二の腕が気になる色白スタイリスト吉村友希さんが選ぶ4つのTシャツ

Marisol ONLINE

二の腕やおなか、おしり……体型悩みが増えてくるアラフォーにとって、夏のシンプルアイテムは年々難易度が高く感じられるもの。"アラフォーが絶対きれいに見える"Tシャツの選び方をじっくり解説!

スタイリスト 吉村友希さん

スタイリスト 吉村友希さん

トレンド力のあるアイテムを上品に仕上げるスタイリングが人気。サイズ感にもこだわりがあり、着比べ企画も多く手がける


■二の腕が気になる色白吉村さんのTシャツ4選

Tシャツは「二の腕をカバーしてくれるもの」が絶対条件。今季は少しゆとりのあるサイズ感を選び、"華奢見え"を狙います。

A:Tシャツ¥8,500/ビショップ(ハンドバーク)
B:Tシャツ¥11,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード)
C:Tシャツ¥2,700/ロングス(ユニバーサルオーバーオール)
D:Tシャツ¥7,500/オーラリー 



■実際に着てみました!

二の腕は〝肘まで隠れる〞ものを。見せる場合も〝肩はカバー〞が鉄則

A「思いきって五分丈を選ぶのも手。ハンドバークのこちらは首まわりに少し抜けがあり、袖が長くても女っぽく着こなせます。レンガ色も引き締め効果あり」。Tシャツ¥8,500 /ビショップ(ハンドバーク)


B「袖がダブルの折り返しになっていて、二の腕の一番太いところまでを隠してくれる絶妙な丈! 膨張して見えない濃いめのベージュもポイント」。Tシャツ¥11,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード)

C「白のパックT、今季はユニバーサルオーバーオールのものを購入しました。ユニセックスのSサイズは、袖の長さも首のあきもちょうどいい」( 2 枚セット)。Tシャツ¥2,700/ロングス(ユニバーサルオーバーオール)

D「人気のオーラリーは、メンズの3 サイズをチョイス。少し体が泳ぐくらいのサイズ感で、こなれ度もアップします」。Tシャツ¥7,500/オーラリー 

【Marisol9月号2019年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物)坂根綾子(物) ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management)スタイリスト/吉村友希
夏の終わりから着られる軽やかな素材で、色は秋を感じさせるこっくりニュアンスカラーのアイテムをピックアップ
夏カジュアルの大定番といえば、やっぱりTシャツ。人気スタイリストのイチオシと、洗練度が上がる着こなし術をお見せします!
関連記事
  • 前回からスタートした、バイヤーが惚れこんでいる人気ブランドとクオリティの高いアイテムを徹底的に取材する、「BRAND feature」。 第2回は、バイヤーmiyajiが惚れこんでいる、2017年秋冬からスタートした靴ブランド”LAURENCE(ロランス)”。代表でありデザイナーの森謙介さんに、スタートして2年という速さで、人気セレクトショップでも大人に女性に支持される理由を取材しました。   整然と美しいアトリエで語るデザイナーの森謙介さん。   「ロランス」をはじめたきっかけ   もともとセレクトショップでメンズのバイヤーをしていて、海外でコレクションブランドから素材までさまざまなアイテムの買い付けをしていました。そこから独立して、2010年から7年間、レディースシューズブランドの立ち上げに携わり、その後、2017年秋冬のコレクションから自身のブランドである「ロランス」がスタートしました。   海外での買い付けなどを通じて、靴を買ったときの高揚感や、所有欲を満たすドメスティックブランドが、日本ではまだまだ少ないのでは?と感じました。世界に誇れる日本のものづくりを追求しながら、同時に手にした時に高揚感を得られる靴をつくっていきたい、その様に感じたことがきっかけです。   手にするだけで心が踊る愛らしい赤い「BEACH」。   ブランドの名前の由来   嘘でもなんでもなく、ふと天から降りてきたんです(笑)。あとから調べてみたら、『LAURENCE ANYWAYS』という人間の内面の美しさを描いたフランス映画があり、物語で描かれているような、心の美しさを大切に考えるスタイルある女性に愛されることを願い、デザインしています。   「ロランス」の一番のこだわり   デコラティブな装飾性はなく、カットやライン、素材など、男性デザイナーならではの細部にこだわったデザインが特徴です。以前は、レディースシューズもフェミニンなものが主流でしたが、最近はメンズライクな装いも定着し、クオリティコンシャスで、しっかりとしたものづくりが評価されるようになってきました。時代性はもちろん意識しますが、トレンドに流されないスタイルのあるものを作っていきたいですね。購入した方に長く大切に履いていただけるように、その様なイメージです。「シルエットを操る靴」を最も大切なテーマにしていて、履いた足元、立ち姿まで美しく見えるのが一番のこだわりですね。   こちらは、この春新作のポインテッドスクエアの木型で仕上げた、タッセルフラットミュール『BEACH』です。 端正な表情が印象的なホワイトの「BEACH 」。   こういうスリッパタイプの靴は、かかとがついてこないことが多いのですが、これは甲の部分を深くし、後ろまでカットラインを伸ばしているので、驚くべき履き心地なんです。サイド部分を見ていただくと、アッパーのカットラインとヒールがつながっているように見えるので、造形のバランスが美しく、足もちゃんとついてくるので歩き姿もエレガントです。また、タッセル部分も、剣先のような切りっぱなしのものが主流ですが、革を二重にししてハサミを入れることで、先を丸くフェミニンなディテールに仕上げているところも特徴です。 クラシックエレガンスを感じる一足。 トレンド感あるスクエアトゥは、つま先を圧迫せず歩きやすい。 アッパーからヒールへ繋がるカットライン。 大人可愛いタッセル。   ロランス『BEACH』の商品はこちら↓ https://flagshop.jp/fs/shop/g/g3606340235FS?aid=mg_article_uchiyama     ベストセラーのパンプスの魅力   足当たりのとても柔らかい山羊革を使用してます。4センチヒールって、ややコンサバになりがちですが、ヒールに横幅をもたせ、ヒール内側に空間アーチをデザインすることで、ベーシックになりすぎない抜け感を演出しています。見た目はスッキリとしていながら、リフト面を大きく、チャンキーヒールと同じぐらいの安定感と、ロランス独自の足裏全体に沿う、木型から生まれる包み込むような履き心地が魅力の一足です。 ほどよいモード味を備えたプレーンパンプス。 キッドスムース革特有のシボ感がモダン。 歩いても疲れない横幅のあるオリジナルヒール。   深い履き口と白と黒のデザインのこだわり   今のトレンドの服は、今までのプレーンなパンプスだときれいすぎてバランスが取りにくい。でもこの深いカットのデザインなら、オンにも履けるし、オフにも履ける思います。例えば、トレンドのワイドパンツとかにも合いますよね。 幅広いシーンに活躍する万能の2足。   色は白と黒です。白いパンプスは汚れやすいし、足元だけ浮くのでは?と敬遠されがちですが、アイボリー調のキッドスムースは、洋服ともなじみ、スタイリングに溶け込みます。つるっとしたレザーだと授業参観ぽくなってしまうので、適度なシボ感のあるキッドスムースレザーは最適です。程よいモード味もありながら、これなら冠婚葬祭にも使えますよ。   ロランス『MOCK ARCH 40』の商品はこちら↓ https://flagshop.jp/fs/shop/g/g3606320135FS/?aid=mg_article_uchiyama   サンダルも履きやすいと評判   マニアックな話ですが、普通のレディスシューズは、シンプルに吊り込まれた靴が一般的。が、これはメンズのシューズのように張り出し感がり、底面にボリュームが生まれ、表情豊かに見えるのが特徴です。ステッチも普通の縫い方ではなく、拝みのステッチを採用しました。革を中底に巻き巻み、その後ミシンで中底まで縫うので、独特のぷっくり感が出ているでしょう?また、ヒールも本革を重ね高級感が際立ちます。しかも、このソールは、独自に開発したロランスオリジナルのハイブリットソールで、濡れた路面も歩けるし、滑らないんです。目に見える部分は本革でクラス感を演出し、ソールは機能性を考えて合成底にするなど、理にかなった機能美を心がけてます。 こだわり部分を熱く語る森さん。靴への愛情が溢れて。   中底がきれいに巻き込んだソールの美しさに注目。   こだわり部分を語ると多すぎて、キリがないのですが、さらにもうひとつ(笑)。ブランドの刻印を足の乗るところににプリントする場合、多くは中底に革を巻き込む段階で歪んでしまうので、後からブランド名を刻印した別のパーツをのせることが多いのですが、ウチは高い技術を持つ職人さんに手掛けてもらっているので、最初からブランド名を刻印した革を巻き込み様にしています。サンダルは素足ですので、中敷きにステッチを施さず、足当たりからくる心地よさを大切に考えています。 細部のつくりにこだわったサンダルは気品が宿る。   カジュアルなフットベットサンダルもエレガント   こちらは、最高級のベビーカーフを使用し、フットベッド全体もスムースレザーで包んだとてもリュクスな一足です。パンプス同様に白でもアイボリー調なのでなじみやすく履きやすい。コバ部分にはゴールドのラインを職人技で施しアクセントにしています。足裏に触れるフッドべッドは、柔らかいスムースレザーで包んでおり、履き心地も抜群。どの角度から見ても美しく、カジュアルなデザインですがとてもエレガントで、高級感を感じていただけると思い増す。ソールは前部分を2センチ、かかと部分を4センチと緩やかな傾斜をつけているので、歩きやすく、適度なボリューム感は、その対比から足も細くきれいに映し出します。 黒のソールがアイボリーを品よく引き立てて。   4センチのヒール高がスタイルを美しく見せる鍵に。   さりげなく配したゴールドのラインがお洒落のアクセント。   靴下を履けばオールシーズン活躍してくれる便利サンダル。   上品なベージュ色のストラップはきれいな型押しレザーで。   ロランス『FB CROSS SANDAL』の商品はこちら↓ https://flagshop.jp/fs/shop/g/g3409930002FS/?aid=mg_article_uchiyama     メイド・イン・ジャパンのこだわり   LAURENCEの靴はすべて東京の工場で、職人に手によって作られます。ロランスのクオリティを満たす、細部にこだわった靴をつくれる職人はごくわずかなのが現状です。その様なすばらしい職人に「ロランスの靴を作っている」と誇りを持っていただけるようなブランドに成長させることが私の使命です。モデル数をたくさん増やすのではなく、1点1点の完成度を高めて本当によいものを作っていきたいと思います。 どちらも長く愛せるエレガントなベーシックカラー。   親指ストラップのヌーディなデザインも安定感抜群。   白いステッチをアクセントにした実用美を兼ねたデザイン。   カジュアルなサンダルなのにこんなにもエレガント顔。   ななめにカットした甲のストラップが美脚に見える秘密。   ロランス『TERRANEA 15』の商品はこちら↓ https://flagshop.jp/fs/shop/g/g3606360135FS/?aid=mg_article_uchiyama     トレンドではなくスタイルを大切に考えます。 スタイルとは様式ですので、作法や文化などを大切な要素に、これからも現代女性にふさわしい靴を真摯に手がけていきたいと思います。(森謙介さん談)   LAURENCE (ロランス)2020年春夏コレクションをチェック↓ https://flagshop.jp/fs/shop/r/r24696/?aid=mg_article_uchiyama       撮影/吉岡真理 文/土橋育子 構成/内山しのぶ        
  • 日々たくさんの名品に触れる審美眼に注目。マリソル世代のおしゃれプロが自分のために選び抜いたアイテムを見せてくれました!■エディター 塚田有紀子さん洋服は手堅くマイ定番をアップデート。上質な小物を投入してときめき度UP 「すっきりとしたシャープなVネックとAラインで、一枚でぐっときれいめに見えるシルエット。軽くて今っぽいボンディング素材で、これいい! と購入」。コート¥48,000/ebure 「このブランドの小物が最近気になっています。どれもトレンドを問わずスマートでスタイルがあって、さりげないけど全身の完成度が上がる。このバッグも長く使えそう」。バッグ¥139,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) 「毎年大ヒット連発の、このブランドのローゲージニットシリーズ。今季はゆるっとロング丈の2 枚を色違いで買い足しました」。(右)カーディガン¥36,000・(左)タートルニット¥28,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)   「長年ずっと欲しかったアイテムを、今年こそ入手。22金のコクのあるゴールドと薄いハートの連なりで、甘すぎず本当に可愛い!」 ネックレス(YG)¥246,000〜/エムアッシュテ(マリーエレーヌ  ドゥ タイヤック) 「以前から愛用している日本ブランド。今シーズンはすそのラウンドカットに惹かれて、このスカートをチョイス。しっかりしたネイビーのウール素材なのにコンサバすぎに見えない、さすがのバランス!」スカート¥29,000/UTS PR(ジェーン スミス)【Marisol12月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/須藤由美
  • マリソルオンラインで人気の月間ヘアスタイルランキングTOP10を発表!※集計期間:2019年11月5日(火)〜12月2日(月)<ヘアスタイル1位>ハンドブローだけで女っぽい抜け感を再現【40代のミディアムヘア】鎖骨ラインで切りっぱなしにした重めの毛先にワンカールのパーマを仕込み、表面にやや強めのスパイラルパーマを重ねれば、カールを伸ばしながらブローするだけで絶妙なゆれニュアンスが出現。【SIDE】【BACK】 担当サロン「GARDEN Tokyo」 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/野崎千衣子 構成・文/松井美千代<ヘアスタイル2位>顔まわりの束感でボブののっぺり感を回避【40代のボブヘア】ストレートボブは厚みがなくなるほど貧相に見えてしまうのがネック。顔まわりだけ毛量調節をし、バックはグラデーションカットで丸みを出すことで、ボリューム感のある大人のボブスタイルに。【SIDE】【BACK】担当サロン「GARDEN Tokyo」 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL)  メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/野崎千衣子 構成・文/松井美千代<ヘアスタイル3位>クセづけパーマで全身バランスを調整【40代のショートヘア】内側をベリーショートにカットし、トップから長めの髪をかぶせたツーブロックカットに、長いパートだけ根元からパーマをかけ、動きを出しつつ厚みを感じるアウトラインに。襟足を引き締め、トップに視線が集まるので、頭が小さく見え頭身バランスもアップ。【SIDE】【BACK】担当サロン「S.HAIR SALON」 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL)  メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/野崎千衣子 構成・文/松井美千代<ヘアスタイル4位> 2層のカールを重ねてボリューム不足を解消【40代のボブヘア】ショートボブのグラデーションベースに、ハチ上だけスライドカットで空気感をプラス。前髪から顔まわりをマッシュラインに整えたら、表面の髪を外巻きと内巻きで交互にカールして、柔らかなニュアンスに。【SIDE】【BACK】 担当サロン「PearL」 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL)  メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/野崎千衣子 構成・文/松井美千代<ヘアスタイル5位>前髪の透け感とバックのボリュームが好バランス【40代のショートヘア】バックの厚みを残しつつ、前髪に束感を作って抜け感を出すことで、表情のある動きに。ハイライトカラーより柔らかみのあるシアーライトを細かく入れることで、落ち着きと動きの両方を感じるスタイルに。【SIDE】 【BACK】担当サロン「AFLOAT D'L」 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/野崎千衣子 構成・文/松井美千代<ヘアスタイル6位>脱カジュアル印象のAライン×ストレート【40代のミディアムヘア】前下がりの重めボブを、そのままミディアムに伸ばしたようなフォルム。シルエットが重めなので、カーキのカラーを入れて抜け感とツヤをサポート。顔まわりのみリバース巻きにしたら、バームでウェット×束仕上げに。【SIDE】【BACK】 担当サロン「broocH」 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/野崎千衣子 構成・文/松井美千代<ヘアスタイル7位>ミディアムのひとつ結びはゆるませすぎないさじかげんで、こなれて見える【40代のヘアアレンジ】なだらかな丸みが今の旬後頭部はなだらかな丸みフォルムに。後れ毛は出さず、落ちてくるレイヤー毛を利用すると"脱・お疲れ感"に。【SIDE】 →☆ヘアスタイルの作り方はこちらでチェック! 【Marisol9月号2019年掲載】撮影/岡部太郎(SIGNO/人物) 草間智博(TENT/物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/池田メグミ モデル/今井りか 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル8位>巻き髪派のセット時間を短縮するレイヤー×重めロング【40代のロングヘア】顔まわりとトップのみにレイヤーを入れているので、巻き髪スタイリングをする時に、俄然動かしやすくなっている。写真ヘアのスタイリングは、38㎜の太めのヘアアイロンで全体をリバース巻きにしたら、手グシで毛束をくずして空気感を出すだけ。実は立体感を演出するハイライトカラーが仕込まれているので、軽く巻いただけでもプロがセットしたようなラフな動きに見せてくれる。【SIDE】 【BACK】 DATA量・多太さ・普硬さ・普クセ・無 担当サロン「kakimoto arms SHINJUKU」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.)YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代 <ヘアスタイル9位> 低めハーフアップ×後れ毛風に下ろした後ろ髪でカジュアルな印象に【40代のヘアアレンジ】■ミディアムヘア×ハーフアップ【SIDE】→☆ヘアスタイルの作り方はこちらでチェック! 【Marisol9月号2019年掲載】撮影/岡部太郎(SIGNO/人物) 草間智博(TENT/物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/池田メグミ モデル/竹内友梨  取材・文/松井美千代 <ヘアスタイル10位>毛先のみ動かせばOK!実は簡単な今どきストレートロング【40代のロングヘア】一見、ハードルの高そうな切りっぱなしセミロングだが、実は毛先を1カールブローしただけの楽チンスタイリングのヘア。ほとんどレイヤーを入れずに毛先をまっすぐにカット。1カールを作るような簡単なブローをしたら、シアバターを薄くもみ込んで、毛先をハネさせたり内巻きのままにしたりと、毛束をランダムに動かすだけ。ポイントは毛先のみを動かし、トップはストレートでツヤを残すこと。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・普クセ・弱担当サロン「ROI」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代→☆ひとつ前の人気ヘアランキングはこちら
  • 【2019冬のおしゃれなユニクロ・GUコーデ特集】プチプラでおしゃれが叶う『ユニクロ』『GU』は、今季も注目のアイテムが勢ぞろい♡ ニットやワイドパンツなどを取り入れた最新ユニクロコーデ・GUコーデをチェック♪ [目次] 【2019冬のユニクロ・GUコーデ】『ユニクロ』でつくる冬コーデ 【2019冬のユニクロ・GUコーデ】『GU』でつくる冬コーデ 【2019冬のユニクロ・GUコーデ】『ユニクロ』『GU』のおすすめアイテム ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。【2019冬のユニクロ・GUコーデ】『ユニクロ』でつくる冬コーデ《2019冬のユニクロコーデ》「黒ニット」でつくるレイヤードコーデ残業なし&夜の予定なしで帰れる日は、シンプルニットとロングスカートの気負わないコーディネートが気分。黒×赤ってだけで印象的に仕上がるから、しゃれ感を盛る時はあくまでも”ちょこっと”ずつ。手持ちのトラッド小物を足したり、袖口や裾から柄シャツをチラ見せしたり。それだけで”ちゃんとおしゃれしてる感”3割増しになるってすごい! 仕事が終わったらスーパーに寄って、お家でごはん。そのあとはDVDを観て......。たまにはのんびり過ごす平日の夜もいいかも♡ニット¥2990/ユニクロ シャツ¥24000/HEMT PR(コロノジカ) パンツ¥17000/ザ テント代官山店(マルシャル・テル) 靴¥19000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥8990/ロコンド(MANGO) メガネ¥36000/アイヴァン 7285 トウキョウ ピアス¥2700/AKTE リング¥12000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》“エクストラファインメリノ”シリーズの「リブタートルニット」でつくるコーデ主役も名脇役も柔軟にこなす黒のリブタートル! 『ユニクロ』で毎年大人気の“エクストラファインメリノ”シリーズ。この冬からウール100%でありながら洗濯機洗いが可能で、しかも毛玉ができにくい特殊加工が。着回し頻度の高い黒タートルにうってつけ。ニット¥2990/ユニクロ パンツ¥17000/ハリウッド ランチ マーケット ピアス¥12000/フォーティーン ショールーム(ププティエ) スカーフ¥23000(参考価格)/アマン(アルテア) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「白タートルニット」でつくるコーデグレーのワントーンで知的なムードを底上げ。ニット¥29000/スローン タートルニット(一部店舗のみ販売)¥8990/ユニクロ パンツ(10月中旬発売予定)¥9990/プラステ バッグ¥17000/フィールアンドテイスト メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥2600/サンポークリエイト(mimi33) スカーフ¥3490/バナナ・リパブリック →2019冬のユニクロコーデを詳しく見るてろてろキャミワンピにはレギンス感覚で合わせて♬ 薄手の素材ならずっしり重たくならず、“レギンスのちょっと先”にぴったり。パンツ¥9800・ワンピース¥6900/ココ ディール ニット(一部店舗のみ販売)¥8990/ユニクロ(ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ) Gジャン¥28000/ボウルズ(ハイク) 靴¥16000/ジネス ペリエ千葉店(チアキ カタギリ) バッグ¥5990/ロコンド(MANGO) カチューシャ¥500/サンポークリエイト(アネモネ) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「黒ワンピース」「小花柄スカート」でつくるコーデシンプルニットワンピは、裾に+1で差をつけて! 裾から小花柄スカートをチラ見せしたら、印象ガラリ。こんなにも華やかで今っぽく。スタイルよく見せるなら、バッグやベルトでウエストマークを忘れずに!ワンピース¥3990・手に持ったシャツ¥1990(2点ともユニクロ)・スカート(一部店舗のみ販売)¥3990(イネス・ド・ラ・フレサンジュ)/ユニクロ 靴¥12000/ビームス ライツ 渋谷(ジェーヴィエーエム) バッグ¥3990/ロコンド(MANGO) ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「シャツ」「ニット」「スカート」でつくるコーデアウター使いもできる厚手のシャツは今季のマストハブ。前を閉じて、からし色のタートルをのぞかせて。同じく黄色みのスカートとでまとまりあるコーディネートに。シャツ(一部店舗のみ販売)¥4990・スカート¥2990(2点ともユニクロ ユー)・ニット¥8990(ユニクロ)/ユニクロ 靴¥9990/ランダ バッグ¥24000/アンパサンド イヤリング¥1700・リング¥2100/サンポークリエイト(アネモネ) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「コート」「ブルゾン」「パンツ」でつくるレイヤードコーデきれいめとスポーティのいいバランスをレイヤードで。端正なトレンチコートの下にアウトドアなブルゾンを入れて。それだけでおしゃれ心感じるスポーツMIXスタイルに。コート(一部店舗のみ販売)¥14900(ユニクロ ユー)・ブルゾン¥5990(ユニクロ)・パンツ(一部店舗のみ販売)¥3990(イネス・ド・ラ・フレサンジュ)/ユニクロ 靴¥5990・バッグ¥8990/ロコンド(MANGO) イヤリング¥2300/サンポークリエイト(アネモネ) バングル¥9500/ソムニウム →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「ニットコート」「パンツ」など、ほぼ全身ユニクロでつくるレイヤードコーデ凜としたシャツコートをニットアウターで休日仕様に! ボーダーとデニムでパリっぽくコーデ。ニットコート(一部店舗のみ販売)¥4990・パンツ(一部店舗のみ販売)¥3990(2点ともユニクロ ユー)・シャツコート¥3990・べルト¥2990(2点ともユニクロ)・カットソー(一部店舗のみ販売)¥1990・帽子(一部店舗のみ販売)¥1990(2点ともイネス・ド・ラ・フレサンジュ)/ユニクロ 靴¥27000/パンプスメソッド研究所 バッグ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥3000/サンポークリエイト →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「ジャケット」「コート」など、ほぼ全身ユニクロでつくるレイヤードコーデジャケットとならスポーティなコートも品よく洗練される。トーンを合わせてまとまりを出すのも忘れずに。コート(一部店舗のみ販売)¥12900(ユニクロ ユー)・ジャケット(一部店舗のみ販売)¥9990・パンツ(一部店舗のみ販売)¥5990(2点ともイネス・ド・ラ・フレサンジュ)・スウェット(一部店舗のみ販売)¥1990(ユニクロ)/ユニクロ 靴¥23500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥21000/ビームス ライツ 渋谷(ハブファン×ビームス ライツ) イヤリング¥3300/サンポークリエイト(mimi33) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「ロングカーディガン」でつくるコーデもこもこカーデ×ワンピースは普遍的に可愛いけれど、こんな時こそ小物使いで差をつける。たとえば今年ならネクタイみたいにたらすロングスカーフとか。カーディガン(一部店舗のみ販売)¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ワンピース¥6990/イェッカ ヴェッカ 新宿 靴¥9800/コンバース スターズ ルミネエスト新宿 バッグ¥7900/ローズ バッド(SHAJUKY) ピアス¥9500/フリークス ストア渋谷(ヴェラッティ) スカーフ¥15000/フラッパーズ(マニプリ) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「パンツ」でつくるコーデ小面積の白が生む絶妙な軽やかさで、ブラウンがもっと素敵に、身近になる。全身がブラウンでも老けて見えなくて、ゆるシルエットもぼやけない。“ちょっとの白”って最強!スウェット¥23000/グッドスタンディング(リノ) パンツ¥2990/ユニクロ Tシャツ¥9500/スローン 靴¥26000/グラストンベリーショールーム(カットワース) バッグ¥18000/ロードス(トーヴ) カチューシャ¥300・イヤリング¥1400・ネックレス¥1000/お世話や メガネ¥33000/アイヴァン PR ストール¥20000/シップス 大宮店(ベビモ) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「シャツ」「カットソー」「パンツ」でつくるコーデシャツの前は途中まで閉じてウエストインし、袖は大きめにたくし上げて。色は茶系で統一。普通のアイテムたちをレイヤードで素敵に。シャツ(一部店舗のみ販売)¥2990・パンツ¥3990(2点ともユニクロ ユー)・カットソー¥1500(ユニクロ)/ユニクロ バッグ¥8990/ロコンド(MANGO) ターバン¥1500・ネックレス¥5600/サンポークリエイト(アネモネ) ピアス¥9800/UTS PR(ルフェール) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「フレアスカート」「モックネック」のニットセットアップでつくるコーデシャツジャケットとならトレンド感たっぷり! 可愛げのあるセットアップとなら、シャツジャケットも着やすく品よく映る。楽ちん、でも旬を押さえて写真映えするコーデだから、旅行にうってつけ! ブルーのブーツを爽やかなアクセントに。ニット¥2990・スカート¥2990/ユニクロ ジャケット¥32000/TOMORROWLAND 靴¥22000/フォーティーン ショールーム(アプローチ) バッグ¥33000/アルファ PR(アエタ) →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る《2019冬のユニクロコーデ》「フレアスカート」でつくるコーデ優雅なフレアラインはフレンチシックにもいい。正統派な着こなしに、小物のさし色で都会的に仕上げつつ。スカート¥2990/ユニクロ カットソー¥17000/ショールーム セッション(アール ジュビリー) 靴¥24000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥16000/ロードス(トーヴ) 帽子¥6700/CA4LA ショールーム ストール¥2190/ROPÉ PICNIC PASSAGE →2019冬のユニクロコーデを詳しく見る【2019冬のユニクロ・GUコーデ】『GU』でつくる冬コーデ《2019冬のGUコーデ》「ニット」「イヤリング」でつくるコーデ洗濯機で洗ってもカシミアライクな風合いをキープ。詰まりぎみのクルーネックに手の甲まで隠れる袖、カシミアニットのような表面感。旬感と高見え力を備えているうえにイージーケアで1000円台! Tシャツ感覚で色違いで揃えたくなる注目ニット。ニット¥1490・イヤリング¥590/GU スカート¥9990/キャン(テチチ クラシック) バングル¥3037/サードオフィス(ROOM) インナー・髪に巻いたリボン/スタイリスト私物 →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「スウェット」でつくるコーデ女性らしさを残したカジュアルにも最適。すっきり色気のあるスカートだから、ボリューミーなアウターと相性抜群。女っぽい仕上がりに。スカート¥11000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(ブラクトメント) ジャケット¥7264/ザラ・ジャパン スウェット¥1990/GU 靴¥19000・バッグ¥18500/ダイアナ 銀座本店 イヤリング¥2600/サンポークリエイト(mimi33) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「パレエシューズ」「イヤリング」でつくるコーデ買い出しやリサーチで外出が多い日は、シャツジャケット×カジュアルなパンツでアクティブに。初秋はばさっとはおっていた旬ジャケットだけど、これからの季節はボタンを上まで留めておしゃれに防寒対策。そんな時、首もとや手もとの表情づけに役立つのが、フィット感のある細リブのハイネックニット。辛口コーデの日は黒でとことんカッコよく、わざと抜け感をつくらないスタイルが上級者っぽいでしょ? 一日中歩きまわっても疲れないバレエシューズに白ソックスを挟んで、軽快さをひとさじ♪ニット¥14000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) ジャケット¥7900/レプシィム パンツ¥19000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) 靴¥1490・イヤリング(一部店舗のみ販売)¥590/GU バッグ¥3990/ロコンド(MANGO) ソックス¥1200/タビオ(タビオ) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「カットソー」でつくるコーデ肩がすっぽり隠れるゆったりとしたベストは、サイドをリボンで結ぶデザイン。揺れるスカートと合わせてフェミニンに着られるのがうれしい。ニット¥9800/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) カットソー¥790/GU スカート¥8800/ミラ オーウェン バッグ¥28000/ピーチ(ヴィオラドーロ) イヤリング¥9800/UTS PR(ルフェール) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「カットソー」でつくるコーデ美脚見えする美しいフレアシルエットだから、遊びのあるテイストだって品よくきまる。ニットパンツ¥3500/ローリーズファーム カーディガン¥35000/UTS PR(ハチイチブランカ) カットソー¥1490/GU 靴¥19800/オデット エ オディール 新宿店(モヒ×オデット エ オディール) バッグ¥5480/バロックジャパンリミテッド(マウジー) 帽子¥6000/CA4LA ショールーム イヤリング¥2611/サードオフィス(ROOM) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「ローファー」でつくるコーデ長い丈に負けない、ボリュームのある靴が必須! マキシ丈の先に、軽い靴が見えるのはアンバランス。ちょうどいい重みと、旬をあわせ持つローファーをショート丈のソックスとはくことで、ワンピにトラッドの味つけだってできちゃう。きかせ色のターコイズのバッグでアクセントをつくれば、リラクシーなお出かけスタイルが完成。ワンピース¥39000/ビショップ(アンフィル) 靴¥2490/GU バッグ¥12500/ダイアナ 銀座本店 ソックス¥500/タビオ →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「ローファー」でつくるコーデシックなグリーンベースにカラフルな花柄、気品あふれる光沢素材で、一枚でも主役を張れるヴィンテージライクなプリントワンピ。だけど、はおりものが欲しい季節はどうすればいい? 答えは「紺ブレ」! なぜなら”可愛さ”に”マジメさ”を足すって今までにない新しさがあるから。ビットローファーでトラッド感を足しつつ、顔まわり小物やファーバッグで遊び心もたっぷりと。きちんと見えて抜群に可愛いって、職場でもデートでも最強じゃない? ジャケット¥17000/ルクールブラン ワンピース¥38000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥2490/GU バッグ¥13000/TOMORROWLAND(BERTINI) ヘアバンド¥1600・イヤリング¥1600・バングル¥2600/サンポークリエイト(アネモネ) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「ワンピース」「パンツ」でつくるコーデ今季のデニムレイヤードはブラックを選んでシックに♡ 大人見えにも高見えにも効果的だから、もはや鉄板のワンピ×デニムの組み合わせもブラックデニムで挑戦。フェミニンなベージュのワンピとなら重くなりすぎず、好バランス。キャッチーなバッグを持ったら女子会向けしゃれ感コーデに。ワンピース¥2990・パンツ¥2490(2点とも一部店舗のみ販売)・ジャケット¥3990/GU 靴¥8900/ランダ バッグ¥6990/ロコンド(MANGO) ピアス¥38000/UTS PR(ルフェール) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「コート」「ニット」など、ほぼ全身GUでつくるコーデ二ットをコートの上に重ねる最旬レイヤードをいち早く! まるでニットポンチョみたいに、コートの上から巻きつけて。白ニットなら暗めのアウターに抜け感を出すのにも使える。ニット¥1990・コート¥4990・カットソー¥1490・パンツ(一部店舗のみ販売)¥1990/GU 靴¥7200/ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店 バッグ¥2990/ロコンド(MANGO) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ ピアス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ) 靴下¥1900/ジャーミネイション(ロトト) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「ジャケット」「ニット」「スカート」でつくるコーデ秋にゲットしたシャツアウターはジップニットと一緒に冬まで。人気のシャツジャケットを長く着るにも、レイヤードが使える。オーバーサイズであることを生かしてジップアップ型のニットを入れて暖かカジュアルに。ジャケット¥3990・ニット(一部店舗のみ販売、10月中旬発売予定)¥2990・スカート¥1990/GU 靴¥36000/ハリウッド ランチ マーケット(アビレーン) バッグ¥12000/ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店 イヤリング¥3300/サンポークリエイト(mimi33) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「カーディガン」「スカート」でつくるコーデレイヤードを同系色にすれば〝切替えワンピ風〟に! ワンピ風にも着られるロングカーデは、パープルの柄スカートを合わせて切替えデザインのワンピっぽく。高見えも狙えておすすめ。ベリー色の靴で色気を足したらデートに着ていきたい装いの完成。カーディガン¥2990・スカート¥1990/GU 靴¥5900/ランダ バッグ¥8000/ルクールブラン ヘアバンド¥1600・リング¥1700/サンポークリエイト(アネモネ) ネックレス¥14000/ソムニウム 時計¥24500/オ・ビジュー(ロゼモン) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「コート」「ジャケット」「ワンピース」でつくるコーデ人と違うベージュトレンチには、中にカジュアルアウターを。この時期増える“ベージュトレンチ族”から一歩抜け出すには、カーキのハンティングジャケットをレイヤード。メンズアイテムを選ぶことで、ワンピの甘さもマイルドになっていい感じ。コート(一部店舗のみ販売)¥3990・ジャケット(メンズ)¥3990・ワンピース¥2990/GU 靴¥28000(スペース クラフト)・リング¥20000(ルフェール)/UTS PR バッグ¥20800/ショールーム セッション(ヤーキ) ピアス¥1700/サンポークリエイト(アネモネ) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「ターバン」でつくるコーデ気になる人からのLINEってなんでこんなに上がるんだろ♡ 休日らしいゴキゲン配色と、ターバン&スニーカーでウキウキな休日♡ベビーピンクのモヘアニット¥33000/ビショップ(リア) オレンジレッドのフレアスカート¥28000/アンシェヌマン(アナディス) 靴¥5800/コンバース ターバン¥590/GU ピアス¥6300/シップス 有楽町店 ソックス¥1200/タビオ(靴下屋) →2019冬のGUコーデを詳しく見るパステルの優しさはそのままに、シックに見せる茶系。サーモンピンクのモヘアニットは、ゲージの隙間から淡いブラウンのTシャツをちらり。ボトムだけ見せたワンピは濃い茶色でグラデ配色に。ニット¥13000/AKTE ワンピース¥29000/ゲストリスト(アッパーハイツ) Tシャツ¥6800/バトナー 靴¥16000/フォーティーン ショールーム(アプローチ) バッグ¥7500/ルクールブラン ターバン¥590/GU ピアス¥20000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) レギンス¥4000/タビオ(靴下屋) →2019冬のGUコーデを詳しく見るどっちもベーシックなのに、重ねたらとっても新鮮! ボーダーにカーデを重ねる要領で、ひと味違うムードが出せる。普通の服の新たな可能性を発見!ニット¥14000/4K(ゴビ) カットソー¥12900/リフラティ シップス ルミネ横浜店(ルミノア) パンツ¥3580/ViS バッグ¥11000/カージュ ルミネエスト新宿店(マルコ ビアンキーニ) ターバン¥590/GU メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥2600/サンポークリエイト(mimi33) →2019冬のGUコーデを詳しく見る《2019冬のGUコーデ》「スカート」でつくるコーデポシェットやバレエ靴、パールでレディに。カーディガン¥11000/ジオン商事(ティテインザストア) スカート¥1990/GU 靴¥16000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥59000/アー・ペー・セー カスタマーサービス スカーフ¥15000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(マニプリ) ネックレス¥10000/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル) →2019冬のGUコーデを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『ユニクロ』のニット(メンズ)色の深みの絶妙さはメンズならでは。この渋さがおしゃれ。(一部店舗のみ販売)各¥4990/ユニクロ(ユニクロ ユー) →ユニクロのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『ユニクロ アンド JWアンダーソン』の2019秋冬コレクション《左》ローゲージクルーネックセーター(長袖)¥3990 《右》ローゲージタートルネックセーター(長袖)¥3990/ユニクロ(ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソン)まずは真っ先に買いたいニットから! 左はメンズ、右はウィメンズのアイテムです。シルエットは違いますが、裾にさりげなくあしらわれたデザインはお揃い♡ クルーネックにしようか、タートルネックにしようか……悩みます! →ユニクロのおすすめアイテムを詳しく見る《左》ボアフリースフルジップパーカ(長袖)¥4990 《右》スウェットハーフジッププルオーバー(長袖)¥2990/ユニクロ(ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソン)続いてはトップス。コート未満のアウターとして使えるもこもこのパーカは、ベージュ地にアイスブルーのポケットが! ハーフジップでちょっぴりおじさんっぽいフォルムが可愛いプルオーバーは、白にアイスブルーのステッチが!! この配色、めちゃくちゃおしゃれじゃないですか!?  →ユニクロのおすすめアイテムを詳しく見る《上段》フリンジスカート 各¥3990 《下段左》プリーツスカート ¥4990 《下段中・右》コーデュロイラップスカート 各¥3990/ユニクロ(ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソン)実は色違い・形違いで何枚も欲しいのがスカート。フリンジスカートはチェック柄もネイビーも英国伝統の雰囲気が素敵だし、プリーツスカートもクラシカルコーデに絶対使える。コーデュロイのラップスカートは長め丈だからロングブーツを合わせたい! いっそのこと全部買っちゃう!?(笑) →ユニクロのおすすめアイテムを詳しく見る《上段》フリンジスカート 各¥3990 《下段左》プリーツスカート ¥4990 《下段中・右》コーデュロイラップスカート 各¥3990/ユニクロ(ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソン)実は色違い・形違いで何枚も欲しいのがスカート。フリンジスカートはチェック柄もネイビーも英国伝統の雰囲気が素敵だし、プリーツスカートもクラシカルコーデに絶対使える。コーデュロイのラップスカートは長め丈だからロングブーツを合わせたい! いっそのこと全部買っちゃう!?(笑) →ユニクロのおすすめアイテムを詳しく見る《左上から時計回りに》リバーシブル2WAYバッグ ¥3990 ケーブルマフラー ¥1990 ソックス ¥390 ビッグストール ¥1990 ヒートテックニットキャップ ¥1500もちろん小物も見逃せません。ナイロン素材のバッグは、なんとリバーシブル! ハンドバッグとリュックの2WAY仕様です。マフラーやストール、ニットキャップ、ソックスなどどれもクラシカルなデザインで、秋冬コーデを盛り上げてくれるはず! →ユニクロのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のシャツジャケットハットをかぶったマネキンが着ているのは、オーバーサイズシャツジャケット(¥3990)。かなり大きめのつくりなので、ガバッと襟を抜いて着るのがいいみたい。その下はビッグポケットジャケット(¥3990)。こちらは上に比べて丈が短めなので、フェミニン派におすすめ! →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『ユニクロ』のカシミヤニット◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさんこの時期は何を着たらいいか悩みどころですが、本格的な冬シーズンを乗り切るのに私が必ず毎年買い足しているのがユニクロのカシミヤニット♡100%カシミヤ素材で、柔らかで軽く着心地がいいです。Vネック、タートルネック、カーディガン、とさまざまなデザインがあるところもポイント☝︎❤︎今年私が買い足したのは人気のコクーンセーターのデザイン。ベーシックなアイテムなのでかなり着まわしできます◎ ワンピースに合わせても良いと思います!! →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『ユニクロ』のリブハイネックT◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさんカラー展開が豊富で9色あり、オフホワイト、グレー、ブラック、ピンク、オレンジ、ブラウン、ダークグリーン、ネイビー、パープルがあります\(^o^)/❤︎私は使いやすそうなオフホワイトにしました♬ →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『ユニクロ』のフリースプルオーバー(メンズ)◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさんニットを着なくてもいいくらい昼間が暖かい日は、こんな風にブラウンのシャツジャケットに合わせています☻カラーは5色展開、ブラック、ネイビー、オフホワイト、オリーブ、ベージュです\(^o^)/軽いのにあたたかい、肌触りが気持ち良いファーリーフリースです♬実際着てみましたがあまりにも暖かすぎて(笑)、まだ今の時期は室内に居ると少し汗ばみます!!でも、そのくらいの暖かさなので冬にはかなり活躍しそう♪ →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のショートブーツ◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.707 結紀奈さんヒールありですが歩きやすくて痛くならず、ふかふかですごく履きやすくて通勤にもイケちゃいました!私は<DARK GRAY >という色にしました♩シルエットも綺麗で嬉しいです^^◎このグレージュっぽい優しい色が流行りのベージュコーデにもよく合ってくれて優しい雰囲気にしてくれる気がします♡前からはレザーで高見え!なのにバックはスエード素材なのも秋冬感があって嬉しい♡ お気に入りの1足です(^_^) →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のパイソン柄パンプス◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.707 結紀奈さん同じ写真に載っている、パイソン柄のパンプス♡パイソン柄が流行っていて欲しかったのですが難しいアイテムかな?とチャレンジする勇気の無かった私に価格で勇気をくれたGU様様です。 →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のウエスタンブーツ◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.707 結紀奈さん毎年必ずと言って良いほど使える黒のローヒールブーツ!!完全にぺたんこのものなど種類がありましたが、私はお出かけにも通勤にも履けるものが良かったので、高見え意識で少しヒールのあるものにしました♡ →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のサイドゴアブーツ◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさん毎年出ているこちらの定番デザインのサイドゴアブーツ。合皮素材なので雨の日でも雪の日でもへっちゃら!がしがし履けるところがお気に入りです!!さらに今年は『ファインフィットブーツ』ということで、改善を重ねられたGU SHOES LABのシリーズ。低反発クッションで、肌触りがサラッとしていて、ふんわりクッション裏地、抗菌防臭のインソール… 今年も大活躍しそうです\(^o^)/ →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のロングカーディガン◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.707 結紀奈さんリブロングカーデは秋から冬まで使えてかなり重宝してます!プチプラで掘り出し物が沢山あるGUは被服費の心強い味方です♫← 冬のおしゃれも楽しみたいと思います♡ →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のフロントタックブラウス◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさんフロントにタックをあしらったこちらのブラウス。カラー展開はグレー、ナチュラル、ネイビーと3色展開があり、どれも使いやすそうなカラー♡!私は迷いに迷ってグレーを選びました✨こちらのブラウスはポリエステル100%で比較的しっかりした生地になっています!どんなボトムスとも相性が良いのでカジュアルからきれいめコーデまで幅広く着まわしがききます❤︎ →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のローゲージタートルネックセーター(メンズ)◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさん昨年大人気で完売続出したGUのメンズアイテムが今年も登場しています\(^o^)/カラーはオフホワイト、グレー、ブラックの定番カラーに加えてオレンジ、ブラウン、ブルーのトレンドカラーが加わり6色展開になっています♪ちなみに身長170cmのわたしはメンズサイズのMサイズがぴったりしすぎずダボっとしすぎずでちょうど良いです( ´ ▽ ` )❤︎編み目の粗いローゲージニットと太めのリブになっているのでシンプルに一枚で着ても可愛いです♡中にビッグサイズのシャツを着てレイヤードを楽しむのもおすすめ❤︎ →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のVネックカーディガン◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさんカラー展開は7色、ブラック、オフホワイト、グレー、ベージュ、ピンク、ブルー、ダークブラウンがあります。私はトレンドのダークブラウンを購入しました♬太めのリブ編みになっていてスッキリしたデザインなところがお気に入りです❤️また、Vネックも深すぎず浅すぎずなので、カーディガンとして羽織ってもよし、一枚で着てトップスとしてもよしな優秀アイテム! →GUのおすすめアイテムを詳しく見る【ユニクロ・GUのおすすめアイテム】『GU』のパーカー◆教えてくれたのは……モアハピ部 No.562 しょこたうるすさん急に涼しくなり、何を着ていいか難しいこのごろ、、ヽ(;▽;)ノ先日、新しいパーカーを買い足そうと思いGUに行ってきました✨買い足したのは、今季人気のはっきりパープルカラーのパーカー♬私は紐を取って、さまざまな着こなしを楽しんでいます♡ →GUのおすすめアイテムを詳しく見るユニクロ・GUコーデの関連記事もチェック♪プチプラコーデ特集《2019冬》- ユニクロなどプチプラブランドでつくる冬コーデ2019冬のかぶらないプチプラアイテム特集 - ユニクロ・GUなどおしゃれなプチプラブランドGUコーデ特集《2019》- オフィスカジュアルにも休日コーデにもぴったりのアイテムは?ニットコーデ特集《2019》- 大人っぽかわいいおしゃれなレディースニットまとめコート&ジャケット特集《2019》 - おすすめのコート&ジャケットの色は?
  • この冬、まず手に入れたい6タイプのトレンドニット。一枚で旬な気分を味わえるニットの魅力を最大限に引き出すほめられコーデをお届け!#01 ゆるニット×シャツ 身幅広めのゆったりしたニットからシャツの襟や袖をのぞかせて。小さな面積で主張する「白」がコーデをグッと〝今〞に引き寄せる。ニットとシャツのレイヤード人気が今季、再燃。ボリュームあるタートルニットからチラリとのぞかせたシャツ襟と折り返したすその「小さな白」が、コーディネートにリズムをもたらす。ニット×プリーツスカートの鉄板コーデもフレッシュな印象に。 ニット¥34,000/モールド(チノ) シャツ¥32,000(ドゥロワー)・バッグ¥94,000(ワンドラー)/ドゥロワー 六本木店 スカート¥98,000/ebure ピアス¥23,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) 靴¥154,000/ドゥロワー 丸の内店(マノロ ブラニク) #02 タートルニット×きれい色スカート 体に自然に沿う薄手タートルにはきれい色スカートが好相性。グレー×淡ブルーのくすみトーンで全身の印象を洗練させて。カシミア100%の柔らかな風合いで体をきれいに演出する薄手のタートルニット。厚みのある淡ブルーのスカートにインしてメリハリを。ロングブーツでトレンド感も。 ニット¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) スカート¥115,000・手に持ったジャケット¥180,000/マディソンブルー イヤリング¥16,000/アッシュ・ペー・フランス(デルフィ-ヌ・シャルロット・パルモンティエ) バッグ¥59,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥202,000/ジミー チュウ#03 モヘアニット×ボリュームアクセ ニュアンスたっぷりのモヘアニットに、つや消しのゴールドピアスを。丸いプレートの硬質感でさりげなくモダンに。バックが深くV字にあいたモヘアニットは、ベーシックなブラウンだからこそ上品な印象に。耳もとに存在感のあるデザインのピアスを添えて、女らしさを今どきに更新。足首の見える丈のデニムとカラーローファーで抜けを作って。 ニット¥38,000/カオス丸の内(カオス) デニム¥24,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥22,000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) バッグ¥500,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥85,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) #04 ニットカーディガン×ボウタイブラウス オフホワイトのケーブルニットカーデ。ざっくりした編み地のインにしなやかなボウタイブラウスをのぞかせ新鮮MIXコーデが完成。カジュアルな印象の強い、大きな編み地のアランニットカーディガン。同系色のボウタイブラウスの上からふわりとはおるだけで、エフォートレスなムードをまとった柔らかな女らしさにつながって。全身を淡いトーンでまとめると、コーディネートがより洗練。 カーディガン¥26,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ブラウス¥29,000/サード マガジン パンツ¥59,000/マディソンブルー バッグ¥158,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) #05 ボリュームニット×カラーパンツ 袖にボリュームをもたせた黒のタートルニット。ぱっきりした色のパンツをきかせて一歩先を行くシンプルスタイルに。 たっぷりした袖のボリュームと大胆な前後差デザインで、ベーシックながら主役級の存在感をもつ黒ニット。手持ちのボトムとももちろん合うけれど、ニットに負けないパープルのセンタープレスパンツを投入して、極上ワン・ツーコーデを堪能。ゆとりあるシルエットが大人の余裕も醸し出してくれる。 ニット¥59,000/ADORE パンツ¥27,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥14,000/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) バッグ¥156,000/トッズ・ジャパン(トッズ) #06 カラーニット×チェックパンツ 発色のきれいなカラーニットも今季取り入れたい一枚。ハウンドトゥース柄のワイドパンツを女っぷり高く仕上げて。注目のカラーニットは、肌映りが絶妙にきれいなパープルをセレクト。ベージュベースにブラウンやグリーンの入ったチェック柄のパンツを、とびきり女っぽく、遊び心あるスタイルに! スエード素材のブラウン小物で全身を引き締めるのも忘れずに。 ニット¥36,000/ストローラーPR(ラシュモン) パンツ¥53,000/アマン(アンスクリア) ピアス¥25,000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) バッグ¥57,000/アパルトモン 神戸店(ヘリュー) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)【Marisol11月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/Dai Michishita メイク/早坂香須子(W) スタイリスト/村山佳世子 モデル/ブレンダ
  • マリソル編集部のおすすめ情報をお届けします!アラフォー過ぎて、そろそろ休肝日を設けねば! と思い立ち、ここ最近、週一「ノンアルデー」を設けているのですが、先日見つけて、軽くハマってしまったのが、こちらのドイツ産のノンアルコールビール。 コクがあって喉越しも爽やかで、こんなノンアルだったら、もしや、休肝日、週2でいけちゃう? と思うほど美味。 パッケージもオサレで気に入ってマス。 あと少しで本格的に年末年始のラストスパートで、飲みの機会も多くなる時期ですが、そんなときのワンクッションにいかがですか! 
  • 土曜日は雨に北風!厚着しずらい女子会コーデに悩んだら…12月に入り、週末のスケジュールがどんどん埋まってくる頃。飲み会、女子会が多くなるシーズンですね♪今週末、特に土曜日は最高気温7℃までしか上がらず、雨に北風のダブルパンチで極寒の1日になりそう(涙) それゆえ、「体感温度指数」もかなり低く、土日ともに「防寒対策をしないと寒い」と出ています。華やぐシーズン、こんな日には何を着てイベントに参加すればよいのでしょう?本日の「週末お天気コーデ」は、土日ともに「女子会」をテーマにご紹介させていただきます。シーン的に厚着をしにくい女子会、さて何を着て行けば??【12/7(土)予報/くもり→ 雨 気温7℃(5℃)】 ★おでかけ指数→「40」お出かけの際には傘を忘れずに! ★コーデ(for女子会①):ネイビーのニットワンピース↑土曜日は7℃の気温に加えて雨の予想。しかも北風が冷たいそうですよ!こうなると、華やかな女子会でも、防寒ダウンコートはアリですね。「女子会なのでドレッシーに」という場合には、厚手のコートで参戦。中は半袖?長袖?会場はあたたかいことも多いので、外さえ頑張れば半袖もOKだと思います。こういう時に便利なのは「薄手の長袖」、ニット素材のワンピース!長袖でもワンピースの華やかさがあり、ニットなので厚着しなくてもあたたかく、ちょっとした女子会に重宝します。全体をネイビーのワントーンでまとめれば、清楚で上品な雰囲気に。 ↓合わせたネイビーのワンピースは、「index(インデックス)」でみつけた、ベルト付きのニット素材。なんとこれで4,990円(税抜き)!シンプルなネイビーのワンピースですが、ウエストのベルトが「普通」に見せないポイント。袖もドルマンスリーブなので、長袖であたたかくても、おしゃれ感を損ないません。スカートの丈も長めで穿きやすいんです!それに、自宅でお洗濯できるというスグレもの。ファーなどの小物を合わせると、さらにパーティー向きですね★もちろん合わせるのは厚手のタイツ。グレーや茶系なら、雨の「泥ハネ」しても目立ちません!▶index「ベルテッドドルマンフィット&フレアニットワンピ」の詳細はこちらをチェックそして、日曜日は晴れの予想。気温は一ケタではないようですが、それでも寒そう!この日の女子会は、半袖バージョンにしてみました。華やかな女子会に、あえてスカートではない「デニム」も目立つかもしれません♪ 【12/8(日)予報/ 晴れ&くもり 気温12℃(4℃)】 ★おでかけ指数→「90」1日いい天気、どこでもGO! ★コーデ(for女子会②):レース×ブラックデニム×ピンクのコート ↑スカートやワンピース率が高い女子会に、あえてデニムで参戦するのもカッコいいかもしれません。トップスが透け感のあるレースなら、デニムも逆に女性らしくなります。高めのヒールを合わせ、さらに女っぽく仕上げても。コートはビビッドピンクで華やかに★ 合わせたレースのトップスは、秋に「VIS」で購入した黒のレースです。半袖でも秋のみで終わらず、パーティーシーズンに大活躍♪みなさま、どうぞあたたかくして、楽しい時間をお過ごしください♪…と「女子会コーデ」を書きながら、わたしは娘の付き添いで、K-POPの野外イベントに参加しなければ!地味に完全防寒スタイルです(笑) さて!明日12/6(金)は、番外編で素敵なアイテムをご紹介させていただきます。華やかなシーズンに必ず活躍してくれる素晴らしい商品ですので、よろしければぜひ見にいらして下さい★(17:00頃アップされます)*「天気予報」「おでかけ指数」は、水曜発表の 「日本気象協会(tenki.jp)」の情報を採用しています(東京千代田区の予報)今後大きく変わることも予想されますので、参考程度にご覧下さいませ。▶Akaneの個人ブログ→「Akane's Happy Coordinate」………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.80★ 「フラフ/マシュマロクリーム」 寒くなると、ついついコレを買っちゃいます!「マシュマロクリーム」。マシュマロは苦手なのですが、なぜかこのクリームは大好き。白いフワフワ感が、この寒いシーズンに「ほっこり」とマッチして、いつものお菓子を冬らしくおしゃれに見せてくれるんですよね★ 今ではフレーバーもいろいろあり、スーパーでもよく見かけるようになりました。生クリームのように見えて、もっちりとした硬めの質感。この寒い時期には、すくっても、なかなかスプーンから離れてくれないので、扱いに苦戦しますけれど(笑)普段はパンに塗ったりして食べていますが、お菓子に乗せたり挟んだりすると、見ために冬らしく、この時期にぴったりのかわいいスイーツに変身。 ビスケットに挟んで「スモア」のように食べてもおいしいですが、わたしのお気に入りは、塩せんべいや、チョコがかかったポテトチップス。しょっぱい物との組み合わせが合います!クリームに合わせると、雪のようでクリスマスらしく、子どもにも大人気♪ひと口サイズで食べられて、パーティーも盛り上がります。ワンボトルで400円前後というのもお手軽です☆彡先日ふと見たら、子どもがこのボトルを抱え、スプーンでそのまま食べているではありませんか!半分以上なくなっていました(涙)でもわかる、その気持ち。やってみたいけれど、ワンボトルで650kcal以上…やっぱりシェアがよさそうです(笑) 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 今年も残すところあと1ヶ月足らず。今月は、仕事で日頃からたくさんの化粧品に触れているエクラ世代の美容愛好家・野毛とビューティライター・北林が、今年もっともよく使った「ベストコスメ」をご紹介します。今回はリップ。色、質感、つけ心地のすべての点で、抜きん出た効果実感をもたらしたものとは?ブラウンなのにくすまない! 気持ちにしっくりくる私の定番色コンスピキュアス ブラッシュリップス07¥4,700/Amplitude 「秋の新色のおすすめでご紹介したリップですが、その後もずっと愛用し続け、今年のMYベストコスメとなりました。モードなブラウンは顔色をくすませることもあるのですが、これは発色の華やかさと上質マットな質感とのバランスが絶妙。つけるだけでおしゃれな印象になります。筆ペンタイプなのでつけやすさも抜群!」(野毛)  アンプリチュード の公式サイトはこちら唇と一体化するナチュラルブラウンは、シーンを選ばず使える便利色ルージュ エッセンシャル シルキー クリーム リップスティック05¥3,600/ローラ メルシエ 「はっきり発色の深めのブラウンですが、案外服やメイクを選ばず、どんなものにもしっくりくるので、つい手が伸びてしまう1本です。つけ心地もとてもなめらかで”つけている”という感じがしないほど軽やか。これもやっぱりブラウンでありながら、顔色が決して暗くならないところが最大のお気に入りポイントです」(野毛)ローラ メルシエの公式サイトはこちら赤みとベージュの絶妙バランスで、落ち着きと華やぎ感の両方をフォローリップスティック/サテン 2912マルドワイン¥3,300/NARS「これもブラウンニュアンスですが、今年の私の定番色と言える1本。NARSのリップは、マット、サテン、シアーと3種類の質感があるのですが、どれも鮮やかな発色で、なめらかなつけ心地。これはサテンのグループのカラーですが、大人の唇を品よく見せる自然なツヤ感が気に入っています」(野毛)NARSの公式サイトはこちらサッと塗れて、すぐに洗練メイクが完成するティントリップローズ・パーフェクト301¥4,200/パルファム ジバンシイ「唇のpHに反応して色が変わるティントバームでありながら、通常のリップメイク同様の”高い仕上がりクオリティ”を再現してくれるのが、このローズパーフェクト。唇をケアする効果もあるので、気づいたときに、リップクリームがわりにサッと塗るだけで、唇に自然な透明感と血色をプラスしてくれます。ピンクの本革ケースにも洗練感があり、気分も上がります」(北林)パルファム ジバンシイの公式サイトはこちら唇を一気にトーンアップ! 軽いつけ心地のリキッドカラールージュ ディオール ウルトラ リキッド¥4,200/パルファン・クリスチャン・ディオール「今年もマットな質感のリップは大人気。しかしどうも”パサッ”とつく感じがして、若干敬遠ぎみだったのですが、このリキッドリップに出会って一変! マットながらとてもなめらかにつき、のびも軽く、唇が乾かないのに落ちにくい。なにより肌のくすみをカモフラージュし、肌の明度をグンと上げる発色。華やかな席や、夕方に肌が疲れて見えるとき大活躍しています」(北林)パルファン・クリスチャン・ディオールの公式サイトはこちらとろけるようになじみ、うるおいとツヤが長時間持続 ルージュルミヌ4¥5,000/クレ・ド・ポー ボーテ「スキンケア効果でうるおいを与えながら、独自の光学技術で立体感を出し、唇の凹凸を補正してくれる大人にうれしいトリートメントタイプのリップ。スリムタイプなので、塗りやすさこの上なく、とろけるように唇を包み込む心地よいテクスチャーも魅力。塗るだけで自然にふっくらした唇に仕上げてくれます」(北林)クレ・ド・ポー ボーテの公式サイトはこちら美容愛好家 野毛まゆり美容愛好家 野毛まゆり外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。美容ライター 北林道子美容ライター 北林道子大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。「お悩みずばっと解決!美容塾」は、毎月5日・15日・25日に配信予定です。
関連キーワード

RECOMMEND