夏の黒は、大人な黒!黒のリネンシャツを素敵に☆

Marisol ONLINE
皆さま

こんにちは。

7月も…
あっという間に半ばを過ぎてしまいましたね!

梅雨明けはまだかな~と
太陽が恋しい毎日が続いております。
植物も太陽の恵みがないと弱々しくなると一緒で、人間もお日様の陽を浴びないと何だか気持ちもスッキリしないですね…
でも、梅雨明けを待ちわびた先には、きっとギラギラ太陽の暑い夏の日々がやって来ることを楽しみに(^^)
【Marisol8月号】アラフォーの夏スタイルが参考になる特集がたくさん。また、素敵な美女組の方々の夏のイベント特集も掲載されております。(私も少しですが、載せさせていただいております)
【Marisol8月号】アラフォーの夏スタイルが参考になる特集がたくさん。また、素敵な美女組の方々の夏のイベント特集も掲載されております。(私も少しですが、載せさせていただいております)

今回、夏のsaleで買ったもののご紹介です。
Marisol8月号の特集を参考に
そして…
他のマリソル美女組様の素敵な黒コーディネートブログを参考に
私も黒のリネンシャツを買いました。
TOMORROWLAND
TOMORROWLAND
リネンシャツは、白やイエロー、ベージュ等の淡色カラーは手にすることも多く、私も持っていますが、ダークカラーは持ち合わせていなく…

そんな時、晩夏まで着れるこの一枚のリネンシャツに出逢いました。
【point】
◆ノーカラー
◆首元がVライン
◆透け感に光沢感もプラス
このpointがより女性らしさを魅せてくれる素敵なリネンシャツです。
【OFFな日の大人カジュアルコーデ】
RED CARDのBlackデニムに合わせたオールブラックコーデ
RED CARDのBlackデニムに合わせたオールブラックコーデ
【ONな日の大人きれいめコーデ】
ウエストベルトを外し、前インのシャツstyleモノトーンコーデ
ウエストベルトを外し、前インのシャツstyleモノトーンコーデ

まだまだ楽しみたいコーディネートがありますが、今回はモノトーンでのご紹介でした。

幅広いコーディネートが楽しめるお洋服に巡り会えると何だか嬉しくなりますね!

いつもお洒落を楽しませていただくMarisolを届けて下さるマリソル編集部の皆さま、本当にありがとうございます。

最後までいつもお読み下さる皆さまも本当にありがとうございます。

関連記事
  • ワーキングウーマンに欠かせない、最新テクノロジーを搭載したガジェット。バッグやケースはデバイスファーストで、ストレスなく持ち歩けるアイテムを選びたい。仕事の効率化をかなえながら、スタイルはモードなままで! ライフハック・バッグ デジタル機器を収納しながら、佇まいはスタイリッシュ。ガジェットもファッションの一部に変える最新バッグで、自由なワークスタイルへ。PRADA側面にポケットを配したナイロンカーゴバッグは今季のメンズコレクションから。主室はマチもたっぷりありカメラも収まるサイズ感。 バッグ〈H17.5×W19×D22〉¥197,000・シャツ¥74,000・ニット¥68,000・スカート¥501,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ) 0120-45-1913  机に置いたiPad Pro 12.9-inch ¥111,800〜/Apple Storeコールセンター フラワーベース〈右〉¥6,800(グッチーニ)・〈左〉¥22,000(ANNA)/MoMA デザインストア SAINT LAURENTマルチに使えるバッグは側面のポケットにiPad Proがフィット。「YSL」ロゴ入りのクラッチは単体でも。 バッグ〈H31×W29.5×D17〉¥289,000・ニット¥110,000・スカート¥250,000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) 0120-95-2746 iPad Pro12.9-inch ¥111,800〜/Apple Storeコールセンター ヘッドホン「RIMOWA x Bang & Olufsen Beoplay H9i」¥92,593/TFC ブックランプ¥29,600/MoMAデザインストア(ルミオエスエフ) Dior"オブリーク キャンバス"をまとったAirPodsポーチは、ウエストポーチとのコンビネーションでスタイリングの一部に。 AirPods ポーチ〈H8×W6×D1.8〉¥37,000・ウエストポーチ〈H17×W20×D2〉¥200,000・シャツ¥140,000・ビスチェ¥280,000・パンツ¥140,000・チョーカー¥110,000・リング¥49,000/クリスチャン ディオール(ディオール) 0120-02-1947 iPhone XR¥84,800~/Apple Storeコールセンター "サイボーグ ウィッカー クラブ"チェア¥80,000/マジス ジャパンBOTTEGA VENETAスタイリッシュなフォルムが目を引く薄型バッグは大事な打ち合わせの頼れるパートナー。スリークなカーフ素材をイントレチャートで編み上げ、ちらりとのぞく内側のディープブルーが小粋。マチが広がる作りになっていて、11インチのラップトップが十分に収まる。 バッグ〈H35.5×W34×D25〉¥245,000・ドレス¥400,000・リング¥48,000・靴¥107,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) 0120-60-1966 フラワーベース¥6,800/MoMAデザインストア(グッチーニ) Balenciagaレオパード柄のフェイクファーをまとった、メンズのクロスボディバッグはアクティブに動き回る一日にぴったり。外側のフラップポケットに加え、背面のジップを開けるとスマホが収まるポケット、カードスロットとジップポケットを備え、収納力は抜群。あいた手でスタビライザーを持ち、動画撮影もスムースに! ストラップは取りはずして、ポーチのように使用しても。 バッグ〈H20×W13×D8〉¥86,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) 0570-000-601 iPhone XR¥84,800~/Apple Storeコールセンター SOURCE:SPUR 2019年10月号「ガジェット主役のSLG」photography: Keita Goto〈W〉(model), Takehiro Uochi〈TENT〉(still) styling: Saeko Sugai hair: MIHO EMORI〈KiKi inc.〉 make-up: Mai Kodama〈SIGNO〉 prop styling: Mamoru Hinata model: Stacy K. text: Momoko Yokomizo cooperation: TITLES, YOU ARE WELCOME
  • つい、おろそかになりがちなボディケア。でも、全身のかさつき、ぶよぶよ、色ムラは顔よりもむしろ年齢を目立たせる要因。ボディケアにも妥協しない厳しいプロのお墨つき【ボディケア部門】保湿&エイジングケア<BEST 1>シスレージャパンシスレイヤ インテグラル コンセントレート ボディ クリーム「"塗るエステ"感覚のラグジュアリーなボディクリーム。二の腕やヒップ下などの、ゆるみが気になるパーツに手応えあり! 肌の質感も整い、シルキーな触れ心地に。肘のくすみとシワっぽさが解消されたのもうれしい」(美容コーディネーター 弓気田みずほ)。「こっくりとしたテクスチャーだけどベタつかず、肌をキュッと引き締めながらしっとりつやめく肌に。ゆるみの気になるウエストまわり、たるみが気になるヒップを重点的にケア。ボディエイジングへの意識が否が応にも高まる」(ビューティエディター 平輝乃)。150ml¥33,000<BEST 2> ポーラB.A リキッド「同窓会の2 週間前から毎日1 本飲んでいたら、肌がプリッと立ち上がり、透明感もアップしてなかなかの仕上がりに。慌てて美容医療やエステに駆け込まずとも、自信の肌でいられます。友人から、"ちゃんとお手入れしている肌は違うね"と言われました」(美容ジャーナリスト 小田ユイコ)。 20ml×12本¥8,800。洗いながら頭皮と髪に栄養補給。200ml¥8,000<BEST 3> ITRIMエレメンタリー ボディエマルジョン「テクスチャーのコクとみずみずしさのバランス、香りの官能性とさわやかさのバランスがすばらしい! すっとなじんでベタつきを残さず、それでいて手のひらが吸いつくような感触とハリ感を、使ったそばからかなえてくれます」(美容エディター巽香)。150ml¥10,000【スリミング&マッサージケア】 <BEST 1> メルヴィータジャポンロルロゼ オイルイン アイスジェル「ピンクペッパーのパワフルなスリミング効果と− 6 ℃のクーリッシュな刺激が合わさり、脚のむくみや二の腕のだるさがあっという間にリリースされます。運動していないぷよぷよのふくらはぎとヒップ下のたるみもキュッと引き締まって、表面のでこぼこが軽減」(鵜飼)。「筋肉にがっちり食い込む、本気度の高いアプリケーターに夢中。こり固まった部分をゴリゴリとほぐされる刺激が心地よくて、毎日真剣に続けていたら、脚やウエストまわりもむくみにくくなったような。仕上がりの肌のツルすべ感も極上」(マリソル ビューティエディター ハラチノ)。脂肪排出を促しつつ、涼感アプローチで引き締め感をアップ。ローラーつきで便利。100ml¥4,400<BEST 2> GMコーポレーションエレクトロン エブリワン フィットアップボディジェル「ただ塗布するだけでもむくみが引いていくような気持ちよさを感じるジェル。むくみが気になるふくらはぎから太ももにかけてマッサージを続けていたら、むくみにくくなってきたのに驚いた」(トータルビューティアドバイザー 水井真理子)。超微弱電流を含む電子水がベースのジェル。このおかげで、滞った部分に働きかける植物成分がすばやく浸透。180g¥5,300<BEST 3> コンフォートゾーンボディ アクティブクリーム「軽いテクスチャーとハーブの香りが、心身ともに安らぎを。脂肪分解と抗酸化作用が高いからトレーニング後のケアに最適で、マッサージをしながら塗布すると、なめらかなボディラインに近づける。体の疲れを癒しつつ、メンタルも底上げしてくれるアクティブなクリーム」(ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロ)。200ml¥8,900/コンフォート ジャパン【美白&UVケア】<BEST 1> カネボウ化粧品アリィー エクストラ UV ハイライトジェル「ファンデーションやメイクで肌色補整した顔とのギャップを感じるマリソル世代のボディ色。それを紫外線から強力に守りながらも、透明感を上げトーンアップして見せてくれるというスグレもの」(美容家 神崎恵)。「紫外線をカットしながらくすんだ肌色の補整まで。微細パールの効果で肩口にできる、キレイなツヤ玉を披露すべく、ノースリーブを着たい! と、ボディ改造のへのモチベーションまで上げてくれるスゴイ日焼け止め」(マリソルビューティエディター ハラチノ)。SPF50+・PA++ ++。60g¥2,100(編集部調べ)<BEST 2> アユーラウォーターフィールUVジェル α「ノンストレスで隅々まで塗れ、塗り終わった後、手を洗わなくてもいいと思えるほど、塗り心地が最高。しかも、塗ってしばらくすれば肌がベタつくこともないから、首や腕にも躊躇なく塗れるのがいい」(美容エディター 藤井優美)。紫外線のほか、環境ストレスもブロック。SPF50+・PA++++。75g¥2,800<BEST 3> イプサクーリング ボディ プロテクター「ひんやりとした泡がしゅわっと肌に広がる、それがこんなにも気持ちいいなんて! 肌表面はするんと涼しげ、肌内部はしっとりうるおい、それなのに、万全のプロテクト効果。一度体験すると、戻れなくなる理想の逸品」(美容エディター 松本千登世)。SPF30・PA+++。100g¥3,800【Marisol8月2019年掲載】撮影/山口恵史 スタイリスト・ペーパーワーク製作/郡山雅代 イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/山崎敦子 大木知佳 構成/原 千乃 
  • 男女のファッションの垣根が取り払われた今、ストリートスナップだって、もはや被写体のジェンダーは関係ない。メンズの着こなしも参考にすれば、服選びの幅はぐっと広がるはず。クールなスタイルの持ち主があなたをインスパイアする! パリ2020年春夏メンズオフランウェイに漂う次のムード メンズ・ファッションウィーク開催中の初夏のパリには、時代の空気を体現したジェンダーレスな私服スタイルのモデルたちが集結。次なるスタイルの潮流が、ここから感じ取れるはず!フリルブラウスはグレーのワントーンで辛く透け感のあるエレガントなブラウスは、もはや女性の特権ではない。パロモ スペインのシアーなブラウスを、同じトーンのワイドパンツでシックに着たモデルのポル(@pol.roig)の着こなしは、ぜひそのまま真似したい。足もとは、ナイキのエアマックスではずして。 ※本テーマの@以降は、インスタグラムアカウントです端正な白シャツにはかすかなストリート感をモデルのモー(@itsmomingy)が着たのは、ジル サンダーのシャツ。厚手の生地と端正なシルエットがこのブランドらしい。ディッキーズのパンツやヴァレンティノのロゴスニーカーでカジュアルダウンしつつきれいに着た。ピンクのフーディでストリートルックを愛らしくパステルピンクのフーディが可愛い、モデルのプレーベン(@prebenhelleberg)。パンツや靴にもくすんだ色みを選び、ニュートラルカラーでスタイリング。パンツの丈感やバックパックの柄など、ディテールにこだわりが感じられる。オール黒に赤をきかせ、ボリュームシルエットで遊ぶカイア・ガーバーとデートしているところをたびたび撮られているモデル、ウェリントン(@welllsfargo)をキャッチ。イタリア人デザイナーのブランド、コマキノのワイドパンツと大きめのTシャツのボリューム感で遊んだ。コンバースの赤を差し色に。美しい顔だちで着こなすダッドなパンツスタイル注目の新人モデル、スタインバーグ(@st.einberg)。端正な顔だちを裏切る、ダッド風の私服スタイルがクール。ヒューゴ ボスのワイドシルエットのジャケットとヴィンテージパンツに、ハトメベルトがアクセントを添える。シャイニーなシャツを無造作にドレスダウンモデルのクリスティン(@kristinsoleydrab)の、ビビッドピンクのシャツはヴィンテージ。ドレッシーにも着られそうなシャツを、片側の裾だけタックインして着崩した。スリフトショップで見つけたというプーマのミニバッグがアクセントに。ブルゾンからのぞく南国柄シャツがキュート!H&Mの南国柄シャツが可愛らしい、モデルのピム(@pimamorison)。武骨なムードのヴィンテージブルゾンを、黒で揃えたシャツ&スリムパンツで引き締めた。ボウルカットにしたヘアもよく似合っている。配色カーディガンでつくる絶妙レイヤードモデルのエリアス(@eliasgozal)が着たのはヘンリック ヴィブスコフの配色カーディガン。ウィークデイのシャツ&パンツやサコッシュをアースカラーで揃え、全体をニュアンストーンでまとめた。やわらかなスタイリングにかすかな違和感を持ち込んでいるのは、サロモンのスニーカーだ。ダブルブリッジメガネに宿る、アンドロジナスな彼女の繊細さアンドロジナスなルックスで、DJやモデルとして活動するアガテ(@agathemougin)。サンローランのシャツの襟元を開けてラフに着た。繊細なダブルブリッジのメガネが知的な表情を加える。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年10月号「スナップ・ジェンダーレス時代」photography: Mana Kikuta, Mari Shimmura coordination: Shoko Sakai text: Chiharu Itagaki
  • Marisol ONLINEで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ10を発表!※集計期間:2019年8月6日(火)〜8月19日(月)【ファッション 1位】黒、ブラウン、ネイビー。Tシャツのバリエが豊富な今季、王道の白以外で1色選ぶなら? ★記事はこちら【ファッション 2位】蛯原友里がトライ!夏のヘビロテ靴「スニーカー」の遊び方 ★記事はこちら【ファッション 3位】アラフォーのための「見せキャミ」と「レギンス」どう選ぶべき? ★記事はこちら【ファッション 4位】蛯原友里がトライ!夏のヘビロテ靴「サンダル」の遊び方 ★記事はこちら【ファッション 5位】人気エディター磯部安伽さんの今の気分を足せる「スパイス小物」アクセサリー&小物 ★記事はこちら【ファッション 6位】今買ってすぐ着られる!秋気分を先取りするエムセブンデイズのブラウス&ニット ★記事はこちら【ファッション 7位】スカート丈は長めが主流。アラフォーの同窓会【美女組ファッションSNAP】 ★記事はこちら【ファッション 8位】休日も。働く日も。毎日「ゆるてろパンツ」 を5days着回し★記事はこちら【ファッション 9位】白ベージュグラデで完成させる真夏の時短コーデはやや辛口が決め手【2019/8/2コーデ】 ★記事はこちら【ファッション 10位】夏は涼感のあるリゾートライクなブラックワンピースでおしゃれに手抜きなし ★記事はこちら▶人気記事ランキングをもっと見る
  • 辛めフェミニンOLの通勤用のスニーカーにはモダンな黒がおすすめ。キレのいい黒スニーカーで、お仕事コーディネートをかっこよく引き締め。軽やかに履きたいなら白ソール、モードに履きたいならオール黒を。 辛めフェミニンOL花は黒スニーカーでモダンに 素材感のあるスニーカーで秋ムードを盛り上げて 上質感のあるヘアカーフ素材。靴¥14800/アルアバイル(モヒ) カーディガン¥24000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ワンピース¥8990/プラステ ピアス¥11000/シティショップ(フィリップ オーディベール) 時計¥47000/ニード サプライ(サザレ) バングル¥9000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥26000/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム(サンドクヴィスト) トートバッグ¥11000/ジャーナル スタンダード 表参道(マーロン) MOHI... 靴¥14800/アルアバイル(モヒ)  つやのある黒スニーカーなら職場でも浮かず大人めに レザー素材と細めひもが革靴ライク。クッション性のよいカップインソール。靴「ピーストン」¥15500/モーダ・クレア(マッキントッシュ フィロソフィー) ニット¥5600/ミラ オーウェン ルミネ新宿2 店(ミラ オーウェン) スカート¥24000/フィーニー スカーフ¥23000(参考価格)/アマン(アルテア) 時計¥30000/ウエニ貿易(ドゥッファ) ピアス¥34000/フレーク ブレスレット¥10000/ノジェス バッグ¥152000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) MACKINTOSH PHILOSOPHY[ピーストン] 靴「ピーストン」¥15500/モーダ・クレア(マッキントッシュ フィロソフィー)   ドレスシューズ感覚で使えるオールブラックスニーカー ソールまでオールブラックで統一されたスニーカー。細身のノーズも相まって、スーツ男子にもスッとなじむシャープさが手に入る。よりきちんと見せたい日は、細身の黒パンツに合わせてほどよくマニッシュに。靴「Zilo」¥17000/デッカーズジャパン(アグⓇ) ブラウス¥19000/デ・プレ(ノット) パンツ¥16000/トゥモローランド ピアス各¥21000・リング¥32000/ハルミ ショールーム(コールムーン) バッグ¥28000/アンティット(マルコマージ) サングラス/私物 UGG®[Zilo] 靴「Zilo」¥17000/デッカーズジャパン(アグⓇ) 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/石黒千晶 ※BAILA2019年9月号掲載 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 5.5px Helvetica}
  • 「これまでデニム一辺倒だったのですが、今年の秋は久しぶりにワンピースやプリーツスカートといった女性らしいアイテムに惹かれています」と語るエディターSUGAWARA。そんなフェミニンな装いをバッグ&シューズを使って今年らしく完成させる。 不動のブラック【ジョルジオ アルマーニ】バッグ〈W11×H20×D3cm〉¥300,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ) 「ジョルジオ アルマーニ」のミニマルなクラッチバッグ。「バッグは基本ベーシックなブラックがマイ定番。パーティシーズンにも使える万能なバッグは、ぜひ一つ持っておきたいアイテム。デイリーでもさりげないアクセントとして重宝しそう」。ジョルジオ アルマーニ ジャパンhttps://www.armani.com/03-6274-7070ギャップのある足もとに【セルジオ ロッシ】ブーツ「ウィンタージュリー」〈H1.5cm〉¥55,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 「雨や雪などの時にも活躍しそう!」と選んだ「セルジオ ロッシ」の一足は、ナイロン素材の上にPVCを重ねたレインブーツ。コーディネートのスパイスとしても取り入れられるファッション性の高さも魅力。「足もとは、エッジの効いたオセロット柄でギャップを楽しみたい」。セルジオ ロッシ カスタマーサービスhttps://www.sergiorossi.com/0570-016-600 PROFILE/エディターSUGAWARAウェディングとファッション担当。淡々としていますが笑い声だけよくとおります。好きなものは夕暮れとボサノバとチョココロネ。
  • 人気スタイリスト村山佳世子が提案。アラフォーに似合う大人のカジュアルスタイルとは?スタイリスト 村山佳世子スタイリスト 村山佳世子集英社の雑誌を中心に第一線で活躍し続けるトップスタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)も6刷5万部のヒットに!大人のカジュアルとは? の問いに「ベースはきれいめに、どこかに必ず女らしさを残すこと」と答えてくれた村山さん。アラフォーに似合うその具体例を、5つのイメージで見せてもらいました。STYLE 01:スポーティなカジュアル <まずは注目のボリュームスニーカーを使ったちょっとスポーティなスタイルを。これも実はシャツ+タイトスカートと、ベースの服はきれいめなんです。そこにスニーカーやスカートのリブ素材といったカジュアルな要素を加えてちょっとだけ着くずす、このくらいが、大人にはよいバランスです>「シャツはボリューミーなサイズを選ぶとより今年らしく。さりげなくおしりやおなかもカバーできて一石二鳥です。襟をあけたり袖をまくったりしてラフに着つつ、ナバホパールのネックレスとバングルでさりげなく女らしさを加えて」(村山さん)。シャツ¥25,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥18,000/カオス丸の内(カオス) バングル¥110,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アグメス) ネックレス¥71,000/エスケーパーズ(ハルポ) スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) リュック/スタイリスト私物STYLE 02:ヘルシーなカジュアル<人気再燃中のショートパンツで夏ならではのヘルシーな着こなしに挑戦。女らしさを出すため、パンツはあえてボーイッシュな素材ではなくとろみのある一枚を選んで。トップスはジャケットでもシャツでもいいですが、ぜひ「襟」があるものを。そうすると簡単に上品さが生まれます。>ツヤのあるパンツとラフなリネンジャケットの異素材ミックスにも、上級者らしいおしゃれ感が漂う。「旬のブラウンと白をメインにした色合わせもポイント。子供っぽくなりがちなショートパンツを色みで大人っぽく見せる作戦です(村山さん)」。ジャケット¥44,000/サード  マガジン ニット¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) パンツ¥38,200/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ハット¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) バッグ¥429,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) バングル¥42,000/ザ ストア バイシー 代官山店(ダイナソー デザイン)STYLE 03:クールなカジュアル<黒が主役のクールカジュアルってやっぱり素敵。ただ、アラフォーが黒で辛口に固めすぎると貫禄ばかりが出てしまうので……。遠くから引きで見るとクールでカッコいいけれど、近くに寄って見ると実は甘さがあって女らしい。そんなさじかげんを意識してみました>切りっぱなしのブラックデニムにボヘミアンな刺繡ブラウスを合わせ、ほんのり甘さのある着こなしに。「黒はどうしても重くなりがちなので、ラフにまとめた髪やベージュのバッグ、クリア素材のパンプスなど、コーデを軽やかに見せる工夫をちりばめて」。ブラウス¥69,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ヴァレニキー ファッション) デニム¥28,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥27,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥145,000/アパルトモン青山店(ザンケッティ) 靴¥88,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)STYLE04:トラッドなカジュアル <ラフになりがちな夏だからこそ、ジャケットやローファーで つくるトラッドなカジュアルが気になります。サーマル&コットンパンツのラフな組み合わせにネイビーのリネンジャケットをさらりとはおって、大人マリンな着こなしに。>「今年は薄くて軽くてカーディガン感覚で使える、涼しげなリネンジャケットが本当に豊富。 ラフな服にはおるだけで印象が締まるので、カジュアルなシーンでこそ、ぜひ活用してほ しいアイテムです。配色は白をベースに、ネイビーのジャケットとシルバー小物で夏なら ではの涼しげなトリコロールを意識してみました」。ジャケット¥145,000・サーマルニット¥39,000/マディソンブルー パンツ¥20,000/エドウイン・カスタマーサービス(ジョーズ・ジーンズ) サングラス¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥75,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ)STYLE05:フェミニンなカジュアル <夜のちょっとしたお出かけにカジュアルなドレスアップって素敵。といっても派手さを出すわけではなく、ワンピースのボリューム感や肌見せでさりげなく女らしさを香らせる。それくらいが今っぽいな、と思うんです。>たっぷりとしたドレープのキャミソールドレスをさらりとまとい、チェーンバッグとバングルで女らしいツヤ感を。「肌見せは胸もとより背中や肩を出すほうがより大人っぽい。足もとはヒールだと逆に古い印象になるので、ぺたんこサンダルで抜け感を出して」ワンピース¥29,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥41,000(アリアナ)・バングル¥110,000(アグメス)/ザ ストア バイシー 代官山店 ストール¥26,500/アイネックス(アソース メレ) バッグ(ベルトストラップつき)¥129,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) 靴¥124,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/村山佳世子 モデル/ブレンダ コーディネ31 ーター/工藤まや 撮影協力/QUEEN KAPIOLANI HOTEL KNOTS COFFEE ROASTERS.
  • ゆるシャツ&カーデの肩かけで余裕な表情に。勝負の日こそリラックス♪甲子園決勝の行方も気になるけど、今日は社内コンペの勝負デー。シャツ×パンツのきちんとコーデが気合い入りすぎって思われたくないから(笑)、おしゃれな抜け感を作って正解! ストレッチ入りの美脚パンツになじみ色のサンダルで軽さをオン。上半身はベージュのゆるシャツをアウトで着たり、ネイビーのカーデをラフに肩かけしたり。大人シックな配色だから、ほどよく着くずした方がむしろ余裕が感じられて素敵でしょ♡ 仕上げにパールネックレスで上品さを、メガネで知的さと遊び心をプラスすれば、デキる感ばっちり!ベージュの五分袖シャツ¥4900/ダブルネーム ネイビーカーディガン¥2769/無印良品 池袋西武 センタープレスパンツ¥5643/アテニア オレンジサンダル¥5490/ロコンド(MANGO) ショルダーバッグ¥4400/アンビリオン(カシュカシュ) シルバーリング¥2400/サンポークリエイト(アネモネ) パールネックレス¥2500/サンポークリエイト(アネモネ) メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/加勢 翼 モデル/飯豊まりえ スタイリスト/辻村真理
関連キーワード

RECOMMEND