA〉 ※BAILA2020年1月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND