1,990円でこんなにスタイルアップしちゃっていいんですか?

Marisol ONLINE
こんにちは、らんです。

スポーツの秋、バスケ、バレーボール、ラグビーなどワールドカップで盛り上がってますね。秋は色々楽しいイベントが盛りだくさん!

秋の屋外イベントでは、大抵、スカートではなく、動きやすいパンツを履きます。スポーツ観戦などは100%、パンツスタイルです。

そして見つけました、「スタイルアップパンツ」。こちらです。
GUセミフレアパンツAです。お値段1,990円!

こちらのパンツ、履くとわかる、素晴らしき足長効果。

ここ数年は、ワイドパンツやテーパードパンツ、クロップドパンツなどが主流でしたが、今年はセミフレアパンツが熱いです!

こちらのパンツの特徴は
⑴ハイライズでウエスト位置が高く見える
⑵フレアの切り替えが膝位置より高く、ひざ下も長く見える
⑶生地が厚すぎず、ストンとした落ち感で、スタイルアップ
⑷センタープレスで縦感を強調
履くだけでスタイルアップするので、トップスに何を持ってきても合わせやすいんですよ。

センタープレスで、かなりメンズテイストなので、トップスは少し柔らかい感じのものを持ってくると、甘辛ミックスで格好良く着られます。

今回のコーデでは、テロンとした落ち感のある柔らかい白シャツを合わせています。
Tops GOUT COMMUN
Bag HERMES
Stole HERMES
Shoes MAMIAN
ハイヒールでなくても、スニーカーでも、足長効果は変わらず。

160センチ43キロでSサイズを履いています。XSでもよかったのですが、ゆとりがある方が逆にスッキリ着られたのでSサイズを選びました。ウエストはベルトで調節しています。
この秋冬のお買い物、第3弾でした!

エルメスからGUまで、幅広く着々とお買い物が進んでいます^ - ^

「秋のおしゃれ」皆様も、楽しんでくださいね^ - ^
関連記事
  • BAILAエディターズの間で今、高まっているのが“ただ可愛いだけじゃ満足できない”気分! フェミニンなものをたくさん取り入れてきたけど、ストレートな女らしさだけじゃ物足りなくなってきた…そんなエディターが急増。こぞって取り入れているのが、メンズライクなジャケットやローファー、ゴツめの腕時計など「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なアイテムです。洗練されすぎていない無骨なデザインだけど、機能性に優れていてスタイリッシュ。コーディネートに取り入れることで、スパイスが効いて、逆に着る人の女らしさを引き立ててくれると今や欠かせない存在に。BAILAエディターズが購入し愛用している「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なファッションアイテムをご紹介します! GUCCIのビットローファー(編集長Y) 「どんな着こなしにも合う靴を見つけるのが毎シーズンのミッションとなっている私が今季選んだのは、GUCCIのビットローファー。甘くなりがちな自分のスタイルをぴっと引き締めてくれそうなボリューム感やホースビットはまさに“ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なデザイン。先端が底上げされたプラットフォーム、安定感のある太ヒール(走れるほど!)に頼もしさとときめきを感じています。履けば履くほどそのシーズンの頼もしい相棒となってくれるのが靴。この冬はこのGUCCIのビットローファーを相棒に、どんなシーンも素敵に過ごしたいと思っています」 バブアーのビデイル ワックスドジャケット(副編集長N) 「5〜6年前、アレクサ・チャンがメンズサイズをバサッと羽織っているのを見てかっこいいなと! ブリティッシュらしい粗野な無骨さがありながらも品の良さが漂うところが何よりの魅力。コットン素材にワックスコーティングしてあるので水や汚れに強く、経年変化で渋みが出るのも気に入っています。長く愛用でき、体に馴染んでくるよさはトレンチコートにも通じるものがあるのかも。質実剛健なバウアーのジャケットを日常にさりげなく取り入れることで、女性の強さや意思を感じさせ、かつ自分らしさを表現できている気がします」 エルメスのレザーブレスレット(編集Y) 「右の太いタイプがレザーブレスレット ケリー ドゥブルトゥール、左のやや細めがレザーブレスレット ビーアピ ドゥブルトゥール。20代の頃、お仕事でご一緒した方がエルメスのレザーブレスで手もとを飾られているのを見て、ずっと憧れていたんです。身に付けるのは着こなしをキリッと辛口に仕上げたい日。目に入ると仕事モードのスイッチもパッと入るので、大切な打ち合わせや会議の日には欠かせない存在です。シャープでかっこいいブレスレットですが、私にとっては逆に女らしさを引き出してくれるアイテム。ストレートに表現する女らしさより、無骨なデザインで際立たせる女らしさの方が“その人らしさ”が備わって素敵なんじゃないかなと思っています」 ジャガー・ルクルトのレベルソ サンムーン(編集U) 「硬派なスクエアフェイスに惹かれ購入したのは、大人のシンプルさやかっこよさに憧れはじめた30歳のころ。それまではスマホで時間を確認していましたが、シックな文字盤やロマンチックなデイナイト表示など見るたびに高揚感を感じさせてくれるこの時計は私にとってなくてはならないアイテムに。朝、手巻きで時刻を合わせる儀式のような時間も大切なルーティン。この時計のようにちょっと無骨、だけどスタイリッシュなアイテムは、私にとって“新しいキャラを連れて来てくれるもの”。自分には足りないキャラを足して、新鮮さを呼び込んでくれる役割となっています」 ラムダの傘(編集M) 「10月に購入したばかりのラムダの傘です。深い藍色に小紋柄を乗せたトラディショナルなデザインと機能性の高さに惚れこみました! 16本骨で耐久性抜群な上、軽量でとにかく使いやすい。色と柄でどことなく和の雰囲気があるのも他にはないと特徴だと思います。遠目には無地に見えるほどのさりげない柄なのでどんなコーディネートにも合わせやすいのですが、やわらかく女らしい着こなしに合わせるとピリッと印象が引き締まる気がします。ジェンダーレスデザインなので、男友達に『素敵だね』と褒められたことも。トレンドに関係なく長く愛用できる頼れる存在です」 スマイソンのカードケース(編集T) 「定期入れを探していて見つけたのが、このカードケース。毎日使うものだからシンプルなデザインがいいけど、それだけでは気分が上がらない。エッジの効いたものが欲しいなと思っていたときに店頭で見かけて即決! 主張しすぎないデザインと赤茶のレザーが絶妙で、毎日使っていても飽きることがありません。クロコダイルの型押しでちょっと無骨なところもあり、上品なのにかっこいい! 持っていると褒められることも多いんです。使えば使うほど味が出ると思うので、大事に育てていきたいアイテムです」
  • Demi-Luxe BEAMSがアウターフェア開催中!対象品がすべて10%OFFに! 定番アウターから今年らしいアイテムまで、豊富なラインナップをご用意。 今、本命の1着を見つけてください! ■こなれたスタイリングが叶うシャツ型コート Demi-Luxe BEAMS/ライトメルトン コート/¥34,000⇒¥30,600+税(10%OFF) ・ドライな質感のライトメルトンを使用したシャツ型コート ・程良くゆったりとしたサイジングで抜け感を演出 ・立体的なポケットや配色ステッチを施した共布ベルトなど、細部にこだわりが光る1枚 ・季節の変わり目に嬉しい軽い着用感が魅力 ・ウエストをベルトでマークしたメリハリのある着こなしがおすすめ ■人気モデルを今年らしいサイズにアップデート Demi-Luxe BEAMS/チェスター オーバーコート/¥45,000⇒¥40,500+税(10%OFF) ・二重織りのメルトン素材で仕立てたチェスターコート ・繊細で高品質なウール“スーパー100’S”の使用で暖かく軽やかな仕上がりに ・インナーに厚手のニットを着込めるゆったりとしたサイズ感 ・ストレッチの効いた裏地付きで快適な着心地 ・シンプルなデザインは通勤スタイルからプライベートまで幅広く活躍 ■エレガントに着こなせるショート丈ダウン Demi-Luxe BEAMS/FOXファー ショートダウン/¥42,000⇒¥37,800+税(10%OFF) ・イタリアの有名なファブリックメーカー、リモンタ社製のダウンを使用 ・光沢感のある生地は、しなやかな手触りと相まって高級感のある表情に ・ウエストラインを程良く絞った女性らしいシルエットが特徴 ・表、裏地共にストレッチ素材を使用しストレスフリーな着心地を実現 ・袖口にはリブを配し風の侵入をシャットアウト! ・ゴールドで統一された金属パーツは上品でありながら華やか ・ファーとフードは取り外し可能 ■カーディガン感覚で羽織れる軽さが魅力 Demi-Luxe BEAMS/リバー フードコート/¥59,000⇒¥53,100+税(10%OFF) ・裏地のチェック柄と大きめのフードが印象的 ・上質な“スーパー100’S”ウールを使用 ・表側は起毛感を出しソフトで柔らかな風合いに ・裏地のない軽量コートながら二重織のリバー仕立てで防寒性も兼備 ・リラックス感のあるオーバーシルエットが今年らしい1着   今期一押しのアウターをこちらにもご用意しています! 是非チェックしてみてくださいね~。
  • 冬のカジュアルを楽しむならボアコートが狙い目。今年トレンドのショートタイプを選ぶなら、どこかにフェミニン要素を入れて。大人っぽい深めV、シャツ風、デニムジャケット風など、今年はアレンジの効いたデザインが豊作。 Uniqlo U[ユニクロユー]のボアコート ¥4990 旬のシャツ風コートはベルトつきでトレンドも女らしさもキープできる 今季らしさ満点のボアコートなら、ギャラリーのような感度高めの場所でも着映える。体が泳ぐ大きめシルエットが、かえってきゃしゃさを強調。きれい色のボトムで女っぽさをさらに後押し。コート¥4990/ユニクロ(ユニクロユー) カットソー¥11000/シップス 渋谷店(ジェーン スミス) パンツ¥25000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店 リング¥12000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(ジャミレイ) バッグ¥22000/シップス 有楽町店(フィールアンドテイスト) EMMEL REFINES[エメル リファインズ]のボアコート ¥17000 一見ラフなジップアップタイプも深めのVネックが大人びた雰囲気をくれる 主張しすぎないボリューム感で気軽に羽織れる。クラシックなお店でのデートの日も、落ち着いた色みでまとめればこんなに上品に。白のバッグで抜け感もプラス。コート¥17000/エメル リファインズ ルミネ新宿店 ニット¥20000/ショールーム セッション(アール ジュビリー) スカート¥13000/アダム エ ロペ ピアス¥2500/ビーミング  ライフストア by ビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店 リング¥4000/サイクロ バッグ¥42000/ヴァジックジャパン 靴¥26000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ ビアン) AZUL BY MOUSSY[アズール バイ マウジー]のボアコート ¥5990 プードル犬のような質感がキュートなボアは、少し光沢のあるブラックなら大人にちょうどいい甘さに。キルティングコートとしても使えるリバーシブル仕様。コート¥5990/バロックジャパンリミテッド(アズール バイ マウジー) パーカ¥10900/シップス 有楽町店 スカート¥16000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) バッグ¥16000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンター LEPSIM[レプシィム]のボアコート ¥5500 ノーカラーのVネックだから、トレンドの厚手ゆるタートルニットをインに合わせてもすっきり。コート¥5500/アダストリア(レプシィム) FREAK'S STORE[フリークス ストア]のボアコート ¥8100 重くなりがちな冬のワードローブに加えたい可愛げベージュ。デニムジャケット感覚でカジュアルに楽しみたい。コート¥8100/フリークス ストア渋谷 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/高橋美帆 モデル/中村アン 構成・原文/渡辺真衣・松井友里〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • 着こなしに困っているアイテムを持参いただいてのスタイリング教室を開催しましたー♬先日、2回目となる【持ち寄り勉強会】を開催! 「いつもワンパターンな着こなし」 「何と合わせたらいいの?」 そんなクローゼットの〝お困りアイテム〟について、スタイリングの提案をさせていただきました(^o^) 「白のブラウスと合わせてばかり。これからの季節、どんなニットにチェンジしたら良い?」とT様が持参下さったのは光沢あるオレンジブラウンのスカート。 私の提案1つ目は↓黒のロングブーツでバランスを取り、アクセントとなる小バッグで華を添えた、付かず離れずシルエットの黒ニットと合わせた着こなし。 2つ目は↓ガラリと雰囲気を変えて、キャメルニットとの着こなし。同色のマフラーで奥行きを出して♬ 3つ目は↓チェック柄のストールでアクセントをつけた細身の黒ニットとの着こなし。主張ある色のスカートも、 小物でイメージここまで変わります! てな事を、こんな感じで↑実践と合わせて私が延々と喋ります。 やだー、ウザそう!?(笑) 続いて、「いつも黒のパンツに合わせたワンツーコーデばかり。それ以外の着こなしが思いつかない。」と、黒地に緑のドット柄ブラウスをお持ち下さったのはO様。 そこで、黒パンツでも無難平凡なイメージを脱却する着こなし2パターンをご提案! グリーンと相性良しなカーキのアウターをプラスしてみたり、 ニットを肩巻きして黒の分量を増やし、ゴールド金具のバッグを効かせると良いですね! と、参加下さった方が持っていたカバンを急遽借りておきながら偉そうに言う私↑(笑) 「色に惹かれたニット。店員さんに言われるがまま揃いのカーデも購入したけれど、コンサバ過ぎて全く着こなせない。」とM様が持ってきて下さったのはタイ付きのアンサンブル。 確かに、フンワリしたスカートや白のクロップドパンツを合わせた女子アナ的スタイルがシックリきそうですが… 小物まで色味を揃えてベージュの濃淡でまとめると大人っぽく上品に、ブルーのパイピングとリンクさせてデニムを合わせればクラシカルな雰囲気で、 着こなすことができます(^o^)ほんの少し小物や着こなし方を変えてみるだけで、今までとは全く違うイメージになりますよね。 それを実際に目で見て、新たな発見に繋がったらいいなぁ… そんな思いから開催しているスタイリング教室。 来月は15日(日)に実施予定♬ 詳しくアメブロにて↓bemi's small&simple Styleご興味ありましたら是非、ご参加下さいませ(^^)美女組No.52bemiのブログ
  • あったかいけど、ダウンをモードに着るのは相当な腕が必要だ……そう思っていました、今まで。けれどもSPUR1月号の「ハイパー・ダウン・クリエイター」特集でスタイリスト早川すみれさんのスタイリングを目撃し、考えを改めました。ダウンって、エレガントにも、マニッシュにも着られるんですね。 Photography:Bungo Tsuchiyaこちらは、フローリストをテーマにしたスタイリング。英国調にまとめています。ダウンはクロエ。チェックの色味と韻をふんで、サカイのブランケットスカートを合わせました。レインブーツがフローリスト感をアップしてくれました。これを読んで、「防寒目的のダウン」のその先へ! SPUR1月号「ハイパー・ダウン・クリエイター」を試し読み(外部サイト)
  • SPUR1月号の「“ワン”ダフル開運財布」特集、年末までにお財布を買い替えたい!という方は必見です。変化の大きい年と言われている2020年は願望をかなえるためのアクションを取るにはうってつけ。SPURではおなじみ、真木あかり先生にそのポイントをレクチャーいただきました。導き出された4つのポイントを、イラストレーター、foxcoさんが描くおばけ犬とともにお届けします。 photography: Daisuke Kusama〈impress-k〉個人的に気になったお財布は、こちらのエルメスのもの。「丁寧な生活を送りたい」という願望をブーストしてくれます。真木先生による「落ち着いたカラーや、ゆとりのある収納力が幸運をつかむきっかけに」というありがたいお言葉を体現する、理想の一点です! 外側は上質なカーフレザー、内側には華やかなシルク生地が配されていて、持っていると心が弾むアイテムです。たっぷりとした14ポケットも収納力抜群。 また、守護星別の開運財布もあわせてご紹介しています! パーソナライズされたポイントから選ぶのもおすすめです。おばけ犬ゆるっと癒されながら、ぜひ新年に向けて財布を一新しましょう! SPUR1月号「“ワン”ダフル開運財布」を試し読み(外部サイト)
  • Vネックニット&シャツジャケットの肩かけで絶妙な女っぽさと抜け感を!シャツジャケットとナロースカートの最旬コンビをひと目ボレ買い。印象的なビッグチェックを今日はセットアップ+配色スニーカーで思いっきりカジュアルに楽しみたい! だけどやっぱり”ひとさじの女っぽさ”は欲しいよね。そんな時は鮮やかな赤のVネックニットがお役立ち♡ ダークトーンの着こなしがパッと明るく、顔まわりも軽やかに印象アップできて。これならジャケットは寒暖差やTPOに合わせて、きちんと袖を通してもラフに肩かけしてもグッド。平日はレザーバッグで大人な味つけを、休日はリュックで遊んじゃってもいいかも♪ニット¥2990/キャン(テチチテラス) スカート¥15000・ジャケット¥24000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ペンドルトン×ナノ・ユニバース by MIHO NOJIRI) 靴¥7296/ザラ・ジャパン(ザラ) ピアス¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) バングル¥14300/ガス ビジュー 青山飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡原文/鈴木絵美 撮影/東 京祐 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/高野麻子
  • アースカラーのニットアップ、セットで?別々で?着まわし例☆唐田えりかが着まわしたのは、“アースカラー”のニットセットアップ! ふわっとした風合いのカーキの上下。タートルニットとタイトスカートのセットを、このシーンではどんな風に着てみる?ウエストバッグで今っぽくスタイルよくこなれたカーキカラーに映え、そして軽さも加えられるようにバッグは白っぽいベージュを選んで。ノーカラーコートがシュッと見せるのにお役立ち。ニット¥9000・スカート¥8000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 コート¥27000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 靴¥11000/ラヤン(マリー・ルイーズ) バッグ¥16800/ショールーム セッション(ヤーキ)デートなら愛されビッグニットでゆるずるバランスをカーキに白は、甘辛バランスの黄金配色。レーススカートからのぞかせたのは、今っぽくクールなウエスタンブーツ。ニット¥9000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 スカート¥33000/CASA FLINE表参道本店 靴¥27000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥14000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) イヤリング¥2300/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥2296/サードオフィス(ROOM)暖かさも可愛さも◎ 冬の外歩きにうれしい足もとはブーツでつなぐ。ゴツめデザインではずしてみて。ニット¥9000・スカート¥8000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 靴¥24000/カージュ ルミネエスト新宿店(ドクターマーチン) バッグ¥84000/オデット エ オディール ルミネ有楽町店 イヤリング¥2900/サンポークリエイト(mimi33) バンダナ¥1800/ブルーブルーシャツをはおれば好バランスかつレディなお仕事コーデにシャツに付属したベルトがきちんと見えをアシスト。ベリー色のバッグで色気をさしてみて。スカート¥8000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 シャツ¥4900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 ニット¥15000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) 靴¥18000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥45000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/川原崎宣喜(えりか分) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/唐田えりか(モア専属) スタイリスト/高野麻子 撮影協力/WASH&FOLD アワビーズ UTUWA
関連キーワード

RECOMMEND