七夕デートは定番Tシャツ×デニムにガウンを羽織って女っぷりUP!【2019/7/7コーデ】

Marisol ONLINE
夏の楽ちんコーデの定番であるTシャツ&デニムをアラフォーが着こなすなら、エレガント要素をとりいれるのがマスト。織姫の羽衣のようにしなやかに揺らめくロングガウンや、ビジューつきサンダルや金具使いが光るバッグを加えて、大人の余裕とほどよくリッチ感を意識して。
サンダル¥28,000(イル・サンダロ・オブ・カプリ)・バッグ¥29,000(ウィウィー×デミルクスビームス)/ビームス ハウス 丸の内 ガウン¥52,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) カットソー¥5,800/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼Tシャツコーデの関連記事もチェック
トレンドのシャツやブラウス、ベーシックで女っぷりの上がるTシャツまで。 アラフォーに最適なものだけを厳選!
夏の通勤コーデは、夏に失われがちな清潔感を手に入れることがポイント。うだるような暑さでも、過度な肌見せは通勤コーデとしてはだらしなく見えてしまうかも。コーデの配色や素材選びで清涼感=清潔感が生まれます!
フラット靴しか履いていないのに、ちゃんときれいで女っぽい。パンツ派・SHIHOの「楽してきれい」なコーデ術をマスター!
関連記事
  • 柔らかでシンプルなオフ白のステンカラーコートにはパイソン柄ブーツをチラ見せして引き締めて明日はスワッグづくりのワークショップに一人で行く予定。はじめましての人たちが集うので、万人受けするようにブラウンのグラデコーデにオフ白のステンカラーコートで参加。足もとにパイソン柄のショートブーツはチラリと見せて少しだけ個性を発揮して。クリスマスリースよりも簡単にできそうなスワッグづくり、落ち着く香りに心も癒やされそう!コート¥95,000・ニット¥59,000/オーラリー 靴¥35,000/マルティニーク ルコント  ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ) パンツ¥84,000/マディソンブルー 帽子¥35,000/プラージュ 代官山店(クライド) バッグ¥53,000/ショールーム セッション(モダン ウィービング)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「白」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • 先日70代の女性にお会いする機会がありました。その方の佇まいが本当に美しくて、ヘルシーで。理想的な歳の重ね方だなあ、と見とれていてふと気づいたのはピンと伸びた背筋のきれいなこと。思わず、自分の曲がった背筋を省みましたよね。幼少期からずっと猫背が癖になっており、前傾姿勢で過ごしてはや数十年……。私も、立ち姿の凛とした人になりたい!!と改めて痛感したところで突然ですが、こちらの不思議なかたちのサンダル、ご存知ですか? インターネットの評判を見て衝動買いした一品です。言わずと知れたバレエ用品のブランド、チャコットから出ている「goo po(グーポ)」というもの。ダンサーの姿勢矯正や上達のためのノウハウを活かしたトレーニングサンダルなのです。使い方はシンプルで、足の指で前方をがっしりグリップしつつ、かかとを地面につける。その状態で家事をしたりいつも通りに過ごすだけ。さっそく数分家の中をうろうろしてみましたが、これが驚くほどキツイし歩きづらい!  普段使わないふくらはぎの筋肉がピィィィーーン!とダイレクトに伸びている実感が。同時に、かかとが下がることにより身体の重心も変わり、おしりはきゅっと締められて自然と背筋が伸びている。それがとても“辛気持ちいい”みたいな状態でして、20分ほど履いていたら冬だというのに汗ばみました。使ってみた初日の翌日はしっかり筋肉痛に。ただ、よくストレッチされたからか足のむくみはなくてすっきりしているのが嬉しい! いま始めて一週間ほど経ちましたが、はじめほど筋肉が痛くなりませんし、続けたらもっと変化が実感できるじゃないかなと。現に、goo poを履いていない時間でも、ちょっと姿勢を意識するようになりました。すこやかな美筋肉を身に着けたい一心で、地道に頑張りたいと思います。
  • はじめまして。今期から美女組ブロガーとして活動させていただくchiccaです。小物もファッションもニュアンスカラーが好みです。 Marisol12月号も「白×淡色で作るおとなのミルキー配色」を参考にしています。 柔らかなカラーは、女性らしく上品で優しい雰囲気を演出してくれるので、 アラフォー、特に40歳になってからはマイベーシックカラーとなりました。 ヘビロテの小物も、ミルキーベーシュカラーばかり。Marisol12月号の 今月の"ひと目惚れ”買い!で紹介されている キャッシュレス時代のスモールレザーグッズ。 私も、時代の波にのり、長財布からミニ財布派に転向しました。 やっと巡り合えたのが、こちらのミニ財布。 L'arcobaleno(ラルコバレーノ)のものです。 Beige×Whiteの上品なカラーリングが好みです。 小さくても、カード、ID、お札、コインなど、ぴったり収まるので これひとつで事足ります。 もう長財布は持てないほど、手軽で手放せない気に入りアイテムです。 これから、どうぞよろしくお願いいたします。 chicca美女組No.185 chiccaのブログ
  • 11/30(土)〜12/6(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!11月30日(土)スウェット感覚で着られるプルオーバーニットでデニムパンツを格上げ ★コーデの詳細はこちら >12月1日(日)週末デートは、もっさり見えない美ボディラインな大人ニットコーデで ★コーデの詳細はこちら >12月2日(月)月曜の朝に余裕をもたらしてくれるのは鉄板ネイビーのセットアップ! ★コーデの詳細はこちら >12月3日(火)Xmasに向けて女を磨く強化月間開始!まずはワンピースで女性らしく ★コーデの詳細はこちら >12月4日(水)ほっこり感を払拭してくれるトレンドの白ブーツでアクティブに出勤 ★コーデの詳細はこちら >12月5日(木)買い物に便利!両手が自由になるボディバッグは同系色でなじませて ★コーデの詳細はこちら >12月6日(金)怒涛の忘年会ラッシュ。絶好調な自分を表すオレンジコートで元気よく ★コーデの詳細はこちら >☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
  • ヴィンテージならではのデザインと買いやすいプライスでつい手が伸びてしまうアクセサリー古いもの好きとしまして(笑)、まず初めにご紹介したいのがエルメスとティファニーのヴィンテージアクセサリーです。 年代はそこまで古いものではないと思いますが、新品とはひと味違ったデザインと雰囲気が気に入って気づいたら結構集まっていました。 新品と比べて買いやすい価格も魅力的です。 ボリューム感のあるものも自然になじみながらアクセントになってくれるのでシンプルコーデにも重宝します。手前のリングはエルメス、その他は全てティファニー赤リップとふわふわニットに少しハード目なチェーンブレスのバランスがお気に入りです。こちらはティファニーのゴールド&シルバーのコンビリング。太くて大ぶりですがヴィンテージならではの落ち着き感があるのでしっくりと馴染みます。いつもネイルをしないのでボリュームのあるリングで手元を華やかにします。美女組No.179 Ikumiのブログ
  • トレンドのロング&リーンなシルエットを堪能できるのは着流しコート×フレアデニム頭がぼーっとする週末は、余計なことを考えなくてもすむデニムコーデがお気に入り。そこにグレーのロングコートを着流せば都会的な印象に。黒のショートブーツやパイソン柄のミニバッグでコーデ全体をモードに寄せつつ、ぐるりと巻いたフリンジストールでおしゃれに防寒をして。雑貨屋さんで可愛いいものが見つかりますように。コート¥82,000/ebure バッグ¥55,000(エレメ)・靴¥72,000(ペリーコ)/アマン ニット¥29,000/オーラリー パンツ¥34,000/サザビーリーグ(マザー) ストール¥40,000/アイネックス(アソース メレ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「デニム」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • 美女組ブログ、初投稿!自己紹介をさせていただきます☆はじめまして! この度美女組で 活動させていただくことになりました masakoと申します。 3人の元気な小学生男子を育てながら 企業で人事育成の仕事をしている ワーキングマザーです。 家事に仕事に育児に 賑やかに日々過ごしてきましたが 少しずつ子供たちも大きくなり 自分のための時間も持てたらと思っていた そんなタイミングで 美女組に参加できることになり ワクワクしています。 ファッションの話題を中心に アラフォーを明るく 明日が楽しみになるような そんな発信をしていきたいと思っております。 どうぞ宜しくお願い致します! ★------------- 10月、美女組のカメラテストと二次審査に 呼んでいただいた日は 子供たちの小学校文化祭の日でもありました。 小学校の公開授業→美女組審査→小学校文化祭に戻るというスケジュール どういう洋服で臨んだらいいか悩みました。 学校はお祭りで土曜日なのでラフでもOK 審査は私服でということでしたので 「私らしく、いつも通りで行こう!」と パーソナルカラーや骨格・顔タイプ診断をもとに 淡い色で柔らかい雰囲気にして 母から譲り受けたヴィンテージのバッグと 赤いパンプスでアクセントをつけてみました。 Tops:SHIPS Cardigan:SHIPS Skirt:TIARA Necklace:VanCleef&Arpels Bag:CHANEL Panps:Odette e Odile これからMarisolで 素敵な読者の皆さま、美女組の皆さまと ご一緒させていただきながら 装いをブラッシュアップしていきたいです! お読みいただきありがとうございます。 これからどうぞ宜しくお願い致します!美女組No.177 masakoのブログ
  • 前回からスタートした、バイヤーが惚れこんでいる人気ブランドとクオリティの高いアイテムを徹底的に取材する、「BRAND feature」。 第2回は、バイヤーmiyajiが惚れこんでいる、2017年秋冬からスタートした靴ブランド”LAURENCE(ロランス)”。代表でありデザイナーの森謙介さんに、スタートして2年という速さで、人気セレクトショップでも大人に女性に支持される理由を取材しました。   整然と美しいアトリエで語るデザイナーの森謙介さん。   「ロランス」をはじめたきっかけ   もともとセレクトショップでメンズのバイヤーをしていて、海外でコレクションブランドから素材までさまざまなアイテムの買い付けをしていました。そこから独立して、2010年から7年間、レディースシューズブランドの立ち上げに携わり、その後、2017年秋冬のコレクションから自身のブランドである「ロランス」がスタートしました。   海外での買い付けなどを通じて、靴を買ったときの高揚感や、所有欲を満たすドメスティックブランドが、日本ではまだまだ少ないのでは?と感じました。世界に誇れる日本のものづくりを追求しながら、同時に手にした時に高揚感を得られる靴をつくっていきたい、その様に感じたことがきっかけです。   手にするだけで心が踊る愛らしい赤い「BEACH」。   ブランドの名前の由来   嘘でもなんでもなく、ふと天から降りてきたんです(笑)。あとから調べてみたら、『LAURENCE ANYWAYS』という人間の内面の美しさを描いたフランス映画があり、物語で描かれているような、心の美しさを大切に考えるスタイルある女性に愛されることを願い、デザインしています。   「ロランス」の一番のこだわり   デコラティブな装飾性はなく、カットやライン、素材など、男性デザイナーならではの細部にこだわったデザインが特徴です。以前は、レディースシューズもフェミニンなものが主流でしたが、最近はメンズライクな装いも定着し、クオリティコンシャスで、しっかりとしたものづくりが評価されるようになってきました。時代性はもちろん意識しますが、トレンドに流されないスタイルのあるものを作っていきたいですね。購入した方に長く大切に履いていただけるように、その様なイメージです。「シルエットを操る靴」を最も大切なテーマにしていて、履いた足元、立ち姿まで美しく見えるのが一番のこだわりですね。   こちらは、この春新作のポインテッドスクエアの木型で仕上げた、タッセルフラットミュール『BEACH』です。 端正な表情が印象的なホワイトの「BEACH 」。   こういうスリッパタイプの靴は、かかとがついてこないことが多いのですが、これは甲の部分を深くし、後ろまでカットラインを伸ばしているので、驚くべき履き心地なんです。サイド部分を見ていただくと、アッパーのカットラインとヒールがつながっているように見えるので、造形のバランスが美しく、足もちゃんとついてくるので歩き姿もエレガントです。また、タッセル部分も、剣先のような切りっぱなしのものが主流ですが、革を二重にししてハサミを入れることで、先を丸くフェミニンなディテールに仕上げているところも特徴です。 クラシックエレガンスを感じる一足。 トレンド感あるスクエアトゥは、つま先を圧迫せず歩きやすい。 アッパーからヒールへ繋がるカットライン。 大人可愛いタッセル。   ロランス『BEACH』の商品はこちら↓ https://flagshop.jp/fs/shop/g/g3606340235FS?aid=mg_article_uchiyama     ベストセラーのパンプスの魅力   足当たりのとても柔らかい山羊革を使用してます。4センチヒールって、ややコンサバになりがちですが、ヒールに横幅をもたせ、ヒール内側に空間アーチをデザインすることで、ベーシックになりすぎない抜け感を演出しています。見た目はスッキリとしていながら、リフト面を大きく、チャンキーヒールと同じぐらいの安定感と、ロランス独自の足裏全体に沿う、木型から生まれる包み込むような履き心地が魅力の一足です。 ほどよいモード味を備えたプレーンパンプス。 キッドスムース革特有のシボ感がモダン。 歩いても疲れない横幅のあるオリジナルヒール。   深い履き口と白と黒のデザインのこだわり   今のトレンドの服は、今までのプレーンなパンプスだときれいすぎてバランスが取りにくい。でもこの深いカットのデザインなら、オンにも履けるし、オフにも履ける思います。例えば、トレンドのワイドパンツとかにも合いますよね。 幅広いシーンに活躍する万能の2足。   色は白と黒です。白いパンプスは汚れやすいし、足元だけ浮くのでは?と敬遠されがちですが、アイボリー調のキッドスムースは、洋服ともなじみ、スタイリングに溶け込みます。つるっとしたレザーだと授業参観ぽくなってしまうので、適度なシボ感のあるキッドスムースレザーは最適です。程よいモード味もありながら、これなら冠婚葬祭にも使えますよ。   ロランス『MOCK ARCH 40』の商品はこちら↓ https://flagshop.jp/fs/shop/g/g3606320135FS/?aid=mg_article_uchiyama   サンダルも履きやすいと評判   マニアックな話ですが、普通のレディスシューズは、シンプルに吊り込まれた靴が一般的。が、これはメンズのシューズのように張り出し感がり、底面にボリュームが生まれ、表情豊かに見えるのが特徴です。ステッチも普通の縫い方ではなく、拝みのステッチを採用しました。革を中底に巻き巻み、その後ミシンで中底まで縫うので、独特のぷっくり感が出ているでしょう?また、ヒールも本革を重ね高級感が際立ちます。しかも、このソールは、独自に開発したロランスオリジナルのハイブリットソールで、濡れた路面も歩けるし、滑らないんです。目に見える部分は本革でクラス感を演出し、ソールは機能性を考えて合成底にするなど、理にかなった機能美を心がけてます。 こだわり部分を熱く語る森さん。靴への愛情が溢れて。   中底がきれいに巻き込んだソールの美しさに注目。   こだわり部分を語ると多すぎて、キリがないのですが、さらにもうひとつ(笑)。ブランドの刻印を足の乗るところににプリントする場合、多くは中底に革を巻き込む段階で歪んでしまうので、後からブランド名を刻印した別のパーツをのせることが多いのですが、ウチは高い技術を持つ職人さんに手掛けてもらっているので、最初からブランド名を刻印した革を巻き込み様にしています。サンダルは素足ですので、中敷きにステッチを施さず、足当たりからくる心地よさを大切に考えています。 細部のつくりにこだわったサンダルは気品が宿る。   カジュアルなフットベットサンダルもエレガント   こちらは、最高級のベビーカーフを使用し、フットベッド全体もスムースレザーで包んだとてもリュクスな一足です。パンプス同様に白でもアイボリー調なのでなじみやすく履きやすい。コバ部分にはゴールドのラインを職人技で施しアクセントにしています。足裏に触れるフッドべッドは、柔らかいスムースレザーで包んでおり、履き心地も抜群。どの角度から見ても美しく、カジュアルなデザインですがとてもエレガントで、高級感を感じていただけると思い増す。ソールは前部分を2センチ、かかと部分を4センチと緩やかな傾斜をつけているので、歩きやすく、適度なボリューム感は、その対比から足も細くきれいに映し出します。 黒のソールがアイボリーを品よく引き立てて。   4センチのヒール高がスタイルを美しく見せる鍵に。   さりげなく配したゴールドのラインがお洒落のアクセント。   靴下を履けばオールシーズン活躍してくれる便利サンダル。   上品なベージュ色のストラップはきれいな型押しレザーで。   ロランス『FB CROSS SANDAL』の商品はこちら↓ https://flagshop.jp/fs/shop/g/g3409930002FS/?aid=mg_article_uchiyama     メイド・イン・ジャパンのこだわり   LAURENCEの靴はすべて東京の工場で、職人に手によって作られます。ロランスのクオリティを満たす、細部にこだわった靴をつくれる職人はごくわずかなのが現状です。その様なすばらしい職人に「ロランスの靴を作っている」と誇りを持っていただけるようなブランドに成長させることが私の使命です。モデル数をたくさん増やすのではなく、1点1点の完成度を高めて本当によいものを作っていきたいと思います。 どちらも長く愛せるエレガントなベーシックカラー。   親指ストラップのヌーディなデザインも安定感抜群。   白いステッチをアクセントにした実用美を兼ねたデザイン。   カジュアルなサンダルなのにこんなにもエレガント顔。   ななめにカットした甲のストラップが美脚に見える秘密。   ロランス『TERRANEA 15』の商品はこちら↓ https://flagshop.jp/fs/shop/g/g3606360135FS/?aid=mg_article_uchiyama     トレンドではなくスタイルを大切に考えます。 スタイルとは様式ですので、作法や文化などを大切な要素に、これからも現代女性にふさわしい靴を真摯に手がけていきたいと思います。(森謙介さん談)   LAURENCE (ロランス)2020年春夏コレクションをチェック↓ https://flagshop.jp/fs/shop/r/r24696/?aid=mg_article_uchiyama       撮影/吉岡真理 文/土橋育子 構成/内山しのぶ        
関連キーワード

RECOMMEND