ストーカーの正体発覚。対決する日は男前ジャケットで気合を入れて【2019/10/8コーデ】

Marisol ONLINE
玄関のドアに設置してもらった防犯カメラの映像にドアの前で数分間たたずむ女性の姿が。よく見ると同じマンションのヨガの先生!? 早速真相を探るためにも仕事帰りに先生の家を尋ねるつもり。パールとローファー合わせでこなれた女性らしさに合わせるのは、気合が入りつつも柔らかいニュアンスベージュで威嚇しない男前ジャケットを。
ジャケット¥42,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) カットソー¥5,900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) スカート¥45,000/マディソンブルー メガネ¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ネックレス¥252,000/CHERRY BROWN バッグ¥43,000/ジャーナル スタンダード表参道店(ウィッカー ウィング) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼「CPOジャケットコーデ」の関連記事もチェック
ひと足先に展示会をめぐって、今季のトレンドチェックに余念がないスタイリスト&エディターに徹底取材。「ずばり、この秋の注目アイテムは?」大アンケート調査の結果から見えてきた、マストトレンドをピックアップ!
運命の一枚に出会い、誰より素敵に着こなすため。アラフォーのジャケット選び、ここが知りたい!
関連記事
  • 素敵な服をデザインする人のスタイルにはどんなスタンダードが隠されているのか? 長年積み重ねてきた私服の“定番”を大公開。 CASE:01 アクセサリーや靴に遊びを加えるパリ・ベーシック パリを拠点にするブランドseya.のクリエイティブ・ディレクター、瀬谷慶子さん。自身のブランドを体現するような、パリらしい上品なベーシックスタイルに、エスニックな要素をミックスするのがマイ・スタンダードだという。1 飾らない色気を感じさせる瀬谷さん 「旅行するのが趣味で、旅先でついついエスニックなハンドメイドジュエリーやスカーフ(6)を買ってしまうんです。手持ちの服はシンプルな無地が多いので、旅先で買ったアクセサリーをアクセントにしたり、どこかしらにフェミニンな要素をプラスするのが定番ですね。アクセサリーは直感で、洋服は熟考して買うことが多いです」。瀬谷さんの言うフェミニンなスタイルとは、たとえば上質なカシミヤのタンクトップ(5)や、柔らかい素材のアイテムを選んでさりげない色気をプラスすること。アクセサリーもその重要なひとつで、タイの友人が作ったというハンドメイドジュエリーと、フィレンツェやコペンハーゲンで購入したというアンティークアクセサリー(7)が素敵にミックスされているのが瀬谷さんらしく印象的だ。「トレンドを意識しすぎるのは自分らしくない、だけどスタンダードすぎるとつまらない。だから、全身のバランスを考えるときは、靴が重要になってきます。シーズンごと、またその日の気分によって赤、シルバーなど靴を派手な色みにするんです。試行錯誤の結果、最近は、ベージュや白など薄い色みのもの(2)に落ち着きました」洋服自体は、20年くらい前から、流行に左右されずに使える普遍的なものを選ぶことが多くなったという。「そういう服は捨てずにとっておくし、しばらく着ていなかったけど、一周回ってまたヘビーローテーションすることもあります。最近は、ヴィンテージやメンズライクなアイテム(3・8)がレギュラー復帰の予感。ツィードやカシミヤ、上質な素材で仕立てのいいメンズジャケットなどを、女性らしい色気のあるアイテムとミックスしたいと思っています」 2 ジルサンダーのブーツ。「靴は白など薄い色みのものが好き。最近買ったものですが、長く愛せるスタンダードになりそう」3 5年ほど前に購入したルメールのメンズウールシャツ。「メンズでも素材や落ち感を吟味すれば着やすいです」4 毎シーズン、素材やカラー違いでリリースしているseya.のコート。ヤクウール100%、ダブルフェイス仕様の贅沢な一着5 「肌に直接触れるインナーは、カシミヤ素材を選ぶようにしています」。右はルイ・ヴィトン、左はseya.のもの6 2年ほど前にタイで購入したジム・トンプソンのスカーフ。「地味な色みの服が多いのでアクセントに重宝しています」7 バンコクのハンドメイドジュエリー。「ずっとつけていられるシンプルなものと、ちょっと変わった素材やデザインのものをミックスするのが自分の中のルールです」 8 マルジェラ時代のエルメスのウールパンツ。「素材のよさと落ち感に惹かれました。3シーズン使えて何にでもコーディネートしやすく気に入っています」 Profile Keiko Seya/瀬谷慶子2016年、パリを拠点にスタートしたブランドseya.のクリエイティブ・ディレクター。毎シーズン、旅によって得たインスピレーションをコレクションで表現。洗練された上質なアイテムの数々が、高感度な大人の女性たちに支持されている。 CASE: 02 アティテュードある宝物を時を経ても愛用し続ける ニコラのキャリアは、ジュエリーデザインからスタートしただけあって、ワードローブにアクセサリーは欠かせないそう。「ジュエリー(10〜12)はヴィンテージや知り合いのデザイナーのものを中心に集めています。服をアクセサライズするのも好きなのでベルト(16)は欠かせません。ドレスやジャケットの上にベルトをして、フェミニンとマスキュリンのバランスを楽しんでいます」ケイト・スペードでデザインをするようになってから、今まであまり着ることのなかった色柄ものもスタンダードに加わったという。「遊び心のあるフラワーやアニマルプリントのドレス(9)が今の気分。一方で、10年以上愛用しているのは飽きの来ないソリッドカラーのもの。クロエのドレス(14)はデザイン、フレアの動き、ボタンのディテール、すべてが美しい至福の一着。グッチのパンツ(15)はしばらく着用しない期間があっても、必ず復活します」 いろんなものをたくさんというより、毎シーズン本当に好きなものを数点だけ買うほうがサステイナブルだと語るニコラ。年を重ねるごとに自分のワードローブをよく理解していくので、旬のトレンドアイテムも自然と上手にミックスできるようになるそう。「女優のヘレン・ミレンのように、年齢にこだわらずにアティテュードを持ってオシャレを楽しんでいる女性が素敵だと感じますね」9 パフスリーブドレスはケイト・スペードニューヨークの2019年秋冬から10 (右手)ケイト・スペード ニューヨークのリングとハチのモチーフリング(左手)夫からサプライズでプレゼントされたエンゲージメントリングは、英国人デザイナーMAEVONAによるもの。アンティークダイヤモンドがプリンセスカットされた唯一無二の美しいデザイン11 ショートカットに映えるイヤリングはNYのヴィンテージショップで購入12 ジュエリーデザイナー、ドロシー・ホッグはエディンバラ芸術大学時代の講師。「このリングはどんなスタイルにもマッチするお気に入り」13 10年以上メイクアップの定番は黒のアイライナー。愛用はシャネルのスティロ ユー ウォータープルーフ14 1970年代のカール・ラガーフェルドが手がけたクロエのドレスは一生物15 16年以上前に購入したトム・フォード時代のグッチのベルベットパンツは今でもスタメン16 (上)アライア、(下)ニコラがデザインしたマイケル・コースのベルト17 シーンを選ばないケイト・スペード ニューヨークのロミーサッチェルバッグ Profile Nicola Glass/ニコラ・グラスイギリス・北アイルランド出身。グッチ、マイケル・コースのアクセサリーデザイナーを経て、2019年春夏からケイト・スペード ニューヨークのクリエイティブ・ディレクターに。プレイフルなウェアやバッグを発表。 SOURCE:SPUR 2019年12月号「デザイナーたちの“マイ・スタンダード”の作り方」photography:Mari Shimmura(Keiko Seya) Emmy Park(Nicola Glass) interview & text:Mami Okamoto(Keiko Seya), Miko Uno(Nicola Glass)
  • おしゃれプロの「自腹買い」から見えてきた注目トレンドトピックス。予想にはなかった意外なアイテムも!?リアルマリソル世代のプロたちが、綿密なリサーチと試行錯誤を経て選び抜いた、自腹のショッピングリストを大公開。 ■旬のブラウンとも好相性!意外にもネイビー が人気! みんなが買った定番色は「ネイビー」という声、多数! 流行のブラウンと相性抜群な点も、人気を集めた理由。「久しぶりにネイビーに立ち戻りたくて、今年らしいボトルネックのゆるっとニットに更新」(マリソル 編集長イシダ)。ニット¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) シャツ¥27,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥20,000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) メガネ¥27,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥154,000/アパルトモン 神戸店(ザンケッティ) 靴¥78,000/カオス丸の内(プロエンザ スクーラー)「軽くて暖かいウールフリース素材。ショールカラーのガウンタイプで何にでもはおれる」(マリソル 編集Y本)。コート¥79,000/エイトン青山(エイトン)「インナーダウンにもできるほど薄くて軽い! シャイニーな素材できれいめに着られる」(マリソル 編集K松)。ジャケット¥40,000/グリフィンインターナショナル(ピレネックス)「ウール100%とは思えない、しなやかで透け感のあるリブ。Aラインが腰まわりをカバー」(マリソル 副編集長SGUR)。ニット¥31,000/トヨダトレーディング プレスルーム(チルコロ1901)「ほかにはない深いネイビーの色みが素敵!憧れの一足です」(スタイリスト池田メグミさん)。靴¥107,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)【Marisol12月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/須藤由美
  • 今年のブーツはどうしようか?と悩んで選んだのはニュアンスブーツでした。立冬を迎え、いよいよ冬に向けて 支度を始めました。 ここ最近はジョッキータイプの 黒のロングブーツを愛用して いたのですが、展示会で オーダーしていたコートが届いた 9月頃からブラウン系も 欲しいなと、悩んでいました。 ショートブーツでも ロングブーツでもなく マキシマム丈のワンピや スカートに合わせて履くと こなれて見える。 そんなワガママを叶えてくれたのが 1983年オーストリアで誕生した Molliniモリーニというブランドの ものでSLOBE IENAで見つけました。バックスタイルMolliniモリーニ→★ミモレ丈からマキシ丈に スカートの好みが変わり スカートの裾からちらりと見える くしゅっとしたブーツは ポンテッドトゥウなのも 相まって、全体のバランスが 良く見えて、いつもの格好なのに 新鮮さが出て、買って良かった一足に なりました。 美女組NO.107ウマキのブログ
  • 日々たくさんの情報を発信してくれるモア公式ブロガー【モアハピ部】。彼女たちのブログには、ファッション、ビューティ、グルメなどモア世代がハッピーに過ごすヒントがたっぷり。そこでっ!! 今週人気のあったファッション・ビューティ・ライフそれぞれのランキングを発表しちゃいます! 今モア世代がリアルに気になっていること、注目していることをチェックしましょ♡ ※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。まずはファッションの人気記事から!『ユニクロ ユー』のシャツジャケットでセットアップコーデ♪ 歩きやすいパンプスも【ファッション人気記事】♡第3位♡ 『ユニクロ』でインナーをゲット No.562 しょこたうるすさんは、『ユニクロ』で買った「リブハイネックT」をレイヤードコーデに投入。シャツジャケットに合わせたり、ニットの下に着たり。かなり使える! ▶︎▶︎カラバリも豊富♡第2位♡ 可愛くて歩きやすいパンプスを発見 No.678 さややさんは、『センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ』で、ブラウンのシンプルなパンプスを購入。歩きやすさも抜群なんだとか♪ ▶︎▶ピアスも一緒に ♡第1位♡ 『ユニクロ ユー』のシャツジャケット No.562 しょこたうるすさんは、オフィスコーデに今シーズンのトレンド、シャツジャケットを愛用中。「ワイドフィットカーブジャージーパンツ」と合わせると、セットアップにも。 ▶︎▶︎着回しもきく!『アルビオン』の新作化粧液が優秀☆ 『ロクシタン』のミストで保湿ケア【ビューティ人気記事】♡第3位♡ 冬の毛穴ケアは、化粧水をたっぷりと No.692 れいさんがオススメするのは、『NICE & QUICK』の「ボタニカル高保湿化粧水」。保湿したいときは、サッパリ系の化粧水をたっぷり使って乳液で閉じ込めるのがいちばん! ▶︎ 冬でもうるおいのあるお肌へ♡第2位♡ 『ロクシタン』のミスト化粧水 No.576 *Ayane*さんのオフィスでの救世主は、『ロクシタン』の「アクアレオティエ ハイドレーションミスト」。瞬く間にうるおいのあるお肌を叶えてくれるそう。 ▶︎▶︎メイクの上からも使える♪♡第1位♡ 『アルビオン』の新作「フローラドリップ」 No.614 ほーたんさんは、新作の化粧液「フローラドリップ」を使用した感想をお届け。 一番に感じたのは、キメが整ったということ☆ ▶︎▶︎保湿効果も高いみなとみらい新スポット『横浜ハンマーヘッド』のレストラン♪ 『東京ディズニーリゾート』のクリスマス2019【ライフスタイル人気記事】♡第3位♡ 懐かしい!『おジャ魔女どれみ』のカフェ&ショップ No.647 ゆきちょさんは、東京ソラマチ内にあるアニメ『おジャ魔女どれみ』のカフェ&ショップへ。メニューは全部食べたいところだけど、3品をオーダー。デザートまでしっかり満喫したそう♪ ▶︎▶︎期間限定オープン♡第2位♡ 両パークで「ディズニー・クリスマス」 No.636 れいかさんは、『東京ディズニーランド』『東京ディズニーシー』両パークで「ディズニー・クリスマス」をお楽しみ。どちらも華やかでフォトジェニック♡ ▶︎▶︎フードも満喫♡第1位♡ 『横浜ハンマーヘッド』 No.457 samenyanさんは、オープンしたばかりの『横浜ハンマーヘッド』へお出かけ。話題のレストラン『キーズ パシフィック グリル』でのランチは味はもちろん、眺めも最高♪ ▶︎▶︎まるで船上で食事をしているみたい★今回のランキングは11/4(月)~11/10(日)のデータをもとに作成しました。モア世代の"リアル"が詰まった記事をお見逃しなく!→モアハピ部の最新ブログはこちらから
  • 「私は、サミットよりオオゼキ派!(笑)」 ミーティング中、ご近所話で大盛り上がり 10月に異動してきた岩上くんは、社内でも期待の星。そんな彼への指導をおおせつかったからには、まずは見た目から"デキる"先輩に。腰位置高く、シュッと見せた黒の着こなしに、華やぐスカーフとゴールドアクセで美人見え。シンプルな定番黒ニットも、小物使いで今っぽくなるからうれしい! 岩上くんと雑談していたら、「実は絵美里さんと 近所なんです。スーパーでお見かけしました!」と言われてびっくり。こりゃ、社外でも気が抜けませんね。 ニット¥24000/スローン スカート¥12700/リフラティ シップス ルミネ横浜店(リフラティ シップス) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) ピアス¥23000(アン セム フォー ザ センセズ)/アマン[男性]ジャケット・パンツ¥125000(タリアトーレ)・シャツ¥12700(シップス)・ネクタイ¥19000(ルイジ ボレッリ)/シップス 渋谷店   【今月のPROFILE】港区OL・絵美里イタリアに本社を置くインテリア会社で、営業を担当。パッと見はクールながらも、実は乙女な癒し系。社内公認のコウジと順調ななか、新たな刺客が。   明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 1/2 2/2 【使えるブラックアイテム】タートルニット変わらず愛せるベーシックなものこそ"いいもの"を。上質ウールを100%使い、ウールニットにありがちなチクチク感が皆無。きれいめな薄手のハイゲージは、着回し力も絶大。ニット¥24000/スローン 【使えるブラックアイテム】ツイードスカート見た目の華やかさだけでなく厚手で暖かいのも魅力的。生地を重ねたようなラップ型は歩きやすく、ヒール靴とも好相性。スカート¥12700/リフラティ シップス ルミネ横浜店(リフラティ シップス)  「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/江原英二〈Astro〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/大平典子 モデル/絵美里、守屋光治・若林拓也・岩上隼也(メンズノンノモデル) 本誌取材/伊藤真知 本誌構成/山岸成実〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵   
  • 米テレビ番組『E! News』主催の「2019 ピープルズ・チョイス・アワード」が、2019年11月10日(現地時間)に米サンタモニカで開催され、歌手のピンク(40)がチャンピオン賞を受賞! ピンクは、夫ケアリー・ハート(44)、長女ウィロー(8)、長男ジェームス(2)を連れて出席した。 Photo:Getty Imagesピンクは、子どもの飢餓撲滅を目指す「ノー・キッド・ハングリー」や難病と闘う子どもたちの夢を叶えるために活動する「メイク・ア・ウィッシュ ファンデーション」をはじめ、長年携わってきた数多くの慈善団体への支援や国連児童基金UNICEFのアンバサダーとしての活動が評価され、同賞を受賞。 スピーチでは、公民権運動の指導者マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(享年39)や環境保護論者グレタ・トゥーンベリ(16)の名を挙げて「変革できない人はいない」とコメントし、感動を呼んだ。 Photo:Getty Imagesフォトコールでは家族揃って登場すると、ピンク、ケアリー、ジェームスがブラックのジャケットとパンツルックで合わせたなか、ひと際目立っていたのがウィローのドレススタイル。 赤とピンクのワンピースに、肩からユニコーンのぬいぐるみをぶら下げたユニークな一着は、思わず二度見してしまうほど! その個性的なスタイリングは、かつてパンキッシュなスタイルで唯一無二の存在へと上り詰めた母ピンクを彷彿とさせる? 刈り上げヘアはママとお揃い! Photo:Instagram(@pink)以前、娘に「自分のことをブサイクだと思ってる」と打ち明けられたときに、「(周囲になんて言われようと)自分を変えないことが大切」だと話したことをスピーチで明かしていたピンク。ウィローはそんな母の教えに、自信をつけたのかも? Photo:Instagram(@entertainmenttonight)バックステージでは女優のゼンデイヤ(23)と写真を撮ってもらい笑顔を浮かべる、子どもらしい一面もみせたウィロー。ピンクのように歌手や慈善活動に励むのか、ウィローの将来が楽しみ! >>歌手ピンク、「一度にたくさんの男の子と付き合いたい」という娘の衝撃発言に返した言葉がお見事! >>親以上!?のセンス&美貌で世界を圧倒! 今フォローすべき、おしゃれセレブキッズ17人
  • ネイビーカラーのジャケットを使ったオフィスコーデ こんにちは、スーパーバイラーズの阿部早織です。 今回はIT企業に勤める私が、 リアルに着用している通勤コーデをご紹介したいと思います。 今年大活躍なのが、ネイビーのジャケット。 急な外出や商談があるとき、どんなコーデにも使える万能アイテムです。 外出が増えそうだな。と思ったときはオフィスに常備していることも。 私が購入したのは、ナノユニバースのものです。 大きめのジャケットが今年の流行りですが、 Sサイズの私でも、大きく見えすぎません♪ ZARAのプリーツスカートと合わせて。 そんな、使える!万能ジャケットを着用した全身コーデはこちら。 私は、ZARAのプリーツスカートとあわせてみました♡ ちなみに、このスカートはカジュアルな日にも大活躍です。 ▶ZARAスカートを使ったカジュアルコーデはこちら ジャケット:nano・universe (ナノ・ユニバース) トップス:FREE'S MART (フリーズマート) スカート:ZARA (ザラ) バッグ:FURLA (フルラ) パンプス:RANDA (ランダ) 大人っぽいオフィスカジュアルコーデにしたくて、 7cmヒールのパンプスに合わせました。 RANDAのパンプスは、ヒールの部分に遊び心があるデザインが多いので、 履くだけで個性的な印象を出せますよ♪ 小さめのサイズもあるのでおすすめです。 通勤の日はナチュラルなフェミニンメイクで 休日はよく赤リップを使いますが、 通勤のときは、オフィスコーデに合わせて、落ち着いた印象のピンクのリップを使います。 使用しているのは、OPERAのティントリップ。 (オペラ リップティント N 02 PINK) 塗りな直す時間がないときに、大活躍してくれるティントリップは、 外出が多いOLにとって必須アイテムですよね♪ だんだん冬に近づいてきて、通勤のファッションも、 防寒とおしゃれ、どちらも取り入れたい季節。 本日発売のBAILA12月号もお手本に…♪冬ファッションも楽しみましょう♡ (もう購入しましたか?付録の「天才眉ブラシ」が気になる…!またレポします。) みなさんの毎日のコーデの参考になればと思います。 インスタグラムでは、毎日のコーデやおすすめのカフェ、コスメを上げてます。 ぜひ遊びにきてください♪ 気軽にフォローしてくださいね。 ▶︎Instagramをチェックする
  • 軽やかにゆれる柔らかなピンクベージュコートは冬の最強のモテアイテム!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます 声もようやく通常通りに戻って今夜には完全復活の兆し。短期間で体調もよくなりひと安心。なぜって明日は彼のお誕生日で、予約のとれないフレンチを奇跡的に確保できたから。オフィスでも浮かずに華やかな印象の黒ドットワンピースは、軽やかなピンクベージュのコートをさっと羽織れば、ぐっと女性らしくデートが盛り上がりそうな予感。コート¥35,000(エムセブンデイズ)・ワンピース¥37,000(サクラ)・バッグ【PIASKI NEW CALF】¥30,000(ベルメール)・サイドスタッズブーツ¥37,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol 帽子/スタイリスト私物撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「ドット柄」を使ったコーデの関連記事もチェック
関連キーワード

RECOMMEND