アラフォーを何倍も素敵にしてくれる「ブルー×ブラウン」最強配色コーデ

Marisol ONLINE

教えてくれたのは

スタイリスト 村山佳世子

高い審美眼とスタイリング力で、集英社の女性誌を中心に第一線で活躍する人気スタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が5万部を突破する大ヒットを記録

STYLE 01

“男性のファッションから、コーディネートのヒントをもらうことが実はよくあります。ブルー×ブラウンの配色だけでなく、ニットポロとセンタープレスパンツという、アイテムもマニッシュなものを選んでみました。この正統派トラッドな着こなしに、女性ならではの可愛らしさを少し足したくて、ヒールやレザーバッグのカッチリ感ではなく、ぺたんこサンダルやかごで今どきな抜け感を。アニマル柄ベルト、この遊び心もポイントです”

「ロイヤルブルーよりわずかに淡い、鮮やかな発色。このブルーは品がよくて華やかで、シックなブラウンとの相性は抜群。だからこそ、落ち着きすぎて老け見えしないよう、ヘルシーな女らしさを意識すること。大人の女性がこの配色を上手に楽しむコツです」

ニット¥27,000/エストネーション(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ×マリベル ジーン) ピアス¥30,000/TOMORROWLAND(イヴィ) ベルト¥16,000/エリオポール代官山(メゾン ボワネ) バッグ¥14,000/サード マガジン(インディゴ アフリカ) 靴¥69,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

STYLE 02

“端正なブルーのリネンジャケットをエレガントなイメージで着たい、そんな発想で作ったスタイルです。柔らかなドレープを描く、カカオ色のオールインワンに合わせたシンプルなワンツー・コーデ。マニッシュとフェミニン、異なるテイストのミックスに加え、さらにリネンととろみ素材という、夏ならではの質感ミックスも楽しめます”

「ウールのジャケットとニットワンピースだったら、この配色はやや重い印象に。素材が軽くて、適度に肌を見せられる夏だからかなうバランスです」。リボンベルトつきのオールインワンは、ホルターネック&ワイドシルエットが特徴。一枚で着ればリゾートやパーティに、アウターをプラスすればデイリーに活躍。

ジャケット¥145,000/マディソンブルー(マディソンブルー) オールインワン¥34,000(コキュカ)・バングル¥111,000(アリアナ)/ザ ストア バイシー 代官山店 ピアス¥9,000/TOMORROWLAND(ソコ) バッグ¥56,000/ドゥロワー 青山店(ドラゴン) スカーフ¥18,000/カレンソロジー青山(マニプリ) 靴¥69,000/エスケーパーズ(マルティニアーノ)

STYLE 03

“今回のテーマを聞いて真っ先に浮かんだのが、ブラウンの服にターコイズのアクセサリー。いかにも大人の女性、といった感じで、昔から大好きな着こなしです。その延長線の感覚で、ブルーをアクセではなく思いきって小物で取り入れてみたら……女っぽいのにちょっとやんちゃな、今どきのアラフォー女性らしいスタイルになりました”

「同素材のシャツ×スカートのセットアップが人気ですが、素材を変えたワントーンにはまた違った魅力が。特にこの春夏はブラウンアイテムのバリエーションが豊富。光沢のあるリネンとマットなニット素材など、夏でも異素材ミックスが気軽に楽しめます。ちなみにこのダッドスニーカーは、それ自体がブルー×ブラウンの配色になっていて。見つけた時に、思わずうれしくなってしまいました(笑)」。

シャツ¥34,000(リジェール)・スカート¥26,000(アパルトモン)・ピアス¥33,000(アグメス)/アパルトモン 青山店 サングラス¥49,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ストール¥43,000/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥216,000・靴¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

STYLE 04

“こっくりしたチョコレート色の発色にひと目惚れしたマキシスカート。白Tと合わせるのももちろん素敵ですが、サックスブルーのカットソーならこんなにも新鮮な印象になれます。アイテム自体はすごくシンプルだし、配色そのものに品があるので、スカーフやパイソン柄の靴など、いつもより大胆に仕上げても、トゥーマッチになりません”
「シャツとはまた違う、カットソーならではのゆるっとした可愛さも大好きです。そして濃いブルーには凛とした強さがありますが、サックスのような淡いブルーには優しい甘さが。それもまた、このアイテムの魅力を後押ししてくれると思います。スカーフは、もちろんバッグに巻いても」。
トップス¥10,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) スカート¥33,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) スカーフ¥16,000/TOMORROWLAND(トレ) バングル¥180,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アリアナ) バッグ¥48,000/アパルトモン 青山店(スタウド) 靴¥43,000/ドレステリア 銀座店(アンソロジーパリ)
【Marisol 7月号2019年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/Dai Michishita メイク/早坂香須子(W) スタイリスト/村山佳世子 モデル/ブレンダ
関連記事
  • 大人気の占い師・水晶玉子先生がアラフォーを幸せにするペディキュアを指南!サンダルやペディキュアなど足もとのおしゃれが楽しい季節。せっかくなら、運気を上げるカラーで夏を楽しんで。占い師 水晶玉子先生占い師 水晶玉子先生雑誌をはじめWEBやテレビなどで大活躍中の人気占い師。シリーズ累計30万部突破の『水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2019』(集英社)、2020年版の予約受付中!足もとのおしゃれは今年の運気上昇アクション「今回は陰陽五行を軸に運気アップのカラーを導きました。五行の色にはそれぞれ意味があり、左図のような関係があります。多色使いのペディキュアをする場合は、上げたい運気の色と、その隣り合った色と合わせるとよい影響を与え合います。さらに西洋占星術で今年は木星に射手座が入っていて、その対となる双子座は末端を整えることで豊かさをもたらす星座。指先を気遣うことは、今年の運気上昇によい行動となるでしょう」(水晶先生)「木・火・土・金・水」の五行がもつ意味を運気UPに応用した ■不惑の40代、停滞した現状を打破したい!→ホワイト・ラメ系を停滞中の現状を変えたい、突破運を上げたいならばホワイトや攻めたラメなど輝く色を!五行では「金」が影響を与えています。ストーンやブリオンなど輝く素材を用いるのも効果的です。デザインもなるべくシャープなライン状がよいでしょう。攻めるという意味では、ピンヒールも突破運の上昇には相性がよいです。革やエナメルなどツヤを感じる素材感のサンダルも"攻め"にひと役買います。 攻めの白やラメ系はペディキュアにこそ使いやすいカラー。(上から)NARS ネールポリッシュ  R 3641¥2,000/NARS JAPAN ルナソル ネイルフィニッシュN  06¥1,500/カネボウ化粧品白×〝斬り込む〞ライン状デザインのペディキュア。シンプルデザインだからオフィスにもOKサンダル( 9 )¥26,667/銀座かねまつ6 丁目本店(銀座かねまつ) デニム¥19,000/ゲストリスト(アッパーハイツ)CLOSE UP!①の白を人さし指以外の全体のベースとしてON。②のイエローは人さし指など左右1 本ずつにアクセントとしてON。②を親指は先端⅓に、薬指は根元²⁄₃へライン上にのせ、③をその先へライン状にのせる。使ったのはこれ!"攻め"といっても、大人っぽく品のあるラインデザインにまとめている。キラキラが控えめなのでさまざまなシーンに対応。❶コンスピキュアス ネイルカラー 01・❷同 06各¥3,500/アンプリチュード ❸ザ ネイルポリッシュ 005 Moondust¥1,800/アディクションOther Patternモードなペディキュアにはシルバー素材の攻めたサンダルも◎④の白を4 本指のベースとしてのせ、親指根元には三角のスタッズを。⑤のシルバーを薬指に。全体が乾いてから⑤で「V」字模様を描く。マスキングテープでVラインをつくり、その内側を塗るとまっすぐのラインが引けて洗練。使ったのはコレ!白×シルバーのモードなデザイン。サンダルも細めヒールでシャープに決めたい。❹インテグレート ネールズ N  WT905(オープン価格)/資生堂 ❺コフレドール カラーエナメルネイル SV-18¥900(編集部調べ)/カネボウ化粧品【Marisol8月号2019年掲載】撮影/当瀬真衣(TRIVAL/人物) 草間智博(TENT/物) ネイリスト/小原千明(uka) スタイリスト/池田メグミ モデル/水嶋はるな 取材・文/松井美千代
  • 同じイベントでも、場所やメンバーなどによっていろいろなオシャレを楽しむ美女組さん。特に多いイベントごとにしたいコーデを大公開■Event:女子会 ほどよく女らしさと今っぽさを意識。今年はホワイト率の高さも目立つ結果に☆美女組No.125 juriさん「全身白スタイルにハマリ中。レストラン女子会にはZARAのブラウスにユニクロのとろみ パンツできれいめにシフト。赤いバッグをさし色に女っぷりを上げて」☆美女組No.120 eririさん「ビアガーデンでの女子会はリラックス感のあるスタイルで。ボリュームシルエットが今年らしいten for Ron Hermanのシャツワンピも"白"でクリーンに。韓国で買ったラベンダーのバッグがアクセント」 ☆美女組No.100 Macoさん「ウィム ガセットのシャツとニットスカートで、気負わず女らしく。バッグはJ&M DAVIDSON」 ☆美女組No.90 miwakoさん「アルアバイルのシャツワンピは、たっぷりとした長さとサイドスリットで一枚でもレイ ヤードしても着やすい。パールとヒールできれいめに着るのが気分です」【Marisol8月号2019年掲載】撮影/有馬秀星(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク&着付け/ツバキチ 取材・文/塚田有紀子
  • 今季、バリエーション豊富にそろう「ゆるてろパンツ」。オン&オフそれぞれの旬コーディネートを参考に!OFF STYLE パンツのリラックス感を存分に楽しむ休日。とはいえ、カジュアルなだけにならないようトレンド要素をスパイス的にきかせて。リネン混パンツの風合いがエスニックなスタイルと好相性 リネン混の風合いが涼しげなパンツを、優しい色のトーンでまとめ、休日ならではのコンフォートなムードを満喫。パンツは洗濯機で洗えるのが優秀。パンツ¥16,000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) カットソー¥8,900/エイトン青山(エイトン) バッグ¥28,000/エスケーパーズ(アリエニーナ) 靴¥56,000/アパルトモン 青山店(アルムナエ) スカーフ¥16,000/スローン ネックレス(短)¥133,000・(長)¥160,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バングル¥2,750/ジューシーロックスポーティな要素をきかせて定番ブラックにこなれ感を 万能な黒パンツは手洗い可。ロングトップスとも好相性。パンツ¥25,000(ハウント代官山/ハウント)・ワンピース¥16,000(ヘルシーデニム)/ゲストリスト キャミソール¥6,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(アール ジュビリー) バッグ¥7,800/サザビーリーグ(ユニオンランチ) スカーフ¥13,000/ANAY(I アナイ) 靴¥14,000/エミ ニュウマン新宿店(テバ) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥12,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール)余裕漂うゆったり白パンツで大人のマリンスタイルが完成 上品なドレープと光沢が引き立つワイドパンツは、ややハイウエストですっきり見え。トップスはコンパクトにまとめたい。パンツ¥25,000( 8 月下旬以降展開予定)/インターリブ(サクラ) ニット¥25,000/スローン バッグ¥34,000/アパルトモン 青山店(へリュー) 靴¥25,000/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ) スカーフ¥18,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) イヤリング¥10,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ドミニク  ドゥネーブ) バングル¥2,400/ジューシーロック ▶「ON編」はこちら撮影/山本雄生(人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 取材・文/東原妙子 
  • 今季、バリエーション豊富にそろう「ゆるてろパンツ」。オン&オフそれぞれの旬コーディネートを参考に!ON STYLE パンツに少しラフさがあるぶん、上質感のあるトップスとかっちり小物で引き締めて、通勤仕様にスライド。 シックで鮮度の高いブラウン。ブラウスで華をプラスして ベーシック服もブラウンなら目新しい。美しいとろみ感に加え、ほのかな光沢も地味にならない秘けつ。ほどよく深めの股上で、すらりと見せて。パンツ¥18,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ブラウス¥17,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) バッグ¥32,000/ショールーム セッション(ポティオール) 靴¥32,000/ザ・グランドインク(ロランス) ピアス¥63,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バングル¥3,800/リエス(ラ ピエス)カーキ×チェックシャツの辛口コンビ。ゆるてろの余韻でどこか優雅に腰まわりのタックでゆるてろ感をもたせつつ、すそに向かってなだらかに細くなるテーパードシルエット。どんな色とも合わせやすいカーキ、そして洗濯機洗いもOKな一本が、夏に活躍しそう。パンツ¥10,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) シャツ¥26,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥28,000/エリオポール代官山(デルコンテ) 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス) ピアス¥38,000/CHERRY BROWN(チェリーブラウン) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)色も質感もソフトなパンツでベーシックを女っぷり高く 気楽にはけるウエストギャザーのワイドパンツは、落ち感がきれいでシワになりにくく、洗濯機洗いも可能。すそのスリットも女らしさのカギ。パンツ¥17,000/ドロワット・ロートレアモン ニット¥25,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン  青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥49,000/マルティニークルコント ルミネ新宿店(ペリーコ) メガネ¥43,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥84,000・リング¥210,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) ▶「OFF編」はこちら撮影/山本雄生(人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 取材・文/東原妙子 
  • ストライプのシャツでパリッと、ゆるてろパンツで心地よく、無理しないパンツコーデになんだかスッキリしない天気で、お空は相変わらずどんよりどよどよ。青空が恋しくて、せめて服装だけでもブルー系をとりいれてみることに。パンツのゆるてろ感とは対照的なパリッとしたシャツでバランスのよいパンツコーデ。ウエストはドローストリング仕様だから、はき心地はかなり楽に。足もとの白パンプスで、爽快でクリーンなブルー系グラデーションを完成させて。パンツ¥22,000/ラ・エフ シャツ¥29,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) バッグ¥135,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥30,000/ベイジュ(ピッピシック) メガネ¥36,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)撮影/草間智博(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ブルーコーデの関連記事もチェック
  • 美容ライター・片岡さんが「雰囲気さえ色っぽい!」と褒められたのはこのアイテムのおかげでしたアールエムケー リップスティック コンフォート ブライトリッチ 10 1997唇のくすみ感も加わって、リップメイクのむずかしさを痛感するお年ごろ。ピュアピンクは可愛すぎるしヘルシーオレンジは浮きぎみで、流行の赤も日常にはトゥーマッチ。そんな時に出会った運命の一本がこの色。顔色も沈まず、落ち着きの中にも女っぽさやさりげないしゃれ感もあり、「色っぽい!」とほめられまくる。そのうえ"唇が"と限定されないのもポイント。雰囲気全体が美しく見えるなんて、まさに大人が目ざすべき美の頂では?「見た目より控えめなブラウン感ながら、柔らかなコーラルトーンのニュアンスで肌なじみ抜群。スルスルすべる球状パウダー膜のおかげで、ツヤ系リップなのに色持ちがいいのも魅力です」(片岡さん)。¥3,500/RMK Division美容ライター 片岡えりさん 【Marisol8月号2019年掲載】撮影/国府 泰 取材・文/田中あか音
  • 暑さをしのぐためだけの服選びはおしまい。アラフォーのための手抜きに見せない「デイリーな黒」■BLACK DENIM  STYLE 1白シャツの夏シンプルを軽やかなウォッシュブラックとパンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) シャツ¥26,000/ボウルズ(ハイク) ネックレス¥44,000/カオス丸の内(アフターシェイブクラブ) バングル¥270,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) スカーフ¥39,000/マディソンブルー バッグ¥24,000/アパルトモン 青山店(ノロ) 靴¥70,000/ジミー チュウアッパーハイツの新定番「ザ エイティーズ」から。色の加工のおかげで脚に立体感が出てすっきり見えるのがうれしいポイント。モノトーンに涼感とニュアンスも。STYLE 2次のトレンドを予感するチェックと秋の気配を少しだけさらりと合わせたブラウンのチェックブラウスとスリムなデニムは配色の力で鮮度上昇。落ち着いたシックなトーンにすっとなじむのがブラックデニムのいいところ。パンツ¥32,000/サザビーリーグ(カレント エリオット) ブラウス¥18,000/マルティニーク ルコントルミネ新宿店(マルティニーク) バングル¥2,750/ジューシーロック バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥32,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)ほどよいダメージ加工がラフな抜け感も。大人を満足させてくれる、カレント エリオットのパーマネントコレクションの「スティレット」は、一年中楽しめる名品スキニー。STYLE 3ストレスフリーで快適。スポーティスタイルも大人らしくロングTワンピースにデニムを重ねて大人な見た目をキープ。足もとのスニーカーとのつなぎ役にもなってバランスよし。薄く柔らかいエージーのテーパードなら、夏も心地よくはける。パンツ¥26,000/エージー ジャパン(エージー) ワンピース¥14,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バングル¥2,550/ジューシーロック バッグ¥78,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥85,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ストール¥27,500/アイネックス(アソース メレ)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/RINA 取材・文/陶山真知子
  • 7月なのに微妙な気温。気づいたら、いつも着るのはこればかりす、涼しい!もう7月も中旬なのに。熱帯夜どころかお布団をかぶりたい気分です。たしか、去年の関東の梅雨明けは6/29という早さでしたよね。涼しいのは助かりますが、ノースリーブをたくさん買ったのにどーすんの~~っ!! 暑い日もあれば朝晩は半袖が寒く感じるこんな日々、気づけばよく着ている服があります。 それは五分袖、七分袖のニット&カットソー。「半そで以上、長そで未満」の微妙な袖丈が寒暖差にとても効き、毎日重宝しています。肘にかかるくらいの長め丈は半袖より腕の露出が控えめなので、電車通勤などにも安心して着られます。夏の車内は混雑時に腕が当たったりして、着るものに気を遣いますよね。五分&七分袖は長袖ほど暑くはなく、ほどよい露出感が40代になってとても着やすいアイテムだな、とよく購入するようになりました。まだ微妙に肌寒い日がある今はまさに1枚でちょうどよく、真夏になっても「冷房対策」にもなり手放せません。 こちらは最近買った「ロペ」の五分袖です↓「秋の新作か~~」と手に取ったら-15%オフのセール品。ストレッチ素材の厚いニットの生地感と、肘までの袖がとても上品な印象なので、セール品でも秋冬も使えると判断。カラー名称は「ブラック」なのですが、ロペ得意のニュアンスのあるブラックです。いわゆる「黒」という黒ではなくて、初めて見た時は「チョコ色ブラウン」かと思ったほどのあいまいカラー(ネブロー二のこげちゃ色サンダルとほぼ同じ↓)。ロペのブラックはいつも理想にぴったりで、よくはいているトロみパンツの「スミクロ」というカラーの「墨汁ブラック」もとても気に入っています↓2点めも五分袖のリブニットカーディガンです↓これも値段を見ずに「欲しい」と手に取ったら、なんと-60%!1,205円て…(汗)買う。買うしかないぞ! なぜ欲しいのかというと、1枚でも便利な五分袖ニットを、カーディガンとしても使えるからです。アイボリーのリブ編みは他のアイテムとも合わせやすく、この時期の羽織ものとしても便利。プチプラで発掘するのはなかなか難しい「ニット」ですが、これはアップで見ても高見え。ブラボーな1,000円台!3点めは、五分袖より長い七分袖のカットソーです↓先日、美女組bemiさんの「アンサンブル」のブログを見てうれしくなりました。同じ「ドゥーズィエム クラス」のリブシリーズだったので! 生地が厚くないので、七分でも暑さは感じません。マイルドベージュのなめらかなコットンは、いつ着ても心地よさはNo.1。七分袖の露出は手首が少し見えるほどなので、腕がとても華奢で女性らしく見える「モテ丈」のような気がします。 「ドゥーズィエム クラス」はインフルエンサーbemiさんのブログが大変参考になります。素敵なものをたくさん紹介されていますので、ぜひご覧になってみてください↓↓↓▶美女組 bemiさんのブログはこちらをチェック半袖よりカジュアルダウンできる五分・七分は、品があるのでお仕事にもフォーマルにもばっちり対応。でも、探そうと思うと意外に好みのものを見つけるのが難しいので、偶然見つけた時が買い時かもしれません♪【Day1】七分袖にマキシスカートを合わせたスカートコーデ ↑七分袖はロングスカートとのバランスがキマりやすく、スカートがより女性らしい雰囲気に。「半袖以上、長袖未満」は見ためも暑苦しくありません。合わせた水玉スカートは、先日ご紹介した「グローバルワーク」の戦利品。アイボリーのスカートにベージュがハマりやすく、少し秋の先取り雰囲気に。黒の水玉がアクセントになり上下の色の「ボヤけ」を防いでくれます。【Day2】七分袖×フレアデニムのカジュアルコーデ↑七分丈と、フレアデニムのようなボリュームのあるボトムスもバランスのよい組み合わせ。下にボリュームがあると上半身がスッキリ細見えに。ベージュ×デニムの組み合わせは、落ち着いたカジュアルスタイルになります。【Day3】五分袖にスカートを合わせたフェミニンコーデ↑ロペのブラックの五分丈にピンクのスカートを合わせてフェミニンな雰囲気に。半袖より長い五分袖になると、腕の露出が控えめで落ち着いた女性らしい印象に。【Day4】ストライプパンツを合わせたお仕事コーデ↑露出控えめの五分袖は、きちんとした印象なのでお仕事にもぴったり。テーパードパンツを合わせてオフィスモードにもなります。先日ご紹介したグローバルワークの冷感素材で夏も涼しく!【Day5】セットアップに五分袖を羽織ったカーディガンコーデ↑アメリカンホリックの五分袖ニットを羽織りものとして活用。インナーにはタンクトップなどのノースリーブや、Vネックで首回りが少し開いているほうが、重ね着しても見ために暑さを感じません。 ↓「ドゥーズィエム クラス」の七分丈を、ブラウンのリネンパンツにインして、ワントーンでよく着ています。微妙な気温には「微妙な袖丈」が神対応。一度着ると安心感と着やすさで、きっとハマると思いますよ!寒暖の差が激しい毎日、何より体調に気をつけてお過ごし下さいませ♪▶AMERICAN HOLIC(アメリカンホリック)「5分袖Vネックリブニットカーディガン」の詳細はこちらをチェック▶「ROPÉ」(ロペ)「レーヨンアクリルクルー天竺プルオーバー」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.39★ 「カレー用素材」 夏のカレーはおいしい!忙しい時、メニューを考える時間がない時には登場率No.1メニューです。でも、わたしはタイ系の激辛を作りたいのですが、小学生の子どもたちはもちろんNG。日々「甘口」を作り、自分のお皿の中だけでペーストを加えたりアレンジしています。しかし、市販のルウの甘口になかなか気に入った味が見つからず、また、ほとんどの商品に入っている化学調味料も気になっていました。 それでやっと納得できる「甘口」に辿り着いたのがこちら「こどものためのカレールウ」。1歳からカレーを楽しめるように作られたものなのですが、意外にもこれが甘口の中では一番理想に近かったのです。もちろん余計な添加物は入っていません。それをベースに、大人は好みで「カレーの恩返し」を適度に加えて食べるのが、ここ最近のカレースタイル! 子どもの「ルウ」は、想像通りのマイルドカラーです。原材料にはパイナップルなどの野菜やフルーツがほとんど。早い話、なつかしい給食の味に近いです。 近年は世の中のカレーが進化しすぎて、インドやタイなどあちこちの世界に味が広がってしまったので、この懐かしい味を食べた時は、なんだかホッとしました。ちなみに外パッケージのかわいらしさに反して、中は意外にも黒の水玉で大人っぽいのがカワイイ☆ 下にリンクを貼りましたが、他に「おとなのためのカレールウ」「かぞくのためのカレールウ」など、興味深いものがいっぱい!このままでも美味しいですが、やはり「激辛派」にはスパイスが必須。カルディなどにも売っているのでメジャーになりましたが、「カレーの恩返し」を入れます↑カレーに恩返しされても…って感じですが、たしかにそれなりのことをしてくれます(笑)ピンクペッパーやレモングラスなど全12種類のスパイスが、こどもの甘口カレーをパっと華やかにしてくれるのです。油でこのパウダーを炒め、カレーにふりかけるだけ! 他にグリーンカレーペーストなど、好きなものを別添えにしてこの甘口に混ぜると抵抗なく激辛カレーがキマります。甘口ルウがマイルドでベーシックな味なので、特にタイ系にアレンジしやすく、トマトペーストを入れても爽やかで夏らしい味に↓チキンとたまご、子どもの好きなものを「ぜんぶ乗せ」♪一生懸命作った時に限って「今日の給食カレーだった」なんていう悲劇が起こるんですよね(泣)まぁ、いっか。1日2回のカレーも悪くないさ(やだよ!) もうすぐ夏本番。おいしいカレーを食べて、元気に乗り切っていきましょう♪ ▶「こどものためのカレールウ。」商品サイトはこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
関連キーワード

RECOMMEND