小物だけど主役級!「ジョンストンズ」のストール

Marisol ONLINE
今季は、探している服はありますが
安くても、高くても
理想のモノに出会えない場合は
購入しないと決めているので
真新しい服は特にありません。

こちら↓の以前ご紹介した
ZARAのパンツが比較的新しい方かもしれません。

服は新しくなくても
主役級のジョンストンズのストールが
コーデに華をそえてくれるので
満足しています。
トップスはUNIQLO、パンツはZARAの上下1万円でおつりがくるコーデ
ですが、ジョンストンズがプチプラコーデを格上げしてくれます。
毎年大人気のギャルリーヴィーのニットと
こちらも大人気のPLSTのウォームリザーブワイドパンツ
両方とも昨年購入したモノですが、

ストールのテラコッタが引き締め効果と
コーデのアクセントになってくれています。
東京ラブストーリー(アラフォーの方なら通じますよね?)
を思い出す・・・
紺ブレにデニムのモデルでもない
一般人がすると
ある意味上級者的になってしまうコーデも

ストールに目線を集める事で
新鮮さがでると思います。

バックとコンバースのボアで
季節感も出してみました。
フェイクスエードのスリップドレス(ワンピース)に
UNIQLOメンズのトップスを
重ねた最近ご近所コーデで良くしている格好も

復活しているロングブーツとストールで
秋っぽさをプラスしてみました。
4コーデとも、このストールがあるとないとでは
全く印象が違ってしまう

脇役だけど主役級の役割を果たしてくれる
そんなストールコーデのご紹介でした。


ストールは、流行廃りのないので
肌触りや見た目が良いモノを
選んだ方が断然良いと
個人的には思います。



ジョンストンズのストールは
毎年買い足したい
そんな名品の一つです。

===============
関連記事
  • 今すぐ着たいアイテムNo.1といえばニット。SHOP Marisolでしか手に入らない色やデザインだから要チェック!スタイリスト 徳原文子さん特別コラボ FUMIKO TOKUHARA×SLOANEニットワンピース 一枚でおしゃれが完成する ニットワンピは"ラクしてきれい"の強い味方。小物しだいでフェミニンにもカジュアルにも着回せます。大人にうれしいつかず離れずの絶妙シルエット表は上質なウール素材、裏はチクチクしないポリウレタン素材の2 重構造で、ほどよい厚みとハリ感がポイント。着ると立体的なシルエットになり、体のラインを拾わない。右サイドにスリットが入っているので、パンツやスカートとのレイヤードも可能。タイツとのカラーコーディネートも楽しめる。カシミヤ大判ストール¥62,000/ジョンストンズ ショートブーツ¥72,000/SHOP Marisol (ペリーコ)■スローン【徳原文子さんコラボ】ニットマキシワンピースカラー:チャコールグレー、ブラックサイズ:F¥38,000 Marisol編集部と考えました!MARISOL STAFF×M7daysニットセットアップ体の線を拾いにくい素材感と、着るだけでトレンド感を表現できるフォルムにこだわりました。単品での着回し力も抜群です!話題のニットセットアップを大人が着やすくアレンジ体の気になるラインがあらわにならず、鮮度の高い立体感が出るように仕上げたセットアップ。トートバッグとパンプスを合わせれば、ワーキングシーンにも使えるきれいめの仕上がり。コーデいらずできちんと見え、がかなう。バッグ【レヴューメタリックミンク・ミニ】¥20,000/SHOPMarisol (トフ&ロードストーン) 帽子/スタイリスト私物■エムセブンデイズ【編集部と考えました!】ニットアッププルオーバーカラー:ネイビー、ブラウンサイズ:F¥23,000 ■エムセブンデイズ【編集部と考えました!】ニットアップスカートカラー:ネイビー、ブラウンサイズ:F¥21,000 ★トップスでスウェット感覚で着られるニットプルオーバーすそが後ろ下がりになっているから、前から見るとバランスがいいのに、後ろは気になるヒップが隠れるつくり。デニムと合わせても可愛い! 【編集部と考えました!】ニットアッププルオーバー¥23,000(エムセブンデイズ)・アイビージーンズ¥19,000(ザ シンゾーン)・トートバッグ【TANK】¥59,000(ア ヴァケーション)・パンプス【ANELLI 3.5センチ】¥48,000(ペリーコ)/SHOP Marisol ★ボトムスで筒状のシルエットで誰でもスタイルアップ!今年らしい少し長めのⅠラインシルエット。裏面はポリエステルなのでタイツを合わせてもなめらか。【編集部と考えました!】ニットアップスカート¥21,000(エムセブンデイズ)・アランクルーネックプルオーバー¥49,000(アンスクリア)・ミニボストンバッグ【ミニヨンリザード】¥40,000(トフ&ロードストーン)・乗馬ブーツ【PARMA】¥114,000(サルトル)/SHOP Marisol"M7days official site" 【Marisol 12月号2019年掲載】撮影/YUJI TAKEUCHI (BALLPARK・人物)  魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO  取材・文/発田美穂毎日、おしゃれに働きたいから。エムセブンデイズのすっきり見えお仕事服外は寒いけれど、オフィスではアクティブ&スマートに過ごしたいこの時季。このワードローブがあれば大丈夫!
  • 私の冬の定番、ジョンストンズのカシミアストールを巻きまきしたグレーのワントーンコーデを2パターンご紹介します。50歳を過ぎると、お肌がさらに乾燥するからか、肌触りの良さが第一優先でちくちくするようなニットは全く着れなくなって、手に取るのは柔らかくてあったかく肌にも優しい、カシミアニットが多いです。 エクラ1月号にも、ステキなカシミアをまとったコーデが特集されていましたね^ ^ 同じ理由でストールも、ジョンストンズの無地の大判ストールを何色か揃えていて、寒くなるとその日のコーデに合わせて、首にぐるぐる巻いたり、はおったり、冷え防止でひざ掛けにしたりと、とにかく活用範囲が広いのが、カシミヤストール。 以前の華組ブログにもアップしていますが、少しずつ色違いで揃えていて、グレー、ネイビー、マスタード、ブラックとこの時期はほぼ毎日のように大活躍させています。 今回はグレーのワントーンコーデで出掛けた時のコーデをアップさせていただきますね。 ⬆︎の写メは、こちらも定番、UNIQLOのカシミアタートルのニットに、スリードッツのカシミアフードパーカーを羽織って、コートがわりにジョンストンズのストールを巻き巻きしています。 カシミアを重ねているので、それはそれはあったかいです。カシミアストールの下はこんなコーデでした。 ブーツはこの形が好きで、チョコブラウンのスウェード素材も持っている、ロートレチョーズのグレーのニーハイ。スカートは随分前のイタリアブランド、ペセリコのもの。 小柄な私がロングブーツを履く場合のスカート丈は、長すぎないこれぐらいが一番バランスが良いかも^ ^ ロングブーツは、着脱に時間がかかるので靴を脱がなくても大丈夫なシチュエーションの時に履くようにしています。 この日はデパートに贈答品を買いにちょっときれい目コーデで出掛けました。 tops UNIQLO parker Threedots boots L'autre chose skirt Peserico bag Hermesこの日は、家族とのお出かけでカジュアルに。 カールドノフィーのムートンジレに、同化していて分かりづらいですが、首にカシミアストールを巻いています。 スニーカーは、先月嶋田ちあきさんとエクラプレミアムのイベントで行った渋谷西武で見かけて一目惚れした、ナイキエアマックス。 ちょっと厚底になっているので、ちびには嬉しく歩きやすくてお気に入り♡ シルバーの柄入りクラッチで少し華やかに。 tops UNIQLO gillet KARL DONOGHUE pants theory shoes NIKE bag DRIES VAN NOTENエクラ1月号の特集ページになっていますが、さりげないのに素敵におしゃれが出来たら最強! そんな人になりたいです♡ エクラ1月号にはヒントがいっぱい! 是非、ご覧くださいね。華組 朝生育代ブログ
  • 気分はペインター。まっさらなキャンバスに絵を描くような感覚で、メイクアップしてみたら――ルールなんて考えず、気の向くまま自由に、大胆にカラーをのせていく。メイクアップはいわば、ひとつのポップアートなのだから。ポップな透明感を目もとにドローイングハイネックトップス¥11,000(テラ)・ネックレス(上)¥16,000(ローラ ロンバルディ)・(下)¥38,000(ガブリエラ アルティガス)/シティショップ ブラ¥8,800/エディット フォールル(ベースレンジ) グローブ¥10,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ジョンストンズ)絵の具を顔にのせてしまう。そんな気持ちでスカイブルーのアイカラーをワンストロークでざっとまぶたに。上に重ねるブルーのメタリックラインも、あえて適当にオン。この力の抜けたランダムさがセンスのよさを匂わせ、明るいブルーのレイヤードが清涼感あるまなざしを連れてくる。 MAKE-UP TIPS スカイブルーのクリームカラー(3・下段右から3番目)を平筆ブラシに取り、アイホールのくぼみあたりにブラシの質感を残しながらざっくりとラインを描く。中央あたりにポイントでフローズンブルー(1)のラインを重ねて奥行きをプラス。1 シルバーラメ入りのフローズンブルー。なめらかにのび、密着。植物オイル配合で肌へのやさしさも追求。リキッドアイライナー テリン¥2,300(限定品)/ラッシュジャパン 2 メタリックな輝きのライトブルー。筆の寝かせ具合で太さの調節も自在。フェノメン・アイズ・ライナー 06¥4,200/LVMHフレグランスブランズ(パルファム ジバンシイ) 3 絵の具感覚で使えるビビッドな発色が特徴。速乾性のあるクリームタイプでヨレにくいのも魅力。12フラッシュカラーケース¥13,500/メイクアップフォーエバー 4 爽やかなパステルブルー。コシのある大和匠筆を採用し思いどおりのラインが簡単に描ける。UZU アイオープニングライナー ライトブルー¥1,500/UZU BY FLOWFUSHI 5 軽いタッチで色がのるフェルトペンタイプ。濃密な発色が長時間持続。ディオールショウ オンステージ ライナー 351 ¥3,600/パルファン・クリスチャン・ディオール鮮やかなグラフィックラインに着想を得てベスト¥18,000/シティショップ(ソロトレ) ドレス¥48,000/エディット フォー ルル スカーフ¥2,100/スローブ イエナ 自由が丘店(スローブ イエナ) ピアス¥23,000/スタニングルアー 青山店(ソフィー ブハイ)ブラックドレスにアーティな引っかかりを添えるのは、ライラックとライムグリーンのみずみずしくエネルギッシュなカラーアイライン。曲線と直線をミックスさせた動きのあるアシンメトリーなラインは、それだけで主役級の存在感を放ち、シンプルなスタイリングをモードに昇華する。 MAKE-UP TIPS ライラック色のライナー(7)で左の上まぶたに波線を描き、反対側の下まぶたにはライムグリーンのライナー(6)で目尻側に3本線を描く。アイシャドウは使わず、左右異なるカラーのアイラインのみでシンプルに目もとを主張して。6 繊細なパールがきらめくフレッシュなライムグリーン。するする描け、にじみにも強い。ヴィセ アヴァン リップ&アイカラー ペンシル 002 ¥1,200(編集部調べ)/コーセー 7 ロマンティックなムードを添えるライラックカラー。コール・クチュール・ウォータープルーフ 06 ¥3,200/LVMHフレグランスブランズ(パルファム ジバンシイ) 8 ブラシに取って使用するクリーム状。こすれにも強い。あでやかなぶどう色。クリーミー アイカラー 200/アナ スイ コスメティックス 9 新緑のように、みずみずしくて力強いライトグリーン。同 900 各¥1,200/アナ スイ コスメティックス 10 まろやかなグリーン。重ね具合で発色が調整可能。ミラークールタッチ バー 05 ¥4,000/FIVEISM × THREE 11 フォギーに色づくパウダータイプのモスグリーンがイン。フィッティングオイルのおかげでつけ心地しっとり。コンスピキュアス ダブルアイズ 05 ¥6,000/Amplitudeパレットをまぶたにそのままうつしてみたら色とりどりの絵の具をチューブから出して白磁のパレットに置いていく。そのカラフルな世界観を目もとに再現したのがこちら。左右非対称に5色のアイシャドウをのせ、きれいになじませようとせずほどよい雑味も意識。そうすることで多色使いでもトゥーマッチにならず、軽やかさが生まれる。 MAKE-UP TIPS 12のパレットから好みのカラー(赤、オレンジ、青、緑、黄など)を選び、カラーパズルを完成させるようにブラシで少しずつ目まわりにオン。色をポンと置くような感覚でぼかさずのせるのがコツ。下まぶたの目頭側はカラーレスで抜け感を。12 マットやサテンなど質感の異なる16色をセット。彩度の高い美発色カラーが集結。UT シャドウ パレット 04 ¥2,900/ニックス プロフェッショナル メイクアップ 13 甘くならないくっきりとした発色のストロベリーピンク。マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ PK421/資生堂 14 “青いバカンス”というカラーネームがついたミルキーなエメラルドグリーン。同 GR162 各¥500/資生堂 15 コーラルがかったパッションオレンジ。ムラなく均一に発色。エレガンス クルーズ アイカラー プレイフル OR01/エレガンス コスメティックス 16 やや朱赤寄りのアクティブなレッド。絶妙なアクセントに。同 VI01 各¥1,800/エレガンス コスメティックス 17 シマーなロイヤルブルー。わずかにきらめき、濃厚な発色ながらどこか軽やか。プレスド アイシャドー S676/シュウ ウエムラ 18 目の覚めるようなマット質感のレモンイエロー。同 M330 各¥2,500(ケース込み)/シュウ ウエムラ甘く見せない、バイカラーリップニットトップス¥40,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(マイアミ) 中に着たボディスーツ¥24,000/チカ キサダガーリーに転びがちなピンクモヘアのローゲージニット。何かエッジが足りないと思ったら、パープルとピンクのリップを左右に塗り分けて唇にひと工夫。全体のトーンは統一感があるのに口もとがキュッと引き締まる。単色リップだとマンネリになりがちなところに、グッと鮮度が加わる。 MAKE-UP TIPS 唇の2/3くらいに青みピンクのリップ(20)をなじませ、1/3はラベンダーパープル(23)を。くっきりとした発色のマットリップを使用し、ピンクと紫のように比較的トーンの近い色を組み合わせると、ちぐはぐ感が出ずうまくまとまる。19 コクのあるフューシャピンク。何もつけていないような軽いつけ心地ながら、鮮烈マットな発色を実現。タトワージュ クチュール 3 ¥4,300/イヴ・サンローラン・ボーテ 20 ルミナスマットな唇をもたらす青みピンク。するりとなめらかに広がる、やわらかな質感が絶妙。ルージュ アリュール ヴェルヴェット 44 ¥4,200/シャネル 21 独自のジェルを配合し、パサつきとは無縁。赤みを含んだフューシャピンク。リップスティック コンフォート マットフィット 02 ¥3,500/RMK Division 22 怖く見えずにほどよくなじむ、ライトトーンのパープル。高発色で素の唇の色もしっかりとカバー。リップスティック メン ラブ ミステリー ¥3,000/M・A・C 23 ピンクみを含んだラベンダーパープル。植物成分によるケア効果で、マットな質感のまま潤い唇をキープ。リップスティック 2987 ¥3,300/NARS JAPAN SOURCE:SPUR 2020年1月号「PAINT ME COLORFUL」photography: Osamu Yokonami (model), Kenichi Yoshida 〈No.2〉(products) make-up: Nao Yoshida hair: Takayuki Shibata 〈SIGNO〉 styling: Tomoko Kojima model: Jessika edit: Chie Yasu
  • 11/30(土)〜12/6(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!11月30日(土)スウェット感覚で着られるプルオーバーニットでデニムパンツを格上げ ★コーデの詳細はこちら >12月1日(日)週末デートは、もっさり見えない美ボディラインな大人ニットコーデで ★コーデの詳細はこちら >12月2日(月)月曜の朝に余裕をもたらしてくれるのは鉄板ネイビーのセットアップ! ★コーデの詳細はこちら >12月3日(火)Xmasに向けて女を磨く強化月間開始!まずはワンピースで女性らしく ★コーデの詳細はこちら >12月4日(水)ほっこり感を払拭してくれるトレンドの白ブーツでアクティブに出勤 ★コーデの詳細はこちら >12月5日(木)買い物に便利!両手が自由になるボディバッグは同系色でなじませて ★コーデの詳細はこちら >12月6日(金)怒涛の忘年会ラッシュ。絶好調な自分を表すオレンジコートで元気よく ★コーデの詳細はこちら >☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
  • トレンドのロング&リーンなシルエットを堪能できるのは着流しコート×フレアデニム頭がぼーっとする週末は、余計なことを考えなくてもすむデニムコーデがお気に入り。そこにグレーのロングコートを着流せば都会的な印象に。黒のショートブーツやパイソン柄のミニバッグでコーデ全体をモードに寄せつつ、ぐるりと巻いたフリンジストールでおしゃれに防寒をして。雑貨屋さんで可愛いいものが見つかりますように。コート¥82,000/ebure バッグ¥55,000(エレメ)・靴¥72,000(ペリーコ)/アマン ニット¥29,000/オーラリー パンツ¥34,000/サザビーリーグ(マザー) ストール¥40,000/アイネックス(アソース メレ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「デニム」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • はじめまして^^ 今日からマリソル美女組の新メンバーに加わらせていただくことになりました 雪千代と申します。憧れの雑誌「Marisol」にて ブログを書かせていただけるなんてとても光栄です。 どんなブログにしようか未だ模索中ですが 沢山の方に楽しんでいただける内容にしていけるように頑張ります。 まずは簡単に自己紹介を^^ <好きなもの> 1、Fashion 昔から変わらずカジュアルファッションが好きです。 きちんと感のあるトラッド系やナチュラルなデニムスタイル フェミニンなワンピースなど 古着、プチプラ、ブランド関係なく その時の気分によって好きなものや色んな格好を楽しんでいます☆TOPS:HERITANOVUM  DENIM:AGONEPIECE:古着SCARF:MANIPURI  TOPS:Le minor DENIM:GALLARDAGALANTE2、Food 食べ飲み好きで暇さえあれば美味しいもの求めに出かけます^^ 最近は美容と健康に良い食事の資格を勉強中です。3、Other 映画、音楽鑑賞、インテリアショップやカフェ巡り。 体動かすこと。あとは気が向いたらお絵描き。とこんな感じで 色んなものに興味を持ってしまうアラフォーです^^ こんなわたくしですがこれから美女組メンバーとして どうぞ宜しくお願いします☆美女組No.169 雪千代のブログ
  • 土曜日は雨に北風!厚着しずらい女子会コーデに悩んだら…12月に入り、週末のスケジュールがどんどん埋まってくる頃。飲み会、女子会が多くなるシーズンですね♪今週末、特に土曜日は最高気温7℃までしか上がらず、雨に北風のダブルパンチで極寒の1日になりそう(涙) それゆえ、「体感温度指数」もかなり低く、土日ともに「防寒対策をしないと寒い」と出ています。華やぐシーズン、こんな日には何を着てイベントに参加すればよいのでしょう?本日の「週末お天気コーデ」は、土日ともに「女子会」をテーマにご紹介させていただきます。シーン的に厚着をしにくい女子会、さて何を着て行けば??【12/7(土)予報/くもり→ 雨 気温7℃(5℃)】 ★おでかけ指数→「40」お出かけの際には傘を忘れずに! ★コーデ(for女子会①):ネイビーのニットワンピース↑土曜日は7℃の気温に加えて雨の予想。しかも北風が冷たいそうですよ!こうなると、華やかな女子会でも、防寒ダウンコートはアリですね。「女子会なのでドレッシーに」という場合には、厚手のコートで参戦。中は半袖?長袖?会場はあたたかいことも多いので、外さえ頑張れば半袖もOKだと思います。こういう時に便利なのは「薄手の長袖」、ニット素材のワンピース!長袖でもワンピースの華やかさがあり、ニットなので厚着しなくてもあたたかく、ちょっとした女子会に重宝します。全体をネイビーのワントーンでまとめれば、清楚で上品な雰囲気に。 ↓合わせたネイビーのワンピースは、「index(インデックス)」でみつけた、ベルト付きのニット素材。なんとこれで4,990円(税抜き)!シンプルなネイビーのワンピースですが、ウエストのベルトが「普通」に見せないポイント。袖もドルマンスリーブなので、長袖であたたかくても、おしゃれ感を損ないません。スカートの丈も長めで穿きやすいんです!それに、自宅でお洗濯できるというスグレもの。ファーなどの小物を合わせると、さらにパーティー向きですね★もちろん合わせるのは厚手のタイツ。グレーや茶系なら、雨の「泥ハネ」しても目立ちません!▶index「ベルテッドドルマンフィット&フレアニットワンピ」の詳細はこちらをチェックそして、日曜日は晴れの予想。気温は一ケタではないようですが、それでも寒そう!この日の女子会は、半袖バージョンにしてみました。華やかな女子会に、あえてスカートではない「デニム」も目立つかもしれません♪ 【12/8(日)予報/ 晴れ&くもり 気温12℃(4℃)】 ★おでかけ指数→「90」1日いい天気、どこでもGO! ★コーデ(for女子会②):レース×ブラックデニム×ピンクのコート ↑スカートやワンピース率が高い女子会に、あえてデニムで参戦するのもカッコいいかもしれません。トップスが透け感のあるレースなら、デニムも逆に女性らしくなります。高めのヒールを合わせ、さらに女っぽく仕上げても。コートはビビッドピンクで華やかに★ 合わせたレースのトップスは、秋に「VIS」で購入した黒のレースです。半袖でも秋のみで終わらず、パーティーシーズンに大活躍♪みなさま、どうぞあたたかくして、楽しい時間をお過ごしください♪…と「女子会コーデ」を書きながら、わたしは娘の付き添いで、K-POPの野外イベントに参加しなければ!地味に完全防寒スタイルです(笑) さて!明日12/6(金)は、番外編で素敵なアイテムをご紹介させていただきます。華やかなシーズンに必ず活躍してくれる素晴らしい商品ですので、よろしければぜひ見にいらして下さい★(17:00頃アップされます)*「天気予報」「おでかけ指数」は、水曜発表の 「日本気象協会(tenki.jp)」の情報を採用しています(東京千代田区の予報)今後大きく変わることも予想されますので、参考程度にご覧下さいませ。▶Akaneの個人ブログ→「Akane's Happy Coordinate」………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.80★ 「フラフ/マシュマロクリーム」 寒くなると、ついついコレを買っちゃいます!「マシュマロクリーム」。マシュマロは苦手なのですが、なぜかこのクリームは大好き。白いフワフワ感が、この寒いシーズンに「ほっこり」とマッチして、いつものお菓子を冬らしくおしゃれに見せてくれるんですよね★ 今ではフレーバーもいろいろあり、スーパーでもよく見かけるようになりました。生クリームのように見えて、もっちりとした硬めの質感。この寒い時期には、すくっても、なかなかスプーンから離れてくれないので、扱いに苦戦しますけれど(笑)普段はパンに塗ったりして食べていますが、お菓子に乗せたり挟んだりすると、見ために冬らしく、この時期にぴったりのかわいいスイーツに変身。 ビスケットに挟んで「スモア」のように食べてもおいしいですが、わたしのお気に入りは、塩せんべいや、チョコがかかったポテトチップス。しょっぱい物との組み合わせが合います!クリームに合わせると、雪のようでクリスマスらしく、子どもにも大人気♪ひと口サイズで食べられて、パーティーも盛り上がります。ワンボトルで400円前後というのもお手軽です☆彡先日ふと見たら、子どもがこのボトルを抱え、スプーンでそのまま食べているではありませんか!半分以上なくなっていました(涙)でもわかる、その気持ち。やってみたいけれど、ワンボトルで650kcal以上…やっぱりシェアがよさそうです(笑) 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 女っぽさを楽しみたいけど、あからさまに甘いコーデは苦手。そんな40代におすすめしたいのが、ふわふわニットやとろみ素材を使った「やわらかなグレー」コーデ!大人のフェミニンにやわらかグレー のすすめ 質感は抜群に女らしいのに色自体がクールなので甘すぎず上品。この絶妙なバランスが"大人のフェミニン"に効く!  A.RAISED WOOL COAT【起毛コート】 旬のオーバーサイズながら、ノーカラーとふわっとした起毛素材のおかげで何と合わせても女らしく コート¥140,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) B.SHAGGY KNIT【シャギーニット】 毛足の長いシャギーニットのふわふわ感で、さりげない"大人の可愛げ"を演出 カーディガン¥52,000/カオス丸の内(カオス)C.SILK BLOUSE【シルクブラウス】 今季注目のボウタイブラウス。濃いめのグレーならフェミニンさとともにハンサムなムードも備わる ブラウス¥46,000/トレメッツォ(バグッタ)D.TOROMI SKIRT【とろみスカート】 たっぷりとしたとろみ素材を使った女らしく華やかなスカートも、グレーなら落ち着いた印象に スカート¥38,000/ebure RAISED WOOL COAT【起毛コート】 素材のよさがきわだつライトグレーの起毛コートで、さりげない女らしさをまとって袖の丸みのあるシルエットも女らしい、軽やかにはおれる一枚仕立てのウールコート。ほどよくムラのある杢調の生地なのでグレーコートにありがちなのっぺり感がなく、シンプルにはおるだけでしゃれた雰囲気に。×白コーデで明るく柔らかな女らしさを堪能したい。 コート¥140,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ニット¥15,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) スカート¥23,000/エストネーション(エストネーション) バッグ¥329,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) ピアス¥23,000/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) SHAGGY KNIT【シャギーニット】 ふわふわのニットに甘さがあるから、あえてコーデは辛口に。理想は思わず目が行く"かっこいい"フェミニン カシミアを100%使ったカーディガンは、一枚でも存在感抜群。上質なふわふわ感を引き立てるため、あえてコーデはダークトーンでクールに。色や柄ではなく"質感"で女っぽく魅せて。カーディガン¥52,000/カオス丸の内(カオス)  ニット¥30,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) デニムパンツ¥29,000/サザビーリーグ(カレント エリオット) リング¥210,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) 椅子にかけたストール¥62,000/マルティニーク丸ノ内(ジョンストンズ×マルティニーク) ブーツ¥200,000/ジミー チュウ Chaos (カオス)商品一覧/マリソル公式通販へ▶TOROMI SKIRT【とろみスカート】 ほどよくツヤのあるグレーが、定番のニット×スカートコーデを少しだけドラマティックに演出たっぷりとしたとろみスカートの甘さをグレーがほどよくセーブ。日常でも使いやすい落ち着きのある華やかさに。 フレアスカート¥38,000/ebure ニット¥76,000(エブール フォー ロンハーマン)・ピアス¥40,000(ソフィー ブハイ)/ロンハーマン シャツ¥24,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) バッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) パンプス¥88,000/ジミー チュウ サングラス¥39,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バングル¥10,000・ブレスレット¥9,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) SILK BLOUSE【シルクブラウス】 レディなイメージのボウタイブラウスも、グレーなら甘すぎずコンサバすぎず、ちょうどいい女らしさにフェミニンだけどアラフォーが着ると時にクラシカルになりすぎるボウタイブラウス。こんな濃いめのグレーなら、ほどよく辛さがありどこかモダンな雰囲気に。コーデもきれいめより、ややカジュアルにくずすのがおすすめ。 ブラウス¥46,000/トレメッツォ(バグッタ) カーディガン¥38,000/ショールーム  セッション(アダワス) パンツ¥42,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) バッグ¥220,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス  六本木店(ヘイワード) イヤリング¥9,000・ブレスレット¥8,000/プラージュ 代官山店(スーザン カプラン) リング¥148,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) マリソル公式通販企画"この秋、アラフォーは「フェミニンスイッチ」でおしゃれを更新!"【Marisol11月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/Dai Michishita メイク/佐々木貞江 スタイリスト/松村純子 モデル/ブレンダ
関連キーワード

RECOMMEND