ロングスカートとコーディネートしてもバランスよく見える!スカート派のための4足

Marisol ONLINE

【1】 ネブロニのサンダル

ひとさじで女っぷりをアップさせるには、赤いシューズがおすすめ。パキッとした朱赤のサンダルなら、女らしいけど甘すぎず、今年らしいフェミニンコーデが完成。サンダル¥44,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ネブロニ)

【2】ユナイテッドアローズのバレエシューズ

ブラック&カーキといった辛口配色のコーディネートに女っぷりをプラスしたいときに重宝するのがバレエシューズ。涼しげな輝きを放つ甘すぎないシルバーで、夏らしい軽やかさを出して。バレエシューズ¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) 

【3】マノロ ブラニクのパンプス

フラット靴でもドラマティックにしたいときは、フレンチシックなドットのパンプスをチョイス。黒メインのシックな配色にすれば、マキシ丈のワンピースを合わせても甘すぎず大人な着こなしに。靴¥119,000/ドゥロワー 丸の内店(マノロ ブラニク) 

【4】ペリーコのパンプス

着こなしが甘くなりがちな時におすすめなのが、パイソン柄のポインテッドトゥパンプス。着こなしをピリリと引き締めつつ、シンプルコーデのアクセントになる。靴¥51,000/リエス(ペリーコ) 
撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/徳原文子   【Marisol7月号2019年掲載】
関連記事
  • ワンピース¥3990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 スウェット¥1990/UNIQLO スカーフ¥2700/UNRELISH イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥8900/COO(LAUGOA) 靴¥27500/モーダ・クレア(ランバン オン ブルー)夏の間、1枚でヘビロテしていたシャツワンピ。秋になったらスウェットをレイヤードしてスカートっぽく活用。ワンピは落ち着いたグレージュだから秋の着こなしにもすんなりスライドできるよ。重ねるスウェットはメンズライクなビッグシルエットが旬。モデル/岡本夏美 撮影/田形千紘 ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶シャツワンピコーデ記事一覧はコチラ
  • 秋の気配は感じるものの、まだ暑い日。そんなときは何を着る?!もう夏服は終わりかなぁ、と思っていたら 暑さを感じる今日。 でも夏っぽい服装はもう着たくない。 そんなときは、色に頼ります。 ワンピース:birthday bash / カーディガン:PLSTブラックのノースリーブワンピースは、 完全に夏っぽいアイテム。 それに、 この秋冬のメインカラーになるブラウンのカーディガンを。 ちなみにカーディガンも 夏のUV加工のコットンカーディガンです。 ですが、 ブラウンをさすだけで、 秋ぽくなるので不思議。 夕方以降涼しくなれば、 カーディガンを羽織れるので 便利。便利。 ▶︎▶︎My instagram 美女組No.113michiのブログ
  • 今年の秋の本命カラー「ブラウン」。 ブラウンのこっくりとした色味を1点投入するだけで瞬時に秋っぽさもプラスしてくれるので、最近のコーディネートに欠かせないカラーです。 ですが、ブラウンは落ち着いた雰囲気のカラーでもあるので女性らしさが物足りたないと思われる方もいらっしゃるのでは?  そこで、今回は私が気に入っている、トレンド感と女性らしさを叶えてくれるブラウンカラーのアイテムついてご紹介します。 フェミニンコーデが大好きな私が気に入っているトップスがこちら。 "ブラウンカラーのバックシャントップス" バックシャンとは、写真の通り後ろが大胆に露出されているデザインのこと。 バック(後ろ姿)がシャン(美人)という意味で、露出以外にもさりげないワンポイントデザインやリボンが付いていたりなど、後ろ姿を美しく魅せてくれるデザインのことを指すようです。 実はこちらのトップスは正面から見ると・・ シンプルなクルーネックトップスなんです。袖が5部丈になっていて、季節の変わり目にぴったり。 また、リブ素材なので花柄スカートはもちろん、デニムなどのカジュアルスタイルとも相性抜群な着回し力の高い1枚です。 後ろが、カシュクールに仕立てた程よい肌魅せデザイン。落ち着いたブラウンカラーですが、バックシャンなデザインが女性らしい印象を与えてくれますよ。 SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)のバックカシュクールトップという商品で、ブラウン以外にもグリーンとアイボリーのカラーがありました。 シンプルなトップスは何枚持っていても重宝しますよね。 今年のトレンドカラー「ブラウン」のトップスに女性らしさをプラスしたいなら、ぜひバックシャンな1枚にトライしてみては? そして、自分にぴったりなブラウンカラーが知りたい方は、ぜひBAILAのカラー診断をチェックしてみてください!イエローベース・ブルーベース、女顔・男顔など、自分のタイプからあなたにぴったりなブラウンカラーを診断してくれますよ。 【カラー診断で知ろう!】今季トレンドの「ブラウン」。自分に似合うのはどれ? 朝晩の肌寒さから秋の訪れを感じる今日この頃。 瞬時に秋感を叶えてくれるブラウンカラーを纏って、秋のおしゃれを楽しみましょう! ▶︎ instagramはコチラ
  • 日本初の直営店となる「ヴェラ・ウォン ブライド銀座本店」にて、成約特典付き受注会イベント「FIT TO ORDER EVENT」が、2019年9月21日(土)~ 30日(月)までの期間限定で開催される。 そのモダンかつラグジュアリーなデザインから、ブライダルファッションの最高峰とも称されるヴェラ・ウォン ブライド。1点1点オーダーメイドで制作されるドレスは、まさに世界中の花嫁の憧れ! 20年以上に渡ってインポートドレス人気を牽引する、時代の最先端をいくブランドだ。 そんなヴェラ・ウォン ブライドの人気ラインが、イベント期間中は一同にラインナップ! ウェディングドレスやカラードレスの試着が体験できる他、プロによるトータルコーディネートも楽しめる。この期間だけの購入者に向けたスペシャルな特典もあるので見逃せない。イベントは完全予約制。試着希望のドレスがあれば事前にリクエストも受け付けているので、ぜひサイトでチェックしてから予約して。 名だたるセレブリティも虜になる、最高峰のウェディングドレス。モードなドレスを求める花嫁は、この貴重な機会にぜひ訪れてみて。 「FIT TO ORDER EVENT」日程:2019年9月 21日(土)~ 30日(月)時間:11:00~19:30(平日)、10:00~19:00(土日祝)場所:ヴェラ・ウォン ブライド銀座本店住所:東京都中央区銀座1-5-8*完全予約制予約方法:電話もしくはメール(ginza@verawang.com) ヴェラ・ウォン ブライド銀座本店https://www.hatsuko-endo.co.jp/verawang/03-3535-2688
  • 秋のブームを語るのに欠かせないブラウン。夏は合わせる色や素材、形で軽さを出し、秋はレイヤードやこっくり配色で季節感を全面に!ハンサムな印象の濃いめブラウン。抜け感の出るオーバーサイズ。 ジャケット¥10800/EMODA ルミネエスト新宿店白T×デニムの夏の王道スタイルに肩掛けして大人っぽく やんちゃなデニムスタイルも、ジャケットとヌーディなサンダルに頼れば途端に女らしさが増す。 Tシャツ¥5980/eimy istoire ルミネエスト新宿店 パンツ¥9800/RD ルージュ ディアマン イヤリング¥2371/CHIPPI&CUU バッグ¥5500/ACCOMMODEルミネエスト新宿店 靴¥12500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ミニスカ合わせでいい女感出してみたり ロングジャケットからちらっとスカートの裾をのぞかせて。ALLブラウン系で今っぽい印象に。 ニット¥3900/MEW’S REFINED CLOTHES スカート¥5990/バロックジャパンリミテッド(SLY) イヤリング¥1400/お世話や(Osewaya) バッグ¥5980/EMODA ルミネエスト新宿店 靴¥18500/サン・トロペ(アルネ) ゆるコーデは派手な色を差してフレッシュ感を 落ち着いた色のロングボトムスと合わせる時は、鮮度が高い色を投入して老け見え防止。 ニット¥5547/ザラ・ジャパン カスタマーサービス パンツ¥6000/シティーヒル(マジェスティックレゴン) イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥11000/サマンサタバサプチチョイスプラス 渋谷ヒカリエShinQs店 靴¥13000/Noela コレもおすすめ!1シンプルで合わせやすい1枚。 ジャケット(ベルトつき)¥10800/UNRELISH 2挑戦しやすい着丈短めのシングルタイプ。 ジャケット(一部店舗のみで販売)¥9990/UNIQLO(INES DE LA FRESSANGE)モデル/馬場ふみか 撮影/田形千紘(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • FLAGSHOPに人気ブランドの秋冬新作が続々到着。 どこか品があり、大人の女性も取り入れやすい商品が豊作です! その中から、特にオススメのアイテムをピックアップ。 旬らしい着こなし方や、やせ見えを叶えるテクニックも会わせてご紹介します。 洗練されたデザインが、こなれスタイルを後押し! AMERICANA / スーピマ裏毛RAGLAN HOOD ZIP SWEAT / ¥16,500 + 税 FABRIQUE en planete terre / 【玄長なおこさんコラボ】ボートネックTシャツ / ¥5,900+税 suadeo / 【使える】ロングプリーツスカート / ¥13,000+税 これからの季節に軽く羽織れるものとして大定番のパーカ。 ラグランスリーブと肉厚なフードのおかげで体をほっそり見せるだけでなく、小顔効果も抜群! 袖口のリブが長めで、なんと腕にも細見え効果が! パンツともスカートとも相性抜群な使える一枚です。   AMERICANA / スーピマ裏毛RAGLAN HOOD ZIP SWEAT / ¥16,500 + 税 ベーシックなグレーをお持ちの方が多いと思いますが、こんなシックなグリーンなら、上品な印象でトレンドカラーを取り入れられます。 縦ラインを強調する生地ならば白ジャケットでも美スタイルに! SCYE / コーデュロイショートジャケット / ¥38,000 + 税 MADISONBLUE / BORDER BOAT NECK PO / ¥29,000+税 SINME / ワイドデニム / ¥25,000+税 ワークジャケットをモチーフにしたカジュアルアウター。 コーデュロイの縦の目が膨張色の白でも上半身をすっきり見せてくれます。 ボーダー×ワイドデニムの定番マリンコーデも秋冬仕様にアップデートしましょう。 SCYE / コーデュロイショートジャケット / ¥38,000 + 税 暗くなりがちな秋冬のトーンにニュアンスホワイトを合わせて、軽やかで顔周りもぱっと明るいスタイルに。   他にも今秋のトレンドスタイルをたっぷりご紹介中です!
  • 香取慎吾とスタイリストの祐真朋樹が手がけるショップ、ヤンチェ_オンテンバールが秋冬コレクションを展開中だ。今シーズンは「REIWA(令和)」と「RETRO(レトロ)」、つまり「今までとこれから」をテーマに香取自身が描いたアートワークがアイテムに用いられるなど、さらに個性的なコレクションに仕上がっている。 (左から)スタイリストの祐真朋樹と香取慎吾さらに今シーズンは、新たに実現したブランドとのコラボレーションにも注目したい。MARNI(マルニ)との協業では、ニットやTシャツ、スニーカー、バッグなどをラインナップ。また、老舗国産ジーンズブランドであるEDWIN(エドウイン)とは、スリムテーパード、ワイドフレア、スカートなどのアイテムを提案する。 ニット スウェットウェア ¥81,000/ヤンチェ_オンテンバール(J_O×MARNI)他にSANYOCOAT(サンヨーコート)とのコラボレーションによるダッフルコートも初登場するなど、注目のアイテムが続々。人気のバッグブランド、VASIC(ヴァジック)からはキュートなバケツ型のバッグやトートバッグが登場する。いずれもインナーにアートをあしらったヤンチェ_オンテンバールのオリジナルデザインなので、持っているだけで気分が上がりそう。秋冬コレクションもぜひ忘れずにチェックして。 トートバッグ ¥86,400/ヤンチェ_オンテンバール(J_O×MARNI)【ヤンチェ_オンテンバール ショップ概要】 場所:帝国ホテルプラザ東京1階住所:東京都千代田区内幸町1-1-1営業時間:11:00~19:00    ヤンチェ_オンテンバールhttps://j-o.tokyo03-6812-7106 text: Fuyuko Tsuji 
  • 秋は、ブラウンでつくる「濃淡グラデ」のワントーンスタイルが通勤におすすめ。「濃いめブラウンのトップス×淡めブラウンのボトム」のスタイルにすれば、ブラウンが重たくなりすぎず上品に引き締めてくれるんです。 【トップス「濃」×ボトム「淡」グラデ】きりっと知的な表情で、きちんと見えがかなう 繊細さがきわだつ淡めのレースをコクのあるブラウンで上品に引き締めてレーススカートは華やかさが引き立つ赤みブラウンを。こっくりとしたチョコレートブラウンとなら色浮きせず小粋な雰囲気に。ニット¥12000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) 肩に巻いたカーディガン¥15000/SANYOSHOKAI (ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカート¥23000(フォンセ/ルージュ・ヴィフ)・靴¥17000(ルージュ・ヴィフ)/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店 ピアス¥28000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) バングル¥16000(アンセム フォー ザ センセズ)・バッグ¥64000(エレメ)/アマン   ボリュームのある濃いめニットはスレンダーな淡めパンツですっきり細見え濃いめブラウン&オーバーサイズのシャギーニットはやや重ための印象。軽さを出してくれる淡めブラウンの細身パンツですっきりと着こなすのが得策。トップスを濃いめにすると、目線が上がるためスタイルアップ効果も期待できる。ニット¥60000/ビオトープ パンツ¥20000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) ピアス¥5500/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) ネックレス¥14000/デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店(ローラ ロンバルディ) バッグ¥47000/アダム エ ロペ(スタウド) 靴¥54000/アマン(ペリーコ) 撮影/三宮幹史〈TRIVAL〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中村未幸〈Lila〉 スタイリスト/大平典子 モデル/絵美里 取材・原文/野崎久美子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年10月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND