老け見えの原因は目の下の線。今すぐ見直したい目の下のケア|40代のエイジングケア

Marisol ONLINE

①アラフォーは目の下の線でこんなに印象が変わる!

「目の下の線ナシ」だと…

「目の下の線アリ」だと…

②アラフォーの“目の下の悩み”にまつわるアンケート結果を大公開!

目の下はお悩みの集合体

クマの目立ちが深刻化し始めるマリソル世代。それは若いころのように寝不足が原因ではなく、加齢による皮膚のやせや、目のくぼみが原因かもしれない! ?

35歳は目の下の曲がり角!?

35~40歳の間に、目の下のお悩みが目立ち始めたという意見で約77%を占める。つまりアラフォー前半で目の下のエイジングが深刻化し始めている!

目もとケアを意識し始める年齢

目もとケアをしている読者は約7割。医師の髙瀬先生いわく「患者さんのアイケア率は低いので、一般的なアラフォーよりマリソル読者は意識が高めですね」

マリソル読者はキレイをあきらめない

アラフォーの目もとのケア=アイクリームなどのスキンケアが多勢を占める。今からのケアが運命を分けるので、あきらめずに続けたい!

③アラフォーの目の下を専門家が詳しく解説!

皮膚、筋肉、骨格&姿勢やメイクなどの専門家の皆さんに"目の下コンシェルジュ"として、アラフォーの現状を教えてもらいました。

Ⅰ.皮膚科医・髙瀬聡子先生が解説!

<皮膚、骨、脂肪の エイジングが急激に進行!>

皮膚科医・髙瀬聡子先生
「ウォブクリニック中目黒」総院長。皮膚科医ならではの視点でアンチエイジング医療を手がけている。

・表皮バリア機能の低下

「目のまわりの表皮はほかの部分の¹⁄₄くらいの薄さ。さらにメイクやアイラッシュなどの刺激で炎症が起こりやすい。バリア機能の低下で乾燥が進行します」

・真皮にダメージ

「表皮同様、炎症が原因でコラーゲンやエラスチンなどの弾性線維が切れやすく、自分での生成力は年齢とともに落ちています。するとハリの低下が起こります」

・脂肪が滑り出てくる

「目のまわりは眼窩の骨があり空洞に。骨、筋肉の衰えから支えきれなくなったやせた脂肪がその空洞から滑り出てきて、目の下のぷっくりやくぼみになります」

・骨のやせでくぼみが目立つ

「皮膚だけでなく、その下にある骨もやせてきます。目まわりの皮膚や脂肪、筋肉と骨という層がそれぞれ弱まり、全体のハリ感が失われ目がくぼんだ印象に」

Ⅱ.ロート製薬研究員・高木恭子さんが解説!

<目まわりの筋肉の衰えがスタート!>

ロート製薬研究員・高木恭子さん
ロート製薬・基礎研究開発部 再生機能グループリーダー。スキンケア製品の基礎研究に携わっている

まぶたを上げる筋肉が衰え始める

「まぶたを上げる筋肉・ミュラー筋は、こする&引っぱるなどの物理的刺激により筋力が低下。20代から筋肉のもとになる細胞が減少するのがわかっていて、70代までに7 割も減ります」

目の下のたるみは眼輪筋の低下

「目のまわりをドーナツ状に覆っている眼輪筋が、加齢によって弱まります。その影響によって、目の下がたるみ、いわゆるゴルゴラインが発生する一因だと言われています」

Ⅲ.アンチエイジングデザイナー・村木宏衣さんが解説!

<スマホ・PCなど生活習慣が目もと老化を進めています!>

アンチエイジングデザイナー・村木宏衣さん
美を土台から整える「村木式整筋メソッド」を開発。サロンでは施術体験も。

目を酷使することでの眼輪筋などの緊張、猫背が顔のシワを加速させる!

現代社会に欠かせないPC・スマホですが、目の下のエイジングにとってはかなり悪影響が! まず、ずっと同じ距離で画面を見ることでピントを合わせようとする目まわりの筋肉が緊張し固まり、血流が悪くなります。血流が悪くなると、栄養や水分不足で目まわりの皮膚の老化も進行。また、スマホを見る時の姿勢は下向きで猫背になりやすい。すると前面の筋肉が縮こまり、背面の筋肉は引っぱられる。この姿勢は前面の皮膚にたるみを生み、目の下のシワやたるみを加速させる原因になります!

Ⅳ.ヘア&メイクアップアーティスト・広瀬あつこさんが解説!

<目の下の悩みが、メイクで隠しきれなくなっています!>

ヘア&メイクアップアーティスト・広瀬あつこさん
マリソルなど、多くの女性誌で大人を美しくするメイクテクニックを伝授。美のプロからの支持が厚い

・くすみ

「アラフォーになり皮膚がより薄くなってくることで、血行不良の青いくすみ、色素沈着の茶色いくすみの両方が目立つようになっています」

・シワ

「目のまわりのシワは、ファンデーションやコンシーラーなどベースメイクで隠そうとするほど粉っぽく見えて、よけいに目立ってしまいます」

・黒クマ

「この世代で新たに出てくるのがくぼみによる影である"黒クマ"。骨格による影なのでメイクで隠すのがむずかしく、クマが透けて見えてしまいます」

④アラフォーの目の下を活性化する方法

使われていない下まぶたの筋肉、眼輪筋と口輪筋がつながっている部分など目まわりの筋肉をほぐして、シワやゴルゴラインを予防して!
アンチエイジングデザイナー・村木宏衣さん
美を土台から整える「村木式整筋メソッド」を開発。サロンでは施術体験も。

下まぶたの筋肉を鍛える!

「上まぶたに比べ使われておらず、緊張が続いている下まぶたの筋肉を動かし、目まわりの血流促進を図ります」

2本の指で上まぶたを軽く押さえて、動かないように固定。下まぶたにも指を添え、筋肉を意識。
下まぶたを持ち上げるよう意識し目を細める。"まぶしい"という表情をすると◎。左右10回ずつ。

眼輪筋の緊張を取る!

「PCやスマホの見すぎで凝り固まっている眼輪筋をほぐし、しなやかにリセット。ハリと弾力を取り戻します」

人さし指をかぎ状に曲げ、第二関節の面の部分を、下まぶたや目じりのシワが気になる部分に当てる。
目の下の骨を、01で当てた指に感じる状態で、目線はまっすぐのまま、ゆっくり目の開閉を繰り返す。左右10回ずつ。

ゴルゴラインを消す!

「つながっている口輪筋と眼輪筋。よく動かす口輪筋に 引っぱられがちなので、つなぎ目をほぐしたるみを予防」

指の第一関節を使う。骨に指を押し当てながら左右2㎝ずつ5回揺らす。小鼻脇から上方向へずらしながら4カ所行う。
01と同じ動きを、指を外側にずらしながら4列行って。

④アラフォーが絶対に使うべきアイケアコスメ

■すっきりとしたハリのある目もと印象へ導く

コラーゲンやエラスチンに働きかけ、血流やリンパのドレナージュ効果も。ファーミング EX アイセラム SP 15g¥7,500/クラランス

■抗酸化作用で若々しい目もとをつくる

老化細胞をリセットし、ターンオーバーを促すアイクリーム。水を入れてひんやり使うマッサージャーとともに。プロディジー CELグロウ アイ & アイ マッサージャー 15.3g¥23,000(限定発売)/ヘレナ ルビン スタイン

■下まぶたも上まぶたも両方の筋肉へアプローチ

まぶたのミュラー筋と眼輪筋を強化する成分配合。エピステーム アイパーフェクトショットa 18g¥11,000/ロート製薬

■刻まれた目もとのシワをターゲットに!

シワ改善の有効成分ナイアシンアミド配合の美容液。リンクル ソリューション プラス 20g(医薬部外品)¥10,000/エスト 

■メイクやクレンジングなど、摩擦刺激のダメージケアをしてくれる

乾燥小ジワをケアし、摩擦刺激をケア。アルティミューン パワライジング  アイ コン セントレート N 15g¥7,500(編集部調べ)/SHISEIDO

■目もととまつ毛をトータルでエイジングケア

目もとの透明感を引き出すアイ美容液。ヘッドはマッサージャーに。ジェニフィック アドバンスト アイセラム ライトパール アイ アンド ラッシュ 20㎖¥9,000/ランコム 

■針状ヒアルロン酸とアイ美容液で集中目もとケア

針状ヒアルロン酸のアイシートは寝ている間に保湿ケア。アイ美容液でくすみや小ジワケアも。ナビジョンDR フォーカスアイプログラム(アイセラム15g・アイフィラー2 枚× 8 包入)¥20,000(編集部調べ)/資生堂

⑤アラフォーの目の下をメイクで上手にカモフラージュ!

目の下の悩みは厚くカバーするのではなく、適材適所のベース系アイテムで薄く隠すことで、カモフラージュできるんです!
ヘア&メイクアップアーティスト・広瀬あつこさん
マリソルなど、多くの女性誌で大人を美しくするメイクテクニックを伝授。美のプロからの支持が厚い

目の下のくすみ

「茶ベージュと青ベージュ入りのパレットコンシーラーで自分の"くすみカバー色"を作って、肌補整を!」

色みの違う3 色ベージュ入りパレットを。(右から)江原道 マイファンスィー モイスチャーコンシーラー¥4,200/Koh Gen Do ミネラルコンシーラーパレット SPF36・PA+++¥4,500/エトヴォス
青ぐすみが目立つなら「青ベージュ+ベース」。茶ぐすみは「茶ベージュ+ベース」をMIX(下のパレットを参照)。筆でくすみの境目にON。
くすみがある範囲内(主にクマがある部分)だけにブラシで放射状にコンシーラーを広げて。範囲外には塗らないで!

目の下のシワ

「目のシワを飛ばすのは“色”ではなく凹凸補正下地で。シワや毛穴をカバーする透明下地が便利です」

(右から)パテのように肌の凹凸をカバーする。タンイドル ウルトラ ウェア ブラー¥5,000/ランコム シワ専用下地。ベネフィーク リンクルリセッター15g¥3,500(編集部調べ)/資生堂
パテ系下地を薬指に少量取り、目頭の小ジワが気になる部分へON。軽く皮膚を引っぱりシワを伸ばすと塗りやすい。
目頭から目じりまで伸ばし広げたら、のせた部分をトントンとなじませ、下地をシワに入れ込む。

目の下の黒クマ

「明るめコンシーラーで目の下の広いゾーンをトーンアップ。レフ板効果で目の下全体を明るくしましょう」

広げやすい質感。(右から)コレクチュールエクラプールレジュー  LO 2.5g¥6,000/クレ・ド・ポー ボーテ ブライトニング  コンシーラー ライトオークル 1.8g¥4,500/エスト
目のキワ、クマの境目、ゴルゴラインのすぐ上へ、筆ペンコンシーラーを放射状に広げる。肌色よりワントーン明るめを。
薬指で01のコンシーラーのエッジをぼかす程度に優しくなじませて。薄く広げすぎるとカバーできないので注意。
【Marisol 12月号2019年掲載】撮影/藤澤由加(人物) ヘア&メイク/広瀬あつこ モデル/芦田歩美(マリソル美女組) 構成・文/松井美千代

▼あわせて読みたい

たるむ、しぼむ、くぼむ……。もう一度、パッチリ目もとを取り戻したいあなたに、目ヂカラ再生策とおすすめの目元ケアコスメをご紹介します。
関連記事
  • 冬の寒さは、これからさらに厳しく……! そこで2021年の今から買い足したい冬コートをピックアップ。アラフォーの冬コーデをブラッシュアップしてくれるコートのコーディネート術から、おしゃれプロが目をつけた人気コートの数々をお届けします。【目次】 ①「淡色コート×白スニーカー」でつくる大人のための“映える”冬カジュアル ②高真冬に愛らしく映える!アイボリーのピーコート着回し3days ③色は軽やかな「白~淡カラー」が新鮮!|おしゃれプロのコートKeepリスト ④かぶり買い続出のリバーコート&スマートなダウン|おしゃれプロのコートKeepリスト ⑤人気が加速中の短め丈コート&進化したトレンチ風コート|おしゃれプロのコートKeepリスト ⑥“好き”が加速するコート|おしゃれプロの「これ買っちゃいました」①「淡色コート×白スニーカー」でつくる大人のための“映える”冬カジュアルStyle 1. アイスグレー短めコート×白レザースニーカー 淡いグレーのジャケットコートは冬のぴりっとした空気感によくなじむ。白レザースニーカーでクリーンに決めて。COAT:Chaos SNEAKERS:Veja ウール×レザーの組み合わせも 淡色同士でソフトな印象に コートはオーバーサイズのほどよいゆるやかさも今の気分。注目のサステナブルブランド「Veja」のスニーカーに、新しいおしゃれマインドを託して。コート¥58,000・パンツ¥32,000/カオス表参道(カオス) 靴¥19,000/シードコーポレーション(ヴェジャ) ニット¥35,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) 帽子¥53,000/ドレステリア 新宿店(ブルックス ボズウェル) ピアス¥31,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ネックレス(長)¥22,000・(短)¥48,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥53,000/アマン(ア ヴァケーション)Style 2. 淡ブルーコート×白メッシュスニーカー 風にふわりとなびく様も美しい、淡いブルーのリバーコート。メッシュ素材の白スニーカーがロング丈のすそからチラリと見える、そのバランスに抜け感が。COAT:N.O.R.C by the line SNEAKERS:JIMMY CHOO しなやかで、都会的。 ブルーと白の、新鮮なカラーバランス 白スニーカーにさりげなく配されたシルバーとバッグの色もリンクさせて。 コート¥29,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 靴¥55,000/ジミー チュウ カットソー¥29,000・スカート¥59,000/マディソンブルー サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) チョーカー¥28,000/ロンハーマン(ロンハーマン ジュエリー) ショルダーバッグ¥89,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) エコバッグ¥6,000/エスケーパーズオンライン(OPEN EDITIONS)Style 3. ベージュボアコート×カラー入り白スニーカー 思わず触れたくなる、もこもこのボアコート。白デニム×カラーミックスの白スニーカーで一歩先を行く、洗練カジュアルを満喫。COAT:THIRD MAGAZINE SNEAKERS:rag & bone色入り白スニーカーの意外性が グラデトーンにメリハリを "普通"のグラデコーデにもの足りなくなったら、足もとにちょっとしたインパクトを。カラー入りのスポーティで遊びあるデザインが、ボアコートをドレスダウンしてくれる。コートは肩落ちのどこかゆるっとしたフォルムで、ロング丈でも重く見えないのがうれしい。 コート¥75,000/サードマガジン 靴¥37,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン) デニムパンツ¥27,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥69,000/バーニーズ ニューヨーク(アグメス) バッグ¥115,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ)Style 4. オフホワイトコート×白コンバース 真冬のホワイトは、着る人自身を引き立てる。リッチなシルク混のコートに、キャンバス地のスニーカー。そのさじかげんに大人の余裕が。COAT:Drawer SNEAKERS:CONVERSE素材のニュアンスを重ねて とびきり華やかなホワイトコーデに! エレガントなオフ白コートは、まさに"とっておき"な気持ちになれる一枚。ブーツの代わりにハイカットの白コンバースを合わせ、力の抜けたスタイルに昇華。インも淡色でまとめつつ、質感の差を楽しんで。コート¥140,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) ニット¥89,000(アーチ ザ)・パンツ¥34,000(シャイナ モート)/アパルトモン 青山店 ストール¥35,000/カオス表参道(リヴィエラ) ピアス¥33,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥216,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 【Marisol12月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ヨンア②真冬に愛らしく映える!アイボリーのピーコート着回し3days着回したコートはコレ!オーバーサイズピーコート 沈みがちな冬の着こなしに、明るさを与えてくれるアイボリーのピーコート。その顔映え効果をオーバーサイズでリッチにまとって。コート¥200,000/マディソンブルー Day1オーバーサイズのPコートを主役に王道のフレンチシック着こなしを、こなれ印象のアースカラー配色で私らしく!  コート¥200,000/マディソンブルー パンツ¥31,000/オンワード樫山(ベイジ,) ニット¥18,000/アンクレイヴ バッグ¥120,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) 靴¥26,000/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ) 帽子¥13,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(キジマ タカユキ* ミキア フォー ユナイテッドアローズ) ピアス¥23,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ネックレス¥20,000・太リング(左手)¥210,000・3連リング(右手)¥135,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)Day2外出先ではアイボリーのピーコートで顔映え効果を狙って。コートを脱いでもシアーニットとコインネックレス、ツヤスカートでトレンドコンシャスに。スカートは裏ゴム仕様で長く座っていてもラクチン&スルンとした素材でシワになりにくい! コート¥200,000/マディソンブルー スカート¥17,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) ニット¥18,000/アンクレイヴ バッグ¥34,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥35,000/アマン(ペリーコ サニー) ブレスレット¥5,900/シップス 有楽町店(エーヴィーマックス) ネックレス¥20,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)Day3優雅に見えるレーススカートは、ニュアンスカラーのニットや温かみのあるアイボリーコートで品よくまとめて。 コート¥200,000/マディソンブルー スカート¥48,000/インターリブ(サクラ) ニット¥18,000/アンクレイヴ ネックレス¥39,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) バッグ¥240,000・靴/靴¥72,000/ジミー チュウ 【Marisol2021年1月号掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/ヨンア③色は軽やかな「白~淡カラー」が新鮮!【おしゃれプロのコートKeepリスト】■白~淡カラー こっくりブラウンのトレンドが少し落ち着き、冬の街にパッと映える、白やアイスグレー ~ミルキーベージュなどの淡めカラーが続々登場。しゃれ感とリッチ感を同時にかなえて。uncraveマリソル 副編集長 SGUR Keep!エディター 東原妙子さんKeep! 「トラッド好きにはたまらないダッフル。買いやすい価格なので、思いきって白に!」(SGUR)。「撥水加工もポイント」(東原さん)。コート¥36,000/アンクレイヴ ニット¥42,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(カレンテージ) スカート¥21,000/カオス表参道(カオス) ストール¥80,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア エリス) ピアス¥4,800/ジューシーロック ブーツ¥120,000/リエート(サントーニ) バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) グローブ/スタイリスト私物Drawerスタイリスト 池田メグミさんKeep! 「シルク混のほんのり光沢のある白がエレガント。Vネックもありそうでないデザイン。タートルニットと合わせたい」。コート¥140,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)GALLARDAGALANTEスタイリスト 吉村友希さんKeep! 「柔らかなベージュのショールコートは、カシミア混で肌ざわり抜群。リバー仕立てで抜け感が出せそう」。コート¥150,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ)YLÈVEスタイリスト 高橋美帆さんKeep! 「チェスターコートでも、ほどよく甘さを感じるあいまいカラーが今の気分。レザーパンツなどで辛さをミックスして着こなしたい」。コート¥89,000/アングローバル(イレーヴ)LOEFFマリソル 編集 Y本 Keep! 「細いラペルや右前のデザインなどユニセックスなディテールが好み。グレーのような、ニュアンスあるオリーブ色がなんとも絶妙」。コート¥90,000/ロエフ 六本木店(ロエフ)THIRD MAGAZINEエディター 磯部安伽さんKeep! 「もともと白のコートが大好き。こちらはカジュアルにバサッとはおれて、ほどよくモードな雰囲気もあるのがいい。デニムと合わせたい!」コート¥85,000/サードマガジン(ESP)AURALEEマリソル 編集 CHN Keep! 「パテントのような光沢感に惹かれて。ウールやニットなど重め素材の多い冬コーデに、新鮮なニュアンスを与えてくれそう。リバーシブルもうれしい」。コート¥110,000/オーラリー【Marisol11月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ④かぶり買いNo.1のリバーコート&スマート見えダウン|おしゃれプロのコートKeepリスト■リバーコート 肌 寒くなってきた秋の初めからサッとはおれるような、驚くほどふわりと軽やかなリバーコート に指名が集中! 色み、シルエット、素材、すべてにおいて妥協なしの、3ブランドの名品はこちら。1)ebureエディター 塚田有紀子さんKeep! スタイリスト 池田メグミさんKeep! 「エブールのコートはどれを選んでも間違いない。この一枚でおしゃれが成立する、仕立てのよさとしなやかな素材感に惚れました」(塚田さん)。「淡いベージュの上品な色出しは、さすがのひと言!」(池田さん)。コート¥99,000/エブールギンザシックス2)Chaos スタイリスト 徳原文子さんKeep!エディター 坪田あさみさんKeep! 「ずっと黒のコートを探していて、シンプルで飽きのこないデザインと軽やかな素材に惹かれ即決」(徳原さん)。「こちらのモカ色をオーダー。袖がラウンドしたフォルムなので、一枚でしゃれて見える!」(坪田さん)。コート¥67,000/カオス表参道(カオス)3)N.O.R.C by the line エディター 発田美穂さんKeep!エディター 伊藤真知さんKeep! 「デザイナー斉藤くみ氏の"ロングカーデ感覚ではおって"というひと言に納得。コーデの幅が広がりそう!」(発田さん)。「今季もブラウン気分は続行。ワンサイズ上げてゆるっと着たい」(伊藤さん)。コート¥37,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン)■ダウン 中綿、外にも着ていけるインナーダウンなど、洗練度が上昇中。2枚目ダウンとして、デザイン性のあるものを選ぶのも一手。muller of yoshiokuboマリソル 編集 ROMI Keep! 「ありそうでなかった、中綿でダッフル、そして明るいベージュという組み合わせにひと目惚れ。縦長の大きめポケットも可愛い!」コート¥68,000/ミュラー オブ ヨシオクボtheory luxeマリソル 副編集長 SGUR Keep! 「コートのインに仕込んでもいいし、アウターとしても成立するきれいめデザイン。シルクウール素材が上品」。コート¥68,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス)TANAKAエディター 陶山真知子さんKeep! 「ボリューム感のあるロング丈ながら、トレンチ風で都会的な雰囲気。なにより軽くて気軽にはおれそうなのがいい」。ダウンコート¥130,000/ウィム ガゼット青山店(タナカ)PYRENEXマリソル 編集長 イシダKeep! 「上半身がすっきり見えるコンパクトなシルエットがモダンで大人向き。シックな深いネイビーも素敵」。ダウンコート¥65,000/グリフィンインターナショナル(ピレネックス)DUNOマリソル 編集 MDR Keep! 「胸下までスムースな面になっているので、通勤にも着ていけそう。マキシ丈スカート合わせてカジュアルに着ても」。ダウンコート¥85,000/トヨダトレーディング プレスルーム(DUNO)⑤人気が加速中の短め丈コート&進化したトレンチ風コート|おしゃれプロのコートKeepリスト■短め丈コート マキシ丈やボリュームあるスカートの流行を受け、短め丈コートの人気も急浮上。短めといえど、おしりが隠れるくらいのほどよい丈感のものが多いのもポイント。AURALEEスタイリスト 池田メグミさん Keep! 「スカート+ロングブーツ合わせでクラシカルに」。コート¥120,000/オーラリー ニット¥26,000/カオス表参道(カオス) スカート¥17,000/アンクレイヴ サングラス¥33,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥4,500/エリオポール代官山(サンデーガール) バッグ¥45,000/ジャンニ キアリーニ銀座店(ジャンニ キアリーニ) ストール¥59,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(アソース メレ) ブーツ¥86,000/アマン(ペリーコ)uncraveエディター 発田美穂さんKeep 「シルエットが少しコクーン風になっていて、王道ネイビーのピーコートが新鮮な印象! 厚手のニットと合わせてもすっきり見え、着回し力も高いと確信」。¥34,000/アンクレイヴMADISONBLUEエディター 坪田あさみさんKeep! 「ボリューム袖のニットやシャツと合わせるため、ポンチョに挑戦予定。リバーシブルで、反対側はブラウンレザーのトリミングが可愛い」。コート¥490,000/マディソンブルーebure for Ron Hermanエディター 三尋木奈保さんKeep! 「去年のロンハーマン別注がとても活躍したので、今年も注目。甘くなりすぎない、スクエアなシルエットが秀逸」。コート¥89,000/ロンハーマン(エブール フォー ロンハーマン)MACKINTOSHマリソル 編集 MDR Keep! 「ブラウンの色みと、コロンと丸いボタン、小さめの襟にひと目惚れ。今季だけでなく長く愛せそう」。コート¥123,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マッキントッシュ)INSCRIREエディター 野崎久実子さんKeep! 「ここ数年ロングコートばかり着ていたので、気分を変えたくてショート丈に。大人でもさらっと着こなせそうなセーラーカラーがお気に入り」。コート¥69,000/アマン(アンスクリア)Chaosエディター 発田美穂さんKeep! 「冬もマキシスカートをガンガンはく予定。この絶妙な腰丈のコートなら、マキシとのバランスがぐっとフレッシュになりそう!」ジャケットコート¥58,000/カオス表参道(カオス)■トレンチ風コート トレンチ風デザインのロング丈コートも今季豊富。ワークテイストを、秋冬コーデの引き締め役に!styling/編集 TTK Keep! 「オーバーサイズなので、ボリュームニットと合わせて」。コート¥61,000/スタイリング/新宿ルミネ1 店(ケイ シラハタ) ニット¥28,000/スタンブリー シャツ¥13,000/アンクレイヴ スキニーデニム¥23,000/ロンハーマン(RHヴィンテージ) ピアス¥30,000/イセタンサローネ 東京ミッドタウン店(カラット アー) バッグ¥36,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) レザースニーカー¥69,000/リエート(サントーニ)VACHEMENTエディター 磯部安伽さんKeep 「コートブランド・ヴァシュモンのカオス別注カラー。ミリタリーテイストなのに、カジュアルすぎず大人っぽく着こなせそう」。コート¥52,000/カオス表参道(ヴァシュモン×カオス)STUMBLYスタイリスト 池田メグミさんKeep! 「スタンブリーは2020年AWからスタートした新ブランドで、個人的に注目中。トラッド好きな大人に向けているだけあって、ディテールが巧み!」コート¥79,000/スタンブリーuncraveスタイリスト 松村純子さんKeep! 「上質なツイードのトレンチで、この価格はすばらしい。はおった時のシルエットも美しく、ブラウンにも黒にも合いそうなダークグレーの色みも好き」。コート¥37,000/アンクレイヴ【Marisol11月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ⑥“好き”が加速するコート|おしゃれプロの「これ買っちゃいました」圧倒的な存在感で冬のおしゃれが完成■コート 特筆すべきNEWSが少ないぶんベーシック派もトレンド派も、自分の"好き"が選択の基準に。1)CHAOSのスーペリアウールマキシコート マリソル編集Y本推薦 「「長さもあり、立体的なボリュームフォルムが今っぽい。襟腰もない一枚仕立てだからサラッとまといたい」。コート¥67,000/カオス表参道(カオス)2)LISIEREのチェック柄ロングコート スタイリスト池田メグミさん推薦スタイリスト福田亜矢子さん推薦 「ハンサムなグレンチェックのコート。ショールカラーのロング丈で、レディな一面とのギャップ萌え」(池田)。コート¥120,000/アパルトモン  青山店(リジエール)3)BARBOURのオイルコーディングコートスタイリスト福田麻琴さん推薦 「ワックス仕上げのメンズライクな雰囲気に惹かれて。内側のチェック柄が可愛い」。コート¥56,000/バブアー 銀座店(バブアー)  4)OLD ENGLANDのダッフルコートエディター湯澤実和子さん推薦 「オーセンティックなデザインとカシミア100%の上質感、そしてなにより軽いのがいい。薄手でも暖かく、着心地が柔らかい」。コート¥220,000/三喜商事(オールド イング ランド)5)EMMETIのライダース マリソル 副編集長SGUR推薦 「コンパクトなサイズ感となめらかな質感がちょうどいい。上品なカラーに惹かれて」。ライダース¥105,000/インテレプレ(エンメティ)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子▼あわせて読みたい
  • 「MAQUIA」2月号では、美容家の石井美保さんがなりたい肌に導くためのアイテムをナビゲート。大人の肌にもしっかりアプローチする、ハイスペックな化粧水&オイルを紹介します。 石井美保さんが「なりたい」肌にオススメのアイテムをナビ 大人の肌に必要なのは美容液級化粧水と底上げオイル Miho Ishii美容家・トータルビューティサロン「Riche」主宰。豊富な美容知識を生かしたメイクレッスンやパーソナルコンサルティングなどを行い、多くの女性を美肌に導いている。エイジレスな美貌から"奇跡の44歳"とよばれ、今美容界で最も注目を浴びる美容家としてメディアにも引っ張りだこ。『一週間であなたの肌は変わります』(講談社)も美容本では異例の大ヒット中。“理想はよどみも濁りもない肌。それをかなえてくれるのが美容液級化粧水と底上げオイル”―― Miho Ishii「自分に合うものが分からない」という声も多いのですが、まずは自分の肌と向き合い、どうなりたいのか目的を絞ることで、今自分に必要なものが見えてきます。やみくもにあれこれ試すのではなく、ちゃんと効くものを厳選して、それを信じて使うこと。そうすればきっと肌は応えてくれます。今、まるで美容液のような手応えを感じられる“美容液級化粧水”や、ただ油分を与えるだけでなく肌力を高めてくれる“底上げオイル”がたくさん登場しています。高価なものも多いけれど、シンプルステップでしっかりと高い効果が得られることを思えば、コスパがいい。“これさえあれば立て直せる”というアイテムを投入することで、確実に手応えを感じることができるから、“スキンケアって楽しいな”と思えるはず。ご紹介のアイテムは、私が効果を実感したものばかり。ぜひ自分に合う1品を見つけてください。“水”で潤いを巡らせる美容液級化粧水「化粧水として潤う力が高いのはもちろん、ひとつで美容液や乳液的な力を発揮する、もはや化粧水の域を超えた“美容液級化粧水”。くすみやすい私も、これらで肌が満タンになり透明感を保てます」 ポーラB.A ローション肌の奥に眠っている美しさを引き出す先進技術を搭載。とろみ感触に癒やされる。120ml ¥20000 (右)SENSAI ASマイクロ ムース トリートメント s化粧水のみずみずしさと美容液の濃密な潤いを併せ持つ炭酸泡のローション。90ml ¥18000/カネボウ化粧品 (左)KANEBOオン スキン エッセンス V瞬時に肌表面に保湿ベールを形成。乾燥から守る。100ml ¥10000/カネボウ インターナショナルDiv. 生き生きとしたオーラをまとうために底上げオイル「美しい肌に油分は必須。さらに内側からムチッとつややかな厚みを出してくれるのが“底上げオイル”です。ブースターにしたり、クリームに混ぜたりして使っています」 ディオール プレステージマイクロ ユイル ド ローズ セラム洗顔後の肌に、特別なローズのパワーを注入。30ml ¥28000/パルファン・クリスチャン・ディオール (右)ロクシタン イモーテル ディヴァインインテンシヴオイルあらゆるエイジング悩みに。さらっと肌に吸い込まれるように浸透。30ml ¥12300/ロクシタンジャポン (左)SHIROニーム オイルインセラム優れた美容効果を発揮するニームを配合。使用前に2層を振り混ぜるとリッチな感触に。30ml ¥16000 1日中くすまない肌へと仕上げるため、朝食は胃腸に負担のない温スープを。巡らせる生活で、夜の自撮りもくすみ知らず。 MAQUIA 2月号撮影/天日恵美子(石井さん分) 山口恵史(物) ヘア/大野朋香〈air〉 スタイリスト/青木宏予(石井さん分) 山本瑶奈(物) モデル&メイク/石井美保 取材・文/藤井優美〈dis-moi〉 構成/村岡真知子(MAQUIA) ※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。
  • カサカサになった肌と心を潤してくれるのはやっぱりパワフルで心地よいスキンケア。今月は「コスメ使い始め」にふさわしい1月発売の新作スキンケアコスメを特集。2回目は、美容ライター・北林がセレクトした”効き目実感”コスメをご紹介します! 高い保湿力でキュッと肌を引き上げる! ジェル感触の化粧水「とろみのあるテクスチャーなのですが、肌残りすることなく、素早く肌に浸透。微量元素やビタミン、アミノ酸を豊富に含むアルファルファや、マグネットのように水の分子を引きつける有用成分などが、頼れるスキンケア効果をしっかり発揮する化粧水。使い続けると、ハリや弾力が整い、顔色まで明るくなる感じです」(北林) ル リフト ローション 150㎖ ¥8,500/シャネルシャネルの公式サイトはこちらうるおい補給と最先端のシミ・くすみケアが同時にできるマスク「頑固なシミへとつながる肌の奥の”メラニン溜まり”に、しっかり働きかける美白有効成分コウジ酸配合の速攻集中マスク。ストレッチ性のあるシートを、少し上に引き上げながらつけるので、透明感はもちろん、うるおいやハリ感への手応えも感じます。これから春先に向けて、早めにシミ・くすみケアを取り入れたいという人にもぴったり!」(北林) ホワイトロジスト ブライトニング マスク [医薬部外品]17.5mL×6枚入  ¥10,000 /コスメデコルテ コスメデコルテの公式サイトはこちら美容成分として名高い「アルガンオイル」のパワーを堪能できる美容液「高いうるおい効果で知られるアルガンオイルはもちろんのこと、アルガンオイルを酵母により150時間も発酵させ、肌のバリア機能やハリ感を高める『発酵アルガンオイル』、新陳代謝を高める『発酵ベリーエキス』と、パワフルな美容成分をたっぷり配合した美容液。肌を総合的に底上げしてくれるような実感があり、乾燥はもちろんのこと、ハリのなさやキメ改善などにもおすすめです」(北林)アルガン ビオアクティブ セラム 30㎖ ¥7,800/メルヴィータ ※2021年1月20日発売メルヴィータの公式サイトはこちら美容愛好家 野毛まゆり美容愛好家 野毛まゆり外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。美容ライター 北林道子美容ライター 北林道子大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。「お悩みずばっと解決!美容塾」は、毎月5日・15日・25日に配信予定です。 イラスト/野毛まゆり
  • 秋冬からファッショントレンドにカムバックしている“ミニスカート”。その流れは今年のSSまで継続! ミニスカートの代名詞といえば、60's〜70'sのファッションアイコン・ツイッギー(71)。彼女のようにハイソックスを合わせれば一気にレトロな雰囲気に。そしてミニ丈にトレンドのロングブーツを合わせたり、カジュアルにスニーカーを選んだりなど、幅広いスタイリングを楽しめるのも、ミニ丈ならでは! photo : Aflophoto : Getty Images そんな永遠のおしゃれアイコン・ツイッギーや、ケイト・モス(46)のスタイルを振り返りながら、ブーム再来でいち早くミニスカートを取り入れるセレブリティたちをピックアップ! 小花柄のスカートとシンプルなスニーカーでレトロ&スポーティを演出するエミリー・ラタコウスキー(29)や、上下を淡いカラーリングでまとめ、黒のシューズでスパイスを投入したケンダル・ジェンナー(25)。チェック柄スカートでスクールガール風にまとめたイリーナ・シェイク(35)やデュア・リパ(25)など。おしゃれセレブのミニスカートスタイルを着こなしのヒントに。ホワイトドレスにレイヤードしてphoto : Aflo60's〜70'sのレトロスタイルといえば、ツイッギーのスタイルが象徴的。程よい透け感がイノセントな魅力を放つミニ丈ホワイトドレスを主役に、同カラーのミニ丈スカートの裾を少しだけのぞかせて。コーディネートのカラーポイントには赤のフラットシューズをセレクト。王道のミニスカートにゴージャスなファーを添えてphoto : Getty Imagesファッションアイコンとして忘れてはいけないのがケイト! ロンドンのファッションウィーク中に自然史博物館で開催されたデザイナーズ・オブ・ザ・イヤーに出席したときのこと。コンサバティブなグレーのミニスカートに、ボリューミィなファーコートを羽織って、際立つ存在感を発揮。手を繋ぎながら歩くナオミ・キャンベル(50)は、ブルーを基調としたポップなチェック柄のセットアップをまとい、同色系のサイハイソックスを合わせるなど、ケイトとは異なるミニスカートの着こなしを披露した。レディなムードが漂うスカートをアレンジ!photo : Getty Imagesニューヨークの街を颯爽と歩くエミリー。光沢感のあるブラウンシャツを小花柄のレトロなスカートと合わせ、スニーカーでカジュアルダウン。胸元やウエスト部分で肌を見せ、こなれた雰囲気を表現するのがエミリー流!シャツ:ミャウ(Miaou)スカート:リアリゼーション パー(Realisation Par)サングラス:ヴェルサーチェ(VERSACE)ペンダント:ファウンドレイ(FOUNDRAE)バッグ:カロリーナ・サント・ドミンゴ(CAROLINA SANTO DOMINGO)スニーカー:ニューバランス(NEW BALANCE)肌馴染みの良いクリームカラーをまとってphoto : Afloミニ丈を好んでよく着用しているエミリーはこの日、ベージュのジャケット&スカートで、シンプルかつモードなムードを放った。ブランドはエミリーがプロデュースしているイナモラータ(INAMORATA)からピックアップ! インナーを着ずに素肌を見せるのが、エミリーの鉄板テクニック。白のスニーカーはお気に入りのベジャ(VEJA)を選択。ジャケット、スカート:イナモラータ(INAMORATA)スニーカー:ベジャ(VEJA)スタンダードな色を味方にphoto : Afloケンダルはミニ丈スカートにくるぶし丈ソックスとマニッシュな黒シューズを合わせて、自慢の美脚を大胆に活かしたコーディネートに。一見するとノーマルなVネックラインのホワイトニットは、ロゴ入りを選ぶことでストリート感を薫らせて。アクセサリーもシンプルなゴールドのピアスのみとし、削ぎ落とされたシンプル&モダンなスタイルを披露。ブルー×ブルーの色合わせを楽しんでphoto : Afloベラ・ハディッド(24)はボリュームのあるプリーツのミニスカートで、珍しくガーリーなムードを演出。透け感のあるテキスタイルのブルーのトップスを選び、カラーリングを統一した。白ソックス×スニーカーと足元がカジュアルな分、ネックレスのレイヤードやゴールドのフープピアス、ヘアクリップといった小物でアクセントを。スニーカー:トラヴィス スコット×ナイキ(Travis Scott×NIKE)サングラス:ダミーバイダミー(DMY BY DMY)定番のテーラードジャケット×ミニスカート!photo : Instagram(@kaiagerber)ネクストファッションアイコンとして注目されるカイア・ガーバー(19)は、定番のテーラードジャケットと同色のミニスカートを合わせながら、クロップド丈のトップスをインナーに選んで、こなれた肌出しスタイルを完成させた。シックさと遊び心が混ざった絶妙なルック。そしてヘアカラーリングもいち早くトレンドを押さえておしゃれ! 両サイドに入ったピンクカラーで洒落感がグッとアップ。モードなモノトーンルックがお気に入りphoto : Instagram(@sistinestallone)ミニスカートをモードに、モノトーンで着こなすシスティーン・スタローン(22)。白シャツをミニスカートにインし、自慢の美脚が際立つ。黒のカーディガンでよりコントラストの効いたスタイルに。足元はタフな印象を与えるブラックのレースアップブーツをピックアップ。ハンサムなミニスカートスタイルへphoto : Afloグレンチェック柄のオーバーサイズジャケットが、マニッシュな雰囲気に誘う。エルザ・ホスク(32)はジャケットと同じ丈感のミリタリースカートを合わせて“ミニスカート”の甘さをクールに変換。どちらもミュウミュウ(MIU MIU)のもの。ジャケット、スカート:ミュウミュウ(MIU MIU)ブーツ:セリーヌ(CELINE)バッグ:ディオール(DIOR)ロンドンガール風のレトロさが滲むphoto : Afloニューヨーク市内を散歩中のイリーナ。黒フーディとチェック柄スカートでロンドンのスクールガール風の着こなしに。ユニセックスなアイテムとして人気のフーディに、ベージュのチェック柄スカートをセレクトし、甘さも薫る計算上手なスタイリングに仕上げた。レザーのブラックシューズやバッグまで、すベてバーバリー(BURBERRY)をチョイス。フーディ、スカート、シューズ、バッグ:バーバリー(BURBERRY)タイツ:カルツェドニア(Calzedonia)イヤリング:ジェニファーズーナー(JENNIFER ZEUNER)バーバリーのチェック柄スカートに視線集中?photo : Afloマンハッタンの街を歩くデュアをキャッチ。イリーナとツインズコーディネート?と思うほどカラーリングが似ているけれど、なんとスカートは同じくバーバリー(BURBERRY)! デュアはよりボーイズライクに、モノグラムプリントのダウンベストをプラスした。セレブたちの間で、バーバリーのチェック柄スカート被りはまだまだ起きそうな予感!スカート、ダウンベスト、バッグ:バーバリー(BURBERRY)シューズ:ヴェルサーチェ(VERSACE)リング:ホットリップス バイ ソランジェ(Hotlips by Solange)ヴィンテージライクなスウェットが大活躍photo : Instagram(@madisonbeer)マディソン・ビアー(21)は、アメリカンポップなプリント柄が施されたスウェットシャツをコーディネートの主役に。プレイフルな魅力が伝わるオーバーサイズのスウェットから、黒のミニスカートを少しだけのぞかせるバランスが◎。アニマル柄のバッグでスパイスを効かせながら、足元も白スニーカーでとことんカジュアルに振り切った。スニーカー:ナイキ(NIKE)スポーティに着るタイトミニスカート!photo : Instagram(@maddieziegler)ユニセックスなビッグTシャツにあえてフェミニンなタイトミニスカートを合わせて、スタイルバランスを調整したのは、マディー・ジーグラー(18)。センシュアルなタイトミニにスポーティの要素を足せば、一気にファッショニスタの風格が漂う! 赤のTシャツとスニーカーの色合わせもおしゃれのコツ。ボディコンシャスなタイトミニで色っぽくphoto : Afloロサンゼルスのダウンタウンでオリヴィア・カルポ(28)をキャッチ。スタイリングの幅が広がるホワイトのボウタイブラウスにオリヴィアが選んだのは、モードなタイトスカート。ポインテッドのピンヒールパンプスを履いて、足元まで上品さを意識。ディープグリーンのプリーツスカートが新鮮!photo : Afloニューヨーク市内で愛犬とともにショッピングを楽しむゾーイ・クラヴィッツ(32)もミニスカートを愛用。スクール服のように見えがちなミニ丈のプリーツスカートも、シックなディープグリーンをセレクトすれば、大人の遊び心が薫る旬のスタイリングに落とし込める。オールホワイトに、エッジを利かせてphoto : Afloジャックムス(JACQUEMUS)のシャツとデニムスカートで、オールホワイトコーディネートを披露したベラ・ソーン(23)。ベラらしくシルバーのチョーカーやチェーンネックレス、ペンダントを重ね付けして、シンプルすぎないスタイルに仕上げた。ネイビーのミニバッグでカラーアクセントも抜かりなく!シャツ、スカート、バッグ:ジャックムス(JACQUEMUS)モード派のバディは、ブラックレザー!photo : Afloニューヨーク市内をクールなモノトーンコーディネートで颯爽と歩くのは、アドリアナ・リマ(39)。タイムレスに愛用できるテーラードジャケットに、ブラックレザーのミニスカートで洗練されたミニマルルックを披露。オールバックヘアにまとめ、ハンサムなオーラをますます加速!バッグ:ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)赤×パープルのボーダーでポップさを投入photo : Instagram(@alexachung)赤×パープルの配色がプレイフルなボーダーのカーディガンをまとい、お茶目なポージングを決めるのは、不動のおしゃれアイコン、アレクサ・チャン(37)。自身がプロデュースするブランド・アレクサチャン(ALEXACHUNG)でトータルコーディネート! モードなブラックレザーのタイトミニに鮮やかなカーディガンをインすれば、メリハリもばっちり。マニッシュなローファーを合わせるところがアレクサらしい。カーディガン、スカート、ローファー:アレクサチャン(ALEXACHUNG)濃淡ブラウンとブラックの巧妙な色合わせphoto : Afloニューヨーク市内でショッピング中のシャーロット・マッキニー(27)。キャメルのトレンチコートとバッグを同カラーで統一しながら、クロップド丈のハイネックトップスや、スカートをブラックで揃えることで、全体のカラーバランスがグッと引き締まる。ブラウンのカーフブーツはトニービアンコ(Tony Bianco)より。トレンチコート、ハンドバッグ:コーチ(COACH)ブーツ:トニービアンコ(Tony Bianco)オールブラックの差し色に、ピンクをセレクト!photo : Aflo国際弁護士、双子の母、ファッションアイコン、そしてジョージ・クルーニー(59)の妻と、様々な顔を持つアマル・クルーニー(42)のエイジレスな美貌と圧巻のボディスタイルに驚く! ラウンドネックの上品なブラックコートに、ミニスカートや小物まで黒で統一。スタイリングのポイントにピンクのトップスを取り入れることで、一気に華やかに見える。王道のシャツとミニスカートなら、あくまで上品にphoto : Aflo新恋人のエミリオ・ヴィトロ・ジュニアと仲良く手を繋ぎ、お揃いのカーキのマスクを付けてニューヨーク市内をデート中だったケイティ・ホームズ(42)をキャッチ。水色のストライプシャツに褐色系のエレガントなスカートを合わせて、大人のミニスカートルックを披露。
  • デジャヴュ、ケイト、ブリリアージュ、ディオール。人気コスメの新作アイメイクアイテムをご紹介。目もとを華やかにして春の訪れを感じて♡ 1/15  FRI.発売 【dejavu】「くすみ感のあるラベンダーで目尻に洒落たニュアンスをオン」(編集U) 楕円芯で太めラインも繊細なはね上げも自由自在。なめらかな描き心地。デジャヴュ ラスティンファインE クリームペンシル ダークラベンダー ¥1200/イミュ(限定品) 2/1  MON.発売 【KATE】「シャドウで瞳を縦に拡張!これまでにないデカ目印象に」(ナベ嬢) 下まぶたを強調、目を下に大きく見せ、頰の余白を埋めることで小顔効果が。ケイト パーツリサイズシャドウ 全8種(写真はRD-1) ¥1200(編集部調べ)/カネボウ化粧品 2/1  MON.発売 【BRILLIAGE】「繊細な繊維がからみついて自まつげ級の自然な仕上がりに」(編集長Y) ダマになることなく、ひと塗りで上向きのロングまつげに。汗や涙にも強い処方。ラッシュデザイナー・ビルドアップマスカラ ロングタイプ ¥4600/ブリリアージュ 2/11  THU.発売 【Dior】「春の訪れを告げるさくら色のパレットにキュン♡」(編集MH) 満開の桜にインスパイアされたパレットで、フェミニンな目もとを演出。サンク クルール クチュール 849 ¥7600/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定品) 撮影/久々江満 取材・原文/野崎千衣子 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • 1月2日発売のパウダーブラッシュはなんと限定ポーチ付き!コロナでマスク着用するようになっても いつもチークは欠かせない派です ラデュレのチークが気になっていたところ なんと限定でかわいいポーチが ついてくるというお得なセットを発見✨ 新年早々にとても嬉しい気分 チークは14番のラデュレです。 このセットはポーチだけでなく パウダーファンデーションのサンプルと ローズエッセンスデイクリームの サンプルも付いてきます! ポーチはミラー付きで 18×10×5のサイズです ブルーを基調にしたバラ柄が かわいいです オンラインショップでは まだ限定販売中のようです! インスタもよろしくお願いします❤️ Instagram → manamii_s_favNo.195 manamii
  • 手に取って眺めれば、あるいは身につけると、不思議と気持ちがなぐさめられて、ほんの少し勇気がわいてくる。そんなブローチの特別な魅力は、アーティスト・塩塚モエカの個性にもつながって。 おとぎ話のプリンセスが身につけていたような、まばゆく輝くスノーフレーク。ダイヤモンドの繊細なセッティングが、塩塚が紡ぐ センシティブな世界観と重なる。 ダイヤモンドブローチ〈Pt、WG、DIA〉¥14,040,000、イヤリング〈YG、WG、DIA、ラピスラズリ〉¥2,160,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル) 襟つきの赤いミニドレス¥301,000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス) デザイン違いのパールのブローチをリズミカルに並べれば、いつもの風景が少し違って見える。 ブローチ(上から)〈あこや真珠、WG、DIA〉¥653,000、〈あこや真珠、WG、DIA、オパール〉¥480,000、〈あこや真珠、SV〉¥69,000、〈あこや真珠、WG、DIA〉¥424,000、〈あこや真珠、WG、DIA〉¥710,000、リング〈あこや真珠、WG〉¥72,000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) カーディガン¥150,000、花柄ブラウス¥110,000/ブラミンク デニムパンツ¥24,000/オーラリー 弧を描きながら伸びるゴールドの茎と、鮮やかに咲く一輪の赤い花。花言葉は知らないけれど、これを耳もとに飾るのは私が少し強くなるためのおまじない。 髪飾りにしたブローチ〈YG、シルク〉¥430,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ジャケット¥88,000、シャツドレス¥52,000/オーラリー しなやかな強さを象徴するモチーフをカフリンクスのようにあしらう。ブローチの楽しみ方は、思うよりも自由! ライオンモチーフのブローチ〈YG、DIA〉¥2,230,000、ブローチにもなるコメットのペンダントトップ〈WG、DIA〉¥2,910,000、リング(上から)〈WG〉¥142,000、〈YG〉¥131,000、〈WG、DIA〉¥345,000、ミニドレス、中に着た白いブラウス(ともに参考商品)/シャネル 聴く人の日常に寄り添う、お守りみたいな音楽を作りたい 「ブローチって、かわいいですね。ひとつつけるだけでお洋服の見え方が変わるし、気持ちもパッと明るくなる感じがするというか。それに作りがすごくきれいだから、眺めているだけでポジティブになれるというか……守ってくれそうですよね」 撮影終了後、ポツポツと、少しハスキーな声でそう語ってくれた塩塚モエカさん。彼女はスリーピースロックバンド「羊文学」のギターボーカルで、全曲、作詞作曲も担当する。12月に発売されたばかりのニューアルバム『POWERS』もそうだ。 「このアルバムは、聴いてくれる人の『お守り』みたいな存在になればいいなと思って作りました。2020年はコロナでいろんなことが変わってしまったけど、私にとっては大学を卒業してひとり暮らしを始めた年でもあって。部屋の中にずっとひとりでこもって、でもネットを見るとその間に世界はどんどん動いていて。何かよりどころ……ちょっとした『光』みたいなものがほしい、そう思って、お守りというテーマに行きついたんです」 彼女が紡ぐ言葉は、ふんわりとやわらかい。それでいて、聴く人の感情をゆさぶる何かがある。 「私は曲を作って、声を出してそれを歌う立場にあるので、自分自身が本当に思ってることじゃないと表現しづらい。たとえば、今回のアルバムの中の『powers』という曲。作ったのは’19年なんですが、コロナ後に聞いてみると歌詞がなんだかしっくりこなかった。〝もっと頑張って、声をあげれば未来は変わる〟と思って作った曲だけど、’20年、自分自 身いろんな葛藤を経験しました。そしたら『未来は変わる』じゃなくて、『変わるかもね』かなって。激励っていうよりも、もう少し軽く『いけんじゃない?』みたいな。そういうふうに捉え直して、歌詞を書き直してみたんです」 押しつけのないやさしさと強さは、今の時代にもっとも必要とされているものかもしれない。これからの活動について尋ねると、静かな意欲をのぞかせた。 「先日VRやCGを使ったオンラインフェスに出演したのですが、特にライブについては新しいことに挑戦していきたいですね。音楽全体のことでいうと……なんていうか、音楽が暮らしに溶け込んだらいいなって。たとえば映画だと、まるごとそっちの世界に自分が移ることになるけど、音楽は自分の世界にいながらにして、世界の見え方を少しだけ変えることができる。そこがすごく面白い。これからも聴く人の日常に寄り添う音楽を作っていきたいと思っています」 Moeka Shiotsuka 1996年生まれ。繊細かつ力強い楽曲を、透明感ある歌声と浮揚感あるパフォーマンスで表現。初のメジャーアルバム『POWERS』をリリース。2021年1月から3都市+オンライン公演のライブツアーを予定。https://www.hitsujibungaku.info/ ※この特集中、以下の表記は略号になります。Pt(プラチナ)、WG(ホワイトゴールド)、YG(イエローゴールド)、DIA(ダイヤモンド)、SV(シルバー) JASRAC 出 2009310-001 SOURCE:SPUR 2021年2月号「ブローチは歌う」model & calligraphy: Moeka Shiotsuka photography: Saki Omi 〈io〉 styling: Naomi Shimizu hair & make-up: kika
  • ボリュームが落ちてきた髪へのアプローチとしてもベター【FRONT】【SIDE】 【BACK】"ハイレイヤー×ハイトーン×パーマ"で華やかさと、いきいきとした印象づけができるボブ。トップ〜鼻下まで入れたレイヤーと、前上がりに設定したフェイスラインのカットでぺったりせずにボリューム&ニュアンスが。顔色が明るく見えるようアッシュベージュでカラーを、簡単にスタイリングできるようにデジタルパーマを全体に。シンプルな服装でも高見えするルックが完成。DATA量/多太さ/細硬さ/柔クセ/強 担当サロン/Belle omotesando【Marisol3月号2020年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL) メイク/サユリ(nude.) 藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・文/野崎千衣子(ショート、ミディアム、ロング)浦安真利子(ボブ)構成/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶
関連キーワード

RECOMMEND