この夏のトレンド3アイテムを"大人仕様"で着こなす方法とは?

Marisol ONLINE
松村純子

松村純子

女っぷりカジュアル派

Q.SHORT PANTS

子供っぽくならず上品に、ショーパンをはくには?

A.短すぎない膝丈で、ふんわり広がらないストレートシルエットを。リネンなどの上質素材がおすすめ(松村)

「トップスには、Tシャツよりもシャツやジャケットなどしっかり形のあるものを合わせると間違いありません」。

ショートパンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) シャツ(千駄ヶ谷店5 周年限定)¥29,000/サザビーリーグ(フランク&アイリーン) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・リング¥10,000(フィリップ オーディベール)/デミルクス ビームス 新宿 バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)


田澤美香

田澤美香

クリーンカジュアル派

Q.SPORTY BLOUSON

スポーティブルゾンが〝本気のスポーツ〞にならないためには?

A.ブルゾン以外は、いつも以上に〝女らしさ〞を意識。とろみスカートやパンプスできれいめに仕上げて(田澤)

「ブルゾン自体も上品な白やネイビーで、少しフェミニンアレンジがされたものを選んで。このグレー×ターコイズブルーのように、ニュアンスカラーと合わせると簡単におしゃれ見えします」

ブルゾン¥14,800/ソコラ/メイソングレイ カットソー¥9,000/カリテ スケープ  コレド日本橋店(カリテ) ギャザースカート¥12,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ピアス¥16,000(マリア ブラック)・バッグ¥39,000(OAD NEW YORK)/ショールーム セッション 靴¥26,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)


池田メグミ

池田メグミ

キレありカジュアル派

Q.PVC ITEM

中身が丸見えのPVCバッグ。おしゃれに持つには?

A.可愛いプリントやきれい色の巾着や内袋つきタイプのほか、こんなバッグインバッグも新鮮です!(池田)

「可愛いポーチなどでアレンジして"見せる収納"を楽しみたいところですが、実際はなかなかむずかしい。こんな小さめのかごがそのまま入ったバッグインバッグタイプなら、完全な3 ウェイで使えて便利! 出先で荷物が増えたら分けて持ったり、アレンジの幅が楽しめます」。

バッグ¥15,000/アルアバイル トップス¥8,900/エイトン青山(エイトン) パンツ¥18,000/ビームス ハウス丸の内(エム フィル) サングラス¥39,000/プロポデザイン(propo) バングル¥19,000・ゴールドバングル¥16,000/カオス丸の内(キャッツ)
【Marisol8月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 池田メグミ 田澤美香 モデル/高垣麗子 取材・文/発田美穂
関連記事
  • 今年の秋の本命カラー「ブラウン」。 ブラウンのこっくりとした色味を1点投入するだけで瞬時に秋っぽさもプラスしてくれるので、最近のコーディネートに欠かせないカラーです。 ですが、ブラウンは落ち着いた雰囲気のカラーでもあるので女性らしさが物足りたないと思われる方もいらっしゃるのでは?  そこで、今回は私が気に入っている、トレンド感と女性らしさを叶えてくれるブラウンカラーのアイテムついてご紹介します。 フェミニンコーデが大好きな私が気に入っているトップスがこちら。 "ブラウンカラーのバックシャントップス" バックシャンとは、写真の通り後ろが大胆に露出されているデザインのこと。 バック(後ろ姿)がシャン(美人)という意味で、露出以外にもさりげないワンポイントデザインやリボンが付いていたりなど、後ろ姿を美しく魅せてくれるデザインのことを指すようです。 実はこちらのトップスは正面から見ると・・ シンプルなクルーネックトップスなんです。袖が5部丈になっていて、季節の変わり目にぴったり。 また、リブ素材なので花柄スカートはもちろん、デニムなどのカジュアルスタイルとも相性抜群な着回し力の高い1枚です。 後ろが、カシュクールに仕立てた程よい肌魅せデザイン。落ち着いたブラウンカラーですが、バックシャンなデザインが女性らしい印象を与えてくれますよ。 SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)のバックカシュクールトップという商品で、ブラウン以外にもグリーンとアイボリーのカラーがありました。 シンプルなトップスは何枚持っていても重宝しますよね。 今年のトレンドカラー「ブラウン」のトップスに女性らしさをプラスしたいなら、ぜひバックシャンな1枚にトライしてみては? そして、自分にぴったりなブラウンカラーが知りたい方は、ぜひBAILAのカラー診断をチェックしてみてください!イエローベース・ブルーベース、女顔・男顔など、自分のタイプからあなたにぴったりなブラウンカラーを診断してくれますよ。 【カラー診断で知ろう!】今季トレンドの「ブラウン」。自分に似合うのはどれ? 朝晩の肌寒さから秋の訪れを感じる今日この頃。 瞬時に秋感を叶えてくれるブラウンカラーを纏って、秋のおしゃれを楽しみましょう! ▶︎ instagramはコチラ
  • この秋は、バッグを買いかえる絶好のタイミング。オンオフどちらにも合わせやすく毎日使いもOK&大人心を動かす上質なデザインの新作バッグをたっぷりとお届けします。ダスティーカラーだけでなく、ぱっと目を引くようなアクセントカラーも今季の旬なんです。 MICHAEL Michael Kors【マイケル マイケル・コース】 ポケットと今どきサイズでアイコンバッグも旬顔に更新 こっくりとした赤が秋らしい「“マーサー・ポケット”メッセンジャー」。(18×21×10)¥48000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース) See By Chloé【シーバイクロエ】 別売りの太ストラップでカラーアクセントを添えて フロントからのぞくロゴがチャーミング。付属ストラップつき。(17×23×9.5)¥52000・太ストラップ¥13000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) Paul Smith【ポール・スミス】 かっちりフォルムと大人な色使いでクラシカルに ニュアンスベージュとネイビーのシックな配色にフラップのカラフルなストライプで遊び心を。(18×24×10.5)¥34000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス) kate spade new york【ケイト・スペード ニューヨーク】 “カチッ”と合わせるターンロックで使うたび乙女心がときめく 清涼感のあるミントカラーは初対面でも好印象を約束。「ロミー」(20×27×11.5)¥54000/ケイト・スペードカスタマーサービス(ケイト・スペード ニューヨーク) DIESEL【ディーゼル】 きれいめとカジュアルのどちらにもなじむ頼れる逸品 やさしげなグレージュのボディにロゴ入りの金具で辛さをひとさじ。コンパクトサイズで持ちやすい。(15×20× 7)¥39000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) LONGCHAMP【ロンシャン】 ブランドロゴが型押しされた大胆なレザーに注目 ロゴの主張を上品にまとめる赤みブラウン。ベルトデザインで個性もプラスして。「ラ ヴォヤジューズ」(16×25×12)¥119000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) FURLA【フルラ】 ダスティなカラーブロックが着こなしに瞬時にトレンド感を スエードとヤギ革で作られた「ディーバ」。内側にコンパートメントを備えたマチで見た目以上の収納力。(17×25×11)¥80000/フルラ ジャパン(フルラ) 撮影/菊地 哲〈MUM〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中村未幸〈Lila〉 スタイリスト/池田メグミ 構成・原文/田畑紫陽子〈BAILA〉 撮影協力/アワビーズ、バックグラウンズ ファクトリー ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です ※BAILA2019年10月号掲載
  • 秋のブームを語るのに欠かせないブラウン。夏は合わせる色や素材、形で軽さを出し、秋はレイヤードやこっくり配色で季節感を全面に!ハンサムな印象の濃いめブラウン。抜け感の出るオーバーサイズ。 ジャケット¥10800/EMODA ルミネエスト新宿店白T×デニムの夏の王道スタイルに肩掛けして大人っぽく やんちゃなデニムスタイルも、ジャケットとヌーディなサンダルに頼れば途端に女らしさが増す。 Tシャツ¥5980/eimy istoire ルミネエスト新宿店 パンツ¥9800/RD ルージュ ディアマン イヤリング¥2371/CHIPPI&CUU バッグ¥5500/ACCOMMODEルミネエスト新宿店 靴¥12500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ミニスカ合わせでいい女感出してみたり ロングジャケットからちらっとスカートの裾をのぞかせて。ALLブラウン系で今っぽい印象に。 ニット¥3900/MEW’S REFINED CLOTHES スカート¥5990/バロックジャパンリミテッド(SLY) イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya) バッグ¥5980/EMODA ルミネエスト新宿店 靴¥18500/サン・トロペ(アルネ) ゆるコーデは派手な色を差してフレッシュ感を 落ち着いた色のロングボトムスと合わせる時は、鮮度が高い色を投入して老け見え防止。 ニット¥5547/ザラ・ジャパン カスタマーサービス パンツ¥6000/シティーヒル(マジェスティックレゴン) イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥11000/サマンサタバサプチチョイスプラス 渋谷ヒカリエShinQs店 靴¥13000/Noela コレもおすすめ!1シンプルで合わせやすい1枚。 ジャケット(ベルトつき)¥10800/UNRELISH 2挑戦しやすい着丈短めのシングルタイプ。 ジャケット(一部店舗のみで販売)¥9990/UNIQLO(INES DE LA FRESSANGE)モデル/馬場ふみか 撮影/田形千紘(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • ランウェイを席巻したスニーカーからバトンタッチをし、今シーズン、華麗なる復活を遂げたのがブーツだ。豊富なバリエーションから、注目すべきシックなロングブーツとタフなコンバットブーツを選抜。私たちの日常に寄り添い、バックアップをしてくれる相棒をモードラバーに捧げる。進化するエレガント。ロングブーツと駆け抜けて(右)グロッシー加工が施されたネオプレン素材が脚にフィットし、美しい曲線を描く。ブラウンとピンクのバイカラーが愛らしい印象。足首のFFロゴのハーネスは取りはずし可能だ。〈ヒール10.5㎝〉¥217,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)(中)バイカーブーツから着想を得たマスキュリンな「ラプソディ」。白のアイレットが配されたハーネスがアクセントに。〈ヒール2㎝〉¥204,000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)(左)カジュアルなデニム素材を、洗練されたフォルムが品よくアップデート。メゾンのルーツを表すシルバー色の馬車モチーフが凛とした佇まいを演出。〈ヒール4.5㎝・編集部調べ〉¥287,000/エルメスジャポン(エルメス)ユーティリティウェアの強い味方。コンバットブーツとともに(右)カムフラージュ柄がプリントされたカーフ素材にボリュームのあるソールをドッキング。ボディにさりげなく施されたダメージ加工が、ストロングな印象を加速させる。〈ヒール11㎝〉¥136,000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)(中)熱帯雨林の保護キャンペーン、「#ThereSheGrows」とリンクした今季のコレクションより。アウトドアアイテムを彷彿とさせる色合いに、プラットフォームソールを合わせて、レディライクに。〈ヒール11.5㎝〉¥129,000/ステラ マッカートニーカスタマーサービス(ステラ マッカートニー)(左)テディ・ガールにオマージュを捧げた今シーズン。2019年クルーズコレクションのブーツが装いを新たに登場した。ちらりとのぞくチェックのライニングがトラッドな空気を薫らせる。〈ヒール1.5㎝〉¥118,000/クリスチャン ディオール(ディオール)鮮やかな色や、エッジのきいたシルエット、バリエーション豊かなヒールの形。新しいクラシックは足もとから取り入れて1 70年代フランスのブルジョアジーをイメージしたコレクション。それを象徴するひとつが、カーフスキンのオーバーザニーブーツ。折り返したときに重なるシアリングがアクセントに。バーガンディが秋の装いに彩りを添える。〈ヒール8㎝〉¥250,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ)2 メゾンを象徴する「タビ」シリーズのロングタイプ。ブラッシュド・ペイントが施されたアーティな一足は、履くごとに味わいが出るため、経年変化も楽しめる。安定感のある低めのヒールがエフォートレス。〈ヒール3㎝〉¥186,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)3 今季の着想源はアントワープ郊外にあるデザイナーの自邸の庭園。枯れゆく植物に美を見いだし、モチーフとしたコレクションからの一足だ。爽やかなブルーがダークトーンでまとまりがちな、秋のスタイリングのスパイスに。〈ヒール10.5㎝〉¥154,000/ドリス ヴァン ノッテン4 ビアンカ・ジャガーをはじめとするアイコンにオマージュを捧げた今シーズン。カーフレザーを膝上まで伸ばし、履き方を自由に楽しめる。力強さとセンシュアルなムードが共存。〈ヒール8.5㎝〉¥250,000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)5 アルミ箔加工が施されているカーフレザーがきらめく。フューチャリスティックなルックスとパワフルな美が共存し、テーマである「モダンヒロイン」を体現している。ゆとりのあるストレートのシルエットと細すぎないヒールが歩きやすさを保証。〈ヒール8.5㎝〉¥188,000/JIMMY CHOO6 「パワードレッシング」がテーマの今季。グラマラスで、都会的なムードを演出するサイハイブーツが登場。艶やかなボディ全体に施されたクロコの型押しとエレガントなブラウンがリュクスな雰囲気に。〈ヒール10㎝〉¥158,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)パワフルで、マニッシュなムードをもたらすデザインが揃う。旬のワークウェアだけでなく、ガーリーなスタイリングに合わせたい7 メンズコレクションからインスパイアされたトレッドブーツが登場。産業革命期のワーカーブーツに着想を得て、重厚感とエレガンスが共存するモードな一足に。ボディのベルトループがロックなムードを醸し出す。〈ヒール4.5㎝〉¥162,000/アレキサンダー・マックイーン8 90年代のガールズグループを彷彿とさせる厚底のルックスが魅力。ピュアなホワイトのボディにあしらわれたファーやメゾンのアイコンであるクリスタルバックルが可憐さをプラスする。〈ヒール8.5㎝〉¥280,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)9 シャープなボディとやわらかな赤みがかったブラウンがポイント。カジュアルになりがちなブーツに優美な奥行きを与える。足首回りのディテールは伸縮性のあるゴム素材で着脱もスムース。〈ヒール7㎝〉¥163,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)10 レースアップブーツのフロントを覆うようにあしらわれたダブルモンクストラップがポイント。カジュアルなアイテムながらも、上質なカーフ素材と、洗練されたシルエットが相まって、クリーンな空気をまとう逸品。〈ヒール2.5㎝〉¥119,000/チャーチ 表参道店(チャーチ)11 スノーブーツのディテールからインスパイアされたブーツ。印象的なイエローのシューレースがさりげなくアウトドアテイストを演出。柔らかなシアリングと、パワフルなラグソールが華を添える。〈ヒール7㎝〉¥204,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年10月号「帰ってきた、ブーツ・ガール」photography: Masaki Ogawa styling: Aya Yamanaka
  • FLAGSHOPに人気ブランドの秋冬新作が続々到着。 どこか品があり、大人の女性も取り入れやすい商品が豊作です! その中から、特にオススメのアイテムをピックアップ。 旬らしい着こなし方や、やせ見えを叶えるテクニックも会わせてご紹介します。 洗練されたデザインが、こなれスタイルを後押し! AMERICANA / スーピマ裏毛RAGLAN HOOD ZIP SWEAT / ¥16,500 + 税 FABRIQUE en planete terre / 【玄長なおこさんコラボ】ボートネックTシャツ / ¥5,900+税 suadeo / 【使える】ロングプリーツスカート / ¥13,000+税 これからの季節に軽く羽織れるものとして大定番のパーカ。 ラグランスリーブと肉厚なフードのおかげで体をほっそり見せるだけでなく、小顔効果も抜群! 袖口のリブが長めで、なんと腕にも細見え効果が! パンツともスカートとも相性抜群な使える一枚です。   AMERICANA / スーピマ裏毛RAGLAN HOOD ZIP SWEAT / ¥16,500 + 税 ベーシックなグレーをお持ちの方が多いと思いますが、こんなシックなグリーンなら、上品な印象でトレンドカラーを取り入れられます。 縦ラインを強調する生地ならば白ジャケットでも美スタイルに! SCYE / コーデュロイショートジャケット / ¥38,000 + 税 MADISONBLUE / BORDER BOAT NECK PO / ¥29,000+税 SINME / ワイドデニム / ¥25,000+税 ワークジャケットをモチーフにしたカジュアルアウター。 コーデュロイの縦の目が膨張色の白でも上半身をすっきり見せてくれます。 ボーダー×ワイドデニムの定番マリンコーデも秋冬仕様にアップデートしましょう。 SCYE / コーデュロイショートジャケット / ¥38,000 + 税 暗くなりがちな秋冬のトーンにニュアンスホワイトを合わせて、軽やかで顔周りもぱっと明るいスタイルに。   他にも今秋のトレンドスタイルをたっぷりご紹介中です!
  • 「同じ着るならオシャレに見せたい!」ですよね(^^)その為に私が重視するのは、トレンドアイテムを買う事よりも…30代半ばを過ぎた頃から本格的にコレクションし始めた〝トープ〟色のアイテム。 なぜハマったのか!? その理由は… 褒められる率がダントツで高いから。 「小柄なこの私が??ステキって!?こんな私がオシャレって??」 と、かなり衝撃うけまして… 以来「どうせなら、この色を極めよう」となったワケです♬ 身長153㎝、色白でもなく、ましてや普通の顔(笑) そんなオシャレする上で不利な事が多い私にとって、「着るだけでオシャレに見える色」を使わない手はないのですが、、、 絶妙な色だけに、ともすると老けて見えるとゆう点も。 なので、ただ着るのではなく、必ずどこかカジュアルダウンするなど全体で調整するよう心がけてます。 例えば、今回のコーデ…カーディガンがロングガウンでなくVネックのベーシックなタイプだとしたらオジさんっぽいだろうし、 インナーがキャミソールだとバブリーな印象になっただろうし、 メガネが大振りなサングラスだったらゴージャスマダムのようだったかも… 絶妙カラーのトーンをバッチリ揃えて着る事でオシャレ偏差値の高い人に一歩近づく。 そこに今っぽい要素を、ほんの少し加えれば… トレンドど真ん中のアイテムを頑張って着るより、よっぽどオシャレ見えする! その考えは恐らく、この先も変わらない。 「絶妙カラー」と「バランス」 オシャレに欠かせないのは、これだけ(^^) cardigan:deuxiemeclasse inner:theory luxe×高橋リタ pants:incotex shoes:jimmychoo bag:hermes ※アメブロも更新してます↓bemi's small&simple Style美女組No.52bemiのブログ
  • 秋のモードをいち早く先取りするなら、まずは人気ブランドのアクセサリーをチェックして。ステイトメントなイヤリングや旬な胸元レイヤードを叶えるネックレス、レディなスタイルにマッチするブローチなど。カンバセーションピースにもなりそうな心ときめくアイテムで、おしゃれスタートダッシュは完璧。最旬レイヤードを演出する3連ネックレス【DIOR】「テディ・ディー」ネックレス¥220,000今秋も人気続行中なのが、ネックレスのレイヤードスタイル。チェーンやレジンパールなど、トレンド素材を自由奔放にハイブリッドしたディオールの3連ネックレスなら、着けるだけで瞬時に旬な胸元コーディネートを叶えてくれる。バタフライやメゾンを象徴するスター モチーフが、キャッチーなアクセントに。 クリスチャン ディオール https://www.dior.com/0120-02-1947 ‘80sのエッセンスが詰まった球体ピアス【LOUIS VUITTON】イヤリング¥61,00080年代の美学を引用した彫刻的フォルムが目を引くルックには、天体を彷彿させるビッグサイズの球体イヤリングをオン。マルチカラーのクリスタルがミラーボールのようにきらめき、フェイスラインに視線を集中させる。幾何学的なボリュームがコンテンポラリーなムードをアピール。 ルイ・ヴィトン クライアントサービスhttp://www.louisvuitton.com/0120-00-1854ミケーレ流デコラティブを体現【GUCCI】ブローチ各¥113,000ダブルGモチーフをセンターに、色鮮やかなストーンを飾った装飾豊かなブローチ。単品で着けるのではなく、エキセントリックなイヤーモチーフのブローチや色柄と掛け合わせ、テイストやルールを超越したスタイルに落とし込むのがアレッサンドロ・ミケーレ流。デイリーに取り入れるなら、トレンドのボウタイやスカーフの結び目にさりげなくあしらうのもおすすめ。 グッチ ジャパン クライアントサービスhttps://www.gucci.com/0120-99-2177可憐なフラワーでロマンスを薫らせて【PRADA】 フラワーイヤリング¥55,000(予定価格)クラシック&レディなムードにトレンドがシフトした今秋冬は、フェミニンなフラワージュエリーに注目。プラダがフラワーモチーフで描いたのは、強さと儚さ、ロマンティックと危険、夢と現実が織りなすロマンスの物語。フレッシュカラーに彩られたコサージュイヤリングが、シックなブラックドレスに華やぎを添える。 プラダ クライアントサービス http://www.prada.com/0120-45-1913 装いをアップデートするリボンの魔法【LOEWE】ピアス各¥39,000(1ピース)エレガント回帰の流れの中、リボンも気になるモチーフのひとつ。ノスタルジックにならず、今っぽく取り入れたいなら、ロエベが提案するリボンジュエリーをチェックして。インパクティブなビッグサイズのリボンピアスは、細いレザーにクリスタルをあしらったもの。繊細なシャンデリアタイプとは一味違う、エッジの効いたデザインが主役級の存在感。 ロエベ ジャパン カスタマーサービス https://www.loewe.com/03-6215-6116洗練のロゴブレスレットをアクセントに【BALENCIAGA】ブレスレット¥104,000カフのようにつけたいオーバーサイズのブレスレット。フロントにはヴィンテージゴールドのBBロゴ、バックにはエッフェル塔モチーフが描かれ、どこから見てもスタイリッシュ。重厚なボリュームながらシンプルなので、今季主流のクラシックなBCBGスタイルから、スポーティ&ストリートなルックまで幅広いスタイルにマッチ。 バレンシアガ ジャパンhttps://www.balenciaga.com0570-000-601 アイキャッチーなオイスターに注目【BURBERRY】ピアス¥82,000海にまつわるモチーフが多用された今季のバーバリー。オイスターモチーフのブラウスには、まるで本物のようなリアルなフォルムのオイスターピアスを合わせ、プレイフルなスタイルを完成。クラシカルなパールジュエリーの概念を再解釈し、貝殻の陰影までも美しく表現したデザインは、まるでアート作品のよう。 バーバリー・ジャパンhttps://jp.burberry.com/0066-33-812819 グラマラスに揺れるタッセル【SAINT LAURENT】イヤリング¥60,000イヴ・サンローランの生涯のミューズ、ルル・ド・ラ・ファレーズのスタイルを彷彿させるイヤリング。メゾンらしいタッセルがしなやかに揺れるデザインは、シャープな直線的シルエットが、女性らしい繊細さとグラマラスな華やかさを演出。フープディテールをチェーンで装飾しているのも今シーズンらしい。 サンローラン クライアントサービスhttps://www.ysl.com0120-95-2746凍った海がインスピレーション源【CHLOE】イヤリング¥60,000クロエらしいボヘミアンな香りのするアクセサリーが豊富に揃った今季。凍った海をインスピレーション源にした繊細なイヤリングが、秋冬のスタイリングに新鮮に映える。ゴールドとシルバーをミックスしたデザインは、他のジュエリーとミックスコーディネートしても楽しい。クロエ カスタマーリレーションズhttps://www.chloe.com03-4335-1750恋人たちをピンキーリングで詩的に描いて【VALENTINO】リング¥47,000見つめ合う恋人たちがバロックパールをそっと優しく包み込むポエティックなリングは、ヴァレンティノが描く麗しきロマンティシズムを体現。まるでアンティークのような趣きのデザインは、あえてピンキーリングとして着けるのがこなれて見えておすすめ。 ヴァレンティノ インフォメーションデスクhttps://www.valentino.com03-6384-3512イヤージュエリーの進化系【GIVENCHY】ピアス¥104,000アシンメトリーな耳元レイヤードはもはやスタンダードだが、今秋冬は“異なるデザイン”同士を1点ずつ組み合わせた耳元スタイリングが新鮮。フリンジという共通点をベースに、地金の色や素材、レングスに変化をつけたピアスは、力強くもエレガントに生きる現代女性のワードローブにお似合い。 ジバンシィ表参道店https://www.givenchy.com03-3404-0360 バードモチーフで耳元に視線を集中【ISABEL MARANT】イヤリング¥69,000「そのモチーフは何?」と思わず声をかけてしまいそうな、存在感抜群のステイトメントなイヤージュエリー。デフォルメした鳥モチーフにスタッズを飾ったデザインは、プリミティブかつアーティスティックな魅力に溢れている。インパクト満点のビッグサイズだが、シルバートーンなので実は合わせやすいのも好ポイント。 イザベル マランhttps://www.isabelmarant.com/03-5772-0412 photo:iMAXTREE/Zeta image   text:Makiko Awata
  • ひと足先に展示会をめぐって、今季のトレンドチェックに余念がないスタイリスト&エディターに徹底取材。「ずばり、この秋の注目アイテムは?」大アンケート調査の結果から見えてきた、マストトレンドをピックアップ!【SQUARE TOE & SHORT BOOTS】 足もとにちょっと重みをもたせるのにぴったりのショートブーツがバリエ豊富にそろう。 カジュアルにもきれいめにも合う、少しニュアンスが加わるスクエアトゥも人気。1)足もとにボリュームをもってくるスタイルも多いので、レースアップに白羽の矢が。すっきりとした細身のシルエットを選べば大人っぽい。ブーツ¥126,000/ロンハーマン(ロシャス) 2)足もとインパクトを狙うならパイソンブーツも。黒ほど重くならず、無地感覚で使えるのが人気の理由。ブーツ¥75,000/アマン(ペリーコ) 3)ベルテッドデザインはブーツでも人気。足もとにポイントをつけることで、足首がすっきり細く見える効果も。ショートブーツ¥126,000/ドゥロワー 丸の内店(ロシャス)4)甲深パンプスのトレンドは秋も継続中。緩やかなスクエアトゥとボルドーカラーで、ほんのりレトロな雰囲気もおしゃれ。パンプス¥15,000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) 5)スタッズつきのスクエアバレエは、スイート派の引き締め小物にぴったり。シューズ¥31,000/エストネーション(チェンバー) 6)シルバーのアンクルリングから火がついた人気のパンプスも、かっちりとしたスクエアトゥにアップデート。バイカラ ーデザインもモードな味つけに。アンクルストラップシューズ¥87,000/カオス丸の内(ジル サンダー)【Marisol9月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子
関連キーワード

RECOMMEND