今、毎日何着てる??一番使うコーデはやはりこの定番品【高見えプチプラファッション #30】

Marisol ONLINE
今日でこの連載も30回目となりました!現在発売中のマリソル7月号では、「大人のプチプラ特集」にちゃっかり登場しております。そこでは、これまでブログでご紹介したプチプラを絞りにしぼって10点近くご紹介させて頂きました。いつも読んで下さっている方にはおなじみのアイテムも多いかと思いますが、よろしければぜひ改めて誌面でもご覧下さるとうれしいです♪(そして今日の記事はなが〜いのでご覚悟を!)
今日はせっかくなので、この誌面でわたしが着用している私服コーデ3つをご紹介させて頂こうと思います。誌面では、「カジュアル」「フェミニン」「お仕事」のそれぞれテーマ別にアイテムをご提案し、そのうちの1点を着用しています。

まず「カジュアル」にはこちらの3点を推薦↓ おなじみ「GU」「ミラオーウェン」「アメリカンホリック」の、上半期ヘビロテ「御三家」です!
この中から「アメリカンホリック」のデニムをピックアップして着ています。着用コーデを考えた時に、「もっとカッコよく見えるほうが良いのでは」などなど最初は色々と考えました。でも変に飾るよりは、いつも着ているそのままのほうが「らしい」かなと思い、結局コンバースをはじめ、リアルに今一番着ているコーデにしました。

アメリカンホリックの体型カバーデニムは何でも合いますが、今はTシャツとばかり組み合わせています。なぜか普通のTシャツも今っぽくなる不思議な「29(ニーキュー)」デニム。
撮影では私物の「rag & bone(ラグ&ボーン)」の淡ブルーのTシャツを合わせました。プチプラ以外の手持ちのTシャツでは、第1位に輝く超お気に入りです。わざと「L」を購入したオーバーサイズ感に、薄ブルーのあいまいな色味が本気でホレています!

Tシャツではわりと高価ではありますが(15,000円未満)、見た目はクタクタ&胸ポケットや裾がペロリとめくれている、最初から「着古し感」あるデザインです。こういうTシャツは今たくさん見かけますが、デザイン性が伝わらない場合には与える印象がマイナスになってしまうこともあるため(目上の人に対してなど)、着て行くTPOはちょっと考えます。でも肌触りは本当に最高。見た目に反して実は「いいもの」。そんなところが好きです。
若い頃は「Tシャツ=服の中で一番安い」でしたが、ある時「Tシャツにお金をかける人はセンスがいい人が多い」ということに気づき、少しずつその良さが真に納得できるようになりました。Tシャツは求め出したら、もっとも奥深い服なのかもしれません!

バッグは、この春に命がけでゲットした「VASIC」のホワイト、シューズはハイカットの黒と、「毎日のおともだち」を全部合わせました。このデニムには他にも色々なTシャツを合わせ、カジュアルでは一番着るコーデパターンです。
「フェミニン」では考え抜いて、このブログでおなじみの以下のアイテムをご紹介しました。
着用したのは迷わず「VIS」のスカート。上半期「フェミニン部門」では一番使っているアイテムです。合わせたトップスは、先日の「ロンハーマン」の半袖ネイビー。この組み合わせがいつもの定番です。フェミニンなピンクのスカートにネイビーを合わせることで、可愛さを抑えられます。バッグは「ディヴィッドソン」の超ミニポーチ、サンダルはペタンコの「ネブロー二」もお約束パターン。
誌面ではご紹介できませんでしたが、「ロペピック」もフェミニンの愛用ブランドです!

そして、最後はお仕事用にこの3点↓この中から「グローバルワーク」の2Wayブラウスを着用しています。
合わせたのはGUのストライプパンツで、これは3年以上履いています↓たしか2,000円未満だった記憶ですが、まったくクタレないし毛玉ひとつできない大物の名品です。素材も高見えで重宝。ストライプは毎年発売があるようなので、そろそろ更新しようかな。
上下で5,000円以下ですが、本当に好きなコーデでよく着ています。でもプチプラとはバレたことはなく、むしろブラウスは「かわいい」と褒められます(笑)全身超プチプラなので、バッグとシューズにはちょっといいものを合わせています。
以上、カテゴリー別の一番着ているヘビロテコーデでした!下半期もこのブランドたちには変わらずお世話になりそうですが、秋冬はどんなものが出てくるのか今から楽しみですね♪

上下5,000円のバレないプチプラ「お仕事コーデ」を着用↓
コンビニや本屋さんに立ち寄ったら、ぜひマリソル7月号を手に取ってみてくださいね!

(ここから余談です↓)この日の撮影終了後、オマケでちょっとうれしいことがありました。編集部の方がわたしを代官山のある場所へ連れて行って下さったのです。おしゃれなカフェ?何かのブティック?…いえいえ、個人的にはもっとうれしい場所。マニアックな話になりますが、雑誌に掲載される洋服や小物を撮影する「スタジオ」に!
いつも当たり前のように雑誌で見ているたくさんの服。より素敵に見せるために、プロの方が工夫して撮影されています。このブログではわたしが自分で服を配置&撮影しいているので、雑誌を見る時には勉強の意味でついつい「置き方」にも注目。今月号の特集「ブルー&ブラウン」ほか、たくさんのページでお見かけするお名前、カメラマンの魚地武大さんのスタジオに入れて頂き、実際の撮影を見学させて頂きました。
突然のことでちょっと緊張。スタジオでは、アシスタントさんたちが撮影前の準備を一生懸命していらっしゃいます。撮影用の服にアイロンをかけて下さったり、シューズの汚れを落としたり・・・まさに雑誌の舞台裏!
わたしは「ひょっこりはん」で、ジャマにならないようひっそりと覗き見。完全に実習生状態で「なるほど、そうやればいいのか」と、技術を盗み見。こんな機会はめったにないので一瞬も無駄にはできません!それにしても、いつもお名前を拝見していた方に自分の洋服を並べて撮影してもらえるとは不思議な感動です(マニアックの域)。
素人ながら、服の撮影はいつも難しく感じています。人が着ていなくても「表情」が出るので、置き方ひとつで微妙に変化するものなんだなと。その女性服の表情を男性が表現できるところがすごいなと思います。そして、わたしのいつもの何倍もの速さで完璧に仕上げていく!!
それがこんなに自然なワンカットに↓表には出ないお仕事ですが、雑誌には欠かせないとても重要なお仕事です。
いつもスマホだけで撮影しているわたしの技術ではプロには及びませんが、これからも回数を重ねて、よりきれいに表現できるようになりたいなと思っています!
でも魚地さんは撮影で「腰とヒザが痛くなる」と言っており、それだけは同じのようでちょっとうれしかったです(笑)
…………………………………………………………………………………………………
★オマケのプチプラVol.30★
「韓国のパック」

アニョハセヨー(いきなり)!ということで、何を隠そう「K-POP」が大好きなわたし。ブログを書くときに1番欠かせないのは音楽。そう、K-POPがないと筆がまったく走らないのです(笑)昨年は、今をときめく超BIGグループの握手会にひとりで参加(当たった)。こうして若い子にまじって話してドキドキして、細胞を若返らせているのです♡韓国語も本気を出して、最近はけっこう上達してきたんですよ!

韓国に行ったのは10回くらいですが、お料理もコスメも大好きなので日本の韓国「大久保」には頻繁に出没。今、大久保は原宿より混んでいるといわれているだけあって、土日はいつもすごい熱気。改札を出た瞬間にこの人・人・人です!
今月号のマリソルにも神崎恵さんの「韓国ビューティー」特集がありますが、わたしもたくさんの韓国化粧品を使っています(ほんの一例↓)。本場の韓国もそうですが、お店の店員さんがとても熱心に説明してくれ、何よりその人達の肌の美しさに説得力があるのでついつい買ってしまいます。わたしが常連になっているお店の人は50~60代のマダム店員さんたちばかりですが、お肌ピカピカなので、言われたとおりのものを信じて片っ端から試しています。
そして韓国名物の「パック」を色々なお店で見つけて買うのも楽しいです。以前は主流だった1枚100円未満のプチプラもまだありますが(一番右のような)、クオリティがアップして最近は1枚300円台くらいの「ちょっといいもの」をたくさん見かけるようになりました。よく買うパックの一部です↓
パケが楽しいのが韓国パックの特徴。ネコの「毛穴そうじパック」は3ステップに分かれている楽しい商品。見ためはかわいいけれど、なめると痛い目に合う気合の入った商品です。40分もかけて行うのですが、ステップ1で毛穴を開いたあとの「2」!ここでシールを鼻に貼るのですが、この粘着がかなり強力です。ガムテープ以上の張り付きで、シールなんてものではなく、粘着で固めていく感じです(皮膚の弱い方はご注意下さい)。だから剥がす時もちょっと怖いですが、黒い小さな線がいくつか張り付いていました(強力なので、試される時は個人で注意が必要です)!

アイスクリームのパックも、見ためのかわいさに反してけっこうな実力派だと店員さんイチオシだったので買ってみました。「アイス」というのは成分中の「イチゴ・バニラ・緑茶」の美容効果を期待しているから。甘い香りを想像しますが、意外にもレモンのようなフレッシュ系。ドロっドロのたっぷり美容液に包まれていてリッチな使い心地です★(ご購入される時は、成分などをご確認下さい!)
韓国ビューティーは、学びがいっぱいで楽しい!でもパックたちに少し改善を望めるならば、パーツ部分のサイズ調整をしてほしいです。「わたしはパンダかいっ」と、ツッコミを入れたくなるような、目のまわりのどう考えても合わないカットなど、思わず笑ってしまうものもたくさん。まぁそんなところも韓国の好きなところなんですけどね!
  • 美女組 Akane
  • 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
関連記事
  • 20代におすすめのタイトスカートコーデ(2019夏)女っぽくてすらりと見えるタイトスカートでスタイルアップも完璧! 夏のおすすめのコーデは? タイト&ロングなシルエットでつくる“いい女”コーデのお手本はこちら♪ [目次] ブルーバード ブルバードのタイトスカート シップスのタイトスカート シップス・ブルーブルーのタイトスカート ルクールブランのタイトスカート ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。 【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート1上司のお供をする日は、きれい色のカシュクールブラウスにすらりと見えるタイトスカートで”いい女”コーデに。全体を寒色でまとめれば、ジメジメ気分も吹き飛ぶさわやかさで好感度アップ。深めのVカットに腰高なウエストマーク、ボリューム袖に揺らめく裾。一枚でニュアンスたっぷりの旬ブラウスだから、スカートも小物もシンプルがいちばん。サンダルとバッグを黒でシャープに引き締めて。清涼感あふれるシルバーアクセは、重ねづけしても重たくならずこなれたしゃれ感に♡きれい色カシュクールブラウス¥8900/ノーク タイトスカート¥35000/ブルーバード ブルバード  ピアス¥22000/アガット ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) リング¥35000/UTS PR(ルフェール) バッグ¥17800/ショールーム セッション(ヤーキ) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート2カジュアルな白Tをきれいめに着こなすには、女っぽくてすらりと見えるスリット入りのタイトスカートと! Tシャツをインしたミニマムなルックスなら、たちまちレディに仕上がってスタイルアップも完璧でしょ。色っぽさ漂う深みのある赤を選んで、シャツジャケットを持ち歩けば、素敵な平日OKコーデの出来上がり♡ 無地コーデにメリハリをつくるロングネックレス、足もとに軽やかな抜け感を出すヌーディなフラットサンダルも「さすが!」って思わせるおしゃれポイント。Tシャツ(2枚セット)¥2700/ヘインズブランズ ジャパン(ヘインズ) スカート¥59000/ブルーバード ブルバード シャツ¥23000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 靴¥6900/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ニコラスライナス) ピアス¥15500・リング¥12000/メゾンソワリー堀江店(ソワリー) ネックレス¥12000/シップス 渋谷店(キャス) バングル¥6900/ココ ディール →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート3しっとりとしたサテンのつやめきは、どんな難しい着こなしテクより効果的♡ イヤミにならないブラウンならレイヤード初心者でも簡単!キャミソール¥13000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) カットソー¥2900/アパートバイローリーズ スカート¥35000/ブルーバード ブルバード 靴¥6900/クリア インプレッション バッグ¥11000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 ピアス¥1800・バングル¥1600/お世話や スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート4ドキドキとワクワクが入り交じる、新しいお客様とのミーティング。見た人の心を落ち着かせる効果があるらしいネイビーで、自分もお客様もリラックスして会話ができるように。お気に入りのポロシャツを着て出勤。カジュアルなイメージのポロも、タイトなスカートにINしたらむしろきれいでしっかりした感じに見えるよね?ニットポロシャツ¥20000/スローン タイトスカート¥35000/ブルーバード ブルバード カラーパンプス¥13000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) イヤリング¥1100/お世話や 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート5一枚だけで着るよりも、重ねたほうが女っぽい気がするから不思議! 透けるようなやさしい質感のシャツジャケットもこれからのトレンド。白Tにはおると、どちらか一枚で着る時より女っぽいから、こんなコーデでデートしたい♡Tシャツ¥10000/ビショップ(アンフィル) シャツ¥21000/バーニッシュ(ユリナ カワグチ) スカート¥59000/ブルーバード ブルバード 靴¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) バッグ¥28000/アングローバル(MHL) リング¥15000/リエス(ジャミレイ) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ブルーバード ブルバードのタイトスカート6白T×黒タイトスカートに小物を少しだけ。気張らないモノトーンコーデがこんなに素敵に見えるのは、シルエットやバランスが絶妙だから♡ てろてろ素材のゆったりとしたTシャツは、白シャツのクリーンさとブラウスの女らしさをイイトコ取りしたような一枚。女っぽいけど甘くないスカートとなら、きれいめに着こなせて気持ちまで”しゃん”とする。キャップやサイドゴアブーツで今っぽい遊びゴコロを足して休日モードに!Tシャツ¥14000/デミルクス ビームス 新宿(エイトン) スカート¥35000/ブルーバード ブルバード 靴¥63000/パラブーツ青山店 帽子¥7900/プレラブド ブレスレット¥9000/カージュ ルミネエスト新宿店(ディス) リング¥20000/モットハウス・トーキョー(ネッティ・ケント) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る▲【夏のタイトスカートコーデ】特集トップに戻る 【夏のタイトスカートコーデ】シップスのタイトスカートいつもの白Tを職場にもデートにも気負わず着ていけたら最高じゃない? それなら今季のおしゃれキーワード”カジュアルなのに女っぽい”を目指しつつ、”大人っぽい”もちょっと意識してみたい。甘すぎずシックな花柄スカート、きれいめカーデからカジュアルな夏小物まで、白Tと品よくなじむベージュトーンでまとめて。親しみやすさと女っぽさのイイトコ取りで全方位モテも夢じゃない♡ 仕上げにシャープなシルバーピアスでほっこりさせないアクセントを! Tシャツ¥6000/アニエスベー カーディガン¥14800・スカート¥15700・バングル¥9000(3点ともシップス)・靴¥14800(エネス)・バッグ¥17500(カテリーナ ベルティーニ)・サングラス¥15000(ウェイティング フォー ザ サン)/シップス 渋谷店 ピアス¥2000/ビームス 銀座(チャルル) リング(細)¥7200/UTS PR(ルフェール) リング(太)¥10800/パリゴ 丸の内店(フィリップオーディベール) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る▲【夏のタイトスカートコーデ】特集トップに戻る 【夏のタイトスカートコーデ】シップス・ブルーブルーのタイトスカートタイト&ロングなシルエットで、白でも膨張知らずの美スタイル♡ ポケットのボタンがマリンなムードで春夏にぴったり。タイトなトップスで縦長ラインを強調すれば着やせも叶う。スカート¥16000/ブルーブルー(シップス・ブルーブルー) ニット¥9000/ピーチ(スアデオ) 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/ジーユー バッグ¥60000/ビショップ(マリア ラ ローザ) ピアス¥1925/サードオフィス(ROOM) スカーフ¥8800/フラッパーズ(マニプリ) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る▲【夏のタイトスカートコーデ】特集トップに戻る 【夏のタイトスカートコーデ】ルクールブランのタイトスカートきれいなイエローのボーダーに、パープルの長め丈タイトスカート。きれい色×きれい色は簡単に今っぽくなれるから取り入れるべし♡ 縦長ラインはスカートでできているから、ボーダートップスは少し大きめサイズをチョイス!Tシャツ¥10800/セント ジェームス代官山店 スカート¥11000/ルクールブラン 靴¥10000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店 バッグ¥9900/メイデン・カンパニー(バッグス ユーエスエー) ピアス¥1300(リミテッドナンバー)・バングル¥1500(Osewaya)/お世話や →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る【夏のタイトスカートコーデ】ルクールブランのタイトスカート後輩から一目置かれる着こなしは、甘くないけど女っぽい”きれい色のタイトスカート”に頼ればいい。例えば、こっくり鮮やかなターコイズブルーをとことんシンプルに楽しむのも素敵♡ ×黒ブラウスで辛口にまとめれば、大人の洗練感も今っぽさも即叶う。仕上げにブラウンの柄スカーフを縦に垂らして、無地コーデをおしゃれにメリハリUP!スカート¥9500/ルクールブラン トップス¥17000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(サクラ) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) バッグ¥4400/ラコレ イヤリング¥2580/サンポークリエイト(アネモネ) スカーフ¥10000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) 時計¥29500/ピークス(ロゼモン) →夏のタイトスカートコーデを詳しく見る▲【夏のタイトスカートコーデ】特集トップに戻る 夏のタイトスカートコーデ関連特集もチェック♪プリーツスカートコーデ特集《2019年春夏》- 20代におすすめのプリーツ・ロングスカートまとめ大人かわいいプチプラファッション特集《2019夏》 - 20代後半女子におすすめのきれいめコーデまとめ20代レディースの夏ファッション特集《2019年版》 - ワンピースやTシャツなどおすすめコーデは?夏コーデ特集《2019年版》- 20代レディース向けのプチプラコーデやスポーツミックスコーデなどプチプラコーデ10選《2019年夏》- ユニクロやGUなどプチプラブランドでつくる20代レディースコーデ
  • レペット×BAILAコラボ付録 まだまだ梅雨空けには時間がかかりそうですね 雨の日の休日は家で過ごすことが多く、気分が沈みがちですが、BAILA8月号のおかげで読みながらいろんなコーデの考えを膨らませるなど最近は楽しみが増えています✨ そんなBAILA8月号ですが、またもや豪華な付録が❣️ なんと、今から大活躍間違いなしのPVCトート 嬉しいことにフランスのシューズブランド「レペット(Repetto)」とのコラボなんです クリアバッグなので、中身のコーディネートも楽しめちゃいます マチが広いのも嬉しいポイント❣️  高さ約22×幅約22×マチ約10㎝ 見た目とは裏腹に収納力も抜群です ‍♀️ オリジナルの "REPETTO"ロゴが持ち手にあり高級感も✨ そして、中に入っているレオパード柄のポーチは、バッグにセットして透けさせても単品で使ってもOK❣️ いかがでしょうか?✨ レパートリーが多い贅沢な付録なのです 皆さまもぜひ付録をゲットしてくださいね ▶︎▶︎instagramはこちら
  • えっ!上下でこの価格??でもプチプラなんて言わせません今日はこれを書くのをどうしようか、少しためらいました。だって上下買ったのに、お会計2,246円って…。さすがにプチプラ記事といえども躊躇します。 何も、この連載は「激安に挑戦!」というコーナーではないのですが、ユニクロに行ったら「この組み合わせ絶対カワイイ」と思う商品があり、値段を見たらたまたま破格の2,000円台になってしまいました。あくまで「安いから」目線ではなく、「これ欲しい」が基準の本命品。だから今日も自信をもって書きます!素敵です!夏本番を前にアイテムをおさらいしていたら、やっぱりもう1枚これが必要。ワッフルのノースリーブです。先日の「ホワイトコーデ」の記事でご紹介させて頂いたものと色違いになります。あの時は上下「白×白」を目指していたので、こんな素敵なベージュがあることがまったく目に入っていませんでした。しかもその時の990円より、更にお得に790円+税とは!(価格には変動があります)▶ユニクロ「ワッフルノースリーブ(白)」の記事はこちら白を着てホレました。さまざまなプチプラで990円のワッフルを見ていますが、どれも同じようにGOサインは出しません。これまで見てきた範囲では、10%くらいしか「欲しい」と思うものに出会えませんでした。だいたいパッと一瞬みれば「OK・NG」を出せるのですが、その見極めはリブ部分(首や脇まわり)や、ワッフル生地の薄さや安っぽさなどetc…。ユニクロのワッフルはメンズの長袖も愛用していますが、とても990円には見えない生地厚で丈夫な商品です。続いてスカート。タイトのリブロングです。買った後に気づきました。これも以前ご紹介したレギンスとまったく同じ商品のスカートバージョンだということを!やっぱり好きな素材って再び買ってしまうものですね。このレギンス、履きやすいですよね~~~!まだ肌寒い日は愛用中です。そのスカートバージョンだから履きやすいわけですよ。レギンスのスリットにも惚れていましたが、やっぱりスカートにも、後ろ側に大きくスリットが入っています↓これだけで、女性らしさと歩きやすさが格段にUP。シンプルな無地よりリブが入っていると、トップスが無地でもボヤけないので好きです。 丈はわりと長めですが、ユニクロのオンラインストアではレギンス同様に「丈短め」が選べるのがうれしいですね。スカートも限定価格で1,990円→1,290円でした♪(時期により異なります)▶ユニクロ「レギンス」記事はこちらということで、今回は上下2,000円台で揃ってしまいました。しかもどちらもベーシックカラーなので、夏だけでなく秋に継続できて、とてもお得な気分です♪ 梅雨明けはまだ先になりそうですが、気温は高くなってきたので、ノースリーブもそろそろ出番かな?【Saturday】プチプラ×ブランドのミックスコーデ↑まずは上下2,246円で。シューズやバッグなどの小物は、色さえまとめればプチプラでもキマると思いますが、素材などに良いものを使った小物を合わせると、より自信をもって着られます。ベージュと黒って、やっぱり大人女子必須の便利な組み合わせですね!【Sunday】リブスカートに合わせたモノトーンコーデ ↑スカートの黒に合わせ、シックにモノトーンでも大人っぽい印象です。スカートが無地なので、Tシャツにはロゴを入れると引き締まります。タイトはスニーカーとの相性も抜群ですよね! ↓ベージュのトップスに濃いブラウンの組み合わせも好きです。以前ご紹介した「ナノユニバース」のリネンパンツのヘビロテ率が、今相当高いです!↓上下2,246円(笑)これまでプチプラを見る目を長い間磨いてきたからこそ、選び抜いた商品を自信をもって着られます!やっぱり服は「何着てるか」じゃない「どう着るか」。楽しくて、なおかつおしゃれに見えれば、それでよしです。 でも、この価格でこれ以上はもうきっと見つからないですね!▶ユニクロ「ワッフルT(ノースリーブ)」の詳細はこちらをチェック▶ユニクロ「リブタイトロングスカート(丈標準76~80cm)」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.40★ 「キャン・ドゥのヘアアクセサリー(108円)」 100均はヘアアクセサリーの進化が止まりませんね。大人の商品も素敵なものが見つかりますが、わたしは9歳の娘のゴムをよく探しに行きます。長かった「ピンク時代」を経て、やっとヘアゴムもベーシックカラーに突入(祝)! そうなると、こちらも選ぶのが楽しくなってきました。「なくした、落とした」は日常なので、へコまない100均で十分。 「キャン★ドゥ」では、色のニュアンスが絶妙なヘアアクセサリーがたくさん見つかるんですよ!このゴムだけは、どうか「商品替え」しないで欲しいです(涙)↓よく買うのはベージュ系とグレー系で、1セット5色×3本=15本で108円!ブラウンのグラデーションにサンドベージュ、アイボリー、微妙なグレーのニュアンスにあいまいなアイスブルー…。子どものゴムは「黒」「紺」「茶」と決まったものばかりなので、このニュアンスカラーはめずらしくておしゃれ♪「飾りゴム」がNGな保育園、幼稚園ではカラーゴムが必須ですよね。 これも大人用の商品ですが、子どもの髪に付けてもとてもおしゃれで気に入っています↓シュシュはグレージュの色味が素敵でポニーテールによく使い、大きなクリスタルが入ったゴムは存在感があり、左右色違いで三つ編みなどに使っています。クリスタルのヘアピンも、サイドや前髪に挿してあげるとおしゃれ。もちろん大人も素敵です!暑くなり始め、まとめ髪が増える季節ですね。服の色に合わせたヘアゴムで「後ろ姿美人」、目指しましょう♪ 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • たまたま見つけたユニクロユーから新しく出たカーブジーンズ&カーブパンツ。ハイライズで脚長効果、マリソル世代にこそ似合う曲線を描くシルエットに一目惚れです♡大人買いした”カーブパンツ”シリーズ☆ワイドフィットカーブジーンズです。ワイドフィットカーブパンツです。先日インスタグラムで素敵なエクラ世代のマダムが、 ユニクロユーのワイドデニムにGUのレースのノースリーブブラウスを合わせて いらっしゃるのを拝見、まさかのプチプラに驚いた次第。 特にデニムのシルエットを二度見です! すぐに調べたのですが、取りあえず実物をみなければ始まりません! ワイドデニムって、履いてみないとわからないもので・・・。 広げてみるも、この丸みを帯びた太いシルエット、太く見えないのか??? ハイライズって、かなりのハイライズ(;゚Д゚)ちょっと勇気が要る・・・。 しかしあの素敵なマダムを思い出せば、履いてみないわけにいかず とりあえずチャレンジです。 腰回りのデザインとフィット感。ハイライズがかっこ良く決まります!バックデザイン、フィット感も文句なしです♡ちょいとかっこつけて細みえ狙ってます(笑)正面を向くとこんな感じです。たまたま見つけたチノパンも”カーブシリーズ”すっかり虜になるシルエットでした。 ノータックなのにカーブを描いたシルエットのおかげか、履くとしっかり立体感! マリソル世代の丸みを帯びてきた体にピッタリだと思いました♡ お尻もキュッと上がって見えます! これ、私の身長に合わせて裾をカットしたのですが、全くシルエットは崩れません。 あのインスタで一目ぼれしたバランス、これやわ~♡ この夏、セールに参戦する気力が湧かない私、 その気持ちが保てるかわかりませんが(笑)大人買いすることにしました!! たまたま見つけたチノパンはこの秋の最新パンツ(7月中旬から展開)でした。 デニムのみならず、チノ素材、ジャージ(ウール)素材と展開される模様。 まだまだ楽しみです☆ 私はチノ素材の色違いに手を出しそう・・・。カーブパンツの腰回りデザイン☆カーブパンツの色展開☆ワイドフィットカーブジーンズの色展開☆腰位置が高く、脚がまっすぐ見える優れもの。 加えてマリソル世代の丸みを帯びたシルエットに沿う”カーブ”したデザイン。 試してみる価値はありだと思います。 カーブパンツはオンラインでのみですがXS,XL以上の展開もありました。 小さいさんも大きいさんもチャレンジできますよ♡美女組No.142 yoccoのブログ
  • 可愛げのあるドット柄はシックな黒で、きれいめに仕上げるのが正解!湿度が高い日はなるべく身体に貼りつかないようなパンツが心地よいもの。ブラウンのノースリーブニットはすっきりきれい見えするから、たとえ打合せ中にジャケットを脱いだとしても、清潔感はそのままキープ。そして、下半身がじっとり汗をかいたとしてもウォッシャブルパンツなので、家でザブザブ洗えてすっきりできるのが嬉しい。パンツ¥18,000/ミラク(ソーノ) ニット¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ジャケット¥50,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥17,000/エンフォルド(エンフォルド) バッグ¥13,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥75,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ニナリッチ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデの関連記事もチェック
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 足もとのパイソンサンダルで辛口のモード感をプラスした、富岡さんの夏のオールホワイトスタイリングをお披露目。SUMMER STYLE1ひとくせ効かせたアイテムを選べば、コーディネートはがんばらなくていい。それが、“夏の白”を特別に見せるコツノースリーブTシャツの胸もとにコットン素材の大きなフリルをあしらったトップスと、リボンベルトを配したワイドパンツで、オールホワイトの着こなしを完成。「どちらも素材に張り感があって、ハンサムな甘さが手に入る白アイテムです。夏の白は服自体にひとくせあるものを選べば、コーディネートがシンプルでも特別感がある着こなしになるはず。足もとにはパイソンサンダルを合わせ、さらに辛口を加えました」。【ITEM LIST】 TOPS:FABIANA FILIPPI PANTS:SOFIE D’HOORE EARRINGS:TASAKI BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING/BAG:HERMÈS STOLE:ASAUCE MÊLER SHOES:ZARA“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムZARAのパイソン柄サンダル「着こなしをハンサムに仕上げてくれるパイソン靴は以前から好きなアイテムのひとつです。甲のVラインととんがりトゥのおかげで、スリッパなのにかっこよく決まる一足。この夏のヘビロテサンダルです」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • デニムスタイルと言えばスタイリスト百々千晴さん。デニムはカジュアルスタイルに欠かせない存在だけれど、気を抜くとラフになりすぎるので要注意。デニムスタイルにも女っぽさを忘れないという百々さんのマイルール教えてくれました。 百々千晴(どど ちはる)さん雑誌やカタログ、広告などで活躍する人気スタイリスト。雑誌『UNION』の編集長を務めるほか、ブランドのディレクションを手がけるなど活動は多岐にわたる。デニムラバーな自身のおしゃれをまとめた初の著書『THE DODO JEAN』が好評発売中! 【Rule 1】デニム自体に女らしさを持たせるからトップスはシンプルにTシャツ デニムそのものが女らしい印象のデザインやシルエットを選ぶようにしているので、カジュアルなトップスと合わせることも多いんです。なかでもTシャツでさらっとまとめるのが私の定番。その代わり小物で今っぽさや自分らしさを加えています。DENIM : CELINET-SHIRT : RE/DONE×Hanes BAG : RUE DE VERNEUIL PIERCED EARRINGS : CELINE SHOES : THE ROW 「ほぼ毎日Tシャツですが、ブランドにはあまりこだわりがなく、シルエットもぴったりしたものからビッグサイズまでなんでも着ます」。(上)オーラリーのTシャツは少し地厚のリブ素材がお気に入り (中)くたっとしたTシャツはジェームスパース。色違いでベージュも愛用中 (下)オーバーサイズはユニクロのメンズのもの 【Rule 2】今年は白デニム。シルエットは少し太めがポイント 白のスキニーデニムって日本人には難しいなと思っていたんですが、太めシルエット&ハイウエストだとスタイルよく見えると発見したんです。ストレートより太めでワイドすぎないものを選びます。(左)ストレッチはないけれど、窮屈感なしにはける絶妙な一本 (中)デザイン性のあるデニムで新鮮に (右)ユニクロのものはGWの連休中にずっとはいていたくらいお気に入り。プライスがお手頃なので汚れを気にせずはけるのもいい (左から)DENIM : Monâme DENIM : Stella McCartney DENIM : UNIQLO  【Rule 3】足もとはひとくせあるものを選んで 靴が大好きなので、ブランドを問わず可愛いものを見つけるとすぐに買ってしまうんです(笑)。フラットシューズのときは、バランスがよく見えるようにハイウエストと足首が見える丈のデニムをチョイス。DENIM : Levi’s SHIRT : Isabel Marant SHOES : GALERIE VIEPIERCED EARRINGS : CELINEBAG : THE ROW (上)透け感を楽しめるメッシュのシューズはアダム エ ロペ (下)今っぽいスリッパサンダルはマノロ ブラニクのもの。「スエード素材は淡い色を選べば冬っぽくなりません」 【Rule 4】選ぶポイントはお尻が上がって見えるかどうか 試着ではお尻のラインを必ずチェック。ポケットの大きさや位置を確認しながら、ヒップが上がって見えるものを選びます。ぴったりめではくほうが女らしさが出るので好きですね。DENIM : timemachine®×roku×百々千晴TOPS : PETIT BATEAUSHOES : CELINEPIERCED EARRINGS : CELINEBAG : Ungrid 【Rule 5】手もとの時計&ジュエリーで華やかさを 服がシンプルなのでジュエリーをいっぱいつけて華やかに。デニムなのでどんなものとも相性がいい。フェイスの大きい時計やきゃしゃなダイヤのリングやブレスなど、メリハリのある組み合わせが今の気分。DENIM : MonâmeTOPS : SAINT JAMES WATCH : BAUME&MERCIER RING : Tiffany & Co. TOMWOOD BRACELET : Redline 撮影/来家祐介〈aosora〉 ヘア&メイク/nagisa〈W〉 取材・原文/昼田祥子 ※クレジットのないものは私物です ※BAILA2019年8月号掲載
  • 清潔感が信頼度につながるお仕事シーンにおいて、夏の暑さに伴う諸問題は大敵!お悩み 02グレーパンツの時、ショーツのラインがひびくAnswer : シームレスまたはレース素材を 洋服の生地感が薄くなってくる夏、特にライトグレーなど淡カラーのボトムをはいていると、動きの中でショーツのラインがひびいてしまうことが。シームレスタイプのほか、レー ス使いのショーツで肌との段差を限りなく少なくして。縫い目がなく、洗濯表示まで転写というこだわりっぷり。接着仕様で肌へも食い込みにくく、はき心地も快適。ショーツ¥1,000/グンゼ(トゥシェ)VARIATION(左)柔らかな総レース。ショーツ¥7,000/カドリールインターナショナル(ランジェリーク) (右)ヒップハングで股下浅めパンツにもOK。ショーツ¥1,600/トリンプ・インターナショナル・ジャパン(スロギー)軽やかな薄グレーパンツには、ひびきにくいシームレスショーツが最適。パンツ¥39,000/ストラスブルゴ(ラルディーニ) ブラウス¥21,000/オンワード樫山(ベイジ,) ピアス¥8,000/CPRトウキョウ(アルス/ジェンマ アルス) バングル¥52,000/CASUCA表参道本店(CASUCA) バッグ/スタイリスト私物お悩み 03ムレないガードルありますか?Answer メッシュガードル なら感触サラサラ パンツや体のラインに沿うスカートをはく時に手放せない、という声の多いガードル。汗をかきやすい夏場はムレによる不快感が気がかりだけれど、メッシュ素材なら感触もサラサラで心地よく過ごせる。(左)パワーネット素材で肌あたり柔らか、かつ下半身をきれいに整えてくれる。ガードル¥8,000/カドリールインターナショナル(ランジェリーク)(右)吸汗速乾素材で、動くことで熱や湿気を逃がす機能もあり。ガードル¥3,900/ワコール(ウイング)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/吉村友希 モデル/竹内友梨 撮影協力/Zoff
関連キーワード

RECOMMEND