ブルーxブラウンでおしゃれ心ときめきました☆

Marisol ONLINE


皆さまこんばんは。

先日発売になったMarisol7月号はもうご覧になりましたか?

今回の特集、

「おしゃれ心とときめきはこの2色がかなえてくれる!ブルーとブラウン」!

どれも素敵なコーデばかり♡




早速、今期購入していたMAISON SPECIALのブラウンのカットソーを使ってコーデ♪

休日のお出かけスタイルです。

Tops:MAISON SPECIAL
Denim:H&M
Shoes:STACCATO


今年はブラウンやベージュのアイテムをよく購入しているのですが、

無難に白に合わせるか、ワントーンに落ち着きがち。

でも、今回の特集を見てからというもの、

ブルーと合わせた時の新鮮さにときめいてます★

また違うアイテムでブルーxブラウンコーデを実践してみたいと思います\(^o^)





ではまた。



Tamami







関連記事
  • ハチ上の部分にたっぷりとレイヤーを入れたパーマスタイル【FRONT】【SIDE】 【BACK】レイヤーを施すことで、トップがつぶれやすいロングでも頭の形を丸くきれいに見せたり、ふんわりボリュームを出しやすかったりとメリットは無数に。このレイヤーを生かすために、全体に2回転のパーマをプラス。強くかけなくても、Sカールの毛束がずれて重なることでふんわりとしたフォルムが生まれ、華やかさもサポート。流し前髪を合わせれば、小顔効果も期待できる。DATA量・少太さ・細硬さ・普クセ・無担当サロン「Cocoon」【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶☆マリソル 美女組さんも続々ヘアチェンジ!
  • まだまだ雨の日が多く、どうにもこうにも湿気に負けてぺちゃんこになってしまう細くて柔らかいネコっ毛。。やっぱりショートヘアが楽チン♡弟の結婚式が終わってから切ったので、ちょっと前のヘアカット&ヘアカラーですみませんが記録用に(^-^;) いつもマリソルのヘアカタログの特集ページ等を参考にしてます。初めてピンク系のヘアカラーにしてみました。美容師さんに「本当にピンクで大丈夫でしょうか?」と心配になるくらい聞いちゃいましたが、ほんのりな色味なので、心配なしでした。ただし、ピンク系は色が退色しやすいので、しっかりヘアカラー用のケア用品が必要みたいです。地肌も弱く、カラー後のケアが心配だったので、美容院でオススメされたシャンプーを買ってみました。ショートヘアなのと、地肌が弱いので、コンディショナーは必要ないと言われ、シャンプーのみ。またリピートしようと思うくらい、私の髪質にはピッタリ♪Amatora QUO hair bath美女組No.67★アニスのブログ
  • Marisol8月号の特集を参考に、カッコよく女っぷりいい大人カジュアルの為のお買い物をしてきました。 皆さまこんにちは。 今日は、今発売されているMarisol8月号のファッション特集、 ”40歳からの「夏カジュアル」のすべて‼︎“ を参考に、 スポーティーアイテムを購入してきたので、そのお話しを。 皆さまはもうご覧になられましたか? カジュアルは得意!といっても、ちゃんとかっこいい大人のカジュアルになれているのかな?と時々疑問が笑^^; 「ん?これただのアクティブな40代になってない?」なんて笑 本誌では、「カッコよく、女っぷりよく」、大人カジュアルについてたっぷり32ページにも渡って特集されていて見応えたっぷり! 「教えて!大人カジュアルなの処方箋」のページでは、アイテムの選び方やコーデのポイントがとても参考になりました。 是非チェックしてみてください。 早速、女っぷりいい大人カジュアルに挑戦すべく、お買い物をしてきました。 ひとつ目はOPENING CEREMONY とALPHA のダブルネームのブルゾン。 これは付けたまま着るの?、って聞いてしまった笑 さりげないけど大きく背中にロゴがプリントされています。 (わかりやすい様に撮影しましたが、実際は目を凝らさないとわからないぐらいです。) この背中のロゴと、襟の立ち上がりのデザインがとても気に入りました。 その日に着ていたシフォンのワンピースに合わせても可愛かったので、 置き画を撮ってみましたが、 うまく伝わらないのがもどかしいです汗 (置き画って苦手苦笑) そして、BRIEFINGのホワイトリュック。 白って汚れが、、、と心配していると、 お店の方がコーティング加工されているので大丈夫ですよ、とのこと。 更に「直営店限定カラーです」、のひと言で購入決定。 限定に弱いですね笑 大人カジュアルにするポイントは、 合わせるアイテムをきれい目にすることだそうなので、 きれい目シューズを合わせようか? ボトムスはスカートよね! とか。 色々とコーデを考えるのが楽しみです♪ また他にお買い物したものがあるので、 改めてご紹介させてくださいね。 ではまた。 Tamami 美女組No.158 Tamamiのブログ
  • 猛暑がキツイ日本の夏。腕を出したいけれど、二の腕が気になる…。そんな悩みを解決する、二の腕を上手にカバーしてくれるトップス&ワンピースをLEEマルシェで探しました!     タックアウトでおしゃれに決まる、ありそうでなかった大人のためのロゴT 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】ロゴプリントTシャツ/¥7,000+税 控えめなロゴはフランス語で"夏が好き"という意味。フィットしすぎず、ルーズすぎない身幅や、アウトでサマになるよう計算された着丈が、季節を通しての大活躍を予感させます。折り返した袖口はアクセント効果に加え、二の腕カバーにも有効。ブラックには白、ブラウンには黒、ブラック×ホワイトのボーダーには赤のロゴ入り。     風が通り抜ける涼やかなマキシ丈ワンピを、肌離れのいいシアサッカー素材で 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】タックフレアワンピース/¥17,000+税 ストライプ状の凹凸があるシアサッカー地は、肌に張り付かず、さらりとドライで夏に最適。前肩と背中に入ったタックが、ふわっと風通しのいいシルエットを演出します。顔周りをシャープに見せるスリットネックや、気になる肩から二の腕をカバーするフレンチスリーブなど、すっきり見えポイントが散りばめられているのも福田さんならではのこだわり。     着るだけで“ラクしてきれい”が叶う、異素材使いのフレンチスリーブ T 登場 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】ギャザーフリルTシャツ/¥8,500+税 上に表面感の美しいカットソー、下にとろみ生地を配した異素材使いに注目。バスト下で切り替えたフリルギャザーが、女性らしい甘さを漂わせます。カットソーのラクさと、ブラウスのきちんと感を兼備した、まさにいいとこ取りな一枚。手持ちのパンツに合わせるだけで、日常にふさわしいフェミニンコーデが完成します。     着こなしを表情豊かに彩る、冴えた白×ブルーのボーダーT ORCIVAL/ボーダーフレンチスリーブカットソー/¥9,800+税 ブランドを象徴するラッセルシリーズの新作は、適度なゆとりがある、上品なフレンチスリーブ。大量の糸を使い、時間をかけて編まれるラッセル生地は、丈夫でくたびれにくく、ワークウエアに適した素材としても有名です。裾にスリットが入っているので、タックアウトで簡単に決まるのもうれしい。     上品な光沢と落ち感、美発色が目を引くサテンのブラウス 12closet/【優木まおみさんコラボ】【洗える】2wayサテンブラウス/¥9,500+税 上品な光沢と落ち感、美発色が目を引くサテンのブラウスとロングスカート(商品コード:348481)は、セットアップで着用するとドレスのような雰囲気。どちらを前で着ても絵になるブラウスは、肩のラインが隠れるフレンチスリーブで、わき下から下着が見えない設計。ジャケットをはおってきちんと感を高めて着ても◎。今年らしい深みのあるグリーンと、肌色がきれいに映り、大人でも照れずに着られるピーチの2色。     肩をおおう女性らしいフレンチ袖が今どき感の引き上げに貢献 GYMPHLEX/フレンチスリーブカットソー/¥5,000+税 ラインがひびかないほどよい厚みとしなやかさを兼備。フレンチスリーブの袖口は、ヨレにくいパイピング仕上げです。ごくシンプルだから、定番の無地T感覚で便利に使い回せるはず。     体の泳ぐサイズ感が今の気分。脱平凡なボーダーおしゃれが叶う! Le minor/PETIT COPAINボーダーカットソー/¥11,000 → ¥8,800+税(20%OFF) 程よくゆとりのあるシルエットと、軽やかで涼し気な素材感が、春のおしゃれにぴったり。白地多めのボーダーも大人っぽい抜け感を演出します。     一枚で、ボトムを重ねて、ベルトなしで。アレンジ次第で表情が変わる活躍ワンピ Lee/サーマルロングワンピース/¥7,500+税 凹凸のあるサーマル素材のIラインワンピは、両サイドに深めのスリット入り。さらっと一枚で着るほか、レギンスやデニム、ロングスカートとの重ね着も楽しめます。細い紐ベルトは後ろで結んでも◎ 右袖にロゴのワンポイント入り。左肩には着脱しやすいスナップボタンが。     その他にも二の腕を上手にカバーしてくれるトップス&ワンピースを取り揃えておりますので、是非この機会にご覧ください。  
  • 室内外や日中夜の気温差が激しい今の時期におすすめのオフィスカジュアルは「ノースリ×カーデ」の組合せ。辛めフェミニン派OLさんがきりっと着こなすポイントは、コントラスト強めの配色にしたり、サイズ感や素材のバランスを考えること。オフィスではもちろん、就業後でもおしゃれに決めて! 辛めフェミニンOL花の更新ポイントは“対極色”でサイズ感や素材も変えたメリハリトーン きりっと知的な白×ネイビー 大きめのカーディガンでムードのあるたたずまいに 強弱のついた配色は、サイズ感や素材のバランスが大事。大きめのカーディガンで羽織ったときの余韻を足したり、異なる素材を重ねて立体感を添えて。トップス¥8900/エイトン青山(エイトン) カーディガン¥38000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) パンツ¥17800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) ピアス¥12000/RHC ロンハーマン(ソフィー モネ) バッグ¥3703/H&M カスタマーサービス(H&M) リング(7本セット)¥38000/アッシュ・ペー・フランス(セルジュ・トラヴァル) カーディガン¥38000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ロ ーレン) トップス¥8900 /エイトン青山(エイトン) 撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、 さとうしんすけ(物)  ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/松島 花  原文/野崎久実子 ※BAILA2019年8月号掲載
  • 今シーズン買ったものの中で、1番の大ヒットはザラのブラックパンツ!トップスを変えてコーデを色々楽しんでいます♪エクラ8月号のテーマは、『夏の黒』 昔から1番よく着ている色は間違いなくブラック! クローゼットが真っ黒っていう時代もあったぐらい。 そんな私の今夏のブラックスタイルは、以前の華組ブログでもアップした、ZARAのブラックパンツがとっても優秀なので、トップスを変えて色々コーデを楽しんでいます♪ このヨーコチャンのトップスは、前身頃だけに、ウエストよりも高い位置に光沢感とハリ感のあるギャザーフリルを施したカットソー。 脚長効果もバッチリ!^ ^ ブラックスタイルでは、ちょっと甘さを入れたい私。 そんな私の好みにピッタリなカットソーです。 バッグは、以前伺ったマダムマルシェで出会った、一点一点手作りで作られているもの。 お洋服スタイルはもちろん、お着物の時にも持てるお気に入りのバッグです。 この日は長男の誕生日のお祝いで、帝国ホテルの鉄板焼き、嘉門に家族で出掛けました。 鉄板焼きを楽しんだ後、デザートは別室で! サプライズでお祝いのショートケーキもご用意くださり、 さすがのサービスとお味で家族皆大満足でした。 tops YOKO CHAN pants ZARA shoes ZARA このZARAパンツの着回しコーデ、次のブログでまたご紹介させてくださいね^ ^華組 朝生育代ブログ
  • この夏したい手もとコーデを見せてください!とのリクエストで撮影してみたら、意外と共通点が。特に多かった"今の気分"をピックアップ!※紹介しているものはすべて私物で、現在販売されていないものもあります TREND Tiffany&Hermès 今まで以上に圧倒的に多かったのが、エルメスとティファニーのジュエリー。なかでも存在感がある、大ぶりなものが人気。単品で、重ねて、と使い方もそれぞれでおもしろい。☆八木通商PR 吉田祐子さん「最近はジャラジャラといっぱいつけるよりも少数精鋭に気分がシフト。エルメスとティファニーのシルバーはどんなテイストのコーディネートにも合うので重宝しています」Ring:エルメス(左手人さし指) Bracelet:ティファニー(右手首左)レッドライン(右手首下)Watch:エルメス ☆ジェーンスミス ディレクター 和井田多佳さん 「最近買い足した、人さし指と中指をまたぐ、エルメスのハートリングが手もとコーデの主役。今年はベースはシルバー多めで、バングルで一点ゴールドをはさんだのばポイントです」Ring:エデン(右手人さし指) エルメス(右手中指、薬指) Bangle:ヴィンテージ(右手首下)エルメス(右手首上) ☆エディター 陶山真知子さん 「手もともシンプルだけど、ちゃんとスタイルを感じるほうが好きです。最近はパラードやシェーヌダンクルなどエルメスのほどよくボリュームのあるシルバーを重ねるのが気分」Ring:スピネリ キルコリン(右手小指)エルメス(右手薬指)エルメス(左手薬指) ☆バーニーズ ニューヨーク バイヤー 福原菜津子さん 「黒のシンプルなワンピースには手もとがおしゃれの主役に。指にも手首にもガッツリ重ねづけ。ラフなミサンガとエルメスのレザーなどテイストミックスさせたのがポイント」Ring:スタジオ ウォーターフォール(右手薬指)キャシー ウォーターマン(左手薬指)マルコム ベッツ(ほかすべて)Bracelet:エルメス(両手レザー) マルコム ベッツ(右手シルバー)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/有馬秀星(MOUSTACHE/人物) 取材・文/塚田有紀子
  • 白いレースから透けるデニムって、この夏ならではのおしゃれワザ!「今夜は仕事が終わり次第ビアガーデン集合~!」って朝から仲間のグループメールが盛り上がってる♪ ボーダー×デニムの動けるカジュアルで行きたいトコだけど、何か変化をつけたい......そうだ、白レーススカートを重ねてみよう。レースからデニムを透かすってワザ自体が今っぽいし、上品な華やかさも盛れて言うことナシ! 可憐なレースに似合うかごバッグを持てばフレンチシックに仕上がって、ほめられること請け合い。さあ仕事をテキパキ片づけて、今夜はハジけちゃおー!カットソー¥10800/セント ジェームス代官山店 スカート¥24000/ヌキテパ AOYAMA パンツ¥25000/ゲストリスト(アッパーハイツ) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥25000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店 イヤリング¥4000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(エネーダ) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/東 京祐  ヘア&メイク/河嶋 希  モデル/鈴木友菜 スタイリスト/石上美津江 原文/野崎久実子 撮影協力/アワビーズ UTUWA TITLES
関連キーワード

RECOMMEND