偏愛パーカー1,490円!秋のメンズはここで買う【高見えプチプラファッション #62】

Marisol ONLINE
4月に、このアイテムを引き出しにしまい込んでから早くも半年が経ち、ふたたびお世話になる季節がやってきました。「パーカー&トレーナー」!秋冬のコーデは、春とはまた違う組み合わせなので、考えるのも楽しいです♪

この秋に使う予定の、わたしのお気に入りはこの2枚。「イザベルマラン・エトワール」の黒いトレーナーと、先日、思わぬ大発見をした、とある「メンズ」のネイビーのパーカーです↓
トレーナーやパーカーって、とてもラフな休日向けのアイテムですよね。プチプラ商品が街に溢れています。だからこそ、「どこか普通と違う」という、大人ならではの1枚が欲しくて、以前にちょっぴり奮発して購入した「イザベルマラン・エトワール」。
見ためは普通ですが、洗ってもヘタれないギュッと詰まった生地。それに、着た時にわかる「抜けた感じ」は、まさに「普通なのにカッコいい」。内側のフリース生地もあたたかく、機能性のよさも気に入っています。
そして…コレですよ。今日お伝えしたいのは、このパーカー!先日、「GU」に入ってビックリしました。メンズのあまりの豊作っぷりに!ビッグな掘り出し物を2点発見したので、今回と次回の2回でご紹介させていただきます♪

メンズパーカーは、他のメーカーの商品をよく使っていますが、GUでは買ったことがありませんでした。なんとなく、若者向けのイメージがあったので…。
それが、お店にディスプレイされているのをふと見たら、素通りできなくなりました。
パーカーは触らなくても、飾られている商品を見れば、なんとなく品質がわかるアイテムです。高見えの大事なポイントは「生地感」ですが、プチプラ商品には「ハリ」を感じられる生地厚のものが少ないのです。でもこのパーカーは、ハンガーに吊るされていても、ダラっと型崩れしておらず、立体感のある厚みがありました。畳んで棚に重ねてあるのを見ても、こんなに分厚いボリュームがあるのです↓いったいどんな秘密が??
思わず手に取って見ると、肉厚でもふんわりと軽い感じ。「これは…」と思って裏地を見たら、やはり「フリース(裏起毛)」でした。一般的なパーカーは、内側がこのような普通の生地です(左)↓フリースになるだけで厚みと立体感が増し、それだけで高見え感がUPします。
フード部分は、さらにしっかりとしたハリ感。秘密は、生地を二枚重ねにした「ダブルフェイス」です。フリースを2枚合わせた厚みなので、フードがクタれず、立体的なシルエットになるのです。すると、こんなことに…↓
フードが立ちます!しかもずっとこのままをキープ。高見えパーカーには「立体的なフード」、もうハズせない常識ですよね!
これで定価1,490円(+税)は、もう驚きしかないです。色々なメンズパーカーを見ましたが、この価格で「内生地フリース&立体的シルエット」というクオリティの商品は、他に見つけることができませんでした。GU公式サイト(メンズ)でも、ここ最近はランキング1位2位を争っている超人気商品ですね!(10/3現在)

少し大きめのメンズパーカーは、それだけでもトレンドの雰囲気になります。わたしが選んだ色は、パーカーでも上品コーデに使いやすい「ネイビー」です(女性用はネイビーの展開がありません)。しかも、明るくない暗めのネイビーがとても使いやすいです。休日のラフなパーカースタイル、いよいよ始まりますね!

【Holiday1】タイトスカートに合わせ、女性らしい印象に

↑パーカーとスカートは好相性ですが、中でも、タイトのような細身のスカートは、上下のバランスがとてもよく、ラフ過ぎない大人っぽい印象になります。パンプスだと上品さがプラスされ、スニーカーなら抜け感が出そうです。

【Holiday2】カーキのパンツで「秋の行楽」スタイル

↑1,490円なら、汚れを気にせずレジャーにもたくさん使えます。ネイビーと相性の良いカーキのパンツで、デニムより少し洗練された行楽スタイルに。メンズパーカーとバックパックの組み合わせはカッコいいですね!全部プチプラなので、スニーカーでアクセントを。

↓フードのないトレーナーもまた、タイトスカートに合わせて女性らしく着ることが多いです。
↓デニムを合わせると、マニッシュな印象になるので、スニーカーではなくパンプスを合わせるようにしています。
↓この立体的なフード、けっこう感動ものです。1,490円なんて、ちょっといいランチ1回分ですよね!
「ウィメンズ」を見るつもりで入ったGUでしたが、気づいたら、まったく見ないでお店を出ていました。次回ご紹介するアイテムも、これから春まで使える素敵なメンズ商品ですので、ぜひぜひご覧下さいませ!
…………………………………………………………………………………………………
★オマケのプチプラVol.62★
「JUNNI love(ジェニーラヴ)/ニット(3,900円+税)」

最近気に入っているコーデです↓…って、アレ?なんか小さいぞ?…そうです。小4の娘の服です!原宿で、秋向けのプチプラコーデを揃えてみました。

今日は、わたしの黒いトレーナーをご紹介させていただきましたが、キッズ向けにもこの秋、プチプラで大人顔負けのおしゃれなニットが見つかるんですよ!
竹下通りにある「 SoLaDo」というビルには、小学生のファッション雑誌に載っている、女子ブランドがぎっしり。「原宿的」派手なデザインのお店も多いのですが、「JENNI love(ジェニーラヴ)」というブランドは、探してみると、渋め好みの大人が納得できるアイテムが掘り出せます。

「これカワイイ!!」と思ったら、すでに隣のおかあさんも手に取っていました(笑)「え~!この色ヤダ。渋すぎる。だったらパープルにしてよ」…娘は不服ぎみ。わかってないな、この黒がいいんだよ!なんとしてもこれを買うべく、「WEGO」でバッグを買ってあげることを無理やり約束してレジへ(笑)
肉厚でもっちりした丈夫な高見え生地なのに、3,900円というプチプラ。大きなロゴと、ゆったりサイズが今っぽくておしゃれ!わたしが欲しい。
そもそも、「ジェニー」に来たのは、ブーツを買うためでした。昨年買った編み上げブーツがとても履きやすく、4900円ではなかなか他ではみつからないスグレものです↓内側もクッション生地でやわらかく、娘は昨年の休日は、これしか履いていませんでした。デザインは、ジェニーだけあって、シルエットがカッコいい!(今はハロウィンのバッグに入れてくれます★)

ユニクロのダメージデニムと合わせれば、「小学生版マニッシュコーデ」の完成です。小学生の女の子のおしゃれに悩んだら、ぜひオンラインをのぞいてみてはいかがでしょうか(サイズ130~160cm展開)。「かぶりにくい」&「ハズレない」ですよ!
先日、学校の「鬼ごっこ」で転んだそうで、デニムのヒザがボロボロに破れ、リアルにダメージデニムになりました(泣)。子どもの服は、まだプチプラでもいいですね(笑)
今回は、女の子のプチプラをご紹介しましたが、いつか「息子バージョン」をご紹介できればいいなと思っています♪
  • 美女組 Akane
  • 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
関連記事
  • 冬コーデにベージュアイテムを1点でも取り入れると、アラフォーに必要な女らしさと品の良さ、華やかさが手に入ります。40代におすすめの最旬のベージュアイテム活用コーデをお届けします!■ベージュのベーシックコートコーデフェミニンなレースブラウスはブラックならモード感のある甘さでイタさに直結する心配なし。ハンサムな白パンツとベーシックなベージュコートで華やぎをプラス。 ブラウス¥38,000/ブランドニュース(シー ニューヨーク) コート¥85,000/オーラリー パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) ピアス¥18,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥101,000/エリオポール代官山(ザンケッティ)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/東 京祐 佐藤 彩(物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 構成・文/磯部安伽■ベージュのワイドパンツコーデシンプルな白Tシャツ×ベージュのワイドパンツコーデに、ベージュの軽やかなライトコートを羽織るだけでグッとエレガントに、きれいめな通勤コーデが決まる! 足もとはパイソン柄で少し遊び心のあるアクセントを。 コート¥27,000・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・ロングTシャツ¥11,000(シンゾーン)・バッグ【60 CACHEMIRE BLANDINE POSTINA S】¥85,000(ザネラート)・サンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ■ベージュのニット&プリーツスカートコーデさらっとした薄手素材の合わせなら、縦に長くボリューミーなシルエットでも重く見えない。アイテムで冒険をするなら、ベージュトーンでまとめると、誰からも愛される冬コーデに。 コート¥220,000/カオス丸の内(カオス) ニット¥42,000・スカート¥43,000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥11,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥35,000/ANAYI 靴¥34,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) 【Marisol1月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 構成・文/三尋木奈保■アーモンドベージュのプリーツスカートコーデ華やかで着映え力高めなベリー色ニットには落ち着いたアーモンドベージュを合わせて品よく仕上げて。大人の上品さも漂わせるこのニット×プリーツスカートの組合せは、楽ちんなのにバランスがよく通勤コーデにもってこい。 ニット¥28,000/ebure スカート¥42,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥20,000/ゲストリスト(ハウント代官山/フィリップ オーディベール) 靴¥56,000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥120,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 文/加藤理恵■サファリ風ベージュのトレンチコートコーデベージュのトレンチコートと白パンツという普遍的な組み合わせがあっさり終わらないよう、インナーと小物で黒を効かせて、ほんのりモードなニュアンスを楽しんで。 コート¥68,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥24,000/スローン パンツ¥29,000/サード マガジン サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ブレスレット¥14,000/ウィム ガゼット青山店(メゾン ボアネ) バッグ¥27,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴィオラ ドーロ) 靴¥93,000/アダム エ ロペ(ロシャス)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 構成・文/三尋木奈保■ベージュのリバーコート&モヘアニットコーデリバーコートとふんわりモヘアニット、着るだけで優しい気分になれそうな冬素材のベージュアイテムたち。ウールパンツや白デニムでマットにまとめがちなところを、光沢のあるとろみ素材のワイドパンツに変えれば、ぐっと今年らしい仕上がりに!  パンツ¥25,000/インターリブ(サクラ) コート¥180,000/マディソンブルー ニット¥60,000/ビオトープ ブレスレット¥136,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥45,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥6,000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里■ベージュのパンツ&冬小物コーデともするとほっこりしがちなケーブルニットは、年齢相応のきちんと感をプラスすることが大切。ツヤ感のあるベージュのパンツとチラッとのぞかせたシャツのシャープさで難なくクリア。小物類もベージュで統一して大人に仕上げて。 ニット¥49,000/アマン(アンスクリア) シャツ¥27,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥46,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 帽子¥18,000/サード マガジン(サード マガジン×ネクサスセブン) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バングル¥73,000/バーニーズ  ニューヨーク(CERCLE AMEDEE) バッグ¥10,000/アダム  エ  ロペ 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス) 【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのブルゾン&ブーツコーデうんと女っぽいスティッキーなスカートスタイルをベースに、シャカシャカ素材のフーディやボディバッグでカジュアルダウンさせて。異素材MIXコーデもベージュ×白の配色なら品よくまとまる。 スカート¥29,000/ブルーバード ブルバード カットソー¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) パーカ¥44,000/サード マガジン(サード マガジン×ネクサスセブン) ストール¥60,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥14,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(シュタンバウム) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのテーラードジャケットコーデテーラードジャケットと、今季とうとう復活を遂げたロングブーツ。かっちり系アイテムのジャケットに、白のとろみプリーツスカートでフェミニンな抜け感をプラス。足もとはブラウンのロングブーツで引き締めて。 スカート¥46,000/サード マガジン ジャケット¥83,000/アマン(カバナ) ニット¥83,000(ドゥロワー)・バッグ¥83,000(ワンドラー)/ドゥロワー 六本木店 ピアス¥69,000/バーニーズ ニューヨーク(アグメス) バングル¥16,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのチェスターコートコーデゆったりシルエットかつオーバーサイズのチェスターコートは白のプリーツスカートで軽やかさをプラスすると重たくならず女性らしく着こなせる。黒のインナーとベルトでコーデにメリハリを。 コート(ベルトつき)¥89,000/サード マガジン ニット¥16,500/ノーク スカート¥46,000/アングローバル(イレーヴ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) グローブ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(ジリオ・フィオレンティーノ) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥53,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ■ベージュのオフタートルニット&パンツコーデパンツのセットアップは腰まわりやヒップがすっぽりと隠れる丈を選べば安心。ベージュならきれいめにも楽しめる。オフタートルニットはざっくりとした編み地とドロップショルダーが今の気分。パンツは脚のラインを拾わないストレートなシルエットで、内側にスリット入り。 ニット¥44,000・パンツ¥33,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) イヤリング¥6,806/アビステ 時計¥748,000/ポアレ ジャポン(ポアレ) バッグ¥83,000/ロンハーマン(ラドロー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/五明祐子 取材・文/陶山真知子■ベージュのコート&ワンピースコーデ知的な印象の淡いベージュのワンピースに濃いベージュのオーバーサイズコートを羽織って。難しいテク要らずのベージュの濃淡コーデはアラフォーにおすすめ。アクセントに赤いカーディガンを肩掛けしてカジュアルダウンするとより今っぽく。 コート¥89,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) 肩にかけたカーディガン¥33,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ワンピース¥39,000/ル フィル バッグ¥29,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヴィオラドーロ)  靴¥36,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵■ベージュのワンピース&ストールコーデボリューム感のある丸みを帯びたブラウンのざっくりニットには、ベージュのワンピースとストールを合わせて華やかさと洗練さを添えて。ブラウンコーデにベージュのポイント使いが効く。 ニット¥15,000/ゲストリスト(リトラル) ワンピース¥39,000/ル フィル 帽子¥10,000/ANAYI ストール¥87,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) バッグ¥166,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) 靴¥28,000/ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店(ファビオ ルスコーニ) グローブ¥9,000/アルアバイル(イタルグアント)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵■ベージュのチェスターコートコーデオーソドックスなベージュのチェスターコーデの下は、ドット柄のシックな黒ワンピースにほっこり白ニットをかぶったフレンチレイヤードで大人のフェミニンコーデに仕上げて。 コート(ベルトつき)¥89,000/サード マガジン ニット¥36,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン) サングラス¥30,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥285,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ピアス¥26,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン  青山店(ジェイエムウエストン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵■ベージュのチノスカートコーデロング丈のチノフレアスカートは飾り立てずシンプルにニットを合わせ、力を抜いて着るのが正解。長め丈のスカートにはショート丈のニットがベストワン。落ち着いたモスグリーンの雰囲気のある一枚でグッと今っぽく。 ニット¥33,000・スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥25,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥15,000/essence of ANAY(I PHILIPPE AUDIBERT) バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥5,800/ノーリーズ&グッドマン銀座店(コンバース)【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/佐田真由美 取材・文/陶山真知子 ■ベージュのダッフルコート&ニット&パンツコーデトーンが異なるベージュアイテムを組み合わせた大人のカジュアルお出かけコーデ。冬の街にベージュコーデが品よく映える。ヒール靴で颯爽と歩いて。 パンツ¥17,000/フレームワーク 自由が丘店(マチュール フレームワーク) コート¥228,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(アンスクリア) ニット¥36,000/アパルトモン  神戸店(アパルトモン) 帽子¥48,000/エストネーション(ジジ バリス ミリナリー) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵■フェイクスエードのベージュスカートコーデ大人ピンクの透け感のあるニットで妖艶に、マットなスエード調のベージュスカートで知的な女性を印象づけて。アラフォーは素材ミックスでさりげなくメリハリをつけるのがポイント。 ニット¥39,000(デミリー)・タンクトップ¥10,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ スカート¥15,000/ロペ サングラス¥39,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥27,500/アビステ バッグ¥35,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥14,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ■ベージュのコーデュロイパンツコーデスラリと脚長効果が狙えるコーデュロイパンツには、シンプルなライトグレーのタートルネックでシンプルにまとめるのがベスト。小物でゴールドの輝きをプラスすればちょっとしたお出かけコーデに。 ニット¥25,000/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥39,000/ebure スカーフ¥16,000/フィーゴ(ピエール= ルイ・マシア) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ) ピアス¥18,000/ビームス ハウス(ローラ ロンバルディ) バッグ¥19,000/リエス(ベヴィーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ▼あわせて読みたい
  • シャツはコンサバに着るよりエモく着るのが20代OLのルールシャツは今や“おしゃれな週5服(=お仕事服)”として絶対必要なもの。だから“無難な定番服”気分のまま着るのはもうダサイ。“サバく”じゃなくて“エモく”シャツを着た人の勝ちなんだ! 選ぶべきタイプとその着こなしを学んでおこう。①ボウタイシャツ→“かっちり”した服と合わせるボウタイシャツの魅力は“クラシカルさが今の気分”であること。甘いスカートなどを合わせるとコスプレのようなやりすぎ感が出てしまうので、マニッシュな服で“引き算”するのがおしゃれなバランス。たとえば紺ブレをさらりと肩かけするだけでもOK!シャツ¥19000/ジオン商事(ドレスレイブ) ジャケット¥43000/TOMORROWLAND(TOMORROWLAND collection) パンツ¥18000/ドロワット・ロートレアモン イヤリング¥2600/サンポークリエイト(mimi33)センタープレスが入った美シルエットのワイドパンツも好相性。凜とした上品さが今っぽい。シャツ¥1990/ユニクロ パンツ¥7315/アテニア 靴¥19000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ) バッグ¥5990/ロコンド(MANGO) メガネ¥40000/アイヴァン 7285 トウキョウ②シャツジャケット→レディな小物で仕上げる仕上げを上品に女っぽくすることで、ちょっぴりメンズライクなシャツがより素敵に映える。プチパールのピアスやレザーベルトの華奢な時計をプラスすれば、何気ないしぐさまで印象的に見えるよう。シャツ¥19000/コンバース トウキョウ 代官山 パンツ¥10990/イェッカ ヴェッカ 新宿 ピアス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥29500/オ・ビジュー(ロゼモン)足もとをぐっとレディにするのもいい。ストラップが細めのメリージェーンパンプスなら、シャツジャケットの着こなしもほんのりやわらかな佇まいに。シャツ(3月下旬発売予定)¥32000/ラブレス青山(ラブレス) カットソー¥16000/J.C.M スカート¥8900/ノーク 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥5990/ロコンド(MANGO) 時計¥39500/オ・ビジュー(ロゼモン)③ほんのり透けシャツ→黒か白のタートルに、カーディガン感覚で必ず春のトレンドNo.1になるから、今から着て損はないトランスペアレントで軽やかなシャツ。ベーシックなタートルに重ねるだけで新鮮で、一目置かれること確実!シャツ¥26000/メゾン イエナ(ティッカ) カットソー¥3168/BIRTHDAY BASH パンツ¥14000/ノーリーズ&グッドマン 銀座店 バッグ¥23000/ジネス ペリエ千葉店(クリスチャン ヴィラ) イヤリング¥1700/サンポークリエイト(アネモネ)女性らしさと今っぽさを兼ね備えたシアーなくすみブルー。引締め効果のあるシックな黒を首もとや袖口からのぞかせれば、初めてでも気負わず着られそう。シャツ¥18000/ルーニィ ニット¥24000/スローン スカート¥19000/ラブレス青山 バッグ¥15000/ADINA MUSE SHIBUYA ピアス¥2000/サードオフィス(ROOM) 時計¥25000/オ・ビジュー(ロゼモン) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野崎久実子 撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/逢沢りな(モア専属) スタイリスト/辻村真理 撮影協力/アワビーズ EASE TITLES 丸ビル 三菱地所
  • この春のファッションはグリーンに注目。小物で取り入れる際は、強めのカラーを選ぶことで存在感を演出できます。澄んだラグーンを思わせる鮮やかなエメラルドグリーンのバッグなら、とても印象深く、どんなコーディネートにもフィットします。何かいいことが起こりそう ときめくグリーン 鮮やかなエメラルドグリーンで小さなバッグに存在感を小さめのバッグをちょっと短めに斜めがけするのが、この春のトレンド。装いのスパイスになる小さめサイズだからこそ、パキッと強いカラーを選びたい。澄んだラグーンを思わせるエメラルドグリーンは印象深い色。鮮やかなバッグは、意外にもどんな色にもどんな服にもマッチして重宝。 バッグ「ラゾ ミニ バッグ」¥238,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ) ワンピース(3月上旬発売予定)¥78,000/ドゥロワー 六本木店(サイ) ストール¥18,000/アイネックス(アソース メレ)撮影/水田 学(NOSTY) ヘア&メイク/平元敬一 スタイリスト/徳原文子 モデル/富岡佳子 構成・原文/宮崎桃代 撮影協力/スタジオ バスティーユ バックグラウンズファクトリー ※エクラ2020年3月号掲載
  • 私もバレンタインもらいました ❣️こんにちは、桃子です❣️ 過去最短ブログだと思うので読んでください(笑) バレンタインで作ったものブログの次は〜 何着たのかブログ〜 イベントの時は見た目から! 気分盛り上げたくないですか? 私はなんでも形からタイプなので、 バレンタインは女の子っぽい服装をします 笑 じゃーん、どうでしょう! モノトーンで落ち着かせながら、ミニスカートと千鳥格子で甘さ出してみました 来月には21歳になるので、 大人っぽ可愛い、を意識してみました(笑) 伝わってるかな? tops : zara skirt : retro girl belt : GU bag : zara 髪の毛はくるくるに巻いて、 ネイルはピンクで差し色 頭からつま先まででバレンタインコーデ! でした(^ω^) 参考になっていたら嬉しいです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます カワイイ選抜 No.75 Momoko Nojoのブログ
  • 持ってて損なし!雨、風、花粉にも強い!マウンテンパーカーは今の時期から大活躍こんにちは(^-^)ともみゆです。 いつもご覧くださりありがとうございます。 私の住む地方では本日も暖かく最高気温は17℃でした。 アウター要らないかな?というくらいの気温の時に役立つのがマウンテンパーカー。 重量も軽く、風よけやちょっとした雨にも対応可能。 ウールのコートより花粉が付きにくく払い落としやすいのも嬉しいポイントです。今日はアイボリーのロングスカートにベージュのコンバースを合わせました。 ロングスカートの時に合わせるアウターって悩みませんか? 私はこんなふうにマウンテンパーカーを合わせてカジュアルミックスなスタイルにするのが好きです。トップスはUNIQLOのエクストラファインメリノのクルーネックセーター。 メンズのSサイズでダークブラウンを着ています。 薄手で肌触りもよく素肌に着てもチクチクしません。 横から見るとこんな感じ。 ニットの裾は前だけ少しウエストインしています。ネックレスはカゴバッグの金具と色を合わせてゴールドに。コーデ詳細はこちら。outer ... Liala×PG knit ... UNIQLO skirt ... Mila Owen bag ... violadoro shoes ... CONVERSEそれでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました。 インスタグラムもやっています。 こちらもどうぞ宜しくお願い致します。 ↓ ↓ ↓◆tomomiyu◆大人のプチプラmixコーデ◆ 美女組No.163 tomomiyuのブログ
  • 春に向けて一枚は持っておきたい、纏うだけで足取りが軽くなるようなワンピース。 パステルカラーの春らしいワンピースも気になりますが、手にとってしまうのはやっぱり着回しの効くベーシックカラーのもの。 今回は私が今から春にかけて頼りにしているワンピースについてご紹介します。 私が気に入っている春ワンピースがこちら。 147(イチヨンナナ)のバックオープンワンピースです。 背中が開いたドット柄のワンピースは、さりげない肌見せで春らしいヘルシーな上品さを叶えてくれます。 147とは、その名の通り147cmを基準とした小柄な方向けのアイテムを展開するブランド。 小柄でも女性らしく大人の空気を纏いたい方にぴったりなアイテムが豊富です。 147さんからお声がけいただき、実際にお洋服をお試しさせていただく機会があったのですが、数あるアイテムの中で一番気に入ったのがこちらのワンピースです。 どんなシーンにもハマる、ベーシックなドット柄。 スニーカーでもヒールでも着こなせる丈感とシルエットがとってもお気に入りです。 147cmの方向けということはかなり細身の作りなのかな?と心配していたのですが、150cmの私が着てもちょうど良いゆったり感でした。 正面から見るとハイネックの上品なワンピースなので、オフィスシーンはもちろんちょっとしたパーティーにもぴったり。また、付属のリボンでウェストマークもできるので、ドットの総柄ワンピースだけれどスタイルアップ見えも叶います。 147(イチヨンナナ)のバックオープンワンピースを見る ワンピースは、これ1枚でコーディネートが完成するところが嬉しいですよね。 春に向けてベーシックなワンピースを追加すると、色んなシーンで大活躍するのでおすすめです。 ▶︎ instagramはコチラ
  • LEEマルシェでは、春に大活躍のトートバッグをいろいろと取り揃えております!定番タイプから、縦長タイプ、パッカブルタイプまで、用途に合わせてお気に入りを見つけてください!     携帯しやすいつくりながらメインとしても存在感十分 STANDARD SUPPLY/パッカブルワンストラップトート/¥7,000+税 手持ちと肩がけで使える軽量トート。折りたたんで内側のポケットに収納できるパッカブルデザインですが、そのおしゃれなルックスは思わず主役バッグとして使いたくなるほど。ハンドルのレザー使いがさりげない上質感を漂わせます。 内側のポケットにたたんで収納できるパッカブルタイプ!     丈夫なキャンバスを使い込んでこなれ感を出すのが憧れ L.L.Bean/オリジナル・ボート・アンド・トート・バッグ ミディアム(オープントップ)/¥6,900+税 "ガンガン使って、汚れたら洗う"を繰り返すうちに深まっていく味わいと愛着を楽しむのも、このバッグの大きな魅力です。多彩なカラーから五明さん最愛のブルーをセレクト。     長く使えるシンプルさと丈夫なつくりで魅了 PORT CANVAS/縦型トート/¥9,800+税 メイド・イン・USAのキャンバストートは、縦長のフォルム×バランスのいい短めハンドルのデザイン。ステッチまで同色で仕上げられたシンプルさが、抜群の合わせやすさを物語ります。A 4 サイズが収納できるので大荷物の日に最適。     たくさん入って、重さはなんと397g。毎日トートのアップデートはこれに決まり! STANDARD SUPPLY/トートバッグ/¥15,000+税 職場にもOKで夫とも共有しやすいシックなグレー。A 4 書類が収まる正方形のボディには、軽さと耐久性、発色のよさが特徴の64N/Cクロス(コットン60%、ナイロン40%混紡生地)を採用。表面に撥水加工が施されています。やや長めのハンドルは分厚いコートの上からでも肩がけ可能。裏面の大きなポケットの中に2 つのポケットとキーストラップ、内側には計3 つのポケットをセット。こまごまとした荷物が収納しやすく、出し入れしやすい工夫がたっぷり! 両サイドには500mlペットボトルが収まるポケットを。     別注デニムバッグでコーディネートをカジュアルアップ caqu/リデュースデニムバック/¥4,500+税 コーデに適度なカジュアル感を添えるデニムバッグは、デニムの余り布を利用したリデュースアイテム。LEEマルシェだけの特別アイテムとして、リーズナブルに作ってもらいました。バッグの出し入れ口に使用されているのは、こだわりデニムに見られるセルビッチ部分。ブランドロゴも小粋なアクセントに。     LEE最新号掲載アイテムは下記からもご覧いただけます!  
  • 華やかな存在ながらも、実はどんな服にも合わせやすいグロッシーなバッグをいつものコーデにプラス!ツヤ感を簡単にアップさせたいなら、やっぱり小物が便利。今どき感を同時に加速させるバッグとアクセサリーを厳選してお届け! クラッチ使いもできるバッグを、カジュアルに斜めがけメタリックカラーのパイソンを使用した、コンパクトな2WAYバッグ。チェーンストラップを斜めがけして、レーススカートを主役にしたとびきり甘いコーデに、華やぎとラフ感を同時にオンして。バッグ(13.5×20×3.5)¥165,000/ジミー チュウ コート¥110,000・スカート¥83,000/ebure ニット¥34,000/スローン リング¥265,000/バーニーズ ニューヨーク(Spinelli Kilcollin) 靴¥77,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ  ロッシ)黒をベースにしたスクエアバッグにシルバースタッズをあしらったモードな一点。(14×20×5.5)¥57,000/フルラ ジャパン(フルラ)カジュアルなフラットトートもシルバーをチョイスすれば特別感が漂って。(23×23.8)¥6,500/ナノ・ユニバース(Beau’re×ナノ・ユニバース)小旅行にも対応する大容量のトートバッグ。(31×50×15)¥42,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ)ブランドを代表するアイコンバッグ。シルバーは特に人気。(22×17×17)¥148,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)日常からお出かけまで幅広いシーンで活躍するマットゴールド。(12×20× 8 )¥19,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)※( )内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です(編集部調べ) ※YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールドを表します【Marisol2月号2020年掲載】撮影/谷田政史(CaNN/人物) 渡辺修身(物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/佐田真由美 取材・文/磯部安伽
関連キーワード

RECOMMEND