仕事帰りの書道教室へは集中力を高めるためにユニセックスな雰囲気で【2019/8/27コーデ】

Marisol ONLINE
イベントのお仕事でお世話になった先生が運営する大人の書道教室へ。リラックス効果のある墨の香りをイメージして、極力色を使わずにシンプルなシャツワンピースにワイドパンツを重ね、ほどよく肩の力を抜いたリラックスコーデで。とはいえオフィスで浮かないように、黒のマニッシュシューズとバッグで引き締め、上品に仕上げて。
ワンピース¥27,000/ティッカ パンツ¥25,000/インターリブ(サクラ) 靴¥100,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) バングル¥56,000/シンパシー オブ ソウル スタイル(フラッパーズ) バッグ¥132,000/ドゥロワー 丸の内店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥23,000/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン)
撮影/佐藤 彩 スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼ワンピースの関連記事もチェック
Marisol公式通販『SHOP Marisol』では、40代の大人女子がオン・オフで使えるアイテムをMarisolバイヤーが厳選してご提案。今回は1枚でコーデが完成するワンピースのランキング!暑い夏には涼しく、秋を先取りしたいときもこれ1枚で雰囲気が出るワンピースは8月のコーデの強い味方です!アラフォーが着るだけですっきりきれいに見える『美シルエットワンピ』を見つけてみて。
スポンと着るだけできちんと見えがかなうワンピースは、最強の「楽してきれい」アイテム。この夏、一枚は持っておくべし!
忙しい朝の強い味方、ワンピース。着る服に迷ったら迷わず選びたい、40代の大人に似合うワンピースをまとめてご紹介。
関連記事
  • ボルドーのアンサンブルニット×グレーの黒タックパンツで大人の落ち着いた雰囲気を醸し出せる11月22日はいい夫婦の日でもあり、両親の結婚記念日でもあるので、私と妹と兄の3人でサプライズディナーを企画。妹家族と兄家族は当日動けないので私が実質的な手配をすることに。ブルーノートで音楽とディナーを楽しみ、帰りに花束を渡して車で家まで送り届けるのが私のお役目。デキる秘書のようなボルドーのアンサンブルニットにタックパンツを履いて、スマートな印象を心がけて。コート¥89,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) カーディガン¥33,000・半袖ニット¥26,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥44,000/TOMORROWLAND(ローベリーテアンドコー) グローブ¥9,900/日本ランズエンド(ランズエンド) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥35,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「ブラウン」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • 1週間の「明日なに着てく?」をまとめてお届け!【11月15日(金)〜11月21日(木)のコーデ】 1/7 2/7 3/7 4/7 5/7 6/7 7/7 11月15日(金)のコーデ ボーダー×きれい色のパンツで冬のマリンスタイル。白黒ボーダーも、マスタード色のボトムで適度な華やかさに♡ きちんと感があるバッグにスカーフをつけて、今っぽいムードを演出したのもポイント。 11月16日(土)のコーデ 休日はいつものスニーカーがぐっとおしゃれに見える、ロングタイト×キャメルのシャツで鮮度高めに。まとめ髪にスカーフをターバン風に巻けば、頭から足まで手抜き感なし! 11月17日(日)のコーデ ブラック&グレーのシックなスカートスタイルも、パープルのカーディガンで華やかな印象に。パイソン柄のパンプスで、今期らしい味付けをしたのもポイント。 11月18日(月)のコーデ 大好きなブラウンと相性のいいオレンジ色のスカーフは、コーデが決まらない朝の特効アイテム。柄の可愛さが生かせるアフガン巻きで、一瞬で華やかに。明るい気分になるように、ボトムはホワイトスカートを。 11月19日(火)のコーデ レフ板効果の白ニット+スカーフで明るい印象に。気分が上がる鮮やかなブルーのスカートときれいめブラックコートで、きちんと感のある通勤スタイルに。小物も黒で統一し、印象も気持ちも引き締めて。 11月20日(水)のコーデ 首もとと袖にギャザーフリルをあしらい、品のいい甘さを叶えるブラウスはツイードのスカートを合わせてレディな印象に。服がモノトーンだからバッグや靴で明るい色を差して。 11月21日(木)のコーデ ゆるっと着流すことが多いコートも、ベルトを締めれば表情は一新。フリル襟の水玉ブラウスやグリーンのパンツなど、限られたVゾーンやひざ下もおしゃれに見えるアイテム選びを。 撮影/江原英二〈Astro〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/大平典子 モデル/絵美里、守屋光治・若林拓也・岩上隼也(メンズノンノモデル) 本誌取材/伊藤真知 本誌構成/山岸成実〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵 
  • 1,990円GUセットアップで通勤コーデ こんにちは。 セットアップが好きで、いろんなブランドさんのセットアップをチェックしているのですが、 今回GUで、購入したニットセットアップをご紹介します。 セットアップ・ブーツ:GU バッグ:フェンディ プチプラのアイテムは、ブラックやベージュのモノトーンを購入することが多いのですが、 今回は色味が派手すぎず、オフィスでも使いやすそう!と思いボルドーを選びました! トップス:Vネックニットチュニック 1,990円 スカート:フレアミディスカート 1,990円 どちらも1,990円【税抜】というプチプライス♡ チュニックをタイト目に着たかったので、私はオンラインでXSサイズを購入しています! スカートのフレア感もちょうどよく、他のニットやトップスとも相性良さそうです^^ ヘアケアはdear mayukoのヘアオイル baila編集部からご紹介頂いたdear mayukoでヘアケアとスタイリングしました♡ 5つの天然オイルが入っていて、とろっとしたテクスチャーが髪に馴染みやすい^^ 髪を乾かす前も後も使いやすいとろみ感でした! 冬も髪が乾燥するので、ヘアケアはしっかりしたいですね♡ インスタもやってます♡
  • 気になる下半身悩みで多いのがぽっこりおなか。BAILAが厳選した整形級のワイドパンツならそんなぽっこりおなかだって華麗にカバー! ポイントは腰まわりの外向きタック&おなかまわりを押さえる厚手生地。実際に試着したバイラーズも「ラインを拾いにくい!」と感心したようす。 整形級パンツでぽっこりおなか➡ぺたんこおなかへ ●おなかを立体的に見せない外向き”タック ●おなかまわりをしっかり押さえてくれる厚手生地 【フレイ アイディー】 ストレートワイド タックパンツ ¥17000 外向きタックが肉感をわきへ追いやり立体感を出さないことで、おなかまわりのボリュームが減。カバー力の高いとろみ素材が着やせ力を後押し。パンツ/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) ブラウス¥20000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナルスタンダード レサージュ) ニット¥28000/ティッカ サングラス¥48000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥25000/トゥモローランド(リジー フォーチュネート) バッグ¥13000/セルフォード 新宿ルミネ1店(セルフォード) 靴¥12000/ル  タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ) パンツ/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー)  サイズ:0・1  色展開:ベージュ・ホワイト・ブラウン 1/3 2/3 3/3 【155㎝】「ハイウエストで身長が高く見えるのも、Sサイズ的に大切なポイント」(鈴木園子さん) 【160㎝】「横から見てもおなかぽっこりは気にならない! 落ち感のある素材でラインを拾いにくい点も好きです」(下里朋美さん) 【168㎝】「スッキリしつつも全体的にゆとりがあるから、はいていて楽♪」(遠山春菜さん) 【ノーブル】プレーンクロス ワイドパンツ ¥19000 気になる下半身悩みをまるっと隠してくれる、頼れるワイドパンツ。適度な厚手生地でおなかまわりをしっかり包み込んで押さえることで、下半身の厚みを目立たせず、横から見たときもスッキリ。肌なじみのいい淡いブラウンなら、普段スカート派でもフェミニンに取り入れやすい。ワントーンでまとめた日は黒靴で引き締めて。パンツ/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) タートルニット¥8990/プラステ ピアス¥17000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング)バッグ¥40000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(トフ&ロードストーン) 靴¥6800/ロデスコ アーバンリサーチ ルクア大阪店(ロデスコ) パンツ/ノーブル コレド日本橋店(ノーブル) サイズ:34・36・38・40 色展開:ブラウン・ホワイト 1/3 2/3 3/3 【155㎝】「このタック、特に下腹に有効です! センタープレスで脚長効果もバッチリ」(鈴木園子さん) 【160㎝】「Aラインに広がるフォルムで、ウエスト自体もきゃしゃに見えます」(下里朋美さん) 【168㎝】「太めパンツは長身の人が着ると迫力が出がちですが、これはラインがきれいだから平気!」(遠山春菜さん) 撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(人)、坂根綾子(物)、花村克彦(スーパーバイラーズ) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉(人)、山本夏未(スーパーバイラーズ) スタイリスト/川上さやか モデル/安座間美優 取材・原文/石黒千晶(スーパーバイラーズ) 構成・原文/山岸成実〈BAILA〉 ※2019年12月号掲載
  • スタイリスト伊藤美佐季さんが指南。もっと自由に。もっと軽やかに、毎日のジュエリーを楽しむ※PT=プラチナ、YG=イエローゴールド、PG=ピンクゴールド、SIL=シルバー、WG=ホワイトゴールド、RG=ローズゴールドを表します☆教えてくれたのは・・・ 伊藤美佐季ジュエリーディレクター、スタイリスト。フィレンツェに遊学、帰国後スタイリストに。つける人の個性を生かしたスタイリングは、女性誌のほか、多くの女優からも支持が厚い。ジュエ リーに関する講演などでも活躍。著書に『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』(ダイヤモンド社) ■「ネクストベーシック」アイテム、6つの選択 01:メンズライクなリング ボリューミーなカレッジリングは、ユニセックスな香りのするデザイン。「メンズライクなリングは、ハードでむずかしいと思いがち。素材がマットだったり、ダイヤ入りを選んだりと、ディテールにひと工夫があるものを選ぶのがコツ。上手につければ、意外性が楽しめて、ワンランク上のおしゃれになります」。リング〈中指〉(PT×ダイヤモンド)¥225,000(BLAMINK×hum)・〈人さし指〉(WG)¥239,000(hum)/ブラミンク ニット¥27,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)02:ファンシーカットのダイヤモンドダイヤというと、ラウンドブリリアントをイメージする人が大半だが、伊藤さんが推すのはファンシーカット。「ラウンドブリリアントのダイレクトな輝きよりも、ファンシーカットならではのニュアンスのある光のほうが、モダンに見えます。ファンシーカットのリングは、ほかのリングとレイヤードしてもなじむのでおすすめです」。トゥルーカット ダイヤモンドリング(PT×ダイヤモンド1.06ct)¥1,996,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)03:地金のステディバングル伊藤さん自身も毎日つけているのが、ゴールドのバングル。「バングルは上級アイテムと思われやすいのですが、実は華奢なブレスよりうんとつけやすい。手首にフィットする楕円タイプを選んで。手もとに光がくることでしゃれ感が出て、重ねづけにも有効。肌色になじみ、ジュエリーのまろやかな光をまとう感覚が味わえるYGかPGがおすすめ」。バングル〈右〉「キャトルグログラン」(PG)¥490,909・〈左〉「キャトル  クル ド パリ」(YG)¥490,909/ブシュロン クライアントサービス(ブシュロン)04:チェーンネックレスネックレスというと、トップのデザインに目が行きがちだが、こだわるべきはチェーンそのもの。「メッシュになっていたり、目の粗いものだったりと、チェーンのデザインを変えてレイヤードすると、奥行きが増します。丈も、自分の首の長さに合わせて、吟味することが大事です」。ネックレス〈上から〉「ディープ ネックレス」(YG×ダイヤモンド)¥183,000/ブランドニュース(リーフェ ジュエリー) (YG×ダイヤモンド)¥308,000/ロンハーマン(ミズキ) (YG)¥110,000/アルテミス・ジョイエリ シャツ¥23,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ)05:3本セットのリング3連の輪を縦に重ねても横に並べても楽しめる新発想リング。「ベースリングにもなるし、ダブルリングとしても楽しめるスグレもの。地金の色がミックスされていたり、ダイヤが入っていたりと、バリエーションがありますが、ほかのジュエリーとコーディネートする前提で好きなタイプを選んで」。リング〈右〉(PG×YG×SIL)¥218,000・〈中〉(PG×YG)¥452,000・〈左〉(YG×ダイヤモンド)¥420,000/サザビーリーグ(スピネリ キルコリン)06:似合う形のパール パールというと白のあこや真珠をイメージしがちだけれど、実は色、大きさ、サイズとバリエーション豊かにそろうもの。「パールの一粒ピアスは、髪の色や顔の大きさに合わせて選んで。左右違う色も可愛いですよ」。ピアス〈右から〉(YG×白蝶バロック真珠)¥170,000(両耳価格)・(YG×白蝶バロック真珠)¥120,000(両耳価格)・(YG×白蝶バロック真珠〈ゴールド〉)¥120,000(両耳価格)・左右トーン違いのバイカラー。(YG×黒蝶パール〈バイカラー〉)¥68,000(両耳価格)/ボン マジック【Marisol12月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14) スタイリスト/伊藤美佐季 ヘア/shuco (3rd) メイク/Akiko Sakamoto (3rd) モデル/竹内友梨 取材・文/湯澤実和子
  • ニットセットアップ、タートルネックニット、きれい色ニット……この冬、アラフォーのおしゃれ心を満たす注目のニットを素敵に魅せる、最新コーディネートをご紹介ます! 【目次】 ①自由自在のニットセットアップが本当に使える!【2019冬】 ②ほっこりしないタートルネックニットコーデ【2019冬】 ③アラフォーを素敵に魅せるきれい色ニットコーデ【2019冬】①自由自在のニットセットアップが本当に使える!【2019冬】ニットセットアップ<タイトスカート編> 今シーズンはスカートのバリエーションが豊富。なかでも「タイト」は大人が一番着やすく、女っぷりをスマートに表現できる最有力アイテム。おしゃれの時短にも着やせにもきくネイビーのミドルゲージ シンプルなネイビーのクルーネックニット×タイトスカート。ニットセットアップ初心者は大人が試しやすい形と色から始め、こなれたバランスを手に入れて。上質なカシミア混のウール素材で着心地も抜群。足首丈のスカートはコートの丈を選ばず、はおってもきれいに収まるのがいい。ニット¥55,000・スカート¥56,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) イヤリング¥4,600/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥60,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニキアリーニ) 靴¥22,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)スカートを着回し辛口仕上げに有効。タイトスカートの着回し力 スカートはフロントのポケットが腰まわりをカバーしてアクセントに。オーバーサイズで着るメンズのTシャツ+ライダースにキレのいい女っぽさを。スカート¥56,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ジャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) Tシャツ(メンズ)¥18,000/スリードッツ青山店(スリードッツ) バッグ¥60,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥42,000/ベイジュ(ピッピシック)トップスを着回し+モダンなビッグチェックでトラッド色を強めて 単品性の高いシンプルなニットを印象的なチェックのスカートにさらりと。柄との出会いも楽しんで、こなれさせてくれる。スカートはサイドスリットが入ったラップデザイン。ニット¥55,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー スカート¥85,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) バッグ¥33,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ヴァジック) 靴¥14,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ) ▶タイトスカートのニットセットアップ 詳細はこちらニットセットアップ<フレアスカート編>ロング丈の「フレア」は、3通りのきれいと冬のしゃれ感をかなえてくれるセット。雰囲気のあるシルエットに身をまかせて華やぎも。 甘さのあるスカートはカジュアル使いでこなれる 腰まわりはフィットし、膝上から広がるシルエット。トップスをシンプルな黒ニットに替え、スエードのフィールドジャケットをはおると今年らしさが簡単に。カジュアルな辛さで着分けて。スカート¥56,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ジャケット¥86,000/シシ(シシ) ニット¥23,000/ebure バッグ¥19,000/フラッパーズ(マルシェ) 靴¥56,000/ゴールデン グース 東京店(ゴールデン グース)スカートを着回し辛口仕上げに有効。タイトスカートの着回し力 スカートはフロントのポケットが腰まわりをカバーしてアクセントに。オーバーサイズで着るメンズのTシャツ+ライダースにキレのいい女っぽさを。スカート¥56,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ジャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) Tシャツ(メンズ)¥18,000/スリードッツ青山店(スリードッツ) バッグ¥60,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥42,000/ベイジュ(ピッピシック)トップスを着回し+モダンなビッグチェックでトラッド色を強めて 単品性の高いシンプルなニットを印象的なチェックのスカートにさらりと。柄との出会いも楽しんで、こなれさせてくれる。スカートはサイドスリットが入ったラップデザイン。ニット¥55,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー スカート¥85,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) バッグ¥33,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ヴァジック) 靴¥14,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ) ▶フレアスカートのニットセットアップ 詳細はこちら②ほっこりしないタートルネックニットコーデ【2019冬】■シャギー素材のタートルネックニット×白パンツコーデディープブルーのシャギーニット×真っ白なタック入りパンツのコーデ。小物は白で統一。清潔感と上品さが漂う大人の組み合わせ。お出かけにもオフィスにも対応。ニット¥43,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥27,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) イヤリング¥35,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥29,000/ANAYI 靴¥91,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)▶シャギー素材のタートルネックニット×白パンツコーデ 詳細はこちら■ニットガウン×タートルネックニット×パンツコーデこれからの季節に厚手のニットガウンはとっても重宝するアイテム。安心の膝までの着丈なので、薄手のとろみパンツでもなんのその。コーデが難しそうな鮮やかなパンツは落着きのあるカラーでまとめるとうまくなじむ。ニットガウン¥36,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) ニット¥25,000/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥23,000/ロンハーマン 靴¥51,000/アマン(ペリーコ) イヤリング¥10,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥46,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ)▶ニットガウン×タートルネックニット×パンツコーデ 詳細はこちら■コーディガン×タートルネックニット×デニムパンツコーデコート代わりにもなるカーディガンは通称コーディガン。ほどよい厚さの編み地で、ニット素材でも太って見える心配もないので、ニット×デニムパンツのカジュアルコーデに羽織ればエレガントな女性へと一気に早変わり。 コーディガン¥18,500(エムセブンデイズ)・ミニボストンバッグ【ミニヨンリザード】¥40,000(トフ&ロードストーン)・パンプス【ANELLI6.5㎝】¥46,000(ペリーコ)/SHOP Marisol ニット/スタイリスト私物▶コーディガン×タートルネックニット×デニムパンツコーデ 詳細はこちら■タートルネックニット×パンツコーデ厚手のタートルネックニットはセンタープレス入りのスラックスと合わせて、ほっこり感を回避。ほどよくゆるさのあるシルエットやドロップショルダーが、地味に見えずにフレッシュな印象を与えてくれるはず。ニット【徳原文子さん別注】¥31,000(スローン)・パンツ¥17,000(エムセブンデイズ)・バッグ【POSTINA】¥80,000(ザネラート)・ウイングチップ ストラップシューズ¥48,000(ネブローニ)/SHOP Marisol ▶タートルネックニット×パンツコーデ 詳細はこちら■タートルネックニット×レザースカートコーデほっこりしがちなざっくりニットに、ツヤのある大人レザースカートを合わせると、レザーのもつツヤ感があれば一気に引き締まり、大人っぽいコーディネートへと変化させてくれる。足元は旬なショートブーツで今どき感をプラス。 レザーラップスカート¥120,000/エイトン青山(エイトン) タートルネックニット¥31,000/スローン バッグ¥59,000(マージ シャーウッド)・ストール¥57,000(ジョシュア エリス)/カレンソロジー青山 ショートブーツ¥59,000/カオス丸の内(バルダン)▶タートルネックニット×レザースカートコーデ 詳細はこちら③アラフォーを素敵に魅せるきれい色ニット【2019冬】■きれい色ニット×大柄チェック柄パンツコーデコーデウール素材の大柄チェックパンツのカジュアル感が、きれい色の力で遊び心ある休日フェミニンに昇華。子供っぽくならないようシャツをはさんで。パンツ¥39,000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) ニット¥26,000/エスケーパーズ(アダワス) シャツ¥28,000/アングローバル(イレーヴ) パンプス¥51,000/アマン(ペリーコ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バングル¥13,000/アルアバイル(フィリップ・オーディベール)▶きれい色ニット×チェック柄パンツコーデコーデ 詳細はこちら■きれい色ニット×コーデュロイパンツコーデコーデ透き通った秋空のような色をしたシャギーニットに温かみのある半端丈コーデュロイパンツで大人のリラックスコーデ。幼くならないよう、小物はブラウン~ベージュでまとめるのが大人見えするポイント。ニット¥28,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) パンツ¥27,000/ウィム ガゼット青山店(セラードアー) 帽子¥11,000/サード マガジン(WYETH) ネックレス¥18,000/マルティニークルコント梅田(ローラ ロンバルディ) バッグ¥70,000/ジャーナル スタンダード 表参道店(シャーク チェイサー) 靴¥35,000/レリタージュ マルティニーク(チェンバー) ▶きれい色ニット×コーデュロイパンツコーデコーデ 詳細はこちら■きれい色ニット×フルレングスパンツコーデ優しいベージュのワントーンでつなげて縦長感を強調。辛口の足もとでキレを加えて。くるぶし丈の細身パンツやスキニーパンツに飽きたおしゃれな人たちが今季こぞって移行しているのが「ネオ・美脚パンツ」ともいえる、こんな細身のフルレングス。はくだけですらりと脚長に見えるだけでなく、シンプルなニットと合わせるだけでさりげない女らしさが。レトロな雰囲気になりすぎないよう、かご型バッグやパイソンの靴など、小物でアクセントを加えるのがコツ。ニット¥100,000/カオス丸の内(カオス) パンツ¥48,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) ピアス¥28,000(イーダス)・バッグ¥65,000(へリュー)/ジャーナル スタンダード レサージュ  青山店 靴¥35,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ) ▶きれい色ニット×フルレングスパンツコーデ 詳細はこちら■きれい色ニット×センタープレス入りパンツコーデこの上なくフレッシュに引き立て合う、コバルトブルーとブラウンの色合わせ。パンツの素肌がのぞく丈感に加え、たっぷりとしたワイドリブニットのゆるさもひと役。パンツ¥22,000/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(アナトリエ) ニット¥20,000/ロンハーマン(ロンハーマン) サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥9,000/デ・プレ(イリス47) バッグ¥34,000/RHC ロンハーマン(フィール アンド テイスト) 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ▶きれい色ニット×センタープレス入りパンツコーデ 詳細はこちら■きれい色ニット×タイトスカートコーデペールトーンの配色に素材感ミックスでシンプルなワンツーコーデに奥行きを。大人ピンクの透け感のあるニットで妖艶に、マットなスエード調のベージュスカートで知的な女性を印象づけて。アラフォーは素材ミックスでさりげなくメリハリをつけるのがポイント。ニット¥39,000(デミリー)・タンクトップ¥10,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ スカート¥15,000/ロペ サングラス¥39,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥27,500/アビステ バッグ¥35,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥14,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)▶きれい色ニット×タイトスカートコーデ 詳細はこちら
  • コートが手放せない外回りの一日は着方をアップデート ゆるっと着流すことが多いコートも、ベルトを締めれば表情は一新。フリル襟の水玉ブラウスやグリーンのパンツなど、限られたVゾーンやひざ下もおしゃれに見えるアイテム選びを。コーデが落ち着いたカラーな分、バッグで華やかな暖色を足したのもポイント。今日は寒い中駆け回ってへとへと……。でも、仕事中「今日は夕飯を作って待ってる♪ メニューはじっくり煮込んだおでんだよ~」と彼から連絡があったから、それを目当てに頑張れた! さあ、急いで帰っておいしい鍋料理であったまろ♡ コート¥41000/エミ ニュウマン新宿店(エミ アトリエ) ブラウス¥18000/イエナ ラ ブークル パンツ¥34000/セオリー バッグ¥64000/アマン(エレメ) 靴¥26000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(ファビオ ルスコーニ) 【今月のPROFILE】千代田区OL・絵美里メーカー広報部勤務。コスメやサプリ、美顔器など美容関連の商品を扱うメーカーでPRを担当。甘い雰囲気とは裏腹に、心と仕事ぶりはなかなかの男前。夢見る彼と半同棲中。   明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 1/3 2/3 3/3 【使えるブラウンアイテム】Vカラーコートカシミヤ混のウール素材で薄手でも暖か。広くあいたVカラーで襟に高さのあるトップスとも重ねやすい。コート¥41000/エミ ニュウマン新宿店(エミ アトリエ) 【ブラウンに合う敏腕アイテム】ドット柄ブラウス小さめのドット柄&透け素材が大人向き。ボウタイは取り外し可。ブラウス¥18000/イエナ ラ ブークル  【ブラウンに合う敏腕アイテム】グリーンワイドパンツミントをくすませたようなセージグリーンが新鮮。前後にセンタープレスを施し、太めでもスラッと脚長に。パンツ¥34000/セオリー 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/大平典子  本誌取材/伊藤真知 本誌構成/山岸成実〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵  
  • ツイードパンツとおじ靴のマニッシュスタイルがボルドーニットで一気に女性らしく11月の第3木曜日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日。例年と比べ2019年の収穫量は減少したものの暑い夏のおかげで一気に成熟しているのだそう。友人の店で開かれるボジョレー・ヌーヴォー解禁パーティに顔を出しつつ、今年の味を堪能するつもり。ワインのようにこっくりとしたボルドーニットにクラシカルなツイードパンツとパールを合わせれば確実に大人の女性らしさを発揮できそう。ニット¥73,000(ドゥロワー)・靴¥159,000(エドワード・グリーン)/ドゥロワー 六本木店 パンツ¥26,000/エイチ ビューティ&ユース 帽子¥44,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ローラ) ネックレス( 2 本セット)¥34,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥43,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(へリュー)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「パンプスコーデ」の関連記事もチェック
関連キーワード

RECOMMEND