トレンドのCPOジャケットをシャツ感覚で着こなし快適デスクワーク【2019/9/19コーデ】

Marisol ONLINE
会社帰りの外の気温がめっきり涼しくなってきた今日この頃。ちょっと羽織れる軽アウターはボタンを全部留めてシャツのように着るとロングスカートは然り、意外とどのボトムにも合わせやすい。一枚仕立てのCPO(Chief Petty Officerの略=アメリカ海軍下士官)ジャケットなら堅苦しくないので、長時間のデスクワークでも仕事の邪魔をしないぴったりな一枚。ライトグレーを選べば、大人っぽくシックにキマる。
CPOジャケット¥125,000/マディソンブルー ロングスカート/エイトン、バッグ/J&M デヴィッドソン、バレエシューズ/スペルタ、ネックレス/ebure(スタイリスト私物)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼シャツコーデの関連記事もチェック
ひと足先に展示会をめぐって、今季のトレンドチェックに余念がないスタイリスト&エディターに徹底取材。「ずばり、この秋の注目アイテムは?」大アンケート調査の結果から見えてきた、マストトレンドをピックアップ!
関連記事
  • コーディネートから老眼モンダイまで、メガネのプロがそれぞれの視点で回答。納得の一本に出会えるはず!視力矯正やブルーライトカットのため、あるいは老眼が気になり始めた……。とはいえ、"必要に迫られて"かけるのではなく、もっと楽しく積極的にメガネのおしゃれを楽しみたい! 似合う一本に出会えれば、"かけたほうがキレイ"になれるのだから。 ☆答えてくれたのは… ・ブリンク外苑前 マネージャー矢澤直人さんメガネの最新トレンドに精通。かけやすさとのバランスを考えた、大人のための品ぞろえに定評あり・ビジョナリーホールディングスアイケア事業部 ジェネラルマネージャー吉野正夫さんメガネスーパー本社に勤務。確かな専門知識に基づき、正しいメガネ選びをサポートしている・スタイリスト高橋美帆さんシンプルでほんのり女性らしいカジュアルが得意。大のメガネ好きで今は少し個性的なものを探し中Q.メガネをかけると怖く見えます… A.メガネの気配を消すフレームの色をチョイス 「キラリと光るメタルは、シャープなぶん迫力が出てしまいがち。クリアのセルなど、メガネが主張しすぎないフレームがおすすめ」(高橋さん)。 「フレームの縦幅があり、丸みを帯びたラインだと柔らかい印象になります」(矢澤さん)メガネ「BM005 Col.CHA」¥34,000/ブリンク外苑前(ブラン) ニット¥9,000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス)Q.1日かけても疲れないものが欲しい A.フレームそのものに疲れにくい工夫がされたものも 「軽量の素材やテンプルの構造などで、体感重量が軽く感じられるフレームも」(高橋さん)。「メガネをかけるとかえって疲れるのなら、度数そのものが合わなくなっているのかもしれません。年齢による視力低下のほか、物を見るための筋肉の使い方が変わってきている可能性も。ぜひ再検査を」(吉野さん)人間工学に基づいたフレームが重さを分散。メガネ全体でバランスを取るから、疲れにくい。メガネ「XL1472 Col.BK」¥37,000/シャルマン カスタマーサービス(ラインアート シャルマン)【Marisol12月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ(人物) 魚地武大(TENT/物) スタイリスト/高橋美帆 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 モデル/竹内友梨 取材・文/発田美穂
  • BAILA12月号が発売されました 皆さま既にお手元にありますでしょうか?✨ 今月号の表紙は女優の戸田恵梨香さん ナチュラルメイクでも十分な美しさ ✨ 戸田恵梨香さんのような透明感のある肌になりたいものです...✨ 今月号のメイントピックは「コート」❣️ 日中はまだ暖かいですが、夜は冷えますよね 今年はダウンコートを購入予定ですが、まだ暖かいので軽めなコートを購入しました coat: GU  setup: UNIQLO shoes: Salvatore Ferragamo 購入したコートは、GUの「ウールブレンドチェスターコート(317468)」 今年はブラウンアイテムを多く持っているので、コートはブラックにしました✨ なんと、5000円以下(税抜き)の高見えプチプラコートなんです ❣️ ウール混で暖かいですし、通勤や休日コーデにも合います✨ 1番の決め手は、軽い❣️❣️ 肩こり持ちの私にとっては重要なポイント ポケット付きなのも大事ですよね ボタンを付けて、ポケットに手を入れてもブカっとせず、キレイなラインをキープ 身長153cmの私はSサイズをチョイス ‍♀️ 丈感もちょうど良いです✨ 日中暖かい日はチェスターコートがおすすめです ‍♀️ このGUのチェスターコートが安かったので、ダウンは少し高めなのを購入しようかなっ ▶︎▶︎instagramはこちら
  • 鏡に映ったお疲れ顔に愕然… この世でいちばん疲れてるの、だぁれ? 年末に向けてだんだん忙しさが増し、昨日もバタバタだったなぁ。なんだか疲れが抜けないけれど、頑張って会社にいかなきゃ! お疲れ顔を何とかすべく、レフ板効果の白ニット+スカーフで少しでも明るい印象に。気分が上がる鮮やかなブルーのスカートときれいめブラックコートで、きちんと感のある通勤スタイルに。小物も黒で統一し、印象も気持ちも引き締めて。会社に行く前に、おいしいラテが飲めるスタンドに寄り道。朝のプチご褒美で、気分を挙げて仕事をがんばろう。 コート¥69000/インターリブ(サクラ) ニット¥18000/RHC ロンハーマン(RHC) スカート¥16000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) ピアス¥15000/トゥモローランド(ルーカス ジャック) バッグ¥63000/ebure 靴¥22000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) 【今月のPROFILE】港区OL・絵美里イタリアに本社を置くインテリア会社で、営業を担当。パッと見はクールながらも、実は乙女な癒し系。社内公認のコウジと順調ななか、新たな刺客が。   明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 1/3 2/3 3/3 【使えるブラックアイテム】チェスターコート使い勝手のいいウールのチェスター。襟幅が細くシャープな雰囲気。コート¥69000/インターリブ(サクラ) 【ブラックに合う敏腕アイテム】白リブニット抜け感に効く白ニット。リブ&フレア袖でひと工夫。ニット¥18000/RHC ロンハーマン(RHC) 【ブラックに合う敏腕アイテム】ブルータイトスカート腰位置が高く、はくだけでスタイルアップ。細いながらもゆるやかなAラインで、足さばきが軽やか。スカート¥16000/フレイ アイディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー)  「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/大平典子  本誌取材/伊藤真知 本誌構成/山岸成実〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵  
  • のっぺり見えてバランスを取るのがむずかしいと敬遠しがちなニットセットアップを素敵にこなれさせるコーデテクをご紹介 ニットセットアップをこなれさせるテク5ポイント1:同系色のストールでニュアンス足しケープのようにゆったりとはおって縦ラインも意識 ゆるやかなクルーネックのミドルゲージニット×ゆとりのあるシルエットのパンツ。肉厚すぎないから、着やすいのが魅力。ストールはセットアップの色を拾うのが鉄則。ニット¥20,000・パンツ¥21,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ストール¥62,000/ドレステリア 銀座店(ジョンストンズ) メガネ¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥3,000/アビステ 時計¥70,000/ボームカスタマーセンター(ボーム) バッグ¥25,000/アンティット(MARCO MASI) ポイント2:旬のパイソン柄で足もとを引き締める辛口モードな女性が選ぶアースカラーとアニマル柄 Vあきのカーディガンとロングスカートは体にほどよく沿うリブニット。ピリッときかせたパイソンと、Vあきの肌見せで、全身カーキも女らしく。カーディガン¥20,000・スカート¥26,000/デ・プレ(デ・プレ) ピアス¥21,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) ストール¥19,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) バッグ¥166,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) 靴¥37,000/ツル バイ マリコ オイカワポイント3:ロングネックレスを加えてNOTのっぺりタンカラーのバルキーニットにモダンなセンスをひとつ カシミアブレンドのバルキーニットはフレアスリーブがつくる女らしさを楽しみたい一枚。体の線を拾わないロングタイトスカートと秋らしいムードを。胸もとのロングネックレスとともに、黒小物で引き締めているのもポイント。鮮度の高いタン×ブラックの潔い組み合わせでスタイリッシュにあかぬける。ニット¥23,000・スカート¥21,000・ネックレス¥6,000/オンワード樫山(23区) バッグ¥48,000/ノーブル コレド日本橋店(マージ シャーウッド) ポイント4:パンツタイプは腰まわりが隠れる丈をオフタートルニット×パンツ。上下のゲージを変えるのも手 パンツのセットアップは腰まわりやヒップがすっぽりと隠れる丈を選べば安心。ベージュならきれいめにも楽しめる。オフタートルニットはざっくりとした編み地とドロップショルダーが今の気分。パンツは脚のラインを拾わないストレートなシルエットで、内側にスリット入り。ニット¥44,000・パンツ¥33,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) イヤリング¥6,806/アビステ 時計¥748,000/ポアレ ジャポン(ポアレ) バッグ¥83,000/ロンハーマン(ラドロー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ ポイント5:ボディバッグのメリハリ効果を活用黒の洗練力ですっきりこなれカジュアル ニットは一枚で着られる絶妙な深さのVあき。濃色だからパンツもトライしやすく、ボディバッグの視覚効果で好バランス。ニット¥23,000・パンツ¥25,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) ターバン¥7,800/エイチ ビューティ&ユース(ラ メゾン ド リリス) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥15,000/ノーブル コレド日本橋店(メゾン ボワネ) バッグ¥32,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥6,000/アンティット(コンバース)【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/五明祐子 取材・文/陶山真知子
  • ニュアンスのあるベージュのアンゴラニットカーディガン。ふんわりピンクで女子力UPして昨日から頭痛もするし、なんだかイライラするし、もしかしてホルモンバランスが不安定……? ここは心も体も安定させるためにも、優しいピンクのふわもこニットカーディガンを羽織ってみる。色彩心理や脳科学でもその効果が実証されているみたいだし、実際に自分で試してみようかと。甘くなりすぎないように、中はミリタリーテイストのカーキスカートでシャープに引き締めて。ニット¥19,000/ル フィル カーディガン¥25,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) スカート¥34,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(アンスクリア) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥85,000/クラスフォーティーン バッグ¥158,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥22,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「ロングカーディガン」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • 30年以上のスタイリストのキャリアをもつ中山まりこさんが手がける「マディソンブルー」からは、圧倒的な着映え力を発揮するカラーコートが到着。アラフィーコーデの主役にぜひ。コート一枚で着こなしが完成! 圧倒的な着映え力が“優秀”MADISONBLUEのカラーコート30年以上ものスタイリストのキャリアをもつ、ディレクター兼デザイナーの中山まりこさんが手がける大人気のマディソンブルー。上質なウール100%のシンプルなコートは軽やかで暖かく、色の少ない冬の街並みを背景に、ドラマチックに映える色を提案。ベルトやボタンはあえてつけず、さっと肩がけした着こなしも、軽やかにクールに決まる一枚。肩は大きくドロップショルダーになっていながら、袖先は細めにつくられたメリハリのあるシルエット。パンツスタイルで鮮やかな赤をさっそうと着こなしたい。 コート「リバードルマンスリーブロングコート」¥200,000・ニット¥110,000・パンツ¥62,000/マディソンブルー ピアス¥15,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥395,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥79,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン >>アラフィーの優秀コート 記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/田沢美亜 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2019年12月号掲載
  • 暖かい日が続きますが、11月も中盤に差し掛かりいよいよ冬本番ですね。 私は、冬になるとついつい纏いたくなるカラーがあります。それは、「ボルドー」。 コーディネートに一点ボルドーカラーを投入するだけで、女性らしい表情を引き立ててくれるので、大人女子にオススメのカラーです。また、どこか上品な印象のカラーなので、休日はもちろん通勤コーデにも活躍するのも嬉しいポイントです。 今日は、そんな「ボルドー」が主役の通勤コーデについてご紹介します。 トップス|DHOLIC(ディーホリック) スカート|ZARA(ザラ) シューズ|SESTO(セスト) DHOLIC(ディーホリック)のボルドーのトップスを主役にした通勤コーデです。 ボルドーのように明るい色味をトップスに持ってくると、視線が上にコントロールされるのでスタイルアップが叶います。ですが、ゆったりシルエットのトップスにすると膨張して見えてしまうので、ピタッとした体のラインが綺麗に見えるタイトなデザインを選ぶのがおすすめです。 また、このボルドーのトップスは、ストライプの網目が入っているので細見え効果も◎ スカートは、ボルドーのトップスに負けないようチェック柄のものをチョイス。 腰高デザインの巻きスカートでウエストマークを強調すれば、チェック柄に負けずにスタイルアップが叶います。 今回は、ボルドーカラーが主役の通勤コーデをご紹介しました! 冬になるとアウターを羽織ることが増えて、全体的にダークカラーを纏うことが増えるので、その反動でボルドーカラーを着たくなるのかもしれません・・。 纏うだけでぐっと女性らしい表情を演出してくれるボルドーカラー、ぜひみなさんもトライしてみてくださいね。 ▶︎ instagramはコチラ
  • 私服コーデが毎回読者投票の上位にランクインするファッションエディター磯部さんの冬は、“流行”の強みを生かして、無理なく楽しく女っぷりを増量!磯部安伽磯部安伽好感度の高いカジュアルコーデがマリソルでも大人気。スタイルブック『ファッションエディター磯部安伽のスマートクローゼット』(KADOKAWA)も好評発売中"流行"の強みを生かして、無理なく楽しく女っぷり増量!シャツ好きのデニム好き。男性も着るアイテムをいかに女らしく着るかが私のベーシックカジュアルの基本でした。でもある時、それだけだと"もたない"自分に気づいてしまった。そして折しも今は、空前のフェミニン服流行り。街には、ツヤのある素材や華やかな柄があふれている!たくさんの選択肢の中から、挑戦したい女っぷりアイテムを吟味し、今の自分にちょうどいい新ワードローブが完成しました。 冬カジュアルの定番を今年仕様に変わらず好きなベースアイテム51_白のタック入りワイドパンツ 「白パンツは冬のマストボトム。デニムやコーデュロイから、よりきれいめなウールのワイドに」 メリハリを生むセンタープレス入り。パンツ¥83,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(セヤ)2_ビッグシルエットのあぜ編みニット「カジュアル派に欠かせないゆるニット。あぜ編みならではのニュアンスが着映え効果を発揮して」たっぷりとした袖が着映えを後押し。ニット¥33,000/ミューズ  ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラ ス) 3_白のハイゲージVニット「白ニットも私的定番。今年はカシミアのハイゲージ、それもVネックを選んでより女らしさを狙います」なめらかな肌ざわりのカシミア100%。ニット¥39,000/バーニーズ ニューヨーク(ソワメーム)4_カットオフの色落ちデニム「洗いをかけた明るいブルーが、暗くなりがちな時季のさし色に。カットオフ&ゆるシルエットも今どき」デニムパンツ¥36,000/マディソンブルー 5_ブラウンコンビローファー「ベーシック派の定番アイテムが、今季は大活躍の予感! 旬色ブラウンのコンビ配色でさらに今年らしく」靴¥100,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) 素材感と柄で華やかさをプラス!■変わりたいをかなえるチャレンジアイテム51_キャメルベージュのシャギーコートモヘアをたっぷり使用した贅沢な一枚。「この質感が加わるだけで、がぜん女らしくなれます!」コート¥240,000/ebure2_チェックのダブルジャケット「秋冬のジャケットは紺ブレ派でしたが、流行のチェックに挑戦。ブラウン系だからなじみ度アップ」 すっきりとした縦長シルエットで、女らしく着られる。ジャケット¥74,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) 3_サテン素材のキャミワンピース「今季の一番のチャレンジは、光沢素材! サテンのキャミワンピをニットの季節のツヤ足しに」 アシンメトリーも今年らしい。ワンピース¥ 28,000/カオス丸の内(カオス)4_赤みブラウンのボウタイブラウス「マニッシュなシャツをお休みし、ツヤ素材のボウタイブラウスを投入! 赤みブラウンで華やかに」ボウタイをはずせばシンプルなスタンドカラーブラウスに。ブラウス¥22,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ)5_ゴブラン柄のビッグトート「ベーシックカラー派の華足しに、ベージュ系の柄バッグ、それもうんと大きいサイズを投入!」バッグ¥69,000 /アパルトモン 神戸店(ア ヴァケーション)【Marisol11月号2019年掲載】撮影/須藤敬一(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE(nude.) スタイリスト/松村純子
関連キーワード

RECOMMEND