トレンドのブラウン、ブルベの私は小物で取り入れます。

Marisol ONLINE
 この秋冬のトレンド色といえば、なんと言ってもブラウン!
 ブルーベースの私にとって、ブラウンは、色味にもよりますが、顔色をくすませてしまう苦手な色に当たります。でもトレンド色を身につけたい!そんなときは、小物から取り入れるのが失敗しないセオリー。
 夏からブラウンの小物を探し始めていて、コレだ!と思ったのが、Deuxieme Classe で取り扱っていた、DOUCE GLOIRE のカシミアストール。こちら、ネットショップでのレビューがものすごく高得点で、欲しいと思ったときには既に品切れでした。
 再入荷にならないか頻繁にチェックして、やっと手に入れました。ちょっとしたコートくらいのお値段しましたが、買って正解。無造作に巻くだけで、簡単に雰囲気が作れるんです。
 大判ですが、扱いやすくいろんな巻き方で使えて、保温性もアリ!
 もう少し涼しくなったらどんな服に合わせようかな、といろいろ考えてみました。

 ベージュ、ブラウン系のコーデにはもちろんバッチリなじみます。
Tops:MADISON BLUE
Bag:HERMES
Shoes:Maison Margiela
 意外だったのは、私が普段ベースのカラーとして愛用しているネイビーにもマッチすること。
 一昔前だったら、ネイビー×ブラウンや、ブラック×ブラウンなど、色味の違う濃い色どうしは、なんだかミスマッチに見えていたと思うのですが、今の気分は、こんな色の組み合わせもアリ!
 ブルベの私に肌なじみの良いネイビーと合わせることで、顔写りも良くなります。
Hat:MAISON MICHEL
Tops:MADISON BLUE
Bag:HERMES
 茶系の小物を集めてコーディネートすれば、より今年らしくなる気がします。
 個人的には、流行って必ずしも毎シーズン取り入れる必要はないと思うのですが、ブラウンは、私にとって「似合いづらいけど好きな色」の代表格。ブラウンアイテムが大豊作の今年こそ、絶対にチャレンジしてみたかったんです。
 普段、このアイテムはブラウンの作りはないだろうな~、と思うような物でも、ブラウンが出ているのは今年ならでは。
 苦手色でも小物で取り入れて、トレンドのスタイルを楽しんでいきたいと思います!
関連記事
  • 素敵な服をデザインする人のスタイルにはどんなスタンダードが隠されているのか? 長年積み重ねてきた私服の“定番”を大公開。 CASE:01 アクセサリーや靴に遊びを加えるパリ・ベーシック パリを拠点にするブランドseya.のクリエイティブ・ディレクター、瀬谷慶子さん。自身のブランドを体現するような、パリらしい上品なベーシックスタイルに、エスニックな要素をミックスするのがマイ・スタンダードだという。1 飾らない色気を感じさせる瀬谷さん 「旅行するのが趣味で、旅先でついついエスニックなハンドメイドジュエリーやスカーフ(6)を買ってしまうんです。手持ちの服はシンプルな無地が多いので、旅先で買ったアクセサリーをアクセントにしたり、どこかしらにフェミニンな要素をプラスするのが定番ですね。アクセサリーは直感で、洋服は熟考して買うことが多いです」。瀬谷さんの言うフェミニンなスタイルとは、たとえば上質なカシミヤのタンクトップ(5)や、柔らかい素材のアイテムを選んでさりげない色気をプラスすること。アクセサリーもその重要なひとつで、タイの友人が作ったというハンドメイドジュエリーと、フィレンツェやコペンハーゲンで購入したというアンティークアクセサリー(7)が素敵にミックスされているのが瀬谷さんらしく印象的だ。「トレンドを意識しすぎるのは自分らしくない、だけどスタンダードすぎるとつまらない。だから、全身のバランスを考えるときは、靴が重要になってきます。シーズンごと、またその日の気分によって赤、シルバーなど靴を派手な色みにするんです。試行錯誤の結果、最近は、ベージュや白など薄い色みのもの(2)に落ち着きました」洋服自体は、20年くらい前から、流行に左右されずに使える普遍的なものを選ぶことが多くなったという。「そういう服は捨てずにとっておくし、しばらく着ていなかったけど、一周回ってまたヘビーローテーションすることもあります。最近は、ヴィンテージやメンズライクなアイテム(3・8)がレギュラー復帰の予感。ツィードやカシミヤ、上質な素材で仕立てのいいメンズジャケットなどを、女性らしい色気のあるアイテムとミックスしたいと思っています」 2 ジルサンダーのブーツ。「靴は白など薄い色みのものが好き。最近買ったものですが、長く愛せるスタンダードになりそう」3 5年ほど前に購入したルメールのメンズウールシャツ。「メンズでも素材や落ち感を吟味すれば着やすいです」4 毎シーズン、素材やカラー違いでリリースしているseya.のコート。ヤクウール100%、ダブルフェイス仕様の贅沢な一着5 「肌に直接触れるインナーは、カシミヤ素材を選ぶようにしています」。右はルイ・ヴィトン、左はseya.のもの6 2年ほど前にタイで購入したジム・トンプソンのスカーフ。「地味な色みの服が多いのでアクセントに重宝しています」7 バンコクのハンドメイドジュエリー。「ずっとつけていられるシンプルなものと、ちょっと変わった素材やデザインのものをミックスするのが自分の中のルールです」 8 マルジェラ時代のエルメスのウールパンツ。「素材のよさと落ち感に惹かれました。3シーズン使えて何にでもコーディネートしやすく気に入っています」 Profile Keiko Seya/瀬谷慶子2016年、パリを拠点にスタートしたブランドseya.のクリエイティブ・ディレクター。毎シーズン、旅によって得たインスピレーションをコレクションで表現。洗練された上質なアイテムの数々が、高感度な大人の女性たちに支持されている。 CASE: 02 アティテュードある宝物を時を経ても愛用し続ける ニコラのキャリアは、ジュエリーデザインからスタートしただけあって、ワードローブにアクセサリーは欠かせないそう。「ジュエリー(10〜12)はヴィンテージや知り合いのデザイナーのものを中心に集めています。服をアクセサライズするのも好きなのでベルト(16)は欠かせません。ドレスやジャケットの上にベルトをして、フェミニンとマスキュリンのバランスを楽しんでいます」ケイト・スペードでデザインをするようになってから、今まであまり着ることのなかった色柄ものもスタンダードに加わったという。「遊び心のあるフラワーやアニマルプリントのドレス(9)が今の気分。一方で、10年以上愛用しているのは飽きの来ないソリッドカラーのもの。クロエのドレス(14)はデザイン、フレアの動き、ボタンのディテール、すべてが美しい至福の一着。グッチのパンツ(15)はしばらく着用しない期間があっても、必ず復活します」 いろんなものをたくさんというより、毎シーズン本当に好きなものを数点だけ買うほうがサステイナブルだと語るニコラ。年を重ねるごとに自分のワードローブをよく理解していくので、旬のトレンドアイテムも自然と上手にミックスできるようになるそう。「女優のヘレン・ミレンのように、年齢にこだわらずにアティテュードを持ってオシャレを楽しんでいる女性が素敵だと感じますね」9 パフスリーブドレスはケイト・スペードニューヨークの2019年秋冬から10 (右手)ケイト・スペード ニューヨークのリングとハチのモチーフリング(左手)夫からサプライズでプレゼントされたエンゲージメントリングは、英国人デザイナーMAEVONAによるもの。アンティークダイヤモンドがプリンセスカットされた唯一無二の美しいデザイン11 ショートカットに映えるイヤリングはNYのヴィンテージショップで購入12 ジュエリーデザイナー、ドロシー・ホッグはエディンバラ芸術大学時代の講師。「このリングはどんなスタイルにもマッチするお気に入り」13 10年以上メイクアップの定番は黒のアイライナー。愛用はシャネルのスティロ ユー ウォータープルーフ14 1970年代のカール・ラガーフェルドが手がけたクロエのドレスは一生物15 16年以上前に購入したトム・フォード時代のグッチのベルベットパンツは今でもスタメン16 (上)アライア、(下)ニコラがデザインしたマイケル・コースのベルト17 シーンを選ばないケイト・スペード ニューヨークのロミーサッチェルバッグ Profile Nicola Glass/ニコラ・グラスイギリス・北アイルランド出身。グッチ、マイケル・コースのアクセサリーデザイナーを経て、2019年春夏からケイト・スペード ニューヨークのクリエイティブ・ディレクターに。プレイフルなウェアやバッグを発表。 SOURCE:SPUR 2019年12月号「デザイナーたちの“マイ・スタンダード”の作り方」photography:Mari Shimmura(Keiko Seya) Emmy Park(Nicola Glass) interview & text:Mami Okamoto(Keiko Seya), Miko Uno(Nicola Glass)
  • 体に合ったきれいなパンツが1本あれば、どんなトップスも合わせやすく毎朝のコーディネートがすごく楽になるんです! 下半身の体型コンプレックスをなかったことにしてくれる「整形級」のパンツを編集部が厳選。満場一致で選ばれたのは「セオリー」でした。 これがベストオブ整形級パンツ! パンツ¥27000/セオリー 手に持ったコート¥24000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ニット¥12000/ルーニィ ピアス¥17000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) ネックレス¥3000/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) リング¥46000/ココシュニック バッグ¥35000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(ヴァジック) 靴¥16500/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス) 【セオリー】テーラード トラウザーライト サキソニー ¥27000 脚を入れた全員が思わず「軽っ!」と口にするほど、とにかく軽い! しっかりと入ったセンタープレスやシャープなシルエット、おなかやお尻を包み込む立体感に高いストレッチ性など、満場一致で“ベストオブ整形級パンツ”に決定! シンプルなタートルニットと組み合わせるだけでサマになり、全身の印象が一気にあか抜ける。パンツ¥27000/セオリー 【サイズ】XXX0・XX0・00・0・2・4・6・8・10・12・14 【色展開】ブラック・アイボリー・ライトキャメルメランジ・セージ(00・0・2・4サイズのみ)・ライトネイビーメランジ・プラム 1.軽っ! なんと248kg。大みかん約2個分(編集部調べ) 2.脚長効果抜群! 高め位置から入ったセンタープレス 3.お尻の位置をきゅっと上げてくれる高め位置のポケット 4.肉感を拾わない絶妙な柔らか素材 適度に厚みのある生地でひざが出ないことはもちろん、太ももやふくらはぎの肉感を軽やかにスルー 5.脚がいちばん細く見える足首の抜けをつくる丈 フルレングスよりも少し短い九分丈で、足もとに肌見せ部分を作って。抜け感が脚長効果に直結 11月12日発売のBAILA12月号では【体型別・整形級パンツ】を特集。見かけたら手に取ってみてくださいね。 撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/川上さやか モデル/ヨンア 取材・原文/石黒千晶(スーパーバイラーズ) 構成・原文/山岸成実〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • \ 北海道に行ってきました / こんにちは。バイラーズの青山麻穂です!11月初旬、2泊3日で北海道旅行に行ってきました!結論、最高でした!!!!!実は、生まれて初めての北海道。 さすが北海道、、、、広い。※面積が九州の2倍近くあるそうです!ガイドブックを手に取ってみたのですが、観光地も東西南北に広がっていて、どこに行ったらいいのやら状態。とりあえず初心者なので、まずはベタなコースを選んでみることに。 札幌~小樽 2泊3日コース 今回の旅でチョイスしたのは、・札幌・小樽を巡るコース。札幌から小樽への移動は電車で45分くらい。近い!ということで、1日目は札幌観光をし、2日目に小樽を回る計画を立てました。 1日目 : 札幌観光 ~おすすめスポット紹介~ ①札幌の超人気ラーメンを食す ホテルに荷物を預けて、 念願のえびそばを食べに『えびそば一幻』へ!   紅い甘エビの旨味と風味を凝縮した渾身の一杯。   味は、3種類から選べます♪ ・えびみそ・えびしお・えびしょうゆ   海老の旨みがふんだんに利いた『えびみそ』が一番人気とのことで、 そちらを頼んでみました!   スープを飲んだ瞬間、海老の旨味が口に広がります!! 豚骨とのWスープということで、深みがあって、本当においしい。   次に食べる機会があれば、他の味にも挑戦してみたい♡     ②北海道庁旧本庁舎を望む銀杏並木を歩く 腹ごしらえをした後は、北海道の象徴、 「赤れんが」の愛称で知られる、 札幌にある煉瓦づくりの北海道庁旧本庁舎をお散歩してみました。   10月下旬から11月にかけて紅葉シーズンということで、銀杏並木がとっても美しかったです。     ③北海道大学でフォトジェニックな写真を撮る 北海道庁旧本庁舎を散歩した後は、その足で北海道大学へ。   北海道大学、とにかく広い!自然豊か。 こんな素敵な大学で、学生生活を送れるなんで羨ましい。。。      背の高いポプラの木が印象的。 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。     ④白い恋人でお馴染みの『ISHIYA CAFE』でパフェを食す 沢山歩いたので、一休み。 あの白い恋人で有名な石屋製菓が運営するカフェへ行ってみました。   頼んだのは ・白い恋人ソフトクリーム ・ストロベリー&ピスタチオパフェ ソフトクリームは濃厚でミルク感が強い!   パフェもピスタチオ好きには堪らない。ナッツ感が強くて、おいしかった。     ⑤札幌で超人気のスープカレーを食す 夜ごはんは、札幌の人気店『GAKAKU』へ行ってみました。 先にお伝えをしておくと、行列です。 30分以上は並ぶので、腹ペコの状態だと危険(笑)     「やわらかチキンレッグと野菜」を注文してみました。 隠し味にカツオ節から取られた和風だしが使われていて、 シソの風味も感じました!   あっさり食べられるカレーです。 \ 北海道プチ情報 / ●アクセス①飛行機羽田空港 → 新千歳空港※約1時間40分↓②電車(快速エアポート) 新千歳空港駅 → 札幌駅※約40分羽田空港から札幌駅まで、約2時間30分程度で到着。 ●気温11月の平均気温は10℃前後特に夜はかなり冷え込みます!   ●服装 コート、マフラー、肌着は必須 余談ですが、札幌駅前にUNIQLOの大型店があるので、 万一忘れても、色々調達できます(笑)     ここまでお読みいただきありがとうございました!   青山
  • パンツ派とスカート派、2人のLEEキャラクターが、 もしも12closetのアイテムで冬のワードローブを作るとしたら……? 着こなしはもちろん、実際に試着したからこそのリアルなコメントも必見です。 今回はスカート派の續池さんに選んでいただいた10着の着回しからご紹介!   週5スカート派が選ぶ冬の10着   LEEキャラクター續池恵里Eri Tsuzuike 7歳と5歳の女の子、3歳と0歳の男の子と、4人の子を持つママ。ワードローブは、コーデがはくだけでラクに決まるロングスカートやワンピースが中心で、定番カラーのワントーン配色が好み。身長163cm。   a プリーツギャザースカートロング丈(85cm) 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 「ツヤ感のある落ち着いた色合いなので、カジュアルアイテムを大人っぽく着こなしたいときにもぴったり!」。太ももあたりから枝分かれになる特殊加工のプリーツが、可憐な揺れ感を生む大ヒット作。   b ホールガーメントニット 12closet/【福田麻琴さんコラボ】ホールガーメントニット/¥13,000+税 「とにかく着心地抜群!前上がりの裾は、アウトしたままでもきれいだしインもしやすくて、色違いで揃えたら毎日着ちゃいそうです(笑)」。續池さんは旬感も着回し力もあるモカブラウンをセレクト。   c クルーネック リブプルオーバー 12closet/クルーネックリブプルオーバー/¥8,900+税 「ほどよい厚みのあるリブニットなので肉感を拾わないし、よーく伸びて柔らかい。羽織りやボトム、小物使いで印象が変わるベーシックさが気に入りました」。深いネイビーは、華奢見え効果もあります。   d スリット入りロングニット 12closet/【福田麻琴さんコラボ】スリット入りロングニット/¥15,000+税 「プリーツスカートに合わせたいと思い選びました。裾をインしなくても絵になるのがありがたい。細身のパンツでメリハリをつけても素敵ですね」。コーデ全体を優しく引き締めるブラック。   e アルパカニットボレロ 12closet/アルパカニットボレロ/¥11,000+税 「ゆったりとしつつも着丈が短めなので、ボトムとのバランスを気にしなくていい!はおるだけで、全体がぐんと優しい雰囲気になります」。ダスティなカラーをまとったアルパカ混ニットの風合いと、丸みを帯びたシルエットで大人の可愛げを。   f 大人のスウェットパーカ 12closet/【石上美津江さんコラボ】大人のスウェットパーカ/¥10,800+税 「こんな大人めに着られるパーカを探していました!プリーツスカートやチェスターコートなどきれいめアイテムと組み合わせたい」。オフホワイトに近い優しげなベージュは、顔映えもばっちり。   g ビッグシャツ 12closet/【石上美津江さんコラボ】ビッグシャツ/¥13,000+税 「きれいめにもカジュアルにも振れる、バンドカラーとゆったりした形がタイプです。ワントーン好きなので、黒パンツでカッコよく着こなしたい」。洗濯後、ノーアイロンで着られるタイプライター生地。   h ベルト付きワンピース 12closet/ベルト付きワンピース/¥18,000+税 やや詰まりぎみのラウンドネックや袖口にギャザーを寄せ、ニュアンスを出したミモレ丈のAライン。共布ベルトを締めると優しいメリハリがつき、きれいめ感がアップ。生地は上品な光沢と吸湿・放湿性に優れたキュプラ混のコットンで、ざっくりカーデやニットを重ねてもさらりとした着心地です。カラーは幅広いシーン&通年で着られるよう上品なベージュとネイビー。スカートタイプのペチコート付きです。   i ウエストゴム ストレッチテーパードパンツ 12closet/ウエストゴムストレッチテーパードパンツ/¥12,000+税 「ウエストから太ももにかけて余裕があり、快適です。パンツはアクティブに動き回る日にはくことが多いのですが、これはセミフォーマルなシーンにも重宝しそうですね」。機能美にスカート派も大満足!   j チェック柄ストレッチパンツ 12closet/チェック柄ストレッチパンツ/¥14,500+税 黒×グレーのベースにマスタードイエローをきかせたタータンチェック柄。両サイド部分にゴムを入れたやや高め位置のウエストから太ももまではゆとりを持たせ、ひざ下からスッと細くなるテーパードが、無理なく美脚を叶えます。肉感を拾わない適度な厚みの裏起毛生地は、ストレッチ性とキックバッグに優れ、急にしゃがんでも、ダッシュをしても着用ストレスとは無縁! おしゃれな存在感、美脚効果、快適さと保温性。すべてをバランスよく備えた自信作です。   やること満載な週の始まりは、 即決まる無敵ニットとプリーツが頼り! day 1  a+b 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/【福田麻琴さんコラボ】ホールガーメントニット/¥13,000+税   「スタイリスト福田さんの"無敵ニット"は本当に着るだけで決まる!」。全方位、どこから見てもきれいな形。ツヤと揺れ感のあるスカートとなら手抜き感なし。   子どもの習い事の送迎は、 洗練感のある黒のワントーンカジュアルに day 2  g+i 12closet/【石上美津江さんコラボ】ビッグシャツ/¥13,000+税 12closet/ウエストゴムストレッチテーパードパンツ/¥12,000+税   シャツもパンツもほんのり光沢があるので、上下を黒でまとめてもどこか軽やか。パンプス&きれいめバッグならよそゆき仕様に。「オーバーサイズのコートをはおってもすっきり見えますね!」     着こなし全体が明るく、 優しくなるピンクのボレロをはおって友人宅へ day 3  a+e 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/アルパカニットボレロ/¥11,000+税   「淡いトーンのピンクって、実は冒険カラーでしたが、実際に着てみると大人にちょうどいい甘さ。さらに着慣れた白Tやスカートとならしっくり」。カジュアル小物ではずすとこなれ感も!     車移動の日はよく伸びてきちんと戻る、 ノーストレスなリブニット&チェックパンツが活躍 day 4  c+j 12closet/クルーネックリブプルオーバー/¥8,900+税 12closet/チェック柄ストレッチパンツ/¥14,500+税   チェック柄のパンツはストレッチがきいて想像以上の着心地のよさを発揮。「長時間運転する日もこれならラクだし、シワになりにくく優秀!」     パーカとプリーツスカートのカジュアルMIXで、 家族みんなでスポーツ観戦! day 5  a+f 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/【石上美津江さんコラボ】大人のスウェットパーカ/¥10,800+税   パーカをきれいめに、スカートをヘルシーに。互いの新たな魅力を引き立て合う組み合わせ。「顔まわりを包み込むフードのボリュームがしゃれて見えます。このコートも使えますね!」     ワンピースにボレロをさらり。 小物で華やぎを足し夫とデート day 6  e+h 12closet/アルパカニットボレロ/¥11,000+税 12closet/ベルト付きワンピース/¥18,000+税   「ブラウンとベージュの上品な配色は小物使いも映えて、おめかししたい日にぴったり」。ワンピは共布ベルトを締めてメリハリをつけ、さりげなく腰高見えを狙って。     友人とのランチは “長いもの同士”のワン・ツーで旬感を day 7  a+d 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/【福田麻琴さんコラボ】スリット入りロングニット/¥15,000+税   深いサイドスリットで抜け感を作り、黒でまとめた足元にあえて重さを出したこなれ感たっぷりの着こなしで、一目置かれる存在感を。「チュニック丈のニットとプリーツスカートの組み合わせは、私にとって初めてのバランス。早速実践してみようと思います」   いかがでしたか!? 大変参考になる着回し7daysの特集は下記からもご覧いただけます!   前回の【パンツ派】LEEキャラクター小山さんの着回し7daysは下記からご覧いただけます!   LEE最新号は下記からもご覧いただけます!
  • 11月に入り、だんだんと朝昼晩の気温差が出てきましたね~。帰宅時にはブルッ!とする事もしばしば。今日はこんな季節にオススメしたい“買い足しアイテム”をpick upします! 本格的なアウターを着るにはまだ早い?ってときには・・・ 持ち運びできるパッカブルタイプの軽量アウターがおススメ! Demi-Luxe BEAMS/Traditional Weatherwear / ARKLEY ロングインナーダウン/¥19,500+税 シャツのようにラウンドした裾が女性らしさを引き立てる1着。 アウター使いはもちろんのこと、インナーとして着られるのも嬉しいポイント♪ 専用の収納袋付きなのも◎   コーディネートのトーンが暗くなりがちなときには・・・ 存在感のあるバッグを1点投入!   A VACATION/TANK トートバッグ/¥59,000+税 コーディネイトのアクセントにするなら小粋なペイズリー柄が旬。"BLTバッグ"のトレンド筆頭の"TANK"は、インテリア用ファブリックを使用した上品な雰囲気が特徴です。   ちょっとそこまでのお出かけのとき着るものに困る・・・ ウールのショールやストールがおススメ LAPUAN KANKURIT/ポケットショール「MARIA」/¥10,000+税 室内はもちろん車移動時の気軽なアウターとしてなどシーンを問わず活躍する絶妙な厚さのショール。両サイドの大きなポケットにはミニ財布や鍵がすっぽり。「ちょっとそこまで」のお出かけには、さっとはおってバッグいらず!   タイツを穿くにはまだ早いけど、足元が寒いときには・・・ ソックスを冬用に衣替え! CAPRICORN MOHAIR SOCKS/モヘアソックス/¥2,500+税 イギリス・ノーサンバーランドのソックスメーカーの定番品。 水分をためにくいモヘアは、耐久性があり長時間履いても匂いにくいのが特徴。バレエシューズやおじ靴と合わせれば、ほどよいボリューム感でスタイリングのさりげないポイントに♪ 私もカプリコーンソックスは毎年買い足ししているアイテム! 定番のコンバーススニーカーとの相性もよく、色違いでたくさん持っていますよ!   少しのアイテム追加で今の季節もおしゃれ&快適に過ごせます。FLAG SHOPでいろいろ探してみてくださいね~。    
  • コートを着ているときも脱いだときも素敵でいられるコーデをご紹介。淡色の「リバーコート」を着るなら、ワントーンコーデがおすすめ。クリーミーなホワイト、アイシーなグレー、今季旬のラテカラーなど、それぞれのカラーごとに鉄板コーディネートを組んでみました。 THIRD MAGAZINE[サード マガジン]の淡色リバーコート オールホワイトが上品にまとまるこだわりのクリーミートーン 思い切って全身にまとうことでリッチに仕上がる冬の白。まろやかなトーンでしっとりと。上質なウールの質感もきわだつ。 コートを脱いだら コート(ストールつき)¥92000/サード マガジン ニット¥36000/スローン スカート¥29000/ebure ピアス¥12500/ビヨンクール 大阪高島屋店(ガス ビジュー) ブレスレット¥9000/フォーティーン ショールーム(イン ムード) バッグ¥44000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(ペリーコ) 靴¥24000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) STATE OF MIND[ステートオブマインド]の淡色リバーコート 明度の高いアイボリーが軽やかに映えコンサバすぎない旬のベージュコーデに 大人びた上下ベージュのパンツルックをフレッシュに導くのが、明るめアイボリーの襟つきコート。歩いてなびくしなやかな素材感や肩ひじ張らず着流せるデザインで、オンの日にぴったりの気張らないきれいめスタイルを楽しんで。 コートを脱いだら コート¥34000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ニット¥21000/ロンハーマン パンツ¥19000/アダム エ ロペ ピアス¥37000/UTS PR(ルフェール) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥67000/アマン(エレメ) 靴¥12778/アテニア BEAMS LIGHTS[ビームス ライツ]の淡色リバーコート アイシーなグレーを基調にすればフェミニンさも大人のさじ加減に アイスグレーと相性のよいブルーをなじませてさわやかに。レースの質感で女っぽさも上々。 コートを脱いだら コート¥42000/ビームス ライツ 渋谷(ビームス ライツ) ニット¥25000/スローン スカート¥78000/サード マガジン ピアス¥55000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) 時計¥26000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥148000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) タイツ¥700/タビオ(靴下屋) 靴¥45000/アナトリエ ミュゼ プリヴェアトレ恵比寿店(バルダン) FRAY I.D[フレイ アイディー]の淡色リバーコート 白とベージュのまろやかなラテカラーでやさしい女らしさをまとって コートの上品さを引き立てる、やさしげベージュのワントーン。きちんと感強めのシャツ×パンツのコンビも、色の効果と顔立ちをやさしく見せるノーカラーで柔和な雰囲気に。話しかけやすいオーラに包まれて。 コートを脱いだら コート¥31000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) ブラウス¥32000/ebure パンツ¥26000/ロンハーマン ピアス¥23000(アンセム フォー ザ センセズ)・靴¥51000(ペリーコ)/アマン バッグ¥57000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) 撮影/谷田政史〈CaNN〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/大平典子 モデル/桐谷美玲 取材・原文/榎本洋子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • 「色に惹かれて買ったものの、上手く使いこなせない…」と靴を持参下さったモニター様。ポイントとなるカラー、どう取り入れる!?『ベージュ系グラデーションの着こなしが好きでワードローブの大半が白〜ベージュトーン。 でしたが、2年ほど前に受けたカラー診断の結果はベージュトーンが似合わないとされる〝サマー〟タイプ。 確かに、言われてみれば水色など寒色系は昔から好きで…なので今後、ワードローブ全体の色味をチェンジしていこうかなとも。 なのに、色に惹かれて購入したブルー系の靴が全く履きこなせてないんです。』 …と、個別スタイリングのモニターに応募下さったBN様。 beforeはコチラ↓当日、その悩みのタネとなっている靴を履いてきて下さいました! どうにか使いこなそうと、 無地で同色のストールを購入したそうですが… 『オール白の着こなしに、そのストールと靴をセットで合わせるのが定番でした。ただ最近、それが〝すごく頑張った感じ〟に思えてきたんです。』と。 確かに特徴のある色をバッチリ揃えて投入すると、〝差し色でベルトと靴とバッグの色を揃えるのがオシャレ〟とされてたバブル時代の印象になりがちです。 なので、 〝色ではなくトーンを揃える〟ぐらいの方が今は自然かもしれません。 そこで私のご提案は、 after↓全体を寒色系に持っていき、ストールの柄に僅かに含まれると淡い水色と、靴のミントブルーのトーンをさりげなくリンクさせる。とても気に入って下さったライトグレーのアウターは、手持ちの白やベージュのアイテムと今後増えていくであろう寒色系アイテムの繋ぎ役を担ってくれるはず。 ニットだけ、パンツだけ、と言った小さな面積で色味を変えても、アウター必須の今からの季節は活用しにくい。 ストールとアウター、この2大要素が揃っていれば、今後パンツをグレーにするだけでグレーグラデーションが完成する。 また、手持ちの白パンツに水色のニットを合わせたなら寒色系パステルトーンの着こなしに♬ そんな風に、大きな面積からチェンジする方が着こなしをイメージしやすく、次に買い足すモノを具体化できる。 ただ、そこで気をつけたいのは〝あくまで手持ちのアイテムに馴染む色〟であること。 大きな面積で、今の手持ちを無視した色を投入すると全て一式を買い替えるハメになる。 そして、 一気に大量に買い揃えた場合、そのうちの3割ほどは失敗な事が多い。 「吟味」より「焦り」が先に立つのでしょうね(^^;; 焦るとろくな事が無いと分かっていても、 「今すぐ新しい着こなしを完成させて、今日にでもアイテム探しを終わらせたい」と思うのは仕方ないことかもしれません。 なので、そんな流れに持っていかないようにする! のが、ベストと思います(^_−)−☆ いかがでしたか!? ※アメブロも更新しています↓ bemi's small &simple Style美女組No.52bemiのブログ
  • おしゃれプロの「自腹買い」から見えてきた注目トレンドトピックス。予想にはなかった意外なアイテムも!?リアルマリソル世代のプロたちが、綿密なリサーチと試行錯誤を経て選び抜いた、自腹のショッピングリストを大公開。 ■旬のブラウンとも好相性!意外にもネイビー が人気! みんなが買った定番色は「ネイビー」という声、多数! 流行のブラウンと相性抜群な点も、人気を集めた理由。「久しぶりにネイビーに立ち戻りたくて、今年らしいボトルネックのゆるっとニットに更新」(マリソル 編集長イシダ)。ニット¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) シャツ¥27,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥20,000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) メガネ¥27,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥154,000/アパルトモン 神戸店(ザンケッティ) 靴¥78,000/カオス丸の内(プロエンザ スクーラー)「軽くて暖かいウールフリース素材。ショールカラーのガウンタイプで何にでもはおれる」(マリソル 編集Y本)。コート¥79,000/エイトン青山(エイトン)「インナーダウンにもできるほど薄くて軽い! シャイニーな素材できれいめに着られる」(マリソル 編集K松)。ジャケット¥40,000/グリフィンインターナショナル(ピレネックス)「ウール100%とは思えない、しなやかで透け感のあるリブ。Aラインが腰まわりをカバー」(マリソル 副編集長SGUR)。ニット¥31,000/トヨダトレーディング プレスルーム(チルコロ1901)「ほかにはない深いネイビーの色みが素敵!憧れの一足です」(スタイリスト池田メグミさん)。靴¥107,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)【Marisol12月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/須藤由美
関連キーワード

RECOMMEND