【2019夏のTシャツコーデ①】大好きなHAIMのバンドTで気分良く!

Marisol ONLINE
長らく無地Tばかり着ていましたが、今年はなんだかプリントTの気分。

というのも、かなりのお気に入りをゲットしたからです!
大大大好き HAIMのバンドT!
ここ数年、ずーーーっと聴いてます。

このTシャツは確かアメリカののUrban Outfittersから出てたもので割とレア。しかも新品で手元に来たし、気分良し!

昔、好きなアーティストのライブで購入したバンドTなど、思い入れがあってよく着ていたので、この感じがかなり懐かしい・・・

Tシャツに何かロゴやらプリントやらが入るとなると、意味は何とか、ちょっとストーリーが気になってしまい(面倒ですね〜)なかなか買えなかったですが、ドンピシャのやつが来ると、やっぱりテンションあがります。
とりあえずHAIMの三姉妹(みなさんそれぞれキャラが立っててめっちゃおしゃれ!)みたいに、定番のデニムにイン、したくなります。

他にも長めのペンシルスカートとか、きれいめパンツにも合いそう。

またインスタの方に、違うコーデも載せていこうと思います。
Tシャツは、なんでもない日でも取り入れやすいのもいいですよね。トマトソースに一瞬ヒヤッとしたけど!

たまには童心に返れるような??アイテムを身に付けるのも、気分が変わっていいな〜と思いました。あとはこの夏用にもう一つ新しいお気に入りがあるので、またご紹介します!
関連記事
  • 洗顔はただ汚れを落とすだけの行為だと思ったら大間違い! スキンケアの第一歩として、なりたい肌の方向性を決める重要なプロセスなんです。言ってみれば、“可愛くなれる洗顔”のしかたがあるんです♡ だからこそ、アイテムもメソッドも今一度見直してみて。教えてくれたのは、美容コーディネーター弓気田みずほさんあらゆるスキンケアアイテムに精通。毎月その審美眼を生かしたセミナーも開催。詳しくはインスタグラム(@yugeta_mizuho)をチェック!美白洗顔でトーンアップ「洗顔で美しい白肌をかなえるには、まず肌に蓄積した古い角質を取り除くこと。よけいな角質がなくなるだけで肌が明るくトーンアップします! まっさらになった肌はその後に使う美白化粧水や美白美容液をぐんぐん吸い込むので、スキンケア効果が数ランク高まります。洗顔時は、角質が残りやすい眉間や口角を特に念入りに洗いましょう」(弓気田さん)❶豆腐のようなクリーム状洗顔料が、たまった角質をからめ取る。ワフードメイド とうふ洗顔170g¥1000(価格は編集部調べ)/pdc❷角質をオフしながらうるおいを与え、みずみずしい透明美肌に。オルビスユー ジュレパック120g¥1800/オルビス❸2分間の泡パックでさらに透明感アップ。レーヌブランシュ イルミネイティングクレンジングフォーム150㎖¥4500/ロクシタンジャポン美白洗顔のポイント眉間、口角、小鼻の脇は、洗い残しが多く角質がたまりがち。泡をのせて円を描くように洗う泡が顔に残ったままだとくすみの原因に。はえ際やフェイスラインまでしっかり洗い流すこと毎日の角質リセットで明るい肌に!トップス¥13000/ストックマン(オットダム) イヤリング¥2600/ゴールディ[プロセス写真]ワンピース¥9200/バーンブリーズ(レフアレア) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/野﨑千衣子 浪花真理子 撮影/岩谷優一(vale.) 久々江 満(製品) ヘア&メイク/コンイルミ(ROI) モデル/松本 愛 スタイリスト/中村美保
  • 男女のファッションの垣根が取り払われた今、ストリートスナップだって、もはや被写体のジェンダーは関係ない。メンズの着こなしも参考にすれば、服選びの幅はぐっと広がるはず。クールなスタイルの持ち主があなたをインスパイアする! パリ2020年春夏メンズオフランウェイに漂う次のムード メンズ・ファッションウィーク開催中の初夏のパリには、時代の空気を体現したジェンダーレスな私服スタイルのモデルたちが集結。次なるスタイルの潮流が、ここから感じ取れるはず!フリルブラウスはグレーのワントーンで辛く透け感のあるエレガントなブラウスは、もはや女性の特権ではない。パロモ スペインのシアーなブラウスを、同じトーンのワイドパンツでシックに着たモデルのポル(@pol.roig)の着こなしは、ぜひそのまま真似したい。足もとは、ナイキのエアマックスではずして。 ※本テーマの@以降は、インスタグラムアカウントです端正な白シャツにはかすかなストリート感をモデルのモー(@itsmomingy)が着たのは、ジル サンダーのシャツ。厚手の生地と端正なシルエットがこのブランドらしい。ディッキーズのパンツやヴァレンティノのロゴスニーカーでカジュアルダウンしつつきれいに着た。ピンクのフーディでストリートルックを愛らしくパステルピンクのフーディが可愛い、モデルのプレーベン(@prebenhelleberg)。パンツや靴にもくすんだ色みを選び、ニュートラルカラーでスタイリング。パンツの丈感やバックパックの柄など、ディテールにこだわりが感じられる。オール黒に赤をきかせ、ボリュームシルエットで遊ぶカイア・ガーバーとデートしているところをたびたび撮られているモデル、ウェリントン(@welllsfargo)をキャッチ。イタリア人デザイナーのブランド、コマキノのワイドパンツと大きめのTシャツのボリューム感で遊んだ。コンバースの赤を差し色に。美しい顔だちで着こなすダッドなパンツスタイル注目の新人モデル、スタインバーグ(@st.einberg)。端正な顔だちを裏切る、ダッド風の私服スタイルがクール。ヒューゴ ボスのワイドシルエットのジャケットとヴィンテージパンツに、ハトメベルトがアクセントを添える。シャイニーなシャツを無造作にドレスダウンモデルのクリスティン(@kristinsoleydrab)の、ビビッドピンクのシャツはヴィンテージ。ドレッシーにも着られそうなシャツを、片側の裾だけタックインして着崩した。スリフトショップで見つけたというプーマのミニバッグがアクセントに。ブルゾンからのぞく南国柄シャツがキュート!H&Mの南国柄シャツが可愛らしい、モデルのピム(@pimamorison)。武骨なムードのヴィンテージブルゾンを、黒で揃えたシャツ&スリムパンツで引き締めた。ボウルカットにしたヘアもよく似合っている。配色カーディガンでつくる絶妙レイヤードモデルのエリアス(@eliasgozal)が着たのはヘンリック ヴィブスコフの配色カーディガン。ウィークデイのシャツ&パンツやサコッシュをアースカラーで揃え、全体をニュアンストーンでまとめた。やわらかなスタイリングにかすかな違和感を持ち込んでいるのは、サロモンのスニーカーだ。ダブルブリッジメガネに宿る、アンドロジナスな彼女の繊細さアンドロジナスなルックスで、DJやモデルとして活動するアガテ(@agathemougin)。サンローランのシャツの襟元を開けてラフに着た。繊細なダブルブリッジのメガネが知的な表情を加える。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年10月号「スナップ・ジェンダーレス時代」photography: Mana Kikuta, Mari Shimmura coordination: Shoko Sakai text: Chiharu Itagaki
  • 毎回待ってましたと言わんばかりに楽しみにしているグレースの展示会へ♪ GRACE CONTINENTALの2019A/Wはトルコ柄を前面にプッシュした華やかな色使いアイテムが推しアイテムのひとつなのだとか! GRACE CLASSはA/Wものでは新鮮な明るめトーンアイテムがズラリ!ミニゼブラ柄や大きなアニマルモチーフのワンピはインパクトがあって1枚でキマりそう DIAGRAMはエフォートレスでくすみカラーのアイテムをプッシュ。着回しの利きそうなセットアップものが気になりました^^ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 Carving Tribesは、安定の彫刻柄ハンドスティッチデザインが可愛い〜〜っ。AWに持ちたい落ち着いた色味のものが揃っていました◎ デザイン性のあるものからパーティーシーン、きれいめカジュアルにまとめたいときにも使える3ブランド+小物展開のCarving Tribesを迎えた全4ブランド展開のグレース♪ 毎回お会いするのが楽しみ!(すぎて写真を取り忘れるw)安定の美人オシャレプレスの森田さん(左)と山下さん(右) 写真は2つ前の展示会のもので季節感ズレてますがお見逃しください。笑 今期のA/Wは全体的にパステルカラーアイテムが多かったことが印象的でした!くすみパステル、かわいかった〜^^ 毎回プレスさんこだわりのセレクトで置いてくださっているドリンクブース、今回はなんともフォトジェニックなレモネードでもてなして頂きました♪ 職業病で、ここのブースの写真が一番多い。。笑 今回は一目惚れして着用感とラインの綺麗さにもグッときたコンチネンタルのロングコートと、DIAGRAMのセットアップワンピをオーダー◎ 届くのが楽しみだな〜^^ また載せまーす! ブランドオフィシャルサイト instagram
  • まだまだ暑い夏は続くけれど、秋を先取りしたいという人も多いはず。そんな、今すぐ着られる素材で、秋カラーを取り入れたアイテムを厳選!夏から秋へのスイッチコーデをお届けします。 ①一枚でもレイヤードでも着映えする!端境期にぴったりなブラウス suadeo【洗える】ふんわりクルーネックブラウス ¥13,800+税   8月~9月はこう着る!! 甘めなピンクブラウンのブラウスはデニムできれいめカジュアルに THE SHINZONE ストレートデニム ¥19,000+税   10月~11月はこう着る!! やさしげなじませトーンで女らしさを宿して suadeo 佐藤繊維コラボ【使える】ロングニットカーディガン¥18,000+税 ②オールシーズン使えるパンツはこっくりブラウンでしゃれ見えを狙って THE SHINZONE ベイカーパンツ¥19,000+税 8月~9月はこう着る!! JOURNEE EN ROSE×ne Quittez pas ボリューム袖刺繍ブラウス¥12,600+税 ブラウン×ホワイトの組み合わせがフレッシュかつ洗練された印象に 10月~11月はこう着る!! suadeo 【MICA&DEAL】コラボレーションジャケット ¥33,000+税 深みのあるワントーンコーデでなじみよく上品にまとまる   他にも厳選商品をお届け中! 詳しくはこちらから↓↓ https://flagshop.jp/fs/shop/pages/fscts3183.aspx    
  • セルジオ ロッシが2019年8月21日(水)~9月3日(火)の間、エストネーション六本木ヒルズ店にて最新コレクションと人気定番シューズを取り揃えたポップアップショップを開催する。ストアデザインはアーティストGary Card(ギャリー・カード)による監修で、イタリア・サンマウロパスコリにある自社ファクトリーの内部をポップに模したスペシャルコンセプトを採用。最新コレクションのテーマである「大胆、アイキャッチ、溢れだす遊び心」を表現した空間となっている。  SERGIO(H7.5cm)¥77,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス新作コレクション「SERGIO(セルジオ)」では、定番パンプス2型からそれぞれポインテッドトゥとチャンキーヒールを組み合わせたデザインが登場。7.5cmと4.5cmという人気のヒールの高さを採用し、インソールにはグラフィカルにアレンジされた70年代のロゴをプリント。 sr YURI(H4.5cm)¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービスまたこのポップアップショップでは、セルジオ ロッシ直営店でのみ展開中の日本限定パンプス「sr YURI(エスアール ユリ)」も登場。洗練された直線的なアッパーと蕾のような曲線的なヒールは、まるで百合の花のよう。こだわりのオールラバーソールは、屈曲性、クッション性ともに優れ、つま先を通した瞬間に履き心地の良さを体感できる。さらに期間中にセルジオ ロッシのシューズを購入した方には、 数量限定で「SERGIO」スペシャルロゴデザインのキャンバストートバッグをプレゼント。なくなり次第終了となるので、ほしい方はぜひ駆けつけて。 エストネーション六本木ヒルズ店住所:東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズヒルサイド けやき坂コンプレックス1階・2階 セルジオ ロッシ カスタマーサービスhttps://www.sergiorossi.com/0570-016-600 text: Fuyuko Tsuji
  • 「これまでデニム一辺倒だったのですが、今年の秋は久しぶりにワンピースやプリーツスカートといった女性らしいアイテムに惹かれています」と語るエディターSUGAWARA。そんなフェミニンな装いをバッグ&シューズを使って今年らしく完成させる。 不動のブラック【ジョルジオ アルマーニ】バッグ〈W11×H20×D3cm〉¥300,000/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ) 「ジョルジオ アルマーニ」のミニマルなクラッチバッグ。「バッグは基本ベーシックなブラックがマイ定番。パーティシーズンにも使える万能なバッグは、ぜひ一つ持っておきたいアイテム。デイリーでもさりげないアクセントとして重宝しそう」。ジョルジオ アルマーニ ジャパンhttps://www.armani.com/03-6274-7070ギャップのある足もとに【セルジオ ロッシ】ブーツ「ウィンタージュリー」〈H1.5cm〉¥55,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 「雨や雪などの時にも活躍しそう!」と選んだ「セルジオ ロッシ」の一足は、ナイロン素材の上にPVCを重ねたレインブーツ。コーディネートのスパイスとしても取り入れられるファッション性の高さも魅力。「足もとは、エッジの効いたオセロット柄でギャップを楽しみたい」。セルジオ ロッシ カスタマーサービスhttps://www.sergiorossi.com/0570-016-600 PROFILE/エディターSUGAWARAウェディングとファッション担当。淡々としていますが笑い声だけよくとおります。好きなものは夕暮れとボサノバとチョココロネ。
  • こんばんは、バイラーズ 日下です^^   暑い日が続きますね〜!  夏場は紫外線と、海やプールでの 髪へのダメージが強まる時期   UV対策に日傘も使いますが やはりデイリーに取り入れやすいのは 日々使うシャンプー・トリートメント!   そうしたことから 今日は、ヘアケアのお話を✌︎   私の髪質は以下の通りです ・細い(髪が絡まる) ・柔らかい(傷み出すとかたい) ・傷みやすい(毎日コテ使用) ▼アラサー女子のメインはホームケア ☝︎下線部クリックで商品詳細へ☝︎   過去に色んなヘアケアを試してきて その中でもダメージケアの観点から 特に良かったアイテムは   ・E STANDARD(イイスタンダード) →アミノ酸ベース、ノンシリコン →スカルプケアも有り   ・KERASTASE(ケラスターゼ) → エクステンショニストがおすすめ →ノンシリコン   ・Aujua(オージュア) →クエンチの”モイスト”がおすすめ  →悩みに合わせて選べる仕様   これらは基本的にサロン専売品 もしくはオンライン購入ですが 今日は店舗(ヘアサロン以外)と オンラインとで購入できる 写真のアイテムもご紹介します^^   ・O by F(オーバイエッフェ ) →”モイスト”タイプがおすすめ →シリコンフリー F organics から生まれたヘアケア✨ 優しい香りと、柔らかな泡立ちで 髪をまっさらな状態にしてくれます!   特にシャンプー後の髪の状態が気に入り こちらをリピートしています^^   オーガニック製品は軋まないか心配でしたが こちらはむしろ髪が柔らくなる感覚! ぜひとも使ってみていただきたい✨ ▼サロンではトリートメント必須 数カ月に一度お世話になるヘアサロン うかがった際には必ずトリートメントを   通っているのは2つなので いずれもご紹介させてくださいね   ご紹介する美容師さんに相談すれば ダメージヘアに悩む方も きっと解決策が見つかるはず!   LONESS(ローネス) 表参道と銀座に店舗を構えるサロン 私は片山さんにお願いしています^   冒頭ご紹介したホームヘアケアのうち Aujua(オージュア)を購入できます!   更に、滅多に取扱いのない Oggi Otto(オッジィオット)も置いてあり そのトリートメントメニューまで✌︎   下線部クリックで過去のブログも読めます   先述の2つの製品でホームケアを続けるには ロングヘアの私にはコスパ問題が...   そのため、サロンに伺う際の 特別なケアとして取り入れています Drive for garden こちらは銀座にあるヘアサロン 一番合戦さんにお願いしています^^   こちらのサロンのトリートメント 終わった後の感動がすごくてですね トリートメントだけでもサロンに伺うほど!   お財布と要相談なので なかなかそんな贅沢はできませんが 行く価値あり、試す価値あり!の トリートメントが受けられますよ〜   ケアだけでなく、カットもカラーも 一番合戦さんとお話することで 同世代の女性ならではの視点から いつも本当に素敵に仕上げてくれます✨   冒頭ご紹介したホームヘアケアのうち E STANDARD(イイスタンダード) KERASTASE(ケラスターゼ) の取扱いもありますよ〜! ▼BAILA9月号付録も大活躍 話はホームケアに戻りまして 発売中のBAILA9月号 付録の ミラクルブラシもケアに大活躍✨   髪が長い分、絡まることもあり 誤ったケアをすると傷みが増し枝毛も...   今の時期は明るい日差しのもと ふと人目にさらされた時に 毛先が傷んでいるのが目立つことも!   こちらのブラシは高級な豚毛を使用☝︎ とかすたびに綺麗なツヤを生み出し クッション性があることから 気持ちよくブラッシングできます^^   持ち手の先端部分でマッサージもでき 髪の根本である根本を刺激しつつ 綺麗な髪を作る、保つにはうってつけ!   ぜひ取り入れて美髪を手に入れてください✨   ご紹介したアイテムもサロンも 本当におすすめで 過去リピートしたものばかり^^   皆さんにも合うと嬉しいです また、更新しますね! Instagramはこちらから
  • 人気スタイリスト村山佳世子が提案。アラフォーに似合う大人のカジュアルスタイルとは?スタイリスト 村山佳世子スタイリスト 村山佳世子集英社の雑誌を中心に第一線で活躍し続けるトップスタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)も6刷5万部のヒットに!大人のカジュアルとは? の問いに「ベースはきれいめに、どこかに必ず女らしさを残すこと」と答えてくれた村山さん。アラフォーに似合うその具体例を、5つのイメージで見せてもらいました。STYLE 01:スポーティなカジュアル <まずは注目のボリュームスニーカーを使ったちょっとスポーティなスタイルを。これも実はシャツ+タイトスカートと、ベースの服はきれいめなんです。そこにスニーカーやスカートのリブ素材といったカジュアルな要素を加えてちょっとだけ着くずす、このくらいが、大人にはよいバランスです>「シャツはボリューミーなサイズを選ぶとより今年らしく。さりげなくおしりやおなかもカバーできて一石二鳥です。襟をあけたり袖をまくったりしてラフに着つつ、ナバホパールのネックレスとバングルでさりげなく女らしさを加えて」(村山さん)。シャツ¥25,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥18,000/カオス丸の内(カオス) バングル¥110,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アグメス) ネックレス¥71,000/エスケーパーズ(ハルポ) スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) リュック/スタイリスト私物STYLE 02:ヘルシーなカジュアル<人気再燃中のショートパンツで夏ならではのヘルシーな着こなしに挑戦。女らしさを出すため、パンツはあえてボーイッシュな素材ではなくとろみのある一枚を選んで。トップスはジャケットでもシャツでもいいですが、ぜひ「襟」があるものを。そうすると簡単に上品さが生まれます。>ツヤのあるパンツとラフなリネンジャケットの異素材ミックスにも、上級者らしいおしゃれ感が漂う。「旬のブラウンと白をメインにした色合わせもポイント。子供っぽくなりがちなショートパンツを色みで大人っぽく見せる作戦です(村山さん)」。ジャケット¥44,000/サード  マガジン ニット¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) パンツ¥38,200/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ハット¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) バッグ¥429,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) バングル¥42,000/ザ ストア バイシー 代官山店(ダイナソー デザイン)STYLE 03:クールなカジュアル<黒が主役のクールカジュアルってやっぱり素敵。ただ、アラフォーが黒で辛口に固めすぎると貫禄ばかりが出てしまうので……。遠くから引きで見るとクールでカッコいいけれど、近くに寄って見ると実は甘さがあって女らしい。そんなさじかげんを意識してみました>切りっぱなしのブラックデニムにボヘミアンな刺繡ブラウスを合わせ、ほんのり甘さのある着こなしに。「黒はどうしても重くなりがちなので、ラフにまとめた髪やベージュのバッグ、クリア素材のパンプスなど、コーデを軽やかに見せる工夫をちりばめて」。ブラウス¥69,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ヴァレニキー ファッション) デニム¥28,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥27,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥145,000/アパルトモン青山店(ザンケッティ) 靴¥88,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)STYLE04:トラッドなカジュアル <ラフになりがちな夏だからこそ、ジャケットやローファーで つくるトラッドなカジュアルが気になります。サーマル&コットンパンツのラフな組み合わせにネイビーのリネンジャケットをさらりとはおって、大人マリンな着こなしに。>「今年は薄くて軽くてカーディガン感覚で使える、涼しげなリネンジャケットが本当に豊富。 ラフな服にはおるだけで印象が締まるので、カジュアルなシーンでこそ、ぜひ活用してほ しいアイテムです。配色は白をベースに、ネイビーのジャケットとシルバー小物で夏なら ではの涼しげなトリコロールを意識してみました」。ジャケット¥145,000・サーマルニット¥39,000/マディソンブルー パンツ¥20,000/エドウイン・カスタマーサービス(ジョーズ・ジーンズ) サングラス¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥75,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ)STYLE05:フェミニンなカジュアル <夜のちょっとしたお出かけにカジュアルなドレスアップって素敵。といっても派手さを出すわけではなく、ワンピースのボリューム感や肌見せでさりげなく女らしさを香らせる。それくらいが今っぽいな、と思うんです。>たっぷりとしたドレープのキャミソールドレスをさらりとまとい、チェーンバッグとバングルで女らしいツヤ感を。「肌見せは胸もとより背中や肩を出すほうがより大人っぽい。足もとはヒールだと逆に古い印象になるので、ぺたんこサンダルで抜け感を出して」ワンピース¥29,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥41,000(アリアナ)・バングル¥110,000(アグメス)/ザ ストア バイシー 代官山店 ストール¥26,500/アイネックス(アソース メレ) バッグ(ベルトストラップつき)¥129,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) 靴¥124,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/村山佳世子 モデル/ブレンダ コーディネ31 ーター/工藤まや 撮影協力/QUEEN KAPIOLANI HOTEL KNOTS COFFEE ROASTERS.
関連キーワード

RECOMMEND