七難隠すニュアンス色!

Marisol ONLINE
昨日辺りから、涼しいを通り越して何だか肌寒いくらい。

とは言え、体感温度が違うからか今の時期って着ているもの人それぞれですね。

まだ半袖一枚の人もいれば、厚手の長袖の人もいたり…。

私は寒がりなので、もう半袖は無理かな(^_^;)


そんなわけで昨日は、
ウールのタートルネックカットソーにクロップドパンツ、足元は例のミュールでした♬


巻物やアウターを羽織るにはまだ早い時期の、こういったシンプルなワンツーコーデってチビ的に1番冴えなくなりがち…


なので、
色に頼ります!


〝ニュアンス色〟


小柄でも、黒やグレーでは出しにくい「どこか一歩上のオシャレ感」が叶う色。
白や黒を使わず、
あくまでニュアンス色のグラデーションを追求する。

小物まで気を抜かず、全身で。


私にとって色を上手に繋いだ着こなしを考える事は、デザイン性の高い一枚で着映えする服を探すより難しい。


でも、難しいだけの効果はある!


そして、その効果は普通のシンプルな着こなしこそ大きく、どんな七難も隠してくれる…


そう思っています(^o^)

tops:deuxiemeclasse

pants:plage

shoes:manolo blahnik

bag:hayward


アメブロも日々、更新中↓
関連記事
  • 素敵な服をデザインする人のスタイルにはどんなスタンダードが隠されているのか? 長年積み重ねてきた私服の“定番”を大公開。 CASE:01 アクセサリーや靴に遊びを加えるパリ・ベーシック パリを拠点にするブランドseya.のクリエイティブ・ディレクター、瀬谷慶子さん。自身のブランドを体現するような、パリらしい上品なベーシックスタイルに、エスニックな要素をミックスするのがマイ・スタンダードだという。1 飾らない色気を感じさせる瀬谷さん 「旅行するのが趣味で、旅先でついついエスニックなハンドメイドジュエリーやスカーフ(6)を買ってしまうんです。手持ちの服はシンプルな無地が多いので、旅先で買ったアクセサリーをアクセントにしたり、どこかしらにフェミニンな要素をプラスするのが定番ですね。アクセサリーは直感で、洋服は熟考して買うことが多いです」。瀬谷さんの言うフェミニンなスタイルとは、たとえば上質なカシミヤのタンクトップ(5)や、柔らかい素材のアイテムを選んでさりげない色気をプラスすること。アクセサリーもその重要なひとつで、タイの友人が作ったというハンドメイドジュエリーと、フィレンツェやコペンハーゲンで購入したというアンティークアクセサリー(7)が素敵にミックスされているのが瀬谷さんらしく印象的だ。「トレンドを意識しすぎるのは自分らしくない、だけどスタンダードすぎるとつまらない。だから、全身のバランスを考えるときは、靴が重要になってきます。シーズンごと、またその日の気分によって赤、シルバーなど靴を派手な色みにするんです。試行錯誤の結果、最近は、ベージュや白など薄い色みのもの(2)に落ち着きました」洋服自体は、20年くらい前から、流行に左右されずに使える普遍的なものを選ぶことが多くなったという。「そういう服は捨てずにとっておくし、しばらく着ていなかったけど、一周回ってまたヘビーローテーションすることもあります。最近は、ヴィンテージやメンズライクなアイテム(3・8)がレギュラー復帰の予感。ツィードやカシミヤ、上質な素材で仕立てのいいメンズジャケットなどを、女性らしい色気のあるアイテムとミックスしたいと思っています」 2 ジルサンダーのブーツ。「靴は白など薄い色みのものが好き。最近買ったものですが、長く愛せるスタンダードになりそう」3 5年ほど前に購入したルメールのメンズウールシャツ。「メンズでも素材や落ち感を吟味すれば着やすいです」4 毎シーズン、素材やカラー違いでリリースしているseya.のコート。ヤクウール100%、ダブルフェイス仕様の贅沢な一着5 「肌に直接触れるインナーは、カシミヤ素材を選ぶようにしています」。右はルイ・ヴィトン、左はseya.のもの6 2年ほど前にタイで購入したジム・トンプソンのスカーフ。「地味な色みの服が多いのでアクセントに重宝しています」7 バンコクのハンドメイドジュエリー。「ずっとつけていられるシンプルなものと、ちょっと変わった素材やデザインのものをミックスするのが自分の中のルールです」 8 マルジェラ時代のエルメスのウールパンツ。「素材のよさと落ち感に惹かれました。3シーズン使えて何にでもコーディネートしやすく気に入っています」 Profile Keiko Seya/瀬谷慶子2016年、パリを拠点にスタートしたブランドseya.のクリエイティブ・ディレクター。毎シーズン、旅によって得たインスピレーションをコレクションで表現。洗練された上質なアイテムの数々が、高感度な大人の女性たちに支持されている。 CASE: 02 アティテュードある宝物を時を経ても愛用し続ける ニコラのキャリアは、ジュエリーデザインからスタートしただけあって、ワードローブにアクセサリーは欠かせないそう。「ジュエリー(10〜12)はヴィンテージや知り合いのデザイナーのものを中心に集めています。服をアクセサライズするのも好きなのでベルト(16)は欠かせません。ドレスやジャケットの上にベルトをして、フェミニンとマスキュリンのバランスを楽しんでいます」ケイト・スペードでデザインをするようになってから、今まであまり着ることのなかった色柄ものもスタンダードに加わったという。「遊び心のあるフラワーやアニマルプリントのドレス(9)が今の気分。一方で、10年以上愛用しているのは飽きの来ないソリッドカラーのもの。クロエのドレス(14)はデザイン、フレアの動き、ボタンのディテール、すべてが美しい至福の一着。グッチのパンツ(15)はしばらく着用しない期間があっても、必ず復活します」 いろんなものをたくさんというより、毎シーズン本当に好きなものを数点だけ買うほうがサステイナブルだと語るニコラ。年を重ねるごとに自分のワードローブをよく理解していくので、旬のトレンドアイテムも自然と上手にミックスできるようになるそう。「女優のヘレン・ミレンのように、年齢にこだわらずにアティテュードを持ってオシャレを楽しんでいる女性が素敵だと感じますね」9 パフスリーブドレスはケイト・スペードニューヨークの2019年秋冬から10 (右手)ケイト・スペード ニューヨークのリングとハチのモチーフリング(左手)夫からサプライズでプレゼントされたエンゲージメントリングは、英国人デザイナーMAEVONAによるもの。アンティークダイヤモンドがプリンセスカットされた唯一無二の美しいデザイン11 ショートカットに映えるイヤリングはNYのヴィンテージショップで購入12 ジュエリーデザイナー、ドロシー・ホッグはエディンバラ芸術大学時代の講師。「このリングはどんなスタイルにもマッチするお気に入り」13 10年以上メイクアップの定番は黒のアイライナー。愛用はシャネルのスティロ ユー ウォータープルーフ14 1970年代のカール・ラガーフェルドが手がけたクロエのドレスは一生物15 16年以上前に購入したトム・フォード時代のグッチのベルベットパンツは今でもスタメン16 (上)アライア、(下)ニコラがデザインしたマイケル・コースのベルト17 シーンを選ばないケイト・スペード ニューヨークのロミーサッチェルバッグ Profile Nicola Glass/ニコラ・グラスイギリス・北アイルランド出身。グッチ、マイケル・コースのアクセサリーデザイナーを経て、2019年春夏からケイト・スペード ニューヨークのクリエイティブ・ディレクターに。プレイフルなウェアやバッグを発表。 SOURCE:SPUR 2019年12月号「デザイナーたちの“マイ・スタンダード”の作り方」photography:Mari Shimmura(Keiko Seya) Emmy Park(Nicola Glass) interview & text:Mami Okamoto(Keiko Seya), Miko Uno(Nicola Glass)
  • 11月に入り、だんだんと朝昼晩の気温差が出てきましたね~。帰宅時にはブルッ!とする事もしばしば。今日はこんな季節にオススメしたい“買い足しアイテム”をpick upします! 本格的なアウターを着るにはまだ早い?ってときには・・・ 持ち運びできるパッカブルタイプの軽量アウターがおススメ! Demi-Luxe BEAMS/Traditional Weatherwear / ARKLEY ロングインナーダウン/¥19,500+税 シャツのようにラウンドした裾が女性らしさを引き立てる1着。 アウター使いはもちろんのこと、インナーとして着られるのも嬉しいポイント♪ 専用の収納袋付きなのも◎   コーディネートのトーンが暗くなりがちなときには・・・ 存在感のあるバッグを1点投入!   A VACATION/TANK トートバッグ/¥59,000+税 コーディネイトのアクセントにするなら小粋なペイズリー柄が旬。"BLTバッグ"のトレンド筆頭の"TANK"は、インテリア用ファブリックを使用した上品な雰囲気が特徴です。   ちょっとそこまでのお出かけのとき着るものに困る・・・ ウールのショールやストールがおススメ LAPUAN KANKURIT/ポケットショール「MARIA」/¥10,000+税 室内はもちろん車移動時の気軽なアウターとしてなどシーンを問わず活躍する絶妙な厚さのショール。両サイドの大きなポケットにはミニ財布や鍵がすっぽり。「ちょっとそこまで」のお出かけには、さっとはおってバッグいらず!   タイツを穿くにはまだ早いけど、足元が寒いときには・・・ ソックスを冬用に衣替え! CAPRICORN MOHAIR SOCKS/モヘアソックス/¥2,500+税 イギリス・ノーサンバーランドのソックスメーカーの定番品。 水分をためにくいモヘアは、耐久性があり長時間履いても匂いにくいのが特徴。バレエシューズやおじ靴と合わせれば、ほどよいボリューム感でスタイリングのさりげないポイントに♪ 私もカプリコーンソックスは毎年買い足ししているアイテム! 定番のコンバーススニーカーとの相性もよく、色違いでたくさん持っていますよ!   少しのアイテム追加で今の季節もおしゃれ&快適に過ごせます。FLAG SHOPでいろいろ探してみてくださいね~。    
  • コートを着ているときも脱いだときも素敵でいられるコーデをご紹介。淡色の「リバーコート」を着るなら、ワントーンコーデがおすすめ。クリーミーなホワイト、アイシーなグレー、今季旬のラテカラーなど、それぞれのカラーごとに鉄板コーディネートを組んでみました。 THIRD MAGAZINE[サード マガジン]の淡色リバーコート オールホワイトが上品にまとまるこだわりのクリーミートーン 思い切って全身にまとうことでリッチに仕上がる冬の白。まろやかなトーンでしっとりと。上質なウールの質感もきわだつ。 コートを脱いだら コート(ストールつき)¥92000/サード マガジン ニット¥36000/スローン スカート¥29000/ebure ピアス¥12500/ビヨンクール 大阪高島屋店(ガス ビジュー) ブレスレット¥9000/フォーティーン ショールーム(イン ムード) バッグ¥44000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(ペリーコ) 靴¥24000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) STATE OF MIND[ステートオブマインド]の淡色リバーコート 明度の高いアイボリーが軽やかに映えコンサバすぎない旬のベージュコーデに 大人びた上下ベージュのパンツルックをフレッシュに導くのが、明るめアイボリーの襟つきコート。歩いてなびくしなやかな素材感や肩ひじ張らず着流せるデザインで、オンの日にぴったりの気張らないきれいめスタイルを楽しんで。 コートを脱いだら コート¥34000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ニット¥21000/ロンハーマン パンツ¥19000/アダム エ ロペ ピアス¥37000/UTS PR(ルフェール) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥67000/アマン(エレメ) 靴¥12778/アテニア BEAMS LIGHTS[ビームス ライツ]の淡色リバーコート アイシーなグレーを基調にすればフェミニンさも大人のさじ加減に アイスグレーと相性のよいブルーをなじませてさわやかに。レースの質感で女っぽさも上々。 コートを脱いだら コート¥42000/ビームス ライツ 渋谷(ビームス ライツ) ニット¥25000/スローン スカート¥78000/サード マガジン ピアス¥55000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) 時計¥26000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥148000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) タイツ¥700/タビオ(靴下屋) 靴¥45000/アナトリエ ミュゼ プリヴェアトレ恵比寿店(バルダン) FRAY I.D[フレイ アイディー]の淡色リバーコート 白とベージュのまろやかなラテカラーでやさしい女らしさをまとって コートの上品さを引き立てる、やさしげベージュのワントーン。きちんと感強めのシャツ×パンツのコンビも、色の効果と顔立ちをやさしく見せるノーカラーで柔和な雰囲気に。話しかけやすいオーラに包まれて。 コートを脱いだら コート¥31000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) ブラウス¥32000/ebure パンツ¥26000/ロンハーマン ピアス¥23000(アンセム フォー ザ センセズ)・靴¥51000(ペリーコ)/アマン バッグ¥57000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) 撮影/谷田政史〈CaNN〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/大平典子 モデル/桐谷美玲 取材・原文/榎本洋子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • このスタイルができるのもあと少し。ビッグニットで小顔効果も狙えます。10月のはじめには、まだ半袖で出かけていたような気がしますが、あっという間に秋、そして秋を満喫できないまま、冬ももうそこまで来てますね。朝晩はかなり冷え込みますが、昼間はニットで十分な気温。羽織ものもいらないので、ビッグニットのワンツーコーデで楽にお出かけできます。グリーン具合がお気に入りのエンフォルドのニット。 冬が近づいてくると、色を効かせたくなります。ボトムスをレザーにするだけで、断然今年っぽくなりますね!(以前ご紹介した、ZARAのものになります。)そして、ビッグニットのおかげで、心なしかなんだかいつもより小顔に見える気が…するような、しないような。 このコーデでライブにも行って、盛り上がりました〜!またそちらについても書きたいと思います。 ビッグニットのワンツーコーデができるのもあと少し。 たくさん楽しみたいですね!美女組No.134 sakiのブログ
  • 「私は、サミットよりオオゼキ派!(笑)」 ミーティング中、ご近所話で大盛り上がり 10月に異動してきた岩上くんは、社内でも期待の星。そんな彼への指導をおおせつかったからには、まずは見た目から"デキる"先輩に。腰位置高く、シュッと見せた黒の着こなしに、華やぐスカーフとゴールドアクセで美人見え。シンプルな定番黒ニットも、小物使いで今っぽくなるからうれしい! 岩上くんと雑談していたら、「実は絵美里さんと 近所なんです。スーパーでお見かけしました!」と言われてびっくり。こりゃ、社外でも気が抜けませんね。 ニット¥24000/スローン スカート¥12700/リフラティ シップス ルミネ横浜店(リフラティ シップス) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) ピアス¥23000(アン セム フォー ザ センセズ)/アマン[男性]ジャケット・パンツ¥125000(タリアトーレ)・シャツ¥12700(シップス)・ネクタイ¥19000(ルイジ ボレッリ)/シップス 渋谷店   【今月のPROFILE】港区OL・絵美里イタリアに本社を置くインテリア会社で、営業を担当。パッと見はクールながらも、実は乙女な癒し系。社内公認のコウジと順調ななか、新たな刺客が。   明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 1/2 2/2 【使えるブラックアイテム】タートルニット変わらず愛せるベーシックなものこそ"いいもの"を。上質ウールを100%使い、ウールニットにありがちなチクチク感が皆無。きれいめな薄手のハイゲージは、着回し力も絶大。ニット¥24000/スローン 【使えるブラックアイテム】ツイードスカート見た目の華やかさだけでなく厚手で暖かいのも魅力的。生地を重ねたようなラップ型は歩きやすく、ヒール靴とも好相性。スカート¥12700/リフラティ シップス ルミネ横浜店(リフラティ シップス)  「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/江原英二〈Astro〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/大平典子 モデル/絵美里、守屋光治・若林拓也・岩上隼也(メンズノンノモデル) 本誌取材/伊藤真知 本誌構成/山岸成実〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵   
  • 軽やかにゆれる柔らかなピンクベージュコートは冬の最強のモテアイテム!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます 声もようやく通常通りに戻って今夜には完全復活の兆し。短期間で体調もよくなりひと安心。なぜって明日は彼のお誕生日で、予約のとれないフレンチを奇跡的に確保できたから。オフィスでも浮かずに華やかな印象の黒ドットワンピースは、軽やかなピンクベージュのコートをさっと羽織れば、ぐっと女性らしくデートが盛り上がりそうな予感。コート¥35,000(エムセブンデイズ)・ワンピース¥37,000(サクラ)・バッグ【PIASKI NEW CALF】¥30,000(ベルメール)・サイドスタッズブーツ¥37,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol 帽子/スタイリスト私物撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「ドット柄」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • こんにちは〜! いけももです^^ あっという間に11月(と、毎月そんなこと言ってる気がしますが…歳かなw) 今日発売の12月号◎特に熟読してしまった今季の冬コートコーデや身長別スタイルアップテクのパンツ特集etc... うーん!今回も見どころ満載ですな 寒いのは苦手でもウール系ロングコートとパンツスタイルが大好きな私にはワクワクが止まらずー!です^^ そして今月号の特別付録、ホワイト×ゴールドの組み合わせが可愛い眉ブラシにも注目◎ 人気メイクアップアーティストの長井かおりさんが監修されているこちら↓ 太さや濃さも自由自在♪ナチュラルで凛とした理想の美眉がササっとつくれる計算されたアイテム…! パウダー派の私、最近お気に入りの重ねリップメイクとともに早速使ってみましたよん ---------- -T O D A Y' S    L I P    M A K E- ▶︎オレンジブラウニーリップメイク #38℃ / 99℉ リップスティック 02 #Fujiko シェイクシャドウ 06 ①フローフシのブラウンリップを全体に薄く塗る   ②シェイクシャドウを指の腹に取り、唇の中央部分に馴染ませるようにのせる(特に口角と下唇の中央付近はしっかりと)   ③唇を合わせて色味を整える   ---------- 少し濃いめの色で輪郭を強調したい部分の口角をきちんととると、リップ全体の印象がハッキリするので好き^^ 柔らかいフローフシのカラーと、フジコの品のあるグリッターブラウンが合わさると透明感のある暖色カラーに♪ 写真より実際の色味はもう少し落ち着いたオレンジブラウンよりのカラーになります◎ そして気になる眉メイクはといいますと… いつも苦戦していた眉頭の濃さや全体の微調整もサクッといけちゃいました!きれいに描けて時短も叶う、パフォーマンス力抜群ですっ メイクも衣替えして、さらにオシャレを楽しもうっと!^^ instagram
  • さわやかな秋晴れが心地いい! テラス席狙いで、早めにランチへ 丸の内OLの醍醐味は、なんといってもランチの選択肢が広いこと!  そんな今日のお目当ては、"ブラウン好き&食べ物は辛党"の私にはたまらない、ガパオ&カレーのセット。店へ急ぐ道中、じんわり汗ばむくらい暖かな陽気。コートの中は薄手のリブニット一枚と軽やかなチェックのスカートで快適に。体温調節に便利なストールは、ブルーを選んでさわやかさをプラス。美味しくて辛いランチを食べたら、なんだか熱い! 帰りはコートを脱いで、ストールを巻いて帰ろう♪ コート¥41000/エミ ニュウマン新宿店(エミ アトリエ) ニット¥26000/SANYO SHOKA(Iマッキントッシュロンドン) スカート¥24000/シュガー・マトリックス(イチエ) ピアス¥6000(デミルクス ビームス)/デミルクス ビームス 新宿 ストール¥32000(ファリエロサルティ)/デミルクス ビームス 新宿 靴¥98000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ミッシェル ヴィヴィアン) 【今月のPROFILE】千代田区OL・絵美里メーカー広報部勤務。コスメやサプリ、美顔器など美容関連の商品を扱うメーカーでPRを担当。甘い雰囲気とは裏腹に、心と仕事ぶりはなかなかの男前。夢見る彼と半同棲中。   明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 1/3 2/3 3/3 【使えるブラウンアイテム】リブニット太めのリブと首もとまで暖かなモックネックが上品。薄手ながらほどよく厚みがあり、一枚で着ても体のラインが響きにくいのがうれしい。ニット¥26000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン) 【使えるブラウンアイテム】チェックスカートよく見ると千鳥格子柄のガンクラブチェック。細プリーツと相まってさりげなく華やかに。スカート¥24000/シュガー・マトリックス(イチエ)  【使えるブラウンアイテム】Vカラーコートカシミヤ混のウール素材で薄手でも暖か。広くあいたVカラーで襟に高さのあるトップスとも重ねやすい。コート¥41000/エミ ニュウマン新宿店(エミ アトリエ) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/江原英二〈Astro〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/大平典子 モデル/絵美里、守屋光治・若林拓也・岩上隼也(メンズノンノモデル) 本誌取材/伊藤真知 本誌構成/山岸成実〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵   
関連キーワード

RECOMMEND