究極ラクに時短コーデ!差がつく大人のスニーカー通勤【高見えプチプラファッション #41】

Marisol ONLINE
最近、とてもラクだな~~と思っている手抜きスタイルがあります。それは、大きなブランドのスニーカーを使ったコーデ。ロゴが入った主役のスニーカーをジャマしないように、ただシンプルなものを合わせればいいだけなので、手抜きでもばっちりおしゃれしているように見えてしまうのです。プチプラ服も引き立ちやすく、とても便利なアイテム!
靴はこれまで、ひと目でどこのブランドかわかるデザインはほとんど選びませんでした。でも、近年はブランドの「ロゴ」ブーム。服もバッグも、ロゴが大きくデザインされているのがトレンドに。それで、初めてのロゴシューズは、シャネルのスニーカーでデビューしてみました。
実際に履いてみると、外での反応は「かわいい」と素直に褒められて少し驚きました。言われてうれしいのは「嫌味がない」ということ。アイテムとしてヘルシーな印象のスニーカーは、ロゴが目立っても威圧的になったり、嫌味な印象を与えにくいのだと初めて気づきました。ブランドスニーカー×超シンプル服。このラクさの虜になり、早速2足めを選びはじめ…

「VLTN( ヴァレンティノ)」デビュー!
「VLTN」のロゴ流行は今はじまったわけではないですが、よく見かけるTシャツやYシャツの、モノトーンがカッコいいな~と思いながらも、あの「ロゴバンっ!!」を着てみる勇気がなかったのです。だからスニーカーからはじめようと。足ならこれくらいロゴが大きくても、全身で見るとバランス的にはちょうどよく、やはり白スニーカーの爽やかさが勝ってイヤミを感じません。

ヴァレンティノのアイコン、ハードな「ロックスタッズ(尖った四角錐)」が、かかとにさりげなくついていてカッコいい。ロゴはブラックですが、かかと部分はこげ茶のようなメタリックなので、ブラウン系の服にも合わせやすいです。
足裏は、すべてこのロックスタッズが一面に!このおかげで滑り止めの役割にもなってくれそうです。
服はスニーカーの引き立て役に徹するのみ。ジャマはしません。究極シンプルなほうがカッコいいので、何も考えずに目に入ったTシャツやデニムなどを合わせるだけです。もちろんプチプラでOK(むしろそれがいい)。何も凝ったことはしていないのに、スニーカーのおかげで「ちょっとおしゃれな人」に変身。
「ロゴに身をまかせてラクをする」。いつもアレコレ着回しを考えているわたしにとって、これはとても新しい発見でした。
この「VLTN」には他に真逆のブラック×白ロゴもありますが、シャネルが黒なので断然今回は白。この白黒2足さえあれば、真夏だって大人のスニーカースタイルはラクにカッコよくできます!
ブランドばかりではなく、大好きな定番コンバースも交互に履き、飽きずにモノトーンを楽しみます。
スニーカーが白黒なので、きれい色はあまり使わずベーシックカラーのみ。それでスニーカーを引き立てると、大人のスニーカー通勤スタイルは簡単に完成↓

【Day1】タイトスカートに合わせたヘルシーなフェミニンコーデ

↑タイトスカート×ノースリーブは女性らしい雰囲気ですが、白スニーカーのおかげでヘルシーな印象に。ロゴは大きいですが字体が細いので、目立ちすぎず控えめな主張。服の上下は、前回のユニクロ2,000円コーデです!

Day2】デニムに合わせたモノトーンのジャケットコーデ

↑スニーカーを主役にするため、服をシンプルに白黒モノトーンにするとロゴが映えますね。ブラックの細身デニムとジャケットでハンサムな印象に。小物とバランスをとり、服はユニクロ&GUの上下プチプラで遊びゴコロを入れても楽しいです。

Day3】コンバースホワイト×ベージュのデニムコーデ

↑白のハイカットにホワイトデニムを合わせ、夏らしくさわやかな印象に。白とベージュは上品な印象なので、大人っぽいスニーカーコーデに仕上がります。

Day4】黒コンバースにワンピースを合わせたカジュアルフェミニン

↑ロングワンピースは抜け感を出すために、ペタンコのサンダルやパンプスを合わせることが多いですが、マンネリコーデになりやすいので時々ハイカットを合わせます。上から8割はフェミニンで、下をスニーカーで崩すのも好きなスタイルです。

Day5】ロゴスニーカー主役のハンサムコーデ

↑やはり「ロゴ」はラク!ゴチャゴチャ組み合わせを考えなくても、シンプルTシャツとパンツがあれば、ただそれでいいのです。これこそまさに時短コーデ!スニーカーが「ダッド寄り」なので、Tシャツもパンツも素材は女性らしいテロンとした柔らかいものを合わせました。

↓スカート丈は中途ハンパより、足首が少し見えるくらいのマキシが好きです。

「靴にはお金をかけていい」。年齢とともにより強く思うようになった気がします。自分を支えている大事な足ですから、少しくらい奮発してもいいですね。スタイリングへの自信をつけてくれるので、きっと価格以上の価値を感じられることかと思います。運命の1足に必ず巡り会えますよ!
…………………………………………………………………………………………………
★オマケのプチプラVol.41★
「デザイン靴下(324円~)」

パンプスやスニーカーを履く時、デザインのある靴下を合わせると、素足とはまた違った雰囲気を楽しめますよね。最近では300円ショップなどでもおしゃれなものが手に入るので、履いてみたいデザインや色に気軽に挑戦できます。

300円均一のお店、「ミカヅキモモコ」の水玉チュールソックスと、「チュチュアンナ」のラメソックス。どちらもとってもかわいいので、「遊び」を出したい時に愛用しています。
チュールやシースルーソックスは高そうなイメージがありますが、今は300円でも種類豊富に見つかります。しかも、どれも高見え商品が多い!
ドットのパンプスもお気に入りですが、靴下をドットにするとまたちょっと足先が女性らしい印象に変わります。
「チュチュアンナ」はラメの色や靴下の長さの種類が充実しているのでよく選びに行きます。ほとんど3足1,000円なので、これもやはり1足300円前後。ブラックやグレーのラメは大人でも合わせやすく、スニーカーにも遊びを取り入れられます。
暑くなると素足が多いですが、つま先を出していると冷えるので、意外と足が疲れてきます。時々は靴下を履いて、上手に「夏冷え対策」していきましょう♪
  • 美女組 Akane
  • 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
関連記事
  • LEE世代が目指すのは、清潔感あるヘアスタイル。 不動の人気はやっぱり短め。 凛とした雰囲気が素敵な大人のショートやボブが支持を得ています。 中でも、おしゃれが一気にこなれて見える長さといえば、ショート! 本日は、人生初のショートスタイルに挑戦したLEE100人隊のBefore&Afterをお届けします。 髪を切ったのは、3年目隊員のNo.093 mieさん。 Before 7月末、ユニクロのブラウンスカートコーデを紹介してくれたときは、この長さ。 随分と長いですね! 前からみた姿。大人っぽさ、甘めの女性らしさが印象深い髪型でした。 長め丈のスカートがよくお似合いです。 先日人生初のショートで、250gの髪をカット mieさんが髪を短くしたのは8月。 「理由はただロングヘアに飽きたからと、伸ばして伸ばして一気に短くするのが爽快で(笑)! 3年に1度位のペースでボブ位までのカットはしていましたが、ショートは初。一気に頭が軽くなりました! 約250g分の髪の毛とさよならです♪」 と、一気にカット! After 「どうせ切るならガラッとイメージを変えたくて、オン眉だった前髪は伸ばしてふわっと、厚めに。かっこいい感じにもしたかったので、マッシュスタイルに。 さらにパーマをかけて、スタイリングも楽に! ワックスかグリースを揉みこむだけ!」 短くしたことの利点も語ってくれました。 「ショートにしたことで、ピアスが前よりも映える! 洋服も同じように少し甘めのスタイルも、年相応に着こなせるような気がしています。 大好きなヘアアレンジも、ショートだとできないかなと思っていましたが、スカーフなら楽しめそうです♪」   ロングのパーマヘアの場合、スカートなどの女性らしいアイテムを身につける際、甘さが過剰にならないようバランスに気をつけたり……とおしゃれに工夫が必要になることも。 ショートでは、引き算をする必要がなくなり、ただスカートを合わせるだけでグッドバランスが完成する……などなど、うれしいことづくめ。 ロングヘアだと甘くなりがちなティアードワンピも、ショートならストンと着るだけでこの通り。髪型をすっきりまとめる……などの引き算いらずです。 メイクやアクセサリーも、“やりすぎ”にならずに気に入ったものをプラスできたり……と、おしゃれの自由度がぐっとアップするのです。 おしゃれに変化がほしい、力の入れどころのバランスをかえたい……そんなLEE世代の悩みに答えてくれるショートヘア。 夏から秋へ、季節の変わり目にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?
  • Marisol ONLINEで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ10を発表!※集計期間:2019年8月6日(火)〜8月19日(月)【ファッション 1位】黒、ブラウン、ネイビー。Tシャツのバリエが豊富な今季、王道の白以外で1色選ぶなら? ★記事はこちら【ファッション 2位】蛯原友里がトライ!夏のヘビロテ靴「スニーカー」の遊び方 ★記事はこちら【ファッション 3位】アラフォーのための「見せキャミ」と「レギンス」どう選ぶべき? ★記事はこちら【ファッション 4位】蛯原友里がトライ!夏のヘビロテ靴「サンダル」の遊び方 ★記事はこちら【ファッション 5位】人気エディター磯部安伽さんの今の気分を足せる「スパイス小物」アクセサリー&小物 ★記事はこちら【ファッション 6位】今買ってすぐ着られる!秋気分を先取りするエムセブンデイズのブラウス&ニット ★記事はこちら【ファッション 7位】スカート丈は長めが主流。アラフォーの同窓会【美女組ファッションSNAP】 ★記事はこちら【ファッション 8位】休日も。働く日も。毎日「ゆるてろパンツ」 を5days着回し★記事はこちら【ファッション 9位】白ベージュグラデで完成させる真夏の時短コーデはやや辛口が決め手【2019/8/2コーデ】 ★記事はこちら【ファッション 10位】夏は涼感のあるリゾートライクなブラックワンピースでおしゃれに手抜きなし ★記事はこちら▶人気記事ランキングをもっと見る
  • Tシャツに定評のある人気ブランドからベイクドカラーが続々と登場している様子。赤みブラウン・ダークカーキ・黄みブラウンなど、大人に合うカラーばかりで、お値段もオール4桁以下! 自分にぴったりの一枚をお手頃にそろえよう。 PLST【プラステ】 きれいめTシャツはさりげないロゴで遊び心をのぞかせて 肌にすっとなじむしなやかさと、シルエットがきれいに引き立つハリ感を兼備したTシャツ。サイドに入ったスリットで、横顔がすっきりシャープな印象に。センターにさりげなくあしらわれた控えめなロゴが大人向き。/プラステ N.O.R.C【ノーク】 ヴィンテージ感のある絶妙なくすみカラーをゆるっと気負わずに レンガのようなくすんだ赤みブラウンがヴィンテージ風。肩に少しだけ袖がかかるノースリーブは、二の腕がむき出しにならない頼もしいデザイン。インもアウトも決まりやすい、やや長めの着丈が高ポイント。/ノーク(ノーク) handvaerk【ハンドバーク】 空気をはらんだようなビッグシルエットが洒落感を底上げ 最高級といわれるピマコットンを使用したボトルネックのTシャツは、なめらかでやさしい肌ざわり。ドロップショルダーや長めの袖丈でエフォートレスな雰囲気を漂わせつつ、きれいなシルエットをキープ。/ビショップ(ハンドバーク) DANTON【ダントン】 ユニセックスな形で赤みブラウンをカジュアルに楽しむ 肉厚の丈夫なコットン素材やブランドロゴをあしらった胸ポケットなど、ちょっぴり無骨でメンズライクなたたずまいはワークウェアブランドならでは。女らしいブラウンならカジュアルなデザインもうまくいく。/ビショップ(ダントン) THE SHINZONE【ザ シンゾーン】 体にフィットするのびのいいリブがブラウンを女っぽく 通勤シーンに無理なくマッチするのは上品なリブ素材。つやのある柔らかなコットンを使用したTシャツは着心地も文句なし。チョコレートのようなブラウンがこなれたムードを醸して。/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) Uniqlo U【ユニクロ ユー】 色出しやシルエットに今の気分を託したパーフェクトな一枚 着こなしを感度高く見せてくれるダークなカーキ。体がきれいに見える絶妙なシルエットや厚みのあるしっかりとした生地感はもちろん、自分らしい着こなしに合わせて選べる豊富なサイズ展開も魅力。/ユニクロ(ユニクロ ユー) MHL【エムエイチエル】 ゆったりとした身幅と今年らしい五分袖で抜け感のあるたたずまいに ふくらみのあるシルエットや胸元がすっきり見えるゆるめのクルーネックで、深みのあるブラウンもどこか軽やかな印象。ひじにかかる長めの五分袖は秋らしいだけでなく二の腕をさりげなくカバーする効果も。/アングローバル(MHL) GU【ジーユー】 着心地はお値段以上。ハイネックが新鮮な肌になじむブラウン コンパクトな作りでありながら身幅にゆとりをもたせたシルエットは、体のラインを拾わずスマートに見せてくれるのがうれしい。顔まわりを印象的に見せる幅広のハイネックのおかげでシンプルな着こなしも無難に見えない。/ジーユー AURALEE【オーラリー】 リラックス感のある優秀なシルエットは使い勝手も抜群 伸縮性のある天竺素材を使用したTシャツは着るほどに体になじみ形崩れしにくいのが強み。肩はリラックス感のあるドロップショルダーで着丈はやや短めに。キャメルに近い黄みブラウンで使いやすい。/メゾン イエナ(オーラリー) STUNNING LURE【スタニングルアー】 上品な光沢とハリ感が旬の黄みブラウンを凜とした表情に導いて 光沢のあるコットンジャージ素材は薄手ながらもほどよいハリ感があるため、ややゆるめのシルエットも端正な雰囲気に。デコルテがちらりとのぞくクルーネックで顔まわりもすっきり。/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) 撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/川上さやか、石田 綾 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年9月号掲載
  • 辛めフェミニンOLの通勤用のスニーカーにはモダンな黒がおすすめ。キレのいい黒スニーカーで、お仕事コーディネートをかっこよく引き締め。軽やかに履きたいなら白ソール、モードに履きたいならオール黒を。 辛めフェミニンOL花は黒スニーカーでモダンに 素材感のあるスニーカーで秋ムードを盛り上げて 上質感のあるヘアカーフ素材。靴¥14800/アルアバイル(モヒ) カーディガン¥24000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ワンピース¥8990/プラステ ピアス¥11000/シティショップ(フィリップ オーディベール) 時計¥47000/ニード サプライ(サザレ) バングル¥9000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥26000/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(サンドクヴィスト) トートバッグ¥11000/ジャーナル スタンダード 表参道(マーロン) MOHI... 靴¥14800/アルアバイル(モヒ)  つやのある黒スニーカーなら職場でも浮かず大人めに レザー素材と細めひもが革靴ライク。クッション性のよいカップインソール。靴「ピーストン」¥15500/モーダ・クレア(マッキントッシュ フィロソフィー) ニット¥5600/ミラ オーウェン ルミネ新宿2 店(ミラ オーウェン) スカート¥24000/フィーニー スカーフ¥23000(参考価格)/アマン(アルテア) 時計¥30000/ウエニ貿易(ドゥッファ) ピアス¥34000/フレーク ブレスレット¥10000/ノジェス バッグ¥152000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) MACKINTOSH PHILOSOPHY[ピーストン] 靴「ピーストン」¥15500/モーダ・クレア(マッキントッシュ フィロソフィー)   ドレスシューズ感覚で使えるオールブラックスニーカー ソールまでオールブラックで統一されたスニーカー。細身のノーズも相まって、スーツ男子にもスッとなじむシャープさが手に入る。よりきちんと見せたい日は、細身の黒パンツに合わせてほどよくマニッシュに。靴「Zilo」¥17000/デッカーズジャパン(アグⓇ) ブラウス¥19000/デ・プレ(ノット) パンツ¥16000/トゥモローランド ピアス各¥21000・リング¥32000/ハルミ ショールーム(コールムーン) バッグ¥28000/アンティット(マルコマージ) サングラス/私物 UGG®[Zilo] 靴「Zilo」¥17000/デッカーズジャパン(アグⓇ) 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/石黒千晶 ※BAILA2019年9月号掲載 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 5.5px Helvetica}
  • 「これまでデニム一辺倒だったのですが、今年の秋は久しぶりにワンピースやプリーツスカートといった女性らしいアイテムに惹かれています」と語るエディターSUGAWARA。そんなフェミニンな装いをバッグ&シューズを使って今年らしく完成させる。 不動のブラック【ジョルジオ アルマーニ】バッグ〈W11×H20×D3cm〉¥300,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ) 「ジョルジオ アルマーニ」のミニマルなクラッチバッグ。「バッグは基本ベーシックなブラックがマイ定番。パーティシーズンにも使える万能なバッグは、ぜひ一つ持っておきたいアイテム。デイリーでもさりげないアクセントとして重宝しそう」。ジョルジオ アルマーニ ジャパンhttps://www.armani.com/03-6274-7070ギャップのある足もとに【セルジオ ロッシ】ブーツ「ウィンタージュリー」〈H1.5cm〉¥55,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 「雨や雪などの時にも活躍しそう!」と選んだ「セルジオ ロッシ」の一足は、ナイロン素材の上にPVCを重ねたレインブーツ。コーディネートのスパイスとしても取り入れられるファッション性の高さも魅力。「足もとは、エッジの効いたオセロット柄でギャップを楽しみたい」。セルジオ ロッシ カスタマーサービスhttps://www.sergiorossi.com/0570-016-600 PROFILE/エディターSUGAWARAウェディングとファッション担当。淡々としていますが笑い声だけよくとおります。好きなものは夕暮れとボサノバとチョココロネ。
  • まだまだ暑いけれど、秋をちょっと感じさせてくれるカーキ色。お盆休みはそんなカーキ色を取り入れたコーデで。定期的なZARAパトロールで見つけた、カーキ色のワンピース。 暑くて、あんまりコーデを考えたくない真夏にもってこいの筒抜けワンピースで、少しだけ秋の先取りも出来るカーキ色なので、即買いしました。 以前から華組ブログでもZARAが大好きなことを公言していますが、素材感が安っぽいものだけは避けるようにしています。 デザインは素敵なのに、生地や刺繍がちょっとチープで残念!というものが多いし、アラフィフも半ばに近づくと、以前よりもさらに素材感のハードルは上がるので… このワンピースは、生地感がギリギリセーフ^^;でしたが、裏地も付いていてペラペラしていないのが、良かったです。 すとんとした形は、身体を締め付けないのでリラックスして着ることができるので、休日スタイルにぴったり。 スポーツサンダル、バッグ、すべてZARAコーデで、山中湖へ。 家族は私以外は皆、水上バイクを運転出来る免許を持っているので、今年は山中湖で水上バイクを楽しみました。 私はいつも愛犬ラッキーとお留守番ですが、今年は乗せてもらいました。 海とは違って波も大きくないので、怖がりの私でも楽しめました^ ^ でも、スピードを出されるとやっぱり怖かったので、次回からはお留守番か見学でいいかな(^^;; 山中湖に来ると、かなりの確率で行くのが、「小作」。ほうとうの美味しいお店です。 お腹が空いていて、写真を撮り忘れましたが、ここのほうとうは必ずかぼちゃが入っていて、野菜たっぷりの具沢山でボリュームたっぷり、いつも混んでいて、すぐに入れないぐらいの人気店です。 山中湖に行かれた際にはおすすめですよ^ ^ 山中湖で遊んだ後は、箱根へ。 その道すがら、御殿場で見つけた、高級生食パンで有名な乃が美。 まだオープンしたばかりのせいか、夕方6時近い時間でも食パンを買うことが出来ました^ ^ 焼かなくても美味しく食べられる乃が美の食パンはファンも多いですし、息子たちも大好きなので、思いがけず買えて良かったです!また、別の日は、ポケモンGOマニアの夫のお付き合いで、横浜赤レンガ倉庫で開催していたポケモンGOのイベントへ。 このイベント、抽選で当たった人しか参加出来ないらしく、かなりの高倍率だったようです笑笑 私はポケモンGOをやっていないのですが、私たち世代で意外とハマっている人が多いのです。 エクラ読者の皆さんの周りはいかがですか??? 会場も子供達よりも大人が断然多かった笑 この日は、真夏の暑さだったので、ユニクロのトップスに、もう何年も前のシークレットクローゼットのカーキパンツを合わせて、小物は白で統一して涼しげに。 shoes Charles&Keith bag HOUSE OF LOTUSピカチューが会場にたくさんいて、可愛かったです♡ 発売中のエクラ9月号では、カーキの特集が組まれていて、素敵なコーデがたくさん掲載されています♪ 私が1番好きだったコーデはこれです↑ 是非、誌面でご覧くださいね^ ^ 華組 朝生育代ブログ
  • スタイリスト村山佳世子プレゼンツ。アラフォーに似合う大人のカジュアルスタイルとは?スタイリスト 村山佳世子スタイリスト 村山佳世子集英社の雑誌を中心に第一線で活躍し続けるトップスタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)も6刷5万部のヒットに!大人のカジュアルとは? の問いに「ベースはきれいめに、どこかに必ず女らしさを残すこと」と答えてくれた村山さん。アラフォーに似合うその具体例を、5つのイメージで見せてもらいました。STYLE 01:スポーティなカジュアル <まずは注目のボリュームスニーカーを使ったちょっとスポーティなスタイルを。これも実はシャツ+タイトスカートと、ベースの服はきれいめなんです。そこにスニーカーやスカートのリブ素材といったカジュアルな要素を加えてちょっとだけ着くずす、このくらいが、大人にはよいバランスです>「シャツはボリューミーなサイズを選ぶとより今年らしく。さりげなくおしりやおなかもカバーできて一石二鳥です。襟をあけたり袖をまくったりしてラフに着つつ、ナバホパールのネックレスとバングルでさりげなく女らしさを加えて」(村山さん)。シャツ¥25,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥18,000/カオス丸の内(カオス) バングル¥110,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アグメス) ネックレス¥71,000/エスケーパーズ(ハルポ) スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) リュック/スタイリスト私物STYLE 02:ヘルシーなカジュアル<人気再燃中のショートパンツで夏ならではのヘルシーな着こなしに挑戦。女らしさを出すため、パンツはあえてボーイッシュな素材ではなくとろみのある一枚を選んで。トップスはジャケットでもシャツでもいいですが、ぜひ「襟」があるものを。そうすると簡単に上品さが生まれます。>ツヤのあるパンツとラフなリネンジャケットの異素材ミックスにも、上級者らしいおしゃれ感が漂う。「旬のブラウンと白をメインにした色合わせもポイント。子供っぽくなりがちなショートパンツを色みで大人っぽく見せる作戦です(村山さん)」。ジャケット¥44,000/サード  マガジン ニット¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) パンツ¥38,200/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ハット¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) バッグ¥429,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) バングル¥42,000/ザ ストア バイシー 代官山店(ダイナソー デザイン)STYLE 03:クールなカジュアル<黒が主役のクールカジュアルってやっぱり素敵。ただ、アラフォーが黒で辛口に固めすぎると貫禄ばかりが出てしまうので……。遠くから引きで見るとクールでカッコいいけれど、近くに寄って見ると実は甘さがあって女らしい。そんなさじかげんを意識してみました>切りっぱなしのブラックデニムにボヘミアンな刺繡ブラウスを合わせ、ほんのり甘さのある着こなしに。「黒はどうしても重くなりがちなので、ラフにまとめた髪やベージュのバッグ、クリア素材のパンプスなど、コーデを軽やかに見せる工夫をちりばめて」。ブラウス¥69,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ヴァレニキー ファッション) デニム¥28,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥27,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥145,000/アパルトモン青山店(ザンケッティ) 靴¥88,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)STYLE04:トラッドなカジュアル <ラフになりがちな夏だからこそ、ジャケットやローファーで つくるトラッドなカジュアルが気になります。サーマル&コットンパンツのラフな組み合わせにネイビーのリネンジャケットをさらりとはおって、大人マリンな着こなしに。>「今年は薄くて軽くてカーディガン感覚で使える、涼しげなリネンジャケットが本当に豊富。 ラフな服にはおるだけで印象が締まるので、カジュアルなシーンでこそ、ぜひ活用してほ しいアイテムです。配色は白をベースに、ネイビーのジャケットとシルバー小物で夏なら ではの涼しげなトリコロールを意識してみました」。ジャケット¥145,000・サーマルニット¥39,000/マディソンブルー パンツ¥20,000/エドウイン・カスタマーサービス(ジョーズ・ジーンズ) サングラス¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥75,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ)STYLE05:フェミニンなカジュアル <夜のちょっとしたお出かけにカジュアルなドレスアップって素敵。といっても派手さを出すわけではなく、ワンピースのボリューム感や肌見せでさりげなく女らしさを香らせる。それくらいが今っぽいな、と思うんです。>たっぷりとしたドレープのキャミソールドレスをさらりとまとい、チェーンバッグとバングルで女らしいツヤ感を。「肌見せは胸もとより背中や肩を出すほうがより大人っぽい。足もとはヒールだと逆に古い印象になるので、ぺたんこサンダルで抜け感を出して」ワンピース¥29,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥41,000(アリアナ)・バングル¥110,000(アグメス)/ザ ストア バイシー 代官山店 ストール¥26,500/アイネックス(アソース メレ) バッグ(ベルトストラップつき)¥129,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) 靴¥124,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/村山佳世子 モデル/ブレンダ コーディネ31 ーター/工藤まや 撮影協力/QUEEN KAPIOLANI HOTEL KNOTS COFFEE ROASTERS.
  • ゆるシャツ&カーデの肩かけで余裕な表情に。勝負の日こそリラックス♪甲子園決勝の行方も気になるけど、今日は社内コンペの勝負デー。シャツ×パンツのきちんとコーデが気合い入りすぎって思われたくないから(笑)、おしゃれな抜け感を作って正解! ストレッチ入りの美脚パンツになじみ色のサンダルで軽さをオン。上半身はベージュのゆるシャツをアウトで着たり、ネイビーのカーデをラフに肩かけしたり。大人シックな配色だから、ほどよく着くずした方がむしろ余裕が感じられて素敵でしょ♡ 仕上げにパールネックレスで上品さを、メガネで知的さと遊び心をプラスすれば、デキる感ばっちり!ベージュの五分袖シャツ¥4900/ダブルネーム ネイビーカーディガン¥2769/無印良品 池袋西武 センタープレスパンツ¥5643/アテニア オレンジサンダル¥5490/ロコンド(MANGO) ショルダーバッグ¥4400/アンビリオン(カシュカシュ) シルバーリング¥2400/サンポークリエイト(アネモネ) パールネックレス¥2500/サンポークリエイト(アネモネ) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/加勢 翼 モデル/飯豊まりえ スタイリスト/辻村真理
関連キーワード

RECOMMEND