コンパクトなカーディガンは肩にはおり視線をあげて全体を引き締めて【2019/6/19コーデ】

Marisol ONLINE
今や定番となったカーディガンの肩がけスタイル。外に出ればじりじりとした陽射しから守ってくれたり、オフィスに戻って冷房で肩が冷えたりするのをさりげなくカバーしてくれたりとアラフォーの身体を優しく労ってくれる。スタイリング全体のきかせになる濃いめ色を選んでおけば、はおっても肩がけしても全体を引き締めてくれる。
カーディガン¥19,000・シャツ¥23,000・スカート¥21,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク) バッグ¥145,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ザンケッティ) パンプス¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) パールピアス¥18,000/デ・プレ(ビョーグ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼ファッションまとめ記事もチェック
関連記事
  • 先日、鎌倉へ行ってきました その時のコーデを紹介します one shoulder knit:redyazel skirt:redyazel sandal:RANDA scarf:redyazel sunglasses:SAINT LAURENTベーシックなワンショルニットは 五分袖で長いシーズン使えます◎ 二の腕まであるので、スッキリとした シルエットで着こなせます デニムスカートのポイントは ワンショルダーのサスペンダーがついて 変わった形なとこです◎ アシメスカートになっているところも とてもかわいいです 中をTシャツにしてカジュアルに着こなしたり 色々な着回しができるので万能アイテムです✌️ hat:lily brownこの日はとても暑かったので サングラスと帽子は必需品でした 首に流行りのスカーフを巻いてアクセントを⭐️ また、スカーフをサスペンダーに つけてもかわいいです✨今回は、ホワイトコーデで夏らしくしてみました☀️まりんちゃんからハワイのお土産もらった 最後に… この前同じ読モのまりんちゃんと ご飯に行った時の写メです 久々会えて嬉しかったです♡ 最後まで読んでいただきありがとうございました カワイイ選抜 No.81 宮原公子のブログ
  • すっきりと縦ラインをアピールする、ロングボトムにワンピやガウンを重ねる着こなしがブーム。ウエストを締めるのが細見えの秘訣。 優子テクなしで印象が締まる黒ワンピには涼感カラー投入 爽やかな水色をちら見せすることで、清涼感まで加わる仕組み。キャップとスニーカーでカジュアルに転ばせたら、サークルバッグで個性もプラス。 ワンピース¥5980/EMODA ルミネエスト新宿店 プリーツスカート¥5000/アダストリア(ローリーズファーム) ベルト¥790/GU キャップ¥4600/Kangol Headwear バッグ¥4900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター ふみかスカートと小物の色統一で着こなしにリズムを注入♡ プリーツスカートとガチャベルトがセットになっているから、これだけで今っぽさもスタイルUPも簡単。小物は白とベージュでまとめて大人っぽく。 ベルトつきニットワンピース&プリーツスカート¥9500/MERCURYDUO イヤリング¥2130/CHIPPI&CUU バッグ¥5400/アンビリオン(カシュ カシュ) サンダル¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ■太めベルトを締めれば 膨張する危険を防止♡ 広がって見えやすい白もベルトの威力で着ぶくれとは無縁。小物の色を合わせることで、おしゃれ感も倍増。 カーディガン¥15000/Noela ワンピース¥8900/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) ベルト¥1900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 バッグ¥12000/COO(LAUGOA) サンダル¥6900/RANDA ■リブパンツのIラインが 脚の長さをプラス補正 +リブパンツでシンプルなカットソーワンピも途端に今っぽく。 ワンピース¥2490/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 リブフレアパンツ¥5900/SPIRALGIRL ベルト¥990/GU イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥5900/UNRELISH サンダル¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ■腰位置高めですらっと。 +切りっぱデニムで旬顔に 華やぎワンピはデニムでカジュアルに転換。ワンピはバックレースアップでウエストの締め具合が調整可能。 ワンピース¥8900/SPIRALGIRL デニムパンツ¥11000/ココ ディール イヤリング¥2900/ヒロタ(31 Sons de mode) バッグ¥9990/エヴリス 新宿ルミネエスト店 サンダル¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) モデル/新木優子 馬場ふみか 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • スタイリストの小蔵昌子さんと髙品逸実さんが、スポーツブランドやファストファッションなど、さまざまなアイテムを駆使して"丸ごと買える"スタイリングを提案!スタイリスト 小蔵昌子さんトップス¥10,000・スカート¥30,000/ISSEY MIYAKE INC.(プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ) 中に着たタンクトップ¥2,500/プチバトー・カスタマーセンター(プチバトー) ピンクバンダナ¥2,000/ビームス ウィメン 原宿(フォックス キャッチャー) レッドバンダナ¥3,200/インターナショナルギャラリー ビームス(ピエール ルイ マシア) サンダル¥2,300/アパートメント(マルナカハイエンド)カラーのコンビネーションに遊び心を宿してきれいなカラーパレットに少しエスニックをプラスするのが今のムードという小蔵さん。「普段はベーシックな色を取り入れるのですが、今回は発色のよいブルーとピンクを合わせてみました。スカートを腰ばきにすることで少し肌を見せヘルシーに。ペイズリー柄のバンダナを2枚重ねてスタイリングに奥行きを出しています」。服が女性らしい分、足もとにはカジュアルなスライダーサンダルを。「白を選ぶことで、他の色が映えるという効果を狙いました」 Item List top ¥10,000skirt ¥30,000inner ¥2,500bandana (pink) ¥2,000bandana (red) ¥3,200shoes ¥2,300total ¥50,000 バッグをプラスするならコレ! バッグ〈H30×W20×D11〉¥36,000/HIDAKAbag ¥36,000バニティバッグをジップで3つ連結させたユニークなアイテム。「服がカラフルな分、秋冬の空気がある千鳥格子柄をハズしに。持ち歩くのが楽しくなるデザインも魅力」。 スタイリスト 髙品逸実さんニットカーディガン¥17,000/BLUE BLUE プルオーバー¥7,500/FILA CUSTOMER CENTER(フィラヘリテージ) オーバーパンツ¥15,800/ビームス ウィメン 渋谷(ビームス ボーイ) キャップ¥5,800/ハリウッド ランチ マーケット ネックレス(2本セット)¥590・サンダル¥1,990/ジーユースポーティなスタイルには、ひとさじの上品さを髙品さんは、カジュアルなウェアを、カラーとディテールで大人の女性らしい装いに。「プルオーバーやオーバーパンツがスポーティな分、シックな色でまとめました。全体が重くならないよう、羽織りには目の大きいメッシュのカーディガンを選んでいます」。さらに、繊細なゴールドをプラスし、フェミニニティも添えて。「ネックレスは2本セットをつなげてロングにアレンジ。きゃしゃなアクセサリーが入ると、上品な印象になり、バランスが取れます」 Item List cardigan ¥17,000top ¥7,500pants ¥15,800cap ¥5,800necklace ¥590shoes ¥1,990total ¥48,680 バッグをプラスするならコレ! バッグ〈H31×W55×D14〉¥22,800/ビショップ(マルシェ マルシェ)bag ¥22,800コットン素材のバッグは軽くて丈夫。「白い生地やゴールドのびょうなどが、服のトーンとリンク。ビッグサイズはスタイリングのフックにも」。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>02|ワードローブのスタメンはアンダー5万円がいい!
  • あのブランドにも、このブランドにも! 探せば意外と見つかる、アフォーダブルで魅力的なアイテム。自慢の逸品を一挙紹介。LEMAIRE ¥45,000スカート¥45,000/ニード サプライ(ルメール)ウエスト部分で余った布が落ち、ユニークなラインを描くスカート。計算されたパターンと上質なコットンによって、モダンかつ上品に。KIMHĒKIM ¥45,000シャツ¥45,000/VISITFOR(キムへキム)大きなパールモチーフをボタンにすることでシルエットにゆがみとドレープを演出。ベーシックな白いシャツが主役になるひねりのきいた一枚。CK CALVIN KLEIN ¥32,000ワンピース¥32,000/オンワード樫山 お客様相談室(CK カルバン・クライン)ピッチの太いボーダーがスポーティ。ヘムの切り替えで生じたドレープが女性らしさを添える。ANYA HINDMARCH ¥38,000携帯ケース〈H18×W9.5×D1〉¥38,000/アニヤ・ハインドマーチ ジャパン(アニヤ・ハインドマーチ)フロントにはスマートフォンポケット、背面には4枚分のカードスロットを備える。AALTO ¥42,000ブラウス¥42,000/オープニングセレモニー(アールト)テンションの違うチェックの組み合わせが印象的。非対称なシルエットと、少し肌がのぞくパターンにデザインの妙がにじむ。MSGM ¥38,000トップス¥38,000/アオイ(MSGM)スペイシーなネコのプリントが視線を集めるノースリーブのスウェット。あえて派手なボトムスと合わせ、キッチュな着こなしを楽しみたい。FACETASM ¥48,000ハイウエストパンツ¥48,000/FACETASM omotesando(FACETASM)目の覚めるような鮮やかなピンクが装いのアクセントに。ハイウエストとストレートのシルエットからどこかレトロなムードが漂う。VEJA ¥16,000スニーカー¥16,000/シードコーポレーション(ヴェジャ)フェアトレードによるオーガニックコットンやナチュラルラバーなどを使用。サステイナブルなローテクデザインが今季らしい。ISABEL MARANT ÉTOILE ¥39,000ブラウス¥39,000/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール)羽根のように軽いマテリアルと細かいギャザーがフェミニニティをにじませて。スタイリングをグッとロマンティックに。SEE BY CHLOÉ ¥41,000パンツ¥41,000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ)美しいシルエットのセンタープレスパンツ。フォーマルはもちろん、スニーカーなどでカジュアルダウンさせても。Y'S ¥44,000ブラウス¥44,000/ワイズ プレスルーム(ワイズ)緻密なギャザーやカッティングで、奥行きのあるシルエットに。ギンガムチェックのキュートな要素が加わり、絶妙なバランスが完成。EICA YOSHINARI ¥36,000ブラウス¥36,000/4K(エイカヨシナリ)ブラックのレースに黄色のドットが刺しゅうされ、ミモザを散らしたような華やかさ。繊細な生地も手伝い、着る人をピュアな佇まいへと導く。ACNE STUDIOS ¥43,000ブラウス¥43,000/Acne Studios Aoyama(Acne Studios)ピッチの細いストライプが爽やか。バンドカラーなどのディテールからメンズウェアの雰囲気が漂う。3.1 PHILLIP LIM ¥39,000トップス¥39,000/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム)ワードローブにあると便利なネイビーのリブニット。ショルダーのメタルパーツがほどよくツイストを加えている。MARC JACOBS ¥47,000靴¥47,000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス)新ライン「THE MARC JACOBS」より。ワークテイストのソールに、女性らしいポインテッドトゥを合わせて。MISTER IT.  ¥42,000スカート¥42,000/ミスターイットチュールのラップスカートは、ボトムスのレイヤードアイテムとして。鮮やかなカラーとリボンで、手持ちの服をアップデートできる。UNDERCOVER ¥22,000フードパーツ¥22,000/アンダーカバー手持ちのトップスにプラスするだけで、イメージをガラリと変えられる。顔まわりにドローストリングが仕込まれており、フォルムを調整できる。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>03|ユーティリティブランドも見逃せない
  • LOUIS VUITTONから、キュートな秋の新作バッグが仲間入り。伝統的な「カンヌ」を今年はミニサイズ化して、より使いやすく。小ぶりなサイズにあえての「ジャイアント モノグラム キャンパス」が何ともチャーミング! 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 LOUIS VUITTON【ルイ・ヴィトン】 品格と大人の遊び心を同時に宿す小さなバニティ型バッグ 伝統的な化粧ケースを、使いやすいミニサイズに再解釈した「カンヌ」。ジャイアント・モノグラム キャンバスで仕立てることで、小ぶりバッグとのコントラストがきわだつチャーミングな仕上がりに。ショルダーストラップで肩かけもできる。バッグ「カンヌ」(17×15×15)¥288000・シャツ¥245000(予定価格)・スカート¥383000(予定価格)・ピアス¥76000・リング¥54000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) 撮影/生田昌士〈hannah〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini. 〉 スタイリスト/斉藤くみ モデル/桐谷美玲 取材・原文/東原妙子 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です ※BAILA2019年8月号掲載
  • Marisol8月号の特集を参考に、カッコよく女っぷりいい大人カジュアルの為のお買い物をしてきました。 皆さまこんにちは。 今日は、今発売されているMarisol8月号のファッション特集、 ”40歳からの「夏カジュアル」のすべて‼︎“ を参考に、 スポーティーアイテムを購入してきたので、そのお話しを。 皆さまはもうご覧になられましたか? カジュアルは得意!といっても、ちゃんとかっこいい大人のカジュアルになれているのかな?と時々疑問が笑^^; 「ん?これただのアクティブな40代になってない?」なんて笑 本誌では、「カッコよく、女っぷりよく」、大人カジュアルについてたっぷり32ページにも渡って特集されていて見応えたっぷり! 「教えて!大人カジュアルなの処方箋」のページでは、アイテムの選び方やコーデのポイントがとても参考になりました。 是非チェックしてみてください。 早速、女っぷりいい大人カジュアルに挑戦すべく、お買い物をしてきました。 ひとつ目はOPENING CEREMONY とALPHA のダブルネームのブルゾン。 これは付けたまま着るの?、って聞いてしまった笑 さりげないけど大きく背中にロゴがプリントされています。 (わかりやすい様に撮影しましたが、実際は目を凝らさないとわからないぐらいです。) この背中のロゴと、襟の立ち上がりのデザインがとても気に入りました。 その日に着ていたシフォンのワンピースに合わせても可愛かったので、 置き画を撮ってみましたが、 うまく伝わらないのがもどかしいです汗 (置き画って苦手苦笑) そして、BRIEFINGのホワイトリュック。 白って汚れが、、、と心配していると、 お店の方がコーティング加工されているので大丈夫ですよ、とのこと。 更に「直営店限定カラーです」、のひと言で購入決定。 限定に弱いですね笑 大人カジュアルにするポイントは、 合わせるアイテムをきれい目にすることだそうなので、 きれい目シューズを合わせようか? ボトムスはスカートよね! とか。 色々とコーデを考えるのが楽しみです♪ また他にお買い物したものがあるので、 改めてご紹介させてくださいね。 ではまた。 Tamami 美女組No.158 Tamamiのブログ
  • 観光も買い物もしっかり満喫したい街旅2019 TOWN STYLEスポーツアウターと揺れるスカートの意外性でおしゃれ度UPパンツが多くなりがちな街旅も、シフォンのロングスカートがあるとおしゃれの幅が広がります。「女性らしい印象のスカートに、あえてスエットや雨風に強いナイロンパーカなどスポーティなアイテムを合わせて」。さりげないはずしも、モノトーンでそろえるのがスタイリストの森さん流。パーカ¥28,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) Tシャツ¥17,000・スカート¥48,000・レギンス¥15,000・イヤカフ(大)¥7,500・イヤカフ(小)¥5,000・リング¥11,000(ハイク)・バッグ¥78,000(チャコリ×ハイク)/ボウルズ 靴¥48,000/シーシーサローネ ショールーム(ホーマーズ)シルクボールが連なるロングネックレスは、とめ金もなく軽いつけ心地。長さが約220㎝もあるので2重、3重と最大5連までのアレンジが楽しめます。Tシャツからオケージョンにまで使えて季節も問わないので、旅のお供におすすめ。写真はブラックですが、色違いや長さ違いもそろいます。¥6,800/プレインピープル青山(シトラス)コーディネートのアクセントになる、滑らかな上質レザーを使ったウエストポーチ。シンプルなデザインに上品なグレージュカラーが映えます。最小限の小物だけ入れて、他のバッグとの2個持ちもおすすめ。¥47,000/ストラスブルゴ(メゾン ボワネ)スペインのファクトリーブランドで見つけたキルト付きのレースアップシューズは、革と機能素材を融合させたオリジナルのアウトソールで重さがなんと約220gという軽さ。細身ながら甲には幅を持たせ、立体的な作りで締めつけ感なしの優しい履き心地。上品なバイカラー使いも◎。¥48,000/シーシーサローネ ショールーム(ホーマーズ)2019 TOWN STYLEシックなバンブーハンドルの折りたたみ傘は3段にたたんで長さ34㎝。しっかりした6本骨はたたむ手間が少なく軽量。小ぶりでも雨はしっかり防いでくれます。共布の袋入りなので、バッグの中にもすっきり収まります。¥13,000/Pil(i ボンボンストア)付属のポーチは着脱でき、単体でクラッチ代わりにも、他のバッグのバッグインバッグとしても使いやすいと評判。仕切り代わりにもなり、入れ口が閉まらないと…という心配もなし。イタリア・フィレンツェの由緒あるファクトリーで作られた素材のよさとシンプルなデザインが魅力。¥37,000/シーシーサローネ ショールーム(アルソリト)レザーをマルシェかごの形に編み上げたブランドの新作。ほっこりしがちなかごバッグが色と素材でシックに。平らにたためるのでトランクにもすんなり。愛らしい黒猫のチャームを旅のお供に。バッグ¥46,000・チャーム¥13,000/アルファ PR(アエタ)急な雨や気温差にしわを気にせず持ち歩けるブルゾンは、カジュアルなデザインが多い中で着こなしに差がつくジップアップ型のノーカラー。ストレッチが効いたウォータープルーフ素材で小さなポーチに収まります。¥36,000/シジェーム ギンザ(サージ)黒田知永子さん Chieko Kuroda1961年生まれ。学生時代に「JJ」でモデルデビュー。その後、「VERY」「STORY」「éclat」で次々と表紙キャラクターを務め、女性誌、テレビ、CMと幅広く活躍中撮影/浅井佳代子 モデル/黒田知永子 スタイリスト/森 慶子 ヘア&メイク/福沢京子 取材・原文/向井真樹 風景写真/minaバックドロップ・フローリング/スタジオ ルーフ
  • この夏したい手もとコーデを見せてください!とのリクエストで撮影してみたら、意外と共通点が。特に多かった"今の気分"をピックアップ!※紹介しているものはすべて私物で、現在販売されていないものもあります TREND Tiffany&Hermès 今まで以上に圧倒的に多かったのが、エルメスとティファニーのジュエリー。なかでも存在感がある、大ぶりなものが人気。単品で、重ねて、と使い方もそれぞれでおもしろい。☆八木通商PR 吉田祐子さん「最近はジャラジャラといっぱいつけるよりも少数精鋭に気分がシフト。エルメスとティファニーのシルバーはどんなテイストのコーディネートにも合うので重宝しています」Ring:エルメス(左手人さし指) Bracelet:ティファニー(右手首左)レッドライン(右手首下)Watch:エルメス ☆ジェーンスミス ディレクター 和井田多佳さん 「最近買い足した、人さし指と中指をまたぐ、エルメスのハートリングが手もとコーデの主役。今年はベースはシルバー多めで、バングルで一点ゴールドをはさんだのばポイントです」Ring:エデン(右手人さし指) エルメス(右手中指、薬指) Bangle:ヴィンテージ(右手首下)エルメス(右手首上) ☆エディター 陶山真知子さん 「手もともシンプルだけど、ちゃんとスタイルを感じるほうが好きです。最近はパラードやシェーヌダンクルなどエルメスのほどよくボリュームのあるシルバーを重ねるのが気分」Ring:スピネリ キルコリン(右手小指)エルメス(右手薬指)エルメス(左手薬指) ☆バーニーズ ニューヨーク バイヤー 福原菜津子さん 「黒のシンプルなワンピースには手もとがおしゃれの主役に。指にも手首にもガッツリ重ねづけ。ラフなミサンガとエルメスのレザーなどテイストミックスさせたのがポイント」Ring:スタジオ ウォーターフォール(右手薬指)キャシー ウォーターマン(左手薬指)マルコム ベッツ(ほかすべて)Bracelet:エルメス(両手レザー) マルコム ベッツ(右手シルバー)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/有馬秀星(MOUSTACHE/人物) 取材・文/塚田有紀子
関連キーワード

RECOMMEND