もっと素敵に見える 「ロングカーデ」の着方7つのアイデア

Marisol ONLINE

大人にうれしい「ロングカーデ」をこの秋、ほっこり感を寄せつけず、センスよく着こなすためのポイントをスタイリスト徳原文子さんが伝授します。

スタイリスト 徳原文子さん

スタイリスト 徳原文子さん

表紙はじめ本誌ファッションを牽引するスタイリスト。大人が素敵に見えるシンプルの提案や卓越した美意識で、絶大な人気と信頼を集める

01)間違いのない名品を選ぶ

<定番のハイゲージやリブでも旬の起毛でも、繊細&上質な 素材を厳選。縦目線ですっきり見せる深Vネックも重要!>

右)ニュアンスとクリーンさをあわせもつ白のトーンと、ドロップショルダーでリラックスしたシルエットが絶妙。カーディガン¥42,000/アングローバル(イレーヴ) 
中)ショールカラーのボタンレスで、ガウン風のこなれた着こなしがかなう。カーディガン¥48,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) 
左)薄手の極細リブとシャープなVネックで、全身をすっきりスマートな印象に。カーディガン¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)



02)とろみのあるインナーで異素材ミックスに

<ロングカーデのふんわり表情豊かな質感に、スムースでなめらかなワンピをイン。素材のギャップが、洗練を導きます>

とろんと落ちる上品きれいなワンピースに、ふわっと柔らかな起毛ニットのロングカーデをはおった、ワンツーコーデ。「いろいろがんばってる感」は皆無なのに完成度が高く、圧倒的におしゃれな印象の着こなし! 

カーディガン¥54,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ワンピース¥44,000/ebure ピアス¥13,000/リエス(サスキア ディッツ) バングル¥16,500/ガリャルダガランテ 表参道店(フィリップ オーディベール) バッグ¥61,000/ビームス ハウス 丸の内(ヘリュー)



03)ビビッドカラーを選んでみる

<「色」に挑戦したいこの秋。普通丈のカーディガンより今っぽく、コートよりも気軽にさらっと着られます>

鮮やかなイエローは、実はどんな定番色とも相性のいいカラー。さし色というよりも着こなしの主役で使うのが今季の気分。トレンドの起毛素材で、ブラウンのニットスカートをさらにフレッシュに印象づけて。

カーディガン¥32,000/エイチ ビューティ&ユース Tシャツ¥9,900/エイトン青山(エイトン) スカート¥26,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) バッグ¥36,000/TOMORROWLAND(カルボッティ) 靴¥54,000/アマン(ペリーコ)



04)レースで華やかにする

<ロングカーデのカジュアルな持ち味を、あえて女らしくドラマティックにシフト。奥行きのある着こなしに>

ネイビーのゆるっとしたガウン風ロングカーディガンに、同じネイビーのレーススカートを合わせて。マニッシュな靴が全身の印象をシャープに引き締め、ドラマティックなレースの表情をいっそう引き立ててくれる。

カーディガン¥26,000/ティアラ(ティアラ) Tシャツ¥8,000/ボウルズ(ハイク) スカート¥79,000/SANYOSHOKAI カスタマーサポート(エポカ) ネックレス¥36,000/マルティニーク日本橋(ロマニン) バッグ¥21,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ザ ディレッタント) 靴¥159,000/ドゥロワー 六本木店(エドワード・グリーン)



05)クラッシュデニムを合わせてみる

<リラックス感をラフなデニムで強調するのも手。ハイゲージの淡色カーデなら、上品さをキープ>

控えめなダメージが大人にちょうどいいこなれ感をもたらす、ライトブルーのデニム。アイボリー×ハイゲージの相乗効果できれいめ感の高いロングカーデを合わせ、全身を淡いトーンで統一し、上品に。インナーと大ぶりトートは黒を。辛口なパンプスとともに全身を引き締め、大人っぽく仕上げて。

カーディガン¥18,000/スリードッツ青山店(スリードッツ) Tシャツ¥16,000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥33,000/デンハム・ジャパン(デンハム) ネックレス¥182,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) バッグ¥35,000/ヒューマンウーマン(クレッグFORヒューマンウーマン) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ)



06)ワントーンで着る

<カーデがフラットで面積が広いぶん、中はリブなど立体的な素材を選択。小物でもメリハリをつくりましょう>

なめらかな落ち感が魅力の、サイドスリット入りロングカーデを軸にしたワントーンスタイル。ともすると印象がのっぺり見えがちなので、リブスカートで凹凸をつけ、小物のボリューム感でメリハリを演出。

カーディガン¥23,000/リエス(リエス) Tシャツ¥9,000/ebure スカート¥18,000/ティアラ(ティアラ) 帽子¥48,000/エストネーション(ジジ バリス ミリナリー) ネックレス¥16,000/TOMORROWLAND(ダイアナ ブロッサード) バッグ¥59,000/アマン(ペリーコ) 靴¥20,000/ノヴェスタ ジャパン オフィス(ノヴェスタ)



07)足もとを辛口モードに振り切ってみる

<便利なアイテムほど安易に着ず、「攻める」のが正解。小さい面積でもきく靴で、モードな気分を投入します>

細リブカーディガンの色を拾って上品になじむ、ブラウンベースのパイソン柄ブーツ。旬のブーツで足の甲をおおうと、ロングカーデ×デニムが陥りがちなコンサバ感やほっこり感がセーブされ、一気に今っぽくキレのいい雰囲気に。

カーディガン¥32,000/ロンハーマン ブラウス¥24,000(エッフェ ビームス)・サングラス¥28,000(ブラン)/ビームス ハウス 丸の内 パンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) バッグ¥158,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ザンチェッティ) 靴¥35,000/マルティニーク日本橋(ファビオ ルスコーニ)
【Marisol10月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/五明祐子 取材・文/須藤由美
関連記事
  • ニットとシルバージュエリーは相性抜群! シルバージュエリーというと夏につけるもの?と思っていましたが、最近ニットに合わせてつけているお気に入りがこの2つ。 私のところへやって来るまでに、素敵な女性達の手で選ばれたものである…そんな背景も、ながく、大切に使いたいと思わせてくれます。 左は、先月開催された五明さん @gomyoyuko のマルシェで出会えたシルバーバングル。 1900年代前半のものだそう。 五明さんがロンドンで見つけて東京へ連れて帰ってきた、という素敵なストーリーの奥に、さらに重なる時間。心がときめきます。 花や葉を彫った細工に、スカラップ形の縁飾りが繊細なレースのようで、本当にかわいいんです 右は、ナバホ族の女性アーティストの作るリング。 SUNDAY MARCH 30というインディアンジュエリーショップのポップアップで、今年の初夏に出会いました。女性のセレクターの方が現地で選んだ、こちらも愛情や世界の広がりを感じるもの。 ターコイズジュエリーには、憧れと近寄りがたさを感じていたのですが、ハートを象ったミントグリーン色が勇気をくれました。この石はキングマンターコイズという鉱石だそうです 平日は時計をしているので、このバングルとの重ね付けは週末のお楽しみ。今日はブリックレッドのニットに合わせました。ベージュやブラウンなどこの冬着たい色との相性も、とても良さそうです ちなみに合わせたニットは、こちらも五明さんが、LEEマルシェの人気企画で今季セレクトしているトリコジーンマークの別注カーディガン。デニムなど定番カジュアルパンツがなんでも合わせやすくて、とびきり軽くて、ヘビロテ中です ミツコ . #LEE編集部のお買い物 #magazinelee #leeweb #leemarche . #sundaymarch30 #toricotsjeanmarc
  • 年金だけじゃ足りないかも!? 2000万円貯めるために! 30歳までにすべきこと誰にでも訪れる“老後”を豊かに過ごすため、モア世代がすべきことは? お金のプロが、最重要ポイントのみ徹底レクチャー!!●教えてくださった方風呂内亜矢さん1級ファイナンシャル・プランニング技能士。著書『ケチケチせずに「お金が貯まる法」見つけました!』(王様文庫)など、実践しやすいテクニックが人気ふたつの“F”だけ予算を決める「せっかくだから」と、ついつい財布のひもをゆるめがちなのが変動費の“食費”と“自由費”。「このふたつは固定費と違って感情が高ぶりやすく、衝動遣いにつながりやすい費目。後悔しないで思いきり楽しむためにも、予算の上限を設定しておきましょう」(風呂内さん、以下同)手取りに対する割合の目安は食費が15%、自由費が10%で合計25%。手取り20万円なら食費が3万円、自由費が2万円という計算に。「どちらを多くすると気分が上がるかは人それぞれ。上手にバランスをとりながら、トータルで5万円に収まれば問題ありません。予算オーバーしがちな人は、それが欲しい理由(欲望)を細分化してみましょう。低価格なものに置き換えることができれば、支出も抑えられます」Food 食費●自炊用の食材●自分だけが食べる外食●飲み物やおやつなど食費は“自分が食べる食事”が対象。ただ、自炊やひとりごはんよりも友人との外食が多い人は、その分も食費として予算立てを。「食費を抑える基本は、自炊すること。そして、定番アイテムの置き換えです。たとえば毎晩ビールを飲む場合、好きなのはビールの味? あるいは爽快感? それともアルコールのほろ酔い気分? ビールが好きな理由を細分化して考えた時、どれかひとつでも満たせばいいなら、ノンアルコールビール(味)や炭酸水(爽快感)などに置き換えが可能。好きなものを我慢したり、やめるのではなく、“置き換える”ことで満足感を得ながらしっかり節約できます」Free 自由費●洋服やコスメ●趣味や娯楽●飲み会を含む交際「私自身、若い頃は交際費がいちばん大きかったので、“飲み会やディナーをランチにする”というマイルールを設定。楽しさはそのままで、お金と時間を節約することができました」モア世代の場合、交際費はもちろん洋服やコスメ、アクセサリーや趣味のアイテムなど、支出の誘惑が多いのも悩みのタネ。「人は瞬発的に使いたくなってしまう生きもの。けれど、それは必要な消費ではなく、ただの“浪費”です。本当に欲しいものを厳選するコツは、3回見ても欲しいものだけを買うこと。時間をおくことで衝動的な欲求がクールダウンするので効果テキメンです!」 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/国分美由紀 イラスト/田中麻里子
  • 素敵な服をデザインする人のスタイルにはどんなスタンダードが隠されているのか? 長年積み重ねてきた私服の“定番”を大公開。 CASE:01 アクセサリーや靴に遊びを加えるパリ・ベーシック パリを拠点にするブランドseya.のクリエイティブ・ディレクター、瀬谷慶子さん。自身のブランドを体現するような、パリらしい上品なベーシックスタイルに、エスニックな要素をミックスするのがマイ・スタンダードだという。1 飾らない色気を感じさせる瀬谷さん 「旅行するのが趣味で、旅先でついついエスニックなハンドメイドジュエリーやスカーフ(6)を買ってしまうんです。手持ちの服はシンプルな無地が多いので、旅先で買ったアクセサリーをアクセントにしたり、どこかしらにフェミニンな要素をプラスするのが定番ですね。アクセサリーは直感で、洋服は熟考して買うことが多いです」。瀬谷さんの言うフェミニンなスタイルとは、たとえば上質なカシミヤのタンクトップ(5)や、柔らかい素材のアイテムを選んでさりげない色気をプラスすること。アクセサリーもその重要なひとつで、タイの友人が作ったというハンドメイドジュエリーと、フィレンツェやコペンハーゲンで購入したというアンティークアクセサリー(7)が素敵にミックスされているのが瀬谷さんらしく印象的だ。「トレンドを意識しすぎるのは自分らしくない、だけどスタンダードすぎるとつまらない。だから、全身のバランスを考えるときは、靴が重要になってきます。シーズンごと、またその日の気分によって赤、シルバーなど靴を派手な色みにするんです。試行錯誤の結果、最近は、ベージュや白など薄い色みのもの(2)に落ち着きました」洋服自体は、20年くらい前から、流行に左右されずに使える普遍的なものを選ぶことが多くなったという。「そういう服は捨てずにとっておくし、しばらく着ていなかったけど、一周回ってまたヘビーローテーションすることもあります。最近は、ヴィンテージやメンズライクなアイテム(3・8)がレギュラー復帰の予感。ツィードやカシミヤ、上質な素材で仕立てのいいメンズジャケットなどを、女性らしい色気のあるアイテムとミックスしたいと思っています」 2 ジルサンダーのブーツ。「靴は白など薄い色みのものが好き。最近買ったものですが、長く愛せるスタンダードになりそう」3 5年ほど前に購入したルメールのメンズウールシャツ。「メンズでも素材や落ち感を吟味すれば着やすいです」4 毎シーズン、素材やカラー違いでリリースしているseya.のコート。ヤクウール100%、ダブルフェイス仕様の贅沢な一着5 「肌に直接触れるインナーは、カシミヤ素材を選ぶようにしています」。右はルイ・ヴィトン、左はseya.のもの6 2年ほど前にタイで購入したジム・トンプソンのスカーフ。「地味な色みの服が多いのでアクセントに重宝しています」7 バンコクのハンドメイドジュエリー。「ずっとつけていられるシンプルなものと、ちょっと変わった素材やデザインのものをミックスするのが自分の中のルールです」 8 マルジェラ時代のエルメスのウールパンツ。「素材のよさと落ち感に惹かれました。3シーズン使えて何にでもコーディネートしやすく気に入っています」 Profile Keiko Seya/瀬谷慶子2016年、パリを拠点にスタートしたブランドseya.のクリエイティブ・ディレクター。毎シーズン、旅によって得たインスピレーションをコレクションで表現。洗練された上質なアイテムの数々が、高感度な大人の女性たちに支持されている。 CASE: 02 アティテュードある宝物を時を経ても愛用し続ける ニコラのキャリアは、ジュエリーデザインからスタートしただけあって、ワードローブにアクセサリーは欠かせないそう。「ジュエリー(10〜12)はヴィンテージや知り合いのデザイナーのものを中心に集めています。服をアクセサライズするのも好きなのでベルト(16)は欠かせません。ドレスやジャケットの上にベルトをして、フェミニンとマスキュリンのバランスを楽しんでいます」ケイト・スペードでデザインをするようになってから、今まであまり着ることのなかった色柄ものもスタンダードに加わったという。「遊び心のあるフラワーやアニマルプリントのドレス(9)が今の気分。一方で、10年以上愛用しているのは飽きの来ないソリッドカラーのもの。クロエのドレス(14)はデザイン、フレアの動き、ボタンのディテール、すべてが美しい至福の一着。グッチのパンツ(15)はしばらく着用しない期間があっても、必ず復活します」 いろんなものをたくさんというより、毎シーズン本当に好きなものを数点だけ買うほうがサステイナブルだと語るニコラ。年を重ねるごとに自分のワードローブをよく理解していくので、旬のトレンドアイテムも自然と上手にミックスできるようになるそう。「女優のヘレン・ミレンのように、年齢にこだわらずにアティテュードを持ってオシャレを楽しんでいる女性が素敵だと感じますね」9 パフスリーブドレスはケイト・スペードニューヨークの2019年秋冬から10 (右手)ケイト・スペード ニューヨークのリングとハチのモチーフリング(左手)夫からサプライズでプレゼントされたエンゲージメントリングは、英国人デザイナーMAEVONAによるもの。アンティークダイヤモンドがプリンセスカットされた唯一無二の美しいデザイン11 ショートカットに映えるイヤリングはNYのヴィンテージショップで購入12 ジュエリーデザイナー、ドロシー・ホッグはエディンバラ芸術大学時代の講師。「このリングはどんなスタイルにもマッチするお気に入り」13 10年以上メイクアップの定番は黒のアイライナー。愛用はシャネルのスティロ ユー ウォータープルーフ14 1970年代のカール・ラガーフェルドが手がけたクロエのドレスは一生物15 16年以上前に購入したトム・フォード時代のグッチのベルベットパンツは今でもスタメン16 (上)アライア、(下)ニコラがデザインしたマイケル・コースのベルト17 シーンを選ばないケイト・スペード ニューヨークのロミーサッチェルバッグ Profile Nicola Glass/ニコラ・グラスイギリス・北アイルランド出身。グッチ、マイケル・コースのアクセサリーデザイナーを経て、2019年春夏からケイト・スペード ニューヨークのクリエイティブ・ディレクターに。プレイフルなウェアやバッグを発表。 SOURCE:SPUR 2019年12月号「デザイナーたちの“マイ・スタンダード”の作り方」photography:Mari Shimmura(Keiko Seya) Emmy Park(Nicola Glass) interview & text:Mami Okamoto(Keiko Seya), Miko Uno(Nicola Glass)
  • アデルビジューの2020SSの展示会にお邪魔してきました♪ 先月、美女組仲良しのMacoちゃんと アデルビジューの新作展示会に お邪魔してきました♪ 今回は2020の春夏のコレクションなので アデルで人気の高いラタン素材のアクセサリーが 数多くありました!! 淡水パールとガラス石を 組み合わせた夏らしいラタンバングルと 定番のバールバングルを重ね付けすると こんな感じに♡ 細いタイプのバングルなので重ねても 相性抜群!! 他にも可愛いお花をデザインが付いた こちらは太めのラタンバングル!! 一つだけでかなり存在感がありますが、 夏のコーデの手元に映えること間違いなしです!! ラタンシリーズは他にも 綺麗な緑色の石がとても目を惹いた、 イヤリング、バングル、ネックレスとの 組み合わせになっているものなど 他にも多数♪♪ ラタンネックレスもシンプルな ロングワンピースに使ったら素敵だなと 思いました!! ラタンシリーズの他にも とっても可愛かったのがこちらの ヒトデとフリンジのピアス!! フリンジ部分には職人さんが一つ一つ 丁寧に付けたというパールが施され、 ピアスの方にとってもおススメ!! また来年の夏の楽しみが増えました♡ このアクセサリーを付けて、東京オリンピック 行けるかしら♪ チケット全く取れていませんが(笑) 一緒に展示会に伺ったMacoちゃんのブログはこちら♡アデルビジューHP!! 今日からホリデーコレクションも発売ですので 是非↑アデルビジューのHPもチェックしてみて 下さいね♪ 私がオーダーしたホリデーコレクションの アクセサリーもまたご紹介させてください!! 美女組No.90miwakoのブログ
  • パンツ派とスカート派、2人のLEEキャラクターが、 もしも12closetのアイテムで冬のワードローブを作るとしたら……? 着こなしはもちろん、実際に試着したからこそのリアルなコメントも必見です。 今回はスカート派の續池さんに選んでいただいた10着の着回しからご紹介!   週5スカート派が選ぶ冬の10着   LEEキャラクター續池恵里Eri Tsuzuike 7歳と5歳の女の子、3歳と0歳の男の子と、4人の子を持つママ。ワードローブは、コーデがはくだけでラクに決まるロングスカートやワンピースが中心で、定番カラーのワントーン配色が好み。身長163cm。   a プリーツギャザースカートロング丈(85cm) 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 「ツヤ感のある落ち着いた色合いなので、カジュアルアイテムを大人っぽく着こなしたいときにもぴったり!」。太ももあたりから枝分かれになる特殊加工のプリーツが、可憐な揺れ感を生む大ヒット作。   b ホールガーメントニット 12closet/【福田麻琴さんコラボ】ホールガーメントニット/¥13,000+税 「とにかく着心地抜群!前上がりの裾は、アウトしたままでもきれいだしインもしやすくて、色違いで揃えたら毎日着ちゃいそうです(笑)」。續池さんは旬感も着回し力もあるモカブラウンをセレクト。   c クルーネック リブプルオーバー 12closet/クルーネックリブプルオーバー/¥8,900+税 「ほどよい厚みのあるリブニットなので肉感を拾わないし、よーく伸びて柔らかい。羽織りやボトム、小物使いで印象が変わるベーシックさが気に入りました」。深いネイビーは、華奢見え効果もあります。   d スリット入りロングニット 12closet/【福田麻琴さんコラボ】スリット入りロングニット/¥15,000+税 「プリーツスカートに合わせたいと思い選びました。裾をインしなくても絵になるのがありがたい。細身のパンツでメリハリをつけても素敵ですね」。コーデ全体を優しく引き締めるブラック。   e アルパカニットボレロ 12closet/アルパカニットボレロ/¥11,000+税 「ゆったりとしつつも着丈が短めなので、ボトムとのバランスを気にしなくていい!はおるだけで、全体がぐんと優しい雰囲気になります」。ダスティなカラーをまとったアルパカ混ニットの風合いと、丸みを帯びたシルエットで大人の可愛げを。   f 大人のスウェットパーカ 12closet/【石上美津江さんコラボ】大人のスウェットパーカ/¥10,800+税 「こんな大人めに着られるパーカを探していました!プリーツスカートやチェスターコートなどきれいめアイテムと組み合わせたい」。オフホワイトに近い優しげなベージュは、顔映えもばっちり。   g ビッグシャツ 12closet/【石上美津江さんコラボ】ビッグシャツ/¥13,000+税 「きれいめにもカジュアルにも振れる、バンドカラーとゆったりした形がタイプです。ワントーン好きなので、黒パンツでカッコよく着こなしたい」。洗濯後、ノーアイロンで着られるタイプライター生地。   h ベルト付きワンピース 12closet/ベルト付きワンピース/¥18,000+税 やや詰まりぎみのラウンドネックや袖口にギャザーを寄せ、ニュアンスを出したミモレ丈のAライン。共布ベルトを締めると優しいメリハリがつき、きれいめ感がアップ。生地は上品な光沢と吸湿・放湿性に優れたキュプラ混のコットンで、ざっくりカーデやニットを重ねてもさらりとした着心地です。カラーは幅広いシーン&通年で着られるよう上品なベージュとネイビー。スカートタイプのペチコート付きです。   i ウエストゴム ストレッチテーパードパンツ 12closet/ウエストゴムストレッチテーパードパンツ/¥12,000+税 「ウエストから太ももにかけて余裕があり、快適です。パンツはアクティブに動き回る日にはくことが多いのですが、これはセミフォーマルなシーンにも重宝しそうですね」。機能美にスカート派も大満足!   j チェック柄ストレッチパンツ 12closet/チェック柄ストレッチパンツ/¥14,500+税 黒×グレーのベースにマスタードイエローをきかせたタータンチェック柄。両サイド部分にゴムを入れたやや高め位置のウエストから太ももまではゆとりを持たせ、ひざ下からスッと細くなるテーパードが、無理なく美脚を叶えます。肉感を拾わない適度な厚みの裏起毛生地は、ストレッチ性とキックバッグに優れ、急にしゃがんでも、ダッシュをしても着用ストレスとは無縁! おしゃれな存在感、美脚効果、快適さと保温性。すべてをバランスよく備えた自信作です。   やること満載な週の始まりは、 即決まる無敵ニットとプリーツが頼り! day 1  a+b 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/【福田麻琴さんコラボ】ホールガーメントニット/¥13,000+税   「スタイリスト福田さんの"無敵ニット"は本当に着るだけで決まる!」。全方位、どこから見てもきれいな形。ツヤと揺れ感のあるスカートとなら手抜き感なし。   子どもの習い事の送迎は、 洗練感のある黒のワントーンカジュアルに day 2  g+i 12closet/【石上美津江さんコラボ】ビッグシャツ/¥13,000+税 12closet/ウエストゴムストレッチテーパードパンツ/¥12,000+税   シャツもパンツもほんのり光沢があるので、上下を黒でまとめてもどこか軽やか。パンプス&きれいめバッグならよそゆき仕様に。「オーバーサイズのコートをはおってもすっきり見えますね!」     着こなし全体が明るく、 優しくなるピンクのボレロをはおって友人宅へ day 3  a+e 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/アルパカニットボレロ/¥11,000+税   「淡いトーンのピンクって、実は冒険カラーでしたが、実際に着てみると大人にちょうどいい甘さ。さらに着慣れた白Tやスカートとならしっくり」。カジュアル小物ではずすとこなれ感も!     車移動の日はよく伸びてきちんと戻る、 ノーストレスなリブニット&チェックパンツが活躍 day 4  c+j 12closet/クルーネックリブプルオーバー/¥8,900+税 12closet/チェック柄ストレッチパンツ/¥14,500+税   チェック柄のパンツはストレッチがきいて想像以上の着心地のよさを発揮。「長時間運転する日もこれならラクだし、シワになりにくく優秀!」     パーカとプリーツスカートのカジュアルMIXで、 家族みんなでスポーツ観戦! day 5  a+f 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/【石上美津江さんコラボ】大人のスウェットパーカ/¥10,800+税   パーカをきれいめに、スカートをヘルシーに。互いの新たな魅力を引き立て合う組み合わせ。「顔まわりを包み込むフードのボリュームがしゃれて見えます。このコートも使えますね!」     ワンピースにボレロをさらり。 小物で華やぎを足し夫とデート day 6  e+h 12closet/アルパカニットボレロ/¥11,000+税 12closet/ベルト付きワンピース/¥18,000+税   「ブラウンとベージュの上品な配色は小物使いも映えて、おめかししたい日にぴったり」。ワンピは共布ベルトを締めてメリハリをつけ、さりげなく腰高見えを狙って。     友人とのランチは “長いもの同士”のワン・ツーで旬感を day 7  a+d 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/【福田麻琴さんコラボ】スリット入りロングニット/¥15,000+税   深いサイドスリットで抜け感を作り、黒でまとめた足元にあえて重さを出したこなれ感たっぷりの着こなしで、一目置かれる存在感を。「チュニック丈のニットとプリーツスカートの組み合わせは、私にとって初めてのバランス。早速実践してみようと思います」   いかがでしたか!? 大変参考になる着回し7daysの特集は下記からもご覧いただけます!   前回の【パンツ派】LEEキャラクター小山さんの着回し7daysは下記からご覧いただけます!   LEE最新号は下記からもご覧いただけます!
  • 11月に入り、だんだんと朝昼晩の気温差が出てきましたね~。帰宅時にはブルッ!とする事もしばしば。今日はこんな季節にオススメしたい“買い足しアイテム”をpick upします! 本格的なアウターを着るにはまだ早い?ってときには・・・ 持ち運びできるパッカブルタイプの軽量アウターがおススメ! Demi-Luxe BEAMS/Traditional Weatherwear / ARKLEY ロングインナーダウン/¥19,500+税 シャツのようにラウンドした裾が女性らしさを引き立てる1着。 アウター使いはもちろんのこと、インナーとして着られるのも嬉しいポイント♪ 専用の収納袋付きなのも◎   コーディネートのトーンが暗くなりがちなときには・・・ 存在感のあるバッグを1点投入!   A VACATION/TANK トートバッグ/¥59,000+税 コーディネイトのアクセントにするなら小粋なペイズリー柄が旬。"BLTバッグ"のトレンド筆頭の"TANK"は、インテリア用ファブリックを使用した上品な雰囲気が特徴です。   ちょっとそこまでのお出かけのとき着るものに困る・・・ ウールのショールやストールがおススメ LAPUAN KANKURIT/ポケットショール「MARIA」/¥10,000+税 室内はもちろん車移動時の気軽なアウターとしてなどシーンを問わず活躍する絶妙な厚さのショール。両サイドの大きなポケットにはミニ財布や鍵がすっぽり。「ちょっとそこまで」のお出かけには、さっとはおってバッグいらず!   タイツを穿くにはまだ早いけど、足元が寒いときには・・・ ソックスを冬用に衣替え! CAPRICORN MOHAIR SOCKS/モヘアソックス/¥2,500+税 イギリス・ノーサンバーランドのソックスメーカーの定番品。 水分をためにくいモヘアは、耐久性があり長時間履いても匂いにくいのが特徴。バレエシューズやおじ靴と合わせれば、ほどよいボリューム感でスタイリングのさりげないポイントに♪ 私もカプリコーンソックスは毎年買い足ししているアイテム! 定番のコンバーススニーカーとの相性もよく、色違いでたくさん持っていますよ!   少しのアイテム追加で今の季節もおしゃれ&快適に過ごせます。FLAG SHOPでいろいろ探してみてくださいね~。    
  • 「色に惹かれて買ったものの、上手く使いこなせない…」と靴を持参下さったモニター様。ポイントとなるカラー、どう取り入れる!?『ベージュ系グラデーションの着こなしが好きでワードローブの大半が白〜ベージュトーン。 でしたが、2年ほど前に受けたカラー診断の結果はベージュトーンが似合わないとされる〝サマー〟タイプ。 確かに、言われてみれば水色など寒色系は昔から好きで…なので今後、ワードローブ全体の色味をチェンジしていこうかなとも。 なのに、色に惹かれて購入したブルー系の靴が全く履きこなせてないんです。』 …と、個別スタイリングのモニターに応募下さったBN様。 beforeはコチラ↓当日、その悩みのタネとなっている靴を履いてきて下さいました! どうにか使いこなそうと、 無地で同色のストールを購入したそうですが… 『オール白の着こなしに、そのストールと靴をセットで合わせるのが定番でした。ただ最近、それが〝すごく頑張った感じ〟に思えてきたんです。』と。 確かに特徴のある色をバッチリ揃えて投入すると、〝差し色でベルトと靴とバッグの色を揃えるのがオシャレ〟とされてたバブル時代の印象になりがちです。 なので、 〝色ではなくトーンを揃える〟ぐらいの方が今は自然かもしれません。 そこで私のご提案は、 after↓全体を寒色系に持っていき、ストールの柄に僅かに含まれると淡い水色と、靴のミントブルーのトーンをさりげなくリンクさせる。とても気に入って下さったライトグレーのアウターは、手持ちの白やベージュのアイテムと今後増えていくであろう寒色系アイテムの繋ぎ役を担ってくれるはず。 ニットだけ、パンツだけ、と言った小さな面積で色味を変えても、アウター必須の今からの季節は活用しにくい。 ストールとアウター、この2大要素が揃っていれば、今後パンツをグレーにするだけでグレーグラデーションが完成する。 また、手持ちの白パンツに水色のニットを合わせたなら寒色系パステルトーンの着こなしに♬ そんな風に、大きな面積からチェンジする方が着こなしをイメージしやすく、次に買い足すモノを具体化できる。 ただ、そこで気をつけたいのは〝あくまで手持ちのアイテムに馴染む色〟であること。 大きな面積で、今の手持ちを無視した色を投入すると全て一式を買い替えるハメになる。 そして、 一気に大量に買い揃えた場合、そのうちの3割ほどは失敗な事が多い。 「吟味」より「焦り」が先に立つのでしょうね(^^;; 焦るとろくな事が無いと分かっていても、 「今すぐ新しい着こなしを完成させて、今日にでもアイテム探しを終わらせたい」と思うのは仕方ないことかもしれません。 なので、そんな流れに持っていかないようにする! のが、ベストと思います(^_−)−☆ いかがでしたか!? ※アメブロも更新しています↓ bemi's small &simple Style美女組No.52bemiのブログ
  • 働く女子のためのクリスマスコフレ品評会のぼり坂OLコスメ委員会が「絶対に使える限定色コスメ」をガチ買い&お試し! 特別なパッケージに身を包んだホリデー限定色の数々。みんなのウィッシュリスト入りを果たしたリップはこちら!Visée (11/16発売)コーセー(ヴィセ リシェ)/グラマラスモード アイパレット BR-2¥2000(価格は編集部調べ)[パレット(アイシャドウ8色)]くすみカラーをテーマに、右4色は秋冬らしいオレンジやブラウン、左4色は自然な陰影をつくれるヌードカラーをセット。「ブラウンやアッシュだけでメイクしても暗い印象にならず、しゃれ見え◎」(若元さん)のぼり坂OLコスメ委員会がお試し!旬のくすみトーンがそろってて、定番のベージュ系メイクもあか抜けて見えます。中央のオレンジを上まぶたにふわっと広げると華やかさアップADDICTION (発売中)アディクション ビューティ/コンパクトアディクション “パーティタッチ” 002¥7800[パレット(アイシャドウ8色)]うっとりするような美しいルビーの彩りを詰め込んだパレット。「色によってパールの大きさが異なり、組み合わせ次第で可愛らしくも色っぽくもなれる♡ お出かけが楽しみに」(遠藤さん)のぼり坂OLコスメ委員会がお試し!ハッとするような赤み系のパレットだけど、モーヴやブラウン系のピンクがきちんとバランスをとってくれる。オフの日は赤を主張させたいコフレの応募者プレゼント実施中!パソコン、スマートフォンからのみ応募可能(フィーチャーフォン、郵便はがきからは応募できません)。締切りは11月28日(木)0時。『ヴィセ』の当選人数は3名、『アディクション』の当選人数は1名。ほかのコフレのプレゼント情報など、詳細は以下をチェック♪▶︎▶︎プレゼント応募はこちらOL向けコスメをリアルな声でお届け! 「のぼり坂OLコスメ委員会」発足♡ の記事はこちら>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 構成・原文/井上ハナエ 撮影/齊藤晴香 富田 恵(人物) 久々江 満(製品) ※商品はすべて限定発売品です
関連キーワード

RECOMMEND